ずっとそばに

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 08日

伊豆2日目は雨模様

f0208112_13305062.jpg

2日目は中伊豆から西伊豆に向います。

小雨が降り始め、重たい雲が漂う中
車を走らせます。

昨日は「山」 今日は「海」ねぇ・・・




f0208112_13324856.jpg

温泉に出掛ける休日、我が家では晴れの確率が

高いのですが、どんより~なこの感じもなかなかです^^



f0208112_13364172.jpg

本日の宿は、西伊豆の「宇久須温泉」

チェックインまでには、まだまだ時間がありましたので

2ヶ所 観光名所?に立ち寄ってみました。


まずは・・・「恋人岬」

今更ねぇ~っていうのも恥ずかしい年代に到達してますが(笑)



f0208112_13414328.jpg

散歩がてら、ゆっくり歩きますが

勾配が結構キツクて、私の息は上がってます。

旦那は平気そう^^;



f0208112_13442540.jpg

取り敢えず、鐘は鳴らしときます(笑)

説明書きが有り、「3回鳴らして・・・どうのこうの・・・」と。



f0208112_13482076.jpg

晴れていれば、ここからの富士山の眺めや

夕日が落ちてゆく景観が素晴らしい場所のようです。



f0208112_13515140.jpg

お昼ご飯は、松崎町にあるお蕎麦屋さん

「小邨」

西伊豆方面では、美味しいと評判のお蕎麦です。 



                              白く美しいルックスで極細のお蕎麦が運ばれてきました。
f0208112_13555391.jpg

                              好みのお蕎麦でした。 近かったら通いたいところですが・・・西伊豆は遠過ぎます。
f0208112_13582269.jpg

f0208112_14672.jpg

そして2ヶ所目の観光場所へ。

堂ヶ島の、「洞窟めぐり遊覧船」に乗ります。


@1200だったかな?

所用時間は20分程度ですが

いやー、思いがけず楽しめました^^

f0208112_14113489.jpg

f0208112_14131190.jpg

                                               出発~^^ ワクワク♪
f0208112_14144585.jpg
f0208112_14171038.jpg
f0208112_1418455.jpg
f0208112_14193864.jpg

                                           象に似た岩  間近で見ると結構迫力がありました。
f0208112_14215223.jpg

                                 遊覧の後半 いよいよメインの洞窟の中に船は入って行きます。 ホント楽しい^^
f0208112_14242196.jpg

私、イタリアにある「青の洞窟」に死ぬまでに一度行ってみたいってかなり若い頃から思ってたのですが・・・なんだか行った気分になっちゃって(笑)
f0208112_14265488.jpg

いやーなかなか幻想的で、青い海の色がホントに綺麗でした。 旦那には言わなかったけど、船を降りて「もう一回~~^^」って思いました。
f0208112_1429429.jpg
f0208112_14331141.jpg

安いデジカメ&腕前なので、実際に見て感動した様子を伝えきれてませんが、一見の価値あり?と個人的には思いました。
f0208112_14334590.jpg
f0208112_1434845.jpg

                         あっという間の20分周遊でした! ホントに楽しかった♪
f0208112_14394715.jpg



f0208112_14435857.jpg


まだ少し時間があったので、もうひとつ黄金崎という
景勝地にも寄ってみました。



f0208112_14474488.jpg

f0208112_14482422.jpg

                私の絵心は皆無ですが(笑) なかなか色使いが個性的な絵を描かれてる男性・・・お上手でした^^
f0208112_14505984.jpg
f0208112_1452779.jpg

f0208112_14541461.jpg

           さて・・そろそろチェックイン時間になりました。 本日の宿に到着です。 「宇久須温泉 大和丸」
f0208112_14553312.jpg


                 続きます。

by satomi-kazu | 2013-06-08 15:01 | 旅全般  立寄り湯など | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://satomikazu.exblog.jp/tb/19771834
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 雨曇小 at 2013-06-09 20:19 x
山の麓の一軒家、松崎の小邨(こむら)、
しぶーい。渋すぎるーっ。
洞窟めぐり、
「馬には乗ってみよ、人には添うてみよ」
「遊覧船にも乗ってみよ」
目指す大和丸、風呂も食事も大満足となりますように。
それにしても、それにしても、首位の虎さんの快進撃、
おそろしや、おそろしや。
Commented by satomi-kazu at 2013-06-09 20:59
雨曇子さん、「遊覧船にも乗ってみよ」って格言?みたいなの有るのですか?
馬には乗ってみよってのは聞いたこと有るような・・・

松崎町の小邨さんは、おっしゃるように渋いお蕎麦屋さんでした。
メニューは、もりと田舎のみ。 天ぷらも何もありません。

来週は、北海道で大暴れさせていただきますので、どうぞお手柔らかに^^
Commented by 雨曇子 at 2013-06-09 21:31 x
「馬には・・・人には添うてみよ」は、「物事は実際に経験してみないとわからない」の意。
それをもじって、「遊覧船・・・」と言ってみたのです。
「つまらないだろう」と思っていても、経験してみると意外に面白かったということは多々ありますね。
Commented by みのり at 2013-06-09 23:45 x
satomiさん、雨曇子さん(笑)こんばんは。
今、実家に来ています。
実は独り暮らしの母は雨曇子さんと同い年!
雨曇子さんのアタマとカラダのお若いことにいつも驚かされています〜!
しぶーい。渋すぎるーっ!って、こんなハツラツとした表現がおできになるのがすごいですっ。
母の衰え方が最近ひどいので、余計にそう思いました。

昔、私も家族で伊豆の遊覧船に乗りましたが、こんなに素敵な青の洞窟へは行っていないので、伊豆でも違う場所の遊覧船だったんでしょうね。懐かしいです(^-^)

二泊目のお宿は、船のような名前だから新鮮なお魚をたくさん召し上がられたのでは?続きを楽しみにしていますね〜( ^_^)/~~~

Commented by ジャン at 2013-06-10 06:43 x
早起きしてしまいました。
堂ヶ島の遊覧船は20数年前、前職の社内旅行で乗りましたね。
夜は下田ビューホテルで大荒れの大宴会になりました。
Commented by 雨曇子 at 2013-06-10 09:59 x
みのりさんの母上はお若いのです。気づいていないだけ。
衰え方を見ず、若さを発見して下さい。
そして言ってあげて下さい。
「母ちゃん若いジャン」(ジャンさんの名ではない)
「お義姉さんのおかげね」
もし、「温泉にいつ行こうかしら」
とおっしゃったら、すかさず、「今でしょう」と言いましょう。

申しおくれましたが、
恋人岬で鐘を3回鳴らす、
これぞ、若さの秘訣。
案内表示は、そう書き直すべきです。
Commented by 雨曇子 at 2013-06-10 10:08 x
「独り暮らし」というところを見落としてしまいました。
ごめんなさい。
実家に行ったら、絶対若々しさを見つけてくださいね。
Commented by satomi-kazu at 2013-06-10 19:52
雨曇子さん、遊覧船にも乗ってみよ!まさしく、おっしゃる通り試してみないと解らない!でした。
1泊の温泉旅行では、ほとんど観光しないのですが、2泊3日だと、時間を持て余してしまうので
観光名所にも立ち寄ったりしています。雨曇子さんのようにサクサクとした行動力がないので(笑)
いろいろな事を経験せずに損をしているかもしれませんね。
Commented by satomi-kazu at 2013-06-10 20:11
みのりさん、私の実家の母親も同じ年齢なんですよ~ ホントに、ウチの母親と雨曇子さんが
おない歳だなんて、信じられません^^ 雨曇子さんのバイタリティと行動力・・・いつも元気を貰ってます。
本当はこちらから元気を発信していかなければいけないのに(笑)

>母の衰え方が最近ひどいので
みのりさんがご実家に帰っているという事は、お母さんの体調が思わしくないのでしょうか・・
心配ですね、すごく心配ですよね。 私も最近、実家の母親の件でちょっとあって・・
私も仕事があったりしてすぐには帰ることも出来なかったので、電話で長いこと話をしました。

母親も私も涙もろくなっちゃって困ります^^;

2泊目の宿は、THE漁師宿でした! 部屋に露天風呂が付いていたので
のんびり出来ましたよ~
Commented by satomi-kazu at 2013-06-10 20:29
ジャンさんも堂ヶ島の遊覧船に乗ったのですね!感動しませんでしたか?^^;
私は終始ワァーワァー言ってました。
Commented by satomi-kazu at 2013-06-10 20:37
雨曇子さん、度々すみません。
私最近つくづく思うのですが、ウチの母親が雨曇子さんの行動力の3分の1でもいいから持ち合わせていてくれたら
どんなに良かったかって・・・実家の自分の部屋から出ることなく、病院通いするのが唯一の外出といっても
過言じゃないくらい出不精な母親なんです。

温泉に行こうよ!って誘っても「行きたい!行きたい!」っていう雰囲気は皆無で
「出掛けると疲れるしね・・・トイレも困るし・・・」って、淋しいですよ、言ってるほうも(涙)

ご近所散歩どころか、色々な場所に繰り出し、カメラを構え、パソコンに取り込み
ご自分のブログまで書いていらっしゃる雨曇子さん・・・本当に凄いです!すご過ぎです。

こうしてお知り合いになれて嬉しいです。ありがとうございます。
Commented by 雨曇子 at 2013-06-10 21:38 x
お母さんは、迷惑をかけまいと、控えめに、用心深く暮らしていらっしゃるのですね。
まず、日帰り散歩、“成田山”“佐倉、川村美術館”“国民宿舎サンライズ九十九里での昼食&海岸散歩”などにお誘いしてみては?
万歩計をプレゼントするのもよいかと。
新聞の健康づくりエクササイズの記事を切り抜いて送る。
など、さまざまなアプローチをして下さい。
Commented by みのり at 2013-06-10 22:43 x
雨曇子さん、ココロ温まるメッセージをありがとうございます。
父が亡くなって13年、母は独りで元気に過ごしてくれて本当に良かったです。
習い事や趣味のサークルにたくさん入って、楽しんでいたのですが、2月に2回目の腰痛圧迫骨折をやってから、ガクッと衰えましたね。
サークル活動もほとんどやめてしまって、新聞も取らない、本も嫌い、テレビもほとんど見ないという生活なので、日にちすらあやふやになってしまっています。
ご助言にしたがい、なんとか見つけた若いところは…庭のサボテンの花がたくさん咲いていて、それを「誰かに見て欲しかったの。来てくれて良かった」と、無邪気に喜んでいたことでしょうか。

いつも前向きでパワフルな雨曇子さん、良きアドバイスを本当にありがとうございました。
Commented by みのり at 2013-06-10 23:00 x
そして(笑)satomiさん、こんばんは。
母に何かあったというわけではないのです〜。ご心配おかけしました。
1月に一緒に温泉旅行に行った後、上のようなわけで入院しましたが、もう大丈夫だからどこかへ連れてって、と言うので…
本当に一人で名古屋まで出てこられるのか?と、確認に行って来ました(;^_^A

結果は…
う〜むむむ。微妙(笑)
satomiさんのお母様のことを知ると、出かける気持ちがあるだけまだ元気ってことでしょうかね。

satomiさんもお母様のことでお辛い思いをされたのですね。
話をして、一緒に泣いてくれる娘さんがいて救われていらっしゃると思いますよ。
女性は話すと楽になることが多いですもんね。
雨曇子さんはミラクル78歳ですよね〜!
やっぱり好奇心を持ち続けるのって大切なんですね。

そういう点でもギリギリでネットについて行ける年代で良かったです。
あ…また雨曇子さんにツッコミ入れられそう(^_^;)
Commented by satomi-kazu at 2013-06-11 10:54
雨曇子さん、>用心深く暮して に、大うけしました(笑)まさしくその通りだったもので。
石橋を叩いても渡らないバァちゃんなのです^^

もしも私が実家近くに住んでいたら、なんやかんやと世話も焼けて連れ出す事も可能なのですが。
でも、万歩計はいいかもですね^^ いろいろと助言ありがとうございました。
Commented by satomi-kazu at 2013-06-11 11:05
みのりさん、お母さん大事に至らずに安心しました~
>父が亡くなって13年
なんと、ウチも年数こそ亡くなって15年経ちますが、同じです。亡くなった父親は
出掛けるのが好きな人だったので、生前は渋る母親を連れてちょこちょこと出掛けていたようです。
でも、みのりさんのお母さんとウチのバァちゃんの一番の違いは、外と内でしょうか・・・
習い事やサークル・・・そういう外の世界に興味を示してくれたら、遠くに暮していても
なんとなく安心していられるような気がします。

今、私に出来る事は、とにかく母親の話を聞く。それだけはやり続けてあげたいと思っています。
ひとりで、ひっそりと自分の部屋に篭ってるくせして(笑)まぁどれだけ喋るの?ってくらい喋ります。

みのりさんのお母さん、「どこか連れてって」・・・なんて嬉しいじゃないですか。
確認されて微妙?な感じだったかもしれないけど、言ってきてくれるだけでもなんだかすごく嬉しいですよね。
Commented by みゆみゆ at 2013-06-13 09:06 x
恋人岬・・・
私も2度ほど(^^;)
『行きはよいよい帰りは恐い』ですよね。
帰りの上りはふくらはぎがパンパンでした~~~

皆、お母様のこと大好きなんですね~~~
雨曇子さんの年齢を聞いてビックリ!!

うちの母よりも年が上なのに楽しい語り口調にパソコンを使いこなし
何よりお元気。。。

羨ましい限りです。
私も月1で病院に母の顔を見に行きますが2年もベッドの上のまま・・・
さびしいですよ(--)

>もしも私が実家近くに住んでいたら
ホントそう思う今日この頃・・・

THE漁師宿のお料理。
up楽しみ!!
Commented by satomi-kazu at 2013-06-13 20:17
>私も2度ほど(^^;)
やだぁーみゆみゆさん(笑)実は私も2回目だったのです~
観光地の名所もただの時間潰し~的な場所もあれば、意外や意外!面白かったってとこもありますね。

そうでした・・みゆみゆさんもお母さんのこと凄く気に留めて日々暮らしていらっしゃいましたよね。
遠いのに月1で顔を見に行くなんて・・なんかウルウルきちゃうよ。
お母さん、嬉しいだろうね。みゆみゆさんも大変だろうけど、可能な限り会いに行ってあげてくださいね。

漁師宿!久しぶりにお肉料理が全く出てこない宿でした^^
Commented by みみん at 2013-06-14 15:17 x
洞窟巡り、なかなか良いわあ!素晴らしいですね♪
大人になると観光船や遊覧船の類いは敬遠してたけど、知らないだけで乗ってみるものですね。
イタリアの青の洞窟に行く前に、日本人ならここに来なくちゃね(笑)
晴れているともっと光りそうですしね♪
私も堂ケ島に行ったら是非乗ってみようと思います。
素敵な情報感謝です♡


Commented by satomi-kazu at 2013-06-14 23:00
みみんさん、こっちの記事にもサンキュウです♪
そうそう、イタリア行く前に此処ね(笑) なんて冗談は抜きで大人も十分に楽しめるアトラクションだと思います。
堂ヶ島に行く事があったら是非是非~~

うんうん、晴れてたらホントにもっと青の色がキレイだったんじゃないかなぁ
名前
URL
削除用パスワード


<< 宇久須温泉 大和丸      修善寺 五葉館 >>