カテゴリ:宇久須温泉 大和丸( 2 )


2013年 06月 16日

大和丸 食事編


f0208112_12545788.jpg


西伊豆 宇久須温泉 大和丸さん

夕朝食は、1階の食事処で。

前日の修善寺同様 こっちの宿も私達だけの貸し切り状態。

居酒屋風の食事処も実に静かな静かな時間となりました。



f0208112_1259244.jpg
案内されたテーブル、最初はこんな感じ。

小鉢の酢の物や、揚げ茄子味噌和えもいい味でした。

後の料理は若女将さんが
出来立てを運んでくれました。

最後のアイスクリームが出るまでに
お肉料理は一切無し^^;
徹底した魚料理が売りの宿、大和丸。

「美人は薄化粧」が料理人のモットーらしく
新鮮な素材は手を加える事無くシンプルに
テーブルに並びました。



f0208112_135339.jpg

舟盛り

こういう感じで出される舟盛りは久しぶり。

白身のお魚が多く、色合いは地味ですが

ふたりで丁度いい量でした。

お刺身って案外それだけでお腹一杯に
なっちゃうんですよね。



f0208112_13135425.jpg

茹で蟹

シンプルな茹でただけの蟹ですが
何気にそんな料理を食べることじたいが
久しぶりだったので^^;
どこか懐かしさを感じながらの食事でした。

そして、大和丸さんの料理の量は
「どかーんと、出しとけばいい!」という感じでは無く
ある意味上品だったように思います。

残さず食べれる量でした。



f0208112_13201075.jpg

小鉢の根菜の煮物が良い味でした。

実家の母親の料理を食べているような感覚です。

私の実家は、千葉県の漁師町、銚子ですが

小さい頃から、お膳には刺身!煮物!刺身!煮物!(笑)が

ローテーションだったので実に懐かしいです^^



f0208112_13271473.jpg

大好物のアワビ

お刺身か踊り焼きで選択ですが
迷わず、焼きで!

ちょっと残酷なビジュアル感も否めませんが

美味しい!には勝てませんね^^;



f0208112_13335094.jpg

白身魚のフライ

揚げたてのアツアツで出されました。

これも、シンプルで美味しかったです。

今まで泊ってきた宿での食事は
どちらかと言うと創作料理っぽい洋食が多かったので
大和丸さんの魚料理は、逆に新鮮な感覚でした。

たまには良いですね^^



f0208112_1339197.jpg

焼き物の魚が最後に2品 運ばれてきました。

熱した石の上で蒸し焼きにされた、マグロのカマ

いやーこれ、すっごく美味しかったです。

「ポン酢でどうぞ!」って若女将さんが言ってたけど

何もつけなくても美味しいのなんのって^^

魚の美味しさを再認識させてもらえました。



f0208112_134414100.jpg

同じく蒸し焼きにされた魚

名前は失念^^;

まるまる一匹大きな魚で、食べごたえたっぷり。



f0208112_13471360.jpg

続いて朝食

純和風なラインナップ

温泉卵が嬉しい♪



f0208112_1350215.jpg

タラコの甘辛煮とイカの一夜漬けが絶品でした。

最近の宿の朝食の中でも上位です!
(あくまで私の感想ですが^^;)



f0208112_1355354.jpg

忘れちゃならない、お味噌汁^^

もちろん魚のお頭入り

白味噌仕立てが私の好みなので
言う事なし!の美味しさでした。



f0208112_13581718.jpg

2泊3日の伊豆旅行もあっという間に終わります。

大和丸さん
漁師宿らしくブレナイ料理で好印象でした。

一昨年訪れた弓ヶ浜の「なごみ詩」さんもお気に入りですが
(金目鯛の塩釜焼きが名物の宿です)
如何せん・・・西伊豆はちょっぴり遠いですね。

ただ、今回の旅行で改めて「魚料理」もいいなぁと
感じたので、また色々と宿探しもしたいなと思いました。



3日目の空模様もどんより曇り空でした。 晴れ男も少々お疲れ気味ですかね^^; 帰りは私の運転で、国立までの200kmを走ります。
f0208112_1462882.jpg

途中、西伊豆スカイラインを走り富士山の絶景ポイントの「だるま山高原レストハウス」に寄りましたが、見えませんねぇ~^^; 
お天気が良かったら私の背後にはクッキリ富士山!のはずでした。

f0208112_14115033.jpg

f0208112_14173469.jpg

数回に分けての、我が家の伊豆旅行記にお付き合い頂きありがとうございました^^  さーて今月末は久しぶりの奥飛騨です♪ 健康で行ける事に感謝。 

by satomi-kazu | 2013-06-16 14:26 | 宇久須温泉 大和丸 | Trackback | Comments(8)
2013年 06月 14日

宇久須温泉 大和丸

f0208112_12501855.jpg

ブログって何ですかね?(笑) いきなりそこ?

自分のブログを書き始めて4年と少し経ちましたけど・・
最近は自己満足の掃出し場でしかないんじゃないの?とか
自己主張&自慢話し聞いて!の場でしかないんじゃないの?とか
(その通り!って画面の向こうで笑ってるアナタ^^;)

なんだかね・・うまいこと説明はできないんだけれど
私のブログもまだまだ猫を被っているらしい(笑)
とは、某女史からのお言葉。
いやいや、全てさらけ出せないでしょ、それはいくらなんでも^^;


話し逸れましたが、写真は伊豆2泊目の宿
宇久須温泉 大和丸さん



f0208112_1352713.jpg
露天風呂付のお部屋の窓からの景色です。
目の前に小さな小さな漁港。 釣をしている人もいました。

で、自己満足ウンチクをもう少し(笑)

すっごーく昔の話なのですが、松田聖子さんがお子さんを
出産した当時、テレビの画面でそれはそれは何度も
お嬢さんの(まだ赤ちゃん)映像が流れた。
聖子ちゃん曰く 「神様がくれた宝もの♪」
それに対して誰かがインタビューでこう言っていた。
「宝ものは自分達だけのもので
多くの人の目に触れさせたくない」
数十年経ってもなんだか記憶にある言葉です。

まぁ私自身が書いてる私のブログも宝物には違いないんだけど
多くの人が見れるようにこうして公開していること事態が
やっぱり・・自己満足に過ぎないのかなぁ・・・なんてね



って、自分で書いてて何が言いたいのか解んなくなったので(笑)素直に?宿のアップいきまーす♪ 3年ほど前に熟年夫婦が旅番組で紹介していたお宿。 
ずっと我が家の行ってみたい宿リストにありました。3年越しでの初訪問です。漁師さん経営のまさしく漁師宿!館内のインテリアも「海」一色でした。


f0208112_13155860.jpgf0208112_13161568.jpg


ラウンジとか、こ洒落たロビーだとかは有りません。
中途半端に、当館は〇〇がコンセプトです!なぁーんて恰好付けてるなんちゃってお洒落宿よりも潔くて◎な印象です。 あっ・・・つい本音が(笑)


f0208112_1462532.jpgf0208112_1465426.jpg


f0208112_1325858.jpg

8畳プラス 露天風呂付き

平日@21000なのですが、3年前からずっと
一律@2100引きになっています。

なので@18900
こういう価格表示ってお得感?を誘うのでしょうかね?
最初っから@18900の表示でもいいように思いました。


とは言え(笑) 我が家では久々の1万円台後半の
贅沢宿!となりました。



天井が高かったので、8畳間にしては広く解放感もありました。 テレビも大きくて◎  ただねぇ・・・お布団敷きがセルフだったのですよ。 
正直言ってこの値段でセルフかぁ~?って思いました。 この宿は基本「民宿」のようで、露天風呂が付いている部屋は2部屋のみ。
あとのお部屋は@10000で泊れるリーズナブルさがあるので、セルフも必然なのかなぁ・・・^^; 


f0208112_13335657.jpgf0208112_13343385.jpg


露天風呂です。 お風呂に浸かりながら目の前の漁港が見渡せます。海風が心地よくて、どっぷりのんびり浸かれました。
f0208112_13425766.jpg

夜はこんな感じ~  改めて部屋にお風呂が付いているのは良いわ~って実感です。 
最近は大浴場や貸し切り風呂に行くために部屋を出るのも億劫になってしまって(笑)
f0208112_13474818.jpg

f0208112_13545612.jpg

ちなみに、鍵を閉めて入れる貸し切り風呂も
2ヶ所有りました。

大人2人サイズですかね、小さ目です。

覗いただけ~^^;



ご飯まで一気に!と意気込んでパソコンに向ったのですが(笑) また次回に。 
夕暮れ近く、部屋から撮ったこの写真が何気に気に入っています。 カモメが入ってるからだな、きっと(爆笑)

f0208112_1359228.jpg

では、また~

by satomi-kazu | 2013-06-14 14:16 | 宇久須温泉 大和丸 | Trackback | Comments(10)