2017年 04月 29日

ユーミン東京公演鑑賞の一日@宇宙図書館ツアー

f0208112_1271139.jpg

               長くて短い、そんな一日でした。 
               去年の11月から始まっているユーミンのロングランツアー
               全国たくさんの場所でコンサートを開催してくれて、ようやく?ホーム!東京公演の日。
               当日じゃないと座席が判らないという、初めての経験チケットで(笑)
               ベタ過ぎる感想だけど・・・とにかく最高!感動!2時間と少しのユーミンワールド・・あの場所にいれて本当にシアワセ
               国際フォーラム会場に来ていたみんながきっと同じような感動に包まれていただろうな・・と。
               あっという間の2時間だったんだけど、この日の予定はかなりのタイト^^; 
               一日を追って、ふたたび余韻に浸りたい。



f0208112_12201445.jpg
会場6:00 開演7:00
遅めの昼を済ませて、有楽町で映画
それからコンサート

この日の予定はそんな感じ

ランチは、お気に入りの神楽坂ビストロフレンチ
「ブラッスリー・グー」

予約無しでも入れないことは無さそうですが
ウチは、国立から行くのでね^^; 
入れなかったら超ガッカリモードになるので
予約を入れて安心来店♪

ランチのメニューがとにかくお得なのに@1080~
味とボリュームが抜群♪



f0208112_1232251.jpg

若い女性や、サラリーマン風の男性
セレブふうな奥さんグループなどなど
ホントにいつきても賑わっていて
人気店なのが伺えます。

小さなお店なので、のんびりゆっくりと
フレンチを楽しむ・・という感じではないですかね。
(隣の席との間隔が殆ど無いので^^;)

みなさん、ランチを食べ終えたら割と早く退店してます。



f0208112_12362743.jpg
昼からアルコールを頼んでいるグループはあまりいなかったような?
美味しいフレンチには、白ワインも欠かせません(笑)
ランチメニューはとても豊富で、前菜と主菜を選べるものや
デザートまで付いたコースなど、いろいろです。
黒板にはその他のお勧めも!



f0208112_12363692.jpg


                  kazuさんは、@2200のコース 
                  前菜盛り合わせと、魚、肉、デザート 魚は真鯛のポアレ クリームソースが美味
                  肉料理は数種類から選べます、箸で切れちゃうくらいホントに柔らかい牛ほほ肉、こちらのソースも絶品♪ 
                  フランス料理はソースで食す!って何かで見た気がするけど、まさしく!!

f0208112_12462636.jpg

                  ワタシは@1000の前菜&主菜の2品  たくさん種類のある前菜と主菜を選べるので
                  何度か来てますがいろいろ試してます^^ 全部・・・美味しい~ 
                  今回の主菜は黒板でお勧めの豚ロース肉のソテーピクルスソース♪ 
                  ちょっと甘めのソースがこれまた絶品! 無くなったら何度も追加してくれるフランスパンにソースを付けて。
                  大好物のマッシュポテトも旨いっ! 大満足♪ ごちそうさま!

f0208112_12523334.jpg

f0208112_1314739.jpg

さて!
満腹の後は、有楽町まで移動し映画鑑賞

ワタシ、ものすごく恥ずかしいのですが
ネットで事前に映画館の座席チケットを
購入出来るなんて知りませんでした(苦笑)
しかも、好きな席をクリックして買えるなんて・・・

何十年映画館行ってないんだよっ!! ですね(笑)

おまけに、通常@1800が夫婦割?で
@1100でした(普通なことですか?^^;)

とっても得した気分で観た映画は・・・



f0208112_1310054.jpg
「ライオン 25年目のただいま」 感想は上手く書けないので止めときます。
映画タイトルが何故「ライオン」なのか、ラストの1分で判明するというので
ラストラスト!ラストまで~・・・と(苦笑)

ひとつ一番印象に残った想いと言えば・・映画館に足を運んでもらうのは
大変な事なんだなと。平日の昼過ぎとは言え、すごく話題にもなっている映画・・
600席ある館内は、ガラガラでした。(映画の感想じゃないよね・笑)

帰りの劇場前、宝塚の人の出待ちで沿道に陣取ってた
女性ファンの人数の方が断然多かった・・という(笑)


f0208112_13235088.jpg


f0208112_149377.jpg

映画鑑賞のあとは、今日のメインイベント

ユーミンコンサート
「宇宙図書館」

国際フォーラムAホールへ向かいます。



f0208112_14153370.jpg
チケット引換券で当日座席券を貰います。
5000人キャパのフォーラム 座席券の発券など時間が掛かって面倒だな?って
思ってましたが全くの杞憂で、発券は超~すんなり^^ 
1階12列目の文字を見てテンションあがりました^^ 前だ~♪


f0208112_1415445.jpg


f0208112_1423248.jpg
ツアー始まる前のユーミンのコメント

1 ステージ、1 ステージ、魂をこめて、何があってもくじけない
強い希望の光をみんなに送りたい。
これが最後のロングツアーになったとしても悔いのない
最高のツアーにしたいと思っています。


苗場に比べるとステージでのMCはさほど無く、そして短めだったけど
ワタシなりの解釈「宇宙」「旅」「未来」そんな舞台構成と演出
ご主人である松任谷正隆さんの演出とライティングの素晴らしさ・・・
全部に魅了され、あっという間の時間旅行だった。

前半から中盤にかけて、どちらかと言えばしっとりした大人な
感じの世界から、後半そしてアンコールのメドレーは
もう、往年のユーミンナンバーが目白押しで^^のりのり~
ワタシも立ち上がって、イケイケで踊ってました。
やっぱり「埠頭を渡る風」サイコー♪

ダブルアンコールの「卒業写真」
会場のお客さん皆で大合唱・・・
ユーミン、泣いてた。

この場所にいられて、シアワセだな。 心からそう思った。



f0208112_14522581.jpg


「宇宙図書館発 各駅停車未来行き」

次回は、八王子で^^







あとがき
ひろりんさん、無事に参戦出来ましたか?


# by satomi-kazu | 2017-04-29 15:00 | 好きなアーティスト | Trackback | Comments(2)
2017年 04月 26日

ユーミン 宇宙図書館ツアー♪


f0208112_10242192.jpg

                      宇宙図書館ツアー 東京公演 国際フォーラム  ユーミンワールドに浸って参ります♪

# by satomi-kazu | 2017-04-26 10:32 | 好きなアーティスト | Trackback
2017年 04月 22日

別所温泉 かしわや本店宿泊記③


f0208112_1039921.jpg
なんだか今週はバタバタで、仕事も忙しかった^^;
長々と引っぱっちゃいましたが、かしわや本店宿泊記最後です。

夕食前に、利き酒のサービスがありました。
ウチが泊まった部屋のすぐ隣に、こんなカウンターがあって
食事処に行く前に、ここでいろいろ試して
「是非~ご注文くださいませ」って感じですね。

自称日本酒オタクのkazuさん、銘柄見ただけで
完全スルー(笑)感じ悪~(苦笑)

日本酒だけじゃなかったような?
白ワインもあったような??定かじゃないです(苦笑)
ウチの前に4、5人の大学生のような男子グループ
内心・・「わーこんな高い宿に!!卒業旅行かな?」
利き酒たくさん飲んでました(笑)



f0208112_10514875.jpg

時間になると仲居さんが部屋まで出迎えてくれて
個室の食事処まで案内してくれます。
この仲居さんが、最後まで配膳担当
朝はまた別の人でしたが、配膳担当の
仲居さんは、どの方も一生懸命な感じ。

6畳?よりもう少し広いかな。
BGMなどが何もなくて、怖いくらい静かでした。
他の部屋の話し声なども全く聞こえなかったし
襖を開けてみたけど、何も見えず^^;
2人っきりの食事には慣れてるけど
なんとなくこの夜は、静かすぎて寂しい雰囲気だったかな



                         ひとりで何組かのお客さんを担当していたと予想しますが
                         そんなに待たされた感も無く、静々と夕食が進んでいきました。
 
f0208112_1112833.jpg
f0208112_1173113.jpg

                         お品書きや箸が置かれた紙にも、春らしい絵が・・
                         夜も朝も芭蕉の句が書かれていました。

f0208112_1193022.jpg

                      ぶれてる写真もありますが一気に載せます。また横着してまとめてます^^; 
                           最初に先付とお造りが運ばれてきました。

f0208112_11151565.jpg
f0208112_11184633.jpgf0208112_11185885.jpg


f0208112_11213356.jpg

料理の品数や(あと肉のグレード?)部屋の広さなどで
宿泊料金が違ってくるのですが、夕食の量はこれでも充分でした。
因みにウチが選択したのは、料理のランク3段階の真ん中

2択出来た料理がありました。煮物と肉料理

それらはチェックインの時に、詳しく説明してくれて
その時に選べます。


どの料理も「THE 和食!」
洋風な感じは一品も無かった。
でも味付けは濃くなく薄くなく丁度いい塩梅で
美味しく完食出来ました。

因みに・・料理人は5人もいるそうですよ^^
(宿HPに書いてありました)



f0208112_11332720.jpg
ワインのメニューはさほど多くありませんでしたけど、和食にも白ワインは良くあって
食が進みました。 最後のデザートは、チーズケーキだったのかなぁ?
信州らしい物だと良かったんだけど・・・


f0208112_11335222.jpg


f0208112_11431372.jpg

仲居さんが淹れてくれたお茶の美味しいこと^^
煎茶をほとんど飲まないkazuさんの分も♪


夕食の感想

季節感のある、目でも楽しめる和食の膳でした。
先付の中に、桜の花びらを模して作った長芋や百合根
手間暇かけた手の込んだ料理だなぁと思いました。
信州和牛の朴葉焼きも、味噌が美味しく進みました。
お肉もう少し食べたかったかな(苦笑)
筍ごはんが、柔らかすぎてそれがちょっと残念だったけど
全体的に料金相応の、満足いく夕食でした。



f0208112_1213755.jpg

続いて朝ごはん

洋食と和食の選択可でした。
当然?(笑)のように2択で。

ワタシが和食 kazuさんは洋食
kazuさんの方は大きなグラスでリンゴジュース^^
和食のワタシにも、小さなグラスで出してくれました!

そーだ! 夕食のデザートも信州特産のリンゴで
何か作ってくれたら良かったのにねぇって^^
朝、思いました!

美味しいジュースでした~♪



                    洋食  コーンスープのお味は・・市販っぽい(以下略^^;)感じだったみたいですけど
                    ふわふわのオムレツや焼き立てパン(3種)など、美味しく完食♪ 
                    パンはお替りどうぞ!とお勧めしてくれました。

f0208112_12202100.jpg

                    和食  ご飯と一緒に出された温かい信州蕎麦が美味しかった^^ 
                    手作りの湯豆腐もお腹に染みわたる感じ。 洋食も和食も食べきれない程の品数じゃないですが
                    キレイに完食出来てウチには丁度いい量でした。

f0208112_12254793.jpg

f0208112_1230666.jpg

洋食には珈琲も付きましたけど
ワタシはラウンジで、フリーの珈琲を。

チェックアウトは12時!
ものすごーくゆっくり出来るので
kazuさんは、本館の大浴場へ

早朝、体感36℃位の部屋風呂温度を
朝食後に温度を上げてもらい(苦笑)
ワタシは部屋風呂に・・・
ホントにねぇ、部屋風呂の温度が惜しいっ!!

朝食後に、2時間くらい爆睡しちゃいました^^
宿の朝って、何気に気忙しくてバタバタ帰り支度するのに
12時アウトっていうのは、本当にゆっくりできるなぁと(^^)v



f0208112_1244489.jpg

4月上旬 信州の桜は、まだまだ蕾 代わりに、梅や桃の花が満開でした。 
別所温泉のかしわやさん、ハイクラス設定のお宿だけあって、スタッフの多さや館内設備の充実度やサービスあれこれ・・等々良かったと思います。
和風旅館が好きな方や、ご両親を招待する・・なんて時には最適なお宿かも。 我が家は、kazuさんが「行ってみたい!」って、なんかずっーーーと言ってたので(笑)
今回泊まることが出来ましたーってことで(苦笑) あんまりしつこくワタシがぶつぶつ言うと、シュン・・・ってなっちゃうのでね^^;

長々とおつきあいいただき^^; ありがとうございます。
2泊目のお宿は、何度か行ってる再訪のお宿。 こちらもkazuさんご要望(笑) 宿泊記はサラッと簡単に!ですかね^^


 

# by satomi-kazu | 2017-04-22 12:56 | 別所温泉 かしわや本店 | Trackback | Comments(10)
2017年 04月 16日

別所温泉 かしわや本店宿泊記②

                        
                    かしわやさんの続き  部屋は、8畳和室に6畳ほどのベッドルーム  
                    テレビはもちろんプロ野球中継(笑)関係ないって! 
                    充分な広さで問題ナシ。 新しい感じはしませんが清潔で掃除もキチンとされてました。

f0208112_12102637.jpg

                     洗面台の鏡が前面の壁一面で、大きくて良かったです。
                     洗面ボールも昔の?もので今時の小さな陶器造りで使いづらい洗面ボールより格段良い。

f0208112_12105194.jpg
f0208112_1211533.jpg

8畳和室のサッシの先に
露天風呂は有ります。

お風呂付きの部屋の造りは
どの部屋も違っているようで
お風呂の形状も同じではないみたい。
(宿のHPで見る限り)

ウチが泊まった部屋のお風呂は
数段の階段を昇る造りになっていて
斜面に面して造られた宿なのかな?
という印象。

バスタオルは、宿泊中に2度ほど
補充してくれました。

アメニティ類は、高級旅館に分類されている割には
イマイチ?というか普通でした。



f0208112_12274076.jpg
部屋に付いている露天風呂です。
ある方のクチコミで、宿で一番リーズナブルだったので
(風呂付き部屋の中で)
取って付けたような感じかな?と思ったら
意外に良い雰囲気で良かった。と、ありました。
ワタシも、その通りの感想を持ちました。

「おっ!いいじゃん♪」 

でも・・・この部屋の露天風呂の温度管理が
とにかく残念で(温度が低過ぎで、湯船から出れない)
最後の最後までとにかく残念でなりませんでした。
夕食時の仲居さんに、温度を上げて欲しい旨をもちろん告げましたが
40℃くらいの体感になったのは、夜だけで(それでもまだぬるめ)
翌朝には、再度37℃以下の体感温度に・・・
「外気温が下がってるので・・・」っていうのは
言い訳にならないと思うんですよねぇ

f0208112_122759100.jpg


f0208112_12381614.jpg

部屋風呂に関しては、も少ししつこく(笑)書いちゃいます。
だって・・ホントに残念だったから。

案内してくれた仲居さんが
「こちらの露天風呂は源泉掛け流しです」と誇らしげな感じで
説明してくれました。
確かに、循環されてる様子もなく、塩素臭など全くしなかったので
掛け流しは掛け流しなんでしょう・・・
問題は湯量だと思うんですよね・・少な過ぎる。
湯口からほんのチョロチョロと出てるだけ。
源泉温度が50℃とちょっとなので、あんな少量の湯量では
湯温がぬるくなってしまうのが当然かと・・・

次に紹介する、大浴場の内湯は表示板にも
「加温あり 循環あり」とあり、そちらは適温でした。



f0208112_12453816.jpg
こんな感じの湯量ですから・・・チョロチョロ
出てるのか出てないのか解んないですよね(苦笑)

当日の外気温との兼ね合いもあると思うけど
源泉温度が50℃くらいで、この湯量では・・・
一度浸かって、ザバーンとお湯が湯船から
こぼれたら、再度湯船がお湯で溢れるまで
相当な時間が掛かります。

部屋にお風呂が付いている宿は
お値段もそれなり、故に期待もそれなり。
せっかくの部屋風呂で、ストレスが溜まったことが
今回のお宿での一番の思い出。

何気にねぇ・・・別所温泉のお風呂には
トラウマがあるかも・・です(笑)ワタシ。


以前泊まった宿の内風呂も・・・お湯の配給が止まっちゃって、ぬるくて寒い内湯に籠ってたっけ^^;
他の方のクチコミ(部屋風呂)で、ワタシのような感想を持った人はいなかった?ようですが、実際に泊まったワタシの感想として書きました。
最初の仲居さんも「あれは確かに、ぬるかったです、すみません」と言っていました。 重ね重ね、宿のスタッフもぬるいと感じたのなら
翌朝も温度には気遣って欲しかったです。再三「また、温度低いんですけど・・」ってお客に言われるようでは・・・



f0208112_1311732.jpg


では、少し気を取り直して(苦笑)
宿の大浴場と貸し切り風呂のご紹介。

最初にも書いたけど、男女別の大浴場(内湯のみ)へは
離館(四季亭)へ移動しないと行けません。
反対に、離館に泊まってるお客さんが
貸し切り風呂や露天に入るには、本館まで移動・・・

ん~ やっぱりめんどくさい(笑)



内湯 「悠々自適の湯」 男女別、時間で入れ替わり  夜は12時まで、朝は6時からだったかな。 24時間は入れません。

f0208112_1363061.jpgf0208112_1364422.jpg


チェックイン時女性風呂 広い脱衣所には、バスタオル完備 手ぶらで行けますね。 レトロで大きなドレッサーは
目を引きますが、正直使いづらい(苦笑)混み合った時にはどうでしょ?


f0208112_13102256.jpgf0208112_13104683.jpg


f0208112_13153619.jpg

浴場は、渋い感じで落ち着きます。

表示板にもあるように
この内湯は加温有り、循環有りです。

10人はキツイかな?
7、8人が一度に浸かれる感じ。

加温有りですが、微かに別所温泉特有の
たまご臭(硫黄臭)がして
個人的に、宿のお風呂の中で
この内湯が一番気に入りました。



f0208112_13221732.jpg

天井も高く 湯気がこもらないので
ブロガー泣かせでは無いですね^^;

シャンプー類は、ポーラシリーズ




f0208112_13223472.jpg


f0208112_13435713.jpg
チェックイン時 男性用の内湯

夜の10時ころ入りに行きました。
誰もいなくて貸し切り状態
お風呂が付いてる部屋が多いので
大浴場もあまり混まないのかと。

浴場は長方形で、もうひとつの内湯よりは
少し狭いです。


f0208112_13442514.jpg


f0208112_13501869.jpg

こちらが本館のお風呂案内

ひとつの浴場に岩風呂と桧の露天がセットに
なっています。
男女で時間制で入れ替わります。

貸し切り風呂も内湯と岩風呂露天がセットに
なっていて、一組40分 一回無料でした。

2回目以降は解りませんが、15室満室でしたら
何度も・・・は無理ですね。



f0208112_13563091.jpg

宿で一番広い岩風呂。

10人以上は楽に疲れそうです。

ちょっと見た感じは古びていて
個人的にはソソラレナイ(苦笑)
湯船でした。

浸かっていません・・写真だけ。



f0208112_1401464.jpg

岩風呂の先に、桧の露天風呂

新設されたようで、新しくて綺麗な桧造りです。

丸い樽型で、3人が限度かな・・

雰囲気はステキだけど
他のお客さんと一緒だと
気まずい大きさ。



f0208112_1461288.jpg

お風呂 最後の紹介は貸し切り風呂です。

予約した時間に下に降りて行くと
仲居さんがバスタオルを持って待っています。

貸し切りにしては広い脱衣所
以前は、普通に大浴場として
使っていたのかも?



内湯と、岩露天 完全に分離されてる貸し切りです。 貸し切りとしては贅沢な広さだと思います。

f0208112_14122673.jpgf0208112_14125311.jpg


f0208112_14181182.jpg

ふ~ん・・・別所温泉ねぇ・・・
お湯のインパクト・・
もっとあったはずなんだけどなぁ



貸し切り岩風呂 ここも個人的にはぬるかったです。

f0208112_142121.jpgf0208112_14212338.jpg


f0208112_14275514.jpg

ふ~ん・・・別所温泉ねぇ・・・
お湯のインパクト・・
もっとあったはずなんだけどなぁ その②(笑)



f0208112_14312863.jpg
かしわやさん、お風呂の感想

正直言って、ワタシには合いませんでした。
kazuさんは、この宿を選んだ手前、多くを語らず^^;

温泉の温度が低かったというクチコミを見たことがないので
ぬる湯好きのお客さんが多いのか、それともウチが泊まった日に
限って、温度管理がイマイチだったのか??
その辺は定かじゃありませんが・・・

せっかく露天風呂付きの部屋を予約しても
シャワーの温度を熱くして、湯船に注ぎながら
浸かったなんて初めての事です。

再訪は・・・
あそこ、お湯が超~ぬるかったよねぇーーと
いつまでも語り草になりそうです。




# by satomi-kazu | 2017-04-16 14:42 | 別所温泉 かしわや本店 | Trackback | Comments(19)
2017年 04月 13日

信州2泊3日の旅 一泊目 別所温泉 かしわや本店宿泊記①


f0208112_2123938.jpg
四月初旬 信州へ2泊3日 出掛けてきました。
初日、サービスエリアのこの光景
思わずカメラに収めた4つ子のレヴォーグ(笑)

しかも全部色違い!! ツーリングしたわけじゃないですよ^^;
こんな偶然 何万分の1ぐらいじゃないでしょうかね?

しかも後日談があって(笑)なんと、ウチが駐車する前に
既に4台のレヴォーグが停まっていて、その中の一台も別色。
で、その一台が立ち去った後に、ウチが駐車したという(笑)
最初から停めていたスティールブルーメタリックの
所有者さんが、SNSで発進していたのでした。

なので、4台プラス1台^^ いや~~ホント凄い偶然



f0208112_12333928.jpg

最初のお昼は、佐久平PAにあるお蕎麦屋さんで。

イートインスペースでは無くて、別棟の建物で
営業しているお店

コップの中身はノンアルです。
kazuさんはクルミ蕎麦 ワタシは天ざる
クチコミは割と良かったんですけどね・・
ワタシ個人的には、イマイチ(苦笑)
お蕎麦の水切りが甘くて、生ぬるい感じだったし
天ぷらもべチャッとしてた。
kazuさんがリサーチして決めたお店でしたが
ちょっと残念でした^^;

まぁでもこのPAに寄ったから、4つ子のレヴォーグに
遭遇することも出来たのでね^^



f0208112_12435942.jpg
さて、いきなりお宿の正面写真

別所温泉 かしわや本店

特筆するのは、何と言ってもチェックアウト時間
じゃないでしょうかね(苦笑)←そこ?^^;
(ちなみに、イン3時 アウトはお昼の12時です)
いきなりこんな書き出しなので、もしかして・・
がっかりモードのお宿??
って、決してそんなことはありませんでした^^
とはいえ・・・いつもひとり15000円前後の宿に
泊まっているウチからしたら、ひとり29000円の宿は
どーしたって求める期待度が急上昇するわけで(苦笑)

まぁ・・そんなこんなの気持ちも織り交ぜながらの
宿泊記です(いつもじゃん^^)



                  渋滞も無く予定通り2時過ぎに別所に到着。 宿の駐車場に車を停めさせてもらい、北向き観音へ。
                  上の写真でも写ってますが、宿の玄関入口から北向き観音は真後ろにあって
                  徒歩2分?いや1分かな(笑)とにかく近いです。

f0208112_12594767.jpg

                  観光案内には、無理やり?パワースポット(苦笑)状態の名所が数々載ってます。
                  夫婦杉もそのひとつ。完全な、ひねくれオバちゃんになってしまうのも哀しいので(笑)ありがたく拝礼。 
                  信じる者は救われる^^; 石にも心を洗う!って刻まれてるじゃないですかー

f0208112_12595640.jpg

f0208112_131022100.jpg

別所の温泉街は、沢山の宿が隣接しているので
割とごちゃごちゃした印象かな・・
日帰り入浴施設も、何軒かあるので
時間があれば入ってみるのもいいかも。


有名な安楽寺八角三重塔へも徒歩圏内
神社仏閣もちょこちょこと点在してるので
興味と時間があれば、散策するのもいいですね。

ウチは、3回目の別所温泉だったので
今回は、北向き観音周辺をブラブラして
宿のチェックインとなりました。



f0208112_13205487.jpg
改めて、一泊目のお宿

別所温泉 かしわや本店
全15部屋 (の割には、敷地面積ハンパない^^;)
建物は本館(旧館)と離館に別れていて
客室はどちらにもあるのですが、大浴場の内湯があるのが離館
貸し切りや露天風呂があるのが本館・・なので
別棟のお風呂に入る為には、どちらも一旦玄関を出て
それぞれの敷地に移動しなければなりません。

これは、正直言ってめんどくさかったです。
(個人的感想)

年齢と共に(笑)こういうのが面倒になるんですねぇ
痛感しましたよ^^



f0208112_1330326.jpg
右の建物が本館(旧館)かなり年季入ってます^^;
道を挟んで左側が離館

ウチは本館の露天風呂付き客室に泊まりました。
離館にも露天風呂付き客室ありますが、ちょっと割高(苦笑)
通常客室もあります。

今回の宿は、100%kazuさんの希望で
彼の行きたい宿10数軒の中のひとつ。

美ヶ原の金宇と言い、此処と言い・・・
純和風な感じが好きだったのね・・と、今回改めて
kazuさんの好みを認識した感じかなぁ

やっぱり夫婦でも、好み別れますねぇ
ワタシは、ペンション好きだし(笑)



f0208112_1633741.jpg
初めてのお宿なので写真は多めで、感想などもちょっとグダグダで
長めですがすみません(苦笑)

本館玄関入口 駐車場に停めようとした段階でホテルで言えばドアボーイのような
男性スタッフが、足早に駆け寄ってきて「車お預かりいたします」と言ってくれます。
駐車場が入組んでいるみたいで通常は宿のスタッフが車の移動をするようです。
ウチは丁重に?お断りしました。これは個人的意見ですけど
(ウチの車が新車だったという理由もあるのですが)車を預けて万が一、
擦って傷をつくってしまったとか言われたら、もうそれだけで旅行気分が台無しですし
自分達で運転して何かあれば諦めもつくけど、宿の人に預けて何かあった・・・
となればとにかく後味が悪い。そう思ったので、車の移動は自分達でしました。

実際 さほど広くない駐車場に、多くの車がひしめき合っていました。
ウチは最初に入庫したので一番奥でしたが、チェックアウトは皆さん時間帯が
さまざまでしょうから、車の移動・・けっこう大変そうです。



                           玄関  入ってすぐ畳敷きの広いロビーラウンジ  
                       本館の外観(見た目)はかなり年季入ってたけど、館内は白木の感じが清々しく綺麗です。

f0208112_16334811.jpg
f0208112_16505994.jpg

                          2階から見たラウンジ チェックインはここで記帳しました。
f0208112_16543712.jpg

f0208112_16573469.jpg

宿帳に記帳しながら頂いたのは、お抹茶と小さな和菓子
kazuさんの方のお椀には六文銭の柄(さすが信州^^;)
この時に、大浴場や貸し切り風呂の説明などをしてくれます。


f0208112_16574682.jpg


f0208112_1724383.jpg

                       皇室の方々も泊まられたお宿のようで・・・こういうのはまず外さないでしょうね(苦笑)
f0208112_1734732.jpg
f0208112_1782452.jpg
選べる浴衣や、観光案内パンフが置かれたスペース
横には、フリーで頂ける珈琲や紅茶などが設置されてありました。
ちょっとしたお菓子もありましたよ。


f0208112_1784362.jpg


f0208112_17125281.jpg
宿泊したのは、ラウンジ横の階段を上がって右、真ん前の部屋
「おぼろ月の間」311となっているけど、3階ではありません。
あっ!でももしかして、地形的に?3階に位置してるのかも・・


f0208112_17131667.jpg


f0208112_17183226.jpg

部屋入口の格子戸を開けると、最初の扉

その扉の先に、踏み込みへと続く2枚目の扉

畳敷きの踏込も広い(苦笑)

古くからの日本旅館って感じがぷんぷんします。

ちなみに全館畳敷きなので、スリッパの用意は
ありませんでした。




部屋は、和洋室 露天風呂付き
8畳の和室に、テーブルと椅子のセット
この椅子、座面が周るので何気に座り心地バツグン♪

奥に6畳ほどのスペースに、ベッドが2つ
セミサイズだったかなぁ?



f0208112_1723481.jpg

露天風呂が付いた部屋の中では
宿で一番リーズナブルだったと思います。

それとこの宿は料理のランク?(品数だと思われ)と
部屋の広さ、造りで宿泊料金が変わってきます。

もっと広い部屋で、一番品数の多い料理だと
ひとり35000円くらいだったと思います。

今年第一弾の我が家の清水宿!ですかね^^
kazuさんの還付金が入ったので特別♪

長くなってしまったので、かしわや本店さんの
宿泊記はあと2回位に分けようと思います。


# by satomi-kazu | 2017-04-13 17:49 | 別所温泉 かしわや本店 | Trackback | Comments(16)
2017年 04月 08日

2017桜

                  

                        今年は開花してから寒い日が多くて、なかなか満開にならなかったような・・・
                            チェリーブラッサム♪ ようやく、ですかね。
                         我が街国立駅前の桜並木も見ごろを迎えました。


f0208112_234834100.jpg
f0208112_23531614.jpg

この日は、夜桜鑑賞にはぴったりの夜
8時過ぎてたけど、人出は多かった。

駅から自宅までの帰り道
少し寄り道をして、ひとりの夜桜見物


個人的に、桜が咲く時期は思い入れがあって・・
9年前の3月、抗がん剤治療が始まった頃に
桜が満開になった。

当時の体調は最悪
抗がん剤の凄まじい威力に
心身共にボロボロ



f0208112_02168.jpg

そういう時、どうしたって気持ちはネガティブ
・・いやネガティブどころか、どん底だったかなぁ
「来年の桜・・見れるのかな?」
本気でそんな思いが、毎日のように頭の中を
駆け巡ってた。

それほどキツクて、しんどい抗がん剤治療だったんだよねぇ
よく頑張った!ワタシ(^^)v
あれから9年ねぇ・・・最初の発症からは21年・・

主治医が話してたっけ 「顔つきの良い癌と悪い癌がある」
再発と転移を告知された時は「あーワタシ死ぬんだな」って
漠然と思ったものだけど、こうして元気に生きながらえて
今年の桜も見ることが出来た。



f0208112_0125616.jpg

「良い顔つきの癌」だったんでしょうね・・きっと。
歳追うごとに色々な体調の変化は、もちろんあるけれど
今でもこうして元気に過ごせていること・・
あの頃を思うと、ホント感慨深い。

kazuさんを一人残して逝くのは
未練タラタラなので(笑)
まだまだしぶとく、この桜を眺められるように
元気でいたいな。

桜・・
卒業 別れ 出会い 出発 そんなイメージが
あるけれど、ワタシは違うかなぁ^^;
「生きるか死ぬか」そんな感覚で桜を愛でる(笑)


しぶといsatomiさん(笑) 温泉で免疫力あげてきまーす♪


# by satomi-kazu | 2017-04-08 00:28 | 日常 | Trackback | Comments(14)
2017年 04月 01日

さらの木 2017年 3月

                           
                          冷たい雨も降って、寒い一日でした。 
                        伊豆高原の桜は、硬い蕾のまま・・・大島桜さえまだ咲いていませんでした。 
                          例年だったらもう桜満開♪の時期なんですけどね。

f0208112_12262140.jpg

                          彩りもきれいな春の前菜 可愛らしいお皿は、宿主の雰囲気そのもの^^
f0208112_12305352.jpg
f0208112_1231438.jpg
f0208112_12354052.jpg

                          安心の味付けで食べ慣れた料理の数々 やっぱり美味しい♪ ごちそうさま~
f0208112_12383751.jpg
f0208112_12461981.jpg

初めて、さらの木に泊まったのは2010年の3月
あれから7年・・・
結構飽きっぽいワタシが、こんなに足げく通う宿に
巡り会うとはね、相性ですかね、やっぱり。

7年間、写真を見返しても改めていろんなこと、あったなぁ
直前に体調を崩してキャンセルしたこともあった。
お宿の休業期間は、やっぱり寂しかったし
再開した時は、ホントに嬉しくて、快気祝いのワイン・・
美味しかったなぁ

元気でいられてこそ!の日常ですね。
ずっと先も、こうして思い出綴れますように。



                            7年前のマロン、宿主そしてワタシ♪ 
                           一緒に写真なんて撮ってたのねぇ~ 嬉しいスリーショット^^

f0208112_1304588.jpg

         2010年・・玄関先のアンジェラの苗木が、今ではこんなに立派なアーチの薔薇に・・・月日を感じますね♪

f0208112_1317516.jpgf0208112_13173649.jpg

# by satomi-kazu | 2017-04-01 13:07 | 伊豆高原 さらの木 | Trackback | Comments(12)
2017年 03月 21日

最近のMyブーム昼ごはん


f0208112_12433632.jpg
若い頃から、1人暮らしが長かったので
外食のお店にひとりで入る事には、全く抵抗なく(苦笑)
むしろ、ひとりご飯が当たり前だったので結婚して誰かと
毎日一緒にご飯を食べる!って事に、最初慣れなかったなぁ^^;

今でも、当然お昼はひとり、仕事に行った日のお昼
kazuさんと休みが合わない、ひとり休日のお昼

で、ここ数カ月、仕事に行った時のお昼で良く利用する
「やよい軒」
ちょっとしたMyブームです!

写真は、チキン南蛮定食 @730?位だったかな?

タルタルソースを自分で混ぜるのがなんか面白い♪



f0208112_12532675.jpg
こちらは、「肉野菜炒め定食」@690だったと思う。

肉野菜炒めの味付けが、なかなかのもので
690円だったら、充分な美味しさ。

やよい軒の大きな特徴は、なんといっても
おかわり自由(白米のみ)なところかな。

ワタシは、十六穀米にチェンジすることが多いので
(追加料金無しですが、おかわりは出来ません)
大きな炊飯ジャーが置いてある、おかわり処には縁が
ありませんけど・・・

何回か行ってる内に、ものすごい光景を目の当たりに
しました(苦笑)



f0208112_12592469.jpg
こちらは「ナス味噌炒めと、焼き魚定食」@700位かな。

座席は、割と近いので隣のお客さんの動向がよく見えちゃう。
ある日ワタシが座った横で、肉野菜炒め定食を食べていた
20代後半の超~スレンダーな女性がいました。
ワタシが座ったと同時に、まず1回目の離席
そう!白米のおかわりで席を立ち、すぐ横にあった
お替り処の炊飯ジャーから白米をよそっていました。

「お替りね、細いけど食欲旺盛だわぁ」と、ワタシの心の声

ほどなくして、ワタシが注文した定食もきて食べ始めた時に
その彼女が2度目の離席・・「え??3杯目?」と、ワタシの心の声
チラッと女性に目をやると、お替りをよそいながら
彼女もこっちをチラ見(笑)
恥ずかしそうにするでもなく、「当たり前でしょ!」的なドヤ顔



f0208112_1310209.jpg
(八王子ラーメン写真は、やよい軒さんではありません)
このお店の八王子ラーメンも、クセになる美味しさ♪

それで・・隣のスレンダー女子ですけど。
ワタシの方が先に帰るまでに、彼女が離席して
お替りをよそった回数は・・・
なんと4回!数えちゃったし(笑)つごう5杯メシです、5杯!!

「おかず・・おかず無いじゃんもう・・」5杯目の時、ワタシの心の声

やよい軒では、各テーブルに、これまた好きなだけ食べれる
香の物がひとつ置いてあるのですよ。
なので、お替りしておかずが無くなっても、その香の物で
残りのご飯を食べる・・・っていうのは
まぁ普通みたいなんですけどね。


ただ・・5杯ですよ、5杯(苦笑)チラッと彼女のお膳を見たら、野菜炒めはもう既にきれーに無くなっており
「香の物で食べるのね・・5杯目」と、ワタシの心の声

でも心の声とは裏腹に、彼女はなんとテーブルにあった醤油をご飯にかけて食べちゃった・・というね。
ギャル曽根ばりの食欲で、もうおばさんはおくちあんぐり・・・「お替り自由」が売りのお店ですから
何杯食べようがそれこそ制限ないんでしょうけど・・・しかしねぇ・・どうなん?あれ(笑)

♪いっぱい食べる君が好き~♪ なんて歌いながら女の子が食べ物をほうばるCMが前にあったけども・・
もしも彼と一緒だったら、お替り4回もしたかしら?(苦笑)醤油掛けてご飯なんて食べるかなぁ?

まぁ~大きなお世話といえばその通り(笑) ひとりご飯は話す相手もいない代わりに、人間観察がじっくり出来ちゃう^^; 

いやーごちそうさまでした。 見てるだけでこっちはお腹いっぱい(苦笑)


# by satomi-kazu | 2017-03-21 13:44 | 日常 | Trackback | Comments(10)
2017年 03月 18日

これからよろしく♪


昨晩から、エキサイトブログのコメント欄に不具合があったようで、コメントを書いてくださった方々の文言に
「禁止ワード云々・・・」が表示され、コメント出来ない状態が続いていたみたいです。他のブロガーさん(エキサイト)からも
ブログトップに沢山の苦情メールが入ったようで、やはりエキサイト内の問題だったみたいです。コメント書いてくださった皆様には
不愉快な気分にさせてしまい申し訳なかったです。 現在は復旧した模様ですが、連休中なのでどうでしょうか・・・3月19日記




f0208112_1353256.jpg
子供もいないですし、今現在はペットも
飼っていないので
この車は、家族のような感覚です。

昨年ディーラーさんで契約
今月やっと我が家にやってきてくれました。

正直、車のことはイマイチよく判ってないですけど
運転は不得手でもないかな?
ただここ数年、首都高や高速走行はあんまり・・・

車種その他諸々は全てkazuさんの嗜好。
ワタシはボディーカラーのみ参加(苦笑)
思ってたより、車体が長いなぁ・・・



f0208112_1484859.jpg
先代のインプレッサは11年だったかな・・
平日に乗ることが殆どなくて
走行距離も6万キロを切ってた。

「まだまだ乗れるよ~ 置いてかないで~」
と、言ってるような?(苦笑)

引き渡した時は、やっぱり寂しい気持ちに。

だけど、新車初乗り、ディーラーからの帰り道に
カーショップに寄ってあれこれと物色してたら
すっかりインプレッサのことを忘れてる(苦笑)

人間ってゲンキンなものですね。



f0208112_14252125.jpg
写し方かな?
お尻は、けっこう丸い(笑)


f0208112_14285541.jpg


ハンドルには、いろんなボタンだらけw(゚o゚)w 何も触りたくないわ(笑)
取り敢えずワタシがやることは、4000曲以上入るというSDカードに
CDの録音をすること! 今までは何度もCDの入れ替えをしてたけど、便利な世の中に
なったものですねぇ あんまり便利すぎても、アナログが恋しい気持ちになりますが(苦笑)

これから先、無事故で長い期間活躍してもらわないとね!
どうぞよろしく♪


# by satomi-kazu | 2017-03-18 14:46 | 日常 | Trackback | Comments(12)
2017年 03月 16日

下の記事の続きじゃないけど( ̄_ ̄ )


f0208112_12541542.jpg
今年最初の頃「徹子の部屋」に出演された俳優の三浦友和さん。

結婚37年 今までただの一度も、夫婦喧嘩をしたことが無い。
と断言されてました。
仕事仲間にも、「そんなの嘘でしょ?」って言われるとか。

「いや・・でもほんとなんですよ。喧嘩した記憶が一度も無い」

ワタシ個人的に、これってもの凄い事なんじゃないの?って
正直思う・・と同時に、喜怒哀楽の「怒」はこちらのご夫婦に
とっては無縁な事なんだなぁ・・まぁそういう夫婦もいるよねって。
これは羨ましい感覚なのか?そうじゃないのか?
ちょっと今、自分でもよくわからない。



ウチは・・「怒」は割とある(笑)その代り、喜も楽も沢山あるけど。
哀っていう感情もそれなりにあるかな。

「怒」に関しては、つい昨晩もやらかしたんだけど(苦笑)今朝になってワタシ・・ひとつ気付いたことがある(←今更?な感じもするけど)
「怒」の感情が表に出て、相手に(旦那)ぶつけてはいるけれど、この感情は自分に対しての戒め?なんじゃないのって。
「何でそうなのよ!!何で?何で??」kazuさんにぶつけながら実は同じ言葉を、自分自身に大声で叫んでいるような気がする。
多分・・きっとkazuさんは、悪く無い(昨日のことに関してはね・笑) 

それにしても「怒」の感情を何も抱かない人っているんだろうか?37年間全く喧嘩したことが無いっていうご夫婦も
相手にその感情を露わに出さなかっただけで、心の中では「何だよ?コイツむかつくな!」そんな思いが頭を過った事があるんじゃないの? 
それが普通の感覚なんじゃないの? 全く無いなんて、ワタシは信じられない。その感情を表に出すか出さないかの違いなんだと思う。 
だからもしもワタシがkazuさんと同じような性格で、「怒」を表面に出さなかったなら、ワタシタチ夫婦も
今までただの一度も喧嘩をしたことがありません・・って事になるはず(まぁ無理ですけどね、ワタシの性格じゃ・苦笑)

もうだいぶ前のインタビューだけど、ユーミン夫妻が結婚生活を長続きできた秘訣は?と聞かれ「我慢 忍耐じゃない?」と応えてた。
夫婦それぞれの我慢忍耐の割合は、個々違うだろうけど、それが程良いバランスで保たれてる夫婦がきっと長続きするんだろうなと思う。
ウチの我慢忍耐のバランスは、多分?きっとkazuさんの方に大きく傾いているんだろうな・・・と、思うけど
ワタシだって0じゃないよ(苦笑)とは付け加えたい。 悶々とした今日・・・なんだかな


# by satomi-kazu | 2017-03-16 15:11 | ひとりごと | Trackback
2017年 03月 11日

人はそれをミーハーと呼ぶ(๑>◡<๑)


f0208112_021210.jpg
若干21歳で芸能界を引退した・・この女性

今では、普通の主婦になられて一切メディアにも
登場することは無くなった。

たまにね・・我が街で見かけるのですよ(苦笑)
当然キョロキョロ見たり、追っかけていって
「ファンでした~」なんて、間違っても声なんて
掛けれないんですけど・・・

少し前に、小さな偶然が重なって
お話しすることが出来ました。
ちょうど一か月くらい前の出来事だったんだけど
お話し出来た日から数日間は、興奮冷めやらずでした。



多分・・きっとお話しできたのは、最初で最後の事になると思うし、こういうチャンス?って表現が正しいかどうなのか解りませんが
ワタシ個人的には一生忘れられない位の思い出になったので、ちょっとブログにも残したくなりました。
まぁこういうのを・・・まさしくミーハーと言うんでしょうけど。 でもホント・・お話出来て夢のようでした。
だってぇ~ 赤いシリーズとか(笑)本当に大好きでいっつもテレビで見てたんだもの~



f0208112_0114241.jpg
某医院の待合い所。
ワタシの方が先に受付をしてソファに座っていました。
少し頭を下げながらワタシの前を通り、隣のソファに
座った人は間違いなくあの女性だった。

当然 ここでも話しかけたりする事は、出来ません。
だって、顔見知りでもないし、もちろん知り合いでもないし。
ただ隣に座ってる・・あの人が!って思っただけで
もう胸がドキドキ^^;

暫くして、その日がお休みだったkazuさんが
医院まで来てくれました。
kazuさんは以前、この街で某店舗を切り盛りしていました。
店舗をたたむ13年ほど前まで、その女性はご贔屓にしてくれていた
お客様だったのです。



「ご無沙汰しています、〇〇〇の〇〇です」と、kazuさんが女性に話しかけてくれました。一瞬、どちら様ですか?みたいな表情で
ワタシとkazuさんを見た女性はほんの少しの間の後、kazuさんを思い出してくれたようで、そこからの数十分間・・・
いえ、正確に書くと(苦笑)ワタシが会話出来たのは、ほんの二言三言・・・だって、なんの関わり合いも無いワタシですから、それは当然。
それでも、ワタシが診察室に入っている間、kazuさんは女性と懐かしい昔話をしたようでした(なんて羨ましい奴だ^^;)
kazuさんと同じ年齢の彼女・・静かに話す表情や物腰・・ワタシが夢中になって見ていた当時の面影もそのままに
眼ぢから・・っていうのかなぁ~ なんだろう・・話す相手をじっと見つめる眼差しがとても印象的だった。 

漠然とした表現だけど・・やっぱり素敵な女性でした。

ワタシが診察を終えて待合に戻った時も、まだkazuさんはその女性と会話をしていました。「終わったようなので・・」
そう言ってkazuさんが席を立ち、ワタシも「お先に失礼します・・お大事になさってください」と言ってその場を離れました。

同じ街に住んではいるけれど、遠い遠い存在の憧れのスーパースターだった女性・・わずかな会話でも出来た嬉しさに
その晩はもう興奮して、kazuさんに感謝感謝~~ ワタシひとりじゃ、ただじっと隣に座ってるだけだったから。

ちょっと大袈裟だけど(苦笑)一生の思い出にします^^  


# by satomi-kazu | 2017-03-11 01:26 | 日常 | Trackback | Comments(14)
2017年 03月 05日

シンパイだよ横田選手(´_`。)


f0208112_13431245.jpg

若トラ期待の星・・前列右端、笑顔の横田選手
原因不明の「頭痛」で春季キャンプを離脱してから
3週間も過ぎた・・・どうしてるんだろう?

知りたくもない情報が、次から次へと入ってくる今の時代

SNS・・新聞、ニュース オープン戦の解説陣など
誰一人、何一つ、横田選手の情報をあげてくれない。
なんで?? 言えない程重症なのか?

1週間を過ぎたあたりから、ツイッターなどでも
ファンがザワつきだした。当然だよね。
検査結果が悪かったのか?もう既に治療に入っているのか?
外傷の方がまだ安心できる。頭痛で離脱って・・・



f0208112_1443726.jpg

昨シーズン、開幕一軍スターティングメンバーの座を
勝ち取った将来を期待される逸材。

もうね、ホント親心な感じ(涙)
とにかく元気な姿で戻ってきてほしい。

最悪のことなんて考えたくないけど
情報開示してくれないマスコミにも
イライラしてきた。
吉報をファンは待つだけ。


一日も早く戻っておいでよ・・・


# by satomi-kazu | 2017-03-05 14:21 | スポーツ&野球 阪神 | Trackback
2017年 03月 03日

草津 ペンション ヴァンベール再訪記


f0208112_12402724.jpg
部屋の大きな窓を開けると
真正面に浅間山が見えます。

草津の宿 ヴァンベールさんに
再訪しました。

チェックインの時
「何年前にいらしていただいたでしょうか?」
と、若い男性オーナー(だと思う)に聞かれ
「2、3年前だったかと・・・」と答えた。

帰ってブログや写真のストックを見たら
なんと5年も前だった。

いやー年月の経つのはホントに早いですねぇ



f0208112_12475823.jpg

往きは軽井沢経由で。

途中、横川SAでお昼ご飯。

ワタシは上州豚のソースかつ丼
お肉が超ーー薄かったけど(笑)
想像通りのお味で、完食♪
kazuさんは、炙りチャーシュー乗せ
醤油ラーメン
さっぱり味のスープで、なかなか美味^^

温泉に出掛ける時のお昼ご飯は
これくらいがちょうどいいですね。

3時のチェックインまで時間があるので
軽井沢アウトレットに。
休日だったので、家族連れなどで
すごく混んでいました。



f0208112_12544376.jpg

そうそう来週には我が家にも、いよいよ新車が
届くので、これまで11年ほどワタシタチの足になって
いろんな温泉宿まで走ってくれた、インプレッサとも
これがラストラン

11年で走行距離が6万キロ切る位なので
年間計算だと、1年で5千キロちょっとかぁ・・
ワタシが独身の頃は、1年で1万キロは走っていたので
それからしたら、少ないですね。

まぁでも、たくさんの思い出をつくってくれた車

ありがとう! お疲れさま。
ディーラーさんに渡すときは
ちょっと悲しくなっちゃうかもね。



f0208112_1324923.jpg
宿の看板には
「小さなホテル ヴァンベール」と
書かれています。

ペンションの雰囲気ですが、ホテルと言われれば
そんな感じもするかな^^;

最初に、書いときますが・・・

宿泊料金 @8500(税抜き)です!
もちろん2食付き
飲み物頼んでも、ふたりで2万円でした^^;

最初に泊まった5年前も、料金以上の
満足感があって、また来よう!って思ってて

今回は、とにかく気兼ねなくゆっくりと
お風呂に入りたい!という思いがあり2月は苗場に行ったりと
出費もかさんでましたので安いとこ!^^ が大前提~

で、決めたのが3か所あるお風呂が全部貸し切りで入れる
草津のヴァンベールさんでした。



f0208112_1320781.jpg

再訪なので、横着して(苦笑)
写真は、まとめてます。
初訪問の時の記録は今回よりも
詳しく書いてますので興味があれば
カテゴリから入っていただくと見れますので~


部屋は全部2階で、1階はダイニングとお風呂
ちょっとしたラウンジ的な場所もありました。

階段の脇には、マンガ本や雑誌がずらり
ゲームなどもあったかな。
こういうのは、ペンションっぽいですね^^;

階段下のスペースに喫煙所あり。
他は全館禁煙でした。



f0208112_18373728.jpg
部屋は洋室ツイン
決して広くはありませんが
椅子が2脚とテーブルもあって
2人だったら充分です。

トイレ洗面台付き 冷蔵庫は有りません。
「持ち込みの飲料や食べ物はお断りいたします」
の表示がフロントに掲げてありました。
ペナルティは1000円×宿泊人数でした。

アメニティーは、歯ブラシと
手洗い石鹸だけだったかな?
必要最低限と言う感じ。

バスタオルや浴衣も貸し出し制で
2枚で100円だったと思います。
バスタオルは借りましたが
浴衣は、自分達で部屋着を持参してるので
必要無かったです。



f0208112_18482590.jpg
持ち込み不可な宿なので、大きな自販機が2台有りました。
さまざまな決まりは、宿ごとに設けているので
それはそれで、納得しての宿泊ですね。

お風呂は、フロントの先
3つの貸し切り風呂が、同じ方向に並んでいます。

パウダールームが2か所
手前と、写真奥の青い暖簾がかかった場所
ドライヤーや、クシ、綿棒やコットンなどが
置いてありました。


f0208112_18484351.jpg


f0208112_1912969.jpg

3つのお風呂は、それぞれ形が違うので
簡単にご紹介。

一番手前の、桧造りのお風呂

どのお風呂も、おとな2~3人用

草津 万代鉱源泉の掛け流しです。

温度は適温なので、湯量で調整してくれていました。
チェックイン後から、翌朝10時まで
いつでも空いていれば何度でも利用出来ます。



f0208112_1963941.jpg

真ん中は、石造りの露天風呂

このお風呂は、大きな窓を全開できるので
景色を眺めながら湯浴みが出来ます。

夕日に染まっていく、浅間山を遠くに見ながら
気持ち良い入浴が出来ました。


草津のお風呂って、正直景色を楽しみながら・・
っていうのは、あまりないと思うのですが
ヴァンベールさんのお風呂は絶景です^^


しかも貸し切り♪ 嬉しいサービスですね。



f0208112_19134330.jpg

一番奥のお風呂

湯船の大きさ的には
ここが一番大きいかも。

3つのお風呂、全部利用しました^^

この日はウチを含めて2組のお客さん。
待つことも一切なく、ノンストレスで
草津のお湯を堪能出来ました~

とにかく今回は、ゆっくり気兼ねなく
お風呂に入りたい!と思っての草津
でしたので、大満足でした^^

気持ち良かった♪



f0208112_21531378.jpg

食事は、一階のダイニングで
6時半からだったと思います。

@8500 夕食時ワンドリンクサービス付き^^
kazuさんは、生ビール
ワタシはソフトドリンクを注文しました。

この料金でワンドリンクサービス♪
ウレシイですね!



白のフルボトルを頼みました。
@2000 これもリーズナブル!



f0208112_21584626.jpg

料理は
オードブル、スープ、魚料理、肉料理のコース
前回訪問時と、大きな違いはありませんが
宿泊料金を考慮すれば、充分すぎる内容。

上州豚のデミグラスソースが特に美味しかった♪

食後のコーヒーも付いて、@8500ですからね。
何度もしつこいですけど(笑)


ただ、量的には多くはないので
若い方や沢山食べる方には
少し物足りないかもしれないですね。


お昼ご飯、たらふく食べて行きましょう!



f0208112_22133434.jpg

朝ごはん

パン、コーヒー、紅茶は
お替り自由♪



野菜がたっぷりの朝食です。

ごちそうさまでした♪



f0208112_22215393.jpg

帰路は、上州村の駅へ

群馬方面に行ったら、必ず寄りたい^^;
お惣菜コーナーの品揃えが良くて
気に入ってます♪

味付けもとっても美味しいんですよ~
晩ご飯のおかずは、ここで買って帰ります。

今日はひな祭り♪ 2月は、あっという間でした。

春は、花粉の症状で目が痒いし、鼻水は
出っぱなしだし(笑)正直好きな季節じゃありません。
早く、春が過ぎてほしいなぁ・・・



草津ヴァンベール再訪記 おしまい♪

# by satomi-kazu | 2017-03-03 22:33 | 草津 ペンション ヴァンベール | Trackback | Comments(14)
2017年 02月 25日

ナエバの余韻


f0208112_13494531.jpg

苗場でのユーミンライブの様子を
有料コンテンツで視聴出来る、Yモード

偶然にも、ワタシが行った14日はそのビデオ撮影の日

再びあの場所に舞い戻れる日・・・
リクエストコーナーの場面
会場の客席もわりと写っていたので
目を凝らして見た^^

ピンクの円の中が、多分?きっとワタシだ(笑)
白いブラウスだから解り易かった。

改めて・・・すごい席だったんだなと^^;



f0208112_16545396.jpg

苗場でのライブ
kazuさんと見に行くようになって10年超
今までで一番印象に強く残っているのが
2008年vol.28のライブ



f0208112_14275967.jpg

この年
1月に乳癌の全摘手術をして2月の苗場ライブは
行けないだろうと諦めてた。
それでも、どうしても諦めきれずに強行参戦
人混みはダメ!と主治医にも言われていたんだけど。
(大勢の人混みで患部が人とぶつかったりしたら大変だから)

個人的な理由で、この年が一番思い出が深い。
9年前かぁ・・・ワタシも若いなぁ(苦笑)



f0208112_1434329.jpg

そして、2017年vol.37 今年のライブも忘れられない。
ライブを見ながらあんなに泣いたのって?

ステージ上に置かれたギター
このギターの持ち主のバンドメンバー
ギタリストの中川さんが、昨年夏に
天国へ旅立った。

後半の数曲
30年以上、一緒にやってきたメンバーへの
レクイエム・・・

ギターにピンスポットで白いライトがあたり
ユーミンやコーラスのメンバーが囲むように歌唱



f0208112_14405416.jpg

「苗場でこうしてライブが出来て、本当に幸せ
みんなのお蔭! ありがとう」
そう言いながら、ユーミンも涙声だった。

中川さんのギターを持った武部さんが
また泣かせるじゃないの

会場からは
「ありがとう~ ユーミン~ ありがとう~」の合唱

あの場所にいられて本当に幸せだった。



f0208112_14523332.jpg

昨晩のラジオオールナイトニッポン
ゲストは東京都知事の小池百合子さん。
ユーミンとは同年代らしく、大いに盛り上がっていた。

「年齢は7掛けなのでね^^」そういったユーミン

ホントにねぇ~ すでに還〇(笑)過ぎているとは
思えないパワーとスタイルと可愛さ♪

お手本にしたいなんておこがましいけれど
ワタシのナカの永遠のスーパースター

夢の時間をアリガトウ・・・ナエバ



f0208112_15401816.jpg

楽しそうだ^^

いや、実際すごく面白かった!
小池さんのファンになったよ~


2時間ラジオに釘付けだった♪

そーいえば小池さんも阪神ファンだったはず^^



さて、ワタシにとっては、一年で一番熱い!2月が終わります。 
苗場の余韻はもう少しひきづっていたいけど^^3月からはプロ野球も開幕!!
いよいよ大好きな野球観戦の日々がやってくる~
kazuさん憩いの時間、温泉旅もまた再開♪ 明日は草津へ  

楽しみをいっぱいぶら下げて免疫力上げて2017年もガンバっていきましょう~


# by satomi-kazu | 2017-02-25 15:18 | 冬の恒例 苗場@ユーミン | Trackback | Comments(13)
2017年 02月 18日

ナミダのナエバ@Vol.37

                      
                     夜の苗場  ライブの時間まであと1時間あまり・・・
f0208112_1122024.jpg

                    部屋の窓から見えるスキー場の夜間照明も・・今年はいつもより寂しそうに感じた。 
                      いろんな情報があった、今年の苗場は涙なしには見れない・・と。

f0208112_113384.jpg
f0208112_1110035.jpg
苗場でのユーミンライブ 今年で37回目

ウチが参加し出してから10年超・・

「その時が来るまで・・ずっと走り続けます。
来年もまたこの場所で、お会いしましょう」

こんな言葉でユーミンはライブを締めくくった。


慣れ親しんだ苗場での一夜・・のはずだったけど
今年はやっぱり違ってた。
ライブ会場にハンカチを持参して
ホントに良かった。

忘れたくない一泊二日の思い出
2017年 Vol37鑑賞を
ワタシの想いと共に残します。

今年はJR乗車券、プリンス宿泊券付きのツアー



f0208112_11342498.jpg

新幹線で食べるお弁当を
大丸東京で購入。
食べてみたかった「ミート矢澤」のお弁当

なんと!
9000円超の高級お弁当もありました。
ビックリ~

注文してからお肉を焼いてくれるので
数分の待ち時間がありました。

温かいご飯の上に、ジューシーなお肉が
乗っかります^^

感想は・・・待つだけの価値あり!
それなりの値段の価値あり! 
でした(^^)v



f0208112_11401053.jpg

買ったのは、サイコロコンボ弁当
@2880(税込)

ひぇ~高いわぁ・・・
まぁでも
しょっちゅう食べるわけじゃないのでね^^;

偶にの贅沢♪ ヨシ!としましょう。

kazuさん、気に入ったようで
(2880円もする弁当!不味いっ!って言ったら
パーンチでしょ^^;)

次回もここで買おう!だそうです(笑)



f0208112_11471978.jpg

ワタシは、なだ万厨房のお弁当
こちらは、たくさんの種類があって
悩みました~^^;

値段との折り合いもありますしね(苦笑)


選んだのは、二月のお勧め弁当 「鼓」
@1728(税込)

ひとつひとつのおかずが、さすが!の味付け^^
お弁当は濃い味付けになりがちだけど
どれも品よく薄味で、大満足!

車内で食べるお弁当とビール♪
自家用車では、こうはいきませんので
電車旅の楽しみのひとつです。



f0208112_11572791.jpg
東京から、1時間とちょっと
あっという間に、新潟 越後湯沢駅に到着です。
ここからツアー専用バスで苗場プリンスに向います。


f0208112_11573970.jpg


                          苗場プリンスに到着。 
                   年々色々変わりますね、以前はこの時期、館内に流れるBGMが
                   ユーミン一色だったんですけど、今年は流れていなかったり
                   チェックインの時間も以前は割とアバウトで3時前にも部屋に入れたりしたのですが
                   今年はアーリーチェックインは別料金が掛かりました。

f0208112_21131376.jpg
f0208112_21132379.jpg

                           いつ頃からだったか・・
                        ライブにテーマが付くようになって、今年のテーマは「花」
                        いろいろな意味での「花」だったんだなぁと個人的に感じました。

f0208112_21133747.jpg

f0208112_21275324.jpg

部屋は4号館 ゲレンデサイド
この長い廊下を歩く時にも
今年も苗場に来れたんだなぁと
しみじみしちゃいます^^;



ホント・・・加齢のせいでしょうかね(笑)
なんてことない事、些細な事でも涙腺がゆるゆるです。



f0208112_2128928.jpg


                 さて、ライブの座席ですが、送られてきたチケットには3列目の文字。 
                 ただこの日はビデオ撮影があって、カメラマンさんがステージ前にいました(青い★印)
                 その影響なのか?なんと1列目の座席が無い! そう、最前列の座席シートに2列目のシール。
                 なのでウチは実質2列目の神席(赤の♡印)・・というこの先絶対にこんな席で
                 ユーミンを見られるなんてことないだろうなぁ・・キャピタルビレッジさん、ありがとう~♪

f0208112_213747.jpg
f0208112_2243198.jpg

これ、去年の苗場ライブの様子ですが
(有料コンテンツを視聴して、テレビ画面を写したものです)
苗場の会場は、まさしくライブ会場のような狭さなので
観客とステージの間隔がホントに近いのです。

どんな感じか、この写真で解って頂けるかと・・

しかも、ワタシタチの前席のご夫婦が、まさかの(苦笑)
一度もスタンディングせず!で、ウチは、ほぼ最前列で
ユーミンを見ることが出来たのでした。
                 
前席のご夫婦・・・ありがとうございました^^;



f0208112_2221160.jpg


チェックイン前に、日帰り温泉施設へ。


平日だったからか、最初から最後まで
だぁーれもいない濁り湯をひとりで満喫




茶褐色の濁り湯・・・ふぅ~最高♪




f0208112_21533742.jpg

ホテルに戻ってからは、部屋でビールを
飲みながら、ゆっくりとライブ開始を
待ちます。


プリンス内での夕飯、今年は「たくみ庵」
可もなく不可もなく・・・可もなく(笑)


中華、洋食、和食、居酒屋、ラーメン屋
などなど色々あるんですけどねぇ
どこもホテル価格の割に味がねぇ・・・

もう少し、美味しいもの食べたいなぁと
毎年思うのであります。



f0208112_22104184.jpg

さて、夜9時30分から始まるライブ

長年ユーミンのライブに参加してきた
ギタリストの中川さんが、昨年の7月
天国に旅立たれました。

初日公演に行った友人からも
「なんか今年は特別だった・・
涙なしには見れないよ」と。

後半の数曲が、中川さんへの
レクイエム


苗場の定番曲「BLIZZARD」

あんなに哀しいBLIZZARDは
今まで聴いたことがない・・・

ナミダを流しながら歌うユーミンの姿
目に焼き付けた。
ワタシもナミダでもう相当グシャグシャでしたけど。



f0208112_23403390.jpg

2017年 SURF&SNOW IN NAEBA VOL.37

リクエストコーナーの3曲と、アンコールも含めて全部で23曲
中には、予習していてもやっぱり聞き覚えの無い曲もあったんだけど
「なんだか、今年は知らない曲もすごく良かった!入ってイケた!」ってkazuさんに言ったら
「席が良かったからだよ、ずっとユーミンの歌う姿、顔を見ていられたから」と、的確な(笑)返事が返ってきた。
だよねぇ~そうだよねぇ~ その通り!

セットリストは省略します、ワタシなんかのブログよりも遥かに詳しく全ての曲名など載せている方もいますし
何と言ってもこのネット社会・・・検索すればどんな情報もすぐに手に入りますのでね。
ワタシのブログでは、個人的に感動・・涙ものの数曲をピックアップします。

リクエストコーナーで、武部さんのピアノ演奏だけで歌ってくれた「翳りゆく部屋」
歌詞は切ないのに、メロディーがノリノリで大好きな一曲「恋の一時間は孤独の千年」
何百回?聴いたんだろう・・アルバムSURF&SNOWの中に入っている「人魚になりたい」
イントロが流れただけで涙があふれた「きみなき世界」
アルバムそしてもう一度夢見るだろう、の中の「夜空でつながっている」
泣きながら歌った「BLIZZARD」
そして、ワタシのブログタイトルでもある「ずっとそばに」



f0208112_0112765.jpg
さっ!朝ごはんは、「松風」
さすが新潟米処  白米が美味しい♪
余韻に浸りながらも腹は減る(笑)

帰りのシャトルバスを待つ・・バイバイ、苗場


f0208112_0214598.jpg


                   ユーミン ありがとう~~ ワタシもずっと走り続ける・・のは無理っぽいけど(笑)
                        でもガンバル! ガンバレる!!  また来年(^^)v

f0208112_0232712.jpg

                   自分的にもかなり気合が入った(笑)苗場レポになりました。 
                   長々と見て下さりお疲れさまでした^^; ありがとう~


# by satomi-kazu | 2017-02-18 00:37 | 冬の恒例 苗場@ユーミン | Trackback | Comments(25)