ずっとそばに

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2012年 02月 29日

乳癌のこと その3

f0208112_21494098.jpg
私が乳癌の再発転移の診断を受けたのは、2007年の暮れでした。

この年、24歳という若さで乳癌で亡くなった女性のドキュメント番組があり
しばらくメディアでも取り上げられていた記憶があります。

私も、この本買ってしまいました・・あとで旦那にちょっぴり怒られちゃったけど。
(乳癌転移で亡くなった人の本を読んで、あれこれ悪い方にばかり考えて
欲しくなかったみたい)

24歳ながら2007年4月にすでに末期の乳がんに冒されていた。
宣告された余命は1ヶ月。

彼女の乳癌腫瘍の大きさは5cm強の大きさだったらしい・・これは本当に大きなしこり。
本を読み進みながら、「なんでもっと早く検診に・・・」このことばっかりが
頭の中を渦巻いた。

「ウエディングドレスを着ることが夢」だった彼女は、模擬結婚式を挙げた一か月後に
天国に召された。



f0208112_22214665.jpg
私の乳癌闘病記録ですが、再発の箇所は、32歳で3分の1残した右乳房に
再び腫瘍が出来ました。そして、リンパ節にも3か所の転移。

しこりの大きさは、約2cm。リスク分類は、低 中 高の中。

左の新聞切り抜きですが私の主治医で、乳癌手術の数では都内でも
トップクラスに入る先生です。

再発ということもあり、乳房を残す温存手術は選択にありませんでした。

右乳房全摘出手術と転移していたリンパ節切除の手術。

診断を受けた2007年12月4日  43歳でした。

「あたし、死んじゃうんだな・・・」ってしばらく頭の中はそれだけでした。

真面目に定期検診に通わなかった数年間を悔やみました。
触ってみると確かに小指の先ほどのしこりがあったのに、後回し後回しで
病院に行こうとしなかった自分を悔やみました。



f0208112_1243088.jpg
診断を受けてから入院までは、約1か月も待たされました。

その期間にも様々な事を考えましたけど、後悔してもどうしようも無い事は
考えないように自分なりに努力してきたように思います。

主治医の「やることは全部やります(治療のこと)あとはあなたの運命」
一見冷たそうに感じる言葉でもあったけど、あぁその通りだなって・・・

手術の後に抗がん剤治療と放射線治療をすることが解っていたので
勤めていた仕事は辞める事に・・・
乳癌の方のブログとか見ていると仕事も続けながら治療する方が大勢います。
当時の私には、仕事を続ける気力も体力も何も残っていませんでした。

抗がん剤は全部で6クール 約半年かけて外来で点滴です。
この治療費は一回で約5万円・・・3割負担でこの金額です。
正直・・驚きました。 やっぱり癌治療ってお金かかるんだなぁと・・

下世話な事を書きますが、「がん保険」に加入するという選択肢も
ある意味とても大切だと思います。


ある日旦那がこんな事を言いました。
「手術も抗がん剤も放射線も・・全部やってそれでもダメだったら免疫療法って治療もあるよ」
免疫療法?何だろう?全く無知だった私がネットであれこれ調べたら、保険の適用が効かない高額な治療費がかかる治療でした。
「そんなお金かかる治療なんてしたくない、抗がん剤と放射線でもこんなにかかるのに」

「子供がいるわけじゃない・・死んだって誰かにお金残していける訳じゃないんだから、そんな事気にしないで治療に専念して」

f0208112_23313539.jpg
あの日病室で、旦那にこう言われた夜 まだ死にたくないって心の底から思った。

その後の、表現し難いほど辛かった抗がん剤治療も耐えられたように思います・・・

どんな病気でも、一緒になって支えてくれる人がいるか・・いないか・・
これは、もしかしたら生命保険に加入するよりも重要な事かもしれません。


あともう一回書き記します、乳癌記事。


 

by satomi-kazu | 2012-02-29 23:40 | 私の病気のこと | Trackback | Comments(13)
2012年 02月 24日

乳癌のこと その2

再発転移からの術後4年・・今現在、要再検査の状態で、取り敢えず一通りの検査を終え、今は数週間後の結果待ちの日々です・・・
という状態の私ですが、ある方との出会いで今一度自分の病気について少し真面目に向かい合おうと考えるようになりました。

まずは自分の病歴経過を書いてみます。

f0208112_21113089.jpg
32歳 乳癌の診断を受ける。病期(Stage)は確かⅠだったように記憶している。

私の乳癌部位は右乳房内側下部、一番出来ずらい場所、左の図で5%の箇所でした。
温存手術にするか(乳房を残し、癌が出来た箇所だけを切除する手術)
全摘出手術にするか・・・これは正直に、本当に当時は悩みました。
まだ32歳でしたし、将来は「結婚」という夢も抱いていたので
片方の乳房が全く無くなった身体になることに大きな抵抗があったからです。

出した結論は、温存手術。右乳房内側下3分の2を切除。



f0208112_21335829.jpg
乳癌のリスク要因を検索していて驚くことに気付く。

以下が、リスク要因とされる項目なんだけど、当てはまるものが多数。

妊娠・出産歴がない。YES
第一子の後。    NO
母乳を与えない。  YES
初経年齢(月経が始まった年齢)が低い。YES
閉経年齢が高い。           NO
ホルモン療法(エストロゲン製剤、ピル等)を受けている。NO
高脂肪の食事    YES
飲酒        YES
喫煙        YES

当然 これが全ての原因ではないと思うけれど、9項目中6つのYES
なるべきしてなったのか・・・乳癌。
(因みに現在は非喫煙者)


f0208112_2235639.jpg
温存手術の後は、放射線治療と並行して月経を故意に止めてしまう注射を
一年間打っていました。

というのも、乳癌リスクの要因のひとつに、女性ホルモン増加も
重要視されていて、私の場合は特にこの女性ホルモン数値(卵巣機能)が
異常に高く(50代に手が届きそうな年齢になってもその数値は600を超えます
ちなみに平常値が20前後と主治医からは聞いていますので
どれだけ高い数値かが解ると思います)

32歳 独身 手術、放射線治療、月経を止める注射・・約一年半費やしました。
お蔭さまで、仕事は数か月休職しただけで済み、身体の負担もさほどキツクなく
普通と変わらない日常を過ごせていたと思っています。 


ただ、自分の片方のおっぱいが3分の1しかなく、その傷跡や変形してしまった乳房を見ることに
多少ならずもショックを受け、ワンワン泣いたりして過ごした日々も確かにありました。


f0208112_22392124.jpg
43歳で再発転移するまでの期間に、こんな私でも今の旦那と出会い
「結婚」という夢を実現したわけですが、最初の乳癌治療が終わってからの
約10年間、私の病気に対する不真面目さと言ったら・・・自分でも呆れてしまいます。

まず、定期検診も最初の2年間だけ。
元々病院嫌いな性格だったことも有ったのですが、実際に乳房が3分の1しか無い!
っていう現実だけで、あとはもう健康そのもの風邪さえひかない毎日でした。

「乳癌? 腫瘍の部分を取っちゃったから、もう治った!大丈夫!」
なんて・・・ホントに軽々しくこんな風に考えて過ごしてきた10年間でした。

43歳冬・・旦那にしつこく促されて再び乳腺外来を受診するまでは・・・


再発・転移の現実と向かい合った、この4年間は、まるで別人の私がいました。病気に対して不真面目だった30代の頃とは別格の。

今まで生きてきた中で身体的にも精神的にも一番辛かった4年間の療養の記録は、また書きたいと思います。

もしも、今私と同じ病気で悩んだり悲しんだり苦しんだりしている方が、このブログの記事を目にしてくれて
何か、本当に・・どんな些細なことでも私が応えられる事があるのなら・・・生意気なようだけどそんな風に思います。

だって、今の私も4年前と同じ不安でいっぱいな日々を生きているから。



by satomi-kazu | 2012-02-24 23:07 | 私の病気のこと | Trackback | Comments(16)
2012年 02月 22日

乳癌のこと・・書いてみることにしました。


自分の病気に関しては、このブログでは極力触れてこなかった。 わざとそういう風にしてきたのが本音だけど
触れてこなかった病気に関しても毎日私の頭から離れることはない。

ここ最近、エキサイトブログのアクセス表示を見ていると、「乳癌」という検索キーワードで私のブログに
訪れてくれている方の数が増えている・・・せっかく辿り着いてくれた私のブログだけど、私が患ってきた「乳癌」
という病気を経験を踏まえて詳しく説明しているページはない。 

私の治療経過などさほどお役には立てないかな・・とも思うけど、偶然にも同じ病気で今、悩み、あらゆる情報を知り得たいって
考えている方々にほんのちょっぴりでも、何かの足しになれば・・と、そう思って書くことにしました。



f0208112_20563447.jpg最初の原発乳癌は32歳でした。(最初に癌になることを原発というそうです)
写真は2度目、つまり再発・転移した時の43歳の時です。 
乳房の全摘出手術を終えて抗がん剤治療の直前で、脱毛することが解っていたので
美容院でショートカットに。 
右の首した周辺のマジックの印は、その後の放射線治療の為のものです。

32歳にさかのぼります。 気づいたのは、胸のしこりではありませんでした。
変な話し?ですが^^;乳癌の発見は、ご主人や恋人が最初に・・・って
いう話を聞いたことありませんか? 自分自身の胸を毎日のように触って
チェックするなんてこと若い女性だってしないと思う。ある日突然パートナーから
「しこりっぽいのが有るよ・・」って言われて初めて気づいて検診を受ける・・
そういうのも少なくないと聞きますが、私の場合は違いました。



f0208112_21145951.jpg独身でしたし(← そこ?^^;

朝、寝間着にしていたTシャツの、乳首があたる部分に、茶色のシミがついていました。
「あれ?なんだろう」と思ったけど、数日は気にすることもなく放置。
何日かして、結構ひどい風邪をひき、近所の内科を受診しました。
その時先生に、Tシャツのシミの話をしたら、あれよあれよと言う間に
大学病院宛の紹介状を書いてくれていました。
乳首からの分泌液は、胸のしこり同様、乳癌のサインだったわけです。

風邪をひかなかったら内科を受診することもなく、何事もなかったように
日々が過ぎて行き、乳癌が進行していき大変なことになっていたかもしれません。

テレビや、メディアでしつこいほど「乳癌検診しましょう!」と推奨していますがこれは、本当にそう思います。 
癌は治る時代なんです。そのためにも早期発見。これがどんなに大切な事か、身を持って体験した私から
このページを読まれた全ての女性に・・・1年・・いえ2年に一度でもいいから、検診してください。

家族の為に、ご主人の為に・・なによりも自分の為に。



再発・転移の際に行った抗がん剤治療・・・2週間ほど経ったころだったでしょうか、人生で初の脱毛が始まりました。
まるでドラマのワンシーンのようだった。髪の毛に指を入れ、かきあげた瞬間に私の手にゴッソリと髪の束が・・
あの時の、背中を走ったゾゾゾッーーっていう感覚は今でも・・いえ、死ぬまで忘れないと思います。

私の感情だけ・・みたいな表現しか出来ず、すみません。詳しい病歴の数値や、治療方法、どういう日々だったのか・・
できるだけ詳しく書きたいなって思っているんだけど、こうして振り返ってみると自分自身病気に対してすごく不真面目でした。
大した記録を残しているわけじゃないけれど、再発してからの4年に渡る治療の記録はファイルしてあるので
また続きを書きたいと思っています。 私自身の為にも・・・そして読んでくれている方に少しでもお役に立てたら。


by satomi-kazu | 2012-02-22 21:58 | 私の病気のこと | Trackback
2012年 02月 16日

ルー多目ね♪

f0208112_14343184.jpg

トッピングはほうれん草が好き。

ご飯は普通盛り。

「辛さと量は普通でよろしいですか~?」

「はい!で、ルー多目でお願いしま~す!」

「かしこまりました~ ルー多目ですね」

運ばれてきたCoCo壱のカレー皿・・・

淵ギリギリ位までなみなみとルーがのってます^^

これっくらいのルーないとね(笑)



f0208112_15192512.jpg




旦那が夏に食べた季節限定の

「夏野菜トッピング」

これも美味しそうでした。



f0208112_1440971.jpg
野菜も必ず注文します。

イマイチCoCoイチ(あれ?駄洒落?^^)の野菜は

みずみずしさに欠けますが・・・

きっと沢山作り置きして冷蔵庫に保管してるからだろうな。


先日行った時に、伝票をマジマジと見て見ましたら

私が付け加えた「ルー多目ね♪」は

「ポーク追加」という風に記載されてました。
(もちろん追加料金は無しです)

ポークっていうのは、多分CoCo壱のカレールー基本の事を
いうのだと思います。



f0208112_14483171.jpg
月に2度くらい行くかなぁ・・・CoCo壱

この日、旦那はソーセージにチーズをトッピング

帰れま10(テン)!!って番組で見て
すごく美味しそうだったからと言ってましたが

確かに・・・チーズの溶け具合がカレールーに
ベストマッチングぅ~~(古いな、あたしも^^;)


え?ルーが淵まで無いっ!!?

いえいえ、このお皿は深底になってまして^^;

しっかりと、たっぷりとルー大柴でございました。
(あっ見てる方・・もしかして引いてます?(爆)



f0208112_14564986.jpg
また別の日には、チキンカツにほうれん草をトッピング

CoCo壱の揚げ物は、とってもサクサクとしていて

いい油使ってるなって思います。くどくないし。

さすがに揚げ物付のカレーの時はご飯は少な目にしてますが。

それでも、ウチはやっぱり「ルーは多目ね♪」を貫き通してます(笑)

行きつけの〇〇店のスタッフは、きっともう承知してると思うけど・・

「あっルー多目夫婦キターーー!!」

というわけで、イケてない駄洒落を織り交ぜながらお送りしました(笑)

いやぁしかし・・・寒いですね今日も(ブルブル)
皆さま風邪や体調不良には注意してくださーい。ウチの旦那も風邪っぴき^^;
美味しいもの食べて、充分な睡眠!これ一番です(^^)v


by satomi-kazu | 2012-02-16 15:26 | そとご飯 | Trackback | Comments(12)
2012年 02月 12日

改めて、2012年 苗場

2012年の苗場はあいにくの空模様から始まった。さすがの晴れ男も今回ばかりはパワー全開!とまではいかず・・・
f0208112_12564635.jpg

確かにお天気は悪かったんだけど、グレー色の空と山々に佇む雲の様子は、なかなか幻想的で助手席から思わず見入ってしまった。
f0208112_1322590.jpg

f0208112_133464.jpg
関越道を水上で降りてランチ

ポルちゃんから情報聞いていた焼きカレーのお店「亜詩麻」

「satomiさん、普通っちゃ普通ですからね~^^」
のアドバイスを胸に(笑)

山小屋風のカジュアルな店構え。

サクサクっとランチするには、なかなか良かった!

山菜ほうとうを食べに行く山路の途中にあるこのお店。

国道沿いに建っているので知らないと通り過ぎちゃうね。



f0208112_13135014.jpgf0208112_13141120.jpg

店内、ペンションみたいな感じで

入口には手作り雑貨が売られていたりと

女子ウケが良さそう。



f0208112_13182364.jpgf0208112_13183446.jpg


f0208112_1320881.jpgf0208112_13201779.jpg

メニューを物色、やっぱり一番人気の

焼きカレーセットを注文。

混んでいなかったので、待たされる事もなく。

野菜もパリパリ新鮮でした。


                       私が頼んだソーセージトッピングの焼きカレー 美味しそう~♪
f0208112_13245617.jpg

                          旦那はシーフードのトッピング(割増しなり~~^^;)でもエビ、ホタテがごろごろ入ってました!
f0208112_1328945.jpg

                          真ん中に隠れてる卵をくずしながら食べます! 美味っ♪ ボリュームたっぷり。
                           カレー好きなら大満足なランチになると思いますよ。 ポルちゃん、情報ありがとう~
f0208112_1332915.jpg

f0208112_1338826.jpg

立ち寄り湯は、お馴染みの「湯テルメ 谷川」

露天風呂は、私ひとりの貸し切り状態。

平日の恩恵ですかね。

サラサラとした単純泉で、これといった特徴のある
お湯ではないけど、ここのお風呂なんだか好きです。



f0208112_1350747.jpg
内湯

町営の湯テルメ もう4、5回来ていますが

今回の受付にいたご婦人は、イケてなかった。

感じ悪いったらありゃしない。

ものの二言三言、言葉を交わしただけで
「感じ悪っ!!」って思うのって相当だよね。

入浴料@550 贅沢言っちゃいけませんかね・・・


でもね~~ 550円でもお客さんなのにね~





さて、気を取り直して、苗場へGOーーー(^^)v


                       お風呂から出てきたら、晴れてきました! 旦那パワー・・・恐るべし(笑)
                          ていうか、湯テルメから、金盛館せせらぎの露天が丸見えなんですけど・・・^^;
f0208112_13585949.jpg

f0208112_1445120.jpg


トンネルを抜けると、そこは雪国・・・

小説の行りそのままな風景に突入です。

湯沢を降り立つと、あ~今年も来れた~って

胸にこみ上げてくるものがありますね。


                         苗場プリンス 駐車場に入った途端 野外のBGMもユーミンです。 
                          2月のこの時期は本当にユーミン一色って感じですね・・苗場は。
f0208112_14101719.jpg

f0208112_14151025.jpg
今年のステージは、なんとセンター!

もちろん私達は初めてですが、過去にもセンターステージは
有ったそうです。

これが・・・ホントに良かった。感涙もんでした。
ユーミンが近い!近い! ちなみに私達はBブロック~~^^

ホテル内にある会場なので、さほど広くはなく
まるでライブハウスのよう。

この至近距離で見てしまうと、アリーナや武道館のコンサートは

物足りなく感じてしまいますね。


               ユーミンのライブは夜の9:30から。まずはゲレンデが真ん前に見えるホテル内の食事処で夕食。今年は和食をセレクトしてみました。
f0208112_14315243.jpg

f0208112_14363623.jpgf0208112_14365184.jpg
コースになっていました。

特筆するものは無いけれど

可もなく不可もなく・・といった感じです。

スタッフの接客や応対はさすがでした。

このお店もそうですが、ホテル内の食事処は

ユーミンや他のスタッフも食べに来るようです。



f0208112_14425661.jpgf0208112_14431284.jpg

あっさすがに米どころ新潟。

白米がとっても美味しかった♪



f0208112_14493993.jpg

f0208112_14511019.jpg
その日の夜から新潟はまた雪が強く降りました。

翌朝の車は、またもや雪だるま状態。

寒いっ!寒いっ!と、素早く車に乗り込んだ私の前で

降りしきる雪の中、旦那は雪降ろしに悪戦苦闘。

お疲れ~~ そしてよろしく~~^^;



f0208112_14564565.jpg
帰路は、水沢観音に寄りました。

そういえば、今年はまだ初詣をしていなかった、私達。

ちょっぴり遅い初詣になりましたけど・・・

お願いすることが沢山有り過ぎて(笑)



f0208112_1505262.jpg


f0208112_157675.jpgf0208112_1572383.jpg
おみくじは、2人とも「末吉」^^;

なーんだか中途半端な(笑)

でもまぁ、小さな末の吉でも充分です。

こんな風にふつうに過ごせる毎日だったら・・

それ以上は望みません。



f0208112_15125253.jpg
今年の苗場が終わっちゃいました。

今回は、今までで一番ユーミンが間近に感じられたという事もあって
帰ってきてからの数日もなかなかユーミンモードから抜け出せません^^;
頭の中でいろんな曲がグルグルと(笑)

また来年まで・・・一年も先かぁ・・・なんて思いながら。

「ずっとそばに」という曲、今年のライブナンバーに入っていました。

私のブログのタイトルでもある大好きな曲です。
イントロを聞いただけで目頭が熱くなりました。

当日は私の誕生日でもありましたから、まるでユーミンから
プレゼントよ!って言ってもらってるような・・そんな気持ちでした。


長々とお付き合いいただきましてありがとうございました。


by satomi-kazu | 2012-02-12 15:22 | 冬の恒例 苗場@ユーミン | Trackback | Comments(10)
2012年 02月 10日

サプライズ続き^^

今年も行ってきました。 2月恒例の苗場プリンスへ。豪雪の谷間で雨が降った翌日でしたが、新潟はやっぱり雪深かった・・・
除雪車と何台すれ違ったか覚えていないほど・・・
 
f0208112_033914.jpg

苗場スキー場もプリンスホテルも雪に霞む。
f0208112_07279.jpg

f0208112_094074.jpg

f0208112_0113962.jpg
去年の11月、伊豆高原の宿でJさんご夫妻と偶然?同じ日に宿泊

なんだかあれ以来、私達ずっとサプライズ続きです(笑)

今回の苗場ユーミンライブでも・・・

なんとっ ネットの大先輩でもあり私がブログを始める

きっかけを作ってくださったMさんと、偶然にもお会いした!

しかも、座席まで超~近くて^^;

いやぁ~ こんな偶然もあるんですね。ホントに^^



ユーミンライブは、相変わらず最高のパフォーマンスで、あっと言う間の3時間でした。つい最近58歳になったばかりの松任谷由実さま・・・
あのエネルギッシュなステージには本当に感動させられっぱなしです。 「時のないホテルです・・ここは・・・」なんてMCでおっしゃってたけど。
ホントに・・・あと数年で還暦を迎える女性とは到底思えない・・・・まるで時が止まっているかのようでした。

f0208112_022256.jpg

f0208112_0304377.jpg
毎年この時期、ユーミンがライブをする数週間の間に

私は誕生日を迎えて、ひとつ歳をとります。

毎年旦那が用意してくれる誕生日用のワイン・・

今年もこうして苗場プリンスのホテルで乾杯することが
出来ました。

元気でいられればこその至福のひと時です。

来年も、またこの場所に来れるように頑張ります。

幸せだな・・・あたし。 ありがとう。



水上で立ち寄り湯&ポルポさんお勧めのお店でランチもしてきましたので、また後日少しアップ追加したいと思っています。

by satomi-kazu | 2012-02-10 00:46 | 冬の恒例 苗場@ユーミン | Trackback | Comments(17)
2012年 02月 06日

苗場2012

f0208112_2056464.jpg

ユーミン


豪雪の新潟へ・・・

行ってまいります♪

車、大丈夫だろか?


by satomi-kazu | 2012-02-06 20:54 | 冬の恒例 苗場@ユーミン | Trackback
2012年 02月 03日

涙腺

f0208112_121569.jpgf0208112_1231580.jpg
若い頃は、泣かない女!って周りの人達からよく言われた。

父親が亡くなった時、お葬式でワンワン男泣きしている兄貴の横で

涙一粒流さない私がいた。


そんな私の涙腺は、ここ数年でめっきり弱くなった。

今朝・・マンションの郵便受けを見た。

見慣れた文字の封筒が一通。

そのままバックに入れ、駅のバス停へ・・・


病院に向かうバスの中でドキドキしながら封を切る。 涙が溢れて止まらなかった。 

忘れ得ぬ一日になりました。  感謝の気持ちで私の胸はいっぱいになりました。

そして、旦那を含め・・いろんな人に心配を掛けっぱなしの自分がひどく情けない・・と感じた一日でもありました。

検査続きで、心も体も沈みがちな日が続いていたけど、改めて自分はひとりじゃないんだ!って・・・そう思えた日でした。

あたしって・・幸せだわ、本当に。 メソメソしてる暇なんてないでしょ。



by satomi-kazu | 2012-02-03 01:54 | ひとりごと | Trackback