ずっとそばに

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:新潟 友家ホテル( 3 )


2010年 05月 27日

新潟県 大湯温泉 友家ホテル②

「友達がたくさん集まる家」 そんな想いを込めて宿名を 「友家ホテル」としたそうです(若女将さん談) 
プラスご苗字に「友」の一字が付くそうです

友家ホテル 全て貸し切りで入れた他のお風呂のご紹介(通常の貸し切り風呂は、2つだけです)

f0208112_19414143.jpg
別館の1階にある庭園風呂

かなりの大きさです、湯船は10人以上は浸かれるかなぁ・・・

洗い場の広いこと・・・広いこと・・・無駄な空間のような気がしますが
改造したりするには相当な費用がかかってしまうんでしょうね 

いつもだったらお風呂の湯気で
写真が上手く撮れないのですが
友家のお風呂は、湯気がほとんど立っていないので、こうして鮮明に
お風呂の写真が撮れてしまいます・・・
いいんだか?悪いんだか?028.gif

勿体無いくらいの広さです・・・だけど・・・素直に「入りたいぃ~~」って気持ちにならなくて結局このお風呂には一度も入りませんでした
残念だけど魅力を感じるお風呂では無かったです、お湯が熱かったらまた違ってたけどね^^;

f0208112_19491427.jpgf0208112_19493790.jpg


f0208112_1954179.jpg
庭園風呂の扉の向こうには・・・

川沿いに新設された露天風呂があります、川を間近に眺めながらのんびりと浸かれる湯船です

2、3人ってとこかな?・・・

貸し切りだったので問題無かったけど、そうでないと他のお客さんと一緒に浸かるには、ちょっぴり抵抗があると思います

最後のお風呂紹介は、普段から貸し切り設定のお風呂です、脱衣所の棚というんでしょうか・・そういう物のひとつひとつが、なかなかお洒落です

f0208112_19585932.jpgf0208112_19591812.jpg


f0208112_204599.jpg
この貸し切り風呂は、温泉では
無く地下水を沸かしたお湯です 

明るく清潔なお風呂で、此処も川沿いで眺めも良かったです

お風呂に関して素直な気持ちを少し・・・
私 熱いお湯が好きと何度も書いていますが、当然ぬるいお湯が好きな方も沢山いると思います・・・

だけどじゃらん等のクチコミであれだけお湯の温度に対して苦情までとはいかないけど「せめて内湯は加温して欲しい」という声を数多く見かけるのです・・・


f0208112_2064266.jpg
宿の方はクチコミなどを余り熱心にご覧になっていない様子・・(旦那さんが、そういうのは苦手で・・とおっしゃっていました) 
でも、どうなんでしょう?

お客さんの要望は要望として全てのお風呂がぬるいままのお湯じゃなくて、貸し切りの沸かし湯のお風呂だけでも温度を上げるとか・・・

宿側のそういう配慮が欲しかったなと・・・

お風呂に関しては強く感じました


f0208112_20174936.jpg


遊び心のある宿でした

昔懐かしい卓球台・・・

旦那とガチンコ勝負しましたよ003.gif


f0208112_20193551.jpgf0208112_20195736.jpg


f0208112_2021329.jpg


大きな窓を開け放ちお風呂上りに此処で一休み・・・

川の音を聞きながら横になって寛いでいたら二人してうたた寝してしまいました^^; 


気持ちいい場所でした(^^)v


お待ちかねもお待ちかね037.gif 夕食一気にご紹介 プラスひとり2100円のグレードアッププランに迷わず^^決定♪
f0208112_20285089.jpg

アケビを湯がいた物、うずらの卵をくずして食べます シンプルだけど味わい深かった
f0208112_2029828.jpg

スモークサーモンとサラダ 手作りだそうです 「簡単なんですよ~」って若奥さんが配膳しながら教えてくれました
f0208112_2034372.jpg

舞茸の鍋 鍋と言っても出し汁はあまり無くて微妙な?感じ・・・美味しかったけど・・・何かもうひとつ物足りなさが・・・否めなかったなぁ
f0208112_20373825.jpg

新潟の宿だったので、日本酒のラインナップは期待していったのですが・・・残念な結果に(泣) ビールの後の日本酒、旦那は一合だけ・・・
私も好みの日本酒が無く梅酒ロックで・・・(もっと日本酒置いといて欲しかった~~!!!これ本音中の本音)
f0208112_2041533.jpg

3種類のお造り 甘エビ つぶ貝 あま鯛  もうちょっと欲しかったかなぁ~という量でした、まっそのくらいが丁度いいのかな?
f0208112_20435533.jpg

うにをお餅で巻いた料理です、「餅が固くなるので早くお召し上がりください・・」 急いで食べないと・・・ハイ!固くなりました046.gif 
食べたことの無い組み合わせの料理・・・珍しく・・・美味しく・・・そして固く(爆)003.gif
f0208112_20485913.jpg

筍コロッケ たらの芽フライ等・・・・これ、絶対に天ぷらの方がいいと思うんだよねぇ~ 色々創意工夫して作ってくれているんだろうけど・・・
たらの芽やうどの芽はフライじゃなくて素直に天ぷらでは無いかと・・・ボソっ
f0208112_20525118.jpg

熱々で運ばれてきた岩魚の塩焼き なんだかホッとするお味^^
f0208112_20544147.jpg

蕨のお浸し・・・ほんのひとくち・・・物足りないなぁ・・・私達には
f0208112_2056631.jpg

グレードアップ分(2100円)のお肉です、柔らかく・・・美味しく・・・・・・だけど、このお肉無かったら絶対に足りない!!
全体的に少量&あっさり系の料理だったので、このお肉が付いて普通の夕食って感じだったんだけど・・・
敢えてグレードアッププランにしないとお肉が出てこない!っていうのは・・・どうなんだろ?
f0208112_2113476.jpg

文句なしのご飯(^^)v つやつやです!
f0208112_2121575.jpg

ミントシャーベット これも手作り   夕食はこれで終了ですが、確かにお腹に優しい上品な味付けで、作り手の創意工夫も沢山感じられた
ラインナップでした、美味しかったしお肉も出たので全体的には満足♪ な夕食でしたが、グレードアップにしなかったら、品数も質も(肉が無い)
個人的には不満が残っただろうなぁと感じました、まっなんせ食い意地張ってる夫婦なので 「お腹いっぱいだね~~」くらいの量じゃないと・・・(爆)


f0208112_21102686.jpg

夜の露天風呂

北斗七星がキレイに輝いていました

夜空を見上げながら、川音も耳に優しく・・・

貸し切りだからこその至福の時間でした


f0208112_2115941.jpg
朝食です


f0208112_21161077.jpgf0208112_21162639.jpg


f0208112_21171590.jpg
レトロな雰囲気の本館廊下にも、こんな照明が・・・前にも書いたけど
ガンバってるなぁと素直に感じられたそんな宿でした 

別館平日料金@12600プラス料理グレードアップ2100円 
@15000以内で泊まれる宿としてはCPは良かったと思います


ただ今回は全部のお風呂が貸し切りに出来たという幸運もあり
更にグレードアップでお肉料理が出たという点を差し引いて考えると・・・・・ 

まぁ人それぞれですからね、感じ方は・・・私達はかなり前からこの友家ホテルに泊まりたい!と思っていたので、今回はその想いを果たせた・・・
という満足感ですかね


f0208112_21173438.jpg


f0208112_21283790.jpg
帰り 道の駅で 魚沼産こしひかりを購入

おコメの美味しさにはやっぱり大感激♪


f0208112_2129127.jpg


f0208112_21294816.jpg
山つつじがキレイに咲いていた


f0208112_21301912.jpg
榛名山


f0208112_2130547.jpg

お天気に恵まれた新潟の旅も終わりです・・・最後は大好きな水沢うどんで〆ます037.gif 田丸屋さんもいいけど、清水屋さんも旨かったなぁ♪

by satomi-kazu | 2010-05-27 21:40 | 新潟 友家ホテル | Trackback | Comments(40)
2010年 05月 22日

新潟県 大湯温泉 友家ホテル①


緑・・・黄緑 深緑・・・とにかく新緑が目に眩しかった、5月中旬お天気もピーカン♪ 
行きの運転をしてくれた旦那をよそ目に 「わぁーーすごい緑!みどりっ!みどりぃ~~ キレイ~~」
と思わず声上げちゃう程の車窓からの景色でした
f0208112_135577.jpg

関越道 水上IC付近  さて今回の新潟大湯温泉 途中 水上で降りて向かったのは、5月の山菜時期になったらまた必ず来よう!
と心に誓ったあの場所037.gif

今年2月の雪景色・・・そして今回の新緑 どちらも旅情掻き立てる素晴らしい景観でした、この川を越えてすぐの場所にお目当てのお店が・・・

f0208112_13162290.jpgf0208112_13165839.jpg

水上にあるペンション山路です、もちろん泊まりもオッケー! ランチ時には、ほうとうや釜飯を食べることが出来ます

f0208112_132047.jpgf0208112_1320185.jpg


f0208112_1324304.jpg
山菜ほうとう 1050円

これでもかっ!ってくらい山菜が
てんこ盛りです^^ 

某旅番組で女優さんが 
「年々 山菜とか・・漬物とかそういうものが大好きになっていくのよね~これって歳取った証拠かしら^^」って 

あー言えてる!言えてる!そう思った、だって20代の頃なんて山菜とか興味無かった気がするもん023.gif あたし



f0208112_13252235.jpg
山菜釜飯 1050円

ご飯見えない状態の山菜^^

動物性たんぱく質が何も入っていない
のに、それはそれは良い味出てます

ホント・・・近所にあったら毎日でも食べたいくらい001.gif


f0208112_13271618.jpgf0208112_13273458.jpg

水上を後にして再び関越道へ・・・目指すは小出IC  さすがに米処新潟県 田んぼがいっぱい^^

f0208112_13383363.jpgf0208112_13385229.jpg


f0208112_13415040.jpg
今回の宿は 大湯温泉地にある 友家ホテル 小出ICを降りてから20分ほど
走ると温泉地が見えてきます、宿は写真のような急な坂道を降りて到着するのですが道幅が狭いのでちょっと緊張しながら徐行運転です

ちなみにお客さんの車は写真のように坂道駐車でした005.gif 
これって真冬は大丈夫なのかなぁ?と不安になりました
だってかなりの急勾配・・・
滑ったりしないんだろうか・・・
ていうか、駐車場ないのかな?^^;

f0208112_1342343.jpg


f0208112_13511861.jpg
宿 玄関です

ご主人が出迎えてくれました

配膳してくれた女性と色々と話せたので後で知りましたが、このご主人はお兄さんで弟さんも一緒に宿を切り盛りしているそうです

そしてお話し出来た女性は、お兄さん
(ご主人)の奥様 

ニコヤカで飾り気の無いステキな女性でしたよ 

つまりは、ここ友家ホテルは
家族経営の宿!という訳です


f0208112_13591414.jpg
     フロント

全部で16室ほどの部屋数だったかな? 大旅館というほどでもないけれど、小規模な宿・・・という印象も無いですね

ひとつひとつの間取りというか造りが大きいので無駄な?(失礼っ)空間が多いなぁっていうのが第一印象でした


f0208112_13594956.jpg
     ロビー

このロビーに限らず湯上り処や、ちょっと休憩しながら休める場所があっちこっちにあるので、館内探検するのは楽しめました^^ 

お風呂に行く度にここのロビーを通りましたが、一度も他のお客さんと会わなかった・・・

ガランとした空間が少し淋しげでした・・・
今回の部屋 407号室に案内されます、フロントが2階で大浴場が1階に・・・私達が泊まった別館4階からは・・・・歩きます!とにかくっ008.gif
運動不足な私はヒーハーヒーハー037.gif エレベーターがありません!ご年配にはこの4階はかなりキツイかと・・・

f0208112_14104868.jpgf0208112_1411854.jpg


f0208112_14192022.jpg
リニューアルされた別館

この宿は外観の古さとリニューアル
された別館客室等のアンバランスさが
クチコミで話題になっていました

正直言って私は外観に関して全く興味無し 

寝泊りする部屋がキレイに越したことはないけど・・・

清潔に掃除されていれば問題無し!
ということは・・・

やっぱり食事ですよねぇ~~ 
期待満々(^^)v


f0208112_142077.jpg
8畳弱の畳部屋と6畳フローリング

座椅子は・・・旅館特有の・・・

座ると座布団ズルズル状態だったけど(爆)

落ち着ける居心地の良いお部屋でした


f0208112_14212460.jpg
クィーンサイズのベット

固めのベットマットで寝心地抜群でした

間接照明や、ちょっとしたインテリアが
効いています

淡い色調で落ち着けました


f0208112_14235285.jpg
多分、どのお部屋も佐梨川に面していると思うんだけど・・

全部で4つあるお風呂も川に面していて、どのお風呂からも川が眺められて清々しい気持ちで湯浴みが出来ました








ベットルームの窓からは・・・


f0208112_14252693.jpg
    この景観

川音も4階なのでさほど
気にならず 

反って耳に心地よい音でした

早朝は 川の脇道を散歩している人も何人か見かけました

フローリングコーナーもお洒落な感じでまとまってます、洗面台もキレイで清潔でした、タイルにも何だか拘り感じるし(^^)v 女子ウケしそう!

f0208112_15121241.jpgf0208112_15122753.jpg

ポット、お茶コーヒー類 冷たいお水も有って嬉しいっ     バスタオルも2枚づつ!浴衣も特大、大、中と揃ってます

f0208112_15125738.jpgf0208112_15131545.jpg


f0208112_15154862.jpg
一休みした後は早速お風呂へ

泊まった日は平日 

「本日 お客様が少ないので全部のお風呂を貸切でお入り下さい、男湯の暖簾が下がっていても気になさらずに鍵を閉めてどうぞ!」 


ラッキー~~♪


f0208112_15164193.jpg
本館側にあるお風呂に向かいます

赤い通路・・・別館の部屋とは違った雰囲気を醸し出しています


この雰囲気もなかなか良かった・・・

昔懐かしい温泉宿に来た・・・
みたいなね


本館部分の湯上り処や、ちょっとしたコーナーには、お洒落チックなインテリアや照明が配されています・・・なんか凄くガンバッてるなぁ・・・
素直にそう感じてしまいました006.gif

f0208112_15181684.jpgf0208112_15183366.jpg


f0208112_15305825.jpgf0208112_1531168.jpg
左 龍神の湯の
ドレッサー 

右は温泉成分表 

源泉温度46℃と表示されてたけど・・・・

いやぁそんな高くないでしょ・・・

38℃くらいにしか思えない・・・

とにかくぬるいぬるい温泉でした


f0208112_15364270.jpg
龍神の湯 

普段は男女入れ替え制ですが

貸し切りで入れたので、滞在中

一番多く浸かりにきたお風呂


f0208112_15382864.jpg
入浴目線

間近に佐梨川が流れて

ゴッーという川音を聞きながら長湯できちゃいます・・・

だって、ホントにぬるいんだもん

これ真冬はどうなんだろ?

雪国だから超寒いだろうし・・・

こんなにぬるかったら寒くて
出れないよなぁ・・・


f0208112_15424291.jpgf0208112_1543226.jpg

龍神の湯のすぐ隣にある通常も貸し切り出来る扇の湯  脱衣所に本が置いてあったり?ちょっと変わってる^^; 
だってお風呂上がってから此処で本読むかなぁ・・・読む人も居るんだろうから置いてあるんだろうけど015.gif

f0208112_15452444.jpgf0208112_15454076.jpg


f0208112_15492651.jpg
お風呂の名称通りの扇型の湯船

無色透明のお湯もすごくキレイです

だけど・・・何度も書きますがお湯はぬるいです015.gif 

熱湯好きの私は最後の最後まで
ここ大湯温泉のぬる湯には馴染めませんでした・・・残念っ


じゃらんのクチコミでも 
「お湯がぬるくて寒かった」
「冬場は覚悟がいります」
「お湯がもっと温度高ければ・・」

そんな内容の書き込みを沢山見かけました・・・


加温調整とかってしないのかなぁ・・・そういう設備は無さそうな感じだったけど・・・いやぁ~ホントお湯がもっと熱かったらなぁ・・・039.gif 

その他のお風呂と食事へ続きます



by satomi-kazu | 2010-05-22 16:00 | 新潟 友家ホテル | Trackback | Comments(36)
2010年 05月 05日

初新潟


GWが終りますぅ~ いやぁ洗濯がはかどった(^^)v 衣替えも終了~ どっこも出掛けなかった015.gif
(ちょっと遊び過ぎでしたからね・・・あたしったら023.gif
と言うわけで、遊べてない旦那の為に、GW明け温泉に行ってきまぁ~す!

f0208112_9423061.jpg
新潟県は 大湯温泉にある 友家ホテル

温泉宿に行き始めた頃 ネットで検索してから
ずっと気になっていた宿

行かれた方の宿泊記を見たけど、宿外観と
館内のギャップがこれほどある宿も珍しいらしい・・・

清流沿いのお風呂もなかなか良さそう♪


f0208112_22202996.jpg
別館のベットルームも小洒落た感じで◎

ただ4階から2階にあるお風呂に行くのは

ちょっと億劫かなぁ・・・・

エレベーター無し005.gif 
ちょっと珍しくない?


f0208112_22222994.jpg
貸し切りのお風呂もあるので、ひとまず人目を
気にせずに湯浴みを楽しめそう♪

今まで、色々なところに連れてってもらったけれど
お風呂に関しては、ひとつ揺るぎない要望が・・・

それは貸し切り風呂が必ずある宿
(ひとつでもいいから)

もしくは、部屋に露天風呂が付いている宿・・・

贅沢かもしれないけれど、これは宿選びをする中で

譲れないなって


f0208112_22333544.jpg
さてさて、夫婦共々期待感いっぱいの食事ですが!

HPなど見ても、やや地味感は否めない・・・

でも、ここの食事は 脱旅館料理&一品一品手作りが売り

評判やクチコミもすこぶるいいのです!

私達夫婦は迷うこと無く 
お料理グレードアッププラン@2100を選択

今から すっごく楽しみです!夕食が♪

一、二品の追加&食材アップだそうで^^


新潟は20代の頃に 越後湯沢 越後中里 黒姫高原などのスキー場に来たけれど、温泉に行くのは初めて

国立から遠いし、新潟までしょっちゅう行く事はないだろうなぁ・・・再訪したい度がすこぶる高かったら、毎年恒例の
苗場とセットでもいいかな・・・

さてさて、どんな感想を持って帰ってくることやら・・・・楽しみだな


by satomi-kazu | 2010-05-05 22:48 | 新潟 友家ホテル | Trackback | Comments(24)