ずっとそばに

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2010年 05月 29日

you tubeな昼下がり


某掲示板で ふぃーふぃーの文字が^^ 当時爆発的ヒットとなった「雨の御堂筋」じゃなくて 
「雨のエアーポート」 いやぁ~聞いてみたら懐かしくて懐かしくて



私個人的には 2番の歌詞にメロメロ001.gif

♪ あ~~ あなたのいないぃぃ~
  あ~~ 孤独なこのあたしぃぃ~
誰にすがり求めてぇ~~生きればいいのぉぉ~~♪



  演歌チックなメロディー&歌詞

  小雨が降りだした週末の昼下がり

  パートおばさんのうふふなティータイム037.gif

  良かったらクリックして聞いてみてねぇ~029.gif

by satomi-kazu | 2010-05-29 13:24 | 日常 | Trackback
2010年 05月 27日

新潟県 大湯温泉 友家ホテル②

「友達がたくさん集まる家」 そんな想いを込めて宿名を 「友家ホテル」としたそうです(若女将さん談) 
プラスご苗字に「友」の一字が付くそうです

友家ホテル 全て貸し切りで入れた他のお風呂のご紹介(通常の貸し切り風呂は、2つだけです)

f0208112_19414143.jpg
別館の1階にある庭園風呂

かなりの大きさです、湯船は10人以上は浸かれるかなぁ・・・

洗い場の広いこと・・・広いこと・・・無駄な空間のような気がしますが
改造したりするには相当な費用がかかってしまうんでしょうね 

いつもだったらお風呂の湯気で
写真が上手く撮れないのですが
友家のお風呂は、湯気がほとんど立っていないので、こうして鮮明に
お風呂の写真が撮れてしまいます・・・
いいんだか?悪いんだか?028.gif

勿体無いくらいの広さです・・・だけど・・・素直に「入りたいぃ~~」って気持ちにならなくて結局このお風呂には一度も入りませんでした
残念だけど魅力を感じるお風呂では無かったです、お湯が熱かったらまた違ってたけどね^^;

f0208112_19491427.jpgf0208112_19493790.jpg


f0208112_1954179.jpg
庭園風呂の扉の向こうには・・・

川沿いに新設された露天風呂があります、川を間近に眺めながらのんびりと浸かれる湯船です

2、3人ってとこかな?・・・

貸し切りだったので問題無かったけど、そうでないと他のお客さんと一緒に浸かるには、ちょっぴり抵抗があると思います

最後のお風呂紹介は、普段から貸し切り設定のお風呂です、脱衣所の棚というんでしょうか・・そういう物のひとつひとつが、なかなかお洒落です

f0208112_19585932.jpgf0208112_19591812.jpg


f0208112_204599.jpg
この貸し切り風呂は、温泉では
無く地下水を沸かしたお湯です 

明るく清潔なお風呂で、此処も川沿いで眺めも良かったです

お風呂に関して素直な気持ちを少し・・・
私 熱いお湯が好きと何度も書いていますが、当然ぬるいお湯が好きな方も沢山いると思います・・・

だけどじゃらん等のクチコミであれだけお湯の温度に対して苦情までとはいかないけど「せめて内湯は加温して欲しい」という声を数多く見かけるのです・・・


f0208112_2064266.jpg
宿の方はクチコミなどを余り熱心にご覧になっていない様子・・(旦那さんが、そういうのは苦手で・・とおっしゃっていました) 
でも、どうなんでしょう?

お客さんの要望は要望として全てのお風呂がぬるいままのお湯じゃなくて、貸し切りの沸かし湯のお風呂だけでも温度を上げるとか・・・

宿側のそういう配慮が欲しかったなと・・・

お風呂に関しては強く感じました


f0208112_20174936.jpg


遊び心のある宿でした

昔懐かしい卓球台・・・

旦那とガチンコ勝負しましたよ003.gif


f0208112_20193551.jpgf0208112_20195736.jpg


f0208112_2021329.jpg


大きな窓を開け放ちお風呂上りに此処で一休み・・・

川の音を聞きながら横になって寛いでいたら二人してうたた寝してしまいました^^; 


気持ちいい場所でした(^^)v


お待ちかねもお待ちかね037.gif 夕食一気にご紹介 プラスひとり2100円のグレードアッププランに迷わず^^決定♪
f0208112_20285089.jpg

アケビを湯がいた物、うずらの卵をくずして食べます シンプルだけど味わい深かった
f0208112_2029828.jpg

スモークサーモンとサラダ 手作りだそうです 「簡単なんですよ~」って若奥さんが配膳しながら教えてくれました
f0208112_2034372.jpg

舞茸の鍋 鍋と言っても出し汁はあまり無くて微妙な?感じ・・・美味しかったけど・・・何かもうひとつ物足りなさが・・・否めなかったなぁ
f0208112_20373825.jpg

新潟の宿だったので、日本酒のラインナップは期待していったのですが・・・残念な結果に(泣) ビールの後の日本酒、旦那は一合だけ・・・
私も好みの日本酒が無く梅酒ロックで・・・(もっと日本酒置いといて欲しかった~~!!!これ本音中の本音)
f0208112_2041533.jpg

3種類のお造り 甘エビ つぶ貝 あま鯛  もうちょっと欲しかったかなぁ~という量でした、まっそのくらいが丁度いいのかな?
f0208112_20435533.jpg

うにをお餅で巻いた料理です、「餅が固くなるので早くお召し上がりください・・」 急いで食べないと・・・ハイ!固くなりました046.gif 
食べたことの無い組み合わせの料理・・・珍しく・・・美味しく・・・そして固く(爆)003.gif
f0208112_20485913.jpg

筍コロッケ たらの芽フライ等・・・・これ、絶対に天ぷらの方がいいと思うんだよねぇ~ 色々創意工夫して作ってくれているんだろうけど・・・
たらの芽やうどの芽はフライじゃなくて素直に天ぷらでは無いかと・・・ボソっ
f0208112_20525118.jpg

熱々で運ばれてきた岩魚の塩焼き なんだかホッとするお味^^
f0208112_20544147.jpg

蕨のお浸し・・・ほんのひとくち・・・物足りないなぁ・・・私達には
f0208112_2056631.jpg

グレードアップ分(2100円)のお肉です、柔らかく・・・美味しく・・・・・・だけど、このお肉無かったら絶対に足りない!!
全体的に少量&あっさり系の料理だったので、このお肉が付いて普通の夕食って感じだったんだけど・・・
敢えてグレードアッププランにしないとお肉が出てこない!っていうのは・・・どうなんだろ?
f0208112_2113476.jpg

文句なしのご飯(^^)v つやつやです!
f0208112_2121575.jpg

ミントシャーベット これも手作り   夕食はこれで終了ですが、確かにお腹に優しい上品な味付けで、作り手の創意工夫も沢山感じられた
ラインナップでした、美味しかったしお肉も出たので全体的には満足♪ な夕食でしたが、グレードアップにしなかったら、品数も質も(肉が無い)
個人的には不満が残っただろうなぁと感じました、まっなんせ食い意地張ってる夫婦なので 「お腹いっぱいだね~~」くらいの量じゃないと・・・(爆)


f0208112_21102686.jpg

夜の露天風呂

北斗七星がキレイに輝いていました

夜空を見上げながら、川音も耳に優しく・・・

貸し切りだからこその至福の時間でした


f0208112_2115941.jpg
朝食です


f0208112_21161077.jpgf0208112_21162639.jpg


f0208112_21171590.jpg
レトロな雰囲気の本館廊下にも、こんな照明が・・・前にも書いたけど
ガンバってるなぁと素直に感じられたそんな宿でした 

別館平日料金@12600プラス料理グレードアップ2100円 
@15000以内で泊まれる宿としてはCPは良かったと思います


ただ今回は全部のお風呂が貸し切りに出来たという幸運もあり
更にグレードアップでお肉料理が出たという点を差し引いて考えると・・・・・ 

まぁ人それぞれですからね、感じ方は・・・私達はかなり前からこの友家ホテルに泊まりたい!と思っていたので、今回はその想いを果たせた・・・
という満足感ですかね


f0208112_21173438.jpg


f0208112_21283790.jpg
帰り 道の駅で 魚沼産こしひかりを購入

おコメの美味しさにはやっぱり大感激♪


f0208112_2129127.jpg


f0208112_21294816.jpg
山つつじがキレイに咲いていた


f0208112_21301912.jpg
榛名山


f0208112_2130547.jpg

お天気に恵まれた新潟の旅も終わりです・・・最後は大好きな水沢うどんで〆ます037.gif 田丸屋さんもいいけど、清水屋さんも旨かったなぁ♪

by satomi-kazu | 2010-05-27 21:40 | 新潟 友家ホテル | Trackback | Comments(40)
2010年 05月 22日

新潟県 大湯温泉 友家ホテル①


緑・・・黄緑 深緑・・・とにかく新緑が目に眩しかった、5月中旬お天気もピーカン♪ 
行きの運転をしてくれた旦那をよそ目に 「わぁーーすごい緑!みどりっ!みどりぃ~~ キレイ~~」
と思わず声上げちゃう程の車窓からの景色でした
f0208112_135577.jpg

関越道 水上IC付近  さて今回の新潟大湯温泉 途中 水上で降りて向かったのは、5月の山菜時期になったらまた必ず来よう!
と心に誓ったあの場所037.gif

今年2月の雪景色・・・そして今回の新緑 どちらも旅情掻き立てる素晴らしい景観でした、この川を越えてすぐの場所にお目当てのお店が・・・

f0208112_13162290.jpgf0208112_13165839.jpg

水上にあるペンション山路です、もちろん泊まりもオッケー! ランチ時には、ほうとうや釜飯を食べることが出来ます

f0208112_132047.jpgf0208112_1320185.jpg


f0208112_1324304.jpg
山菜ほうとう 1050円

これでもかっ!ってくらい山菜が
てんこ盛りです^^ 

某旅番組で女優さんが 
「年々 山菜とか・・漬物とかそういうものが大好きになっていくのよね~これって歳取った証拠かしら^^」って 

あー言えてる!言えてる!そう思った、だって20代の頃なんて山菜とか興味無かった気がするもん023.gif あたし



f0208112_13252235.jpg
山菜釜飯 1050円

ご飯見えない状態の山菜^^

動物性たんぱく質が何も入っていない
のに、それはそれは良い味出てます

ホント・・・近所にあったら毎日でも食べたいくらい001.gif


f0208112_13271618.jpgf0208112_13273458.jpg

水上を後にして再び関越道へ・・・目指すは小出IC  さすがに米処新潟県 田んぼがいっぱい^^

f0208112_13383363.jpgf0208112_13385229.jpg


f0208112_13415040.jpg
今回の宿は 大湯温泉地にある 友家ホテル 小出ICを降りてから20分ほど
走ると温泉地が見えてきます、宿は写真のような急な坂道を降りて到着するのですが道幅が狭いのでちょっと緊張しながら徐行運転です

ちなみにお客さんの車は写真のように坂道駐車でした005.gif 
これって真冬は大丈夫なのかなぁ?と不安になりました
だってかなりの急勾配・・・
滑ったりしないんだろうか・・・
ていうか、駐車場ないのかな?^^;

f0208112_1342343.jpg


f0208112_13511861.jpg
宿 玄関です

ご主人が出迎えてくれました

配膳してくれた女性と色々と話せたので後で知りましたが、このご主人はお兄さんで弟さんも一緒に宿を切り盛りしているそうです

そしてお話し出来た女性は、お兄さん
(ご主人)の奥様 

ニコヤカで飾り気の無いステキな女性でしたよ 

つまりは、ここ友家ホテルは
家族経営の宿!という訳です


f0208112_13591414.jpg
     フロント

全部で16室ほどの部屋数だったかな? 大旅館というほどでもないけれど、小規模な宿・・・という印象も無いですね

ひとつひとつの間取りというか造りが大きいので無駄な?(失礼っ)空間が多いなぁっていうのが第一印象でした


f0208112_13594956.jpg
     ロビー

このロビーに限らず湯上り処や、ちょっと休憩しながら休める場所があっちこっちにあるので、館内探検するのは楽しめました^^ 

お風呂に行く度にここのロビーを通りましたが、一度も他のお客さんと会わなかった・・・

ガランとした空間が少し淋しげでした・・・
今回の部屋 407号室に案内されます、フロントが2階で大浴場が1階に・・・私達が泊まった別館4階からは・・・・歩きます!とにかくっ008.gif
運動不足な私はヒーハーヒーハー037.gif エレベーターがありません!ご年配にはこの4階はかなりキツイかと・・・

f0208112_14104868.jpgf0208112_1411854.jpg


f0208112_14192022.jpg
リニューアルされた別館

この宿は外観の古さとリニューアル
された別館客室等のアンバランスさが
クチコミで話題になっていました

正直言って私は外観に関して全く興味無し 

寝泊りする部屋がキレイに越したことはないけど・・・

清潔に掃除されていれば問題無し!
ということは・・・

やっぱり食事ですよねぇ~~ 
期待満々(^^)v


f0208112_142077.jpg
8畳弱の畳部屋と6畳フローリング

座椅子は・・・旅館特有の・・・

座ると座布団ズルズル状態だったけど(爆)

落ち着ける居心地の良いお部屋でした


f0208112_14212460.jpg
クィーンサイズのベット

固めのベットマットで寝心地抜群でした

間接照明や、ちょっとしたインテリアが
効いています

淡い色調で落ち着けました


f0208112_14235285.jpg
多分、どのお部屋も佐梨川に面していると思うんだけど・・

全部で4つあるお風呂も川に面していて、どのお風呂からも川が眺められて清々しい気持ちで湯浴みが出来ました








ベットルームの窓からは・・・


f0208112_14252693.jpg
    この景観

川音も4階なのでさほど
気にならず 

反って耳に心地よい音でした

早朝は 川の脇道を散歩している人も何人か見かけました

フローリングコーナーもお洒落な感じでまとまってます、洗面台もキレイで清潔でした、タイルにも何だか拘り感じるし(^^)v 女子ウケしそう!

f0208112_15121241.jpgf0208112_15122753.jpg

ポット、お茶コーヒー類 冷たいお水も有って嬉しいっ     バスタオルも2枚づつ!浴衣も特大、大、中と揃ってます

f0208112_15125738.jpgf0208112_15131545.jpg


f0208112_15154862.jpg
一休みした後は早速お風呂へ

泊まった日は平日 

「本日 お客様が少ないので全部のお風呂を貸切でお入り下さい、男湯の暖簾が下がっていても気になさらずに鍵を閉めてどうぞ!」 


ラッキー~~♪


f0208112_15164193.jpg
本館側にあるお風呂に向かいます

赤い通路・・・別館の部屋とは違った雰囲気を醸し出しています


この雰囲気もなかなか良かった・・・

昔懐かしい温泉宿に来た・・・
みたいなね


本館部分の湯上り処や、ちょっとしたコーナーには、お洒落チックなインテリアや照明が配されています・・・なんか凄くガンバッてるなぁ・・・
素直にそう感じてしまいました006.gif

f0208112_15181684.jpgf0208112_15183366.jpg


f0208112_15305825.jpgf0208112_1531168.jpg
左 龍神の湯の
ドレッサー 

右は温泉成分表 

源泉温度46℃と表示されてたけど・・・・

いやぁそんな高くないでしょ・・・

38℃くらいにしか思えない・・・

とにかくぬるいぬるい温泉でした


f0208112_15364270.jpg
龍神の湯 

普段は男女入れ替え制ですが

貸し切りで入れたので、滞在中

一番多く浸かりにきたお風呂


f0208112_15382864.jpg
入浴目線

間近に佐梨川が流れて

ゴッーという川音を聞きながら長湯できちゃいます・・・

だって、ホントにぬるいんだもん

これ真冬はどうなんだろ?

雪国だから超寒いだろうし・・・

こんなにぬるかったら寒くて
出れないよなぁ・・・


f0208112_15424291.jpgf0208112_1543226.jpg

龍神の湯のすぐ隣にある通常も貸し切り出来る扇の湯  脱衣所に本が置いてあったり?ちょっと変わってる^^; 
だってお風呂上がってから此処で本読むかなぁ・・・読む人も居るんだろうから置いてあるんだろうけど015.gif

f0208112_15452444.jpgf0208112_15454076.jpg


f0208112_15492651.jpg
お風呂の名称通りの扇型の湯船

無色透明のお湯もすごくキレイです

だけど・・・何度も書きますがお湯はぬるいです015.gif 

熱湯好きの私は最後の最後まで
ここ大湯温泉のぬる湯には馴染めませんでした・・・残念っ


じゃらんのクチコミでも 
「お湯がぬるくて寒かった」
「冬場は覚悟がいります」
「お湯がもっと温度高ければ・・」

そんな内容の書き込みを沢山見かけました・・・


加温調整とかってしないのかなぁ・・・そういう設備は無さそうな感じだったけど・・・いやぁ~ホントお湯がもっと熱かったらなぁ・・・039.gif 

その他のお風呂と食事へ続きます



by satomi-kazu | 2010-05-22 16:00 | 新潟 友家ホテル | Trackback | Comments(36)
2010年 05月 19日

天才と凡人


新潟は大湯温泉 友家ホテル滞在記をアップしようと思ったんだけど・・・写真の多さに自分でゲンナリ021.gif 加工、縮小、配列・・・・・
もうちょっと元気出たらにしよう・・・そうしようっと♪

f0208112_1340028.jpg
で、このふたり

爆笑問題

先週と今週 2週続けて彼らの密着取材番組

「情熱大陸」が放送される 

田中裕二さん(左)は先週末に見た 

今週末は右の太田光さん

周囲から 「天才と凡人」と評されるこのふたり

要は・・・大好き!な芸人さんなのです


f0208112_1345399.jpg
ダウンタウンも大好きなんだけど(私と同級生)このふたりの醸し出す雰囲気というか・・・お笑いだけじゃない何か?(上手いこと表現出来ない)の空気感が好き 

先週の田中さんの特集を見ていて尚更その思いは強くなった 

レポーターから「田中さんが嫌いなことは?」の問いに 

「あれこれ嫌なことを言ったりすることかな・・だから太田とは基本上手くいっていないんですよ」 不思議なコンビだと思った

基本何も考えずに生きてきた(田中さん談)に対して ゼロから全て考えて考えて考え抜いてる太田さん 面白い問答がひとつ

「俺は(田中さん)明日から芸人辞めて 青果店で働くことになってもそれなりに一生懸命やっちゃうタイプ、だけど太田には絶対に無理なこと・・・自分の好きなこと興味あることしか出来ない人間なんです」 

なんとなく両者の人と成りを垣間見たようだった


f0208112_13591289.jpg
太田光さん 今週末の放送が楽しみで仕方ない

毒舌&辛口表現・・・ダウンタウンのまっちゃんと相対する面も覗かせるが
(私個人の考えですよ)

やっぱり醸し出す雰囲気が違う・・・どっちも(ダウンタウンも爆笑問題も)
テレビの画面を賑わす若手芸人の教祖的存在なのは変わりないのだろうが・・・

「近年のお笑いブームでは 爆笑問題に尽きる」
とお偉い作家さんが称している 生意気に私もそんな風に感じた
うっちゃんなんちゃんが霞んで見えちゃう^^;
(↑ 上の二人も好きだったんだけどなぁ・・・ボソっ) 

なんだろ・・・ここでも上手く書けないが、某NHKの教育的な番組に果たしてダウンタウンが出演出来るだろうか・・・政治的発言を覗かせるような文言をダウンタウンがテレビで発言出来るだろうか・・・

そんなこと考えると、この爆笑問題の二人はお笑いを越えた何か別の才能を
併せ持つ凄い二人なんじゃないかと・・・


田中さんが初めて太田さんに出会った時の印象をこう称している 「関わり合いになりたくない奴」・・・笑った・・・
得てしてこんなもんじゃないだろうか・・・第一印象が悪い相手って気づいてみたら一番の理解者だった・・・なぁ~んて事がある 

ん~~自分の周囲の人を思い浮かべてみる・・・・・・そ う と も 言 え る044.gif


あっ面白い対比がもうひとつ ふたりとも毎朝数社の新聞を読むそうな・・・太田さんは経済新聞や読売 朝日 毎日・・・
田中さんと言えば・・・東スポ 日刊スポーツ類のスポーツ紙・・・似て非なる者・・・・ホント興味深い二人!頑張れ~~アラフォー芸人♪

by satomi-kazu | 2010-05-19 14:28 | ひとりごと | Trackback | Comments(10)
2010年 05月 16日

一期一会

季節外れの大雪になった3月末・・・さらの木に宿泊した翌日の伊豆高原は それはそれは寒かった・・・それでもちょっと観光して、立ち寄り湯に
浸かって・・・なんて欲張ったものだから復路は大渋滞&雪の為通行止めも出る始末007.gif 写真はまだ雪の降る前の大室山

f0208112_13331951.jpgf0208112_13334473.jpg

リフトに揺られること約5分・・・・寒くて寒くて飛び降りたくなった007.gif お釜のように真ん中がへこんでいる大室山  それにしても寒過ぎっ

f0208112_13355425.jpgf0208112_13361377.jpg

山頂は信じられないほどの寒さだったけど、山の周囲をグルっと一周しながらの伊豆市外の眺めはなかなか楽しめた 晴れの日にリベンジしたい!

f0208112_13385144.jpgf0208112_13391130.jpg


f0208112_13434768.jpg
大室山を後にして 私達が向かったのが 
このお宿

伊豆高原  花吹雪

ネットで日帰り入浴を調べて
良さ気だったので選んだ

60分の貸し切り ひとり1500円


f0208112_13455055.jpg
  上の写真の 暖簾とこっちの暖簾・・・

  色が違うの解りますか? 
  入り口が2箇所?もっとあるのかな・・・

  とにかく解りずらい建物&敷地で

  まず最初の印象がガッカリな宿だった

  入り口に迷った私達が入った場所は同じ宿が
  経営している会員制の棟 

  ロビーラウンジみたいな場所に会員らしき人物が
  スタッフと親しげに会話していた


f0208112_13502135.jpg
「すみませ~ん」と何度か問いかけるが、そのスタッフは完全無視 え?マジ?無視ですか!? 

めげない私は別のスタッフ来るまで呼び続けます 「すみませーーーん!!!」やっと奥から出てきた若い男のスタッフ 

私  「立ち寄り湯に入りたいのですが」 
スタッフ 「入り口が違います、こちらは会員制の・・・」と話し出した

あ~~ お風呂入る前からこれかよ・・・

この宿 とにかく敷地が広い

宿泊客もこんなに広くちゃ迷うだろうなぁ


f0208112_145564.jpg
促された別の入り口のロビーで、立ち寄り湯の場所と説明を受ける 剃刀セットや歯ブラシ、シャワーキャップ・・そういうのも一人ワンセットづつくれた

小さなタオル、バスタオルはお風呂に設置してあるのでご自由に・・とのこと

淡々と説明を受ける・・・

宿泊では無い、日帰り入浴客かぁ・・・

そんな雰囲気が宿のスタッフ全体から感じ取れてしまった

ん~~ 
惜しいなぁこの宿 お湯が抜群だっただけに・・・・


説明受けた通り、タオル類は沢山あって快適 露天の隅に洗い場もちゃんとあって、シャンプー類も
温泉宿に有りがちなメーカーの物ではなくて、拘りを感じたんだけどね~~

f0208112_14171464.jpgf0208112_14174026.jpg


f0208112_14231757.jpg
お風呂です
無色透明のお湯のキレイなこと・・・

一期一会と題したこの記事だけど
宿って特にそうだと思うんですよね

もうこれっきり会えないお客さんかも知れない
(再訪してくれたら別だけど) 

この一度の出会いが最後かも知れないと思えば、お客さんへの対応も変わってくるんじゃないかと・・・

ましてや接客業ですからね、笑顔や丁寧な対処は当たり前だと思う

そういうのが嫌なら接客業を選んで欲しくない!と強く思うのです


f0208112_14325138.jpg
え? 偉そうなこと言って自分はどうなの?ってか037.gif 

いやぁ・・私は 「satomiさんの外面の良さは天下一品」と旦那も認めてるように、心の中でクッソー!!って思ってもニヤニヤニコニコ(爆) 

まっそれも最初だけですが・・・相手の人と成りが解って自分と合わないなって思ったら、結構冷たい

だけど、最近その外面の良さも影をひそめているかも・・・年取ると、なんだか無性にちっさな事にも

イライラ・・・しません?皆さん023.gif


f0208112_14443334.jpg
大人3、4人は余裕で浸かれる湯船です

私の大好きな熱っついお湯

熱いのが苦手な人はちょっと?かな

60度以上あるので、加水しながら入ります

個人的に お風呂の外枠が木製で湯船が

石造りのお風呂って大好きなので

ここ花吹雪のお風呂は大満足でした


f0208112_14491041.jpg
ジャバジャバと・・・

勿体無いくらいお湯が溢れて輝いてます

さっきの会員制棟のいけてないスタッフや

宿泊棟ロビーでの素っ気無い対応の
スタッフの事も

まぁいいっか・・・と思えたり037.gif

(ほんとか?^^)

カラスの行水だった私が たっぷり1時間お湯に浸かる・・・


f0208112_14574815.jpg
普段から夫婦の会話は少なくは無いが、こうして温泉にくるといつも以上に会話が弾む

あーだ!こーだ!そーだ!やだーーー^^; 

って言うのはもっぱら私ですがね

隣で穏やかに笑ってるだけです我が夫

でもそれでいいのかなって思ってます

「あの会員制棟の若いの!あったまくるよね!!お客さんを区別しちゃってさ!」 
プンプン022.gif

「そうだね~」 ニコニコ045.gif


伊豆高原の日帰り入浴 貸し切り出来るので お薦めです! スタッフは・・・・014.gif

by satomi-kazu | 2010-05-16 15:12 | 旅全般  立寄り湯など | Trackback | Comments(20)
2010年 05月 14日

出る杭は打たれる・・・な女 satomi

愚痴以外の何ものでもありません、まぁ・・・私のブログなので「そんな事、知ってるよ~^^」とお見通しの方もチラホラ・・・(爆) 
とにかく今の気持ちを残しておかないとストレス溜まりそうだ!・・・と私自身が感じたので書きます!書くよーーー004.gif

f0208112_2249659.jpg
さて舞台は(爆)私の職場  左フォトは女子トイレ・・・圧倒的に
女性が多い職場に個々の歯磨きセットがズラ~リ 

洗面台を占領して一生懸命歯磨きしている若い女子達・・・

歯磨く前に、もっと別なもの磨こうね

って今回はこの若い女子社員達のことじゃないんだけど


きっかけは 休憩時間  私達パートの休憩は、お昼の1時間 その他の休憩(夕方以降)は就業規則の中には認められていない、だから

当然休憩はしない。だけど、私達とは違う雇用体系の契約社員のオバサン達は(2月までは3人居たが、今は1人)お昼以外に20分から長くて

30分も休憩してくる。まだ新人だった私と2週間遅れの同期は 契約社員は昼以外の休憩を認められているのだと思っていた。

でもある日 この休憩は契約社員にも認められていないものだと知った。正義の味方月光仮面!な、私が黙ってるわけ・・・ないよね~(大爆笑)

先日の同期会でも、その情報は入手 皆口々に 「えーー?休憩時間なんて契約社員の人取ってないよ!Sさん(以後 Sさんは私)とこの

支店の契約社員さん、ずるいじゃない!」・・・・そう、ずるいのだ同じ条件同じ環境で仕事していて、彼女達契約社員はパートと違って

ボーナスも貰える。保険諸々なども完全に付与されている。 私の中の不公平だーー!!病が022.gifウズウズと・・・

まずは、私達を管轄する、もっとも身近な女上司にご相談・・・(入社する時に、困ったことがあったり悩み事があれば何でも言ってきて)
って・・・言ったよね~ 〇〇主事さ~ん。

同じ支店の同期と色々話し、相談して結局は私が〇〇主事に パートの声!!として訴えることに・・・本音書くとね・・・他にもさ・・・

パートはいるのよ、その同期含めて(このブログ見てると思うけど・・・)5人も・・・・なんで私なんだろ?って思わなくも無かった。

でもその反面、言わずにいられない馬鹿なあたしがいて、「みんなの意見、みんなが不満に感じてる事を私が代弁するんだ!」みたいな・・・

そういうところ・・・あるんだよね、イヤだなって思うよ、自分が・・・バカみたいでさ・・・

今回の件は 私の話を聞くだけ聞いといて、契約社員に対して何の対処も取ってくれなかった〇〇主事に対して大きな不信感を抱いた事と

もうひとつ結構大きなしこりが私の中に残った。 それは・・・私が不満に感じた契約社員に対する感情は、私一人のまさしく独りよがりだった・・・ってこと。

パート同士で話す時は、「そうよね!そうよ!休憩なんて取っちゃいけないのにね」そんな感じで盛り上がっても私以外のパートさんは

ハッキリ言って どーでもいいこと・・・だったんじゃないかって。契約社員が休憩しようがしまいが痛くも痒くもないしね・・・

小さな職場で波風立っちゃうことの方が嫌・・・みたいなね・・・そんな風に感じたんだよね

結局、今日 その契約社員に休憩時間の件で問いただしてくれたのは、この支店に異動間もないベテランのパートさんだった。

言いたくても直接本人には言い出せなかった私に「Sさん(私)は、まだ半年くらいの新人さんで、もちろん言いづらいだろうから、だけど

お昼以外の休憩はやっぱり取ってはダメなことだから、私から言ってみるから」
 そう言ってくれた。なんだかすごく嬉しかった。

で、問いただされたその契約社員 ベテランのパートさんに指摘されて「もう休憩は取らないわ」と、呆気なくゴメンなさい状態だったらしい

50代後半の契約社員に、面と向かって 「休憩をお昼以外に取ってもいいんですか?」と、堂々と言えなかった自分。

上司を介して解決しようと躍起にはなってみたものの、自分独りの空回りだったんだと・・・痛感した

「みんな自分がかわいいのよ、嫌われたくないから気まずくなりたくないから、こんな小さな仕事場で・・・でも、おかしい事は

みんなで言っていかないとね、何も変わらないし」
って、そう言ってもらえてほんの少し心の荷が降りたような気持ちになった。


昔から・・・若い頃から、黙っていられない性格だった(過去形じゃないね003.gif)これって、きっと死ぬまで変わらないだろう

今回の件のように、自分の性格が災いして自分自身がストレス溜めないように、コントロールして生きていかなくちゃ!と思った。

案外・・・引きずらないタイプだよなぁ・・・なんて自己分析していたけれど・・・そうでもなかったらしい

by satomi-kazu | 2010-05-14 00:31 | 日常 | Trackback | Comments(12)
2010年 05月 11日

女友達な一日♪


チェジュ島から帰った4月のとある日 都内でプチオフ会・・・なんとなくもう「オフ会」って名称は似合わない感じ・・・友達とランチ♪ これだな!
さてその友達とは・・・初めて会った私を見て 「想像通りっ!!」と言ってのけた、テヒ嬢(仮名)← 失礼っ ろと女史

f0208112_135375.jpg
未だに 想像通り!ってどんな?って思うんだけど・・・

想像通りは想像通りよ!!
(↑ ろと女史)

とんかつまい泉でランチ

イタリアンのお店がいいなぁとリサーチしてあったんだけど

激混みで断念 すぐに座れたこの まい泉へ・・・

「美味しいね~~」と感動出来る味わいでも無く・・・

かと言って 「不味っ!」と引く味でも無い・・・

満腹にはなれます・・で、普通026.gif


f0208112_13534253.jpg
さて、場所を喫茶店に移して

おしゃべりタイム

千疋屋でケーキセット

今回も写真NGの女史023.gif

白魚のようなお手手だけでも・・・・(爆)

ダメ~~~ あっそうですか037.gif

私が頼んだ バナナワッフル

バニラアイス 生クリーム共いいお味♪


f0208112_13541017.jpg
女史が頼んだ サバラン♪

なんか懐かしい響き

洋酒に漬けたスポンジ・・・
酒好きなくせに、私は苦手

女史は美味しそうに懐かしそうに食べていた

その姿見ながら何故か・・・・
「ろとさんらしいな・・・」
こんな風に感じた

例えはどうかと思うけど
スパゲッティナポリタンを注文する私の横で
ぺペロンチーノを注文する女史・・・みたいな


カッコイイ~~ 渋いっ 女史!


f0208112_1354448.jpg
千疋屋・・・
高校生の頃 千葉の田舎から都会におのぼり 
何の気なしに入った果物屋の
網網になったメロンの値段に衝撃を受けて以来 私の中では「有り得ない 果物屋!!」
だった 

特別な日でもない限り(いや特別な日でも買わないかも^^)この店でフルーツを買うなんて絶対に無いな!って003.gif 

そんな思い出のある千疋屋で
1050円のケーキセット♪ 

妙なお得感(^^)v

ブログや温泉ネタ、某面々の
話題・・・楽しかった!ろとさん♪


夕方近くに女史と別れ、私はそのまま、池袋・・・新宿へ 6時半から新宿で今のパートの同期会 50人余りが採用されて、その内一緒に研修した同期は16人 この日集まったのは7人 全員40代(爆)自称40代若干2名(爆笑)盛り上がった~003.gif 
2次会でカラオケボックスに入ったけど、誰ひとり歌わない(爆笑)みんなしゃべり通し

f0208112_13551278.jpgf0208112_13552537.jpg


てな感じで、この日は一日 女友達な日となりました♪ おしゃべりはやっぱり楽しい^^普段旦那とふたりっきりだし、色んな話しもするけど
女同士の会話とは全く違うしね^^ 40代、全員既婚者の集まり、研修時の大人しそうな奥様!ってイメージとは全く違う印象の人もいたし
同じ仕事仲間っていうのは、いろんな愚痴も言いたい放題でホントに楽しかった♪ 
「次回は〇〇〇さん、幹事お願いね」そう言われて帰宅した・・・・幹事か・・・・参加だけするのがいいなぁ~037.gif
過去2回とも幹事をかって出てくれたYさん、お疲れさま&ご苦労さまでした!

by satomi-kazu | 2010-05-11 15:03 | オフ会 | Trackback | Comments(18)
2010年 05月 05日

初新潟


GWが終りますぅ~ いやぁ洗濯がはかどった(^^)v 衣替えも終了~ どっこも出掛けなかった015.gif
(ちょっと遊び過ぎでしたからね・・・あたしったら023.gif
と言うわけで、遊べてない旦那の為に、GW明け温泉に行ってきまぁ~す!

f0208112_9423061.jpg
新潟県は 大湯温泉にある 友家ホテル

温泉宿に行き始めた頃 ネットで検索してから
ずっと気になっていた宿

行かれた方の宿泊記を見たけど、宿外観と
館内のギャップがこれほどある宿も珍しいらしい・・・

清流沿いのお風呂もなかなか良さそう♪


f0208112_22202996.jpg
別館のベットルームも小洒落た感じで◎

ただ4階から2階にあるお風呂に行くのは

ちょっと億劫かなぁ・・・・

エレベーター無し005.gif 
ちょっと珍しくない?


f0208112_22222994.jpg
貸し切りのお風呂もあるので、ひとまず人目を
気にせずに湯浴みを楽しめそう♪

今まで、色々なところに連れてってもらったけれど
お風呂に関しては、ひとつ揺るぎない要望が・・・

それは貸し切り風呂が必ずある宿
(ひとつでもいいから)

もしくは、部屋に露天風呂が付いている宿・・・

贅沢かもしれないけれど、これは宿選びをする中で

譲れないなって


f0208112_22333544.jpg
さてさて、夫婦共々期待感いっぱいの食事ですが!

HPなど見ても、やや地味感は否めない・・・

でも、ここの食事は 脱旅館料理&一品一品手作りが売り

評判やクチコミもすこぶるいいのです!

私達夫婦は迷うこと無く 
お料理グレードアッププラン@2100を選択

今から すっごく楽しみです!夕食が♪

一、二品の追加&食材アップだそうで^^


新潟は20代の頃に 越後湯沢 越後中里 黒姫高原などのスキー場に来たけれど、温泉に行くのは初めて

国立から遠いし、新潟までしょっちゅう行く事はないだろうなぁ・・・再訪したい度がすこぶる高かったら、毎年恒例の
苗場とセットでもいいかな・・・

さてさて、どんな感想を持って帰ってくることやら・・・・楽しみだな


by satomi-kazu | 2010-05-05 22:48 | 新潟 友家ホテル | Trackback | Comments(24)
2010年 05月 03日

チェジュ島 旅行記3

チェジュ島旅行記 一気に帰国まで
f0208112_21423280.jpg
2日目の観光 タクシーチャーターして
パク氏の案内で数箇所周りました




ここは世界遺産に登録された 

城山日出峰

海底の溶岩が噴出して出来た峰

沢山の観光客が訪れる場所です


f0208112_21435089.jpg




ユネスコ世界遺産の標章が堂々と建っていました


f0208112_21445222.jpg
約30分ほどかけて登山する遊歩道があります

頂上からの景色が最高だよ!
とパク氏に薦められましたが・・・

「遠くから見るだけでも充分ステキだし~~」

ハハハ・・・・歩くの回避(爆)

小さく写ってるのは、登っていく人達

みんな元気だなぁ・・・・

パク氏・・・
「ここ来たら みんな登るのになぁ」

ギャハハハ~~何しに来たんだろ
あたし達(爆)


f0208112_2146840.jpg
さて、世界遺産の観光地でのお昼は・・・・
タクシー運転手 パク氏お薦めのお店に入ります。

さすがに世界遺産の観光地だけあって周囲にはそれはそれは
沢山のお店がズラ~リ!!

この店構え・・・正直、最初見た時は「えっ?」てな感じ037.gif

個人で行ったら 絶対に選ばないお店ですね

f0208112_2146502.jpg

だけど・・このお店 とにかく旨かった!滞在中食べた食事の中で、私もchakoちゃんも迷う事無くNO1に選びました(^^)v
相変わらず頼まずとも出てくるおかず類・・・特に右写真の青葱の芯のナムルが最高だった、マジ買って帰りたかったほど。 
2回もお皿を空にしたのですが、何も言わなくてもお替り持ってきてくれました!サイコー♪
f0208112_21521576.jpgf0208112_21524044.jpg


f0208112_21534576.jpg
まずはパク氏に「絶対に食べな!旨いから」と薦められたイカのちぢみ

日本にある韓国料理やさんや、ソウルでも何度となく ちぢみは食べてきましたが、このイカちぢみ・・・・今までに食べた事の無い美味しさでした。

とにかく生地がふわっふわでサクッサク・・・
付けタレも日本人好みの味で「もう一枚!」
マジでそう言いたかったよ~~ 

だけどこのお店の看板メニューは海鮮鍋・・・
そっちが食べれなくなったら困るので、グッと
一枚で我慢しました021.gif


f0208112_21542576.jpg
さて お待ちかねの海鮮鍋です!

アワビ とこぶし イカ 貝類 海老・・・

とにかく盛り沢山のお鍋です。


今回、私達は2泊3日でチェジュ島の
美味しくて名物な物を食べよう!
って計画してました。

メニューは黒豚 アワビ 海鮮鍋、そして新鮮な刺身とアマダイの焼物

ここまでほぼ完璧なコースで進んでます(^^)v


f0208112_2154559.jpg


鍋が煮えてくると、魚介類の出汁が

スープに染みこんで・・・・

もう~~たまらない美味しさ!!

2人して会話も少なくひたすら食べる

パク氏もお店の端で何か食べてた^^
きっとお店からのおごりだね♪


f0208112_21552719.jpg
2人で汗だくになりながら鍋を平らげたら

お店の人がインスタントラーメンを持ってきました

「え~~もう無理無理っ お腹いっぱいだしそれにインスタント麺なんてさぁ・・・」

なんてほざいたくせに(爆)なんと、このインスタントラーメンが超超超~美味しくてですね・・・

結局全部おばさん2人の胃袋へ消えていったのでありました

韓国では鍋の最後にこうしてインスタント麺で〆るのが普通らしいです、日本の鍋はご飯だけどね


f0208112_21561682.jpg


いやぁ~さすがの大食い2人も チェジュに来てから

黒豚 アワビの石焼き飯&おかゆ ちぢみに海鮮鍋

2日目の夜はちょっと胃袋休めようかと・・・・

スーパーで買ってきた物で軽く済ませました


f0208112_21564420.jpg
     ビールにマッコリ・・・・
     韓国海苔巻き お寿司に
     ケジャン 豚の皮



     どこが胃袋休めるだ!!
     (と、自分で突っ込んでみる)

     あっちなみに このマッコリなんと
     1リットルも入って日本円で90円!

     なんでこんなに安いの?韓国!!

f0208112_21571368.jpg


     買出しした中で一番のヒットは

     このケジャン!!

     甘辛のタレが絶妙~~

     生のワタリ蟹も甘くて

     もうサイコーです!


f0208112_21574657.jpg
  

     そして最終日の朝食も控えめに・・・

     ホテルのレストラン前にあったパン屋で

     ひとり一個ずつパンを買いました。


     
     マジで唯一控えめなチェジュでのご飯


f0208112_21582960.jpg
あっという間の2泊3日 最終日

ずっとお天気にも恵まれました

名残惜しいけれど今日は帰らなくては・・・

ホテル前の海岸沿いを散歩しながら

市内の散策に出かけました


f0208112_21585811.jpg


堤防には、いろんなオブジェが建っていて

チェジュ島では有名な海女さんの像も・・・



私も黒潮育ちですから(爆)泳ぎは得意^^

市場には沢山の食材が溢れていました、日本人観光客が生ものを買うはずがないので、お店の人達もそっけない態度だったけど037.gif

f0208112_2213230.jpgf0208112_2214593.jpg

見てるだけでも楽しかった~ デコポン美味しそう~♪

f0208112_2222674.jpgf0208112_2224637.jpg


f0208112_2241866.jpg


フライトの時間は夕方の6時10分だったので

3日目ものんびりと観光できましたよ

ソウルと違って、チェジュ島は空港までが

20分足らずと近いのですごく楽チン♪

バタバタと慌ただしいソウルと違って

本当にのんびり出来ました


f0208112_2245550.jpg



    龍頭岩 という観光名所


f0208112_225326.jpg



海女さん達が海で採ってきたアワビやサザエを

岩場で裁いて売っていました


f0208112_226299.jpg




この岩の形が龍の頭のように見えることから

龍頭岩


写真では、イマイチ迫力無いですが

現物はなかなかの景勝でしたよ


f0208112_2264040.jpg
さぁて、いよいよチェジュ島最後の食事です^^

龍頭岩近くに、何軒かお刺身のお店があって

初めてリサーチ無しで、入ってみました・・・・

どうかなぁ?美味しいかなぁ・・・・
(↑ 食べ物に関しては超不安^^)


f0208112_2271957.jpg
   結果は・・・・

   言葉の壁が高かったけど
   (日本語があまり通じず苦労しました)

   味はGOOD006.gif

   食べたかった アマダイ尽くしの料理が
   並びます

   身がフワフワの塩焼き

   いやぁマジで美味しくてですね・・・・

   なんで韓国ってこんなに食べ物が美味しい
   んだろ  しかも安いし!

   羨ましい~~~


f0208112_2275093.jpg



   
   アマダイのスープ

   辛くないスープはすごく新鮮な味037.gif

   大根や葱の野菜もたくさん入っていて

   魚の旨味がたっぷりでマジ旨っ!


f0208112_2282212.jpg


   切り身が ゴロっと入ってます


   当然 身もふわっふわ♪


f0208112_229760.jpg


お刺身を頼んだつもりが・・・・

出て来たのは、アマダイの刺身丼005.gif

ありゃりゃ・・・失敗したかな?

身振り手振りでお刺身を説明したけど・・・
やっぱりちと無理があったかも039.gif


f0208112_2293969.jpg
だけどその心配も無用でした(^^)v

お醤油で刺身を食べた後に甘辛のタレを

絡めて丼に!!

美味しかった~ホントに美味しかったよ~001.gif

不味い食べ物はひとつも無かった今回の旅



またまた韓国が大好きになりました


f0208112_22101657.jpg
  真っ青な空を、おんなじ色の
  飛行機が飛んでいきました

  もう帰る時間・・・・

  名残惜しさに思わず空を
  見上げちゃいました

  
  
  バイバイ・・・チェジュ島

  何年後かにまた絶対に
  来るから~~~
003.gif


f0208112_22134448.jpg
大韓航空 機内も広かったし

スッチーの対応も◎

往路復路共 揺れることなく

帰りは2時間弱を爆睡

楽しい旅行でした


f0208112_22141437.jpg
帰りの空港でchakoちゃんが、こう言いました

「旦那さんに何かお土産買ったの?」 
「何も・・・」 
「ダメじゃない!留守番させてるのに!何か買いなさい!」


で、空港の免税店にて物色045.gif   

滞在中の食事や、自分の化粧品、スーパーでの衣料品
それらの買い物より遥かにいいお値段のお土産

お留守番してくれてたからね~ ありがとう~~旦那♪

by satomi-kazu | 2010-05-03 00:13 | 済州島 | Trackback | Comments(22)