カテゴリ:石和温泉 旅館深雪温泉( 2 )


2015年 01月 24日

山梨石和 深雪温泉 宿泊記②

f0208112_23412522.jpg

2015年 我が家の初湯は 石和の深雪温泉

宿泊記②は、旅館 深雪温泉の一番の売り!

源泉掛け流しの温泉のご紹介から

浴場は全部で3か所 男女別の内湯露天

貸し切り出来る内湯(露天風呂も付いてる)

柿の湯とももの湯が男女別に時間で交代

ぶどうの湯が貸し切りです。



f0208112_23502088.jpgf0208112_23504763.jpg


                             チェックイン時に女湯だった、ももの湯の内湯から。 
                             最初に感想を書いてしまいますが、とにかく温泉はスゴク良かったです。 
                             何か所もある湯口からドバドバと源泉が注がれ、湯船からは常にジャバジャバと
                             お湯が流れ出ている様は、もう圧巻・・・というかテンション上がりました。

f0208112_23542685.jpg
f0208112_02347.jpg
f0208112_03838.jpg

                            わかりますかねぇ・・・木枠の淵からお湯が床に溢れ出て流れているのが。 
                            それはそれは豪快にジャバジャバと・・・はぁ勿体ない(笑) 
                            内湯は42℃位の感じかな、少し熱め。でもすごく寒い日だったので丁度良かった。

f0208112_035249.jpg

                            こちらが、ももの湯の露天 宿は市街地に建っているので眺望は無し。 
                            植木の隙間から少し空が見える程度です。でも不思議と閉塞感は無くて、広い湯船でゆ~らゆら♪ 
                            ももの湯では他のお客さんに会わず^^ひとりで堪能させて頂きました♪

f0208112_0162033.jpg

                            どのお風呂の湯口にもコップが置かれています。 そうなんです!
                            飲泉できる源泉で、クセが無く、さらさらと味もまろやか~ 胃腸病に効くそうです^^

f0208112_0183054.jpg

                            ちなみに驚くことにお風呂場のカラン シャワーまで源泉です。スゴイなぁ・・いいなぁ・・(笑)
f0208112_0251919.jpg

                            こちらはチェックイン時に男湯だった、柿の湯です。 
                            外気温が低いとお風呂場の湯気がスゴイことになって写真がイマイチですがあしからず^^;
f0208112_0312446.jpg

                            柿の湯の方が内湯も露天も大きいです。 夜の7時半から翌朝までは
                            こちらがずっと女湯になるので、お客さんの男女比で変えているのかな?と思いました。

f0208112_0331460.jpg

                            こちらが露天風呂 かなり大きなお風呂です。 15人以上は一度に大丈夫そうな感じかな・・
                            写真では解りずらいですかね^^;

f0208112_0374332.jpg

                            ちなみにHP写真はこんな感じです。
f0208112_0384035.jpg

深雪温泉の源泉は、温度の異なる2つの源泉が引かれています。 51℃の「完の湯」 36℃の「熟の湯」 この2つが合わさって
「完熟の湯」と呼ぶそうです!なかなか上手いネーミングですねぇ  まぁそれにしても豪快な掛け流しです^^ 嬉しくなっちゃいます。


f0208112_045997.jpgf0208112_0452499.jpg


                           最後は、予約制で貸し切りで入れる「ぶどうの湯」 ふたりでは勿体ない大きさの内湯でした。
f0208112_0512756.jpg
f0208112_052735.jpg

                          露天も有りましたが、こっちは無くてもいいかなぁ?という感想  
                          50分間貸し切れますが予約制で一回のみ。追加料金を支払えば@1500 再度OKのようでした。

f0208112_0582332.jpg

f0208112_13747.jpg

今回、私にしては珍しくお風呂の写真いっぱいです^^

写真を撮るのは、ホントに素早いんですよ、わたし(笑)

ちゃちゃちゃーとあんまり深く考えずに撮ってます。

いっぱい載せた理由は、やっぱり・・・

本当に久しぶりに本物源泉のドバドバ掛け流しが良かったから。

泉質は、単純泉で比較的おとなしめのサラッとしたお湯ですが


なんといっても、この贅沢な掛け流し・・・
これに尽きました。



f0208112_1121757.jpg

                             ということで・・お風呂を引っ張り過ぎたので(笑)夕ご飯と朝ごはんは、サラッと・・・・♪  
                             いけるかな?^^; なかなか美味しかった夕飯でした!久しぶりの部屋食、仲居さん準備中^^

f0208112_1165314.jpg

                           今回、通常のプランに甲州牛のグレードアップを一人前追加しました。 
                           それと霜降り馬刺しも別注で^^ 品数も多かったのですが、苦手な物などもあったりして
                           完食ではなく、美味しい物、好きな物だけ食べました。

f0208112_2116583.jpg

                       特筆したのは、やっぱり甲州牛でした。 某旅館の甲州牛ワインビーフとは全く違う柔らかさと旨味!
                       甲州牛ってこんなに美味しかったんだぁー♪ 通常のプランにも3切れ出ましたけど、グレードアップは倍の量
f0208112_21284224.jpg

                       ホントに美味しいお肉でした。 このお肉が夕食のメインに出るなら、CPは良いと思いました。
f0208112_21365212.jpg

                       他にも色々  源泉で蒸した料理など手間暇かけているなぁと感じました。 
                       次から次へと出来立てを運んでくれます、もちろん揚げ物も揚げたて^^

f0208112_21451718.jpg

                      そして甲州牛の次に美味しいねぇと言いながら食べたのが、目の前で炊き上がる釜飯です! 
                       この日の具材は白髪大根と鶏肉、人参。 薄味だけどしっかりと出汁の効いた美味しい釜飯でした^^

f0208112_21521353.jpg
f0208112_21553957.jpg
デザート ブラッドオレンジのゼリーが
さっぱりとして美味しかったです。

品数・・・やっぱり多かったかなぁ

かなりお腹いっぱいになると思うのですが

ふたりして少し口に合わなかった物などもあったので

残したお皿を仲居さんに 「もうよろしいのですか?」と
何度か聞かれました^^;

出されたものは、キレイに食べる方なんですが

追加の馬刺しや、甲州牛の分が多かったかもしれません。



                          最後は朝ごはん  宴会場のような広間で食べます。 女性の一人旅の方もいらっしゃいました。 
                          ご飯の友のおかずが盛り沢山で、朝ごはんはおかわりしないkazuさんも、白米をおかわりしていました。
                          十穀米も選べます。焼き魚も鮭か鯵どちらか選べます! ごちそうさまでした^^

f0208112_22115097.jpg
f0208112_22195468.jpg
源泉自慢の宿  石和温泉 旅館深雪温泉

さて、初めて泊まった感想をまとめると
自宅から中央道一本で行ける近距離感と
源泉掛け流しの温泉の素晴らしさ。
宿泊料金 平日@15000とちょっと。
(土曜日はかなり割高、なんと@6000増し)

平日限定で再訪有です^^

ただ、ちょっとなぁ~みたいな事も幾つかあって
部屋に入った瞬間に、焼肉の名残の匂いが残っていて
空気清浄器を稼働していても、匂いがなくなる事がなく・・・

部屋食で、鉄板焼きのお肉が出たら匂いは・・・仕方ないのかもなぁ


それと・・スタッフさん達の温度差?みたいな・・・経営者サイドの人間だろうなって人達は、チェックイン時もアウト時も、にこやかな対応でしたが・・

従業員の方たちは夜の時間帯にお風呂に入るようなんですが(仲居さんが話していました、お風呂に入ってから自宅に帰るんだとか)
たまたま、夜中の12時過ぎに女湯に行ったら、若いスタッフさんがふたり・・・その時の態度?っていうのかなぁ・・なんていうんだろう
仕事が終わって自由な時間なんでしょうが、24時間いつでも入れる温泉はやっぱり宿泊者優先だと思うんですよ。

「あっ!お客さんが入ってきた!」と、ちょっと遠慮気味に・・・っていう感じはまるで無かったですね。それどころか洗面台の前で
長い髪を乾かした後に、抜けた髪の毛そのまま放置で(洗面台にくっついたまま)出て行かれました。これにはちょっとね・・・
予約サイトのクチコミにも、夜に大浴場で仲居さんと一緒になった時の残念感を書かれていた方がいたので、あーやっぱり(苦笑)って思いました。
同じような事を感じたのが私だけじゃなかったと^^;  ん~オバサンは気になっちゃうんですよね、こういうこと(笑)

というのが、初宿泊の素直な感想です。

とにかく、この旅館は「温泉」で勝負!そういう経営方針が伺えました。 料理も色々と工夫されてる部分もあり、メインの甲州牛は
自信を持って「当旅館の自慢料理です」と誇れると思う・・・あとは従業員の皆さんの一体化?統一性というのかな、どのスタッフも同じような
応対接客、笑顔のおもてなしがあったなら、最強のお宿になるのではないでしょうか。 結構な人数の従業員の方が働いていたので、社員教育とかね・・・

なーんかあたし^^; まるで温泉ライターの如く書きたいこと書いてますねぇ(笑)  長々と読んでくださり~おつかれさまでした! おしまい♪


by satomi-kazu | 2015-01-24 00:03 | 石和温泉 旅館深雪温泉 | Trackback | Comments(20)
2015年 01月 20日

山梨石和 深雪温泉 宿泊記①


                           普通に快晴(笑) いざ!近くて嬉しい山梨へGO~ 
                           ドアツードアで1時間半ちょい^^ 国立を1時30分に出てもチェックインの3時には余裕~

f0208112_14132268.jpg

                           初、石和温泉ということで、「ぶどうの丘」に寄ることに。
                           丘って名前がついてるので、それなりに高台 結構車が止まってて観光客多し。

f0208112_1420149.jpg
f0208112_14232171.jpg
f0208112_1424010.jpg

                           すごく寒かったけど、ピンと張りつめた空気が気持ちいい。 思いっきり吸い込んでみた^^
f0208112_14254333.jpg
f0208112_14285416.jpg

                           ここでのお目当てはもちろん「ワイン」 地下のワインカーヴでいろんなワインを試飲します。
f0208112_1431757.jpg

                           車なので、当然 試飲はkazuさんのみ。 私は匂いを嗅ぐ程度で我慢しました^^;
f0208112_1436453.jpg

                           @1100で この試飲皿を購入します。 かなり重い感じで安物っぽくない(笑) 
                            説明書きがありましたが古来からワインの試飲に用いられた専用のお皿だそうです。

f0208112_14383494.jpg

                           地下に降りて行くと、冷気と共にぶどうの匂いが・・・
                           アルコールに弱い人だったらこの匂いだけで酔いそうですね(笑)

f0208112_1441176.jpg

                           樽の上に置かれた試飲用のワインを早速おためし~♪

f0208112_1446230.jpg
f0208112_1446154.jpg

                           これだけ数があっても、自分好みの味に出会うのは至難の技?らしい(笑) 
                           うんちくを語りながら試飲のkazuさん。
f0208112_14482873.jpg
f0208112_14522998.jpg

                           ロゼも♪
f0208112_1453994.jpg
f0208112_14541439.jpg

                           好みのワインを数本選んで購入します^^
f0208112_145627100.jpg
 
                           私は、運転で試飲出来ませんでしたが、楽しかったです此処^^  
                           他にも展望レストランや、日帰り入浴施設、宿泊施設も有りました!

f0208112_14582829.jpg

                           ↑ここまでが前置き(長っ) 
                          さて、「ぶどうの丘」から車で15分位、本日の宿 「旅館 深雪温泉」に到着です。 外観は・・・・・
                          国民宿舎チック^^; 大通りを入ってすぐの場所に建っていて部屋からも車の往来がよーく見えます。

f0208112_1581738.jpg

                          ちなみに、部屋の窓からはこんな感じ^^; 宿には自販機が無く 素泊まりのお客さんも多いようで
                          目の前コンビニはすごく便利・・・とも言える。 でもぉ~景観重視の人には不向きと思われます^^;
                          丹前姿でコンビニに向かうkazuさん。

f0208112_15184555.jpg

                          とにかく!このお宿は「1に温泉2に温泉 3も4も温泉(笑)5もとーぜん温泉♪」 という位!!
                          温泉(源泉掛け流し)自慢のお宿のようです。 我が家の今年の初湯は・・・さてどんな感じ?^^;
f0208112_15223344.jpg

                          通された部屋は2階角部屋  この宿は3階建てですがエレベーターは有りません。 
                          お風呂は全部1階にあるので、お年寄りや足がちょっとツライって方は少し大変かもしれませんねぇ
f0208112_1533665.jpg

                          運よく角部屋で、尚且つ外観から想像していた部屋の感じを上回る(失礼っ)清潔さ。 
                          空気清浄機がフルもフル(笑)超~フル回転^^; そのわけは・・・あとでね

f0208112_1537336.jpg

                          館内写真を少し バブル時代は会社の社内旅行や団体客でそれはそれは賑わっていただろう・・・
                          と想像できる石和温泉 この旅館も、昭和チックな宴会場もあったりして実際そこが朝食会場でした。 
                          下の写真がそうです。 赤い垂れ幕が・・・うわっ^^; 朝食のお膳が既にセッティング済でした。
f0208112_15431523.jpg

                          宴会場付近にはトイレもあちこちにあるんですよ、これも昔の名残なのかなぁ・・・
                          トイレ部分を取り壊してエレベーター設置したらいいのにね!とふたりで大きなお世話ばなししました^^;
f0208112_1549663.jpg
f0208112_15502977.jpg
f0208112_155365.jpg

                          アメニティの中のタオル刺繍が可愛い♪ 
f0208112_15551891.jpg

                          部屋に案内してくれた仲居さんがお茶も煎れてくれました。 
f0208112_15575343.jpg

全15部屋の宿 働いているスタッフの数も結構多かったです。 10人以上はいたかと・・・人件費が占める割合い多そうですねぇ  
部屋食が基本?のようなので(朝食は宴会場で宿泊客全部一緒だけど)各部屋の配膳やら忙しいでしょうから、2、3人のスタッフでは到底無理と思われ・・・
この日も平日にも拘わらず8組のお客さんがいましたからね。 若いスタッフが目立ちましたかね・・チェックインやアウト時に
対応してくれたのは、多分経営サイドの人間ではないかと・・夕食の配膳をしてくれた女性も色々話しかけたりしてくれて感じ良かったんだけど
全体的に、接客の落差?みたいな雰囲気は感じましたね。 大袈裟に言っちゃうと、スタッフ教育?的なものかな・・
宿泊料金相応・・と言ってしまえばおしまいなんだけど・・・・

でも!でもでも~ 温泉は噂に違わず・・・!でしたぁ(^^)v  またのちほど♪


by satomi-kazu | 2015-01-20 16:16 | 石和温泉 旅館深雪温泉 | Trackback | Comments(11)