ずっとそばに

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2017年 06月 28日

四万温泉 渓声の宿 いずみや 宿泊記①

 
                   上州うどんと、麦豚わらじカツ丼  上里SAだったかな? 
                   なんか嫌味っぽくなりますが、何度も行ってると、どこのSAのご飯だったか忘れます(苦笑)
                   SAの写真もきちんと残しておけばいいんだろうけど、最近は加齢と共にいろんなことが飛びやすくなり(笑)
                   ブログへのアップもかなり遅れ遅れになってしまい・・・今回アップの四万温泉宿泊は、6月上旬 
                   我が家的に新規のお宿でした。 何か参考にでもなれば。

f0208112_11131756.jpg

                        当日は、あまりに天気が良かったので四万温泉の奥にある「四万川ダム」へ  
                             人には教えたくないダム!なんて書いてありました^^;
  
f0208112_1123131.jpg
f0208112_11273465.jpg
f0208112_11324158.jpg

                              四万ブルー  
                           周辺のパンフレットにはそんな表現で紹介されていました。 
                             まさしく! 爽快な景観でした。 お天気が良ければ是非♪

f0208112_11363353.jpg
f0208112_11401083.jpg
f0208112_11411650.jpg

四万温泉での今回の宿は

「渓声の宿 いずみや」さん

全5室 内3室が露天風呂付き客室
各客室によって(広さやお風呂の形態が違う)
料金が異なります。

お風呂付きの部屋で一番リーズナブルな部屋を
ウチは選択(笑)
宿を探して選んだのは、いつものようにkazuさんですが
料金の差で部屋を選んだのは、ワタシ^^;

@21600(税込)



f0208112_1150354.jpg

なかなか・・なかなか良かったです♪
宿泊料金を考えると、かなりお得感あると思う。

特筆すべきは、滞在時間の長さ
チェックイン14:00 アウト12:00

ものすごーくのんびり、ゆったりと
宿泊ライフを楽しめました。


ただ・・お宿もHPなどで明記してますが
3階建て、しかも内風呂(貸し切り)は
地下1階になる構造なので、階段の昇り降りが
加齢に加速がかかってるワタシには、ちとキツカッタ(笑)

いや、若い方や健脚の方は問題ないとは思いますよ(^^)v


f0208112_11582929.jpg
f0208112_11584586.jpg

四万川沿いに建っている、お宿
川沿いには足ゆ場もあって、橋を渡って行けます。

裏っ側から、宿の建物を見てみました~

青い〇が宿泊した部屋(3階)
緑の〇がロビーと食事処(1階)
赤の〇が2つの貸切風呂(地下1階)

こんな感じでした。

長静館も、同じように川沿いに建っているので
部屋からお風呂への動線は、けっこうキツイなぁって
感じてました。

いずみやさんでは、風呂付きの部屋を選択したので
中高年の域としては、この形態が良いかなと。



f0208112_12183248.jpg
宿のすぐ傍の小さな小道を降りて行くと
橋が架かっていて
渡ったところに、足湯があります。
宿泊した部屋からもよく見えました。


f0208112_12135073.jpg


                          滞在中は、川が流れる音が常に耳に入ってきますが、それも心地よく
                          新緑の景色と相まって、部屋のお風呂からそんな景色を眺めて癒されました。

f0208112_12195914.jpg
f0208112_1221419.jpg

f0208112_122914100.jpg
玄関と帳場

宿が建っている方角のせいなのか薄暗かったです^^;
もう少し、照明を上げても?って感想(苦笑)


f0208112_12292652.jpg

                  
                      玄関側からみたラウンジ ここでチェックインの記帳をしました。
                    大きなテーブルが3つ、食事処もここになります。(露天風呂付きの部屋の内、2つは部屋食だったと思う)
                    一般客室と、ウチが泊まった露天付きの部屋のお客さんがこの場所で食事のようです。

f0208112_12334910.jpg

                      宿のパブリックスペースは、此処だけですが、わざわざ部屋から出てこの場所で寛ぐ・・
                           という感じでは無いですね(個人的感想)
                      ちょっと驚いたのが、日本酒や焼酎、ワインまで、かなりお酒の種類が豊富でした。

f0208112_12421092.jpg

                                 ラウンジのベランダからも四万川
f0208112_1248533.jpg
f0208112_12504335.jpg

では、3階の部屋の紹介

「水天」という名前が付いています。

この階には、もう一部屋露天付きの部屋が
有りました。

扉が割と重厚な感じで
入口踏込も広かったです。



                   部屋は正直、あまり広いとは言えません(和室換算で8畳くらいなのかな?)
                   あと2つの露天付きの部屋は、もっと広いと思います。
                   畳敷きに板張り、その上にマットレスという形状です(ただマットレスや寝具は快適でした)

f0208112_1301922.jpg

                 広縁は無く、2人掛けのソファ(実際1人用サイズ)、テレビも小さかったかな。 
                 ハード面で難しかったのかもしれませんが、洗面台が露天風呂スペース内に有り、これはかなり使い勝手が悪かったです。
                 真冬は激寒の中、顔洗ったり歯を磨かないといけないのでキツイかも(個人的感想)
                 度々ですが、他の露天付き2部屋に関してはどういう造りなのか解りません。

f0208112_1383462.jpg
f0208112_13171718.jpg
露天付きの部屋には、男女別にアメニティのセット

滞在時間も長かったのであれやこれやと
色々目についてはしまうのですが
(なかなか素直に感動する!ってことが出来ない
やっかいなオバサンになってます^^;)

こういったアメニティは女性心をくすぐるんじゃないでしょうか。

使い勝手がイマイチな、陶器製の小さな洗面ボールも
人によっては、「わぁー素敵~♪」って感じるでしょうし
2人で腰かけたら、密着度ハンパないソファも
ラブラブ若いカップルだったら、大喜びでしょう。

ってことで、感じることは千差万別・・・
ホント人それぞれってことで。
万人を満足させることは、不可能ですからね。



                       そして、部屋に付いている露天風呂  
                    いや~このお風呂が快適♪快適♪ 窓を開け放つと新緑の風が通り抜け・・
                     なんとも言えない至福の入浴タイムを過ごせました。

f0208112_13483283.jpg
f0208112_13504266.jpg
お風呂のサイズは、大人2人だと、ちょっとキツイ感じかなぁ
でも入れなくは無いです。
もう、ウチはそれぞれが勝手に思いついた時に
チャッポーンと浸かって満喫しました^^

加水加温無し、塩素系薬剤使用無し
循環ろ過無しの温泉表示 嬉しくなりますね~
完全な源泉掛け流し♪ 
あっちっちのお湯が好きなワタシには、四万の源泉は
超~好みです^^


f0208112_13513721.jpg


                       何度も何度も入ったので、バスタオルの替えが欲しかったかな(苦笑) 
                         滞在してるとホントいろんな事に気付かされちゃうんですよね(完全な小姑状態^^;)

f0208112_1404868.jpg

                       あ~でも、写真を見返してみて、改めて良い~お湯だったなぁ~と・・・
                        少し熱めの源泉ですが、肌にまとわりつくような感触と上がった後のサラサラ感。 
                        四万温泉のお湯大好きです♪ 続きは、食事と2つの貸切風呂の紹介です!


by satomi-kazu | 2017-06-28 14:10 | 四万温泉 渓声の宿 いずみや | Trackback | Comments(17)
2017年 06月 25日

あるニュースが駆け巡った夜


f0208112_13144037.jpg

小林麻央さん訃報のニュースが、駆け巡った日
来月からの異動を控えた週末
今まで一緒に仕事をしてきた仲間が、集まってくれた日

別々の支店に異動していった仲間が
こうして集まってくれたことがウレシイ

「仕事が楽しい!」なんて冗談でも?言えないけど(苦笑)
日々の就業で感じるストレスや愚痴を、こういう場で
皆で発散出来るのは、やっぱり仕事を持っているから。

それぞれが、みんな異なる家庭環境や小さな事情・・大きな事情
そういうもの・・みんな抱えているんだなぁって
改めて感じた時間でもあった。



f0208112_132821100.jpg
来月からの新しい異動先
一緒に働く仲間は、みな私よりも就業年数が短い人達
そんな話になった時、仲間のひとりが
「もう~〇〇さん、いじめちゃダメよ~」と(笑)

思わず、噴出した^^;
あたしって、そういうイメージかぁ~
お酒も入って、ちょこちょこと飛び出す本音?が面白く、楽しい。

毒舌気味の仲間も変わらず(ワタシもそのひとり^^;)
控えめでしゃしゃりでない仲間も変わらず
場を盛り上げてくれる楽しい仲間も変わらず

それぞれの個性が集まって、楽しい時間だった。

みなさん、集まってくれてホントにありがとう!



f0208112_13402669.jpg


そして
同病で亡くなった34歳の女性

たくさんメディアでも取り上げられていたけれど
存命中のこの写真が、とても印象深い。

思う事がいっぱい有り過ぎて
言葉では表現するのが難しい。

ご冥福を祈ると同時に、今、自分が
元気に過ごせてることに感謝しかない。


by satomi-kazu | 2017-06-25 13:52 | 日常 | Trackback | Comments(4)
2017年 06月 17日

新穂高温泉 風屋(旧今田館) 宿泊記②

                       記憶も曖昧になってしまいそうなので、覚えてるウチに風屋さんの宿泊記、続きです。 
                     下の写真は宿HPから拝借しました。  2つある貸し切り風呂の内の1つです。

f0208112_12432283.jpg

f0208112_1253191.jpg
六角形の桧造り かなり大きな湯船で
貸し切りに出来るのはスゴク贅沢な気分です♪
大人7人位は余裕じゃないかな~
湯船中央の底から、源泉がボコボコと
湧き出ています。 
2つの貸し切りはどちらも洗い場が無いので
大浴場でお願いします。と説明されました。
チェックインからアウトまで空いていれば
いつでも入れたような記憶です。


f0208112_12465939.jpg


f0208112_12562910.jpg

もう1つの貸し切り こちらは内湯
ものすごく大きな湯船でした~

こっちも7、8人は余裕な感じ!

ただ、貸し切り風呂の場所まで
泊まった部屋から少し距離もあったので
チェックイン後に、露天風呂に一回入ったきり。

まぁ部屋にお風呂が付いていなければ
何回も利用したかも・・・

お風呂場に行く!
っていうのが面倒になってるお年頃です(苦笑)



f0208112_133388.jpg
個人的に、木枠の湯船が大好きなので
とても良い雰囲気のお風呂でした。


f0208112_1331523.jpg


f0208112_1371816.jpg

男女別の大浴場(内湯プラス露天付き)は
入れ替え無し。


貸し切り風呂から真逆の方向に位置していて
この大浴場へも、部屋からは少し遠い(苦笑)

宿の造りが全体的に横長で広い感じ。

暖簾をくぐって、左右に女湯と男湯に
別れていました。



                       kazuさん、男湯には一度も入りに行かなかったので、写真はこれも宿HPから。 
                      内湯の湯船は女湯と全く同じで左右対称、奥の露天はかなり広いとクチコミに書いてありました。

f0208112_13152383.jpg
f0208112_13193429.jpg
こっちが女湯内湯
夜に、一度入りに行きました。
かなり薄暗くて、ひとりだとちょっと怖い(苦笑)
外の露天は石造り


f0208112_13215822.jpg


f0208112_13243742.jpg

女湯の露天は、洞窟風呂になっていて
覗いて写真撮っただけ。

美ヶ原の金宇館にも、洞窟風呂有りましたけどねぇ
どうも、イマイチ苦手です^^;

写真はチェックイン後、まだ明るい内に
撮ったのですけど、夜は・・・
怖くて~~
こういう雰囲気のお風呂は
人がガヤガヤいた方が断然良いですね^^;

閉塞感が駄目なのかも・・・
(個人の好み)



f0208112_13321923.jpg
夕食と朝食 一気に。
食事処で、時間は・・選べたかな? 忘れてしまいました^^;
襖を隔てて、両隣のお客さんの声も聞こえます。
シンプルなお品書き。 スタッフが説明してくれました。


f0208112_13323357.jpg


                        全体的に味付けはシッカリめ。 鍋物は何だろうと思ったら
                       すき焼き風の牛鍋で、飛騨牛のステーキも出たので、鍋は別の食材がよかったかなと・・

f0208112_1341187.jpg

                        塩で食した飛騨牛のステーキが美味♪ ボリュームもけっこうありました。
f0208112_13412740.jpg
f0208112_13474671.jpg
デザートも出ましたが、スタッフの男性と
お喋りしてて写し忘れ^^;

海外からのお客さんが多いそうですよ!
実際に、隣の部屋からは英会話が(苦笑)

お風呂のマナーなど、理解して貰うのに
苦労することもあるようです。
「大変ですねぇ」と言いながら
お風呂場でそういうお客さんと出くわしたくない!って
素直に思いました~(笑)

スタッフは男性しか見ていません。
中には外国人のスタッフもいて、隣のお客さんに
英語で料理の説明をしてました。

グローバルだっ(笑)



                                   朝ごはん
f0208112_13584717.jpg
f0208112_1431181.jpg

いろいろ品数多かったですが
やっぱり少し味付けが濃いですかね。

卵焼きなどは、出来立てを
持ってきてくれましたが
作り置きの保存食的な物が
多かったように思います。



食後に珈琲飲みたかったけど
出なかった・・と思います。
ちょっとこのあたり
記憶があやふやで(苦笑)



                               新穂高温泉 風屋さん 宿泊感想
f0208112_14404985.jpg
f0208112_1442488.jpg

全8室の宿にしては、館内が広く
大浴場や貸し切りに行くのに
少し距離があるので、個人的には面倒臭い(苦笑)

8室の内、2部屋に露天風呂が付いていて
泊まるなら露天付きの部屋が是非お勧め♪
(@19650税込みは、かなりお値打ち)
気持ちのいいお風呂でまったり寛げました。

奥飛騨定番の料理(朴葉味噌や、飛騨牛)も提供された
食事内容は・・・料金を考えたら相応かなぁ・・

家庭的で手作り感のある料理が、個人的には
好きなのでその辺が・・少し残念かな。


上高地の風景が好きなので、奥飛騨方面は
数年の周期で行きたい場所。
奥飛騨温泉郷には、かなり沢山の宿が
点在しているので、これからの宿探しも
なかなか楽しそうです^^;
(って、宿探しは全部kazuさん任せなんですけどね)

という訳で、新規宿 新穂高温泉 風屋さん
宿泊記おしまい^^


by satomi-kazu | 2017-06-17 15:06 | 新穂高温泉 風屋(旧今田館) | Trackback | Comments(8)
2017年 06月 13日

異動辞令 たかがパートされどパート


f0208112_11464385.jpg

懐かしい写真を探し出しました!
むかーしのガラケーで写した写メ(笑)
パート勤務する支店の社食。
今の会社に入社して早・・丸8年
乳癌治療を終えてからの入社だったなぁ・・・

いやーホントに早い!早過ぎでしょ(苦笑)
10歳なんて、あっという間に歳とって、気づけば50代後半も
もう目の前に・・・はぁ~


今の仕事、いろんな支店を廻るエリアという部署も体験
当時は、10数店舗も廻ってたなぁ・・・
行った先の支店でのお昼ご飯は、美味しいとこもあったけど
激不味の支店もあったりして(苦笑)

オムライスが美味しかったこの支店♪
お膳を差し出してから、卵焼いてくれたりしたもんなぁ
出来立てで、卵トロトロ・・うん、美味しかった!



f0208112_11563759.jpg

あったかいポトフ風~も美味しかった♪

って、社食の話ではなく(苦笑)
先週、ついにというかとうとう異動辞令が出た。
というのも、今の支店勤務がかなり長く(丸4年超え)
いつ、異動発令がされてもおかしくなかった日々

慣れ親しんだ通勤経路や、支店の雰囲気、人間関係・・・
そういう環境から一変し、また新たな場所での実務。
やること(仕事内容)は一緒なんですけどね。
新しい環境に慣れていくことが、ある意味試練・・・

そう!50代になって、この状況は正直キツイ。
新しい事に、短期間で順応できる能力に
欠けてくるのですよ・・・50代になると。
なので、出来ればずっーーと同じ支店勤務がよかった。

実際、新しい職場への通勤時間は、約50分
今の支店が30分弱なので、ほとんど倍です。



f0208112_1273592.jpg

40代50代の主婦がパートを探すとき
自宅から50分も掛かる場所を探しますか?
探さないですよねぇ・・・
まずは近場!年々そう感じるようになりました。
 
勤め出した頃は、まだ40代前半で(若かったー^^)
満員電車のラッシュもまだイケた。
なんとか耐えられてた・・・
でも、来月からどうかなぁ

毎日、あの電車にスシ詰めになって通勤してる
kazuさんやその他大勢の働くサラリーマン、えらいっ!!
ホントえらいわー

あたし・・耐えられるかしら?? 本気で不安だわ。

異動辞令を伝えられてからの数日
なんだか気分が下向きでですねぇ
ものすごーーく憂鬱です。



通勤圏内(1時間以内)の異動があることは承知して入社しましたけど、寄る年波にはやっぱり勝てませんねぇ
週3日程度のパートなんだから・・・という、少し安易な思いも無いとはいえませんけど、反面、長い通勤時間を要し
通勤でストレス(中央線の朝のラッシュはかなり苦痛なのです)を溜めてまでやる仕事なんだろうか?なんて、最近考えています。
たかがパート・・されどパート、仕事をしてお給料を貰うのはやっぱり大変な事ですねぇ 自分としては、60歳までの残り数年間は
今のペースで仕事を続けたいって考えてたけど、体調管理やその他諸々、思ったようには行かないことも歳を取れば出てくるでしょうしね。

懐かしい支店の社食と共に、愚痴りでした^^;
あっそーいえば、新しい支店のお昼ご飯も「美味しいよ」の情報が・・・良い事ってそれだけ?(苦笑)


by satomi-kazu | 2017-06-13 12:46 | 日常 | Trackback | Comments(6)
2017年 06月 08日

新穂高温泉 風屋(旧今田館) 宿泊記①

                         先月、奥飛騨へ2泊3日で出掛けてきました。 
                       1泊目は再訪の宿「宝美館」そして2泊目に選んだのは、新穂高温泉の宿 「風屋」 
                         一気に・・・は無理っぽいですが、忘れない内に備忘録として残します。

f0208112_19143549.jpg
f0208112_1920886.jpg
部屋数は8つ
宿の造りは相当広かったんですが
部屋数少なめですね。

露天風呂付きの客室が2つあって
今回は、その部屋を予約しました。

平日泊@19650(税込)
部屋に露天風呂が付いて、この料金は
なかなかCP良いですねぇ~

宿は、古民家風の造りで、なかなか重厚な雰囲気

イン15:00 アウト10:00
部屋のお風呂でもっとゆっくりしたかったので
アウト10時はちょっとせわしなかったデス。



                      玄関 フロント周辺はこんな感じ。 男性スタッフが出迎えてくれました。
f0208112_1935121.jpg
f0208112_19482246.jpg

上の写真の黒いソファに座って
チェックインの記帳をします。

冷たいお汁粉と緑茶が出されました。


なんせ、2万歩超えの直後のチェックインでしたので
甘いものが美味しいーー♪



f0208112_19533592.jpg

スタッフさんの説明だと
「2階建てのようにみえますが
3階建てなんですよ」と。

横に長い造りなので廊下も長い^^;
ワタシは全く利用しませんでしたが
ライブラリーのスペースも有りました。
(写真無し)

ちなみに、大浴場や貸し切り風呂は
チェックインをした場所から両端にあるので
ウチが泊まった部屋からは
ちょっと距離がありましたねぇ・・・



f0208112_2045566.jpg

この渡り廊下は
貸し切りの露天に向う通路なんですが
なかなか雰囲気が良かったです。


ただ、部屋までの階段や廊下は
かなり暗め?な雰囲気だったので
夜はちょっとひとりじゃ怖い?かも。
(怖いって年齢じゃないじゃん!の突っ込みありがとう・笑)



f0208112_2014437.jpg

部屋の名前は「かもしか」だったかな。
10畳和室に広縁

シンプルですが、落ち着いた部屋でした。
広縁の椅子も座り易くてGOOD!

露天風呂付きです♪



f0208112_2018553.jpg
f0208112_20211150.jpg
f0208112_20415684.jpgf0208112_20434776.jpg

部屋には、バスルームも
あります。
外国からのお客さんが
多いそうなので
必要不可欠?
なのかもしれません。

部屋着用に作務衣
浴衣もあったかな?
ウチは、浴衣着ないので
チェック甘くてすみません。

バスタオルはひとり1枚
これは残念ですねぇ・・・
部屋のお風呂に何回も
入ったので2枚は用意して
欲しかったかも。



f0208112_20225084.jpg


部屋に付いている露天風呂です。
源泉掛け流しの説明がありました。

加水も加温も無い代わりに、湯量が少な目ですかね・・
源泉温度が比較的高めの新穂高温泉なので
湯量を絞らないと、小さな湯船だと熱過ぎて
水を足さないと入れないと思います。
(すぐ側の白雲荘のお風呂がそうでした)




f0208112_20231876.jpg


f0208112_20304632.jpg

この露天風呂には、洗い場やカランも無いので
単純にお風呂に浸かるだけ。

洗髪や身体を洗うのは部屋のバスルームか
大浴場の内湯で、ですね。

だけど、このお風呂とっても気に入って
何回入ったかな?ってくらいいっぱい♪

浴槽は、大人2人でも充分な広さ
ちょうどいい湯温で、ボーっと
星空を眺めながら、ほんとにゆったり出来ました。

癒された~^^


f0208112_20385770.jpg

                                 ってことで、今日はここまで^^;  野球~野球♪

by satomi-kazu | 2017-06-08 20:56 | 新穂高温泉 風屋(旧今田館) | Trackback | Comments(2)
2017年 06月 06日

ウレシイなぁ~^^


f0208112_233402.jpg

こういうシーンを、たくさん見たいですね♪


今夜も勝った!勝った!また勝った!!^^


連日野球ネタばかりですみません(≧ω≦*)


先月の奥飛騨の宿も良かったので、ブログに残したいし
一昨日泊まった四万温泉の新規宿も、とっても良かったので
早くまとめてアップしたいのですが・・・・

野球が楽し過ぎて困ってます(苦笑)


by satomi-kazu | 2017-06-06 23:42 | スポーツ&野球 阪神 | Trackback | Comments(8)
2017年 06月 03日

2017交流戦の覚書き


f0208112_1131516.jpg

昨晩は、早々に虎さんチームは日ハムに惜敗
気分を切り替えて、BSの巨人戦を見始めた。

巨人VSオリックス戦は懐かしいグータッチ監督の
原辰徳氏が解説で熱弁?を披露中~

いやーー個人的に笑わせていただきました!!
阪神の敗戦を忘れるくらい(笑)
kazuさんが帰宅前のひとりの野球観戦
ウチのリビングには、中年オバンの
けたたましい笑い声が響いておりました^^;



どこが一体ツボだったかって・・・



f0208112_1193753.gif
←おちちゃん画伯の原さん(笑)
ソックリですね♪

延長戦に持ち込んだ11回裏巨人の攻撃
1点差に詰め寄り、なおもランナー1塁の場面
代打の寺内選手にバントのサイン

原解説者
「テラはねぇ、なんでも器用にこなしてくれる選手ですからねぇ
きっちりバント決めてくれるでしょう」 と、愛情たっぷりの解説

結果は・・・スリーバント失敗(爆)

その瞬間、マイクが拾ってしまった原解説者の声

「チッ!」

ぎゃはははは~ いや~ 人間味に溢れてて好きですねぇ^^

それに球史に名を残した名監督だと思います(本音です)
ウチの(阪神)監督やったらどんな采配みせてくれるのか?
っていつも思ってました。

昨晩の巨人は敗戦・・泥沼8連敗という結果に。



f0208112_11364236.jpg

それにしても、パリーグとの交流戦・・・
セリーグ弱過ぎですね(苦笑)

パリーグの選手達は、セリーグ相手だと
燃えちゃうんでしょうかねぇ
あんなに負け続けてたオリックスでさえ
巨人に連勝

最下位でもがき苦しんでた千葉ロッテも
粘りの野球で、巻き返してます。

セリーグ相手に勢いづかないで~~(苦笑)

まぁでも、楽しいです♪ 野球!!
頑張れ~阪神タイガース!!!


by satomi-kazu | 2017-06-03 11:46 | スポーツ&野球 阪神 | Trackback | Comments(12)