ずっとそばに

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:来里の時 囲炉裏の御宿 花敷の湯( 2 )


2017年 09月 16日

囲炉裏の御宿 花敷の湯 宿泊記②


f0208112_1311611.jpg

花敷の湯

男女別の内湯が2か所
(チェックインから翌朝10時まで)
2か所の貸し切り湯 
(チェックインから夜11時30、翌朝6時から10時まで)

全5室のお宿で、1部屋には温泉の半露天が付いているので
お風呂、混むことはありませんでした。

貸し切り風呂は、手前に石の湯 奥に岩の湯

奥の岩の湯は、今回の改装で一番変化したお風呂だそう・・・



f0208112_13163766.jpg
手前の石の湯

どこかのクチコミで、「小さいから見ただけ」との
感想が書いてあったような・・
ウチ的には、ふたりで丁度いい大きさで
湯船に浸かって見上げると緑
気持ち良いお風呂でした。

源泉の温度はさほど高くなく46℃~47℃位なのかな?
体感は41℃ってとこでしょうかね。
草津と四万の真ん中辺りに位置してる温泉地なので
お湯の温度もアッチッチを想像してましたけど
ちょっと拍子抜け(苦笑)


f0208112_13172946.jpg


f0208112_1326151.jpg
100%源泉掛け流し
床底からお湯が噴出してくる浴槽です。
常に、お湯が流れ出て行く・・・
はぁ勿体ない(苦笑)我が家のお風呂に持って帰れたら・・・
掛け流しの温泉に入ると、無理なことを毎回考えます^^;


f0208112_1333917.jpg


f0208112_1335171.jpg

こちらが改装後の変化が一番大きいという
貸し切り風呂 岩の湯

う~ん・・・・
個人的には、全くそそられなかった湯船です。
石の湯の2倍の大きさで、4、5人は浸かれそうな
感じなんだけど、なんせ暗くて(北向きなのかな?)
天窓のような小窓から光は差し込んではいるものの
閉塞感は否めずで・・・

写真は、まだ夕食前の明るい時のものだけど
夜、入りに来たときは、ちょっと離れた場所に有るので
真っ暗でかなり怖かった^^;



f0208112_13423097.jpg

ちなみに、貸し切り湯2か所には
カランが無く、シャンプー類も置いていません。
湯船に浸かるのみのお風呂です。

デッキチェアー・・置いてあったけど
う~ん・・・寛ぐって雰囲気では無かったです。
(個人的感想)



f0208112_13462328.jpg

男女別の内湯

時間で交代はありません。
左右対称のお風呂場で
湯船の枠が木材か、石の違いでした。



f0208112_1351381.jpg
女湯

滞在中 2回利用しましたが
誰とも会わず、独占湯^^
中庭風の場所にデッキチェアー
(このお宿、デッキチェアーが至る所に^^;)
内湯に浸かって、この椅子に横たわっていると
秋の風が通り抜けて、気持ち良いったらありません。
「ふ~~シアワセだぁ♪ 極楽極楽♪」
自然とそんな言葉が出てきます。


f0208112_13511996.jpg


f0208112_1358949.jpg
                              

                                男湯

                                ほぼ同じ造り
                                貸し切り風呂と同じく
                                源泉は床下から噴出するタイプ




f0208112_13582535.jpg


f0208112_14124996.jpg
内湯を出た所に、湯上り処 冷水があったり
冷蔵庫には、アイスキャンディーもサービスで。


f0208112_1413136.jpgf0208112_14131440.jpg


f0208112_14213450.jpg


なんにもない山里

上げ膳据え膳の贅沢

源泉掛け流しの温泉に浸かる至福



f0208112_142392.jpg

最後は食事のようす

夕食は、6時と6時半どちらか選択できました。
宿からワンボックスカーで食事処がある別棟へ

車で2、3分離れた場所に大きな民家?のような
別棟があって夕食はそこで
(朝食は、宿1階にある食事処)



f0208112_14361039.jpg

とても広い会場(っていうのかな?座敷?)で
周囲何メートルあるんだろう?って位の巨木が
何本も使われていて、普通の食事処とは全く違ってます。

なんとなくワクワクするような、そんな雰囲気
(ワタシだけかな?^^;)

BGMが流れていました。
お洒落な洋楽?だったような記憶です。
ものすごく広い空間なのでBGMは
合って良かったなと感じました。



f0208112_1444543.jpg

                           メニューと、下の写真は、料理に使われている食材の説明
f0208112_14441880.jpg

                           たくさんの野菜が使われてるのが解ります。
f0208112_14443117.jpg

                              一気に載せます。 
                         最初の前菜盛り合わせ キレイな盛り付けで味付けもすごく良かった。 
                         ワタシが特に気に入ったのが、「茗荷のべっこう飴山椒風味」「枝豆の甘辛炒め」
                         なかなか他では食べれない料理だなと思いました。

f0208112_14483087.jpg

                         前後しましたが、最初に冷たい梨のスープ 前菜盛り合わせの後に右上のお造り
                         (いろんな野菜とジュレを混ぜて食べるお造り・変わってますねぇ)
                          囲炉裏で焼かれた鮎 椀物は枝豆のすり流し 
                          へぇ~なんかスゴイ!食べたことない!ってものばかり^^

f0208112_1454896.jpg
f0208112_14595577.jpg

                       豆乳と味噌のグラタン 囲炉裏で焼く上州牛と豚、地場野菜 
                       上州牛の分厚さと柔らかさがハンパなく^^豚いらないじゃん(苦笑)って思った。
                          硬くてこっちはイマイチ

f0208112_1512370.jpg

                       箸休めの甘味は冷たいシャーベット 変りご飯はお茶漬け 
                       温泉宿で食べる最後のご飯は白米よりも釜飯やお茶漬けが好き♪ 
                       前菜からちょこちょこと色んな物を食べてかなりお腹膨れていましたが、
                       サラサラっと入っちゃうお茶漬けはいいですね^^ 地味だけどデザートのババロアが
                       何気にとっても美味しかった!手作りかな?もっと食べたかったくらい^^
                       あと、珈琲が濃くて美味しかったぁ~ 
                       「花敷沢川の源流水を使っています」と有りました。水がいいのですね^^

f0208112_1555212.jpg

f0208112_15142925.jpg

満腹で宿に戻ると、部屋の冷蔵庫に
ヨーグルトが入っていました。
猿ヶ京の宿でも、朝、飲むヨーグルトが部屋の前に
置かれていましたが、こういうサービスは嬉しいものです。
ちょっとしたことだけど、旅人の心をくすぐりますね^^

夕食の感想は、食べたことの無いような食材と
調理法 味付けも濃くなく、かと言って薄くも無く
絶妙の塩梅で、美味しく食べれました。

「里山の田舎料理」と、括ってしまうのではなく
逆にお洒落で、料理人さんのセンスが光る料理だったなぁと

ごちそうさまでした♪



                          朝ごはんは、8時から9時の間に1階の食事処に自由に行けるシステムです。 
                          ウチは8時15分頃向かいましたが、まだ他のお客さんは来てませんでした。 
                          充分な広さの食事処 「夕食も此処でいいじゃんね^^;」と私が言うと
                          「あそこで食べるのがこの宿の売りなの!」とkazuさん(笑)
                          ずっーーと泊まりたかった宿だもんねぇ~^^;

f0208112_15224317.jpg

                         ちょこちょこと白米のお供 オカラとか、舞茸を煮た物とか・・・美味しい
f0208112_15281043.jpg

                         夜は、鮎の塩焼きでしたが、なんと朝は岩魚の唐揚げが出ました!
                         これ、アツアツで美味しかったなぁ~ 塩焼きも悪く無いけど、唐揚げ!!旨いっ! 
                         たっぷりの量の珈琲、朝はポットで出してくれます^^嬉しいですねぇこういうの。

f0208112_1528289.jpg
f0208112_2063840.jpg
花敷の湯

kazuさんがずっと前から気にして
泊まりたいと言っていたお宿

ワタシの中での率直な感想は
夕食が特に良かったなぁと。
THE旅館料理でも無く、かといって
山奥の田舎料理一辺倒でも無く
いろんな食材に工夫を凝らしてあって
地味?なんだけど滋味あふれるみたいな^^

群馬の山里で、赤身のマグロ刺身なんか
出ないとこが、これまた良かった!

もうすこーし、宿泊料金がね(苦笑)



f0208112_2014687.jpg

広いテラス然り・・
使い道の無い余分な洋室など
こんなに広くなくてもいいんじゃない?(苦笑)
って、そんな素直な感想も持ちました。

次回・・があるとすれば、間違いなく一番狭い部屋を
選択しますね(それでも、8畳和室+6畳ベッドルーム)


帰路の車中、それとなくkazuさんに
感想を聞きました(笑)
あんなに行きたがってたから~
どうだったのよ?感想は!と^^
なんかハッキリ言わない。 
微妙だったのかな(アハハハ)



f0208112_20295223.jpg

                  源泉掛け流しの温泉に浸かり、食事の準備も後片付けも何もしなくていい、この贅沢 
                  日々の喧騒や自分の中で蓄積されたストレスから解放された時間 のんびりゆっくり出来ました。 おしまい。


by satomi-kazu | 2017-09-16 20:38 | 来里の時 囲炉裏の御宿 花敷の湯 | Trackback | Comments(14)
2017年 09月 12日

囲炉裏の御宿 花敷の湯 宿泊記①

                         
                        ワタシの好きな秋の花 
                       コスモスが咲いているのを、道中アチコチで見かけました。 もうすっかり秋の気配

f0208112_13552978.jpg
f0208112_13591297.jpg

草津温泉の少し上の方にある温泉地

花敷温泉に向かいます、快晴。
長野原草津口駅を左折し
そこからは山道をひたすら。
この道は初めて走る道。

河原沿いの大きな露天風呂が有名な
尻焼き温泉もすぐ近くなので
寄ってみようかな?とも思いましたが
宿のチェックインが2時で早かったので
そのまま宿入りすることに。



f0208112_148734.jpg

                         六合と書いて「クニ」と読むそうです。 ちょっと残念な道の駅(苦笑) 
f0208112_148415.jpg

f0208112_14123290.jpg

今回のお宿 花敷の湯

何故だか?(苦笑)kazuさんがかなり前から
行ってみたい、泊まりたい!と言っていた。

かれこれ、9年以上ストックしてあった宿
(ワタシじゃなくてkazuさんが^^;)


f0208112_14254538.jpg


f0208112_1431330.jpg

全5室の小さなお宿です。

敷地は結構広いのかな?
夕食は、車で送迎され宿から少し離れた別棟に
食べに行くという少し変わったシステム
(チェックインした時に、変わってまして・・と説明受けました)

長い期間、kazuさんが気になっていた割に
ワタシは正直全くそそられませんでした(笑)

部屋に温泉風呂が付いていない割に宿泊料金が高めだし
(1室は露天風呂付き客室あり、@27500税込)
一番安価な部屋でも@18000税込
ちなみに、ウチが泊まった部屋は@21500(税込)風呂無し
平日での料金なので休前日はもっと上がります。



f0208112_14463311.jpg

個人的に、部屋にお風呂が付いていないのに
@20000越えは、ワタシの中で選択肢になかったので
今回まで縁が無かったという感じかなぁ

泊まってみて・・・
写真と共に感想書きながらアップしますが
全国区の「草津温泉」がすぐ隣にある山里の一軒家

この宿でしか味わえない、雰囲気、味、風情・・・
そういうものを大切にして、貫き通しているって印象を
ワタシは受けました。

敷地の広さや、部屋の間取り(広すぎる感が・・・)
もっと部屋数を増やして、集客を増やした方がいいのでは?
なんて感想も正直持ちましたけどね^^;



f0208112_14584988.jpg

車を停めると、女性スタッフが出迎えてくれます。
アプローチを抜けた先に、玄関、ロビー

今回・・ワタシが日常生活で(仕事や通勤)
自分でも感じたことの無いくらいのストレスを
感じていたので、この何もない山里の一軒家という
シュチュエーションがとっても有難く、
まるで極楽のような時間だったなと。

誰もいない内湯のウッドデッキで
湯上りに涼みながら、「はぁ~極楽だ・・」
と、何度つぶやいたことか。



f0208112_15142659.jpg
部屋は2階と3階に。 階段移動です。 
2階の踊り場のような場所には、ソファや本棚が置かれて有り
ポットやインスタントコーヒーなども用意されていました。


f0208112_15143875.jpg


                          煙処と書かれた小部屋も2階にありました。 部屋は禁煙です。
f0208112_1515966.jpg

                        宿全体は、どちらかというと薄暗い雰囲気 
                       使われている木材も白木じゃないのでそう感じるのかも。床も階段もピカピカ黒光りしています。

f0208112_15191917.jpg

f0208112_15221446.jpg

2階客室  花の参番


蔵屋敷で使われているような
重くて重厚な部屋の扉

最初のビックリ(笑)



f0208112_15275799.jpg
部屋に入って2度目のビックリ

広い! 広すぎじゃん?(苦笑)
8畳ベットルームに8,5畳和室 ウッドデッキ付きと
有りましたが、もう1部屋テーブルと椅子のセットが
置かれた洋間まで有りました。

和室側から見たところ
左が部屋入口
奥にベットルーム
右に洗面

布団を敷けば、5,6人は充分に泊まれる部屋

2人でこんなに広い部屋に泊まるのは
もしかして初めて?かも。

何処にいればいいのか、とか
荷物の置き場所に困ったり、とか(笑)

狭いマンションに慣れているので
こういう空間は逆になんか落ち着かない^^;
貧乏性だなぁ



                                     和室
f0208112_1538451.jpg

                                     ベッドルーム
f0208112_1540674.jpg

                                     6畳程度の洋間
f0208112_15411836.jpg

                              広いウッドデッキ  此処に露天風呂あったらねぇ・・・
f0208112_15434482.jpg
f0208112_15494442.jpg

とにかく勿体ないような広さ
部屋の大きさも宿泊料金に反映されるんでしょうから
これだけ広いとね・・・2万越えは仕方ないのかも。

でも、ウチは(というかワタシ)部屋の広さは
全く気にしない人なので(なんてったってペンション好き^^;)
料理内容に変わりがないなら、もっと狭い部屋で充分

他4室の間取りも、全部異なるようなので
それぞれ料金も変わってきます。

あっ! 
座椅子、座布団はズルズルしない良質なものでした^^
それと、テレビも冷蔵庫も2台づつ、和室とベッドルームに
設置されてました。



f0208112_15591276.jpg

部屋まで案内してくれた女性スタッフが
用意してくれた、お抹茶と花豆煮

このひと粒の花豆がっ!

なにこれ? うまっ!!
絶妙の煮方と、甘さ・・・感動

宿のお迎え菓子のナンバーワンは
(まぁナンバーワンというより、比べようがないとも言う)
伊豆高原の彼女が作る手作りスウィーツですけどね
たったひと粒のこの花豆煮を、ワタシの中の
ナンバー2といたします(笑)

いやーーホントに美味しかったわ♪


ということで、貸し切り風呂や男女別内湯
それと、別棟での夕食の様子などは
また次回に


by satomi-kazu | 2017-09-12 16:10 | 来里の時 囲炉裏の御宿 花敷の湯 | Trackback | Comments(14)