ずっとそばに

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:別所温泉 桂荘( 2 )


2013年 01月 19日

別所温泉 桂荘 宿泊記

         昨年末に泊った別所温泉 桂荘 ずいぶんと間が空きましたが、続きです。
         一応ね・・・泊った記録は残しておこうかと・・どういう感想持ったかとか、写真を見返せば自分達には一目瞭然です。
f0208112_12152542.jpg

         建物自体は、かなり年季の入った宿でした。 昔から長年営んでいらっしゃる温泉宿・・という雰囲気がぷんぷんします。 館内は清潔。
f0208112_12205645.jpg

         通された部屋・・・「女神」~・・・入口ドアが実にレトロ(笑)
f0208112_12295396.jpg

         若女将の案内で部屋へ。 広縁も入れた8畳の部屋ですがコタツもあったのでとても狭く感じました。 
         3階のこの部屋からは夜になると、上田市街の夜景がとってもキレイに見えます!と、若女将の説明。

f0208112_12345144.jpg

         で、その夜景がこれです! 説明の通り、鑑賞することが出来ました。 写真下手なのでイマイチな映りですが(汗)
          とってもあったまる別所のお湯に浸かった後にここでこうしてボッーーと夜景を眺めて身体を涼めました。

f0208112_12383436.jpg

         ちなみに、明るい時の部屋窓からの眺めはこんな感じ♪
f0208112_12402017.jpg

f0208112_12445932.jpgf0208112_1245051.jpg
さて、お楽しみな温泉です。

別所に行かれてるブロガーさんから
「別所のお湯は良いですよ~」って^^

どんな風にいいんだろ?ワクワク♪

桂荘さん、部屋数は8つ

お風呂は3か所 全部貸し切り仕様です。

この日は5組のお客さん。

一度だけ、3つとも利用中で
部屋に戻りましたが、あとは問題なく
ストレスなく(笑)
お風呂には入れました。



      一つ目 このお風呂が一番広かったです。 4、5人が入れる湯船でした。 
      お湯の感触は・・・ホントに上手く説明出来ないんだけど、草津のお湯のようなパンチの効いた感じでも無く・・・
      かといって単純泉のようなサラリとおとなしめな感触でも無く・・・とろーりとろとろのアルカリ度たっぷりの感触でも無いんだけど。
      う~ん・・・なんて表現していいのか解りませんが、肌にまとわりつくような、それでいてしつこくない優しい感触の素晴らしいお湯!!
      と、まぁ私なりの表現ですが(笑)そんな感じです。

f0208112_1253583.jpg

 お風呂の説明をしてくれた若女将が、「基本的には無色透明ですが、季節や気温、時間などによって、薄く緑がかった色や
 白っぽくなることも有ります」と。  確かに・・・キレイで、うすーい緑色した時間帯もありました。

f0208112_133413.jpg

 二つ目のお風呂 こちらは夫婦2人でちょうど良い感じの湯船でした。 温度も若干高めに感じられました。
f0208112_135559.jpg

 お湯の色・・こっちは完全に無色透明でした。心地よい硫黄の香りも、こっちのお風呂の方が強く感じました。
f0208112_1362073.jpg

 三つ目は、かなり小さめのお風呂です。 大人2人で入るにはちょっと・・無理があるかな。 
 旦那は早朝ひとりで入ってましたが、私は一度も利用しませんでした。

f0208112_13142262.jpg

f0208112_13164660.jpg

温泉に関しては、私個人的な感想として

草津のお湯に匹敵する位の印象を持ちました。

日本全国にはまだまだ素晴らしい温泉が目白押しなんでしょうが

私達が浸かってきた数少ない温泉の中では・・・という感想です。

これから先の温泉地選びの中で 「別所温泉のお湯」目当てで

宿探しをするのも必須になったかな?^^;



f0208112_1335393.jpg
お次は、夕食と朝食のご紹介です。

一階にある食事処で。

別料金を支払うと、部屋食にもなるようですが・・・

5組の内、4組だったかな?ここで食べたの。

その4組が全員揃った直後に、若女将からのご挨拶。

大きな旅館の団体客向けに大広間で女将が挨拶!っていうのは

見慣れた光景でしたが、この小さな宿で、4組のお客さん向けに

挨拶の口火を切られた時は、正直ビックリしました(笑)


内容は、ありきたりの旅館料理ではなく、料理長が(多分ご主人)精魂込めて作った地元野菜をふんだんに使った手料理を

是非、ご堪能下さいませ・・・というもの。 若女将の堅実な一生懸命さが伝わってきて思わず拍手しちゃった・・・あたし(笑)

因みに他のお客さんは、静かーに聞いてました。



以下・・・桂荘さんのお料理を載せます。 敢えて感想は書かないことにします。 多いな最近このパターン(笑)
最初にも書いたけど写真を見返せば、自分達がどういう感想を抱いたかは思い出せるので。 
一言だけ、添えるとすれば・・・ガンバってるのはものすごーーく解るんですよ・・・痛い位伝わってきたんですけど・・・・・・・・

f0208112_13495811.jpg

f0208112_13511325.jpg

f0208112_13515377.jpg
f0208112_13531816.jpg

f0208112_13542633.jpg
f0208112_13543999.jpg
f0208112_1356108.jpg
f0208112_13581483.jpg
f0208112_13582778.jpg

                      続いて朝ごはん
f0208112_1403727.jpg
f0208112_1404579.jpg
f0208112_1412392.jpg

f0208112_1431373.jpg

ご家族構成は詳しく知る由もありませんが
何かのクチコミで、若女将の代になってから料理への拘りが
変わってきたとありました。

宿の規模から言って、多分家族経営じゃないかな。

これから先、若い世代の客層を増やしていきたい・・・
料理からはそういった調理人の心意気みたいなものを感じました。
(私の勝手な想像ですよ)

料金設定も高くないので、若い客層にも支持を得られるかな。

ただ、自分達も含めて、もっと高い年代層のお客さんに対しては・・・

あの夕食のラインナップはどうかな??・・・(特に味付け)
と素直に感じました。



f0208112_14142890.jpg
f0208112_141431.jpg

                                         別所温泉 桂荘さん宿泊記おしまい♪^^

by satomi-kazu | 2013-01-19 14:24 | 別所温泉 桂荘 | Trackback | Comments(20)
2013年 01月 05日

別所温泉@2012年末

f0208112_1249102.jpg
クリスマス寒波でモノスゴク寒かった2012年末

〆の温泉旅に「別所温泉」に行ってきました。

「別所温泉どう?」と、旦那が言う。

「えーー九州行くの?一泊でぇーー??」と、私。

「それは別府でしょ」

知らない事ってまだまだいっぱい有りますねw


快晴の空の下  車窓からの浅間山もクッキリ~



f0208112_1256756.jpg
昨年末に起こった中央道笹子トンネルの事故以来

トンネルを通過する時間は、正直言って怖いです。

あれから実家に帰省したのも含めて遠出は2回目。

トンネル通過中は気を紛らわすように、写真を撮ってみる^^;

ああいう事故に不運にも遭遇しちゃうのって

何万分・・何億分の1くらいの確率なんだろう・・・ ホントに怖い。

喉元過ぎればで終わらぬように、高度成長産物の検査チェックは

しつこいくらいにやって欲しいものです。



f0208112_1335132.jpg
上田で評判のお蕎麦屋さんでお昼。

「草笛」 ここは生前ポポカさんも訪れていて、ブログで拝見してて

行ってみたいなって考えてた場所です。

駐車場も広く、店内も100名以上は裕に入れる大きなお蕎麦屋さん。

ちょっと辛口のクチコミには「地元の人間はあまり行かない」^^; 
と、ありましたが・・・・

私達地元の人じゃないし(笑)  まっどんなお蕎麦が出てくるのか

行ってみましょ。



左が天ざる(普通盛り) 右が、旦那が頼んだ、中盛りのざる  普通盛りでもかなりの量。中盛りに至っては、ちょっと・・・多過ぎ^^;

f0208112_13124730.jpgf0208112_13125718.jpg


中盛りの器を横から撮ってみると・・・かなりの高さ! 上げ底なんてケチな盛り方してませんよ~^^ 
しかし、蕎麦好きの旦那も最後の方は飽きた模様・・・・けど残さず完食!!エライ  
あっ肝心のお味は・・・「本当に美味しいお蕎麦食べたいなら東京で」と、誰かが言ったとか言わなかったとか・・・


f0208112_13171895.jpgf0208112_13173899.jpg


さて、お腹も満たされました。 別所温泉に到着です。私は初めて!旦那はその昔・・・誰かと来ているらしいっていうか、来てた!! 
まっヤキモチ焼く歳でもキャラでもないのでいいーんですけど(笑)


f0208112_13251853.jpgf0208112_13254071.jpg


f0208112_1329516.jpg
温泉街の入り口。 ひとっこひとり居ません(笑)

まぁあと数日後、年末年始の期間はきっと
大勢の観光客で賑わうのでしょう。

ところで、この場所に立った時、不思議な感覚に・・・
初めての場所なのに・・・遠い昔、一度来たことがあるような?
なんだろ?えーーなんかタイムスリップしたみたいな感覚だよ~って
旦那に言ったら

「いい旅夢気分かなんかでこの場所映ってたよ
satomiさん、それ見てたんじゃないの?」
 

あっそ・・・
はぁーーっ そうですかっ



チェックインまで時間があったので、散策開始! 有名な?「北向観音」や「安楽寺」を歩いてみることに

f0208112_13404779.jpgf0208112_13413165.jpg


北向観音はお正月の参拝者がもの凄いらしい。 そんなに幅広でもない参道に人が溢れかえるそう。この日は2組のカップルに遭遇しただけ^^;

f0208112_13442170.jpgf0208112_13451859.jpg


                北向観音から少し行った場所に安楽寺  重要文化財「国宝」と聞いてビックリ! そーいえば拝観料取られたわ(笑)
f0208112_13481448.jpg

f0208112_1353568.jpg

                木々の隙間から見上げる国宝の塔  なかなか良かったです。 厳かな雰囲気が充満(笑)
f0208112_13543573.jpg

f0208112_13595732.jpg

f0208112_1413131.jpg
それにしても寒いっ!!

池の水も凍っていました。

目に見えるかどうかくらいの雪も時折り舞っています。

別所は雪がほとんど降らないそう・・・
積もっても、10cmそこそこなんですよ
(マッサージのおじさん談)

あっそれと雨もほとんど降らないって!
日本で一番か二番じゃないっすかね
(マッサージのおじさん談^^;)



             さーて寒中散策も終えて、今夜の宿へ 「桂荘」さん。 全8室のこじんまりした宿です。 今回も選んだのは旦那。 
             旦那が選ぶ宿は私達の中では当たり~が多いのですが・・・さて今回は如何なもんでしょ(笑)

f0208112_1491676.jpg

f0208112_14161766.jpg
宿選びの基準って(自分達の)皆さんきっと何かありますよね。
我が家の基準を改めて考えて見たら

①貸し切り風呂が必ず有る!か、もしくは部屋風呂付き
②やっぱりご飯は自分たちが「美味しい~」と思えるものが良い
③清潔感


最近ではいっちょまえに泉質にも拘りみたいなものが出てきたけれど
取り敢えず上の3つで満足度が高いと、「また来ようね~」になる。

今回感じたのは、①に対してもう少し私が妥協出来たら、宿選びの選択肢も
すごく広がるんだよね~ってこと。
入浴着OK!のポスターが桂荘さんの浴室にも貼ってあったけど・・・
まだね、ちょっと人目が気になるお年頃(笑)

術後の身体を他人に見られなくて済む、貸し切り風呂選択はまだ当分続きそう。



というわけで、桂荘さんの宿泊記はまた後日に  ではでは~

by satomi-kazu | 2013-01-05 14:41 | 別所温泉 桂荘 | Trackback | Comments(21)