ずっとそばに

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:奥日光 ゆ宿 美や川( 5 )


2011年 09月 27日

奥日光 美や川さん 3回目

                  9月と10月は再訪の宿が続きます。 安心だしね(笑)
                    まずは9月初旬に奥日光 金精峠から見下ろす、奥日光湯元温泉  快晴快晴♪ いよっ!さすが晴れ男^^

f0208112_10561073.jpg

                  美や川さん、ダイジェストで。  熊ちゃん健在! 初めて吠えられたよ~~(笑)
f0208112_10524899.jpg

f0208112_113873.jpg

f0208112_11469.jpg

                  台風12号の影響で美や川さん自家源泉のお湯の色も、白濁というより・・・灰色に。 匂いも鉄のような・・・
f0208112_1145561.jpg

                  露天風呂から見上げる空
f0208112_119090.jpg

                  露天風呂は変わらぬ乳白色と硫黄の香り~~^^
f0208112_11105220.jpg

f0208112_111115.jpg

                  安心の?(笑)夕食開始~ どういう物が出されるのかって事前に解るっていうのもいいものです。
f0208112_11144718.jpg

                  伊達鶏・・・石板で焼いて食べます♪ すごく美味しかった~~
f0208112_11164354.jpg

f0208112_11181821.jpg

f0208112_1134778.jpg

                  岩魚の塩焼きは、いろんな宿で出ますが 個人的にここ美や川さんが一番好きです。 焼き具合が最高~
f0208112_11343959.jpg

                  あっそれと白米も、美や川さんのは本当に美味しい♪ 次回行ったら絶対に炊き方を教えて貰おうっと^^
f0208112_11382067.jpg

                  朝食
f0208112_11421565.jpg

                  奥日光 美や川さん、3回目の訪宿もとっても寛げました。 大好きな濁り湯に貸し切りでのんびりゆったり。 
                          大好きな宿です。

f0208112_11501911.jpg

                  女将さん~ お土産ありがとうございました。 見てるかな?^^

by satomi-kazu | 2011-09-27 11:52 | 奥日光 ゆ宿 美や川 | Trackback | Comments(13)
2010年 11月 04日

奥日光 ゆ宿 美や川 再訪

2010年 10月最終週 再訪の宿は奥日光 ゆ宿 美や川さん  二人共、気に入ると間を空けずに再訪したい性格らしい。 7月に続いての訪宿
f0208112_1152860.jpg

f0208112_1159071.jpg

奥日光の紅葉はもう終わっていた、既に冬の足音・・・
f0208112_1205596.jpg

f0208112_1232034.jpg
今回は8畳和室を予約
前回も8畳だったが、女将さんの好意で10畳の
部屋を用意してくれた。

全6室 一番リーズナブルなタイプの部屋は
一泊@15000~
 
8畳間  10畳間  ツインベットの和洋室
そして露天風呂付の特別室

美や川さんは、部屋の広さと料理のプランで
料金設定が変わってくる。

4つの貸し切り風呂があるので、リーズナブルな部屋でも
充分に満足出来ると思う。

その分 栃木和牛をプラスすれば・・・・リッチな夕食に♪


f0208112_12153218.jpg
      各部屋は全部館内2階に

      4つの貸し切り風呂の内、2つの内風呂は1階

      階段を下りた処に、貸し切り札が置いてあります。

      この札を持って内風呂へ・・・


f0208112_1215227.jpg

時間制限や予約制じゃないので

そういうのが煩わしい人には最高のシステムだと思われます。

私達も、大浴場よりも貸し切り風呂派なので

嬉しい限り

内湯はこんな感じ 翌朝の写真 湯気でもわもわしてるけど・・・外気温が低かったので、この湯気の感じがとても良かった。
f0208112_12294789.jpg

2階にある2つの貸し切り露天風呂  どちらも左右対称で造りは同じですが、広さは充分で大人が3、4人は余裕で浸かれるお風呂です。

f0208112_1234167.jpgf0208112_1237528.jpg


こんな感じ・・・白濁でなんとも言えない硫黄の香りが漂います。眺望的にはイマイチ?な感も否めませんが、空いていれば好きな時に好きなだけ入れるお風呂・・・
もうそれだけで充分満足です。

f0208112_12255531.jpgf0208112_1226399.jpg

美や川さんちのお風呂が凄いのは、1階内湯と2階露天の源泉が異なること・・・1階の内風呂は自家源泉の掛け流し、お湯の色は若干薄めでした。
f0208112_12534027.jpg

そして2階のお湯は奥日光湯畑から引いている源泉掛け流し、濃い白濁のお湯で色合いや肌触りまでホントに違うのでかなり感動します。
f0208112_12535432.jpg

夕食と朝食のご紹介
f0208112_1361747.jpg

食事処で頂きます。和室を衝立と簾で区切っているだけなので、話し声は丸聞こえですが、皆さんとても静かに食事されているのでなんだか話すのも気遣いしながら
ついつい小声に・・・正直言ってこういう気遣いが割とストレスだったので、部屋食の方がいいのかなぁ・・・なんて今回は感じました。
「これっ!美味しいね~ ん~これはイマイチ」って二人でワイワイ言いながら食べたかったので、あまりにもシーンと静まり返った食事処の雰囲気は・・・
f0208112_1364713.jpg

f0208112_13212718.jpg
席に付いた状態

お品書きも有り、女将さんと女性スタッフが

各テーブルに出来立てを運んでくれます。






お料理写真 クリックで大きくなります


f0208112_13221456.jpg
前回 栃木和牛のコースにしたので

今回は伊達地鶏のコースにしてみました。

冬は鍋になるようです、夏場は蒸し鶏。

豆乳出汁が美味しかった♪


f0208112_13225062.jpg
お刺身は 鮪の山かけ


余談ですが、前回訪宿のアップを女将さんが
見てくれて

「お料理の写真、お上手ですね~うちのHPに
使わせて頂きたいくらい」とおっしゃってくださり

社交辞令とわかっちゃいても^^;嬉しかったです♪


f0208112_1324140.jpg
小付け  蕨の田舎煮

相変わらず、煮物は抜群の美味しさ



私個人的には・・・この煮物は女将さんが
作っているのでは?と思ってます^^


f0208112_13243769.jpg
酢の物 

ビールの後は日本酒で

ちょこちょことつまみながらお酒がすすみます


f0208112_132536.jpg
八寸 3点盛り

紅茶で煮た鴨肉や
山桃ワイン寄せなど・・・

一品一品手抜きが無いなっていう感じ

心がこもったお料理でした。


f0208112_13254270.jpg
伊達地鶏のコースにしたにも拘わらず・・・

栃木和牛も別注で頼んでしまいました^^;

100gでしたので、二人で丁度の量

美味しく頂き満腹満腹


f0208112_13274660.jpg


f0208112_13281468.jpg
炊き合わせ

前回と同じく 日光揚巻湯葉の煮物・・・

これは絶対にまた食べたかったので
同じものが出て嬉しかった♪

ホントに、煮物は絶品だと思います。


f0208112_1328448.jpg
胡麻豆腐

熱々で出されました。

掛かっている餡がとろりとして
いい出汁です。


f0208112_1329145.jpg
焼き物 岩魚塩焼き

いろんな宿で岩魚の塩焼きは結構出されますが
どこもそんなに当たり外れなく美味しく食べれます。

やっぱり焼きたてを出してくれるのが嬉しいですね。


f0208112_13294624.jpg
お凌ぎ 松茸おこわ


この辺りでかなりお腹いっぱいになってきたのですが

今年初めての松茸^^; がんばって完食


f0208112_13301956.jpg
今回の伊達地鶏鍋コースは大食いの私達でも

かなり大満足の量でした。


f0208112_13304718.jpg
鍋を食べ終えた後に持ってきてくれたのは・・・

そう、白米と卵!


f0208112_13311457.jpg
最後は雑炊で〆たので、もうお腹がパンパン

だけど・・・地鶏から良い出汁が出てほんとーに
美味しかったなぁ♪


f0208112_13313835.jpg
デザート盛り合わせ

女将さんが
「今日は、あんみつにしようかと思ったんですが
気が変わりました^^」って


この日は6部屋中、5部屋の予約だったので
女将さんと、もう一人の女性スタッフ2人で
忙しそうになさってたので、あまり長話しも出来ず・・

朝食です。お米が特に美味しかった・・・白米のおかわりをしない旦那も2膳食べていました。
f0208112_14141939.jpg

翌朝の奥日光 湯の湖周辺は 今にも降り出しそうな曇天の空模様・・・10月にしては珍しい台風が関東を通過した日でした。
f0208112_155794.jpg

f0208112_14175182.jpg

帰路の金精峠は・・・・濃霧と雨の中  寝たふりして助手席に座っていても・・・やっぱり怖い^^; 視界が無いっていうのは・・・
f0208112_14213794.jpg

伊香保で降りて水沢うどんでも食べて帰る予定だったけど、雨脚が強くなったので真っ直ぐに帰宅
f0208112_14242225.jpg

f0208112_14282110.jpg
出掛けた当日は真っ青な空の下、紅葉を見ることが出来て

翌日は台風で生憎の天気だったけど、雨に濡れた木々もまた良かった



夫婦で最近、白濁のお湯が大好きになったので
奥日光の 「美や川」さんにはこれからもきっと来るね!と
帰りの車中でも話が弾む。


部屋数が少ない事や、お風呂が貸し切り・・白濁湯・・・
宿泊料金もリーズナブル

とにかく私達にはドストライクな宿


最近、宿を探す時に@20000越えの宿は、まずスルー^^
選択肢の中に入らなくなった。

@10000台で、また行きたい!と思わせてくれる宿が
まだまだいっぱいあるだろう。

そんな宿にまためぐり合いたいね。

by satomi-kazu | 2010-11-04 14:42 | 奥日光 ゆ宿 美や川 | Trackback
2010年 08月 10日

ゆ宿 美や川 宿泊記2


f0208112_21115349.jpg
「ご用意が出来ましたらお電話いたします」と、部屋に連絡が来たのは6時30分くらいだったと思います  

1階の食事処で楽しみな夕食が始まります

ここも畳敷き 

一部屋ごとの区切りは衝立?だったように記憶していますが・・・

今回は全部で4組のお客さん 皆さんご夫婦二人連れ

静かな時間が流れます

セッティングされた状態のテーブル  暖かな色合いのライトが優しくお料理を照らしていて、期待感が膨らみます 一枚づつお品書きも・・
f0208112_2114371.jpg
お品書き通りに取りあえず記載します   胡麻豆腐  サーモンのかつら巻きなどの酢の物  目でも美味しい・・・溜息

f0208112_2115741.jpgf0208112_21152483.jpg

八寸  鴨のパストラミ  生湯波  丸枇杷(枇杷好きの旦那大喜び♪ 中にクリームチーズが)  鰹のたたき

f0208112_21162125.jpgf0208112_21163961.jpg

ぜんまいの田舎煮(これ最高に旨かった!)  炊き合せ・・・日光揚巻き湯波、うぅぅ美味しかったよ~ 思わず「料理長さんがいらっしゃるの
ですか?」
と聞いてしまいました 「ええ・・・一応・・・」と、ちょっとアバウトな感じの応えだったので、家族のどなたかが作っているのかも・・・

f0208112_21183537.jpgf0208112_21185489.jpg

メインの栃木和牛を焼くための石板  岩塩と他に2種類のタレ   通常は伊達地鶏がメインのようですが(これも大人気だそうです)
プラス料金で和牛の石焼きに変更できます!  私達は迷わず和牛で037.gif

f0208112_21193132.jpgf0208112_21194936.jpg

こうして写真見てるだけで、今にも涎が出そうです・・・美味しい以外の言葉が思い浮かばない
f0208112_21212074.jpg

f0208112_21215988.jpg
「お野菜を石板の外側で・・・お肉は焼きすぎないようにお召し上がりくださ~い」 はいはい!その通りにしますよ~~043.gif

f0208112_2123229.jpgf0208112_21254381.jpg

食事処には、出迎えてくれた女将さんと、その他に2名の女性がいた 20代ほどの女性は従業員?っぽかったかな・・・もう一人の30代前半の
女性は、娘さんかな?お嫁さんかな? どちらの女性も気持ち良い対応をしてくれました

f0208112_2124639.jpgf0208112_21243122.jpg

食事の進み具合を見計らって、熱々が運ばれます  岩魚塩焼き(ほっくほくの身がたっぷりでした) 茶飯の笹おこわ

f0208112_212655100.jpgf0208112_21272210.jpg

おこわが出てきたからでしょうか?白米の盛り具合を聞いてくれました 「普通盛りと少な目をひとつづつお願いします」と私
給仕の女性、疑うことなく私の前に少な目のお茶碗を・・・・「あっ!少な目は旦那なの~~^^」 「失礼しましたっ」 
キャベツの浅漬けも手作り感たっぷりで美味しかったです

f0208112_2129017.jpgf0208112_21291910.jpg

デザートも3種類 女性客に対してはこういうのたまりませんね♪ コーヒーも出してくれました

f0208112_2129538.jpgf0208112_2130129.jpg

   続けて朝食です  ご飯のお櫃に水滴が落ちないようにペーパーが配されていました・・・
   こういうちょっとした心使いがとても自然な感じで伝わってくる宿でした・・・美や川さん
f0208112_2131148.jpg
焼きしゃけは・・・残念ながら冷めて硬くなっていました(4組だから、そんなに早くに焼かなくてもいいのにね) 二人で取り分ける湯豆腐 
たっぷりの量です

f0208112_21314677.jpgf0208112_2132770.jpg

小鉢のお浸しや切干大根も、優しい味で残さず完食037.gif 夕飯での炊き合せもそうですが、煮物の味付けが本当に美味しいです!
メインの栃木和牛の次に印象に残った料理は?と聞かれたら迷わず 「煮物」 ですね

f0208112_21324417.jpgf0208112_2133259.jpg

定番の温泉卵や海苔 ヨーグルト  食後には「お好きなだけどうぞ」と、コーヒーがたっぷり煎れられています

f0208112_2135086.jpgf0208112_21352067.jpg


f0208112_2136455.jpg
チェックアウト時に女将さんと少し話せる機会がありました

お知り合いが立て続けに乳癌に
なられたとのこと・・・

人目を気にせずお風呂に入れるようにという思いや、介護が必要な方でも相方さんの手を借りてお風呂に入れるように・・・

そういう気持ちで全部のお風呂を貸し切りにしたそうです

「また是非いらして
くださいましね」・・・


そう言ってくれた女将さんの優しい笑顔は心に染みた

囲炉裏の休憩処にそっと配された、この優しげな色合いの花と同じような優しい優しい宿でした  
またいつか必ず行くだろう・・・食事やお湯・・・それだけじゃない何か暖かいものを求めて
f0208112_2138076.jpg


by satomi-kazu | 2010-08-10 23:11 | 奥日光 ゆ宿 美や川 | Trackback | Comments(26)
2010年 08月 08日

ゆ宿 美や川 宿泊記

奥日光の宿 ネットで検索してみると日帰り入浴はかなりの数の旅館がやっていた  ただよーく調べてみると宿泊者が貸し切りで入れるお風呂を用意してくれてる宿は、ほんの数件 しかも時間制や先着順・・・ここは違った・・・ゆ宿 美や川  全6室・・・この小規模な部屋数にも惹かれた
f0208112_12405461.jpg

f0208112_12413279.jpg

2階建ての横長な造りの宿

客室は全て2階にあった

シックな外観で見た感じの

第一印象もとっても良かった

決して広々とは言えないがこじんまりとした、玄関入り口 すぐに畳敷き・・気持ちいい  右フォトは玄関から見た宿フロント

f0208112_12451296.jpgf0208112_12453030.jpg


f0208112_12472887.jpg
ガラガラと引き戸を開けると、女将さんらしき(後に女将さんと判明^^)
上品な女性が出迎えてくれた

仰々しく着物かなんか着ちゃって出向かえられると反ってこちらも緊張してしまうが、美や川の女将さんは普段着?っぽい(失礼^^;)出で立ちで現れた

普通に?にこやかに部屋まで案内される・・・普通にと書いたのは・・・深い意味は無いんだけどべったり慣れ慣れしくもなく、かといって素っ気無い対応でも無く・・・なんだかふっと落ち着けそうな宿だなぁって感じちゃう・・そんな感じ

初訪問のお部屋は 「ふじばかま」

f0208112_12474945.jpg


f0208112_1249982.jpg
「8畳のお部屋のご予約でしたが、本日は10畳が空いておりますので・・・その日その日のタイミングなのですが・・どうぞこちらのお部屋に」

ありがとうございます

10畳和室 広縁が無い分ちょっぴり狭く感じたが・・・8畳だったらもっと狭かったわけね^^;

今までも書いてきたが、私達夫婦は部屋の広さや宿の規模にはさほど興味が無い

何をさておいても・・・
食事とお風呂^^なので


f0208112_12494692.jpg
夏でも20℃前後の涼しい奥日光

敷かれた掛け布団も何気に
冬仕様039.gif

これってさぁ夜暑くて眠れないかもね~・・・
クーラーも付いてないし

暑がり夫婦は部屋に置いて
あった扇風機を
フル稼働させました^^

女将さんから一通りの館内説明を受けた後は、ちょっとブラブラ探検 左は2階の廊下 お風呂上りにちょっと休めるような場所がありました  
右フォトは1階廊下 2つの内風呂へのアプローチです 全部畳敷きで、船山温泉を思い出しました 清潔感に溢れているのも同じ(^^)v

f0208112_12502696.jpgf0208112_12504264.jpg

1階のフロント前には、囲炉裏が・・・早朝ここに新聞が置いてあって、ひとりで朝の散歩から戻って新聞読みました(完全にオヤジ化してます042.gif) 右フォトは同じく1階にある食事処入り口

f0208112_1254151.jpgf0208112_12543083.jpg


f0208112_12551744.jpg
お風呂のご紹介

全部で4つのお風呂があります
1階に内湯2つ 2階に露天風呂2つ

全て貸し切り仕様 空いていれば好きな時に好きなだけ・・・

内湯入り口 待合いの木造りベンチも洒落ていました
とは言っても このベンチで待つことは皆無でしたけど^^;

部屋数が6でその内の1部屋は特別室で大きな内風呂付きなので
4つのお風呂どこかは必ず空いていたので、ストレスフリーです

f0208112_12553850.jpg


f0208112_12574142.jpg


内湯

1階の内湯は、この宿の
自家源泉だそうです

ぷ~~んと硫黄の
いい香りが・・・・




f0208112_12584011.jpg


自家源泉の掛け流しですが

温度が高いので加水しながら
入ります

温泉成分が薄まってしまうの
かな?

温泉好き!と言ってもそういう詳しい事項が解りません

要は・・・
気持ち良ければい~んですっ!


f0208112_12595467.jpg


もうひとつの内風呂

左右対称で造りはほぼ同じ

窓枠の形が違うのが解りますか?

こっちは 丸い木枠

4~5人はゆったりと浸かれる余裕の湯船です


f0208112_1303426.jpg

どっちのお風呂にも寝湯があって

ゆ~らゆらと、どっぷり寛げます


f0208112_1321441.jpg


夜の内風呂

木枠の下辺りに小窓があって

そこを開けておくと涼しい風が

入ってきて、ホント気持ちいい^^

ついつい長湯しちゃいそうです


f0208112_1325749.jpg


f0208112_13512100.jpg
   さて、こちらは2階の露天風呂

   1階の内風呂と微妙にお湯の色合いが違います

   露天の方が濃い白濁色でした

   こっちのお風呂は湯畑から引いている源泉だそうです

   ひとつのお宿で、2種類の違ったお湯に浸かれるなんて
   すごく贅沢だぁと思いましたよ


f0208112_1353028.jpg


f0208112_13134210.jpg

泊まった日は生憎の空模様だったので時折り雨粒が

落ちてきたけれど、3分の1位に半屋根が付いているので

さほど困りません

空を見上げると、緑が目に飛び込んできます

ここ・・・紅葉の時期 最高のお風呂だろうなぁ・・・

絶対に涼しくなったらまた来るぞっ!!の足指!(なんのこっちゃ)

f0208112_131494.jpg


f0208112_13155344.jpg

こじんまりとしているけど、大人二人でも充分に余裕な湯船です

夜は、ちょっと雨足が強くなったのでウチの旦那さんも笠を被って湯浴みです


奥にシャワーブースも有ります

牛乳を注いだような白濁のお湯・・・くせになりそうです (硫黄苦手な方はご勘弁なフォトですけどぉ^^;) あと数年したら、大浴場で人目も
気にせず裸になれるかも?・・・しれませんが、当分はやっぱり貸し切り風呂&部屋にお風呂が付いてる宿が私には定宿です
f0208112_1317124.jpg
ウチの旦那さんが探してくれた、この宿・・・栃木和牛のフォトに惹かれまくって予約しましたが、お風呂も大大満足でした  
次回は、そのお食事編~~(^^)v

by satomi-kazu | 2010-08-08 15:04 | 奥日光 ゆ宿 美や川 | Trackback | Comments(14)
2010年 08月 06日

奥日光 ゆ宿 美や川


f0208112_032445.jpg

7月某日 奥日光に1泊目の
宿を予約していた

2泊目は下記でもアップした
会津の宿


f0208112_0331845.jpg
ブログのコメントで情報を頂いていた、同じく奥日光の 「紫雲荘」は残念ながら、団体さま御成りぃ~で予約が取れず

「白濁のお湯がいい!!」
引かなかった私の為に 旦那が探してくれた宿


f0208112_0343238.jpg

湯の湖は 生憎の空模様で
ボートも開店休業状態

真夏でも気温が20℃前後の
奥日光


f0208112_0371190.jpg

YUMOTOSPA

何軒かの大型規模の旅館が立ち並び、硫黄の香りが漂うその場所には、コンビニさえ無かった

ちょっと大袈裟な表現かも?だけど、別世界の空間・・・そんな感覚だった

カンカン照りのお天気では無く どんよりとした空模様が余計にそんな気持ちにさせたのかも・・・

                その奥日光 湯元温泉入り口にほど近い場所に 全6室の小さな宿は佇んでいた 「ゆ宿 美や川」
f0208112_039185.jpg
        またお気に入りの宿が一軒・・・困った困った^^; 今度はいつ行こうか・・・こういう悩みは嬉しいけれど037.gif 続く~

by satomi-kazu | 2010-08-06 01:06 | 奥日光 ゆ宿 美や川 | Trackback | Comments(20)