ずっとそばに

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:河津 料理宿 さこ田( 1 )


2009年 06月 13日

記憶に残る旅

    ここ数年で、随分と色々な処へ連れて行ってもらった。
    カラスの行水だった私が温泉に宿泊する一晩で何度もお風呂に浸かるようになるなんて・・・
    そのカラスの行水の頃にも何度か旅行には行った。
    仕事の関係もあって殆どが一泊の近場だったけど、その頃の旅行写真って可笑しいくらい人物中心。
    ・・・いや、旅した時の写真ってそれが普通ですけどね。 
    今は、こうしてブログに載せるって目的もあって建物や風景、お風呂、食事内容・・・これでもかっ!      
    ってくらいカメラ構えて、もの凄い格好して・・こんな客・・宿からしたらエライ迷惑だろうなぁなどと思う・・    
    と、言いつつ心の中じゃ「記念!記念~!」
    まさしくオバサンパワー全開。ということで以前訪れた温泉の写真・・・淋しいもんです。
    人物が写っていないのはほんの数枚。
    ボカしてアップしようにも、ぼかしようの無いくらいバカでかくVサインポーズ、でハイ!チーズ状態。
    笑える・・・
    
    でも、やっぱり記念なので、忘れないように淋しい写真だけでもアップしとこうかと・・・

f0208112_1822432.jpg


2007の5月に行った河津 

中伊豆を抜けて 「浄蓮の滝」へ


たった2年前なのに・・・

もの凄く遠い昔のような気がする。

この2年間で大病したり・・・
いろいろあったから?

今日までの人生で一番一生懸命に生きた
2年間だったかもしれない・・・


f0208112_18241786.jpg

わさび畑がすぐ側に広がって
平日でも結構な人がいたっけ・・・


f0208112_18361792.jpg

で、Vサインとまではいかなかったが

熟年のご夫婦の写真を撮ってあげたら

「ご一緒に撮りましょうか?」と言われて

お願いした写真。

2年前だけど・・・
なんだか、あたしったら若いじゃん

と言ってみる・・・

誰も言ってくれないからね・・


f0208112_18424114.jpg

泊まった宿 河津にある

料理の宿 「さこ田」

2階の部屋から見た風景

新緑の頃でやっぱり緑が

綺麗だった


f0208112_18462622.jpg
貸切り露天風呂

最初にも書いたけど昔からお風呂はカラスの行水なわたし。
旅館に泊まってもお風呂に対しての期待感なんて無いに
等しかった。

入れればいい・・・それくらいの感じだった。

だから、貸切り風呂に入ったのは、たぶん記憶にある中では
此処の風呂が生まれて初めての経験だったように思う。

小さかった・・・二人でめいっぱいな広さ。ふ~ん・・貸切り風呂ってこんなもん?


f0208112_18555163.jpg

部屋のベランダの奥に付いてた露天風呂

どちらかと言えば木のお風呂が好きだったけど
写真の撮り方が雑ですよね~
(なんかどーでもいいって感じ^^;
しかもこれ一枚しか無いし・・

でもこのお風呂・・・なかなか良かった。
今でも凄く印象に残ってる露天風呂のひとつ。

星空が・・・ハンパじゃなかったのです。

まるで降ってくるような満天の星をこの湯船に
浸かりながら鑑賞出来た印象深いお風呂。

ふ~ん・・・温泉っていいじゃん、お風呂っていいじゃん
他の人の視線を気にせず入れる部屋付きのお風呂や
露天風呂っていいな・・・

40過ぎて遅ればせながら、温泉っていうものに
目覚めた思い出深いお風呂

良かった・・一枚だけだけど残ってて・・


f0208112_1914736.jpg

宿の食事

料理宿って名称なので?かどうかは
定かじゃないけどご主人が部屋まで来て 
生きてる伊勢海老をさばいて刺身にする様子をパホーマンス的に見せる事を売りにしているようです。

私達も例に洩れずその包丁裁きを見させて頂きましたが・・
写真は撮り忘れ・・まっそんなもんでしょう。

最初っから船盛りの中に入れてきてくれてもよかったと思われ・・


f0208112_19221772.jpg

金目鯛の刺身がドーーンと乗っかった船盛り
焼き魚 茹でカニ 伊勢海老の甲羅焼き・・・
牛肉ステーキ・・・天ぷら(やっぱり出す?)

色々盛りだくさんの・・・頑張ってる系のお料理の数々


f0208112_19315396.jpg

二人では食べきれないくらいの量でした。
あれもこれも・・・っていうのもどうかなぁと思う。

一品でも「これはっ!」と唸ってしまうような料理があると
その宿に対する印象もだいぶ違ってくるのに・・
何から何まで・・どこでも食べれる物・・
意地悪な書き方しちゃいましたが。


この宿は家族経営のようでした。HPの完成度を見ると、きっと業者に頼んで作ってもらったものでしょう。伊勢海老をさばきにきた御主人やチェックアウト時のおばあちゃん・・・料理を運んで来た仲居さんのような?親戚のおばさんのような?方々から想像するにあのHPは無理があるかなぁ・・と。決して居心地が悪いわけじゃないんですよ。部屋付きのあのお風呂も良かったし、部屋は意味なく広かったけど^^;でもあのお風呂から眺めた星空は今でもしっかりと旅の思い出として残っています。

by satomi-kazu | 2009-06-13 19:49 | 河津 料理宿 さこ田 | Trackback | Comments(4)