ずっとそばに

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 16日

食いろいろ②と、年内予約と、ユーミン帝劇


f0208112_1640891.jpg

大間のマグロを1000万円?だかなんだかで
競り落とした事で有名なテレビでも見かけた事のあるなぁ~の
社長さん経営「すしざんまい」中野店に行ってきました。

ドドーンと社長さん前面広告の看板がスゴイ(苦笑)
一緒に写ってる従業員の人達・・・
このお店辞めちゃっても、ずっとこの看板の中に??
なんてね、余計なお世話だよ(笑)

さて!お寿司屋さん料金的には、中の中?(ちゅうのちゅう^^;)
いや、カウンター席で食べる高級すし店には縁がないので
上の上(じょうのじょう)料金は経験なし。
廻る~廻るぅよ~の、回転寿司やさんの料金よりは
高めなので、ワタシの中で勝手に中の中(ちゅうのちゅう)
と、致しました!



f0208112_16523111.jpg

まずは生ビールに、ちょこちょことつまみを注文

左上の、イカの塩辛~ バカ旨でした^^
超好みの味で、もうひとつ頼んじゃおうかと
悩んだ末に
「塩分取り過ぎ!」とkazuさん注意を受けて断念

他にも、引き揚げ湯葉もこってり濃厚で
肉厚?って表現でいいのかなぁ
湯葉がぺらっぺらじゃないの!

生牡蠣も、時季物でぷりっぷり♪

生ビールの横のお通しも美味
ちょっとちょっと~
いいーんじゃないの?

名札に「長野県出身」と書かれた若い女の子従業員^^
ガンバって接客してましたよ~



                      一貫ずつ好きなネタを注文できますが、今回は二人で、別の握りセットを注文 
                      kazuさんの方は大穴子が付いた@3000くらいだったと思う、握りセット 
                      ワタシのは多分@2500くらい。 どちらもお味噌汁がつきます。

f0208112_1745775.jpg
f0208112_179478.jpg
f0208112_1793357.jpg
f0208112_179451.jpg
ごちそうさまでした!

ご飯は、小さ目に握られていて
運ばれてきたとき、結構な量だなぁと
思ったけど、問題なく完食できました。

生ビールの他にkazuさん日本酒も飲んで
お会計は、1万円で少しのおつりがきました。

お酒のつまみの塩辛も美味しかったし
握りのネタも新鮮で、大満足でした。

駅までの帰り道、中野のこの通りに
寿司屋が多い事に気付く(苦笑)
有名な回転寿司も数軒あった。
ラーメン店がひしめき合ってるかと思ったけど
寿司屋も激戦区です!ビックリ!



f0208112_17205338.jpg

地元国立の隣駅、立川の駅ビルを
ぶらぶらしてたら、バームクーヘンの
お店を見つけました。

「治一郎」 

おーーーなんだか、ただ者じゃない雰囲気の名前(笑)

創業者のお名前なんでしょうかねぇ
写真のサイズの一個が確か1200円だったと思う。
そんなに高くもないけど、安くも無いね(苦笑)
2人で気合で食べたら一度に食べれちゃう大きさです。

小さなお店の周りを囲むようにお客さんが
数人いたので、ワタシも並んでみた!



f0208112_17271580.jpg

うん! 普通に美味しかった♪
わりと日持ちするので
冷蔵庫に冷やしてから食べた方が
ワタシは好きかな。

ねんりんやのバームクーヘンもですが
少し値の張るバームは、やっぱり密度が
違いますねぇ
スーパーとかで売ってるのは
パッサパサだけど。

まぁ値段が倍以上違いますから
当たり前ですけどね。



f0208112_17341262.jpg
こっちが、ねんりんやのバームクーヘン
外側がカリッとしてて、中がしっとり~
まぁどちらも甲乙つけ難く美味しいです♪


さっ!
今日は、年内いっぱい出掛けるお宿の
予約を完了しました。
カレンダーの赤い丸印をニヤニヤしながら
眺めてます。

後半、新規のお宿が4軒ほどありますけど
あとは、再訪と定宿。
宿泊料金も、我が家価格の@15000~@25000まで。
来年は、宿泊数を減らしてもうすこーしランクアップしたいかな。

ワタシは計画性に乏しいけど
待ち合わせの時間も正確なkazuさんにとって
先の予定が決まるのは、嬉しいことらしい。
9月の宿は、ワタシ的にはどーにもこーにも
ソソラレナイんだけど、ずっと前から
「行ってみたかった」と、kazuさんしつこい。
部屋にお風呂も付いてないのに、2万越え??
料金を基準に考えるワタシです(苦笑)



f0208112_1271399.jpg

そして、ユーミン
約一年間に渡るロングランツアーも
来月でおしまい。

走り続けて・・少しはお休みするんだろうと
凡人のワタシは思ってたけど、ユーミンは違った!
パワー全開で、11月後半からの一か月は
帝劇で舞台です。

もう、凄すぎて・・・ほんとにまぁ・・すごっ
信じられないほど元気なアラカン・・・

早々に、友人からチケットwでゲットしたからどう?
って誘ってもらったんだけど、曜日の折り合いつかず。

でも!さすがのkazuさん♪ 
しっかり行ける曜日のチケットを取ってくれてありました。
苗場もそうだし、ツアーも何もかも・・・
ホントにいつもkazuさん任せのワタシ。


いつまでもふたり、健康で元気に出掛けられますように。
たのんだよ、旦那!たのんだよ、ワタシ!


# by satomi-kazu | 2017-08-16 01:52 | 日常 | Trackback | Comments(8)
2017年 08月 08日

森のやさしさに包まれる小さな宿 銀の森 宿泊記

                             
                             清里のペンションに泊まってきました! 
                          8月は後半に結婚記念日もあるので、もう一回ペンション有り♪ 
                           今回は自称ペンション好きのワタシが宿選び。 
                             「森のやさしさに包まれる小さな宿 銀の森」

f0208112_2126841.jpg
f0208112_21392021.jpg

中央道、双葉SAでお昼を食べました。

ふっと思い立って、宝くじ売り場へ

1枚200円のスクラッチくじを2枚購入

そしたら、なんとっ!
10000円の当たり~~♪
すぐその場で、販売員さんに
当たりくじを渡しました^^
たった2枚しか購入してなかったから
販売員さんも超ビックリしてた(笑)

当たったお金でサマージャンボも買いましたよ^^
こっちも当たるといいね。

そんなラッキーから清里旅始まりです。



f0208112_21472914.jpg

この日は快晴
車の中は冷房で快適でしたが
外気温は35℃超えでした。

暑い暑いっ

今夜のペンションは温泉無しの沸かし湯
せっかくのお出掛けなので、やっぱり温泉に
浸かりたい。

というわけで、須玉ICで降りて15分ほどの場所にある
日帰り入浴施設に立ち寄りました。



f0208112_215146100.jpg

まるでプールのような大きな湯船でした。

洗い場も広くて、とにかく開放感抜群のお風呂。
大きな窓からの眺めも最高~♪

すこーし塩素臭もしたけど
まぁ許容範囲内かな。



                           お風呂を出て宿に向う途中に、「稲絵アートフェスティバル」の、のぼり発見。 
                           暑かったけど車を降りてみました。(kazuさんは降りず^^;)

f0208112_2156057.jpg

                           こういう稲作アートって初めて見るのですが
                           ほんとはもっと高い位置から見るのがいいのでしょうね。
                           でもぉ・・フェスティバルって・・この一角しか見当たらなかったんだけど
                               他にもあったのかな?

f0208112_2202212.jpg
f0208112_224134.jpg

ナビにペンション名を入れると
ちゃんと案内してくれました。
清里駅周辺には、ここから更に
車で15分くらいかな。

去年2回泊まってるペンション
ファニーポケットは、もっと須玉IC寄り。

清里も広範囲にたくさんのペンションがあるなぁと
今回、思いました。
至る所に、ペンション案内板がありましたのでね。



f0208112_2285445.jpg

「森のやさしさに包まれる小さな宿 銀の森」

ちょっと宿名長いね^^;

ピンク色の外観
まさしく女子ウケしそうな雰囲気
そして、ここの一番の特徴はオーナー夫妻の
「赤毛のアン」好き♪



f0208112_2291333.jpg


f0208112_2215325.jpg

ワタシは、「赤毛のアン」に関しては
さほど?というか、殆ど興味は薄いのですが^^;
予約サイトで、貸し切り風呂があることや
食事のクチコミなどを吟味して決めました。

全5室 洋室、和洋室、和室などがあって
ウチは、今回和室にしたのですが
ちょっと失敗でした。
当日、ワタシの腰痛がひどくて
布団からの立ち上がりがすごくキツカッタ。

やっぱりベットの方が楽でいいですね。
事前に了解していたことですが
布団敷きを自分達ですることも
ちょっとね・・・(和室だけです)



                        宿の名前にあるように、建物の周りは白樺や雑木林  鳥のさえずりも耳に心地いい
f0208112_22252772.jpg
f0208112_22293115.jpg
f0208112_22302573.jpg

    玄関を入るとすぐに目に入ってくるのが、このコーナー オーナー夫人手作りの人形や布製のバックなどが飾られています。

f0208112_22312385.jpgf0208112_22313632.jpg


                        ラウンジ兼ダイニング 此処の雰囲気が個人的にすごく好みでした。
f0208112_22352417.jpg

                        これは、2階から写したダイニング 
                       吹き抜けになっていて、当然だけど天井が高くて開放感あります。

f0208112_22372156.jpg
f0208112_22413268.jpg
緑が眩しい窓辺には
赤毛のアンに登場するお人形が沢山飾られています。

PEI(プリンスエドワードアイランド)好きの方には
たまらない場所なのではないかなぁ?
料理担当のオーナー夫人と、会話が弾むこと
間違いなし!でしょう^^;


f0208112_22415512.jpg


f0208112_22512365.jpg

f0208112_2250116.jpg

f0208112_22542684.jpg
5部屋は全部2階に。
ウチが泊まった和室203 「アルカネット」


f0208112_22551027.jpg


f0208112_2323482.jpg

10畳ほどの和室
広縁が無いので椅子とテーブルも無し。
やっぱり洋室のが良かったなぁ(心の声^^;)



f0208112_23382476.jpg

温泉では無いお風呂は2か所

こちらは、大きな方の湯船
5、6人は大丈夫そうな大きさ

ガラス張りの内湯ですが
外は雑木林で、こちらも開放感あり
ゆったり出来ます。

温泉だったら最高なんだけどね^^;



f0208112_23433215.jpg

こっちは、2人用かな。
こじんまりしてます。

大きい方のお風呂は夜10時までは予約制の貸し切り
10時以降は、朝の8時まで空いていればいつでも
札を返して貸し切りで使用できます。


小さなお風呂は、チェックイン時から
いつでも空いていればどうぞ^^のシステムです。

どちらの湯船もジャグジーが付いていました。



                             夕食は6時半から 木立を眺めながらダイニングで
f0208112_2355151.jpg

                       夕食の内容は、「THE ペンション」でしょうか(苦笑)
                       サラダ、前菜・・魚料理の変わりに野菜のオーブン焼きがでましたけど
                       量的には若い方は物足りないでしょうねぇ・・コースで運ばれてくるので
                       ご飯のお替りが出来ても既にオカズが無くなってるしね^^;

f0208112_2357223.jpg

                      メインのサーロインステーキのお肉は良質でとっても美味しかった。 
                      何か追加で頼めるような別注料理があってもいいかなぁと個人的には思いましたかね。 
                      そう、もう一品くらい欲しかったなというのが正直なところです。

f0208112_23573549.jpg

                      朝食 パンは他にもう一種類出ました。 ヨーグルト手作りだったのかな?
                      すごくこってりと濃厚な美味しいヨーグルトでした。

f0208112_0104020.jpg

f0208112_016164.jpg

清里のペンション 第一弾 「銀の森」

洋風な、ペンション特有のコース料理を前にすると
比べちゃぁいけないんだけど(苦笑)ついつい
伊豆高原の彼女の料理を、思い浮かべてしまいます。
改めてあの女性はスゴイよねぇ~と
kazuさんとふたり納得のうなずき(笑)

夏休み価格なのかも・・ですけど、@12300(税込)
あくまでワタシの中のペンション料金としては
決して割安ではないと思いました。

草津のペンションは、@8500位で温泉ですしね・・・
まぁ比較し出したらキリがありませんけど。



f0208112_0284964.jpg
先月からの新しい職場にストレスを感じてたワタシ
気に掛けてくれたのか、kazuさんがお休みを取って
予定外のペンション宿泊を一泊増やしてくれました。

夏休みと言う事もあって、なかなか空きが見つからず
ギリギリセーフって感じで予約した宿

自宅から比較的近い場所でも
非日常を過ごせる時間と環境。
ご飯の用意、片づけを誰かがしてくれる!
もうね、これだけで非日常^^

かなり暑い一日でしたけど
良い休日でした。

さぁ今月末の、kazuさんが探したペンションは?
どんなかな^^;


# by satomi-kazu | 2017-08-08 00:42 | 森のやさしさに包まれる小さな宿 銀の森 | Trackback | Comments(14)
2017年 08月 01日

食 いろいろ


異動先の新しい職場に通勤し始めて
1ヶ月が経ちました。

業務内容には、慣れてきましたけど
各支店によって異なる事務手続きなど・・
こういうことに、素早く対応できる能力に
やっぱり欠けてくるものだなぁ・・と、実感

それと、人ですかねぇ・・
仕事仲間や上司との人間関係
一緒に働く人との出会いで
仕事に従事する時間が、こうも違ってくる現実

通勤時間が長くなったことで、コメントで書いて頂いたように
スマホで暇つぶしをする時間が増えました。
いろいろな記事やニュースを目にすることが
今まで以上に増えて、今回の異動で「もう仕事辞めるか!」と
思ってたワタシが「ちょっと待てよ!」って目に止めた記事


「労働が私たちに提供してくれているものはお金だけじゃないんです。
啓蒙主義を代表するフランスの哲学者、ヴォルテールは、かつて
「労働は我々を3つの大きな悪から逃れしめる」と言いました。
退屈、悪徳、欲求です。」


もちろん、収入を得たいがために働いているのが一番の理由ですが
ちょっと考えてみると、「お金だけじゃないかも?」っていう
思いも出てきます。
直近の職場が、ワタシにとってはすごく過ごしやすい場所だったので
仕事=苦痛という感覚が無かった。
今は、正直・・真逆な感情を抱きながら通勤している日々

でも!ワタシ、少し考え方変えました^^
「仕事は仕事!と割り切ろうと」

どこかで仲間意識の強い自分がいました。
職場を離れた友人関係は、全く別物なんだけど
今までは、職場内でもそういう繋がりを求めていたのかもしれない。
だけど・・ほんとに人それぞれ
職場内での繋がりなんて・・と考える人もいるんだと。
今更、そんなことにも気付く始末。

いつかワタシがまた別の支店に異動になるか
あるいは、同職場の相手が異動になるのが先か・・
まぁどちらにしろ、仕事として割り切ろう。
そう考えます。

通勤時間が2倍
慣れない新しい環境
職場での人間関係

ワタシの中での三重苦(苦笑)だったのですが
ほんの少し、気持ちの持ち方を変えてみたら
今はだいぶ楽になってきました。



f0208112_1316738.jpg
だらだら長くなってますが^^;
職場は安らぎを求める場所じゃないなと。
(そんなの当たり前!と言われそうだけど)

遠い通勤なら、反対にいろんなお店を覗いて食べて(笑)
アフターを充実させようと^^

「孤独のグルメ」ばりに、kazuさん遅番勤務の日には
仕事帰りに、ひとり外食へ♪

中央線 吉祥寺の餃子とラーメンのお店
「みんみん」

実は、この「あさりチャーハン」がすごく人気
美味しいんですよ~
あっさりした味付けなんだけど
アサリの旨味たっぷり、隠れて写ってないけど
もちろんアサリもいっぱい入ってます。



f0208112_13253740.jpg

餃子も勿論いただきました~^^

大きな餃子
個人的には、小ぶりで皮が薄い餃子が好きだけど
ここのは、でっかい&厚皮で食べごたえバツグン

カウンター席が7つくらいあったかな?
ワタシ以外は全員男性 
みーんなひとり、ワタシもひとり^^;

ごちそうさまでした!
kazuさんの晩ご飯・・何にしようかなぁと
考えながらの、ひとりチャーハンでした^^;



f0208112_13303881.jpg
中央線 中野にあるラーメン屋さん「青葉」

なかなか有名なお店のようですが・・
(正直、ラーメン通でも何でもないので)

ここ・・・なんか緊張しました。
なんでしょうねぇ
カウンターだけの席、皆さんおとなしく静かに
ラーメンが出来上がるのをジッと待っています。
言い方どうかとも思うけど、なんか儀式のように(笑)
食券を買って、席に着き、ラーメンを待つ・・・
食べ方にも決まりあるんじゃ??って思っちゃうような
(いや、無いとおもいますけどね^^;)

まぁワタシもひとりなので、当然おしゃべりは出来ませんけどね^^;

最初に食券を買っているのに、食べ終わったワタシは緊張からか
「おいくらですか?」と定員に言っちゃった。

若いスタッフの女性はきょとんとして、何も発せず(苦笑)
「御代はもう頂いてます」ぐらい言ってちょうだい。
恥ずかしいじゃないか^^;

美味しく完食したけど、魚介系のスープが濃厚で・・・
好みとは違ったかな。



f0208112_13411472.jpg

地元国立の窯やきピザのお店
「マナリッコ」

ピザの他にもパスタや色々なメニューあります。

此処はkazuさんと二人で
もう数えきれない程行ってますが
最近お気に入りの冷製のトマトパスタ

暑い夏にぴったり♪

ランチは、これにサラダとシャーベットが付いて
1030円?1080円だったかな。

地元にあってくれて嬉しい~お店のひとつです^^



f0208112_13474374.jpg




サラダはこんな感じ♪


f0208112_13491939.jpg

生ビールにピザ♪

若くてイケメンのオーナーが
注文を受けてから焼くピッザ~^^


一度、一階のカウンターでその様子を見てたのですが
ピザの生地を長い棒の先に乗せて、窯の中へ・・・
もう、あっという間に焼きあがります。

もの凄い高温なのが解りますね。

六等分されてるけど、ひとりでペロリの量です^^
うまーい♪



職場近況と、食いろいろ
美味しい物を食べて、夫婦の楽しみでもある温泉に出掛ける。
職場での少しの苦痛は、仕事!と割り切って従事しよう。
以前一緒に働いてきた、同じ職場の先輩や友人、気心しれた仲間と
繋がっていられればそれでいい。
多くを望んじゃいけないんだよね・・・
人の心を考えを変えようなんて、無理なこと。
自分の考え方ひとつなんだよねぇ

かなり長いブログになっちゃった^^;
みてくれてありがとうございました~♪


# by satomi-kazu | 2017-08-01 14:13 | 日常 | Trackback | Comments(10)
2017年 07月 26日

ひつまぶし@土用の丑の日

                 
                   昨日、土用の丑の日 デパートの食品フロア、ものすごい行列だったようです(kazuさん目撃談^^;)
f0208112_20285375.jpg

                       仕事休みだったワタシは、地元スーパーにて、うなぎ売り場を物色
                       国産と中国産が所狭しと並んでました。
                       お値段は言わずもがな・・・
                       国産を手に取りながらも
                       お安い中国産に目がいく(苦笑)

                       どうせ食べるならやっぱり・・ふっくら美味しそうな国産^^
                       蒲焼きを買ってひつまぶし風に。
                       最後はお茶漬けでサラサラッ~っと
                       kazuさん、「美味しいっ」と言って食べてくれました。
                       やったね♪ 国産!(笑)

                       暑い中、毎日お仕事ご苦労さん^^
                       美味しいうなぎ、少しでも夏バテ防止になったかな。



f0208112_19354090.jpg

そうそう、昨日は、国会中継を見ました。
政治家さんって、単純な質問に単純に答えるってことが
出来ないのですね。

「YESかNOでお答えください」と質問されても
絶対に答えない(笑)なんなんでしょうね、あれ。

ぐだぐだと回りくどく経緯を説明して
肝心なことは・・「記憶にない、記録がない」

内閣支持率が30%を下回る訳ですね。
かといって、他の政党もねぇ・・・・

そんな土用の丑の日でした。
夏が終わる前に、今度はお店でうな重かな^^


# by satomi-kazu | 2017-07-26 19:53 | 日常 | Trackback | Comments(18)
2017年 07月 21日

さらの木 2017年 7月


f0208112_10232165.jpg

車の運転・・・
温泉旅行 行きはkazuさん、帰りの運転はワタシ
ずっとそんな感じのローテだったんですが
最近ワタシは、めっきりしなくなって
温泉に出掛ける遠出も、ほとんどkazuさんに
運転してもらってます。

だって・・・アイサイト機能
好きじゃありません(苦笑)

ブレーキ踏まなくても前の車の速度に
合わせて自動運転!!??

ブレーキは踏んじゃうもんでしょ(笑)
ハンドルは動かすもんでしょ(笑)



f0208112_10352938.jpg

夏の伊豆高原へ

数年ぶりに
伊豆スカイライン終着周辺のお店でお昼

自然薯とろろご飯や、お蕎麦がメインのお店。
蔵屋敷のような大きな造りで
この周辺で食事が出来るお店は他に
無かったような?


なので、駐車場には沢山の車
そして、ライダーさんの多いこと(苦笑)
むささびさん、いるかも?なんて
有りもしないこと思ったりしました^^;



f0208112_10433871.jpg

のどかな風景を眺めながら食事できます。
椅子席が無く、座敷に直座りです。

とろろめしがメインで
自然薯に、出し汁を加えてあって
しっかりした濃厚な味付けです。

麦飯&とろろ
スルスルッとお腹にはいっちゃう^^;
美味しいです♪

ワタシが好きなのは、味噌おでん
おでんと言っても、味噌こんにゃくなんですが
これが!旨いっ!
分厚いアツアツこんにゃくに自家製の
お味噌がからまってます。

@350?だったかな。 お勧めです^^



                      こっちも久しぶりの、大室山 夏の日射しが強かったけど、リフトに乗って山頂まで
f0208112_10545211.jpg
f0208112_1055590.jpg
f0208112_10583476.jpg

                       山裾の窪んだ場所では、アーチェリーも出来るようです。 緑が眩しい。
f0208112_1059816.jpg

                       20分~30分で、グルッと一周できます。 もう少し涼しい時期が良いかと(笑)
f0208112_1103126.jpg
f0208112_1172092.jpg

伊豆高原の宿に到着

チェックインの少し前に
駐車場に車を停めて待機^^;
しばらくすると
にこやかな笑みを浮かべながら
宿主が現れました。


ウチの感覚は・・・

「温泉旅行に来ました~」ではなく
「いつもの店に、夕飯を食べに、そして温泉に
浸かって帰ります~」な感じ



f0208112_1114473.jpg
我が家から伊豆に行くには約3時間

ものすごく遠くも無いけど近くも無い(苦笑)
週末の渋滞は回避できるけど
自宅からもっと近かったらねぇ

まぁ何はともあれ
伊豆高原に行きつけの、寛げる宿があって
我が家はシアワセ

行かれたことのある皆さんもきっと同じように
感じていると思うんだけど
三つ指立てて「いらっしゃいませ~」な
おもてなし満載の大型旅館とは違うけど
「おつかれさまでした、どうぞごゆっくり寛いで
日頃の疲れを癒してくださいませ~」そんな宿主の想いが
ビンビン伝わってくる宿だと思うのです^^



f0208112_11301280.jpg
f0208112_11302589.jpg

                          冷製のパスタに、金目のバターソテーが美味しかった~
f0208112_11303921.jpg
f0208112_11305751.jpg
f0208112_11312837.jpg
f0208112_11314339.jpg
f0208112_13573633.jpg
帰路は、厚木ICで軽くお昼

富士宮焼きソバは、何度か食べたことが
あったのですが、同じB級グルメの
横手焼きそばは初めて^^

いや~思いの外美味しくて♪
少し甘辛い味付けが、ワタシ好みでした^^
大盛りが食べたかったくらい。
券売機で注文してから
鉄板でじゅうじゅう焼いてくれましたよ~


毎日こう暑いと、温泉欲も少し後退気味^^;
真夏でも涼しい標高の高い場所に
出掛けたくなりますね。


# by satomi-kazu | 2017-07-21 14:09 | 伊豆高原 さらの木 | Trackback | Comments(10)
2017年 07月 15日

2017年盛夏 暑中お見舞い申し上げます

                      
                       梅雨明けはいったいいつなんでしょうかね?ってくらい、雨は降らずに、猛暑日の連続 
                          2017年の夏はこのままのペースでいっちゃいそうな予感・・・
                          スーパーに、桃が並びだして(まだまだ高いけど^^;)
                       数年前に行った山梨の桃園や帰りに寄った流しそうめんを思い出しました。
                          また行きたいなぁ・・・桃美味しかったな♪


f0208112_16151558.jpg
f0208112_16215092.jpg
今月初めに、職場の異動があって、2週間が過ぎた。
思う事や、悶々とする事、通勤のしんどさ・・等々
胸にいっぱい秘めて(秘めてはいない^^;kazuさんに八つ当たり)

「もう、辞めます!」と申告したい気持ちを
取り敢えずは、大人対応で(苦笑)我慢しながら
通勤しているといった状況です。

異動して、いきなりすぐに「辞めます」
って言えたらねぇ・・・
「有給の残り日数も消化しなくていいです!」
って言えたらねぇ・・・

今の職場に勤め出して、ここまで真剣に
退職のことを考えたのは初めてかも・・・

それだけ、もう若くないってことなんだなって思いました。
体力や気力も確実に衰えているんですよね。



流しそうめん、ものすごく美味しかったし、童心に返れた感じでとっても楽しかったな♪

f0208112_16323260.jpgf0208112_16324684.jpg


f0208112_16352228.jpg

春夏秋冬・・日本は季節の変化がある素敵な国だと
思うけれど、大雨の被害や、地震・・この猛暑
自然の脅威ってホントに恐ろしく大きなものですね。

芸能ニュースが、あほらしく滑稽で陳腐に見えます。
昔は、テレビのワイドショーニュースぐらいでしか
知り得なかった、芸能人のゴシップやらなんやら
今は、スマホを開けば次から次へと・・・

それにしても〇居〇代さん・・一体どうしちゃったんでしょうかね。
youtubeの画像で訴え掛ける姿は、稲川淳二にしか見えません(苦笑)
もうホラーの世界・・・寂しいのかなぁ
資産〇〇億と言われてる彼女
生きてくのにお金は必要不可欠ではあるけれど
彼女のそれを見ていると・・お金があってもね・・・
と、なんか空しくなっちゃう。



f0208112_1835664.jpg
桃のパフェがめちゃくちゃインパクトあったこのお店
今でも繁盛してるんだろうなぁ^^;
また行きたいけど、ものすごい人だったからなぁ
もうオバちゃんは、並んだり待ったりが億劫で(苦笑)

いつもながら、とりとめない文章で
何を・・・って訳もなく、ダラダラ書いてます。
暑さのせいで、いよいよワタシも?(笑)


2017年 夏
満員電車で、ギュウギュウに押されながら
人の汗と体臭に包まれ(包まれたくない)
これホントにキツイんですよね・・キツ過ぎ

改めて、毎日毎日、あの電車に詰め込まれて
仕事に出かけて行くサラリーマンやOLさん達・・・
ご苦労様です、頭がさがりますよ。
週2、3日のワタシは既に根を上げてます。

こういうイマイチな日々をスパーンと忘れるくらい
楽しい事をしないと、気力が持ちませんね。
やっぱり解消できるのは・・温泉旅行だったり
美味しいもの食べたりすることなんでしょうねぇ

ニンジン・・・いっぱいぶら下げないと


# by satomi-kazu | 2017-07-15 17:14 | 日常 | Trackback | Comments(16)
2017年 07月 07日

草津 シーダーロッジ 2017年 6月


f0208112_1456418.jpg

梅雨の晴れ間の6月後半
草津へ行ってきました。

今年の5月から「全館禁煙」とされたようで
シーダーの中庭に少し変化がありました。

雨が降っていなければ
こちらで喫煙という感じですかね。

大きなテーブル、パラソル、ベンチ



f0208112_1511196.jpg
f0208112_1524972.jpg

以前までは、ラウンジのこの一角
小さなガラスのテーブルに、灰皿が置いてあったのですが。

「多くのお客様のお声から・・・」と
HPには掲示されていました。

喜ぶお客さん有りき
残念がるお客さんも有り・・・

健康を考えれば・・・無くなっていいもの(煙草)と
個人的に思うのですが(苦笑)
実際に30代前半まで自分も喫煙者でしたのでね^^;

なに言っちゃってんの?って若い頃を知る友人が笑いそう。



                   何度となくブログにも載せているので、今回も簡単に(苦笑) いつみても、惚れ惚れするラウンジ
f0208112_15132891.jpg

                        お風呂上りに、この大きなソファで生ビールを飲みながら、大画面テレビで野球観戦♪ 
                                   至福のひとときです。

f0208112_15133721.jpg
f0208112_15204879.jpg

f0208112_15402931.jpg
f0208112_15223983.jpg

                         シーダーのベット 枕や掛け羽毛 ホントに私達にはドンピシャの寝心地で快適♪ 
                          寝付けなくて・・なんてことは一切なく、ぐっすり眠れます。

f0208112_15235948.jpg

                               部屋のテレビも当然 プロ野球阪神戦(笑)
                               週末の試合はデーゲームが多いので、宿で見る確率高し^^;

f0208112_15313356.jpg
f0208112_15415254.jpg

夕朝食はダイニングにて。 写真は朝食後です。

この日は、4人家族が1組、それ以外はウチも入れて
夫婦が3組  計4組のお客さんでした。

夕食はフレンチのコース

宿の雰囲気もあるのか、お客さんは皆さん静かに
食事されてます。

BGM流れていたかな?
流れてた方がいいのにね!って思わなかったので
きっと流れていたでしょう(笑)


f0208112_15493298.jpg

                       可愛らしいメニュー  いつも持って帰ってます^^;
f0208112_21373940.jpg

                      最初の前菜の一皿・・・相変わらずの美しさで、思わず「キレイ~^^」と声が出ちゃいます。
f0208112_2141381.jpg

                    料理の感想など上手く書けませんので写真だけ。 どれもこれも美味しかった~♪ってことで
f0208112_21434240.jpg
f0208112_2146383.jpg
f0208112_21462713.jpg

                            朝ごはん  ご飯のお供がいっぱいの純和食
f0208112_21483895.jpg
f0208112_21503526.jpg

夜も朝も、食後の珈琲or紅茶を
出してくれます。
淹れたてのとっても美味しい珈琲です。

今まで
シーダーの宿泊料金を掲示したこと無かったような。

年末年始、夏季シーズンなどは料金が上がりますが
通常月の料金は、土曜も平日も変わらず@17280(税込)
貸し切り風呂は無く、内湯のみだけど
あのフレンチコースだけでも、都内のレストランだったら
@12000~位の内容と個人的に思うので
コスパは良いと改めて感じます。

年間で、何度か泊まって美味しい料理を食べに行きたい。
ウチのお気に入り宿のひとつです♪



f0208112_22124338.jpg
f0208112_2213375.jpg


# by satomi-kazu | 2017-07-07 22:14 | 草津 シーダーロッジ | Trackback | Comments(15)
2017年 07月 02日

四万温泉 渓声の宿 いずみや 宿泊記②


f0208112_14594829.jpg

四万温泉の宿 いずみやさん

大浴場は有りません。
貸し切りで空いていれば内鍵しめて
いつでも入れるお風呂が2か所。

手前 泉の湯は内風呂
奥  渓声の湯は、半露天

どちらも趣が違って
なかなか雰囲気ありましたよ~



f0208112_1551035.jpg
奥の渓声の湯  2人用の湯船です。

このお風呂、開け放った窓からの
景色が最高ですね^^

新緑と渓流の音・・・
清々しい風が吹き抜けます。

って、湯船には浸からなかったんです(苦笑)
わぁーいいねぇ~ といいながら写真撮っただけ 

f0208112_15131167.jpg


f0208112_15162745.jpg

5部屋の内、
2部屋にはお風呂が付いていないので
貸し切り風呂には、カラン有ります。

清潔感に溢れたお風呂場で
気持ち良いですね。


窓が無く、真冬は寒くて~なんてクチコミを
見かけましたけど、どうかな?
もうひとつの内風呂は問題なく入れるので
真冬はそっちがいいかもね^^;

それにしてもキレイなお湯でした。


2つの貸し切り風呂はどちらも
違った雰囲気で楽しめるんじゃないでしょうかね^^



f0208112_15245818.jpg

もうひとつの貸し切り

内風呂 泉の湯

湯船が大きく、4、5人は大丈夫そうで
貸し切りに出来るのは贅沢ですね^^

ちょっと薄暗い感じのお風呂場で
雰囲気ありましたよ~



f0208112_15284761.jpg
熱湯好きのワタシだけど、さすがに60℃近い源泉掛け流しの
一番湯は熱くて入れません(苦笑)
kazuさんが、頑張って湯船をかき回し水を足してくれて
ジャバジャバ流れ落ちる湯船に浸かりました~


f0208112_15285965.jpg


f0208112_15404522.jpg

最後は、夕食と朝ごはん

簡単なお品書きがありました。
食事処では、ウチともう一組

若い女性のスタッフが、一生懸命説明しながら
一品ずつ運んでくれます。

一気に載せますが、量的には少な目です(個人的感想)
上州牛のコースもプランにはあるようで
それで料金も変わってきますが
宿HPに載っていたスタンダードプランでも
前菜はもっと色々あったのに・・・実際は??

え?前菜これだけ?(苦笑)が正直な感想でした。



                         ワラビのお浸しはひとくちの量 
                         ヨモギ饅頭と合わせて、先付(前菜)は、これだけでした。 
                         宿で手作りされてるコンニャクは薬味ネギを巻いて食べます。ヘルシーですな(苦笑)
                         ローストポークは、柔らかく適量 山菜グラタンは宿の名物料理のようです。

f0208112_15492286.jpg

                          山菜の天ぷらや岩魚塩焼きも出たんだけど・・・なんでしょうねぇ(苦笑)
                          最後まで、「これ!美味しいねぇ」と言えるようなメニューが無かったのが残念。 
                          デザートに関しては、ガッカリモード全開でした(笑)
                          みつまめに添えられてるような求肥??ちょっとこれはねぇ・・・
                          もっと高い部屋のデザートもこれだったのかな?(違うと信じたいですねぇ^^;)

f0208112_15575191.jpg

                         そして、朝ごはん  白米と温泉粥 どちらでも! 両方でもどうぞ!
                         と言われたので、当然?(笑)両方  山椒の佃煮と温泉粥がお腹にやさしく美味しかった♪ 
                         3点盛りのお皿に載ってる珍味的?なオカズが明らかに出来合いのもので、これも残念でした。
                         夕朝食・・食事内容に関して、2万越えの宿泊料金にしては・・ちょっとね(個人的感想)

f0208112_167858.jpg

                          お味噌汁の具の山菜や、小鉢の山菜胡麻味噌和えなど、美味しく食べれました。
                          鮭も焼き立てを出してくれました。 食後のコーヒーは別料金(苦笑)

f0208112_1616168.jpg
f0208112_16273880.jpg
四万温泉 渓声の宿 いずみやさん
宿泊してみての個人的感想

小宿(5室)で、部屋風呂も付いているので
料金的に、@2万円~2万5千円超え。
当日の私達のプランでの夕朝食は正直、少し物足りない感でした。
同じ四万温泉で、長静館の料理内容を比べてしまうと
(長静館は15000円台の宿泊料金)
う~ん・・・まぁ比べても意味ないんですけどね^^;

部屋風呂、貸し切り風呂に関しては大満足です。
チェックイン14:00 アウト12:00という滞在時間の長さも
ゆっくり出来て高評価

ウチ的に、もう少し料理が印象に残る内容だったら
すぐにでも再訪したいよねぇ~~なお宿でした。

ということで、いずみやさん宿泊記おしまいです^^




# by satomi-kazu | 2017-07-02 16:47 | 四万温泉 渓声の宿 いずみや | Trackback | Comments(10)
2017年 06月 28日

四万温泉 渓声の宿 いずみや 宿泊記①

 
                   上州うどんと、麦豚わらじカツ丼  上里SAだったかな? 
                   なんか嫌味っぽくなりますが、何度も行ってると、どこのSAのご飯だったか忘れます(苦笑)
                   SAの写真もきちんと残しておけばいいんだろうけど、最近は加齢と共にいろんなことが飛びやすくなり(笑)
                   ブログへのアップもかなり遅れ遅れになってしまい・・・今回アップの四万温泉宿泊は、6月上旬 
                   我が家的に新規のお宿でした。 何か参考にでもなれば。

f0208112_11131756.jpg

                        当日は、あまりに天気が良かったので四万温泉の奥にある「四万川ダム」へ  
                             人には教えたくないダム!なんて書いてありました^^;
  
f0208112_1123131.jpg
f0208112_11273465.jpg
f0208112_11324158.jpg

                              四万ブルー  
                           周辺のパンフレットにはそんな表現で紹介されていました。 
                             まさしく! 爽快な景観でした。 お天気が良ければ是非♪

f0208112_11363353.jpg
f0208112_11401083.jpg
f0208112_11411650.jpg

四万温泉での今回の宿は

「渓声の宿 いずみや」さん

全5室 内3室が露天風呂付き客室
各客室によって(広さやお風呂の形態が違う)
料金が異なります。

お風呂付きの部屋で一番リーズナブルな部屋を
ウチは選択(笑)
宿を探して選んだのは、いつものようにkazuさんですが
料金の差で部屋を選んだのは、ワタシ^^;

@21600(税込)



f0208112_1150354.jpg

なかなか・・なかなか良かったです♪
宿泊料金を考えると、かなりお得感あると思う。

特筆すべきは、滞在時間の長さ
チェックイン14:00 アウト12:00

ものすごーくのんびり、ゆったりと
宿泊ライフを楽しめました。


ただ・・お宿もHPなどで明記してますが
3階建て、しかも内風呂(貸し切り)は
地下1階になる構造なので、階段の昇り降りが
加齢に加速がかかってるワタシには、ちとキツカッタ(笑)

いや、若い方や健脚の方は問題ないとは思いますよ(^^)v


f0208112_11582929.jpg
f0208112_11584586.jpg

四万川沿いに建っている、お宿
川沿いには足ゆ場もあって、橋を渡って行けます。

裏っ側から、宿の建物を見てみました~

青い〇が宿泊した部屋(3階)
緑の〇がロビーと食事処(1階)
赤の〇が2つの貸切風呂(地下1階)

こんな感じでした。

長静館も、同じように川沿いに建っているので
部屋からお風呂への動線は、けっこうキツイなぁって
感じてました。

いずみやさんでは、風呂付きの部屋を選択したので
中高年の域としては、この形態が良いかなと。



f0208112_12183248.jpg
宿のすぐ傍の小さな小道を降りて行くと
橋が架かっていて
渡ったところに、足湯があります。
宿泊した部屋からもよく見えました。


f0208112_12135073.jpg


                          滞在中は、川が流れる音が常に耳に入ってきますが、それも心地よく
                          新緑の景色と相まって、部屋のお風呂からそんな景色を眺めて癒されました。

f0208112_12195914.jpg
f0208112_1221419.jpg

f0208112_122914100.jpg
玄関と帳場

宿が建っている方角のせいなのか薄暗かったです^^;
もう少し、照明を上げても?って感想(苦笑)


f0208112_12292652.jpg

                  
                      玄関側からみたラウンジ ここでチェックインの記帳をしました。
                    大きなテーブルが3つ、食事処もここになります。(露天風呂付きの部屋の内、2つは部屋食だったと思う)
                    一般客室と、ウチが泊まった露天付きの部屋のお客さんがこの場所で食事のようです。

f0208112_12334910.jpg

                      宿のパブリックスペースは、此処だけですが、わざわざ部屋から出てこの場所で寛ぐ・・
                           という感じでは無いですね(個人的感想)
                      ちょっと驚いたのが、日本酒や焼酎、ワインまで、かなりお酒の種類が豊富でした。

f0208112_12421092.jpg

                                 ラウンジのベランダからも四万川
f0208112_1248533.jpg
f0208112_12504335.jpg

では、3階の部屋の紹介

「水天」という名前が付いています。

この階には、もう一部屋露天付きの部屋が
有りました。

扉が割と重厚な感じで
入口踏込も広かったです。



                   部屋は正直、あまり広いとは言えません(和室換算で8畳くらいなのかな?)
                   あと2つの露天付きの部屋は、もっと広いと思います。
                   畳敷きに板張り、その上にマットレスという形状です(ただマットレスや寝具は快適でした)

f0208112_1301922.jpg

                 広縁は無く、2人掛けのソファ(実際1人用サイズ)、テレビも小さかったかな。 
                 ハード面で難しかったのかもしれませんが、洗面台が露天風呂スペース内に有り、これはかなり使い勝手が悪かったです。
                 真冬は激寒の中、顔洗ったり歯を磨かないといけないのでキツイかも(個人的感想)
                 度々ですが、他の露天付き2部屋に関してはどういう造りなのか解りません。

f0208112_1383462.jpg
f0208112_13171718.jpg
露天付きの部屋には、男女別にアメニティのセット

滞在時間も長かったのであれやこれやと
色々目についてはしまうのですが
(なかなか素直に感動する!ってことが出来ない
やっかいなオバサンになってます^^;)

こういったアメニティは女性心をくすぐるんじゃないでしょうか。

使い勝手がイマイチな、陶器製の小さな洗面ボールも
人によっては、「わぁー素敵~♪」って感じるでしょうし
2人で腰かけたら、密着度ハンパないソファも
ラブラブ若いカップルだったら、大喜びでしょう。

ってことで、感じることは千差万別・・・
ホント人それぞれってことで。
万人を満足させることは、不可能ですからね。



                       そして、部屋に付いている露天風呂  
                    いや~このお風呂が快適♪快適♪ 窓を開け放つと新緑の風が通り抜け・・
                     なんとも言えない至福の入浴タイムを過ごせました。

f0208112_13483283.jpg
f0208112_13504266.jpg
お風呂のサイズは、大人2人だと、ちょっとキツイ感じかなぁ
でも入れなくは無いです。
もう、ウチはそれぞれが勝手に思いついた時に
チャッポーンと浸かって満喫しました^^

加水加温無し、塩素系薬剤使用無し
循環ろ過無しの温泉表示 嬉しくなりますね~
完全な源泉掛け流し♪ 
あっちっちのお湯が好きなワタシには、四万の源泉は
超~好みです^^


f0208112_13513721.jpg


                       何度も何度も入ったので、バスタオルの替えが欲しかったかな(苦笑) 
                         滞在してるとホントいろんな事に気付かされちゃうんですよね(完全な小姑状態^^;)

f0208112_1404868.jpg

                       あ~でも、写真を見返してみて、改めて良い~お湯だったなぁ~と・・・
                        少し熱めの源泉ですが、肌にまとわりつくような感触と上がった後のサラサラ感。 
                        四万温泉のお湯大好きです♪ 続きは、食事と2つの貸切風呂の紹介です!


# by satomi-kazu | 2017-06-28 14:10 | 四万温泉 渓声の宿 いずみや | Trackback | Comments(17)
2017年 06月 25日

あるニュースが駆け巡った夜


f0208112_13144037.jpg

小林麻央さん訃報のニュースが、駆け巡った日
来月からの異動を控えた週末
今まで一緒に仕事をしてきた仲間が、集まってくれた日

別々の支店に異動していった仲間が
こうして集まってくれたことがウレシイ

「仕事が楽しい!」なんて冗談でも?言えないけど(苦笑)
日々の就業で感じるストレスや愚痴を、こういう場で
皆で発散出来るのは、やっぱり仕事を持っているから。

それぞれが、みんな異なる家庭環境や小さな事情・・大きな事情
そういうもの・・みんな抱えているんだなぁって
改めて感じた時間でもあった。



f0208112_132821100.jpg
来月からの新しい異動先
一緒に働く仲間は、みな私よりも就業年数が短い人達
そんな話になった時、仲間のひとりが
「もう~〇〇さん、いじめちゃダメよ~」と(笑)

思わず、噴出した^^;
あたしって、そういうイメージかぁ~
お酒も入って、ちょこちょこと飛び出す本音?が面白く、楽しい。

毒舌気味の仲間も変わらず(ワタシもそのひとり^^;)
控えめでしゃしゃりでない仲間も変わらず
場を盛り上げてくれる楽しい仲間も変わらず

それぞれの個性が集まって、楽しい時間だった。

みなさん、集まってくれてホントにありがとう!



f0208112_13402669.jpg


そして
同病で亡くなった34歳の女性

たくさんメディアでも取り上げられていたけれど
存命中のこの写真が、とても印象深い。

思う事がいっぱい有り過ぎて
言葉では表現するのが難しい。

ご冥福を祈ると同時に、今、自分が
元気に過ごせてることに感謝しかない。


# by satomi-kazu | 2017-06-25 13:52 | 日常 | Trackback | Comments(4)
2017年 06月 17日

新穂高温泉 風屋(旧今田館) 宿泊記②

                       記憶も曖昧になってしまいそうなので、覚えてるウチに風屋さんの宿泊記、続きです。 
                     下の写真は宿HPから拝借しました。  2つある貸し切り風呂の内の1つです。

f0208112_12432283.jpg

f0208112_1253191.jpg
六角形の桧造り かなり大きな湯船で
貸し切りに出来るのはスゴク贅沢な気分です♪
大人7人位は余裕じゃないかな~
湯船中央の底から、源泉がボコボコと
湧き出ています。 
2つの貸し切りはどちらも洗い場が無いので
大浴場でお願いします。と説明されました。
チェックインからアウトまで空いていれば
いつでも入れたような記憶です。


f0208112_12465939.jpg


f0208112_12562910.jpg

もう1つの貸し切り こちらは内湯
ものすごく大きな湯船でした~

こっちも7、8人は余裕な感じ!

ただ、貸し切り風呂の場所まで
泊まった部屋から少し距離もあったので
チェックイン後に、露天風呂に一回入ったきり。

まぁ部屋にお風呂が付いていなければ
何回も利用したかも・・・

お風呂場に行く!
っていうのが面倒になってるお年頃です(苦笑)



f0208112_133388.jpg
個人的に、木枠の湯船が大好きなので
とても良い雰囲気のお風呂でした。


f0208112_1331523.jpg


f0208112_1371816.jpg

男女別の大浴場(内湯プラス露天付き)は
入れ替え無し。


貸し切り風呂から真逆の方向に位置していて
この大浴場へも、部屋からは少し遠い(苦笑)

宿の造りが全体的に横長で広い感じ。

暖簾をくぐって、左右に女湯と男湯に
別れていました。



                       kazuさん、男湯には一度も入りに行かなかったので、写真はこれも宿HPから。 
                      内湯の湯船は女湯と全く同じで左右対称、奥の露天はかなり広いとクチコミに書いてありました。

f0208112_13152383.jpg
f0208112_13193429.jpg
こっちが女湯内湯
夜に、一度入りに行きました。
かなり薄暗くて、ひとりだとちょっと怖い(苦笑)
外の露天は石造り


f0208112_13215822.jpg


f0208112_13243742.jpg

女湯の露天は、洞窟風呂になっていて
覗いて写真撮っただけ。

美ヶ原の金宇館にも、洞窟風呂有りましたけどねぇ
どうも、イマイチ苦手です^^;

写真はチェックイン後、まだ明るい内に
撮ったのですけど、夜は・・・
怖くて~~
こういう雰囲気のお風呂は
人がガヤガヤいた方が断然良いですね^^;

閉塞感が駄目なのかも・・・
(個人の好み)



f0208112_13321923.jpg
夕食と朝食 一気に。
食事処で、時間は・・選べたかな? 忘れてしまいました^^;
襖を隔てて、両隣のお客さんの声も聞こえます。
シンプルなお品書き。 スタッフが説明してくれました。


f0208112_13323357.jpg


                        全体的に味付けはシッカリめ。 鍋物は何だろうと思ったら
                       すき焼き風の牛鍋で、飛騨牛のステーキも出たので、鍋は別の食材がよかったかなと・・

f0208112_1341187.jpg

                        塩で食した飛騨牛のステーキが美味♪ ボリュームもけっこうありました。
f0208112_13412740.jpg
f0208112_13474671.jpg
デザートも出ましたが、スタッフの男性と
お喋りしてて写し忘れ^^;

海外からのお客さんが多いそうですよ!
実際に、隣の部屋からは英会話が(苦笑)

お風呂のマナーなど、理解して貰うのに
苦労することもあるようです。
「大変ですねぇ」と言いながら
お風呂場でそういうお客さんと出くわしたくない!って
素直に思いました~(笑)

スタッフは男性しか見ていません。
中には外国人のスタッフもいて、隣のお客さんに
英語で料理の説明をしてました。

グローバルだっ(笑)



                                   朝ごはん
f0208112_13584717.jpg
f0208112_1431181.jpg

いろいろ品数多かったですが
やっぱり少し味付けが濃いですかね。

卵焼きなどは、出来立てを
持ってきてくれましたが
作り置きの保存食的な物が
多かったように思います。



食後に珈琲飲みたかったけど
出なかった・・と思います。
ちょっとこのあたり
記憶があやふやで(苦笑)



                               新穂高温泉 風屋さん 宿泊感想
f0208112_14404985.jpg
f0208112_1442488.jpg

全8室の宿にしては、館内が広く
大浴場や貸し切りに行くのに
少し距離があるので、個人的には面倒臭い(苦笑)

8室の内、2部屋に露天風呂が付いていて
泊まるなら露天付きの部屋が是非お勧め♪
(@19650税込みは、かなりお値打ち)
気持ちのいいお風呂でまったり寛げました。

奥飛騨定番の料理(朴葉味噌や、飛騨牛)も提供された
食事内容は・・・料金を考えたら相応かなぁ・・

家庭的で手作り感のある料理が、個人的には
好きなのでその辺が・・少し残念かな。


上高地の風景が好きなので、奥飛騨方面は
数年の周期で行きたい場所。
奥飛騨温泉郷には、かなり沢山の宿が
点在しているので、これからの宿探しも
なかなか楽しそうです^^;
(って、宿探しは全部kazuさん任せなんですけどね)

という訳で、新規宿 新穂高温泉 風屋さん
宿泊記おしまい^^


# by satomi-kazu | 2017-06-17 15:06 | 新穂高温泉 風屋(旧今田館) | Trackback | Comments(8)
2017年 06月 13日

異動辞令 たかがパートされどパート


f0208112_11464385.jpg

懐かしい写真を探し出しました!
むかーしのガラケーで写した写メ(笑)
パート勤務する支店の社食。
今の会社に入社して早・・丸8年
乳癌治療を終えてからの入社だったなぁ・・・

いやーホントに早い!早過ぎでしょ(苦笑)
10歳なんて、あっという間に歳とって、気づけば50代後半も
もう目の前に・・・はぁ~


今の仕事、いろんな支店を廻るエリアという部署も体験
当時は、10数店舗も廻ってたなぁ・・・
行った先の支店でのお昼ご飯は、美味しいとこもあったけど
激不味の支店もあったりして(苦笑)

オムライスが美味しかったこの支店♪
お膳を差し出してから、卵焼いてくれたりしたもんなぁ
出来立てで、卵トロトロ・・うん、美味しかった!



f0208112_11563759.jpg

あったかいポトフ風~も美味しかった♪

って、社食の話ではなく(苦笑)
先週、ついにというかとうとう異動辞令が出た。
というのも、今の支店勤務がかなり長く(丸4年超え)
いつ、異動発令がされてもおかしくなかった日々

慣れ親しんだ通勤経路や、支店の雰囲気、人間関係・・・
そういう環境から一変し、また新たな場所での実務。
やること(仕事内容)は一緒なんですけどね。
新しい環境に慣れていくことが、ある意味試練・・・

そう!50代になって、この状況は正直キツイ。
新しい事に、短期間で順応できる能力に
欠けてくるのですよ・・・50代になると。
なので、出来ればずっーーと同じ支店勤務がよかった。

実際、新しい職場への通勤時間は、約50分
今の支店が30分弱なので、ほとんど倍です。



f0208112_1273592.jpg

40代50代の主婦がパートを探すとき
自宅から50分も掛かる場所を探しますか?
探さないですよねぇ・・・
まずは近場!年々そう感じるようになりました。
 
勤め出した頃は、まだ40代前半で(若かったー^^)
満員電車のラッシュもまだイケた。
なんとか耐えられてた・・・
でも、来月からどうかなぁ

毎日、あの電車にスシ詰めになって通勤してる
kazuさんやその他大勢の働くサラリーマン、えらいっ!!
ホントえらいわー

あたし・・耐えられるかしら?? 本気で不安だわ。

異動辞令を伝えられてからの数日
なんだか気分が下向きでですねぇ
ものすごーーく憂鬱です。



通勤圏内(1時間以内)の異動があることは承知して入社しましたけど、寄る年波にはやっぱり勝てませんねぇ
週3日程度のパートなんだから・・・という、少し安易な思いも無いとはいえませんけど、反面、長い通勤時間を要し
通勤でストレス(中央線の朝のラッシュはかなり苦痛なのです)を溜めてまでやる仕事なんだろうか?なんて、最近考えています。
たかがパート・・されどパート、仕事をしてお給料を貰うのはやっぱり大変な事ですねぇ 自分としては、60歳までの残り数年間は
今のペースで仕事を続けたいって考えてたけど、体調管理やその他諸々、思ったようには行かないことも歳を取れば出てくるでしょうしね。

懐かしい支店の社食と共に、愚痴りでした^^;
あっそーいえば、新しい支店のお昼ご飯も「美味しいよ」の情報が・・・良い事ってそれだけ?(苦笑)


# by satomi-kazu | 2017-06-13 12:46 | 日常 | Trackback | Comments(6)
2017年 06月 08日

新穂高温泉 風屋(旧今田館) 宿泊記①

                         先月、奥飛騨へ2泊3日で出掛けてきました。 
                       1泊目は再訪の宿「宝美館」そして2泊目に選んだのは、新穂高温泉の宿 「風屋」 
                         一気に・・・は無理っぽいですが、忘れない内に備忘録として残します。

f0208112_19143549.jpg
f0208112_1920886.jpg
部屋数は8つ
宿の造りは相当広かったんですが
部屋数少なめですね。

露天風呂付きの客室が2つあって
今回は、その部屋を予約しました。

平日泊@19650(税込)
部屋に露天風呂が付いて、この料金は
なかなかCP良いですねぇ~

宿は、古民家風の造りで、なかなか重厚な雰囲気

イン15:00 アウト10:00
部屋のお風呂でもっとゆっくりしたかったので
アウト10時はちょっとせわしなかったデス。



                      玄関 フロント周辺はこんな感じ。 男性スタッフが出迎えてくれました。
f0208112_1935121.jpg
f0208112_19482246.jpg

上の写真の黒いソファに座って
チェックインの記帳をします。

冷たいお汁粉と緑茶が出されました。


なんせ、2万歩超えの直後のチェックインでしたので
甘いものが美味しいーー♪



f0208112_19533592.jpg

スタッフさんの説明だと
「2階建てのようにみえますが
3階建てなんですよ」と。

横に長い造りなので廊下も長い^^;
ワタシは全く利用しませんでしたが
ライブラリーのスペースも有りました。
(写真無し)

ちなみに、大浴場や貸し切り風呂は
チェックインをした場所から両端にあるので
ウチが泊まった部屋からは
ちょっと距離がありましたねぇ・・・



f0208112_2045566.jpg

この渡り廊下は
貸し切りの露天に向う通路なんですが
なかなか雰囲気が良かったです。


ただ、部屋までの階段や廊下は
かなり暗め?な雰囲気だったので
夜はちょっとひとりじゃ怖い?かも。
(怖いって年齢じゃないじゃん!の突っ込みありがとう・笑)



f0208112_2014437.jpg

部屋の名前は「かもしか」だったかな。
10畳和室に広縁

シンプルですが、落ち着いた部屋でした。
広縁の椅子も座り易くてGOOD!

露天風呂付きです♪



f0208112_2018553.jpg
f0208112_20211150.jpg
f0208112_20415684.jpgf0208112_20434776.jpg

部屋には、バスルームも
あります。
外国からのお客さんが
多いそうなので
必要不可欠?
なのかもしれません。

部屋着用に作務衣
浴衣もあったかな?
ウチは、浴衣着ないので
チェック甘くてすみません。

バスタオルはひとり1枚
これは残念ですねぇ・・・
部屋のお風呂に何回も
入ったので2枚は用意して
欲しかったかも。



f0208112_20225084.jpg


部屋に付いている露天風呂です。
源泉掛け流しの説明がありました。

加水も加温も無い代わりに、湯量が少な目ですかね・・
源泉温度が比較的高めの新穂高温泉なので
湯量を絞らないと、小さな湯船だと熱過ぎて
水を足さないと入れないと思います。
(すぐ側の白雲荘のお風呂がそうでした)




f0208112_20231876.jpg


f0208112_20304632.jpg

この露天風呂には、洗い場やカランも無いので
単純にお風呂に浸かるだけ。

洗髪や身体を洗うのは部屋のバスルームか
大浴場の内湯で、ですね。

だけど、このお風呂とっても気に入って
何回入ったかな?ってくらいいっぱい♪

浴槽は、大人2人でも充分な広さ
ちょうどいい湯温で、ボーっと
星空を眺めながら、ほんとにゆったり出来ました。

癒された~^^


f0208112_20385770.jpg

                                 ってことで、今日はここまで^^;  野球~野球♪

# by satomi-kazu | 2017-06-08 20:56 | 新穂高温泉 風屋(旧今田館) | Trackback | Comments(2)
2017年 06月 06日

ウレシイなぁ~^^


f0208112_233402.jpg

こういうシーンを、たくさん見たいですね♪


今夜も勝った!勝った!また勝った!!^^


連日野球ネタばかりですみません(≧ω≦*)


先月の奥飛騨の宿も良かったので、ブログに残したいし
一昨日泊まった四万温泉の新規宿も、とっても良かったので
早くまとめてアップしたいのですが・・・・

野球が楽し過ぎて困ってます(苦笑)


# by satomi-kazu | 2017-06-06 23:42 | スポーツ&野球 阪神 | Trackback | Comments(8)
2017年 06月 03日

2017交流戦の覚書き


f0208112_1131516.jpg

昨晩は、早々に虎さんチームは日ハムに惜敗
気分を切り替えて、BSの巨人戦を見始めた。

巨人VSオリックス戦は懐かしいグータッチ監督の
原辰徳氏が解説で熱弁?を披露中~

いやーー個人的に笑わせていただきました!!
阪神の敗戦を忘れるくらい(笑)
kazuさんが帰宅前のひとりの野球観戦
ウチのリビングには、中年オバンの
けたたましい笑い声が響いておりました^^;



どこが一体ツボだったかって・・・



f0208112_1193753.gif
←おちちゃん画伯の原さん(笑)
ソックリですね♪

延長戦に持ち込んだ11回裏巨人の攻撃
1点差に詰め寄り、なおもランナー1塁の場面
代打の寺内選手にバントのサイン

原解説者
「テラはねぇ、なんでも器用にこなしてくれる選手ですからねぇ
きっちりバント決めてくれるでしょう」 と、愛情たっぷりの解説

結果は・・・スリーバント失敗(爆)

その瞬間、マイクが拾ってしまった原解説者の声

「チッ!」

ぎゃはははは~ いや~ 人間味に溢れてて好きですねぇ^^

それに球史に名を残した名監督だと思います(本音です)
ウチの(阪神)監督やったらどんな采配みせてくれるのか?
っていつも思ってました。

昨晩の巨人は敗戦・・泥沼8連敗という結果に。



f0208112_11364236.jpg

それにしても、パリーグとの交流戦・・・
セリーグ弱過ぎですね(苦笑)

パリーグの選手達は、セリーグ相手だと
燃えちゃうんでしょうかねぇ
あんなに負け続けてたオリックスでさえ
巨人に連勝

最下位でもがき苦しんでた千葉ロッテも
粘りの野球で、巻き返してます。

セリーグ相手に勢いづかないで~~(苦笑)

まぁでも、楽しいです♪ 野球!!
頑張れ~阪神タイガース!!!


# by satomi-kazu | 2017-06-03 11:46 | スポーツ&野球 阪神 | Trackback | Comments(12)