カテゴリ:おもいでの宿 湯の島館( 3 )


2011年 07月 10日

梅ケ島温泉 おもいでの宿 湯の島館Ⅱ

f0208112_11512327.jpg
梅ケ島温泉 湯の島館の夕食と朝食

食事処に行きます(4室)

全部で8室の宿なので、部屋食の部屋もあるようです。


最初の状態

あ~ テーブル席が良かったな・・・

HPを見るとテーブルと椅子の食事処もあったので。



f0208112_11565876.jpgf0208112_11571319.jpg
ちょっと寂しげな?前菜皿

ほーんの一口サイズでした、どれも^^;



そしてそしてメインじゃないの?
って感じの安倍山葵!!

刺身だけじゃなく、後から出てくる
鍋やラーメンにも♪



f0208112_1291494.jpg


お刺身4種

これはちょっと感動でした。

お皿キンキンに冷えているし

中トロが凄かった。

山ん中なのに^^;



f0208112_12121911.jpg

一応 メニュー載せておきます。

季節やプランによってメインが変わったりするようです。

今回のプランは、駿河軍鶏の鍋!!

鍋・・・冬でもないのに、どうかな?って思ったけど

大正解でした♪



f0208112_12161427.jpgf0208112_1216301.jpg
アボガドのサラダに

じゃが芋と長芋の明太子ソースグラタン

どちらも工夫されたメニューで美味しかった^^



f0208112_12193788.jpgf0208112_12195862.jpg
駿河軍鶏の焼き鳥

肉厚で、濃厚な鶏でした。

濃厚って表現が合ってるかどうか疑問だけど

あっさりしてなくて・・酒のつまみにピッタリって感じ。

椀物は真薯 熱々できました。



f0208112_1226225.jpg

天ぷらもありきたりの物でなくて

リンゴの生ハム巻揚げとか・・・

ホント工夫されてました。



f0208112_12291455.jpg



メインの駿河軍鶏鍋です。

野菜もたっぷりで、うっれしい~♪

スープがあっさりしているので

いくらでも食べれちゃいます。



f0208112_12314997.jpg



冬場はいのしし鍋とかもあるようですが

この駿河軍鶏は超~お勧めです(^^)v



f0208112_12355813.jpgf0208112_1236931.jpg
鍋をキレイに平らげた後は

ご主人がラーメンを持ってきてくれて投入~

摩り下ろした山葵をたっぷり入れて食べます。

う~~~ん・・・唸る美味しさでした。

軍鶏のスープに山葵の旨味が・・・

ホントに美味しかった~~



f0208112_12413587.jpg


デザートのフルーツゼリー

手作り感のある美味しいデザートでした。



f0208112_12435083.jpg
おにぎり・・・女将さんが最初に聞いてくれました。
「ご飯が出るのですが、夜食用に部屋にお持ちしましょうか?」と。
そのようにお願いしたのですが、私、ここであるコメントを思い出した。

〇ゃ〇んのクチコミで
「食べきれないからご飯をおにぎりにして欲しいと頼んだら、1個100円と言われ
宿泊料の中にご飯の料金も当然入っているはずなのに、別料金を取るとは・・・」
っていう苦言。

そのクチコミに対して宿側の対応は素晴らしいものだった。
「こういうご意見を書いていただいて本当に有り難く感じております、
以後改善や検討する課題になります」って。

部屋に置かれてあったおにぎりは、とっても優しい味がした。

ホント夜食用にぴったり^^ 追加料金は、当然・・ありませんでした。



f0208112_12562369.jpg



翌朝の朝食も同じ場所で。


私、温泉卵が大好きなのですが、最近の宿泊時には

とんとご無沙汰で、ここ湯の島館さんでも温泉卵ではなく・・・



f0208112_12592230.jpg


後から出てきたのは、ココット風の卵料理。

もっとシンプルでもいいのかな?って感じました。

朝食に関しては・・・


チェックアウトは少しゆっくりめの10:30だったので、朝食後にもう一度お風呂へ・・・こうして写真で見ても、お湯のヌルヌル感が出てませんか? 
実際に梅ケ島温泉のお湯の肌触りには正直言って驚かされました。 機会があれば又入りたいお湯です。

f0208112_1355328.jpg

帰りは逆コースで静岡まで出ることに・・・あの安倍峠を走るのは・・・私が絶対にイヤッでしたから^^;
f0208112_13111424.jpg

安倍川沿いに1時間強、静岡ICまでのドライブ。 すれ違う車も少なく助手席で鼻歌交じりです^^ 昨日もこっちの道を通って来れば良かったのにね~
f0208112_13112556.jpg

f0208112_13235668.jpgf0208112_13204212.jpg
富士宮に寄って焼きそば食べます。

お気に入りのお店があるのですが、あいにく定休日。

何軒かが集まっている広場?のような処に。


                  2軒のお店で違う味の焼きそばを注文してみました。 軍配は下の焼きそば♪
f0208112_13295615.jpg
f0208112_13301031.jpg

旅番組を見て、行ってみたいと思った宿 湯の島館 温泉ブロガーの訪宿記が殆どない宿も久しぶりでした。

未知との遭遇?みたいで、行く前からワクワクドキドキ感が増しましたね。 

宿選びは通常ウチの旦那が担当。7月は愛宿ですが、旦那が探した8月の連泊は、これまた新規開拓の宿♪

今からとっても楽しみです。

あっそうそう湯の島館さんへの再訪は・・・有るかなぁ?^^;どうかな・・・


by satomi-kazu | 2011-07-10 13:42 | おもいでの宿 湯の島館 | Trackback | Comments(10)
2011年 06月 29日

梅ケ島温泉 おもいでの宿 湯の島館Ⅰ

f0208112_21512090.jpg
あっついですね~ しかし^^; 梅雨の中休みらしいけど。

猛暑だった去年の夏といい勝負なんじゃないだろうか・・・

梅雨が明けたら気温がどれくらい上昇するのか、怖いですね。

パソコンと携帯で、東電の電力情報見ながら、85%越えたら
クーラー切ってます、ウチ。(^^)v


というわけで、梅雨真っ只中の温泉旅行

梅ケ島の湯の島館をアップします!



f0208112_21571710.jpg
10軒ほどの宿が連なる梅ケ島。 どこの宿もかなり年季入ってます。

ここ、湯の島館さんも外観は古いですね。

本館と新館があって、新館にあるお風呂4つがリニューアルされて

全部貸し切りで入れる、といったシステムに変えたようです。


宿自体はけっこう大きいんですけど、部屋数は全部で8つ。

多分、リニューアル以前はもっと部屋数が多かったと思いますね。

食事処になってた部屋も・・昔は客室だったっぽい。



f0208112_2242317.jpgf0208112_2245014.jpg
広々玄関

床もピッカピカに光ってます。



f0208112_226176.jpgf0208112_2263456.jpg
出迎えてくれた女将さん。

あーテレビと同じだ♪

そう、ここは
「厳選いい宿」で紹介された宿。



f0208112_22121100.jpgf0208112_2212152.jpg
女将さんに案内されながら、今宵の部屋へ。

3階でした・・

お風呂が全部1階にあるので、お部屋は2階が
ベストかも。

結構、ゼーハー言いました。
(え?あたしだけ^^;)



f0208112_2217025.jpg
3階のお部屋 「葵」です。

最初から敷かれているベットタイプの和洋室。

なかなか面白い造りのお部屋でした。



f0208112_22193264.jpgf0208112_22194317.jpg
というのも、部屋の周りに畳の廊下がグルッと。

わーこんなの初めて~

なんか妙に、はしゃいでしまった^^

全面窓!!からは、安倍川が見渡せます。



f0208112_22235481.jpg
大型液晶テレビ完備の和室。

昔懐かしい鏡台もあったりして、雰囲気は和モダン・・かな?

でも・・・これは最初から解っていて予約したんだけど

この宿のお部屋には、トイレと洗面が付いていません。
(全室です)

ん~~ やっぱりね、ちょっと不便だわ~って感じた事が数回・・・

お茶を飲んだ後の湯のみを、チャチャっと洗いたくても洗面台が無い。

トイレ~~・・・って部屋を出て向かったら
先客が何やら唸ってるし^^;



f0208112_2231011.jpg
まぁ、私はお迎え菓子のよもぎ餅に唸りましたけどね(ハハハ~)

まっ冗談はさておき、今回感じたのは、やっぱりお部屋に
トイレは必須かなぁと・・

宿泊料金は、それなりにリーズナブルなんですけどね・・

ただ今回は「厳選いい宿」の特別プランってやつだったんで
通常よりも安かったんです。

これ、定価?っていうか、正規の宿泊料金だと、ちょっと?が付くかな。

あっ私の感想ですけどね、トイレ洗面が付いていないと考えると・・・



f0208112_22513239.jpg
4つあるお風呂は全部貸し切り。
風林火山の4文字が各お風呂の名前です。

お風呂もね・・・ちょっとシステムがイマイチ。

もちろん貸し切りで入れるんだけど、その都度フロントに声を掛けて
空いているお風呂の鍵を受け取ってからなんです。

しかも夜は確か10時?10時半だったかな、それ以降は翌朝まで入れない。

私は夜中にムクッと起きてボーっとしながらお風呂に浸かるのが好きなので

これはかなり残念・・・マイナス10てーーーん!!^^;


せめて、各お風呂の鍵は声を掛けなくても済むように
フロントの目立つ場所に置いて、お客さんが自由にお風呂に
行けるようなシステムにして欲しかったなぁ・・・(ボソッ)



f0208112_2335455.jpgf0208112_2341652.jpg


f0208112_2354976.jpg
一番気に入った「林」のお風呂。

丸い木枠のお風呂です。

大人2人でも充分な広さ・・・そしてやっぱりお湯が最高~

立ち寄りしてきたお風呂同様 ヌルヌルでツルツル。

白濁のお湯もいいけど、ヌルヌルも(^^)v

成分を見ると、硫黄泉だった。 

あー微かに漂っていたかな、硫黄の香り。



f0208112_23122264.jpg
この「林」のお風呂は湯上り処がすっごくいいんです。

お風呂から上がってドベーっと横になって休める畳敷きの部屋。

お風呂と同じくらいのスペースがあって広々しててGood♪



f0208112_23155733.jpg
湯船側から見た、湯上り処。

こういうスペースはとても嬉しい♪


残り3つのお風呂もそれぞれ趣向が凝らしてあって良かった。

脱衣所や湯上り処に置かれた照明器具や置物も、センスよく?

頑張ってまーす!!って、ヒシヒシと伝わってきちゃったり^^;


お風呂の雰囲気とお湯の肌触りは、本当に大満足でした。

4つ制覇出来たし♪



f0208112_2323997.jpg

お風呂はやっぱり夫婦で貸し切りで入れるのがいいな・・って改めて思った。 
一人で入ってもつまんないし、あーだこーだと色んな話ししながらのんびり浸かれる。 それが一番♪
f0208112_23271767.jpg


by satomi-kazu | 2011-06-29 23:34 | おもいでの宿 湯の島館 | Trackback | Comments(8)
2011年 06月 21日

怖い・・痛い・・美味しいの旅

f0208112_12412432.jpgf0208112_12414184.jpg
週明け一泊の旅から帰って参りました。

怖い!痛い!・・・が印象的な旅となりました。

こーーんな濃霧で一寸先の視界が無い山奥の林道・・・

皆さんはこういう林道を走られて温泉地に行かれます?

助手席で異常に怖がる私に旦那曰く

「東北好きなろとさん達なら、こんな道路は普通だよ^^」・・と
一応安心させようと言う努力が見られたが。



f0208112_12491075.jpg
晴れていれば富士山が素晴らしくよく見える峠だそうで・・・
(宿の女将さんが教えてくれた)

なんと!林道をズンズンと昇った途中で、野生の鹿にまで遭遇。

「山賊が出てきたって不思議じゃない雰囲気・・」思わず車のドアをロックするあたし。

車一台通るのがやっとの幅の林道・・・視界最悪・・・これって対向車来たらどーーすんの??

安倍峠まで約12kmの道のり・・これ当分語り草になるな、私の。だって、ホントに怖かった~



f0208112_1333170.jpgf0208112_1334353.jpg
宿に入る前にケガしたのも、温泉に行き出して初めての経験。

梅ケ島温泉の源泉を見ようと、細い階段を昇り(この時既に大雨)
降りて来るときに階段から滑り落ちた。

腰を強打・・・手足は擦り剥き内出血状態・・・
濃霧といい、怪我といい・・・最悪だ。

梅ケ島のお湯は・・・ものすごーく良かった!

とろ~り、ヌルヌル。久々の感触だった。



f0208112_132241.jpgf0208112_1321468.jpg
おもいでの宿 湯の島館さん

お迎え菓子のよもぎ饅頭は毎朝手作りするとか。
ちょっとー饅頭屋さんやっても繁盛するんじゃないの?ってくらい
美味しい美味しい、お饅頭でした。

あとは、夕食に出た安倍山葵・・・これがまた絶品。

〆に出たラーメンに山葵を摩り下ろして食べる・・・旨っ♪



それにしても、今日になっても腰の腫れが引かない(泣) 歳だなぁ・・・回復力が遅いのなんのって^^;

by satomi-kazu | 2011-06-21 13:24 | おもいでの宿 湯の島館 | Trackback | Comments(6)