カテゴリ:湯西川温泉 清盛( 2 )


2014年 02月 02日

湯西川温泉 清盛の夕朝食


f0208112_0234447.jpg

清盛さんの夕朝食は、食事処で頂きます。

かなり広い場所で、カウンター席もあったりして

観光客がお昼ご飯を食べるお店としても

営業しているようです。


広い食事処に私達だけでしたので
本当に静かでした。



f0208112_029679.jpg
お品書きがありました。

最近の旅番組で知ったのですが
清盛さんは、親子4代の家族経営の宿

私達が見かけたのは、女将さんと若女将のふたりだけ。

あっチラッと食事処で大女将さん?らしき、おばあちゃんも
見かけました。

夕食の配膳は全て、女将さんがされていました。

すごく元気で明るく接してくれる女将さんでした。



f0208112_035174.jpgf0208112_0351752.jpg


f0208112_0365734.jpgf0208112_0371745.jpg


鹿のお刺身は生まれて初めて食べました。

f0208112_0405887.jpgf0208112_0402680.jpg


f0208112_0432424.jpgf0208112_0433958.jpg


f0208112_0453237.jpgf0208112_046379.jpg


f0208112_0465627.jpg
食事の最後に出たのが、湯西川の郷土料理で
ばんだい餅という料理でした。
お餅(しんこ餅だったような?)の上に
お味噌味の汁がかかっているもの。

家庭によって色々な味付けがある(女将さん談)
のだそうです。

旅番組のレポーターじゃないけれど^^;
その土地でしか食べれない郷土料理って
なんとなく新鮮で嬉しい。

食も・・・一期一会なのかな・・

抜群に美味しい!ってわけじゃないけれど
あ~旅に来たんだなぁって思いになりました。



f0208112_0554944.jpg

派手さは無いけれど、田舎料理的な素朴な夕食でした。

量も、私達にはちょうどいい塩梅で、釜飯のご飯も

食べきれるかな?と一応心配してみましたが(笑)

問題なく完食。



部屋に戻ると、お布団が敷いてありました。 トラウマ寝具も(笑)清盛さんは問題なく、パリッパリの気持ち良いシーツと掛けカバーでした~
驚いたのが、湯たんぽ! これ、ホントに嬉しくなっちゃうあったかさでした。 湯西川の朝は大変冷えますので・・って女将さん言ってたなぁ


f0208112_125153.jpgf0208112_121125.jpg


f0208112_174221.jpg

朝ごはんです。

印刷された紙だけど・・・

こういうちょっとした心遣いっていうのが
ふっと、心に染みちゃうことってありますよね。

朝食も女将さんがひとりフル回転で配膳してくれました。

満室とかだったら、お嫁さん(若女将)やご主人も
総出で、ガンバルんだろうなぁと・・



朝食は・・まず2つのお櫃が運ばれてきて、ビックリ! なんで2つも??? 白米と五穀米だったんです。 いやー、どっちも美味しかった~ 
白米はツヤツヤ、五穀米はモッチモチ・・・うん、もちろん2膳頂きました! 残しちゃった分、おにぎりにしてお土産にしたかったくらい^^;


f0208112_1131320.jpgf0208112_114853.jpg


f0208112_119532.jpg

小さなおかずも色々

最近、宿の朝食は大満足なとこが多くて嬉しい♪



卵料理も、席に付いてから選べました。 生卵、卵焼き、目玉焼き・・・ふっくら熱々の卵焼きは、私の母の味にそっくり^^ 
お砂糖が入ったちょっぴり甘めの卵焼き、遠足の時、よく作ってくれたなぁ・・・って何年前の話しでスか(笑)


f0208112_1223549.jpgf0208112_1221611.jpg


f0208112_1275013.jpg

そして、メイン?のタジン鍋~

伊豆高原のマダムも大きなタジン鍋で
金目の鍋を出してくれたことがありましたが
それ以来の、タジン鍋です。

あったかい野菜が、お腹に染みわたりました。

蒸し料理なので、カロリー低いし(笑)
たくさん野菜を食べれるし。

帰ってきて、さっそくアマゾンでポチッと購入しました。



野菜と一緒に蒸す、ソーセージと鮭も好きな物を選べます。 せっかくなのでひとつずつ。 どちらも、美味しかったです。大満足♪

f0208112_1331084.jpgf0208112_133236.jpg


f0208112_1383124.jpg
降り積もった雪で、我が家の車も雪だるま状態。

そろそろチェックアウトです。 車窓も、カチカチに凍っていました。
今朝の気温は-7℃でした~と女将さん。


f0208112_1385491.jpg


            ホントに雪景色の似合う温泉地だなぁと思いました・・・湯西川温泉  また来ることがあれば、やっぱり雪の季節に訪れたいですね。
f0208112_1445923.jpg
f0208112_145179.jpg
f0208112_151658.jpg

                初湯の湯西川温泉を後にして、2泊目の那須へ向かいます。

by satomi-kazu | 2014-02-02 10:21 | 湯西川温泉 清盛 | Trackback | Comments(21)
2014年 02月 01日

湯西川温泉 湯の宿 清盛

f0208112_12101182.jpg

湯西川温泉は、ふたりとも初の温泉地。

地図音痴なので、道程は説明出来ませんが

お昼を食べたお蕎麦屋さんから、1時間程走ると

雪景色に変わりました。

今年初の雪を見ました。

トンネル多し(笑)



f0208112_12152239.jpg

宿のチェックイン前に、温泉街をブラブラ・・・

しようと思ったのですが、結構な降りに(雪)
なってきました。

小さなお土産もの屋さんで傘を購入し

少し、歩きます。

寒し・・・寒いーーーー(笑)



                       雪景色の似合う場所ですね~ 平家落人の里 
f0208112_12192647.jpg

f0208112_12242546.jpg

本日の宿

湯の宿  清盛さん 到着


今回、湯西川温泉、那須温泉どちらの宿も
kazuさんがポチっとな・・・

というか、宿選びの90%はkazuさんなので
宿泊料金がバカ高くなければ、私も殆どおまかせ状態。


さてさて・・・初温泉の感想や如何に。



f0208112_12322758.jpgf0208112_12302699.jpg


f0208112_1233535.jpgf0208112_1233879.jpg


f0208112_12352959.jpg



窓の外の景色は

土手のようになっていましたが

降り積もった雪がキラキラして

とってもキレイでした。



館内 あちこち   この宿は、昼食処や土産物やさんも営んでいるので、敷地面積はかなり広いと思われます。

f0208112_12392652.jpgf0208112_1239314.jpg


f0208112_1241545.jpgf0208112_12422837.jpg


f0208112_12444575.jpg
湯西川温泉の冬の名物になった、「かまくら祭り」の前週に宿泊。

予想はしていたけれど、やっぱり・・の貸し切り宿泊でした。

年末年始が終って、かまくら祭りが始まるまでの期間が
一番、閑散としているとか・・・(女将さん談)

広いお宿に、お客さんは私達だけというのも
なんとなく淋しい感じがしました。

ちなみに清盛さんは全5室の宿です。

3つあるお風呂も全部貸し切り~
好きな時に好きなだけ~



客室から、浴場棟まで、ちょっと距離がありました。 とにかく寒かったので、行きはツラかった~^^; 「寒い!寒い!寒いー」
廊下にせっかく置いてあったファンヒーターも・・・電源入ってなくちゃ意味ないし(笑) kazuさん、さっさと先に行きます。
「温泉であったまれば帰りは大丈夫!」って、そりゃそうだけど(笑)


f0208112_12515217.jpgf0208112_12515632.jpg


f0208112_1258838.jpg
まず最初に 男湯の内湯~
あれ?? どっかで見たような・・・??

どこかのお風呂に似てるなぁ あーーー船山温泉のお風呂だ~

           ↓ こっちが船山のお風呂、似てません?(笑)


f0208112_1321434.jpg


f0208112_139934.jpg

男湯の露天風呂

内湯からすぐに出られます。

バッチリ!の雪見風呂~


時間制限も無く、のんびりまったり・・・

最高~な気分のお風呂タイム満喫です♪



f0208112_13143711.jpg

清盛さんの温泉は、源泉掛け流し

加温、加水、循環一切無し

外気温の低い、露天風呂は、少しぬるめ。

内湯は、ちょっぴり熱めで、どちらの温度も楽しめて

本当に、ゆ(湯)ったりできました~



f0208112_1319735.jpg

こちらは、市松模様のタイルがなかなか印象的な

女湯の内湯

男湯と広さは殆ど同じです。

4、5人は一度に浸かれる感じ。

通常は、夕食後に貸し切りで利用出来るようです。



f0208112_13225164.jpg

浴槽の淵からジャバジャバとお湯が流れ出ます。

贅沢な気持ちになりますね~

「はぁ~あ」とか「ふぅ~気持ちいい~」とか

自然にクチをついて言葉が出てきます。



f0208112_1326257.jpg

同じく、こちらが女湯の露天風呂

湯西川の温泉の印象は!と言えば

あたりが優しい感じですかね。

ガツン系でも無いし、かと言って弱い系でも無く
PH数値が高い割には、ぬるぬる感はあんまり感じませんでした。
まぁこれも自然の賜物温泉!ですので、日によってまた違って
くるのでしょうね。

外気温の低い冬場の露天風呂は
いつまでも浸かっていられるような感じです。



f0208112_1334311.jpg
常に貸し切りで利用できる、小さな家族風呂。

木枠のこじんまりした浴槽でした。

今回は、男女別のお風呂に何度も入ったので

こちらは利用せず。

全5室の宿で、お風呂は3つ
私達はラッキーにも全て貸し切りで入れましたが
他のお客さんが数組いても、お風呂はノンストレスで
ゆっくり浸かれると思いました。

とっても、あったまるいいお湯でしたよ^^



f0208112_13385450.jpg

夜になって、雪もさらにシンシンと降ってきました。


お腹も空いてきましたね^^


次回は、夕食と朝食をご紹介します。


すっかり感化されて、我が家でも
タジン鍋を、帰宅早々に買ってしまったという(笑)
おまけつき^^




by satomi-kazu | 2014-02-01 13:43 | 湯西川温泉 清盛 | Trackback | Comments(4)