ずっとそばに

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ

2017年 08月 08日 ( 1 )


2017年 08月 08日

森のやさしさに包まれる小さな宿 銀の森 宿泊記

                             
                             清里のペンションに泊まってきました! 
                          8月は後半に結婚記念日もあるので、もう一回ペンション有り♪ 
                           今回は自称ペンション好きのワタシが宿選び。 
                             「森のやさしさに包まれる小さな宿 銀の森」

f0208112_2126841.jpg
f0208112_21392021.jpg

中央道、双葉SAでお昼を食べました。

ふっと思い立って、宝くじ売り場へ

1枚200円のスクラッチくじを2枚購入

そしたら、なんとっ!
10000円の当たり~~♪
すぐその場で、販売員さんに
当たりくじを渡しました^^
たった2枚しか購入してなかったから
販売員さんも超ビックリしてた(笑)

当たったお金でサマージャンボも買いましたよ^^
こっちも当たるといいね。

そんなラッキーから清里旅始まりです。



f0208112_21472914.jpg

この日は快晴
車の中は冷房で快適でしたが
外気温は35℃超えでした。

暑い暑いっ

今夜のペンションは温泉無しの沸かし湯
せっかくのお出掛けなので、やっぱり温泉に
浸かりたい。

というわけで、須玉ICで降りて15分ほどの場所にある
日帰り入浴施設に立ち寄りました。



f0208112_215146100.jpg

まるでプールのような大きな湯船でした。

洗い場も広くて、とにかく開放感抜群のお風呂。
大きな窓からの眺めも最高~♪

すこーし塩素臭もしたけど
まぁ許容範囲内かな。



                           お風呂を出て宿に向う途中に、「稲絵アートフェスティバル」の、のぼり発見。 
                           暑かったけど車を降りてみました。(kazuさんは降りず^^;)

f0208112_2156057.jpg

                           こういう稲作アートって初めて見るのですが
                           ほんとはもっと高い位置から見るのがいいのでしょうね。
                           でもぉ・・フェスティバルって・・この一角しか見当たらなかったんだけど
                               他にもあったのかな?

f0208112_2202212.jpg
f0208112_224134.jpg

ナビにペンション名を入れると
ちゃんと案内してくれました。
清里駅周辺には、ここから更に
車で15分くらいかな。

去年2回泊まってるペンション
ファニーポケットは、もっと須玉IC寄り。

清里も広範囲にたくさんのペンションがあるなぁと
今回、思いました。
至る所に、ペンション案内板がありましたのでね。



f0208112_2285445.jpg

「森のやさしさに包まれる小さな宿 銀の森」

ちょっと宿名長いね^^;

ピンク色の外観
まさしく女子ウケしそうな雰囲気
そして、ここの一番の特徴はオーナー夫妻の
「赤毛のアン」好き♪



f0208112_2291333.jpg


f0208112_2215325.jpg

ワタシは、「赤毛のアン」に関しては
さほど?というか、殆ど興味は薄いのですが^^;
予約サイトで、貸し切り風呂があることや
食事のクチコミなどを吟味して決めました。

全5室 洋室、和洋室、和室などがあって
ウチは、今回和室にしたのですが
ちょっと失敗でした。
当日、ワタシの腰痛がひどくて
布団からの立ち上がりがすごくキツカッタ。

やっぱりベットの方が楽でいいですね。
事前に了解していたことですが
布団敷きを自分達ですることも
ちょっとね・・・(和室だけです)



                        宿の名前にあるように、建物の周りは白樺や雑木林  鳥のさえずりも耳に心地いい
f0208112_22252772.jpg
f0208112_22293115.jpg
f0208112_22302573.jpg

    玄関を入るとすぐに目に入ってくるのが、このコーナー オーナー夫人手作りの人形や布製のバックなどが飾られています。

f0208112_22312385.jpgf0208112_22313632.jpg


                        ラウンジ兼ダイニング 此処の雰囲気が個人的にすごく好みでした。
f0208112_22352417.jpg

                        これは、2階から写したダイニング 
                       吹き抜けになっていて、当然だけど天井が高くて開放感あります。

f0208112_22372156.jpg
f0208112_22413268.jpg
緑が眩しい窓辺には
赤毛のアンに登場するお人形が沢山飾られています。

PEI(プリンスエドワードアイランド)好きの方には
たまらない場所なのではないかなぁ?
料理担当のオーナー夫人と、会話が弾むこと
間違いなし!でしょう^^;


f0208112_22415512.jpg


f0208112_22512365.jpg

f0208112_2250116.jpg

f0208112_22542684.jpg
5部屋は全部2階に。
ウチが泊まった和室203 「アルカネット」


f0208112_22551027.jpg


f0208112_2323482.jpg

10畳ほどの和室
広縁が無いので椅子とテーブルも無し。
やっぱり洋室のが良かったなぁ(心の声^^;)



f0208112_23382476.jpg

温泉では無いお風呂は2か所

こちらは、大きな方の湯船
5、6人は大丈夫そうな大きさ

ガラス張りの内湯ですが
外は雑木林で、こちらも開放感あり
ゆったり出来ます。

温泉だったら最高なんだけどね^^;



f0208112_23433215.jpg

こっちは、2人用かな。
こじんまりしてます。

大きい方のお風呂は夜10時までは予約制の貸し切り
10時以降は、朝の8時まで空いていればいつでも
札を返して貸し切りで使用できます。


小さなお風呂は、チェックイン時から
いつでも空いていればどうぞ^^のシステムです。

どちらの湯船もジャグジーが付いていました。



                             夕食は6時半から 木立を眺めながらダイニングで
f0208112_2355151.jpg

                       夕食の内容は、「THE ペンション」でしょうか(苦笑)
                       サラダ、前菜・・魚料理の変わりに野菜のオーブン焼きがでましたけど
                       量的には若い方は物足りないでしょうねぇ・・コースで運ばれてくるので
                       ご飯のお替りが出来ても既にオカズが無くなってるしね^^;

f0208112_2357223.jpg

                      メインのサーロインステーキのお肉は良質でとっても美味しかった。 
                      何か追加で頼めるような別注料理があってもいいかなぁと個人的には思いましたかね。 
                      そう、もう一品くらい欲しかったなというのが正直なところです。

f0208112_23573549.jpg

                      朝食 パンは他にもう一種類出ました。 ヨーグルト手作りだったのかな?
                      すごくこってりと濃厚な美味しいヨーグルトでした。

f0208112_0104020.jpg

f0208112_016164.jpg

清里のペンション 第一弾 「銀の森」

洋風な、ペンション特有のコース料理を前にすると
比べちゃぁいけないんだけど(苦笑)ついつい
伊豆高原の彼女の料理を、思い浮かべてしまいます。
改めてあの女性はスゴイよねぇ~と
kazuさんとふたり納得のうなずき(笑)

夏休み価格なのかも・・ですけど、@12300(税込)
あくまでワタシの中のペンション料金としては
決して割安ではないと思いました。

草津のペンションは、@8500位で温泉ですしね・・・
まぁ比較し出したらキリがありませんけど。



f0208112_0284964.jpg
先月からの新しい職場にストレスを感じてたワタシ
気に掛けてくれたのか、kazuさんがお休みを取って
予定外のペンション宿泊を一泊増やしてくれました。

夏休みと言う事もあって、なかなか空きが見つからず
ギリギリセーフって感じで予約した宿

自宅から比較的近い場所でも
非日常を過ごせる時間と環境。
ご飯の用意、片づけを誰かがしてくれる!
もうね、これだけで非日常^^

かなり暑い一日でしたけど
良い休日でした。

さぁ今月末の、kazuさんが探したペンションは?
どんなかな^^;


by satomi-kazu | 2017-08-08 00:42 | 森のやさしさに包まれる小さな宿 銀の森 | Trackback | Comments(14)