ずっとそばに

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2011年 05月 28日

乗鞍高原 カントリーハウス渓山荘Ⅲ

f0208112_22454712.jpg
乗鞍のペンション 渓山荘のアップも最後になりました。 

若夫婦手作りの夕食と朝食のご紹介。 
各テーブルに置かれた小さなお花も可愛い♪

今回の旅はいつもに増して二人の会話が
多かったように思う。


私のペンション夜逃げ話しも旦那には初めて話したし

次の奥飛騨の宿では食事処にあった釜戸を見て

学生時代のゼミ合宿の話を長々と力説した旦那^^;



f0208112_2253134.jpgf0208112_22533994.jpg
ダイニング前の黒板に今夜のメニューが
可愛く書かれています。

おっ!信州牛のロースト♪美味しそう^^

山菜の天ぷらも~



f0208112_22593696.jpg
私達を含めて3組のお客さん。

案内されたテーブルやダイニングの雰囲気が

本当にペンションっぽくて、思わず自分が白馬で

アルバイトしていた当時を思い出した。



夕食は・・・とても美味しかったです。
決して豪華なラインナップでは無いけれど
一品一品、心がこもったあったかい夕食でした。



f0208112_2392166.jpgf0208112_2393442.jpg
馬刺しは別注しました。

肉厚でとっても美味しかった。

サーモンのカルパッチョやそば豆腐 
山菜小鉢が並びます。

中でも左上の春人参のサラダがバカ旨でした^^



f0208112_23144051.jpgf0208112_2315258.jpg
やっぱりワインでしょ♪


虹鱒のアンチョビクリームソース



f0208112_23173371.jpgf0208112_23174785.jpg
山菜の天ぷらは5種類

揚げ立てを若旦那が給仕してくれます。

多分オーナーの息子さんなのかな?

ダイニングで見たのは、その彼と

スレンダー美人の奥さん。



f0208112_23214463.jpg
メインのお肉

信州牛のロースト ガーリックしょう油ソース♪

これホント美味しかった♪

お肉も驚くほど柔らかくて、下にひかれた野菜とベストマッチ。

ソースもね~ いい味だった。 真似したいね、こういうの♪

あとはご飯とお味噌汁が最後にでます。

写真で見ても少し物足りない?かなぁって思ったけど

山菜の天ぷらと最後のお肉がボリュームあったので満腹(^^)v



f0208112_23311930.jpg
若奥さん手作りのデザート

黒糖の?・・・聞いたけど忘れちゃった^^;

横文字だったしね。



f0208112_233929.jpgf0208112_23392685.jpg
朝食も同じ席で。

牛乳やジュース、コーヒーはセルフで

好きなだけ♪

パンもたくさん! 

和食も選べます。



f0208112_23434986.jpgf0208112_23435952.jpg
たっぷりのバターとこれまた手作りのジャム♪

各テーブルにトースターが一台あって

自分たちで焼いて食べます。

ヨーグルトも美味しかった~



f0208112_23492173.jpg

               2日目の朝も快晴  乗鞍岳が綺麗に見れました。
f0208112_23503060.jpg

               カントリーハウス 渓山荘  25年前の私を思い出させてくれた素敵なペンションでした。
f0208112_23542679.jpg

                                奥飛騨へとつづく・・・

by satomi-kazu | 2011-05-28 00:03 | 乗鞍 カントリーハウス 渓山荘 | Trackback | Comments(8)
2011年 05月 23日

乗鞍高原 カントリーハウス渓山荘Ⅱ

f0208112_21204487.jpgf0208112_21212490.jpg
渓山荘のお風呂は全部で5つ。

男女別の内湯に露天風呂

貸し切り仕様で使える露天風呂がもうひとつ

宿の外に出てログハウスの中に

サウナと一緒になった露天風呂。



f0208112_21272122.jpgf0208112_2128220.jpg
内湯に続く湯上り処もペンション色の濃い

雰囲気で、寛ぐことが出来ます。

冷たいそば茶も自由に飲めるようになっていて

ホントあっちこっちにサービス満載です。

ロビー横のコーヒー飲めるコーナーとかね♪



f0208112_21331052.jpgf0208112_21333475.jpg
男女別の内湯と露天風呂

この日は私達含めて3組だったので

館内全てのお風呂が貸し切りで入れました。
(平日の恩恵~^^)


通常内湯は男女で時間制交代。



f0208112_21371873.jpgf0208112_21374259.jpg
こっちの内湯&露天も貸し切り~♪

大好きな白濁湯 うっれしぃ~♪

しかし・・露天の方はお湯がぬるかった。

長湯が出来るんだろうけど

どーもぬる湯は苦手な私。



f0208112_214418100.jpgf0208112_21445789.jpg
ログハウス内にある露天風呂

ここは常に貸し切り利用です。

中にはサウナも完備。

夫婦で我慢大会しました。

しかし・・・維持費大変そう^^;

宿設備はペンションと思えない充実ぶり!



f0208112_21511353.jpg
この露天風呂が一番気に入りました。 屋根が無く開放的なお風呂です。

青空の下 二人でゆったりと浸かれました。




で、どーでもいいw夜逃げ話を少し。

かれこれ25年も昔、都内で勤務していた仕事を突然辞めて
長野県白馬村にあるペンションでアルバイトをしました。(通年)
みそら野にある某ペンションのアルバイト料は一週間で1万円!
つまりひと月で4万円 食事はもちろん食べさせてくれるし
スキー場で乗るリフト券もお客さんが残していったものを使えるので
少ないバイト料でも、困ることはありませんでした・・・がっ!!

2年目に入った白馬村を後にして一度実家のある千葉県に帰り
さて!これから先どーしようか?何がしたいのか?なんていっちょまえに
悩んだりしていた時、ふと目にした斑尾高原のペンションのアルバイト
募集の記事・・・なんと一日3000円。一週間で21000円!!
白馬の倍のバイト料。 すけべ根性が出てしまい、思わず電話してました。

しかし・・この斑尾のペンションが酷すぎた。
(あっ写真の渓山荘とは全く違う宿の話しですからね^^;)



f0208112_228241.jpg
検索したら今でも営業していた!!驚きです!
経営者が変わったようだけど建物や施設内は同じだった・・・
あのペンションだ・・私が夜逃げした宿。

当時はおじいちゃんとおばあちゃんの二人で切り盛りしていて
バイトは私が行った時には2人いた・・が、数日すると彼らはいなくなった。
気づくとバイトは私ひとりっきりになっていた。

10日間位いただろうか・・・
      
何が酷いかって、まずご飯は2、3日電気釜に入れっぱなしで
茶色く色づいたご飯を朝食や夕食に平気でだしていた。 
当然のように添え物のパセリや、お客さんが口を付けてないであろう
形の残ってる食材は洗ってそのまま翌日のお客さんに・・・

信じられない光景を目にしていたわけだけど、平然としている老夫婦は
なぜだかもの凄く怖くて、20歳そこそこのねぇちゃんが口答え出来る
雰囲気じゃなかった。 
      
何日かして宿のオーナーじいちゃんに「あのぉ・・ご飯が黄色い・・ってお客さんが・・」
って訴えたんですよ。そしたら血圧MAXがごときもの凄い剣幕で私を怒鳴りちらし
「アルバイトが口出しすんじゃねぇ!!」と一喝。 

お風呂だって、うる覚えだけど確か3日か4日しないと掃除してなかったような
記憶があります。 



f0208112_233027.jpg
こんなとこに居られないよ~ ヤダヤダ~って^^;

斑尾に来る前までバイトしていた白馬のペンションに戻ろう!って
夜中にこっそり抜け出し、道を挟んだ向かいの宿の電話を貸してもらい
泣き泣き電話^^(そっ当時は携帯電話なんて無かったですからね)

年間通してバイトしようと考えていたので荷物も段ボールで送って
いたのでそれを電話を貸りた宿のオーナーに頼んで送ってもらい
私は身ひとつで深夜バスに乗って斑尾の地を後にしたんです。

一日3000円!に目が眩んだのがいけなかったのか! 
結局は1円のバイト料も手にすることなく尻尾を巻いて
逃げてきてしまいました。


人生初夜逃げは、そんな思い出です^^



25年前の写真が出てきました、懐かしすぎてしばらく見入ってしまった^^ 白馬のペンションでバイト仲間達と。
懐かしい日々です。20代・・・こんな時代もあったんですなぁ~(しみじみ遠い目)
それにしてもスキーウエアに時代を感じます(爆)


f0208112_12403687.jpgf0208112_1241185.jpgf0208112_12411671.jpgf0208112_12412626.jpg


とっても美味しかった渓山荘の夕食は、また今度~ 

昔のアルバムひっくり返そっと♪


by satomi-kazu | 2011-05-23 23:41 | 乗鞍 カントリーハウス 渓山荘 | Trackback | Comments(12)
2011年 05月 21日

乗鞍高原 カントリーハウス渓山荘Ⅰ

f0208112_14172977.jpg
いきなりですが皆さんは、夜逃げ!って
経験したことあります?(笑)

私・・・あるんです。
今まで生きてきた人生でたった一度ですが
(一度で充分ですがね^^;)

ペンションという固有名詞を目にすると、私の中で
「夜逃げ」というスペルが頭の中を駆け巡ります。

乗鞍高原のペンション カントリーハウス渓山荘  

ここはもちろん初めての宿泊で 苦い思い出とは
一切関係ありませんが・・・

そう、私 若かりし頃ペンションから夜逃げしたんです。

今回の宿紹介 私の夜逃げ体験を織り交ぜながら(ハハハ~)
お送りします。



f0208112_14212651.jpgf0208112_1422669.jpg
カントリーハウス渓山荘

館内はまさしくペンションちっく♪

乙女心をくすぐります^^

そっ乙女、乙女っと



f0208112_14234100.jpgf0208112_14233567.jpg
小さなフロント隣には可愛らしい談話室

コーヒーが煎れて有り、チェックイン後から
自由に飲むことが出来ます。

無料が嬉しいサービス



f0208112_14254757.jpg
食堂に隣接のプレイルーム

暖炉もあって、寛ぎのスペースになっています。
ここの雰囲気も、わぁ~ペンションだわ!って感じ。

全10室の宿

お風呂は貸し切り湯などを合わせて全部で5つ

談話室や湯上り処、そしてこのプレイルームなど

施設内はとても広いと思います。



あっちもこっちも掃除が大変だろうな~と余計な心配^^



f0208112_1431423.jpgf0208112_1432150.jpg
ゲストルームは2階に

和室もあるようでしたが

洋室を予約しました。

部屋はちょっと狭かったかな。

ベットの幅もせまーーい^^;



f0208112_14295458.jpgf0208112_14105934.jpg
タイプBで予約しましたがAだと

もう少し広いタイプだったようです。
(そっちにすればよかった^^;)

お茶請けにはメッセージ付きの
小さな籐籠が・・・



f0208112_1434633.jpg
手作りのパウンドケーキです♪

やられた~~^^

こーいうのに弱々です。

伊豆高原のさらの木もそうですが
お迎え菓子に手作りの物を出されると
一気にテンションが上がります。

当然ながら夕食も期待度マックスに♪

さて一息ついた後はお風呂へ・・・


あっ夜逃げ話もだった^^; 
え?どーでもいいってw




by satomi-kazu | 2011-05-21 14:43 | 乗鞍 カントリーハウス 渓山荘 | Trackback | Comments(10)
2011年 05月 20日

2泊3日 乗鞍と奥飛騨新平湯温泉の旅

f0208112_23472865.jpg
晴れ男のお蔭で空模様を心配することなく
久しぶりの連休で温泉に出掛けた。

温泉地へ向かう途中の、ここ最近の昼ご飯は・・・
どーもイケてません。

松本ICから上高地方面に向かう途中のこのお店も
結果的に・・・ざんねんっ!!


手作り感満載のHPなんか見てたら結構そそられたんだけど


フレンチ料理のお店で石臼挽きの日本蕎麦を食べることが出来る
なかなか面白いお店だったんですが。



f0208112_06675.jpgf0208112_061552.jpg


f0208112_074233.jpgf0208112_082290.jpg
旦那はざる蕎麦 

私は岩魚のムニエル
こがしバタ~ソース

気づけば一番高いメニューだった^^;

岩魚・・・・



f0208112_0123279.jpg

十割蕎麦と思われます。

いい~色艶で、なかなか強面のお蕎麦が
繊細な?盛り付けで運ばれてきました。



HPでも、どちらかと言えばお蕎麦の方に力が
入っている・・・そんな感じでしたかね。


             無言で食べてた旦那・・・蕎麦って何気に奥が深すぎます。  私にはまだまだです。
f0208112_0165285.jpg

f0208112_0272436.jpg
satomiさん注文の岩魚~


ムニエル~


こがしバターソース~


・・・・・・・・

こうして見ると実に美味しそう・・じゃありませんこと?^^;

お味の感想はご想像にお任せします・・・



まぁ料理の味云々より、お皿食器類の清潔感やお店設備(トイレなど)の清掃には気を配って欲しいなと思いました。
残念ですね・・・飲食店でそういうのが目についちゃうと。
f0208112_030281.jpg

f0208112_0315088.jpgf0208112_032236.jpg
さて今夜の宿、乗鞍に向かいます。

まずはCIまで時間があったので

乗鞍岳を見ながら白骨温泉へ。



f0208112_0355551.jpgf0208112_036616.jpg
いつか行ってみたい!
と切願していた

小梨の湯 笹屋に到着。

いやぁ・・この2泊3日の旅で

いきなり一番のインパクトでした。

笹屋さん。



f0208112_039764.jpgf0208112_0392164.jpg
館内もとても綺麗で、秘湯系の宿にしては

なんだかとってもおっしゃれ~な雰囲気。

まず対応がスンバらしく良かった。

立ち寄り湯ぅ~?
みたいな態度は一切無し^^

@600 料金も良心的です。



      写真でしか見たことの無かったあの内湯が・・・目の前に!! 
       大きなガラス窓から見える景色とミルキーブルーのお湯が満々と溢れる湯船は、まるで一枚の絵のようでした。
f0208112_0481881.jpg

      幸いにもお風呂は貸し切り状態。 そろそろ上がろうかなという時に60代の女性がひとり入ってこられたけど、贅沢な時間を過ごせました。
f0208112_0554860.jpg

f0208112_0563262.jpg

f0208112_0591275.jpg

表を出た処に貸し切り露天もありましたが先客がいました。白骨温泉には是非泊りでゆっくりと又来たいな・・そんな感想を持ちました。

f0208112_143180.jpgf0208112_144984.jpg

            PM3:00ちょうど一泊目の宿に到着です、白骨からは車で20分程。乗鞍スキー場まですぐの小高い場所に建つペンション
f0208112_15431529.jpg


                       宿の入り口には足湯のコーナーがありました。 家族経営の小さなペンション。どんなかな~楽しみです!
f0208112_15462389.jpg


by satomi-kazu | 2011-05-20 01:34 | 旅全般  立寄り湯など | Trackback | Comments(10)
2011年 05月 13日

職場のこと

f0208112_13495556.jpg
新緑が目にまぶしい季節になってきました。
自宅近くの一ツ橋大学構内も恰好の散歩コースです。

間近に旅行も控え気分はルンルンなはずなのですが・・・

どーも沈みがち。

4月から赴任した新しい直属の女上司が・・・ダメです。
というか感じ取ってしまいました^^; 合わないなと。
まぁ向こうも同じこと感じてるかも、「使いづらそうなパートだ!」
って。(ギャハハ~)
一緒の支店で働く先輩パートも口を揃えて
「あの人は・・・ちょっと難しいわね、怖いわよ。
何考えてるのか掴めないから。」
うん、うん^^;だね。

職場の人間関係って、日常のストレスが占める割合がとっても
多いじゃないですか。直属の上司ともなれば尚更・・・

ちょっと?いや、かなり憂鬱なパート勤務になりそうな予感。

私こういう時いっつも思うのですが、会社のお偉いさんも元をただせば
平社員だったわけで、当時の自分の気持ち、考えていた事を思い出して
くれたら、必然と部下の気持ちも解ってくれるんじゃないかと・・・

これは甘い考えなんでしょうかね?
人ってその立場立場に立たされないと解らないものなんだろうか?

愚痴が増えそうだ・・・旦那ヨロシク(爆)



まぁこういう悩みや憂鬱になってしまう出来事も社会に出て、誰かと接しているからこそ起こる事だから・・・体験しながら感じながら日々暮らしていくのも
自分にとってはプラスにはなるかな。 楽しんじゃお~とまで楽観的には考えられないけど、まっ人生死ぬまで勉強って言うし^^;


by satomi-kazu | 2011-05-13 14:23 | 日常 | Trackback | Comments(11)
2011年 05月 09日

クチコミ評価

f0208112_21562066.jpg
ネットでの宿探し

移動距離や自分たちの趣味趣向で場所が決まり、宿泊料金や

お風呂の感じ、あとはどんな料理を食べさせてくれるのか・・
         (↑ これ一番重要^^ 私達夫婦は)

いろんな事を考慮して決めるんだけど、宿名で検索しヒットした

個人のブログやクチコミも当然参考にする。

クチコミがすこぶる良い!!これに越した事はないけど

ひねくれ者なので、評価が良すぎるのも・・・どーよ?

「えーー?ホントにぃ?」となる。



だからと言う訳じゃないけど、宿評価の正直な感想を見るのは私にとってはとても有り難い。

絶賛モードのクチコミの宿に行って不完全燃焼でチェックアウトした宿が2つ・・3つ?過去にあった。

まぁそれもある意味、時間が経てば思い出として残り2度目は無い!と選択肢から外せるし

それはそれで行ってみなければ解らないことだったと学習出来たし。

宿側からすれば年に何十組、何百組と訪れるお客さんの中の一組にしか過ぎないけれど・・・私達お客さんサイドは・・・

いろんな期待や想いを抱いて出掛けていくのだから・・・後味の悪い滞在は避けたいのが当たり前。

最近某掲示板で残念モードの滞在記を拝見した。 ああいう情報はすごくありがたいなぁと思う。

でも、クチコミって面白い。私達が去年泊まったH根のIの湯なんて、Jらんのクチコミで大絶賛してる人もいる。

あの夕食で??・・・人それぞれだ。感じ方は。

上に添付した温泉の宿に泊まる日が近づいている。 Jらん評価クチコミは・・・最高クラスの4、9!!

「また来たいね~~♪」な宿になるのか?「2回目は無いね」になるのか? どんなだろうね・・・

初めての宿はそういう楽しみもある。


by satomi-kazu | 2011-05-09 22:51 | 旅全般  立寄り湯など | Trackback | Comments(8)
2011年 05月 07日

昼食立ち寄り時間潰し

f0208112_1434542.jpgf0208112_1435931.jpg
温泉に出掛ける時の昼食処を決めるのは

我が家では100%旦那の役割^^ 

だから外れを引くと

ブーブーうるさいったらありゃしない

・・・誰かが。



f0208112_1440236.jpg


海鮮サラダ


ドレッシングが面白いね~


でも海鮮が少ないね^^;

値段の割に



f0208112_14445079.jpg

とろろ付の定食

マグロが新鮮だった!


旅先の昼食は蕎麦が圧倒的に多いんだけど

二人して大好物のとろろご飯も多い。



f0208112_14492761.jpg
天ぷら定食

これイケてない

揚げ方がねぇ・・・

衣剥がして中身だけ食べた。

全国区の温泉地なので値段も観光地価格

当然一見さんが多いだろう・・・

2度目(次回の)訪問は期待しないんだろうか?

またあそこで食べよう!とはお世辞にも言えない

そんな昼食処だった。



f0208112_14582823.jpgf0208112_14584638.jpg
何度も訪れる温泉地だと

チェックインまでの時間潰しに困る^^;

あそこも行ったしね~ 此処も~



f0208112_15442571.jpg
別のルートを走り、立ち寄り湯へ

初めての温泉地

立ち寄り入浴ひとり@1100だったか?

二人で2200円・・・安くない^^;

初老のご主人がロビーの古びたソファに

どっかりと腰かけていた。

「立ち寄りか?」みたいなお顔つき^^;



f0208112_1573780.jpg
口頭で案内された立ち寄り湯は

宿から3分ほど離れた場所にあった。

宿泊客も露天風呂に入る時は

ここまで徒歩でくることに。



f0208112_15114347.jpg
わぁお~・・・

と、そそられるお風呂ではない^^;

なんだか面白かったけど。



f0208112_1517361.jpg

湯口付近には落ち葉がいっぱいだし・・

お世辞にも風情のある落ち葉じゃない。



f0208112_15144599.jpg


f0208112_15205738.jpg

一番気になったのは・・・

いったい何時掃除したの?

と、疑ってしまう灰皿と吸殻

しかも吸殻はカピカピに干からびてた・・

相当前に入浴したお客さんが残した物に違いない。

こういうのは残念。


           PH 8、4 高い!! そういえばヌルヌル感は凄かった! お湯は良かったんだね~^^;
f0208112_15275986.jpg

立ち寄りと言えども40分足らずで2200円取るんだから、お風呂の清掃は宿側の当然の仕事・・と思うんだけどね。 
主婦目線だと色々と文句や注文が絶えない(爆)

まぁでもこうしてブーブー言いながら、二人で同じ時間を共有し楽しみながら日々が過ぎていく。 幸せだ。


by satomi-kazu | 2011-05-07 15:47 | 旅全般  立寄り湯など | Trackback | Comments(8)
2011年 05月 05日

怒号

東電社長が原発被害で避難している国民から、浴びせられている怒号の声。

あの現場をテレビのニュースで見た時、気の毒だなぁ・・・と感じてしまった私は非国民?

「あんたらの年収足らずで建てられる小さな家だけどローンが残ってる!これどーしてくれんのよ!!」ご尤も・・・

「100万円? あんた達が一晩飲み食いで使っちゃう金額貰ったってどうしようもない! 残ってるローンも補償しろ!」

東電社員幹部の年収が50%カットってニュースも目にした・・半額になっても2000万超らしい。

ふ~ん・・・そんなに高所得だったんだ・・・東電って、と単純な驚き。

「安全だ安全だって言っといて、大嘘じゃないか!!今までの生活を返せ!」 これもご尤も・・

「電気料金値上げで補償に充てる?冗談じゃない、国と東電で全部まかなえ!」 ん・・・難しい。

国の補償・・・これって結局は国民の税金 「国が!国が!」って口並み揃えているのを見ると少し疑問も・・・

福島原発の誘致で潤った人・・原発関連で仕事を得て生活していた現地の人達は今どんな気持ちでいるだろう。

「清水ーー!!土下座しろ!土下座!!」怒号を浴びせた住民の方はどんな気持ちで言っていたのか・・・


偉そうなこと書きたい訳じゃないんだけど、最近の震災番組は見ていると複雑でツライ。
特に原発関連での責任のなすり合い&怒号住民の姿。


原発事故は天災ではなく人災だと多くの人達は言う。 想像を超えた津波の高さと被害を予想しなかったから・・・

100%天災だったら諦めがつくと言った住民もいた・・・人災ならよかったの? 誰かに怒りをぶちまけられるから?

土下座させて、「申し訳ありません」の謝罪を聞くことが避難住民の方々の慰めになっているのだろうか?

テレビ報道は、色々と考えさせられる・・・影響も受け易いし・・・ドドーっと気持ちが落ち込んじゃうことも。


現実逃避したくなっちゃう今日この頃。 一般庶民の私達は消費税を上げる!と決定されればそれに従い

電気料金を値上げする!と言われれば、その通りに・・・そういうこと?


by satomi-kazu | 2011-05-05 13:16 | ひとりごと | Trackback