ずっとそばに

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ
2011年 04月 09日

さらの木へ・・・ 2011年3月

                 
                     宿の経営者とお客さんという括りを、ある意味超えた気持ちで(私達が勝手にそう思わせて貰っている)
                       訪れることが出来る、伊豆高原の愛宿。 震災前の去年暮れ、桜の季節に予約していた・・・
                        震災後初の温泉行き。 色々と思うこともあったけれど、やっぱり行って良かった。
f0208112_12282128.jpg

                         いただいた粘土細工の小さな紫陽花には、マダムの気持ちがいっぱい詰まっていた。


f0208112_12514882.jpg


さらの庭に植えられている大島桜

まだ硬いつぼみだった。

去年の同じ時期には5分咲だったけれど。



通りのソメイヨシノも、まだまだ・・・

今年の桜・・震災に驚いて花開くのを

忘れているのか・・・


          
                いつもの部屋に通され
f0208112_1345176.jpg

                マダム手作りのウエルカムデザート  会話が弾みついつい長話に^^;
f0208112_1333423.jpg

                同じ歳のマダムがお一人で切り盛りしている宿、いつ訪れても変わらぬ笑顔と穏やかでほんわかした空気で私達を出迎えてくれる。
                見習わなくちゃ・・なんて本気で思っちゃう、そんなお人柄のマダムさら^^

f0208112_1384797.jpg

                今回も大満足な内容のマダム手作りの夕、朝食。 順を追ってご紹介します。 冷たい前菜  目でも楽しめます。
f0208112_13204079.jpg

f0208112_13244043.jpg

f0208112_13233128.jpg

                    温かい前菜
f0208112_1326177.jpg

                    お刺身盛り合わせ
f0208112_13275229.jpg

                    手長海老と・・・ん~何かの蒸し物・・何だったか?忘れてます^^; 
                     3つの各テーブルに、お料理の説明を簡単に交えながらマダムが配膳してくれるのですが
                     とにかくいっぱい出てくるので後から写真で見ても思い出せなかったり^^;

f0208112_132916100.jpg

f0208112_13391118.jpg

                     ボルシチ風のスープ  パンを浸して頂きます。
f0208112_13402623.jpg

                     魚介のアクアパッツァ もう殆どお腹いっぱい満腹状態なのですが・・・
                      「あと、お肉が出ます^^」なんてあの笑顔で言われちゃうと、うわぁ~~っと嬉しい悲鳴です^^
f0208112_13423421.jpg

                      そしてワイン煮込みのお肉  お腹がはち切れそうです。
f0208112_13491955.jpg

f0208112_13513554.jpg


今回初めて食後のデザートを部屋に運んでもらうことに。

とにかく満腹でダイニングでそのままデザートを頂くのは至難の業


マダムと色んなお話ししながら時間が過ぎていきました。


                        朝食 
f0208112_13581583.jpg

f0208112_13595028.jpg

                               変わらぬ美味しさの焼き立てパン
f0208112_141027.jpg

f0208112_14104630.jpg
f0208112_14272229.jpg
f0208112_1411521.jpg










庭に咲く白い夏椿・・・さらの木

震災後・・少しばかり緊張しながらの日常
物不足、余震、原発、放射能漏れ・・・
それらが頭の片隅に張り付いて離れないのは
確かだけど
それでも・・出掛けていって良かったと。
そう思えた、4度目のさらの木




私達が支払う宿泊費の中から一部を、少額ながら義捐金として寄付なさっているマダム。 

こうして出掛けていくことでお金を落とすことで私達も復興の足しになっているのだと・・・そういう風に考えながら生活していきたいと感じた旅だった。


by satomi-kazu | 2011-04-09 14:48 | 伊豆高原 さらの木 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://satomikazu.exblog.jp/tb/15785863
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ろと at 2011-04-09 15:55 x
satomiさん、さらアップ、楽しみにしてました。
そして、マダム手料理、超おいしそ~。私もなんとか時間を探していってみたいものです。でも、食べられるかな、、。

それにしても、一人でこれだけの品数作るマダムにはほんとに脱帽です。やっぱり、空きが出ないのもわかりますね。
そして、お手製粘土細工、素敵~。マダムってなんでもできるんだね。
Commented by satomi-kazu at 2011-04-09 20:21
ろとさん、こんばんは!
Pちゃんからも「コメント欄開放しないんですか~?」と言ってもらったり
友人も前に戻したら?なんて言ってくれたりするので、コソっと何気に
コメント欄再開いたしました(爆)

これからも普通に^^;よろしくお願いいたしま~す!

さらのマダム、ホントに凄いと思うよ! 同じ女性としても尊敬してます。
仕事とはいえ、あれだけの料理をひとりでこなし、掃除も然り。
まるでスーパーマンみたいな女性だと思う。見かけはか細くてどこに
そんなパワーがあるの?って印象の女性なんだけどね^^

ろとさんも、いつか相棒さんと行ってみて! 夕食は・・・おそらく
食べきれないっしょ(爆)行くときは昼抜きで(^^)v
Commented by 船山史家 at 2011-04-09 23:44 x
出遅れたけど、やはりこの宿でしたか。
多分、そうだろうなって思ってましたよ。

今の時期だからイロんな意味で、この宿なら。伊豆も過去に群発地震や風評があったから、マダムは他人事じゃないんだと思う。

いつも通りのもてなしを提供、維持しながら、泊り客が震災で受けたダメージや、心の目線まで降りてきて、気持ちを共有して下さったのでしょう。あの方ならね。

すっかりSatomiさんの心の宿ですな。取り敢えず安堵しました。
Commented by satomi-kazu at 2011-04-10 10:19
史家さんの愛宿であるF温泉やY神に対する想いに近づいてきてますかね。

宿泊費を払って泊まるお客さんには違いないんですが、気持ちは同級生の友人に
会いにいくって感覚でしょうか。 それだから余計に何もかもひとりで
こなしてしまうマダムが心配になってしまうんですよね・・

他の宿だったら、こんな感情は抱かないと思うんですよ。
Commented by すみれ at 2011-04-10 23:12 x
初めまして。こういうところに書き込みをするのも初めてなのでかなりドキドキしてますが。お礼というか、、、いうかではなく
お礼です。すいません、慣れないもので。伊豆高原で泊まる宿を探していたところ、こちらの旅行記に行きつきました。
勿論じゃらんやその他旅行雑誌なども参考にしましたが、Satomiさんが載せてくださっている沢山のさらの木のページは、何が何でも行かなくては、、、と思わせてくれるものでした。
なんとか無事に予約が取れて、私ども夫婦もあの震災後に行ってきた次第です。Satomiさんが何度も書かれているようにあの宿の
奥さまはとても素敵な方で、一泊では物足りない思いを残し、後ろ髪惹かれる思いで帰ってきました。私どもが住んでいる町から伊豆高原は
少し遠いので、またすぐに行きたいと思っても難しく何度も行かれているSatomiさんご夫婦が本当に羨ましく。

とても思い出深いいい旅になりましたもので、改めてお礼申し上げたく書かせていただきました。いつも楽しみに拝見しております。
これからも参考にさせていただきたいのでどうぞ宜しくお願いいたします。
Commented by はまさん at 2011-04-11 19:43 x
ご無沙汰してます。覚えていらっしゃるでしょうか?実は 昨日湯宿やまざくらに宿泊してきました(^o^)丿ってか、さっき帰宅しました。本当に素晴らしいお宿でした。satomiさんいいお宿を教えていただいてありがとうございます。私にとってこの湯宿は大ヒットです。6月は「あゆ」だそうですよ(#^.^#)私はもう再訪心に決めてます。そうそうコメントがまた書けるようになって本当に嬉しいです。実はしょっちゅうここ覗いてました。satomiさんの素敵な記事に元気をもらってました。
Commented by はまさん at 2011-04-11 19:53 x
すいません。追加のコメントです。
さらの木のお料理美味しそうです。
ってかさらの木のお料理は美味しいです。
我が家からは箱根が近いんで、私は一番やまざくら
二番さらの木かなぁ?

そうそう今日帰宅の足を延ばして小田原城の桜見てきました(^u^)
満開の桜を見れました。 
お宿の人に教えていただいたんですが、感動の美しさでした。

来年もきっと この時期に行こうって思いました。

さらの木もまた再訪してみたいです。

あのマダム本当に頑張ってるって思います。
satomiさんが心配する通り
あんまり頑張り過ぎないようにって、思わず心配しちゃいますよね。
Commented by satomi-kazu at 2011-04-11 20:20
すみれさん、こんばんは!初めまして^^
さらの木アップ記事にコメントいただいてありがとうございます♪
私が写真と共に寄せた記事を見て、行ってみたい!と思って貰えたって事は
本当に心から嬉しく感じています。 でもね、私ってひねくれ者なので^^;
大好きな宿は内緒にしておきたいっていうのが本音だったりするんですよ(アハハ~)
だけど、私なんかがここでアップしなくとも、さらの木はもう既に
大人気宿ですし(実際に予約が取り難いですもんね)マダムの人柄の素敵さや
手料理の美味しさ、気兼ねせずくつろげる雰囲気を少しでも伝えられたら・・なんて^^;

これからも夫婦で行った宿のご紹介をしていくと思います(思い出の為にも)
また、すみれさんに合った宿に出会えますように。
Commented by satomi-kazu at 2011-04-11 20:29
はまさん!!こんばんは~ お久しぶりです^^

>覚えていらっしゃるでしょうか?
覚えていますともっ(^^)v だって、箱根の日帰り温泉、富士ゲストハウスや
さらの木・・・私のブログを見て行ってきました~!って言って貰ったのは
もしかしたら、はまさんが最初の人だったかも・・なんですよ。
だから、忘れたりしてませんってば^^

そしてそして、なんと昨日はやまざくらに泊まっていたのですねっ!!
良かったでしょう~~ 女将さんの創作料理も抜群だったでしょ!
ウチも実は今週再訪だったのですが、ちょっと事情があって行けなくなってしまったんです(涙)

やまざくらは、これまた旦那がパソコンと睨めっこして探してくれた宿。
この先きっとブレイクするでしょうね・・(なんだかそれも寂しいような^^;)

またコメント書けるようになって・・と喜んで貰えて本当に嬉しいです。
お仕事の合間に、またいつでも覗きにきて下さいね♪
Commented by ポルポ at 2011-04-11 21:41 x
satomiさんこんばんは~
コメント欄やっと開放してくれた~╲(。◕‿◕。)╱
やっぱこうやって記事に対してタイムリーにコメント出来るのは嬉しいです♪
さらの木のお料理、ろとさんも仰ってるけど、何度見てもホント美味しそうです。ウェルカムデザートも毎回素敵ですよね~♪
ホント、手がとてもかかってるんだろうに、と思うのですが、マダムお一人でこなしてらっしゃるなんて、宿泊してない私でさえ大丈夫なのかしら、と余計な心配をしてしまいます(^_^;)

そして最初のお写真の粘土細工、とても素敵です。
本当にsatomiさんにとってかけがえのないお宿なんでしょうね。
私は残念ながらこういった素敵な関係を築ける宿にまだめぐり合ってはいないのですが、いつしかsatomiさんとさらの木の関係のような、自分にとってかけがえのない宿にめぐり逢えたらいいなって思います。
Commented by kazu at 2011-04-11 22:01 x
さらの木との出会いは温泉旅館の価値観が変わりましたね。
以前は部屋からの眺め、部屋食、大浴場、を気にして探していましたが、今は食事内容、貸切風呂、接客が選ぶ(探す)ポイントになりました。
さらの木、やまざくら、美や川、次回はどんな感動が待っているやら。
Commented by satomi-kazu at 2011-04-12 09:36
ポルポさ~ん^^ ブログではお久~♪
「コメント欄開放しないんですか~?」ってサラっと言ってくれて
嬉しくて思わず再開しちゃいましたよっ(^^)v

プチオフ会でも何度か話したけれど、さらの木、行ける機会があったら
ろとさんはじめ、ポルポさんにも是非泊まって欲しいなって思ってます。
何気に?ポルポさんは伊豆方面から遠のいているような?(爆)
マダム手料理の感想を是非聞いてみたいものです、ポルポさんから^^

私にとってかけがえのない宿・・・そうかもしれません。
マダムの人柄がそう思わせてくれているのかも。
温泉宿に行きはじめてこういう宿に出会えたってことは、やっぱり幸せですね。

ポルポさんにもきっと、かけがえのない宿が見つかるはずっ!!

良い旅をこれからも続けていこうね、お互い^^
名前
URL
削除用パスワード


<< 冥土の土産と母は言う      眠れない夜 >>