カテゴリ:那須 こころのおやど 自在荘( 3 )


2013年 09月 28日

こころのおやど 自在荘3

f0208112_1747850.jpg
9月終わっちゃう~

那須温泉 自在荘の夕食&朝食

ササササッーといきます。

詳しく感想も書きません(笑)ので

ご想像にお任せってことでお願いします。


夕食はかなり久しぶりの 「部屋食」でした。

着物姿の仲居さんが準備してくれます。

こういう光景も久しぶりです。



f0208112_17524930.jpg
いろいろとセッティングに忙しい仲居さんの手(笑)

「料理の写真撮ってもいいですか?」
「はい~どうぞ^^どうぞ~
よろしかったら、”奥さま” ご主人と一緒にお撮りしましょうか?」と
言ってくれましたが

「いえいえ、いーんです^^ 私たち二人でってあんまり撮らないし」

「奥さま」って言葉に妙に反応しちゃいました^^

久しく誰からもそんな呼ばれ方してなかったので
くすぐったいような、変な感覚でした。

”おくさま~”



夕食一斉に載せまーす^^
f0208112_17575966.jpgf0208112_17583768.jpg


f0208112_1803122.jpgf0208112_1811188.jpg


f0208112_1814245.jpgf0208112_182192.jpg


f0208112_1851516.jpgf0208112_1841524.jpg


f0208112_1861443.jpgf0208112_1862943.jpg


f0208112_1873081.jpg
ごちそうさまでした。

kazuさんはお昼ご飯が少なくて(パーキングのラーメン)
お腹が空いていたのか(笑)

「面白い~」 とか言いながら、あっと言う間に完食してたけど・・・
まぁ確かに・・3段仕様になってる木製のお膳?みたいなのは
なんだか、ひっさしぶりにこういうの見るわ~って感じでしたけどね。


私は、どうも不完全燃焼で終了した晩ご飯でしたね。
露天風呂付き客室とはいえ・・・@19950
主婦の感覚からするとですねぇ 20000円出したら・・もうちょっと^^;
ってなります。

栃木牛も焼いたら固かったし^^; すごく残念だったわ。



f0208112_18122030.jpg

最近、特に気になり出した宿の寝具。

自在荘さんは、私的な評価は◎!!花丸でした♪

敷布団と掛け布団の白いシーツは、パリッパリで糊付け充分だったし

何と言っても、顔周りに触れる部分には、取り外し可能の別なサイズの
白いカバーが取り付けてありました。

もうね、寝具は基本中の基本だと思いますよ。 宿泊施設だったら。

前日のお客さんが使ったままの、ちょっとヨレヨレになった掛けカバーなんて
使っちゃいけませんって。

何処の宿とは書きませんけど(笑)



f0208112_18262426.jpg
あっ! 忘れちゃいけない♪
お夜食の~ かんぴょう巻き~♪

なんでもこの辺りはかんぴょうが特産だとか?
美味しく頂きましたよ。 小腹も空いてましたしね。

ちなみに、おにぎりは言わずと知れた船山のお夜食~
やっぱ・・・いろいろ似てるわ(笑)

f0208112_18275075.jpg


f0208112_18361178.jpg

こちらが朝食会場

12組が一度に食べるのはちょっと無理なのかな?広さが。

私たちが行った時には、もう食べ終わったお客さんも
何組もいました。

こんな賑やかな朝ごはんの雰囲気も久しぶりです。

いつもは、個室や囲いのある部屋で食べるのが多かったので

なんとなく新鮮さも感じました。



f0208112_18413243.jpgf0208112_1841822.jpg


f0208112_18434073.jpg

素朴な朝食でした。

色々と頑張ってます!感があった夕食よりも
私は好きですねぇ こういう朝ごはん♪


見渡すと、女性客8割に対して男性客は2割

圧倒的に女性が多かったです。
それもご年配の方が多かったかな。

那須周辺の別荘族の方達が立ち寄りもされるので
お風呂は夜の8時まで受け付けているというお話も伺いました。


「混み合っていたようで・・申し訳ありませんでした」 と若女将。

全てのお客さんの要望を聞き入れていたら宿の経営も
成り立たなくなってしまうでしょう。
けれど、ひろーい心で、お客さんの言葉に耳を傾けてくれる。

まさしく、そんなおもてなしの心が伝わってくる素敵な若女将でした。



f0208112_1854921.jpg
自在荘さんの看板犬 「空」 くうちゃんと読むそうです。

宿のHPに写真があったので、チェックアウト時に女将さんに聞いてみました。
「あのワンちゃんは何処にいるのですか?」
女将さんは、急に淋しそうな悲しそうな顔で
「8月に・・・天国に逝きまして・・・急なことでしたので、まだ信じられませんで・・」

そんな会話をしながら、自在荘を後にしました。



f0208112_1859956.jpg
お世話になりました。

我が家では久しぶりの北関東 

東北道を走ってやってきた那須

いつまでも長湯できそうなやさしい感触のお湯に浸かり

猛暑!猛暑だった今年の夏の疲れも癒されました。


こころのおやど・・・自在荘


長らく見て下さってありがとう~ おわり^^



f0208112_19144040.jpg
次回・・・予告(笑)  いやー♪ 美味しい肉だった。。。
あっちに行けない私に付き合ってくれてありがとう~また行きたいっ(笑)


f0208112_2335093.jpg



by satomi-kazu | 2013-09-28 19:26 | 那須 こころのおやど 自在荘 | Trackback | Comments(17)
2013年 09月 22日

こころのおやど 自在荘2

f0208112_11583067.jpg
夫婦で訪れた温泉宿や、外食でのお店をブログで記事にしてますが
数多くのブロガーさんが、宿の様子を詳細に紹介するのとは違って
私のブログって客観的にみると、すごく「いい加減」だと思うことがあります。

今までも何度となく書いてきましたが、やっぱり基本は
夫婦の記録と感想なんだわねぇ~と(笑)

見にきてくださってる皆さんには解り難い?かもしれないのですが^^;
自分でブログを読み返してみると、「イマイチ!」「再訪無し!」な
宿やお店は実にサラーーッと流し気味に記事にしています。



ということで、今回の宿 こころのおやど 自在荘
「いい加減」では無くて「良い加減」となりますように。



f0208112_12323889.jpg



さて、宿ご紹介~

館内はどこもとってもキレイでした。

正直、宿の外観を見た時は
「あれ?古っ・・・」が最初の感想でしたが
リニューアルされたのかな?って感じる程、清潔感いっぱいでした。

このらせん階段は、フロントから大浴場へ向かう階段です。



f0208112_12405534.jpg

階段を降りてすぐ左に
貸し切り風呂の入り口があります。

宿泊者は無料で利用できます(予約制)

立ち寄りのお客さんは別途料金がかかるみたいです。

私たちも、一回予約して利用しましたが
部屋の露天風呂の方に断然軍配で、貸し切り風呂は
写真さえ撮るのを忘れました。

しかもカラスの行水で、30分利用できるのに
10分足らずで上がってきました(笑)



f0208112_12482118.jpg

湯上り処

血圧計測器や大きなマッサージチェアが2台など

年配者に嬉しい取り揃え(笑)

もう既に年配者の域に達している私も
喜んで使わせてもらいました。



f0208112_12511559.jpg

そのいち^^

足裏マッサージ機

結構な威力で驚く(笑)



f0208112_12545616.jpg

大浴場の入り口には、飲泉所も。

冷たいお水を風呂上りにすぐ飲めるように
なっていて、とてもいいサービスだと思いました。

こんなところも、船山に似てるわ~と思いました。



前後しましたが、フロント階には、小さなお土産売り場もあったり、夜には飲み足りないお父さん達が利用できる居酒屋風な広間もあったり。 
ちなみに朝食はこの会場で頂きました。


f0208112_12595067.jpgf0208112_130487.jpg


f0208112_1352664.jpg
さて、今回の私のツボ(笑) 大浴場です。

男女別に、内湯と露天風呂がひとつずつ・・・
(少ないよ~ひとつずつじゃ。心の声・笑)
夜の12時に入れ替えで、宿泊客はどっちにも入れます。

私たちが泊った露天風呂付き客室は3部屋なので
その他の客室は10部屋 仮に満室だったとして・・・
尚且つ、立ち寄りのお客さんを夜の8時まで受け付けているので
混雑は避けられない・・・と、この日に(平日)宿泊した私が
素直に感じた感想です。

実際に、お風呂の写真撮りたいなーと、何度あの赤のれんを
くぐっては断念したことでしょう(笑)
いつ行ってもスリッパが・・・・



f0208112_13143595.jpg
私  
「また、ダメだったよー 写真無理かも~~」

kazuさん 
「いいじゃない、撮らなくても~ 部屋の露天風呂はカメラに
残ってるんだからさ」

私  
「・・・だよねぇ・・・まっいいっか、でもなぁ・・・いい~雰囲気なんだよ、大浴場」

kazuさん  
「だったら頑張れば、ボクは寝る」

私  
「ひゃー冷たい(笑) よーしこうなったらもう意地だ!」

で、写真です(笑) 男女入れ替えの直前 夜の11時45分頃だったかな。



f0208112_1325684.jpg
上のブクブク写真はジャグジーです。 すごく気持ち良かった。

浴槽は大小2つ

ライトアップされているんですが、如何せん安カメラなので
露天風呂の素敵な雰囲気が上手い事撮れていません。

石造りですっごく重厚な雰囲気のいいお風呂でした。

私は、身体上の理由もあって、貸し切り風呂や
部屋に付いてるお風呂ばっかりで、大浴場には
殆ど入らないのですが、その中でも自在荘さんの
露天風呂は、素晴らしい雰囲気でした。

いつ行っても、誰かしら入浴してる・・・
その理由も理解できるほど素敵なお風呂でした。



          ん~~ 何度も何度も赤のれんをくぐって、誰もいない時を見計らってやっとカメラに収めた写真。 
            自己満足の何物でもないんですが、こうして見ても、何とも言えないいい~雰囲気のお風呂だったなぁと・・しみじみ(笑)
            そんなに何度もムキになって写真撮らなくても~・・・って、温泉ブロガーさんだったらこの気持ち解っていただけますよね(笑)

f0208112_13341458.jpg

f0208112_146860.jpg

ちなみにこちらが男女入れ替え後の女性風呂です。

同じく大小2つの湯船があるのですが
こっちのが2つとも小さ目。


朝食後に入りに行きました。



f0208112_1491979.jpg
木枠の湯船

オシャレなリクライニングチェアなんかあったり。

そうそう、肝心なお湯ですが
どちらかと言うと熱いお湯が好きな私には
ちょっと温めな温度でした。

源泉が60℃くらいらしいので、湯量で調節してるのでしょうが
真冬でこの位の体感温度だと寒いかもしれないです。

お湯の感触は、サラサラとまったりの中間?と言った感じ。
おとなしめで、いくらでも浸かっていられそうなお湯でした。



f0208112_14174134.jpg
夕食、朝食と一気に・・・と思ったのですが
疲れちゃいました(笑)

また、日を改めて続きを書きたいと思います。

日本酒を注文したら、こんな感じで出してくれました。

ほらねーやっぱり船山と似てるでしょ(笑)
   ↓ こっちは船山^^


f0208112_14231292.jpg



by satomi-kazu | 2013-09-22 14:27 | 那須 こころのおやど 自在荘 | Trackback | Comments(14)
2013年 09月 14日

那須 こころのおやど 自在荘


f0208112_2336401.jpg

我が家では久しぶりの東北道

往路の運転担当はkazuさん。

今時、ナビも付けてない車ですが
地図大好き男のkazuさん

私が頑なに「ナビ付けよってばさー」と言っても

「あちこち、走りながら行くのが面白いよ」って

受け付けず・・・・・

迷った時の、私からの罵倒攻撃も慣れたもよう(笑)



f0208112_12231849.jpg

首都高を抜けて東北道に入ってから予報通りの雨

というかどしゃぶり(笑)

今年は、集中豪雨だったり落雷だったり竜巻だったり・・

ホントに多い年でしたね。

060.gifドライバーズ、シートまで~横なぐりの雨~
ワイパー効かない夜のハリケーン060.gif 

この曲が鼻歌交じりに出てきました・・・

年代判るわぁーモロバレだぁね(笑)



宇都宮でお昼をと、鹿沼ICで途中下車 宇都宮餃子みんみん・・・・店舗前の行列くらいなら、決行したんですが、駐車場の奥まで続く行列に断念。 
もう一軒の有名処「正嗣」は臨時休業で、踏んだり蹴ったりでした。


f0208112_12494845.jpg 
f0208112_1250053.jpg


再び東北道に乗り那須まで・・けれど、アタマはもう既に餃子!モードだったので、上河内SAでのお昼ご飯は餃子定食♪ 
お味は・・まぁSA仕様ってことで042.gif


f0208112_1254759.jpgf0208112_12541913.jpg


f0208112_1305682.jpg
kazuさんは、ゆず塩ラーメン湯葉こうや豆腐添え
(長ったらしいネーミングだわ^^;) 

こっちの味もそれなり
042.gif

私の餃子定食 
餃子の数がハンパなさそうに見えますが
宇都宮の餃子って、一個が小ぶりで
野菜が多くて、おやつ感覚で食べれちゃうので
(言い訳に必死だなぁ011.gif

トリプル(18個)でも、問題なく・・・・

kazuさんも一緒に食べてますしね(笑)



チェックインは午後2時 「こころのおやど 自在荘」 写真は晴れた翌朝のものです。 全13室ほど、中規模のお宿といった感じでしょうか。
私たちが泊ってきた宿の中だったら「船山温泉」に似た雰囲気かな。スタッフさんの数も、経営者(女将さん旦那さん)の奮闘振りも。

f0208112_13115071.jpg

f0208112_13181731.jpg

平日にも拘わらず、玄関横のウエルカムボードには
12組の名前がずらり

車が宿入口に入った途端に作務衣姿の男性スタッフが
駆け寄ってきて、「いらっしゃいませ~」
満面の笑みです。

う~む・・・のっけから「あれー船山そっくり~^^」

お出迎えの雰囲気だけで、宿の接客応対には好感度抜群でした。

初めてのお宿、やっぱりプロローグはワクワクじゃないとね♪



f0208112_1333628.jpg
玄関入ってすぐのフロント
着物姿の女将さんが、直接部屋に案内してくれました。

ネット予約サイトからだったのもあるのかな?
宿帳への記載も一切なかったです。

玄関では後ろから男性スタッフの声が・・・
「ご入浴のお客様~~ いらっしゃいませ~~」

??? あっ!立ち寄り入浴のお客さんね・・・
ん??でも、もう午後2時だけど、まだ受け付けてるんだ・・・

しかーし、2時なんてもんじゃありませんでした(笑)
このお宿立ち寄り受付がなんと午後8時!!

ふ~む・・・ふむふむ(笑)



f0208112_1346921.jpg
驚異の日帰り入浴8時まで~(笑)は、またあとで触れます。

さて、女将さんに案内されたお部屋は「萩」

この宿には3つの露天風呂付き客室があります。

その中でも「萩」は一番広いお部屋でした(16畳)
ちなみにあとの2つは共に8畳なんですが
夫婦ふたりの私たちがなんで一番広い部屋だったのかな?

予約時に部屋指定は出来ないシステムになっているので
宿が決めた部屋割りです。
お隣の8畳間のお部屋は、3人の家族連れだったんですがね・・

しかも、私たち今回は某〇〇らんで、ポイントをかなり使用しての
宿泊だったのでちょっと驚きました^^



                  広いです。16畳なんて、居場所が落ち着かずうろうろ(笑)
f0208112_1359663.jpg

f0208112_1414691.jpg

                 広縁の向こうには、キレイに手入れされた庭が広がっています。 なかなか落ち着くいい雰囲気でした。
f0208112_14343.jpg

f0208112_1410131.jpg

今回のお宿は少し丁寧に?(笑)
ブログに残そうと思っていますので
文言や説明など多くなりますがご了承^^; 

洗面台なんかの写真は普段あまり撮らないんですがね。

個人的に、イマイチ宿はサラーっと簡単に流すので
自在荘さんは印象に残ったってことで。

そうそう16畳の部屋なので洗面台も2つ!

5~6人は泊まれるお部屋でしたから。



さて、今回の旅で一番気に入った、部屋に付いている客室露天風呂です。 大人3人は余裕で浸かれる広々お風呂♪
大きな窓を開け放てば、気持ちいい風が入り込んできます。 屋根はあるので雨でも大丈夫(^^)v

f0208112_14204395.jpg

源泉100%のお湯が掛け流しです。 お部屋に源泉掛け流しの温泉がある・・・いつでも入れる・・贅沢です。 幸せだぁ^^
f0208112_14233326.jpg

f0208112_14291683.jpg
那須御用邸にも引き湯している源泉だそうです。

ありがた~く(笑)堪能しました。

源泉温度は60℃くらいあるようですが
この日は、40℃~41℃の体感温度で快適
お湯の量で温度調節するのでしょうから管理が大変ですね。

チェックイン後には雨も上がりました。
庭の緑も雨を受け清々しく、いい~匂いです。

kazuさん後頭部ショットも飽きたので(笑)
今日はこんな感じ^^



f0208112_1439596.jpg

お風呂上りの生ビール

フロントに電話すると女将さん自ら運んできてくれました。

ジョッキもキンキンに冷えています。

グイッと一杯・・・至福のひととき


こういう時間を過ごす為に、ガンバってお仕事するのですね。

kazuさん、毎日お疲れさま♪

またいろんな場所に行けるようにお互いガンバ~



清潔感あふれる館内や、夕食と朝食、そして8時まで立ち寄り可の(笑)大浴場などの様子はまた次回に♪

f0208112_1450995.jpgf0208112_14502073.jpg



by satomi-kazu | 2013-09-14 14:58 | 那須 こころのおやど 自在荘 | Trackback | Comments(10)