ずっとそばに

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:魚菜宿 大鯛( 3 )


2009年 09月 03日

魚菜宿 大鯛  朝食~大涌谷~芦ノ湖~帰宅


f0208112_21301743.jpg


翌朝も快晴です。

部屋の窓からの眺望・・・

なんだか宿の周辺に電線が多くて

ちょっと目障りだったかな・・

               夕食を食べた1階の広間に朝食も用意されていました。
f0208112_2134312.jpg

f0208112_21364159.jpg
鯵の開き 鯵のタタキ 茶碗蒸し 小鉢3つ サラダ 海苔 お味噌汁  

鯵の開きは油が乗っていて小ぶりだったけど
丁度いい大きさでとても美味しかった。 

でも中でもやっぱり抜群だったのは、伊勢海老の
入ったお味噌汁!

昨晩 伊勢海老を別注していたのは私達だけだった
のでチラッと他のお客さんのお椀を覗いてみる004.gif

伊勢海老じゃないけど、蟹が入ってたみたい
(そっちも良かったなぁ~^^)


f0208112_21502759.jpg

朝食を終えて部屋を出ると、干物がズラッ~と

並んでいます。

宿で出される干物は、家族経営されている

干物屋さんの物。それを宿でも即売しています

国道沿いの土産物屋で買うよりも安いと思います


f0208112_22183382.jpg
一泊二食 平日料金 @11,700(税込み 入湯税150円込み)

ご家族経営の気取りの無い民宿でした。気軽に行ける料金も魅力です。

美味しい魚が食べたくなったら、また訪れたい宿になりました。

冬は 鯛しゃぶ鍋がメインとか・・・

f0208112_2282019.jpg


f0208112_22242537.jpg


予定していた、富士宮の焼きソバは

キャンセル^^;朝食を食べ過ぎて

お腹いっぱい

ドライブがてら大涌谷に行ってみることに・・

雪をかぶっていない富士山ってちょっとばかし

迫力にかけません?

富士山って言われないと解らないかも?


f0208112_2236223.jpg
実は 大涌谷は生まれて初めて。

旦那さんは、「幼稚園の頃に来たかなぁ?」

くらい記憶は遠い彼方へ・・・^^

f0208112_22365498.jpg

f0208112_22372651.jpg
お天気も良かったけど・・平日なのにこの人出・・・

そっかぁ~此処って日本の観光名所だったのね^^;

駐車場から約1キロの道のりすれ違う人達の中には

中国語や韓国語・・・何だか解んない語まで(爆)

実に様々な言語でございました^^

     硫黄の匂いにつつまれながら約1キロを登ります。右端のおじさん、ハンカチで鼻を押さえてます^^ 
                                      この匂い・・・硫黄嫌いのジャンキーさんは来れないね^^;
f0208112_22555057.jpgf0208112_2256296.jpgf0208112_22562421.jpg


f0208112_239239.jpgf0208112_2391691.jpg
大涌谷名物 「黒タマゴ」
5個入り 500円

1個じゃ売ってくれません

儲かってるなぁ・・・

だってここに来る人の

99%が買って食べてたもん

ハイ・・99%の中のひとり^^

食べましたとも037.gif

1個食べたら10年長生きできるとか?!

私が3個食べました・・・042.gif

f0208112_23253350.jpg

    空を見上げてみた・・・昨日はまだ夏の雲だったのに・・今日はもう秋の空になっていた。 今年の夏も終わり。
    暑い夏は苦手だけれど・・夏が終る頃ってなんだか寂しげだなぁ

by satomi-kazu | 2009-09-03 23:40 | 魚菜宿 大鯛 | Trackback | Comments(20)
2009年 08月 31日

魚菜宿 大鯛  館内食事編


じゃらんネットでの、東海地方食事部門口コミランキング 堂々の第1位!!・・・にも拘わらず事前の宿情報が少なくて、心ならずも
ほんの少しの不安感を抱きながらの訪宿。 小高い丘を昇りきった場所に宿の全景が現れた時には正直言って、この大鯛から
目と鼻の先にある「竹林庵 みずの」にすればよかったかなぁ・・・と二人で頭をよぎった。 
だけど・・・人は見かけじゃぁないよ! と同様に宿も見かけじゃなかった!
f0208112_21475329.jpg

f0208112_21483934.jpg
上 宿全景 2階正面角部屋が今回泊まった部屋

大きな窓が見える3階の角が 大きい方のお風呂

1階は、15畳ほどの食事処


シンプルな宿玄関

私達夫婦には珍しく、3:00のチェックイン前に
到着してしまったが、暖簾の中からにこやかな
笑顔の女将さんが出迎えてくれて

「もう用意出来ていますから、どうぞ」 と。

f0208112_2243971.jpg

玄関を入ってすぐのスペース。

襖の部屋が 食事処です。

5室しかない宿なので、食事は皆こちらで
いただきます。

親しみ易くにこやかで、気取りの無い女将さんに、2階の部屋に案内されます。
階段も掃除が行き届いています。                                        本日の部屋2階角部屋 「するが」
f0208112_228040.jpgf0208112_22151420.jpgf0208112_22153797.jpg


f0208112_22225534.jpg
ちょっと変形の8畳弱の部屋。

広縁もソファも無し

そして洗面台も冷蔵庫もありません。

えーーっ!?冷蔵庫も無いんだぁ・・・

ちょっとビックリです。

f0208112_22233637.jpg
2階廊下の突き当たりに共同の洗面所がありました。

私達の部屋を出てすぐの場所だったので、さほど不便は

感じませんでしたが・・・

やはり・・小さくてもいいので冷蔵庫は欲しかったなぁ・・

ここで、改めて宿のパンフを見る。

当館は「民宿」でございますので旅館様と違い

サービス等至らぬ点が御座いますが御容赦

願います・・・と書かれていた。


f0208112_22365828.jpgじゃらんのお客様の声に「部屋もトイレもキレイで気持ち良かった」とのコメントがあり、
それに対しての宿の返信が「主人が綺麗好きで掃除担当の従業員も大変です^^」と
書かれてありました。その言葉通り・・・トイレはピッカピカ♪ テカッテます^^
               
                     下は共同の洗面台

f0208112_22371579.jpg


f0208112_22453797.jpg
お風呂は内風呂のみが2箇所 3階にあります。

男女交代制で左写真のように

男湯 女湯の札を立てて入ります。


f0208112_22503065.jpg
4~5人が入れる湯船です

お湯は透明で無臭

立ち寄り湯のお湯は茶褐色だったの

ですがこちらのお湯はそれはそれは

綺麗なお湯でした。

でも・・・やっぱり 「しょっぱい」

源泉掛け流し 60度の高温の為
加水有り。


f0208112_22505737.jpg
高台に建っている宿なので、3階の

内風呂からも 遠く初島が見えます

今回の網代温泉では、この初島を

何度となく見ることが出来ました

と、同時に「初島伝説?」成る逸話を

生まれて初めて旦那さんから聞きました

ふむふむ・・・初めて聞くお話しでした

なかなか面白い話しだったので後記にて・・


f0208112_22511139.jpg
5部屋しかない宿ですが、定員は20名

大きな方のお風呂でも、4、5人が入ったら

いっぱいです。

もう一つの方のお風呂もこれくらいの

大きさだったらなぁ~

本当に文句ないんだけどなぁ・・・残念っ


f0208112_2394126.jpgそして・・・もうひとつの内風呂です。「家族風呂」となっているのは貸し切りに出来る為ですが・・・
前記にも書きましたが2つのお風呂は男女交代制なので、大きい方のお風呂に男湯札が下がっていたら、女湯は必然的にこっちの小さい方になる訳なのですが・・・
こちらの小さい風呂に、他のお客さんと肌寄せ合って浸かるのはまず無理です。
狭すぎるのです。ほとんど家庭用の湯船と変わらない大きさなので、誰も入っていない時に貸し切りにして夫婦で入るしかありませんでした。 ん~~残念・・・ほんとに・・お風呂は残念だなぁ
f0208112_23112430.jpg

気を取り直して?待ちに待った夕食の時間です。 6時から食事処にて。 最初にセットされた状態。 伊勢海老は別注です。
大きさにもよるのですが@3000~と明記されてました。 お皿の色柄のせいもあるのでしょうが、盛り付けを含めてすごく目をひく
綺麗ないろどりでした。期待感が風船のように膨らみます^^
f0208112_23234589.jpg

お品書きはありませんでした、女将さんが各テーブルにて簡単に料理の説明をしてくれます。刺身の盛り合わせの中の甘エビ以外は
全て地物だそうです。少量ずつ6点盛り、どれも新鮮で旨い刺身でした。右は先付けの3点小鉢。左端のイカ団子がすごく美味しかった~

f0208112_23295987.jpgf0208112_23301927.jpg

手前左、アジの南蛮漬け。右は、にこごりの下にオクラと山芋、混ぜて食べます。写真右 鯛のカルッパチョ風サラダ冷製トマトソースかけ。
フレンチっぽいお料理が出てきてビックリです。味も抜群!魚を出しとけばいい!というようなお座なりな料理じゃありません・・・感動すら覚えます
一品一品本当に創意工夫されていて心がこもった逸品揃いでした。

f0208112_23312211.jpgf0208112_23322583.jpg

今回、別注で頼んだ伊勢海老のお造りと鮑のバター焼きです。味については説明することもないかと・・・^^

f0208112_2349962.jpgf0208112_23492370.jpg

前記で紹介した にこごりの下にオクラと山芋の料理なんですが、こうしてよく混ぜるとにこごりが溶けてなんとも言えない旨味が広がって
すごく美味しかったです。右は サザエのガーリックバター焼き・・・バターとガーリックの風味がたまらない逸品でした。旨かったぁ~^^

f0208112_2353591.jpgf0208112_23542587.jpg

最初にセットされていた物以外は全て熱々の出来立てを運んできてくれます。左、アジの塩焼き、身がたっぷりで肉厚な美味しいアジでした。
右は かさごのから揚げ。骨まで食べれますと言われたけど、やっぱり中骨は無理があるかなぁ^^ だけど揚げ具合いもバッチリで油の乗った
美味しいから揚げでしたよ。

f0208112_23583774.jpgf0208112_2358546.jpg

まだまだ続きます・・・鯛のかぶと煮 かなり大きくて二人でひとつ。美味しい煮汁で最後のご飯にかけて頂きました。
右は今回頼んだ日本酒・・・・こんなに美味しい魚料理なのに・・・なんで??日本酒オタクの旦那さんは静岡県の宿にある日本酒リストには
大いに不満があるようです^^; 次回は持ち込み料払っても、好きなお酒持って行く!!と鼻息荒かったですぞぞっ

f0208112_052021.jpgf0208112_053742.jpg

やっとご飯です^^ 見事な程に魚ずくしのお料理。ほとんど残すことなくキレイに頂きました。食べれるって幸せですね・・・美味しいものが
食べれなくなったら生きてる喜びも無い・・この価値観は二人とも同じなので、つくづく良かったなぁ~と思っています。  
右のデザート、みかんパイナップルは缶詰だったけど、寒天はみかん味の手作りでしたよ^^さっぱり美味しく締めくくりました。

f0208112_0134256.jpgf0208112_014151.jpg


夕食のラインナップを見て頂くと解ると思うのですが・・・そうなんです、「お肉」 がこれっぽっちも出て来ないのです。

まさに魚三昧の宿。 夕飯には肉料理がなくっちゃ!って人には不向きだと思われます。ウチは普段から頻繁に魚料理を

食べるというわけでもないので、こういう魚三昧は本当に嬉しく、楽しみでした。

美味しい魚料理だからこそ・・・美味しい日本酒と一緒に食したかったなぁ・・・これだけが心残り・・・

ということで、お腹もいっぱいになりました^^ 朝食はまたのちほど~

by satomi-kazu | 2009-08-31 00:53 | 魚菜宿 大鯛 | Trackback | Comments(20)
2009年 08月 29日

網代温泉  魚菜宿  大鯛


伊豆は網代温泉へ一泊二日の休暇に出掛けた・・・毎年8月のこの日・・・二人のアニバーサリー・・結婚記念日そして私達が
初めて出会った日でもある。今年もこうして元気に二人で過ごせることに感謝しながらの旅。
f0208112_0321146.jpg

あの日も、こんな空だった・・・汗だくになって待ち合わせの場所に急ぐ。真夏を恨めしくさえ感じたあの頃・・・
f0208112_0323936.jpg

熱海の手前 海岸線を走るとサーフィンをする若者が沢山・・・海なんてもう何十年入っていないんだろう・・
f0208112_0325641.jpg

f0208112_0341918.jpg


夏休みも終わりに近ずいているのに、車は結構つながって

ちょっとした渋滞も。  それにしても、この快晴・・・

ウチの旦那さんの晴れ男ぶりに改めて驚く。


f0208112_0354664.jpg


何度となく通っている伊豆の道路。

見慣れた風景も、今回はまた違った意味で

すごくウキウキ、ワクワクした気持ちだった。

5月の奥飛騨からちょっと空いた温泉。

二人共 子供のように

「あと1ヶ月・・・あと20日・・・」
「来週だね・・あさってだね・・」 って

いい歳して恥ずかしいけど^^;

ホントに指折り数えてた。


f0208112_0382342.jpg
貸切りに出来る立ち寄りの温泉を、事前に探しておいた。

国道沿いにある「あじろ食堂」 レストランも併設していたので
お昼もここで食べることに。

左下 私が頼んだ 「あじろ名物イカ丼」 @1400
右下 旦那さんが頼んだ 「4種盛り刺身定食」 @1500

私の丼は、まずまずのお味^^ 予めイカに味がついていて
柔らかく新鮮なイカだった。

刺身定食は・・・旦那さん曰く
「海鮮居酒屋で出てくるような刺身・・・おいしくない」 だそうで
殆ど箸をつけなかった・・ 難しいヤツだ!全く044.gif

だいたいさぁ、こういう派手派手な看板やメニューを前面に掲げてる
とこっていうのは、期待しちゃいけないのさ・・・(ボソッ) 観光客さんいらっしゃ~~い!・・なんだから044.gif


f0208112_039106.jpgf0208112_0393087.jpg



f0208112_0432145.jpg
早々に食事を済ませて

60分 @2500の貸切り露天風呂へ。

そんなに広くは無いけど、大浴場で

大勢の人と入る立ち寄り湯は避けたかったので

のんびりと60分 出たり入ったり♪

桧風呂 二人で湯船に浸かってちょうどいいくらいのお風呂です。 掛け流しでお湯も溢れていて気持ちよかった~♪
f0208112_0441477.jpg

国道沿いに建っているので、お風呂から身を乗り出すと・・・この景色。初島が見えました。お天気が良かったのでかなりくっきり鮮明に・・・
f0208112_0455377.jpg


網代の温泉・・初めて入りました。 結構濃い茶褐色です。匂いは無臭に近いのですが、驚いたのは、超がつくくらい 「しょっぱい」 
まるで海水を沸かしたような・・そんなお湯でした。
f0208112_0465730.jpg

陶器で出来た湯口も塩泉でこんな風になってました・・・温泉の成分って凄いんだなぁ フロントに居た従業員の人が「塩分が強いので
最後にシャワーを浴びてから出てください」って言ってたっけ・・普通 温泉に入ったらシャワーで洗い流したら意味が無いけど、これほどの
塩泉だからかぁ~ ホントにしょっぱかった005.gif
f0208112_048017.jpg


貸切りのお風呂を満喫して 本日の宿へ向かう。 初島をバックに国道を戻り小高い丘を昇っていく。 いいな~いやぁ・・景色がすごくいい!
f0208112_0495411.jpg

f0208112_0505247.jpg





国道から左に入り、しばらく走るとかなりの急勾配・・・

個人の別荘も何軒か建っている、緑の多い道を走る。

くねくね曲がった道を行くと・・・


 本日の宿 「魚菜宿 大鯛」 に到着しました。 ん~・・・なんだか普通のおうちみたいだなぁ? 失敗か?どうなんだぁ??  つづく・・・
f0208112_0522771.jpg


by satomi-kazu | 2009-08-29 02:15 | 魚菜宿 大鯛 | Trackback(1) | Comments(4)