ずっとそばに

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:四万温泉 渓声の宿 いずみや( 2 )


2017年 07月 02日

四万温泉 渓声の宿 いずみや 宿泊記②


f0208112_14594829.jpg

四万温泉の宿 いずみやさん

大浴場は有りません。
貸し切りで空いていれば内鍵しめて
いつでも入れるお風呂が2か所。

手前 泉の湯は内風呂
奥  渓声の湯は、半露天

どちらも趣が違って
なかなか雰囲気ありましたよ~



f0208112_1551035.jpg
奥の渓声の湯  2人用の湯船です。

このお風呂、開け放った窓からの
景色が最高ですね^^

新緑と渓流の音・・・
清々しい風が吹き抜けます。

って、湯船には浸からなかったんです(苦笑)
わぁーいいねぇ~ といいながら写真撮っただけ 

f0208112_15131167.jpg


f0208112_15162745.jpg

5部屋の内、
2部屋にはお風呂が付いていないので
貸し切り風呂には、カラン有ります。

清潔感に溢れたお風呂場で
気持ち良いですね。


窓が無く、真冬は寒くて~なんてクチコミを
見かけましたけど、どうかな?
もうひとつの内風呂は問題なく入れるので
真冬はそっちがいいかもね^^;

それにしてもキレイなお湯でした。


2つの貸し切り風呂はどちらも
違った雰囲気で楽しめるんじゃないでしょうかね^^



f0208112_15245818.jpg

もうひとつの貸し切り

内風呂 泉の湯

湯船が大きく、4、5人は大丈夫そうで
貸し切りに出来るのは贅沢ですね^^

ちょっと薄暗い感じのお風呂場で
雰囲気ありましたよ~



f0208112_15284761.jpg
熱湯好きのワタシだけど、さすがに60℃近い源泉掛け流しの
一番湯は熱くて入れません(苦笑)
kazuさんが、頑張って湯船をかき回し水を足してくれて
ジャバジャバ流れ落ちる湯船に浸かりました~


f0208112_15285965.jpg


f0208112_15404522.jpg

最後は、夕食と朝ごはん

簡単なお品書きがありました。
食事処では、ウチともう一組

若い女性のスタッフが、一生懸命説明しながら
一品ずつ運んでくれます。

一気に載せますが、量的には少な目です(個人的感想)
上州牛のコースもプランにはあるようで
それで料金も変わってきますが
宿HPに載っていたスタンダードプランでも
前菜はもっと色々あったのに・・・実際は??

え?前菜これだけ?(苦笑)が正直な感想でした。



                         ワラビのお浸しはひとくちの量 
                         ヨモギ饅頭と合わせて、先付(前菜)は、これだけでした。 
                         宿で手作りされてるコンニャクは薬味ネギを巻いて食べます。ヘルシーですな(苦笑)
                         ローストポークは、柔らかく適量 山菜グラタンは宿の名物料理のようです。

f0208112_15492286.jpg

                          山菜の天ぷらや岩魚塩焼きも出たんだけど・・・なんでしょうねぇ(苦笑)
                          最後まで、「これ!美味しいねぇ」と言えるようなメニューが無かったのが残念。 
                          デザートに関しては、ガッカリモード全開でした(笑)
                          みつまめに添えられてるような求肥??ちょっとこれはねぇ・・・
                          もっと高い部屋のデザートもこれだったのかな?(違うと信じたいですねぇ^^;)

f0208112_15575191.jpg

                         そして、朝ごはん  白米と温泉粥 どちらでも! 両方でもどうぞ!
                         と言われたので、当然?(笑)両方  山椒の佃煮と温泉粥がお腹にやさしく美味しかった♪ 
                         3点盛りのお皿に載ってる珍味的?なオカズが明らかに出来合いのもので、これも残念でした。
                         夕朝食・・食事内容に関して、2万越えの宿泊料金にしては・・ちょっとね(個人的感想)

f0208112_167858.jpg

                          お味噌汁の具の山菜や、小鉢の山菜胡麻味噌和えなど、美味しく食べれました。
                          鮭も焼き立てを出してくれました。 食後のコーヒーは別料金(苦笑)

f0208112_1616168.jpg
f0208112_16273880.jpg
四万温泉 渓声の宿 いずみやさん
宿泊してみての個人的感想

小宿(5室)で、部屋風呂も付いているので
料金的に、@2万円~2万5千円超え。
当日の私達のプランでの夕朝食は正直、少し物足りない感でした。
同じ四万温泉で、長静館の料理内容を比べてしまうと
(長静館は15000円台の宿泊料金)
う~ん・・・まぁ比べても意味ないんですけどね^^;

部屋風呂、貸し切り風呂に関しては大満足です。
チェックイン14:00 アウト12:00という滞在時間の長さも
ゆっくり出来て高評価

ウチ的に、もう少し料理が印象に残る内容だったら
すぐにでも再訪したいよねぇ~~なお宿でした。

ということで、いずみやさん宿泊記おしまいです^^




by satomi-kazu | 2017-07-02 16:47 | 四万温泉 渓声の宿 いずみや | Trackback | Comments(10)
2017年 06月 28日

四万温泉 渓声の宿 いずみや 宿泊記①

 
                   上州うどんと、麦豚わらじカツ丼  上里SAだったかな? 
                   なんか嫌味っぽくなりますが、何度も行ってると、どこのSAのご飯だったか忘れます(苦笑)
                   SAの写真もきちんと残しておけばいいんだろうけど、最近は加齢と共にいろんなことが飛びやすくなり(笑)
                   ブログへのアップもかなり遅れ遅れになってしまい・・・今回アップの四万温泉宿泊は、6月上旬 
                   我が家的に新規のお宿でした。 何か参考にでもなれば。

f0208112_11131756.jpg

                        当日は、あまりに天気が良かったので四万温泉の奥にある「四万川ダム」へ  
                             人には教えたくないダム!なんて書いてありました^^;
  
f0208112_1123131.jpg
f0208112_11273465.jpg
f0208112_11324158.jpg

                              四万ブルー  
                           周辺のパンフレットにはそんな表現で紹介されていました。 
                             まさしく! 爽快な景観でした。 お天気が良ければ是非♪

f0208112_11363353.jpg
f0208112_11401083.jpg
f0208112_11411650.jpg

四万温泉での今回の宿は

「渓声の宿 いずみや」さん

全5室 内3室が露天風呂付き客室
各客室によって(広さやお風呂の形態が違う)
料金が異なります。

お風呂付きの部屋で一番リーズナブルな部屋を
ウチは選択(笑)
宿を探して選んだのは、いつものようにkazuさんですが
料金の差で部屋を選んだのは、ワタシ^^;

@21600(税込)



f0208112_1150354.jpg

なかなか・・なかなか良かったです♪
宿泊料金を考えると、かなりお得感あると思う。

特筆すべきは、滞在時間の長さ
チェックイン14:00 アウト12:00

ものすごーくのんびり、ゆったりと
宿泊ライフを楽しめました。


ただ・・お宿もHPなどで明記してますが
3階建て、しかも内風呂(貸し切り)は
地下1階になる構造なので、階段の昇り降りが
加齢に加速がかかってるワタシには、ちとキツカッタ(笑)

いや、若い方や健脚の方は問題ないとは思いますよ(^^)v


f0208112_11582929.jpg
f0208112_11584586.jpg

四万川沿いに建っている、お宿
川沿いには足ゆ場もあって、橋を渡って行けます。

裏っ側から、宿の建物を見てみました~

青い〇が宿泊した部屋(3階)
緑の〇がロビーと食事処(1階)
赤の〇が2つの貸切風呂(地下1階)

こんな感じでした。

長静館も、同じように川沿いに建っているので
部屋からお風呂への動線は、けっこうキツイなぁって
感じてました。

いずみやさんでは、風呂付きの部屋を選択したので
中高年の域としては、この形態が良いかなと。



f0208112_12183248.jpg
宿のすぐ傍の小さな小道を降りて行くと
橋が架かっていて
渡ったところに、足湯があります。
宿泊した部屋からもよく見えました。


f0208112_12135073.jpg


                          滞在中は、川が流れる音が常に耳に入ってきますが、それも心地よく
                          新緑の景色と相まって、部屋のお風呂からそんな景色を眺めて癒されました。

f0208112_12195914.jpg
f0208112_1221419.jpg

f0208112_122914100.jpg
玄関と帳場

宿が建っている方角のせいなのか薄暗かったです^^;
もう少し、照明を上げても?って感想(苦笑)


f0208112_12292652.jpg

                  
                      玄関側からみたラウンジ ここでチェックインの記帳をしました。
                    大きなテーブルが3つ、食事処もここになります。(露天風呂付きの部屋の内、2つは部屋食だったと思う)
                    一般客室と、ウチが泊まった露天付きの部屋のお客さんがこの場所で食事のようです。

f0208112_12334910.jpg

                      宿のパブリックスペースは、此処だけですが、わざわざ部屋から出てこの場所で寛ぐ・・
                           という感じでは無いですね(個人的感想)
                      ちょっと驚いたのが、日本酒や焼酎、ワインまで、かなりお酒の種類が豊富でした。

f0208112_12421092.jpg

                                 ラウンジのベランダからも四万川
f0208112_1248533.jpg
f0208112_12504335.jpg

では、3階の部屋の紹介

「水天」という名前が付いています。

この階には、もう一部屋露天付きの部屋が
有りました。

扉が割と重厚な感じで
入口踏込も広かったです。



                   部屋は正直、あまり広いとは言えません(和室換算で8畳くらいなのかな?)
                   あと2つの露天付きの部屋は、もっと広いと思います。
                   畳敷きに板張り、その上にマットレスという形状です(ただマットレスや寝具は快適でした)

f0208112_1301922.jpg

                 広縁は無く、2人掛けのソファ(実際1人用サイズ)、テレビも小さかったかな。 
                 ハード面で難しかったのかもしれませんが、洗面台が露天風呂スペース内に有り、これはかなり使い勝手が悪かったです。
                 真冬は激寒の中、顔洗ったり歯を磨かないといけないのでキツイかも(個人的感想)
                 度々ですが、他の露天付き2部屋に関してはどういう造りなのか解りません。

f0208112_1383462.jpg
f0208112_13171718.jpg
露天付きの部屋には、男女別にアメニティのセット

滞在時間も長かったのであれやこれやと
色々目についてはしまうのですが
(なかなか素直に感動する!ってことが出来ない
やっかいなオバサンになってます^^;)

こういったアメニティは女性心をくすぐるんじゃないでしょうか。

使い勝手がイマイチな、陶器製の小さな洗面ボールも
人によっては、「わぁー素敵~♪」って感じるでしょうし
2人で腰かけたら、密着度ハンパないソファも
ラブラブ若いカップルだったら、大喜びでしょう。

ってことで、感じることは千差万別・・・
ホント人それぞれってことで。
万人を満足させることは、不可能ですからね。



                       そして、部屋に付いている露天風呂  
                    いや~このお風呂が快適♪快適♪ 窓を開け放つと新緑の風が通り抜け・・
                     なんとも言えない至福の入浴タイムを過ごせました。

f0208112_13483283.jpg
f0208112_13504266.jpg
お風呂のサイズは、大人2人だと、ちょっとキツイ感じかなぁ
でも入れなくは無いです。
もう、ウチはそれぞれが勝手に思いついた時に
チャッポーンと浸かって満喫しました^^

加水加温無し、塩素系薬剤使用無し
循環ろ過無しの温泉表示 嬉しくなりますね~
完全な源泉掛け流し♪ 
あっちっちのお湯が好きなワタシには、四万の源泉は
超~好みです^^


f0208112_13513721.jpg


                       何度も何度も入ったので、バスタオルの替えが欲しかったかな(苦笑) 
                         滞在してるとホントいろんな事に気付かされちゃうんですよね(完全な小姑状態^^;)

f0208112_1404868.jpg

                       あ~でも、写真を見返してみて、改めて良い~お湯だったなぁ~と・・・
                        少し熱めの源泉ですが、肌にまとわりつくような感触と上がった後のサラサラ感。 
                        四万温泉のお湯大好きです♪ 続きは、食事と2つの貸切風呂の紹介です!


by satomi-kazu | 2017-06-28 14:10 | 四万温泉 渓声の宿 いずみや | Trackback | Comments(17)