ずっとそばに

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2011年 01月 30日

苗場ユーミン&初湯を前に・・・

連日38℃の熱出してすっかり病んでしまった。  回復の遅さに年齢を痛感。  トホホ
f0208112_13564040.jpg

f0208112_13581818.jpg
流行りまくってるインフルエンザの検査は陰性・・とりあえずホッ


苗場ライブまであと少し・・・

意地でも元気にならねば

しっかし、毎年毎年かれこれ31年間・・・

この時期に苗場ライブを休まず開催している
松任谷由実さま・・・

頭下がります。



by satomi-kazu | 2011-01-30 14:11 | 日常 | Trackback
2011年 01月 23日

笑顔はPRICELESS

f0208112_155934.jpg
国立のイタリアン オルトナーラ
先日ランチで訪れたお店

予約を入れてディナーも食べてきた。


なんかのCMのように・・・

「笑顔はプライスレス」

サービス業はこれ基本だよねって改めて感じた。

あったかい対応や笑顔はサービスを受ける側(お客さん)には
極上の印象を残す。

ここ数年、温泉宿も含めそういうサービス業に触れる機会が多くなった・・・

初めてのお店・・宿・・そのたった一回の印象が全てじゃないけど、最初に受けたその印象はなかなか忘れないものだ。 オルトナーラ 常連になりたい店となった。

f0208112_15181168.jpgf0208112_15182251.jpg


f0208112_15221144.jpg
料理の内容や説明は不得手なので省略
(料理人じゃないしね^^)

コース料理もあったけれど、自分たちが
食べたいと思ったメニューをアラカルトで注文。


フレンチに比べてイタリアンはカジュアルな
雰囲気なのがいい。

一品一品運んで料理の説明をしてくれるスタッフも
国立にある料理学校エコールキュリネールの刺繍を
あしらったコック服?っていうのかな?を
着ていた初々しい男の子だったり・・・


f0208112_15303012.jpg
先日ランチの時に

「是非次回はお2階の席でごゆっくりお召し上がりください」
と、声をかけてくれた、ソムリエ?っぽい男性スタッフも

私達の席まで来て満面の笑顔であいさつにみえた。

まぁ数日前だったしね、顔は覚えていてくれたんだと・・・



ワインによく合った、鶏のテリーヌ


f0208112_15351447.jpg
日本語で「菜園風」という意味の店名らしく

野菜がとっても充実していると思う。


この野菜サラダもシンプルなドレッシングで美味。

たっぷりな量があるけどこれで630円

リーズナブルだと思う。


f0208112_15384677.jpg
季節野菜のグリル

バルサミコソースが食欲をそそる
ワインがすすむ^^;


この日は18名の団体さんが先客で2階のフロアに・・・

ちょっと賑やかだったけど、1階のテーブル席は私達だけ
だったのでワインと共にゆっくりとした時間が過ぎる。


f0208112_15445458.jpg
キャベツとアンチョビのパスタ。

パスタ・・・美味しいんだけどね^^;

どーも、パスタだけは私達がいきつけの立川のお店と
比べてしまう。

やっぱり生麺と乾麺の差は・・・素人の味覚でもね・・・

残念だなぁ・・・パスタ^^;


f0208112_15495673.jpg
オリーブオイルをつけて食べるフワフワのパン。


「カリカリのフランスパンの方が美味しいよね・・そっちのが料理にも合いそうなのにね」

旦那
「イタリアンだからね、フランスパンは出さないじゃない?」


なんとも核心をついたご返答、思わず大笑いしちゃった。


夫婦で会話にも事欠かない・・・

楽しく美味しい時間が過ぎてゆく。


f0208112_15571255.jpg
メインの肉料理は豚肉を選択

ハンガリーの国宝認定豚に指定されている代物らしい。

このお店のメイン料理でもあるようだった・・・

このお皿にも野菜がたっぷり。

食前酒とワインをそれぞれ3杯、上記の料理を頼んで
1万円と少し。

フレンチよりはリーズナブルな料金でお腹も心もいっぱいに。


タイトルの笑顔はPRICELESS・・・何人かいたスタッフも勿論だが、食事を終えて席を立った時に厨房からシェフ(お店のオーナー)が出てきて私達に挨拶にきてくれた。 

ほんの数分の立ち話しだったが、サービスを受ける側の私達が「また来ますね」と心から思えた・・・そんな対応だった。 

温泉宿もそうだが、何もべったりベタベタされたい訳じゃない、干渉されたい為に温泉宿に行ってるわけでもないし・・・だけど最低限のサービス(接客、対応)は

やっぱり必要不可欠だと思うのだ。 ましてや一番最初に訪れた時には・・・ 


高校を卒業して初めてお勤めしたのが百貨店だった、その時に1か月間私達新人を研修した人事担当の言葉は、30年近く経った今でもハッキリと覚えている。

「あなた達には、何十人何百人の多くのお客様の中の一人に過ぎないが、お客様にとっては、このお店にきて接客してくれる、自分にとってたった一人の
存在なのです、その最初の印象で全てが決まってしまうこともあるのです」
 


by satomi-kazu | 2011-01-23 16:25 | 日常 | Trackback
2011年 01月 19日

マイブーム

f0208112_22375817.jpg

インスタントラーメン!!

酸っぱくて辛い、スーラータンメン

去年暮れ辺りからとにかく嵌ってる。

中華三昧のシリーズでも断トツ大好き♪

旦那はインスタントってのが嫌いでこういうのは

食べないから、一人のお昼にズルズル~っと^^



f0208112_22394491.jpg

最後の仕上げに生卵を使うのがミソ。

この溶き卵を使うのと使わないのでは味に
大きな差が!



f0208112_22402398.jpg

味は、酸っぱ辛くて後引く美味しさ。

お酢好きには堪らないインスタントラーメンだと思う。

私は、更に冷蔵庫のお酢を追加して調整します。

麺も極細で私好み!

ウマウマ~~♪



f0208112_2241627.jpg

炭水化物ばっかりじゃぁいけません!


キャベツのナムル

これも最近我が家の定番。

キャベツもこうするといっぱい食べれます^^


by satomi-kazu | 2011-01-19 23:01 | ウチご飯 | Trackback
2011年 01月 15日

箱根の日帰り入浴

f0208112_13235525.jpg

昨年最後に浸かった温泉は、我が家の定番にもなりつつ
ある箱根仙石原

宿泊も可能な宿だが、まだ泊まったことは無い。

宿では夕食は無く朝食のみ。海外からの宿泊客が
多いみたい。

大涌谷から引泉している源泉掛け流しのお湯

硫黄の香り、濁ったお湯の色・・温度・・・
全てにおいて私達にはベスト!

1時間、貸し切り 二人で2100円


f0208112_13323240.jpgf0208112_13324454.jpg

シャワーブースも完備。 出たり入ったり、のんびりと1時間。 いっつも思う・・ここの従業員さん達いいなぁ・・・毎日このお湯に浸かれるんだよね~^^

f0208112_13351375.jpgf0208112_13352626.jpg



仙石原でのお昼・・・これだけはがっかりさせられ続き^^; 3回共違うお店に(お蕎麦屋)入ったんだけど・・・全て外れ。 美味しくなかった(私達には)
クチコミも当てに成るものと成らないものがある・・・事食べ物の趣向に関しては難しいなと感じた。
大食いで蕎麦好きの旦那も、完食せずに残した(珍しい) 乾麺かぁ・・・すごく残念。

f0208112_13401965.jpgf0208112_13402895.jpg


今年の初湯は2月初旬までおあずけ。 二人ともなんかバタバタとしてる・・・待ち遠しいなぁ2月。 初めて訪れる場所と温泉^^

by satomi-kazu | 2011-01-15 13:54 | 日常 | Trackback
2011年 01月 13日

なんか忙しい

「忙しい」って漢字・・心を亡くすっていう意味なんだよって、昔誰かに言われたことがある。へぇ~なるほど!と妙に納得した覚えがある。 

忙しい・・か・・・時間は自分でつくるもの。 忙しいからダメ!無理!その理由の裏側は・・・その気が無いってことなんだよね・・・と私は思う。


しかーーし!! なんかこの2、3日あたしったら忙しい(爆) 疲れた~~ 仕事・・・ストレス溜まるなぁ何気に(ボソっ)


by satomi-kazu | 2011-01-13 22:48 | ひとりごと | Trackback
2011年 01月 09日

国立イタリアン OrtoLana

年明け旦那と休みが一緒になった日、国立市内でランチのお店を新しく開拓。イタリアンレストランOrtoLana(オルトラーナ)イタリア語で菜園風という意味らしい。
f0208112_16464951.jpg

f0208112_165092.jpgf0208112_16502697.jpg

昨年の6月にオープンした新しいお店、2階建ての一見すると普通の一軒家のような佇まいのその店内は実にお洒落だった。ランチ時・・・予約でいっぱい。
私達は1階カウンター席に通された。 店頭に目立った看板も無く・・クチコミで繁盛していくタイプのお店になるのかなぁ・・・

f0208112_16525073.jpgf0208112_1653559.jpg


f0208112_16583827.jpg
2階の客席は多いようだが、1階は4人掛けテーブルと
カウンター席が3つ

通されたカウンターからは厨房の様子が伺えた。
男性シェフが2人。 忙しそうだった・・・

フロアー担当は男性と女性の2人。
ランチ時はさすがに忙しそうだ・・・
そう、国立の飲食店(特にフレンチ、イタリアン)最大の商戦はランチ

セレブリティな奥様方がいかに何度もリピートしてランチで
お金を落としてくれるか!!!

これに尽きると思う。


f0208112_1711947.jpg
国立在住50年超の旦那曰く・・・

「なんで、国立で外食店出したいのかな? 何件のお店が残ってるだろ?みんな出したわいいけど数年で撤退してるのに・・・一ツ橋の学生が一人5000円以上するディナーコースを頻繁に食べに来るわけじゃないし、ディナーはホントに難しいと思う」って。

私達が夫婦で記念日に予約したフレンチのお店も・・・
かなり有名店なんだけど、2回共ディナー時は私達夫婦1組だけだった。

もちろんいつもそんなだったら営業を続けてはいけないんだろうけど
要はランチのお客さんをいかに沢山掴むかが、勝負の分かれ目のような気がする

・・・と私のような一般人は感じてしまう。


f0208112_17262412.jpg
ランチは3種類あった。

980円、1500円、2300円。

前菜と自家製パンが食べてみたかったので
1500円のコースを注文。

グリーンサラダ

もうちょっと量が欲しいところだが
この位なのかなぁ・・・^^;


f0208112_17294930.jpg
続いて前菜の一皿

盛り付けも美しく目でも楽しめた。

ピクルスが美味しかった。


f0208112_17322797.jpg
自家製のパン

クルミが入った温かいパンだったけど
ふわふわな口当たり。

自分たちの好みは、皮パリパリの
フランスパンなので、ちょっぴり物足りなさを感じたパンだった。

いや、美味しかったけどね^^


f0208112_17354823.jpg
旦那注文パスタ

茸のクリームソースラザニア

ものすごく濃厚

ワイン飲みながらが丁度いい感じ。

旦那すかさず、ワイン注文。

もうっ昼間っから・・・

まっお休みだからヨシとします^^


f0208112_1740878.jpg
私注文の

菜園風トマトソーススバゲッティ

普通に、美味しかったです。

ただ・・・パスタだけだったら・・・

私達行きつけの立川のお店パセリの方が

断トツで美味しいかな。

まぁ個人的感想なので。


f0208112_17435290.jpg
国立駅から徒歩4分ほど

私達の自宅からも徒歩で7分くらいなので多分又行くと思う・・かな。
次回はディナーのコースを食べてみたい。


あ、そうそうシェフを含めスタッフの対応は花丸でした。

精算時
「次回は是非お2階の席で、ごゆっくりお召し上がりになって
くださいませ」


ありがとうございました・・以外にこういう一言があると
おっ!! また来るか!!!・・・となる。

接客ってそういうもんだよなぁ・・と思う。


生ビールにワインを頼んで、2人で4500円也・・・会社の社食は400円・・・お休みの日のランチくらいは贅沢に?かな^^;

by satomi-kazu | 2011-01-09 18:02 | 日常 | Trackback
2011年 01月 04日

仕事始め

お正月休みは全く関係ない旦那は元旦だけお休み、大晦日も仕事、今年も2日から仕事。 私はといえば明日が仕事始め。

週3日勤務のパートだけど年末年始でちょっと長い休みを過ごすと、仕事モードに切り替えるのがなかなか大変。

また、あのギュウギュウ詰めの満員電車に揺られるのかぁ・・・行きたくないなぁ・・・朝寒いしね(爆)

昨年、仕事納めの挨拶を私が勤務する某銀行内の女課長さんにしたところ、それはそれは意外な一面を垣間見ることとなった。

高卒の私なんかと違って、多分すんごい有名処の大学卒業して入社・・年上の男性社員を従えてまさしく出世街道まっしぐらーーな女性。

とにかく、いつみても走ってる!って印象しかないくらい 「私は忙しいのーーー」 オーラをプンプンに振りまいている女性。

ああいうタイプの女性を俗に言う、バリバリのキャリアウーマンって言うんだろうな・・・そのうち支店長にでもなっちゃうんでないの?

年齢は40歳くらいか?私よりは少し若い感じがするけど、お子さんはいないらしい(同じパートさんからの情報)

お昼の休憩なんて、60分しっかりと取ってる私達と違ってその女課長さんは、ものの15分で食べ終えたら即座に自分の席に着いてる。

なんかね、全体的に張り詰めてる感じがもの凄くするんだよね・・・おんなじ働く女性としては・・・ちょっと気の毒になるくらい。

なぁーんてさ、仕事の責任や立場が全然違うっつうの、あたしとは(爆)

年末のちょっとした出来事は、私をほんの少し驚かせ、ふ~ん・・・人ってやっぱり見かけじゃ解んないもんだわ・・そう思わせた。

明日の仕事始めの挨拶も、実はちょっぴり楽しみでもある。

「行きたくないな~」の仕事でも、自分の年齢や経験、経歴から考えたら良い仕事に従事出来たと思ってる。

リストラされるまでは頑張っていないとね。 贅沢いってられる身分じゃございません。 

あっ昨日の何かのTV番組で小泉今日子さんが、こう答えてたっけ。インタビュアーに「女優って仕事を辞めたいと思われたことは?」

「いっつもよ・・私どちらかと言えば肉体労働向きな性格なのかも。 だけどね、辞めたいな~嫌だな~って思うくらいが丁度いいんじゃない?」


肉体労働ーーー???
  

ちょっとぉやってみてから言ってよね!!って感じで失笑しちゃったけど、後半の文句はふむふむ・・頷けた。  女課長の一件はまた・・


by satomi-kazu | 2011-01-04 22:47 | ひとりごと | Trackback
2011年 01月 02日

f0208112_137526.jpg
新年あけましておめでとう。

今年も元気いっぱい、いろんな温泉地&お気に入りの宿への再訪が出来るように健康でいたい。

さて、今年のNHK大河ドラマは・・・何年振りかで視聴しようと思ってる。

どーしてか?一応自分なりの理由もあったりするわけで。
私の本名の中にはこの「江」という漢字が含まれていて、歴史好きだった亡き父親が
浅井三姉妹の末っ子「お江姫」の一文字を名前に入れたいと譲らず・・・
私の名前に加えられた経緯有り。 
この時代の歴史は嫌いじゃないし、(ちなみに石田三成好き♪)昨年の龍馬よりそそられる。


演じる女優さん、最近TVで見かける若手俳優さんの中でも好感度の上野樹里さん。彼女天真爛漫なイメージがあるが、全く違った雰囲気を持った女性らしい。

以下新聞記事より
(のだめの雰囲気を予想していたがとんでもない、クールで深いところで何かもってる。
記者からの質問も不明な所は何度も聞き返す。適当という言葉が通用しない人)
 

ん~~ これ読んだだけで既に興味津々で「今年は大河見よーーー!」となった。

by satomi-kazu | 2011-01-02 13:32 | 日常 | Trackback