ずっとそばに

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2011年 08月 27日

今年の結婚記念日は


f0208112_2217344.jpg
この頃・・・国立駅前でよく声を掛けられます。

信号待ちの向こう側から、その人はだんだんと私に近づいてきて

謎のオバサン
「とっても、いいお顔なさってますね、この数か月で何か
生活に変化がおありだったんですか?」

私 
「はぁ? なんですか?いきなり」

謎のオバサン
「私ですね~人相占いやってまして、奥さまのお顔が
とっても明るくて・・・」



f0208112_2228363.jpg
私 
「だから?なんですか?何かの勧誘でしょ?あなた」

謎のオバサン
「いえいえ、勧誘なんて・・どこかでお茶でもしながら
人相占いをさせて頂けたらと」

私 
「初めて会った人とお茶するように見えました?私」

謎のオバサン
「・・・・・」

こういう勧誘に声を掛けられちゃう年齢になっちゃったんだなぁ(笑)

勧誘される・・・何かうさん臭い匂いがプンプンだけど
まだ若い頃は、こういうのじゃなかったような気がする?



1回や2回じゃないんですよ、駅周辺でこの手の勧誘に話しかけられるの^^;いい加減私の顔覚えてスルーしてよ!って思うんだけど。
だって、昨日のオバサン数週間前にも私に声掛けてきたから(爆笑) 

旦那にこの話しすると「satomiさんに話しかけやすそうってオーラがあるんじゃないの?」って。 えーーーそれは絶対に無い!! 
「あの~・・・」って最初の一声掛けられた瞬間に、ものすごく怖い顔してその人の事見るもん、私!!相当な威圧感あると思うんだけど(笑)

あっでも、ああいう勧誘する人達って、冷たくあしらわれてからが腕の見せ所だったりして^^; だったら昨日のオバサン駄目じゃん。
 

って事で、全然関係ないけど(笑)写真は去年の結婚記念日。 7回目の今年は伊豆へ2泊3日の温泉旅行に出掛けます。

どっちの宿もクチコミ評価がすこぶる良い宿なんですよね・・・さてさて実態は(笑)なんてね

一日が早い、一か月も早い・・・一年経つのもあっと言う間ですね・・・


by satomi-kazu | 2011-08-27 23:47 | ひとりごと | Trackback | Comments(6)
2011年 08月 26日

やっぱり麺が好き

f0208112_1512445.jpg
自分の生き甲斐ってなんだろう?って
時々ボッーと考えることがある。

写真は先週初めて行った生パスタ屋さん。


とっても気に入った味なので、間を空けずに
またまた行ってきました(笑)



とすると・・今の生き甲斐は、このパスタ屋さんの全メニュー制覇!?

そんなわけないか^^;



f0208112_15183128.jpg
ここ数日、とっても嬉しい事と、反対にすごくストレス溜まるような

主に仕事関係なんだけど・・そういう出来事があった。

「悪い事のあとには、良い事が絶対に有るものよ」って

友人からも励まされたりしたけれど。 悪い事の真っ只中にいる間は

ポジティブに物事を考えられないのが、人間の性。

まぁ、だけど友人が言ってたように、心にじんわりくる良い出来事も

あったので、フィフティフィティかな・・・(あれ?私横文字多いでスか?^^;


← あっ旦那注文のアサリと筍、長ネギ生姜ソースパスタ♪
ものすごく美味しかった~~ また白ワイン追加~



f0208112_15263137.jpg
で、最初に戻って改めて今の自分の生き甲斐は・・・

やっぱり、夫婦ともに健康で温泉に行けて

美味しい物を食べに行けることかなって思う。

他にも大好きな阪神の試合を、二人であーでもないこーでもないって
解説しながら見ることも幸せな時間だし、あとは気の置けない友人との
おしゃべりや旅行や食事。

要するに心が幸せ!と感じることが日々の生き甲斐なんだろーなと・・・


← 私、注文の高菜とじゃこのとろろかけ和風パスタ♪
むむむ・・・ホントに美味しいです。 
数か月かけてやっぱり全メニュー制覇しようかな~^^;



f0208112_15341957.jpg
もちもち生パスタを写したくてフォークを持ったけど右利きだから無理。

そしたら、無言で旦那がスッとフォークを持って静止(笑)

すごーい!〇〇〇君!! ナイス連携~~

そうなんです、このブログも生活の一部・・私の生き甲斐になっているって事。

旦那もよく理解してくれてるんだなって感じました。

以前は「また写真撮るの?」なんて言ってたくせに。



始末書と同じような文書を提出しなきゃいけないミスを、仕事でやってしまい(これかなりのストレス)
お次は、お客さんからのクレーム・・・(きっと虫の居所が悪かったんでしょう、解ります。私もそういう時は電話してると思うもん^^;)

極めつけは、異動のお伺い・・・これも数年同じ支店に勤めていれば皆が対象なんだけど、やっぱり慣れた場所がいいに決まってるし。

まぁそんな事もありましたけど、このブログを見て下さった方からメールを貰ったり、嬉しいコメントや楽しい話が出来たり。

憂鬱な日々ばかりじゃないなっ♪って。


by satomi-kazu | 2011-08-26 16:08 | そとご飯 | Trackback | Comments(6)
2011年 08月 24日

嬉しいメール

f0208112_215562.jpg
10月の宿探し・・・旦那からふられて今回は私の担当。

悩む悩む^^ 久しぶりに濁り湯がいいなぁ

那須なんかどう? 貸し切り無いわ~残念っ

あっ部屋にお風呂付だって、これいいじゃない?

えーーーークチコミ総合2、7って?? マジでスか?

なんだか逆に興味津々だなぁ(爆)

とまぁ、色々探してたのは事実でどーしましょうって考えてたある日

一通のメールが!!! そりゃぁもう嬉しい嬉しいメールでした。

すぐさま旦那に報告。

「〇〇〇さんがあったよーー」



今年の2月 雪の夜道を歩き夕食へ・・・若旦那が教えてくれたお店まで迷いながら行った思い出。寒かったなぁ~

1泊朝食のみって宿は初めての経験。 女将さーーーん!! 待っててくださいね~ 旦那のお休み日程調節して、伺いますから~(^^)v


by satomi-kazu | 2011-08-24 02:33 | ひとりごと | Trackback
2011年 08月 21日

バームクーヘン

f0208112_0502193.jpg

ねんりん家のバームクーヘン

旦那がお土産に買ってきてくれた。

外側はカリッとフランスパンのような口当たりで
中はしっとりまったりの生地。




実は、7月末、伊豆高原から帰ってきてから

ホントに珍しく、何年ぶりかで?
旦那と結構ダイナミックな喧嘩をやらかした。

2、3日は寝室も別で寝たくらい^^;



f0208112_0553720.jpg

久々に子供のように大きな声で泣いた。

案外スッキリするもんだなと・・・(笑)

まぁ、あれから数週間経ったので今ではこうして

笑って書けるけれど。

喧嘩の後に謝ったり、最初に話しかけてくるのは
必ず旦那だって事にも改めて気づく。

喧嘩した後ってなんとなく気まずくて、本当は謝りたいけど

素直になれなくて意地張って怒ったままのモード維持したり

「まだ機嫌悪いのよ、あたし」的なオーラぷんぷん振りまいたり



f0208112_143429.jpg

「お土産~~^^」って言いながら帰ってくる旦那は

大人だなぁと思っちゃったりする。

喧嘩の余韻に浸ってた気分も、忘れちゃうくらい。




バームクーヘンは・・・・

大変美味しゅうございました。さすが有名処!

またお願いいたします。お土産はいつ何時も大歓迎(^^)v


ありがとね


by satomi-kazu | 2011-08-21 01:18 | 日常 | Trackback | Comments(4)
2011年 08月 18日

東京パスタ

連日の猛暑も明日がピーク?らしい。ホントかな~ 涼しくなるんだろうか?^^; 
旦那とお休みが一緒になった平日、国立から電車で行く大好きなパスタ屋さんが夏休みなので、別の店をネットで検索  国立駅から約2キロ・・・
ん~この暑さの中、徒歩はツラいし、車で行く距離でもない・・・ あっバス!!というわけで、随分と久しぶりに二人でバスに乗り込んだ。


f0208112_23303786.jpgf0208112_23311128.jpg


f0208112_2343097.jpg
バスの停留所は4つ目 一ツ橋大学を通り過ぎ

しばらく歩くと、なんともレトロチックな商店街^^

さすがにお盆休みでどこもシャッターが降りてたけど。


へぇ~ 国立から2キロ程先に、こういう商店街があったんだぁ・・



f0208112_23485231.jpg
パスタ屋さんの名前は

東京パスタ giappone

製麺所で作った生パスタを

隣の店舗で食べれる。



f0208112_23493321.jpg
こちらが店舗

生麺パスタの評判は上々。

国立在住の女優さん 
高橋恵子さんもお勧めのお店です。



店内は想像よりもかなり狭いです、テーブル席が4つほどで、あとはカウンターに4人が座れる程度。ちょうどランチ時だったので混んでいました。
私達はカウンター席に。 次から次へお客さんが来て、外の椅子に腰かけて順番待ちです・・・わぉ!人気あるお店なんだ! 期待しちゃうな^^


f0208112_2356515.jpgf0208112_2357265.jpg


f0208112_033937.jpg
カウンター席隣で先に食べていた男性・・・

パスタをズルズル音立てて食べてます。勘弁して~~

(日本蕎麦ならまだしも・・パスタ食べるのにススルかな、全く)

でも・・チラッと覗いたら、なんだかものすごく美味しそうだった(爆)

メニューも豊富で何を注文するかスゴク悩んじゃう^^;



ランチセットのサラダ しょう油ベースのガーリックが効いたドレッシングが美味♪
f0208112_0132242.jpg

旦那さん注文の、ホタテとウニクリームのパスタ。 とにかく麺がモッチモチの食感でクセになりそうな美味しさでした。
f0208112_0133346.jpg

私は北海道産のタラコとイカのパスタ。 ちょっと塩気が強かったけれど、追加で白ワイン飲みながら美味しく頂きました。
f0208112_0134726.jpg

デザートはマスクメロンのジェラードとコーヒーで+250円 これはお得感がありました。
f0208112_014298.jpg

初めて行きましたが、生麺はやっぱり美味しいですね。 
イタリアンのお店でもパスタは乾麺が多いので、生麺を使ってくれるお店はすごく嬉しい。麺好きには堪りません。 
また絶対に食べに行くだろうな。 暑さが和らいだら往復5キロを散歩がてらに^^


by satomi-kazu | 2011-08-18 00:34 | そとご飯 | Trackback
2011年 08月 13日

さらの木 2011年の夏

f0208112_2341298.jpg
ちょうど一週間前に行かれた"あの方"が一足お先にアップされた

「さらの木」

思わず引き込まれる文章力や言葉の表現に、少々圧倒され気味で^^;

「今回は、さらのアップ止めようかなぁ~^^」なんて思ったけど

やっぱりね、思い出だし・・・

遅ればせながら、次週の女! いきま~す♪

って・・・左のこの写真はさてどこでしょう???

"あの方"は、絶対に目にしていないはずの空間・・・のはず(爆)

そう、ダイニングのある一階のおトイレです(笑)


今回は、文字や言葉少な目でいきます(笑)だってさ、全く歯が立ちません! 表現力や言葉では。 
漆黒の闇に森の木々が溶けている・・・・私小説でも書かれたらどうでしょ^^ いやはや、恐れ入りました。

f0208112_23544564.jpg
f0208112_04440.jpg
f0208112_055920.jpg
f0208112_082273.jpg

f0208112_0101554.jpg
3月大震災後初の温泉が、ここさらの木だった。

あれから約4ヶ月 なんだか今回はその4ヶ月がとってもとっても長く感じた。

この間にも何軒か温泉には行っていたのに、こんなに恋しくなるなんてね。

マダムの顔を見たら思わず「マダム~~」ってハグしたくなっちゃうくらい

待ち遠しい夏だった。

チェックイン後のお風呂に浸かりながら

「あ~ さらに来たって感じだよね~」って

夫婦でニンマリ^^

これからも色んな宿にいくだろうけれど、私達の中でさらの木は

間違いなく「特別な・・特別な宿」になった。


ダイニング一番奥の席に付いたのは今回が初めて。厨房とダイニングをお一人で手際よく廻るマダム。 
あの華奢なお姿のどこにそんなパワーが・・・というくらい・・ホント感心しちゃうよ、同級生としても^^;

f0208112_0205447.jpg
f0208112_0255349.jpg
f0208112_0261649.jpg
f0208112_0263390.jpg
f0208112_0265544.jpg
f0208112_0271580.jpg
f0208112_0273690.jpg
f0208112_028246.jpg
f0208112_0281588.jpg

f0208112_0283949.jpg
ウチは、ビールに赤ワインでいつものパターン。

前の2組のお客さん方は、殆どアルコールは口にしていなかった様子。

皆さん、食べるピッチが速い速い。

私はお刺身を少し残したけれど、後は全てデザートまで完食。

このチョコレートプリン・・・お、おっ・・美味しかった~^^

他の皆さんは食べるのが早いもんだから、結局ダイニングには

私達だけ^^ マダムとゆっくりおしゃべり出来るからいいんだけど♪

お互いの体調の話しやら・・・私がマダムに聞きたかったこと・・

ホントに色々話せて聞けて、楽しい食後のひと時でした。



f0208112_0472497.jpg
食後の花火は・・・お誘い無かったですよ(笑)

ていうか、あの晩は雨でしたからね。

漆黒の闇・・←まだ言うか^^; こういう表現力で言葉を並べる事が出来ると

素敵ですよね。 素直にそう思いました。


誰にも気兼ねせず、大浴場までの行程を気にせず、好きな時に

どっぽ~んと浸かれる温泉が部屋にある。

星空は見えなかったけれど、雨に濡れた葉っぱの微かな匂いを感じながら

「また来れて良かったな」と、本当に心から思える。



f0208112_0572642.jpg
f0208112_057376.jpg
f0208112_0574726.jpg
f0208112_0575573.jpg



f0208112_155641.jpg

夕食時、ウチの旦那さんも楽しそうにマダムとおしゃべり・・私の苦手な食べ物の話しまでしてくれちゃうものだから
翌朝のサラダに乗っていたトマトは一皿だけ・・私のお皿にトマトは無かった。 そういうちっちゃなちっちゃな事に
私自身が本当に童心に返って感激させられちゃう人なんです・・マダムって。 

伊豆高原のあの場所に、あの「家」が建っている限り、私達は車を走らせてあの人に会いに行くんだろうな・・・「また来たよ~~」って。


by satomi-kazu | 2011-08-13 01:20 | 伊豆高原 さらの木 | Trackback | Comments(12)
2011年 08月 09日

東日本大震災復興宝くじ

f0208112_1211724.jpg
メソメソなんてしてられないっ!!

当てるぞっ 宝くじ!!! なぁーんてね。

一応買いました、復興クジ。

お金を払って購入した瞬間に、約半額が被災地への
復興支援金として活用されるみたいです。

そして、あわよくば一等賞金5000万円~~♪

なんてね^^; まず当たりませんけど。

去年の年末ジャンボ宝クジで2000枚=60万円買っても
9万円弱の戻りしかなかった人・・・知ってますしね
(あっあたしじゃないですよ、買える訳がない^^;)



復旧、復興を掲げて国も政府もお偉いさん方も・・・当然被災地にいる多くの被災者さん達も・・・必死のパッチでしょう。

災害復興に携わる仕事もしていなく、更にボランティア活動に勤しめる体力も無く、家庭を持つ私みたいな多くの国民は

こうして僅かながらの「お金」で、応援するしか今は術がないと思っています。 でも・・実際はどうでしょう、何十億何百億って集まった善意の「お金」は

滞りなく被災者の手元に届けられているんだろうか? 私が寄付した僅かなお金は誰かの役に立ったんだろうか・・・

ニュースで目にする、義捐金や東電の賠償金分配に不公平感を訴える被災地住民。 特に原発30キロ圏内の線引きなんて・・・

これ一体どうすれば収拾がつくんでしょうかね。 30キロ手前に住んでたら100万円。30キロを1mでも越えていたらO円??

どういう括りで決定されるんでしょうか? 詳細なことは解らないけど・・・もしも自分がこの30キロ圏内、外、どっちに住んでいたとしたら?

人間の業みたいなものが出ちゃうんだと思います。・・・・結局最後の最後は「お金」・・・なのかなって思ってしまう。

もちろん、テレビで毎日のように流れてくる「人と人の絆」も絶対に必要、だってひとりじゃ生きていけないから人間って。

支えてくれる人がいて初めて自分も立っていられる・・お互い様の気持ち。でも綺麗ごとだけじゃ生きていけないのも人間。

震災直後に北野たけしさんが言った言葉が私の中でとっても印象に残ったので記しておきます。

「数字じゃない。この大震災で死者は1万人、もしかしたら2万人を超えてしまうかもしれない。でも『1万人』『2万人』と一括りにして考えてしまうと
被災者のことを全く理解できなくなっちゃうよ。それぞれにそれぞれの悲しみがある。個人にとっては家族や身内が死ぬことの方がつらい。
その悲しみが1万人、2万人分あるってことなんだ。そう考えれば重さがわかるだろ」


個々の個人の重さに、顔も名前もしらない私なんかが立ち入れる隙間なんて無いと思っている。

だとしたら、やっぱり僅かながらの「お金」で遠くから応援する気持ちを表現するしかないのかな・・・って私は思う。

あ~そういえば、たけしさんご自分のテレビ番組の中でポロっと本音も・・・

「寄付金、寄付金って俺のこずかい無くなっちゃうよ、それでまた今度は復興税やなんかで税金上げるんだろ?飲みにもいけやしねぇ(笑)」

本音かな?本音だよね~^^;

復興宝くじ? え?そりゃ当たって欲しいに決まってますとも! 本音も本音!!


by satomi-kazu | 2011-08-09 13:17 | 日常 | Trackback | Comments(8)
2011年 08月 08日

こんな夜も


ただ泣きたい夜もある。

訳もなく・・・

涙を流すなんて、いつ振りだろう。

こんな日も想い出になるのか?

自分の存在価値の意味が解らなくなった日。

死んじゃうよりも生きていく事の方が

辛いことはいっぱいなんだ。


by satomi-kazu | 2011-08-08 01:57 | ひとりごと | Trackback
2011年 08月 06日

熱海のランチ MON

f0208112_1056862.jpg

最初の夏休み 伊豆高原に向かう途中の今回のランチは^^

熱海海岸沿いにある、イタリアンレストランMON

休前日などは行列出来るくらいの人気だそうです。


実際 平日に行った私達も、順番待ち3組目くらいでした。

携帯番号を記入して席が空いたら鳴らしてもらうお客さんもいましたけど

私達はお店の中で、大人しく?^^;待ちました。



このレストラン、作家脚本家の橋田壽賀子さんがご贔屓にしているお店みたいで

クチコミなどにも名前が上がっていました。



f0208112_1134867.jpg
メニューも豊富

正直言って、ランチよりもワインを飲みながら

ディナーで来たいお店でした。

店内にあるメニューボードにも旬の魚を使ったアレンジ料理の

数々が書かれていて、とってもそそられました^^



f0208112_1110524.jpg

運転手を前に、昼間っから生ビール♪

ゴメンね、ゴメンね~~(ちょっと古いか^^;)

だけど、今回あることに気づいた!!

私はアルコールが絶対に弱くなってきていると・・・

昼間のビールは頭痛を併発することを知った。

あの一口めは最高の喉越しなんだけどね~~


初めてのお店なので、取り敢えずはお勧めのランチメニューを頼んでみました。私は、ミックスピザと魚介のペスカトーレのハーフ&ハーフセット。
四角いピザ生地はサックサクでモッチリ、量も丁度良かった!小さなサラダ付き。ピザは二人で分け合えるのでいいですね。
f0208112_11153875.jpg

パスタは残念ながら生パスタではなかったです・・・普通に美味しく頂きましたけど^^; ハマグリやイカ、エビ・・さすがにタップリ入ってました!
f0208112_1120625.jpg

こっちはカズ旦那注文のハーフ&ハーフ  ゴルゴンゾーラと生ハムのピザ 塩気が効いていて白ワインを頼みたくなる一品。
f0208112_11243217.jpg

そしてパスタは生うにのパスタ・・・麺がね・・・このお店は、パスタよりもアラカルト料理やピザの方が美味しいかも? と、私達の感想。
f0208112_11271322.jpg

ハーフ&ハーフのセットで@1500 熱海海岸沿いの観光地ながら、それほど高い料金設定でもなくランチは楽しめます。 

夜のメニューで食べてみたい物が何品かあったけど・・・お酒飲んじゃうと夜は熱海に泊まる!って選択をしないと来れない^^;

熱海に泊まりたい宿無いしなぁ・・・ボソッ



お店を後にして、再び海岸沿いを伊豆高原まで・・・空と海は相変わらずの様相。  夏じゃないみたい・・・
チラホラ見かけるサーファー達もどことなく寂しげだった。
f0208112_11343621.jpg

国立から3時間と少し・・到着した宿はいつもと変わらぬ佇まいで迎えてくれた。
f0208112_11403647.jpg

駐車場からエントランスを歩きながら庭を眺めていたら、玄関のドアがチャリリ~ンと音を立てて開いた。 

いつもはこちらがチャイムを鳴らして「すみませーーん」とお邪魔するんだけど^^

今回は最初に気付いてくれたマダムから「いらっしゃいませ~」のお出迎え。  大好きな宿での時間が始まった・・・


by satomi-kazu | 2011-08-06 11:51 | 旅全般  立寄り湯など | Trackback | Comments(6)
2011年 08月 02日

最初の3


どんより・・・鉛色の空と海。 6月後半の猛暑がウソの様な・・まるで戻り梅雨のような毎日。
f0208112_1610727.jpg

熱海ビーチライン沿いを走る。夏休みだというのに、人出もまばらで寂しげなビーチ。 春先に予約をいれた愛宿。 
マダムは計画停電を心配されていたけれど、全国民の節電効果?のお蔭か・・・このまま夏を乗り切ってほしいものだ。

f0208112_16102238.jpg

今回の訪宿では、より一層色々なお話を聞けたし、私達も話せた。 愉しい、嬉しい一泊となった。
曜日の関係で、まだ伊豆にいらっしゃったご主人にもお会いし、お話して、元気なお姿を拝見できて本当に良かった。
f0208112_16104185.jpg

毎回、宿までのルートを変え、そしてお昼の場所を探し計画してくれる我が夫。 

毎週3時間超の時間をかけてある場所から伊豆高原まで通っていらっしゃる、あの方のご主人。

・・・なんだかね、今回はそういう事にも小さな感動を覚えた伊豆高原での最初の夏休みだった。

「どうぞいろんなところに沢山行かれて楽しいお話し聞かせて下さいね、それを聞いて私も行った気持ちになって嬉しくなりますもの。」

ホントに・・・憎たらしいくらい^^ 私とは真逆な・・・清楚で上品で穏やかで優しい。 いつまでもずっと応援したい人の宿なのだ。


by satomi-kazu | 2011-08-02 16:40 | 伊豆高原 さらの木 | Trackback | Comments(8)