カテゴリ:乗鞍高原 詩季の宿 白樺の庄( 2 )


2010年 12月 11日

詩季の宿 白樺の庄 続き

f0208112_2240313.jpg
食事処は、一階にある食堂で。 

大広間にテーブルが並んでいる、テーブルごとの

区切りは無いので会話は丸聞こえ。

ただこの日は私達夫婦と、宿のおじいちゃんの知り合いらしき
男性客のみ。


反って静か過ぎるくらいだった。


f0208112_22442125.jpg
食堂の入口付近には、有名処のワインセラーが・・・

「お好きなワインは食堂にお持ち下さい」と書いてあったので

旦那思わず駆け寄り、中を拝見

残念ながら・・・その・・・まぁワインは、いいっか^^;

自宅に帰れば、好きなワインがゾロリと並んでるから。


f0208112_22502374.jpg
さてと、驚きの?なんて書いたら失礼か・・・

いや、正直言って食事は期待していなかったってのが

本音だったから、ホントに夕飯の内容にはビックリした。

特別に変わった物を調理してくれてるってラインナップじゃ

ないんだけど、一品一品が丁寧で・・・

心がこもってるってのが伝わってきた、大満足の夕食だった!

最初テーブルはこんな感じ、次から次へと女将さんが

出来立てを運んでくれます。



f0208112_22595173.jpg
@10500 基本の夕食メニューです。

男性には少ないかも?・・と事前のクチコミも目にしていたので

予約の際に、女将さんに問い合わせ(笑)

私達は、このメニューの他に、岩魚刺身、トロサーモン刺身を追加。

更に、信州牛のステーキも一人前追加! 

信州牛のしゃぶしゃぶが通常メニューにあるにも拘わらず、食べきれるかな?

と一抹の不安もあったけど・・・無問題。

小鉢いろいろ。中でも左の小鉢が最高に美味だった♪ まるで料亭で出されるような繊細な一品。なんと三層構造になってる!!
大根、里芋、豚肉・・とろりとした餡がかかって・・・旨かった!

f0208112_2317180.jpgf0208112_23171868.jpg

白和えは何気に苦手(笑)旦那の胃袋に。絹サヤの胡麻和え・・・ん~ホント繊細な味なんだよね。この宿選んで大正解!

f0208112_23204767.jpgf0208112_2321383.jpg


f0208112_23221629.jpg
通常メニューの馬刺し。

もっと欲しかった(爆)

ペロッと完食。

お酒すすむなぁ・・・こういう摘まみは。

こういう盛り付けも・・・

なんか、ちょっと感動しちゃったりする。

民宿だよね? 旦那と何度か確認し合った^^;


f0208112_23371574.jpg
こちらも通常メニューの岩魚の塩焼き。

宿の裏に生簀がありました。

「さっき、生簀で泳いでました」と女将さん。

美味しく頂きました。

焼き立てはやっぱり美味しい♪


f0208112_23394484.jpg
揚げたて季節の天ぷら。

手前は信州りんごの天ぷら。うまぁーい!

海老もカラッと熱々で・・・

ん~~・・・唸るあたし^^


f0208112_234341.jpg
別注の岩魚刺身。

某F温泉よりも肉厚で歯ごたえ抜群だった。

さばき方の違いかな?

岩魚の刺身は某F温泉に軍配!


f0208112_23452070.jpg
こちらも別注のトロサーモン

確か、燻製にしました?って女将さんが

説明してくれたような・・・

ホントに色々と品数が豊富であれよあれよって間に

テーブルが料理で埋まって嬉しいったら(笑)


f0208112_23482327.jpg
通常メインの信州牛のしゃぶしゃぶ。

安曇野産の和牛霜降りだって・・・

柔らかくて、ホントに美味しいお肉だった。


f0208112_23513372.jpg
紙鍋で頂きます。

野菜もたっぷり。


料理・・・まだ出ます(爆)


f0208112_23542490.jpg
この茶碗蒸しも、通常メニューの中に。

とにかく美味しく優しい味なんだよなぁ・・・

女将さんはずっと配膳してたけど、厨房の中から

男性の声も聞こえたから作っているのはご主人なのかなぁ


f0208112_23594292.jpg
ジャーン!!

別注の信州牛ステーキ

女将さんが「一人前でいいですか?」と^^;

充分満足な量と味でした。

それにしても・・・いい肉だった(笑)


f0208112_03193.jpg


f0208112_043510.jpg
なんとっ!ご飯は松茸ご飯・・・

女将さん、これ反則(笑)

いくら大喰いの夫婦でもさすがに・・・

お腹パンパンで一口がやっとでした。

おにぎりにして貰おう!って考えも思い浮かばない位

満腹状態・・・くっ~残念っ


f0208112_09353.jpg
デザートの林檎と一緒に、信州蕎麦まで出た・・・

結論! 追加注文しなくても、充分満足出来る夕食だった!




次回は、ステーキだけにしとこっと(爆笑)

簡単に朝食^^ 女将さんが最初にこのサラダを運んで来たときは、ちょっとーここホントに民宿?  まるでホテル仕様(笑)生ハムも美味♪
f0208112_0142272.jpg

朝食もあったかくて、素朴で、美味しく頂きました。

f0208112_0235253.jpgf0208112_0241590.jpg


f0208112_0194922.jpgf0208112_0204567.jpg


f0208112_0282824.jpg
朝食が7時半からと、ちょっと早かったので帰り際に

もう一度、内湯を夫婦で貸し切りで入らせてもらいました。 

いろんな感動をくれた乗鞍のお湯も入り納め。 


今度はいつ来れるかな・・・


f0208112_0342744.jpg
チェックアウト後 車の雪降ろしを手伝ってくれた女将さん。

ニョホ~~ンとした雰囲気のゆるキャラ女将♪

3人のお孫さんは見かけたけど、宿で働いていたのを見たのは
この女将さんだけ^^; 

御主人やちびっこギャングのお母さん(若女将)の姿は見ることは無かった。

家族経営の民宿、白樺の庄。 宿泊料金以上の満足感で帰路に着いた。



いいね♪ 乗鞍!!



by satomi-kazu | 2010-12-11 00:45 | 乗鞍高原 詩季の宿 白樺の庄 | Trackback
2010年 12月 08日

乗鞍高原へ

松本でのお昼ご飯は、日本蕎麦屋さん。 旦那は好物の鴨せいろ、私は”黄金軍鶏”のメニューに惹かれまくって注文・・・でも普通の鶏せいろ・・だった^^ 
黄金軍鶏との区別つかず(笑)肝心のお蕎麦は、私的にはお蕎麦が水っぽく感じた。不味くはなかったけど・・・あ~あ戸隠のお蕎麦が・・・妙に恋しくなった!

f0208112_22281995.jpgf0208112_22283416.jpg


f0208112_22355254.jpg
中央道での移動は、改めて時間の節約が出来るなと実感。 
国立ICまで5分、乗ってしまえば松本も遠く感じなかった。

渋滞もなく伊豆方面に行くよりもストレスなく移動できる。 

思いの他早く着いてしまったので、日帰り入浴でもしようかと
乗鞍高原周辺をグルグル周った・・・閑散としていた。
正直ビックリした。まさしくシーズンオフだったらしい。

宿の女将さんも話していたけど、スキー場も12月の2週目
からだそうで、秋の紅葉シーズンが終わって、ちょうど
ぽっかりと空いたオフの乗鞍。


湯けむり館も休業中・・・さてチェックインまでどーするか!


f0208112_22493949.jpg
乗鞍高原をグルグルと周り、スーパーで飲料水等を買い出ししたりで

時間を潰す。チェックインの30分前に宿に電話。この時、既に乗鞍は

どしゃぶり状態。


女将さん「どうぞどうぞ、大丈夫ですよ」と快く受け入れてくれた。



写真は翌日・・・雨が雪に変わって寒い朝になった。


f0208112_22555062.jpg
今年最後の温泉宿

「乗鞍高原 詩季の宿 白樺の庄」

今回の宿選びは珍しく私。

乗鞍にしたっていうのもちょっとした理由があったんだけど・・・

想像していたよりも遥かに多い宿泊施設の数! ビックリビックリ! 

何処にしようか随分と悩んだけど選ぶ楽しみもあった♪

ペンションや民宿がとても多くて料金もリーズナブル!

とってもお気に入りの場所になりました、乗鞍♪


f0208112_2325152.jpg

本館(旧館)と、ピンクの新館から成るこのお宿。 

思わず、え?ここ民宿だよね?って勘違いしてしまいそうな位

おっしゃれ~な造りでした。 



玄関、ロビー脇には吹き抜けのらせん階段。


f0208112_23105867.jpgf0208112_2310444.jpg

新館には和室が7つ?だったかな、あと洋室が3つ。 私は洋室を予約。 旧館はトイレ無しだけど、新館は全室完備!想像よりも綺麗で広くて快適♪ 
@10500(通常の料理時)CPは凄く良いと思う。

f0208112_23144665.jpgf0208112_23161431.jpg


f0208112_23223039.jpg
ヒバ材の男女別内湯と、2つある貸し切り風呂!岩風呂露天と檜の露天をアップ

ログハウス風の外廊下を通って向かいます。 真冬は寒そう・・・

今回の滞在、私達夫婦と、もうひとり男性のお客さんのみ。その男性も何やら
宿のおじいちゃんと知り合いらしかった。 

で、普通は貸し切り風呂は30分の予約制なんだけど、空いていたら好きな時にどうぞって♪ 
しかも貸し切りじゃない内湯も、女性風呂の方は夫婦で貸し切りで入れた!ラッキーー♪

f0208112_23224324.jpg


f0208112_23412835.jpg
    内湯

    男女とも左右対称で同じ造り。

    湯船は、5人くらい浸かったらいっぱいかな?

    さほど大きくないから、混んだらキツイかも・・・



f0208112_23443981.jpg
洗い場が広い!

その分もっと湯船を大きく設計したらよかったのに?

なんて超素人目線で見てしまった(笑)

大きなお世話でございました。

内湯まで貸し切りで入れたんだから

贅沢言ったらバチが当たります。


いやぁ・・しかし、お湯の流れ口はこの状態・・・まるで湯葉刺しみたいになってた(爆)乗鞍の白濁湯は、思っていたよりもとっても濃くて
かき混ぜると本当に牛乳注いだみたいに真っ白に・・・肌に優しく柔らかで滑らか・・・マジで感動した!
f0208112_23503969.jpg

f0208112_024239.jpg
                          岩風呂露天

       

                          夜には雪見風呂となりました。





f0208112_002578.jpg

3、4人が浸かれる程よい大きさ。 まだかき混ぜる前なので、薄いブルーのお湯がすごくキレイだった。ただ、外気温が低く遮るものが無いので湯温が低かったのが残念・・・
加温無しの掛け流しだから仕方ないけど、ちょっとこの露天は寒かったなぁ・・・
f0208112_0144185.jpg

f0208112_0213927.jpgf0208112_022429.jpg


f0208112_0242361.jpg


     もうひとつ 檜の貸し切り露天風呂

     ここは2人サイズ

     屋根が付いているので、雨や雪でも(^^)v


f0208112_0283217.jpg
写真の加工一切して無いんだけど・・・

チェックイン当日の夕方近くのお湯が上の写真

で、雪の翌朝のお湯は、こ~んな色に・・・

自然ってすごいな・・・

まさしく神秘のお湯だ!

浴槽手前に、湯の花が満開状態。こんな状態のお湯って恥ずかしながら初めて見た・・だから余計に感動・・・「すごいね~」の連発だったあたし。
f0208112_033471.jpg

まだまだ数えられる程度の温泉にしか入ってはいないけど、初乗鞍のにごり湯には感動させられっ放しだった。 必ず再訪する場所となった・・・
というか、数年は乗鞍に嵌っちゃうかも^^; 良い意味で驚かされた大満足の夕食も♪ また今度アップしよっと。

by satomi-kazu | 2010-12-08 00:45 | 乗鞍高原 詩季の宿 白樺の庄 | Trackback