ずっとそばに

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ
2013年 12月 12日

信州への旅 2泊3日の珍道中

f0208112_1352367.jpg

今年最後の温泉旅行

2泊3日 湯田中渋温泉と別所温泉に行ってきました。

旅の始まりは、中央道 諏訪湖PAから。

ここ最近、高速道路のSAやPAで簡単にお昼を
済ませてしまう確率が増えました。

夫婦で蕎麦好きなので、ネットで調べておいたお店に
出向いていくのが多かったのですが・・

なんでしょうかねぇ・・・面倒臭くなっちゃったらしい(笑)



f0208112_1357493.jpg



いきなり、恋人の聖地?になってるし(笑) 諏訪湖

なんでも有りだな・・・



f0208112_13591151.jpg

さて、諏訪湖でのお昼は・・・

kazuさんは、「石臼挽き蕎麦」 @1280

正直・・高いと思いました、最初は・・・

ほーんとに少しなんです、盛りの量が。

蕎麦だったら普通に2まいは食べるkazuさんなので
最初っから大盛り注文。



f0208112_143323.jpg

で、運ばれてきたのが、大盛りじゃなくて

普通に同じ量盛られたお蕎麦 プラス@300

なんだか、変な料金設定だわ~と苦笑い。

合計@1580のお蕎麦のお味は・・・

「更科で、喉越しが良いし、旨いよ」だそうです。

空腹を満たす為だけの食事は、なんとも淋しいので

「美味しい♪」と思えるお蕎麦で、まずは良かった良かった!



f0208112_1482273.jpg

そして、私はと言うと。

「諏訪湖って何が有名なの?」の問いに

「わかさぎじゃない」 と一言。

揚げ物かぁ・・・と、少し躊躇したけど

これが当たり~でした!



f0208112_14111040.jpg

揚げたてサックサクのわかさぎフライ♪
(ちなみに、わかさぎの天ぷらは平日のみ・・だそうです
なんでなのか意味解らず^^;)

わかさぎフライ定食 @1000也~

うん!これはお勧め♪ 最後まで美味しく頂きました。

諏訪湖PAに立ち寄ることがあれば是非!



             お昼ご飯かなり引っ張っちゃってます(笑) いやいや、でもなかなか美味しかったのでPAも侮れないな!って感想でした(^^)v
f0208112_14154599.jpg

             信州中野ICで下車して、今日の宿泊地 湯田中渋温泉に向かいます。 見上げる空は当たり前のように(笑)晴天♪
f0208112_14182835.jpg

              あっひこうき雲^^
f0208112_1423616.jpg

f0208112_142577.jpg
f0208112_14303434.jpg

湯田中渋温泉

9つの外湯巡りが出来る温泉地です。

川を挟んで(名前は解りません^^;)両側に複数のお宿が
並んでいます。

大型旅館も数件見かけました・・が、どちらかと言えば
家族経営の小さな宿の方が多いようです。

私達が泊まった宿も、小さな旅館です・・民宿かな・・・



f0208112_14365168.jpg
今回、渋の宿名は私のブログでは触れないことにしました。

なぜって・・・書き出すと止まらなくなりそうなので(笑)

良かったことも、最悪だったことも、両方です。

チェックアウトする時には
「この金額だったんだから、しょーがないな」 と、思う気持ちと
「でもさ、ありゃないでしょあんまりだよ、女将さん」 の、気持ちと
「まぁ美味しいご飯をあの値段で食べさせてもらった!良しとしよう」

そんな色んな思いが、ぐるんぐるん頭の中で渦巻いていました。

ひとつだけ(笑) やっぱり・・・寝具は大切です。
安価な宿では、これがネックになるという事。
思い知らされました。



              という訳で、湯田中渋温泉での宿の詳細は伏せますが、9つの外湯巡りは満喫しましたので、次回ご紹介します!
                                       ルンルン♪と、歩くkazuさん

f0208112_14473914.jpg
f0208112_14502278.jpg


by satomi-kazu | 2013-12-12 14:55 | 信州 湯田中渋温泉 | Trackback | Comments(27)
トラックバックURL : http://satomikazu.exblog.jp/tb/21072297
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 波菜 at 2013-12-12 17:40 x
Satomiさーん今晩は。かなーりご無沙汰してしまって(゚Д゚;)ネットするのも何か月ぶりなんです、、、、子供の受験などなど、、、、頭の痛い事が多くて(´_`。)グスン
Satomiさんのブログにもお邪魔できずにいたのですが渋温泉と聞いて思わずコメントさせてください(*>∀<*)家族で渋温泉の金具やさんに泊りました。大湯のすぐそばにある旅館です。良かったですよ。Satomiさんが
泊られたお宿がどこなのか気になりますが、、、内緒なのですね(≡ε≡;)エェ~でもでも湯めぐり載せてくださるそうなので楽しみにしてます。実はひとつしか入ってないんですよー外湯めぐり、、、、
Commented by satomi-kazu at 2013-12-12 22:03
波菜さん、こんばんは~ お久しぶりですね~元気でしたか?お子さんの受験かぁ・・・
大変なんでしょうね、私には想像つかないけれど・・
ウチの旦那も小学校に入るのにも受験があったそうなので、ホントに都会の子供は私から見たら可哀想で仕方ないです。

私の田舎なんて、町名と番地で幼稚園と小学校、中学まで決まってましたよ。
受験勉強なんて高校に入る時に初めてしました。

あっ余談が過ぎちゃいましたね^^;
そうでしたか!金具屋さんに泊られたんですね。 夜、夕食後に温泉街をまたブラブラしたのですが
すごくキレイでした!金具屋さん。確か・・・宿のお風呂の数が多かったような?
だから外湯巡りはあまりしなかったのかな? ウチは、5つほど湯船に浸かって残りは写真を撮っただけです。

またあとでアップしますね~
Commented by 雨曇子 at 2013-12-12 22:29 x
例によって美しい写真で旅の気分を味わわせていただき、ありがとうございます。
9湯めぐりで「労を流し、不老長寿のご利益」を得てお帰りのことと思います。
温泉を流れる川は、横湯川、夜間瀬川となり、千曲川に流れ込み、新潟県に入って信濃川となって新潟市で日本海に注ぎます。
私は一昨年の4月に上林温泉千寿閣に一泊しましたが、その帰り長野電鉄スノーモンキー号車窓から高社山がいつまでもくっきり見え、印象に残っています。
渋温泉には行ったことがなく、関心は大ですから、今後の展開が楽しみです。
Commented at 2013-12-12 22:48 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 焼き鮎 at 2013-12-12 22:53 x
satomiさん、こんばんは^^
新潟はなんか、雪降ってます。寒い・・・。
温泉であったまりたいなー、こんな日は。

渋温泉。上のコメントでも出てますが私達も
同じ御宿に行きました。だけど、なんと言うか。
建築物に胡坐かいてる感アリアリ!{{←いい宿なのよ}}
(口コミサイトでもその点を指摘されての返答の強気な事ったら)
そこまで強気な回答なさるならもう少し詳しくさー・・・
もっと掘り下げて建物の説明してくれると思い込んだ
私達が悪いのですけど。お風呂は貸切7つだか8つだか
有りましたが空いてるときに入る方式で。客室が
四方八方に展開しているので空いてる風呂を探すのが大変。
逆にあれだけの風呂を貸切にするなら予約システムあった方が
いいかも。お客さん同士で「今、私たち出てきたので空いてると思いますよ」
なんて情報交換した位にして。うん、雰囲気は二重丸でした。

朝食が納豆でなく麦とろご飯だったのが新鮮でした。
建築家の夫は文化財のお宿に期待し過ぎちゃったんですね。
普通の温泉好きさんには満足の宿と思います。
Commented by ろと at 2013-12-12 22:56 x
satomiさん、最近のSAはおいしいんですのよ。私も、あまり食事はしないけど、B級グルメはいただきますわ。そっか、satomiさんは中央で来るから諏訪湖なんだ。私は、関越で行くから、軽井沢、佐久から入ります。satomiさんたちにしては、信州中野は遠くない?
ここまできたなら、ぜひ2つ先の妙高まで行ってほしかったかも、、
温泉もいいよ~。

私も入れ違いに長野へ行ってきます。ワイン、買い込むぞ!
Commented by satomi-kazu at 2013-12-13 00:04
雨曇子さん、上林温泉には行かれてましたか。だったら、あそこから徒歩でお猿さんは見にいったのでしょうね^^
地獄谷まで30分の文字に一度は躊躇したのですが、お天気も良かったのでガンバって歩きました(笑)

渋温泉を流れる川の説明!ありがとうございます、いつも勉強になります。
渋温泉は、外湯巡りがメインなところですが、とにかく源泉の温度が熱すぎて
誰かが入浴した後なら適温なのですが、そうでない時は、温度を下げるのにかなり労力を要します。
尚且つ、地元の方もどんどん入ってきて、熱いお湯に慣れているのか、私が水で薄めていると
露骨に「ジャバジャバ水足して・・・温泉じゃなくなる」 と、嫌味を言われてしまいました。
温度の対処には、ちょっと困るかもしれないです・・・
Commented by satomi-kazu at 2013-12-13 00:06
鍵コメさん、今日はお疲れさまでした。
少しは落ち着いたでしょうか・・・
そう、来年は鍵コメさんも旅ブログ書いてくださいね!
待ってますよ♪
Commented by satomi-kazu at 2013-12-13 00:13
焼き鮎さん、こんばんは!
そうですか、金具屋さんの雰囲気ってそんな感じなのですね(笑)
いえ、私はハッキリ書いちゃうと興味が無かった宿なので^^;(好きな方ゴメンナサイ)
クチコミや宿の詳細なども見たことがありませんでした。ウチの旦那が色々とネット検索で見てたようですが・・

観光客目線では、夜の金具屋さんは、確かに美しい景観でその場に佇んでいました。
泊ってみないとやっぱり解らないものですね。テレビやメディアに取り上げられる事の多い宿だから
営業努力っていうことは余りしなくても、待ってるだけでお客さんは来る!なんでしょうかねぇ・・・

旦那が外湯で珍しく、他のお客さんと会話をしたようなんですが、何度も渋にきているその男性は
「金具屋以外は、みな似たり寄ったりの宿ばかりですよ」と、言ってたとか・・
人の感じ方、趣味趣向はホントにいろいろですね^^;
Commented by satomi-kazu at 2013-12-13 00:22
ろとさん、こんばんは!

>satomiさんたちにしては、信州中野は遠くない?
2泊だったから、少し遠出しました。中央道にはすぐ乗れるから、意外と?そうでもなかったよ。
草津や苗場に行くのと同じ感覚かもね。 ろとさんが何度か行ってる戸倉上山田も今回候補の宿があったんだけどね
結局、別所にしました。 途中、小布施にも初めて寄りましたよ、栗の木テラスのモンブランが美味しかった~

で、長野??温泉だよね、もちろん。 ワインって!ろとさんそんなにお酒強くなかったよね。
信州は、なかなかイイね。しょっちゅうは行けないけど、年に一度は行きたいかも。
戸倉上山田って今、外国人観光客で溢れてるって、別所の仲居さんが話してた^^;
Commented by rinorino at 2013-12-13 01:43 x
早速の旅のアップありがとうございます。
写真がきれいで、ひこうき雲が素敵ですね。
諏訪湖PAに寄られたとの事で、私も夏に美ヶ原の帰り道、こちらから諏訪湖の花火を見ました。

そうそう、わかさぎフライ定食ありました。でも、食したのはお蕎麦だったような・・・。 迷ったんですよね~。(笑) 次回は是非、そちらを食べましょう。 て、最初の感想が食べ物とは、食いしん坊な私。
信州は好きですが、なかなか北信州までは行った事がないので、行ってみたいなあ。
Commented by 鬼の手下 at 2013-12-13 20:46 x
こんぬつは。いや、こんばんは。

sqtomiさん、ドライビングショットうまいですね。
うちの鬼が撮ると、ブレブレピンボケ写真を量産します。
渋温泉の宿が気になりますが、ここはひとつ、オトナの対応で聞かないことにしときます。
Commented by satomi-kazu at 2013-12-14 10:25
rinorinoさん、コメント返し遅くなってごめんなさ~い。昨晩は友人と大都会新宿でプチ忘年会でした。
いやー、年末、忘年会真っ盛りの新宿はものすんごい事になってました(笑)

信州旅 写真を褒めてくれてありがとうございます!デジカメなんですけど
パソコンに取り込むと色が薄くなって?るような気がします。カメラの画面で見ると
空の色とかもっと鮮明なんだけどなぁ・・・って、まぁ素人なんで、全然問題ないんですけどね(笑)

諏訪湖PAに次回行かれることがあれば、是非わかさぎ定食を食べてみてください^^
フードコートの中じゃなくて、奥のレストランですよ~ (レストランっていってもファミレスっぽいけど^^;)
それと、更科蕎麦がお好きでしたら、お蕎麦もなかなか美味しかったのでこちらも♪
Commented by satomi-kazu at 2013-12-14 10:30
鬼の手下さん、週末、いかがお過ごしでしょうか? 
sqtomiさん!と呼びかけられていますが、sqってどうやって読むんですかーーー(爆笑)

まぁしかし、ドライビングショットを褒められたので、目をつぶります^^

渋の宿名は、ご勘弁を!そのうち洩れ聞こえてくる事でしょう(笑)
バスタオルは是非持参してください。

Commented by こば at 2013-12-16 08:38 x
私は旦那と行くようになってお宿に二泊三日の温泉旅行ってないですね~
SA&PA大好きなので(好きなのは私だけですが…)夜、出発して大きめのSAで仮眠して夜を明かし
SA&PA巡りながらお宿周辺の観光地など冷やかして(笑)チェックインって感じです。

12月のお泊まりは諦めたんですが、またまたポイントが増えて今週中に予約したらOKなので
1月中旬、一泊で温泉行きたいのですが

近場で我慢するか栃木方面まで行っちゃうか
旦那を説得して(笑)予約したいのですが

迷っている内にポイント期限が切れそうです。
残念なお宿だったみたいで、もうひとつのお宿の記事楽しみにしていますが
satomiさんのお仕事優先で時間のある時にアップしてくださ~い。
Commented by みみん at 2013-12-16 13:48 x
satomiさん、こんにちは♪
信州ランチにコメント書こうと思っていたら、もう次の日記がアップされていて焦りました^^

電車が常の我が家では、SA&PAは未知の世界です。その二つの違いもよく分からないです〜。
時々テレビとかで見て最近はすごいのだな〜と興味津々です。
やっぱりご当地グルメが食べられるのが魅力ですね♪
諏訪湖のわかさぎ揚げは見るからに美味しそうです♡
これにはウスターソースが合いますね@^^@

湯田中渋のお湯は熱いのですね。メモメモ。
私も熱いのは苦手だから外湯巡りは難しそうだな。
外湯は地元の方のためにあるものだから、入る時やっぱり緊張しちゃうと思います。
暗黙のルールとかがありそうで怖いです^^;
でもいつか入ってみたいなあ。

ご友人との忘年会、なんだか素敵そうなお店ですね♪
外の雑踏とは別世界のような雰囲気で、またモノクロ写真も新鮮です。
楽しい時間だった様子が伝わってきます♪パンが美味しいのは評価を高めますよね^^
あと半月で今年も終わりですね。
この忙しない年末モードあまり好きではないですが、もうひとふんばりですね(^0^)/
Commented by satomi-kazu at 2013-12-16 21:02
こばさん、ポイント期限が迫ってるんですね^^; それは何がなんでも(笑)どこか予約しないと!
私も何度か期限切れしちゃって、あとから気づいて「あーーあー」って悔しがったこと数回あります^^;

>出発して大きめのSAで仮眠して夜を明かし
>SA&PA巡りながらお宿周辺の観光地など冷やかして(笑)
うわっ こばさん、若い~~
私は、SAで夜明かしなんて出来ないです~ 車の中で寝られるような小さな身体じゃないし(爆笑)
でも、こういう旅も楽しそうですよね、早朝だったら渋滞知らずだろうし。

>残念なお宿だったみたいで
ホーンとに色んな意味で残念でしたよ~ 夕飯はビックリするほど美味しかったんでね・・・
Commented by satomi-kazu at 2013-12-16 21:31
みみんさん、SAとPAの違いは、私も詳しく知らないけど(笑)
レストラン&ガソリンスタンドが有るかどうか?らしいです。(旦那談・笑)
そそ、おっしゃる通り、わかさぎフライにはウスターソースがぴったりでした♪
隠れて見えないけどタルタルソースもお皿に乗っててこれも美味♪

湯田中渋の外湯巡りは・・・楽しかったけど・・・こっちでも色々あってねぇ(爆)
みみんさんって熱いお湯ダメだったの? あーそれだったら、湯田中渋は無理だと思うよ(笑)
誰かが入ったあとだったら大丈夫だけど、最初は激熱です。今回の外湯での出来事その1(笑)
あとでブログでも書くけど・・・地元のおばーちゃんが私の後から入ってきて
「そんなに水出したら、温泉じゃなくなる」って、チクリ・・・・

>外湯は地元の方のためにあるものだから
これは・・・どうなのかなぁ、だって9つの外湯巡りが出来る温泉地!ってことで
観光客にアピールしてるわけだからさ、地元の人が入ってきて観光客を睨みつけるのってどうよ?^^;
Commented by こば at 2013-12-17 02:59 x
satomiさ~ん
同年代(同い年だったら笑えますね)でオバサン体型の私ですし

車は車中泊仕様じゃないので寝心地悪いし(^_^;)
節約と渋滞回避が理由でしょうか~

一番行きたいお宿は中禅寺湖方面で、冬のいろは坂ウチの中古車ではムリなので(T-T)

9月に行った近場のお宿は食事は美味しかったけどお湯が無色透明?温泉っぽくないし…
satomiさんたちが再訪された大鷹の湯(部屋の洗い場?って露天風呂横のシャワーですよね?)か那須でもう一軒狙っているお宿があるんですが
冬の栃木ウチの車で行けるか…
箱根でもワカサギ食べることできるみたいだから箱根もいいかな~
こうやって悩んでいる内にポイント失効しちゃいますね。
Commented by satomi-kazu at 2013-12-17 19:29
こばさん、多分同年代とは思われますが(クジラの立田揚げ給食に出てたでしょ?・笑)
私の年齢は今までもブログで隠していないので、自己紹介のページを見ればわかります^^;

西那須の大鷹の湯、部屋のお風呂の洗い場はちゃんとカランもあってシャワーも付いてますよ。
詳しく記載しないでごめんなさい。泊まった宿の紹介記事なんですけど
ブログを始めた頃は詳しく載せてたんだけど、なんだかね・・そこまで細かいとこまで写真撮ってアップするのが
最近は嫌になってしまって・・・アバウトなブログですみません。
何もかも全部最初に解っちゃうよりも、行ってからのお楽しみ~な感じのが良くないですか?^^;

こうして質問されて、知ってることでしたらきちんとお応えできますので~
大鷹の湯以外で那須で狙ってるお宿ってどこだろう~気になります^^
我が家も来年一月の宿はまたまた那須にしようかと思ってるんですが
希望日に空きが無いんですよ(大鷹の湯じゃないです)
Commented at 2014-01-06 22:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by satomi-kazu at 2014-01-07 00:32
Yさん(これからそう呼ばせてもらいますね^^) 今年もよろしくお願いいたします。
私も明日が初出勤です。今年の年末年始はちょっと長過ぎましたね・・・録画したビデオ鑑賞に
殆ど費やしていたので、私も旦那以外の人とは、会話らしい会話してないですよ^^;

渋の宿はYさんが計画している宿だと思います、多分ね^^;
コメント欄なので、書いてしまいますが、寝具に関しては多分変化はないと思うので
掛けカバーなど、交換していなくてもそんなに気にならない・・感じでしたら
その他の料理の美味しさや、宿全体の清潔感などは太鼓判でお勧めします。
Yさんが危惧されてる匂い?も多分問題ないと思いますよ。
私達の今回の信州旅は、ちょっと運が悪かったかなぁと・・・たまたまな出来事に遭遇する場面が多かったです^^;

渋の宿も、クチコミを見ると評判はすこぶる良いですし、私もそのクチコミを見て決めた宿でしたから。
寝具に関しては、詳細に書かれてる方はあまりいらっしゃらないと思うんだけど
気になってしまうとダメなんですよ・・・なので、寝具への評価は我が家では
5段階評価の2ですね。
Commented at 2014-01-08 00:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by satomi-kazu at 2014-01-08 20:41
Yさん、宿泊予約時の電話対応って、人となり・・じゃないけど、見えちゃうものが沢山ありますよね。
顔は見えないけれど、電話口の雰囲気は感じ取れてしまうと思います。
Yさんも検討していた渋の宿・・・あんなにご飯が美味しいのに・・・なんで??みたいな事が
チェックイン時にも、朝食時にも有りました。 
でも、民宿価格なんだから仕方ない!と自分に言い聞かせましたよ^^;
安価な料金でこちらが求めすぎるのもダメかなぁと・・・
どーしてもダメなら、もう行かなければいい。それだけのことですもんね^^;

Yさんの初湯はどこになるんでしょうね?ご報告楽しみにしています。
Commented at 2014-01-12 20:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by satomi-kazu at 2014-01-12 23:34
Yさん、こんばんは!嫌いな上司と宿名が同じだったって話し・・・読んでて大爆笑です~
あるある~~って、共感しちゃいましたよ^^
渋温泉は、あと2軒くらいリーズナブルだけど評判が良いって宿があるので是非検討されてみては・・・
ウチも、もう一軒、玉久旅館っていう宿も候補だったんですよ。

苗場は、そうですね、一ヶ月を切りました。 今の私の気分的には・・
「あの頃のまま」が聴きたいかな・・ブレッド&バターに提供した曲です。
詩が好きです・・自分とは全く真逆な、アウトロー的な人生を送っている友人を
羨んで、昔を懐かしむ・・・みたいな内容なの。

年末年始、Yさんが書かれてるように、訃報のニュースをよく目にしますね。
淡路恵子さんの言葉が、ジーンときました。

「人間は生まれた時も死ぬ時もひとりっきりよ。誰だって、どんな人だっていつかは死ぬのよ、だから悲しくなんかないの」

生かされている間は、生きないと・・・

いつもありがとうございます。いろんな想いでありがたく読ませて貰っています。
Commented at 2014-01-13 19:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
削除用パスワード


<< 2013プチ忘年会♪      今年の温泉巡りも・・・ >>