ずっとそばに

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ
2016年 10月 15日

白馬 源泉の宿 まるいし①


f0208112_23572167.jpg
二日目の宿は、白馬

「源泉の宿 まるいし」さん

八方周辺で宿を探していて
昔アルバイトしていたペンションも
もちろん、選択肢には有ったのですが・・・
なんとなく、想い出のままがいいかなぁと^^;

深い意味は有りませんけどね(苦笑)

随分前に宿泊予約サイトで見つけていて
職場の同僚が、毎年夏に白馬に行くというので
「まるいしさんって良さ気だよ」って話してたら
7月に泊まりに行って「良かったですよ~」 
ってことで、じゃぁウチも♪



f0208112_054815.jpg
今回の信州2泊3日は、私の希望を優先^^
一泊目の美ヶ原石川さんも、白馬のまるいしさんも。

まるいしの部屋数は、全部で18室位あったのかな。
ウチが選ぶ宿の中では、充分大型旅館^^

予約サイトのクチコミも、とっても良いんです。
泊まるの楽しみに入館しました。

あっ余談ですが、ネットを通してお付き合いのある方が
全く同じ日に、この宿を予約されていたんだけど
事情によりキャンセル^^; 残念っ

温泉宿での知り合いとの遭遇は・・・なかなか刺激的^^
ですよね♪



館内いろいろ  ロビーラウンジにはマッサージ機もありました。ラウンジの先に食事会場

f0208112_111247.jpgf0208112_111235100.jpg


f0208112_11133481.jpgf0208112_11135746.jpg


私達の部屋は2階の和洋室  チェックイン時の対応がイマイチ無愛想な感じで、あれっ?って感覚でしたけど・・・さてどんなかな(苦笑)

f0208112_11194518.jpgf0208112_1120084.jpg


二間続きだけど、そんなに広いって感じでも無かったかな^^; でも、ふたりなら充分です。 布団が重くてね・・・これは残念

f0208112_11255971.jpgf0208112_11261518.jpg


f0208112_1129840.jpg

宿詳細・・・少し辛口?(苦笑)
チェックイン時の印象がちょっと尾を引きました。

予約した和洋室で平日@11000 
(安い~^^ 文句言うな!ですかね)
イン3時 アウト10時
お風呂は内風呂のみ男女別各1 
(インから朝9時まで夜中も入れますけど・・・ちょっと狭いかな)
有料で貸し切り内湯が1つ

スタッフは結構な人数いましたね
民宿価格の割には、人件費掛かってそう^^;
(大きなお世話)



f0208112_11523064.jpg
食事が・・総じて大満足でした♪

源泉掛け流しの温泉もそうでしょうけど
宿が何よりも大切にしているのが食材・・・
そんな風に私は思いました。

@11000・・・安いしこんなものだよねって思ってましたが
夕食や、朝のバイキングの充実した品数にビックリ^^

自家栽培の野菜や、お米
確かお味噌も手作りって書いてあったような・・
もうそれだけで、充分な手間暇ですよね。

@11000 やっぱり超お得な宿泊料だと思う。



お風呂  チェックインする前に立ち寄りした「八方の湯」が素晴らしかったので、此処でも楽しみ~

f0208112_1231079.jpgf0208112_1233165.jpg


f0208112_12101635.jpg
この日の女性客は、私を入れて3名だけ。
なので、お風呂はいつ行っても誰もいませんでした^^;
立ち寄り湯同様に、ひとりで貸し切り状態を満喫♪
申し訳ないくらいだった(苦笑)

でもねぇ・・・正直広くないので
大勢のお客さんが泊まった時には
お風呂場はかなり混雑しそうです。
ひとりで、シャワー使ってても
湯船にシャワーのお湯が入っちゃう^^;

スキーシーズンとか、凄そうだなぁ

まぁでも、そういうのも運なのでね。
今回の私は、超~ラッキー♪ってことで。



kazuさんに写真を見せたら男湯も、殆ど同じ造りだそうです。 シャンプー類はDHC これ宿で初めてでしたけど、すごく良かった♪ 
自宅でも買おうかな。 お湯は、立ち寄り湯で経験済みですが、ツルッと感は立ち寄りの方があったかも。 


f0208112_1218190.jpgf0208112_12181491.jpg


f0208112_12304452.jpg

ではでは~

美味しかった夕食を♪

時間は、6時だったかな、半かな?
ちょっと、ど忘れしてます。

かなり広い食事会場で、席ごとの仕切りは
ありませんが、各テーブルが程良く離れていて
周囲を気にせず、ゆったり食事が出来ました。



お品書きを見て、地元長野の食材に拘り、自信を持って提供してくれているのが伝わりました。 
歳と共にクチに入るものに対して気を使うようになってきたので、こういうメニューを温泉宿で食べれるのはホントに嬉しい♪


f0208112_12355343.jpgf0208112_1236461.jpg


f0208112_12423458.jpg

最初に用意されたテーブルの上

三段のお重が玉手箱のようで可愛い♪

盛り付けもセンスがあって素敵です。
なんか食べる前からワクワクしました~^^

小さな食材がギュッと詰まったお重
ひとつずつ、お品書きと照らし合わせながら
「これは、これかー^^」 と、楽しみながら
食事が出来ましたよ。



                       三段のお重の内容はこんな感じ  食用ほうずきなど、ちょっと苦手な食材もありましたが
                       その他はぜーんぶ美味♪ 特に好きだったのは、麹漬け大根のお寿司(もっと食べたかったー) 
                       フルーツパプリカ(苦くない!旨いっ) 高野豆腐の治部煮風野菜煮が絶品!茄子の煮びたしも旨ーい! 
                       白馬豚とリンゴのソテーも美味しかったなぁ~ いやー大満足^^
f0208112_12485248.jpg

                      他にも、信州牛の朴葉焼きや、山女魚の塩焼き  サーモンのお造りや天然舞茸の天ぷら等々・・・沢山出ました!
f0208112_131443.jpg

                            あきたこまちの白米も自家米だそうです。 新米でしたので本当に美味しかった! 
                            私が感動したのはお味噌汁の美味しさ^^ 夕飯時も朝も・・・お味噌汁絶品です。
                            デザートにも信州産シャインマスカットが・・・高いんですよね^^;シャインマスカット

f0208112_1345196.jpg

f0208112_1311250.jpg
ちなみに自家米のお米は、お土産で購入出来ました。
職場の同僚に買って帰りました~

とにかく野菜がいっぱいで、私自身食べた事が
ないような物まで食べることが出来て、楽しい美味しい
夕食だったなぁ~もうこの年齢になったら野菜!ですね^^

お品書きの殆どに「信州産」の文字・・・堪能しました。
ごちそうさまでした。

次回は、種類豊富な朝食バイキングと
岩岳まで行って、キレイな北アルプスを
見れたのでその様子を。

ハイジのブランコでは悲惨なことに(苦笑)


# by satomi-kazu | 2016-10-15 13:21 | 白馬 源泉の宿 まるいし | Trackback | Comments(6)
2016年 10月 11日

信州二日目 白馬八方みそら野


f0208112_12522996.jpg
美ヶ原を後にして、二日目は白馬に向いました。

地図音痴の私は、美ヶ原から白馬へは、かなり遠い印象を
もっていたんだけど、時間にして1時間半ほどだったかな。
平日で道路も空いていたからかもね。

白馬には、昔々友人と二人で、運転を変わりながら
千葉の田舎から車でやって来たことがあって
この「白馬五竜」の看板や、「大町」という標識
ゆるいカーブ・・・

微かな記憶が蘇ってきて、テンションが上がってきました。
「この道~走ったよ~走ったーー」と興奮気味の私を横目に
淡々と運転するkazuさん(笑)
思い入れが違うけど、まっ仕方ないね^^;



f0208112_1301649.jpg
お天気は、雨・・・上がってくれるといいんだけどなぁ


白馬五竜のスキー場が見えてきました^^

八方のスキー場がメジャーだけど
当時のペンションアルバイト仲間は
よくこっちのスキー場にも滑りに来ていました。

うっ~~ 懐かしい~~^^

今日のブログは、完全な私の回想日記ブログなので
たいして情報提供出来ませんが・・・
あっ立ち寄り湯と、お昼に食べたラーメンのお店は
ご紹介出来ると思います^^



                まずは、八方スキー場まで行きます。 ゴンドラアダムに乗って、兎平まで・・・山の上は雲で覆われてます、残念。 
                お天気が良かったら八方池など散策する予定でしたが、雨具も持っていなかったし断念。 ジャンプ台も見えますね。

f0208112_1311209.jpg
f0208112_13142974.jpgf0208112_13144550.jpg


                                        雨も酷くなってきました・・・あーー晴れ男どうした?(笑)
f0208112_14223855.jpg

f0208112_1318255.jpg

30数年前に、毎日のように滑っていたゲレンデ・・・

ペンションのアルバイトでは、リフト代もバカにならず^^;
お客さんが残していってくれたリフト券で滑ってたなぁ

通算してペンションでのアルバイトは3年ほどしたけど
途中、お給料がすこーし良かった斑尾高原のペンションに
浮気して(苦笑) 合わずに、夜逃げして・・・

再び、この白馬にやってきた。

長い人生の中の、ほんの数ページの想い出に過ぎないけど
改めて・・・忘れられない場所だなって感じました。



                      昔の写真を見ていて、気づいたことが・・・皆さんも同じでしょうけれど、常に誰かと一緒に笑顔で写真に収まってる^^ 
                      ♪ 悩みなき~昨日の微笑み 訳も無く憎らしいのよ~ (ユーミン あの日に帰りたい、より) ♪

f0208112_13313961.jpg



次に向かったのは、みそら野。 懐かしいペンション・・・今でも当時のまま、いえ、それ以上拡大されて営業していました。
隣の敷地のログハウスは当時無かったから・・・ 「ペンションミーティア」  懐かし過ぎて目の奥がジンジンしてきた。


f0208112_13393883.jpgf0208112_1340723.jpg


                            当時の玄関先・・・小さな男の子はペンションオーナーの次男坊 どうしてるんだろう・・・
                            もう30歳はゆうに越えているはず。 バイト仲間のみんなも、元気かなぁ

f0208112_13453254.jpg

                            ホーンと(笑) どの写真も誰かと写ってる。 最近は、宿の建物やご飯や風景・・・
                            そういうものしか撮らなくなっているから、逆にとっても新鮮。

f0208112_13513668.jpg
f0208112_13572417.jpg
さて!

白馬の宿のチェックインまでは、まだだいぶ時間があります。

お昼ご飯と、立ち寄り湯に行くことに。

写真の「八方の湯」も立ち寄り施設ですが
此処には入浴しませんでした。
この周辺には、数軒の立ち寄り施設があって
中でも、この八方の湯が一番新しくて広いようです。

この日、団体のお客様がいらっしゃいます、ご了承ください!と
丁寧な張り紙がしてあったので、迷わず(笑)回避

別の立ち寄り湯にしました。 これが!大正解っ^^



お昼は、ラーメンを食べました。 上の八方の湯敷地内に建っている 「八方美人」と言うラーメン屋さんです。八方の温泉で練りこんだ麺だそうですよ^^ 
見た目はフツーで地味な感じでしたけど、スープもあっさり系で美味、温泉麺?なのかどうかは解りませんでしたが(笑) 美味しく完食~  醤油と味噌♪


f0208112_1473412.jpgf0208112_1474491.jpg


f0208112_141099.jpg
ラーメンの後に立ち寄り湯へ

実は、この立ち寄り湯、3軒目に選んだ所です^^;

「八方の湯」は、団体さんがいるからNG
次に向かったのは、「みみずくの湯」という場所
ここも、結構な数の車が駐車場に停まってたのでパス

で、3軒目のお風呂 「郷の湯」  @600

最初から最後まで、だーれも来ませんでした^^;
すごくラッキーでしたね♪

八方のゴンドラからは、多分一番近い場所にあったお風呂なので
繁忙期にはスキー客などで、きっと大混雑なのかもしれません。



他の施設は露天風呂も有るようでしたけど、郷の湯は男女別の内湯のみ。  強アルカリのお湯が加水加温無しの源泉掛け流しです。

f0208112_14271525.jpgf0208112_14272815.jpg


                     桧造りの湯船  広いです! 10人位は大丈夫そう~ このお風呂を一人で独占(^^)v 最高~
f0208112_14385360.jpg

                               湯量がスゴイ♪ ジャバジャバ湧いてます^^
f0208112_14391948.jpg
f0208112_14451357.jpg
天井も高く、ブロガー泣かせのお風呂場の湯気も抜けるので快適♪

それに何と言っても、今回の信州旅で一番驚かされた温泉力

八方の温泉は、ちょっと調べて見たら、1982年(34年前)に湧出されてたようだけど
その温泉を引いた宿は当時まだ少なかった?みたい。
実際、私がアルバイトしていた当時は、白馬で温泉??そんな感じでしたから。
広く知れ渡ったのは、10年?20年くらい前なのかな。

まぁ詳しい事は解りませんが^^;
強アルカリ泉で、浸かった時のツルツルスベスベ感がハンパない。
素敵なお湯に出会えました! 


f0208112_14452855.jpg


                                    まさしく「美人の湯」 ですね^^   日本人に生まれて良かった~
f0208112_1513019.jpg

                     「いのちのリフレッシュ」 ねぇ~ いい事いうね! さすが旅行作家さん♪  さーて、信州2泊目の宿へ向かいます^^
f0208112_1585174.jpg


# by satomi-kazu | 2016-10-11 15:15 | 旅全般  立寄り湯など | Trackback | Comments(10)
2016年 10月 08日

信州一日目 美ヶ原温泉 御宿 石川 再訪


f0208112_11312171.jpg
9月は、台風や秋雨前線で日照時間が極端に
少ない月だったとか・・・

10月に入って、我が家の信州2泊3日の旅も
晴れ間がのぞいたり、雨雲に覆われたり
すっきりしないお天気でした。

それでも出掛けた初日は、なんとか晴天^^

病み上がりでしたけど、意地の決行(笑)
キャンセル料モッタイナイのでね・・・^^;

結果・・温泉力もあったのかなぁ
体調も上向きで帰ってきました♪



f0208112_11381435.jpg
一泊目は、美ヶ原温泉 御宿 石川さん
松本城藩主 石川数正氏の子孫が十六代に渡って営んでいる御宿
昨年の夏以来の再訪  
宿決めは基本kazuさんですが、石川さんは私の強い希望で^^
何と言ってもご飯が美味しい♪


f0208112_11385646.jpg


f0208112_11485249.jpg
再訪なので、記録もサラッと^^  部屋は2間続き

食事も部屋で、若女将が軽快に階段を
トントンっと上がって、料理を運んでくれます。

石川さんの好きなところ・・・
上手く表現できないけど
なんかぁ・・・じわじわ^^なんですよ~、じわじわ(笑)
良さが伝わってくるんです、じわじわと^^

喩えるならば、ちょっと遠い親戚の家に観光がてら
遊びに来て、温泉付き!美味しい料理食べれる!そんな感じかな
宿自体が、旅館旅館していなくて、普通のお家みたいだからかも。

もちろん、ご飯が美味しいのが何よりも好きなんですけどね。



f0208112_1221194.jpg
お風呂は、素敵なタイル張りの内湯が2ヶ所

どちらも貸し切って入れます。

お風呂の前に、スリッパを脱いで
置いておけば使用中の合図!

透明で美しいお湯です。

温度調節は?多分してくれていると思います。
そんなに高温では無いかな。

ものすごーく主張するお湯ではないけど
微かな温泉臭が、心地いい・・・



f0208112_1281355.jpg
もうひとつのお風呂 薄ピンクの壁面も全部タイルです!
小さな小さなタイルがあまりに綺麗で
湯船から、じっーと鑑賞しちゃいました。
「タイルのお掃除大変でしょ?」って若女将に聞いたら
自分達で掃除する以外に、年に数回業者に頼んで
タイルとタイルの境目を研磨?してもらうとか。


f0208112_1282380.jpg


                           では、お楽しみの食事♪  秋ならではの・・・松茸^^も食べれました~ 
                           キノコづくしの前菜も全て味付けを変えてくれていて、感動ものです。

f0208112_12143526.jpg

                           若女将が説明してくれるのですが、キノコの名前など憶えちゃいない(苦笑) 
                           4種類とも、味付けが違っていてどれも旨いっ! お酒に合いますねぇ

f0208112_12193960.jpg

                         今回は、馬刺しを別注しました。 赤身の肉厚でホント美味しかった~
f0208112_12254330.jpg

                         松茸の茶わん蒸しは、感動のおいしさ^^ 食べれて幸せ~って感じです♪ ご飯も松茸~
f0208112_12255550.jpg

                         魚は鰆の照り焼き、裏っ返すと、甘辛いオカラが・・・すごいなぁ、普通は魚照り焼きにして出すだけでしょ。
                         こういうとこが石川さん!って思うのであります^^ 信州牛のステーキ、梨ソースがまたまた旨いっ♪
f0208112_1226531.jpg

f0208112_12483589.jpg
ご飯の最後に、若女将がカップに入った生姜湯を
持ってきてくれました。

「咳をしてるようで、喉も辛そうなので
良かったら飲んでみてください。
風邪引いた時に、ウチのおばあちゃんが
作ってくれるものですけど・・」 って。

チェックインした時にも、まだ声がガラガラで
咳もしていたので、女将さん達に気を使わせて
しまったみたいで・・・ごめんなさい。

うれしかったなぁ  キザミ葱たっぷりの生姜湯

ありがとうございました。



                           朝ごはん  大女将手作りの甘い卵焼きが、しみじみ美味しい。 
                           野菜の煮物・・茄子・・・お味噌汁も美味しかったなぁ、ホント! ごちそうさまでした^^

f0208112_12595621.jpg
f0208112_135443.jpg

美ヶ原温泉 御宿 石川さん

しみじみ・・じわじわくる宿です^^
個人的には、こういう小さくて、家庭的で
心のこもった美味しい料理を出してくれる宿が
大好きです。

山菜の頃・・・また来たいな。


信州二日目は、朝からどんより~な空模様
今にも雨が降ってきそう。

想い出の場所  白馬へ向かいます。


# by satomi-kazu | 2016-10-08 13:16 | 美ヶ原温泉 御宿 石川 | Trackback | Comments(4)
2016年 10月 07日

信州の旅 美ヶ原から白馬へ


f0208112_0163419.jpg

惚れ惚れするようなお風呂だった。
雰囲気・・ツルスベの極上湯・・・

一人で独占出来た、誰もいない立ち寄り湯

30数年振りに訪れた、懐かしい場所白馬。

若かった20代前半、白馬のペンションでアルバイト
そこで過ごした数年間の、懐かしい思い出。

もう、行くことないかもね・・なんて頭の片隅にずっとあった想い。

私の想い出にkazuさんにも付き合って貰い、信州の旅です。



f0208112_0285751.jpg
白馬岩岳・・

ハイジのブランコ


雨に降られた八方ゴンドラアダム
雲が晴れた北アルプス
友人と車を走らせた白馬への道
ホームゲレンデだった五竜とおみ
アルバイトしていた、みそら野のペンション
八方第一ケルン・・・

少しずつブログに残していこうと思います。

お宿・・2泊とも良かったです。



                 30年振りのこの場所に・・・またこうして来れるなんてね。 20歳の私は、30年後の自分を想像出来たかな・・
f0208112_039918.jpg

                                   こんな時代、ホントにあったんだね^^;  若いわぁ~ヤッパリ(笑)                 

# by satomi-kazu | 2016-10-07 09:15 | 旅全般  立寄り湯など | Trackback | Comments(10)
2016年 09月 25日

老後の過ごし方を考える・・歳になっちゃったぁ(苦笑)


f0208112_1222641.jpg
昨年は、ふるさと割クーポン券がたくさん配布されて
お得な料金で温泉に行けたこともあり、いつもの年よりも
出掛けた回数が増えた。

今年も、その流れだかなんだか^^; 
月1のペースだった温泉旅が、月2になることも多く・・・
今年はクーポン無いのにね~(苦笑)結構出掛けました。

もちろん、予定のあることは嬉しいし、温泉に行けることは
夫婦の共通の楽しみでもあるんだけど・・・

kazuさんはどうか解らないけど、最近私は老後のことを
よく考えるようになりました。

仕事・・完全にリタイアしたら何する???
今は、全く答えが出てきません。

温泉旅行は元気でいる限り続けるだろうけど
体力が落ちて、回数は減るだろう。

仕事にも行かなくなったら、自宅で過ごす時間が
圧倒的に増えるわけだから・・・



f0208112_12324585.jpg
老後はね、まず体を動かさないと!ボーリング行ってきた(笑)
 
でも・・毎週ボーリング? (そんなに好きじゃないし)
カルチャースクール? (ガラじゃない)
テニススクール通う? (続くか?あたし)
毎日ウォーキング? (どのクチが言う)
海外旅行三昧? (お金掛かるし)
孫の面倒をみる? (子供すらいないのに何いってんだか)
ガーデニングとか? (庭無いし)

はぁーなんだか悶々とした日々が続いてる今日この頃・・・

結局は今と大差ない日常になっちゃうのかなぁ?
でもなぁ、仕事に出かけて行くっていう行動は
全く無くなるわけで・・・



f0208112_12493649.jpg

kazuさんがよく言うのは
「体力が有るうちに、行けるうちに、温泉にいこう^^」 
(どこまで温泉好きなんだよっ)

それはその通りなんだけどねぇ
毎週毎週 温泉に行くわけにもいかないじゃない。

自宅で過ごす日常のことを、あたしは言ってるわけ。

若い頃は、60代70代の自分を想像すら出来なかった。
いつまでもこのまま~(笑) なーんて楽観的だった。
でも、10数年後 必ず老後はやってくる。



したい事、やりたい事が出来ればいう事なしだけど(健康でいられればの話し)
重たい腰を上げてでも、やらなきゃいけない事(健康維持の為に体を動かしたりね)
あるのかなぁなんて漠然と考えてる。

老後ねぇ・・・
まだまだ先だと思っていたのに(苦笑)


# by satomi-kazu | 2016-09-25 13:38 | ひとりごと | Trackback | Comments(19)
2016年 09月 19日

さらの木 2016年 9月

                    
                    伊豆高原の空も、すっかり秋の雲  9月快晴  いつもの宿へ
f0208112_1264497.jpg

                    途中、伊東の手前でお昼ご飯を食べようと海岸沿いを左に降りた。 海の青が眩しかった。
f0208112_1295234.jpg
f0208112_12124085.jpg

懇意にさせていただいている雨曇子さんが
此処 「平鶴」 での日帰り入浴&お昼のコースが
とても良かったと、以前書かれていたので
いつか行ってみようと^^

ここ!ここ~ ! と、はしゃいで玄関を入ったものの
タイミング悪く、この日は法事?かなにかで
団体さんが大勢いて、お昼は1時過ぎまでNGとのこと
時計を見ると、まだ11時チョイ過ぎ・・・
あちゃー ついてないね(苦笑)

まぁ仕方ない、で、平鶴の真向かいにある食事処で
食べることにしました。



                    味くらべという名前のお店だったかな。 お昼時でもあったので混んでいました。 
                    海鮮丼などは、伊東の五味屋さんの方が断然好き♪
                    海老の天ぷらなど一品料理は熱々揚げたてで美味!サザエもテーブルで焼いて食べます。
 
f0208112_12203042.jpg

f0208112_12281747.jpg
お昼ご飯の後に、再び平鶴に戻って
日帰り入浴をしました。  @1000

内風呂と露天風呂

どちらも小ぶりなお風呂で、ちょっとがっかり
男湯の方は、もう少し広いようでした。

こちらも、なんだか混雑(苦笑)
久し振りにたくさんの人と一緒の入浴。

舐めるとしょっぱいお湯
露天風呂から、海を見渡せます。



                                            いつもの宿は、写真だけ
f0208112_12354584.jpg
f0208112_1237261.jpg
f0208112_1593693.jpg
f0208112_12383747.jpg
[
f0208112_1240014.jpg

                                     マロンが可愛い♪  元気になってママちゃんも安心してましたね。 
f0208112_12414173.jpg
f0208112_124731.jpg



年内いっぱい、人参をぶら下げました。

kazuさんの希望で、再訪の宿が多いけど^^;

カレンダーの記しを見る度に、やっぱりうれしい。



2016年 9月のさら  おしまい




# by satomi-kazu | 2016-09-19 12:56 | 伊豆高原 さらの木 | Trackback | Comments(16)
2016年 09月 17日

休日のひとりごと


f0208112_1156149.jpg
何かの記事で読んだ・・うる覚えだけど、ユーミンのコメント

”人生の最大の目標?使命?だったかな・・多くの楽曲を
ファンに届けて、ひとりひとりの想いに寄り添うこと”

なんだかジーンときて、思わず涙腺がゆるんじゃった。

生で観るライブでのユーミン、様々なメディアで発するコメントや
歌う姿を目にするユーミン

最近ではSNSにも登場するようになって、今までは知る由もなかった
プライベート?なユーミンもほんの少し身近に感じれるようになった。

だけど、なんとなくユーミンには日常的な親近感のような感情は
いいのかな(無くても)・・という思いが私の中にはある。



ユーミンの曲を聴くようになって、ファンになって35年余・・・楽曲のフレーズフレーズに、当時の様々な記憶が鮮明に蘇り
私自身を過去へとタイムスリップさせてくれる。 ユーミンはよく「時空」という言葉を用いたりするけど、そんな感覚なのかなぁ・・
時空という言葉は、私たちが生きてる空間、宇宙そのものを指すらしいが、大袈裟で生意気な表現だけど、私にとってユーミンは
時空の彼方に存在する唯一無二なひと・・・松任谷由実さんというアーティストを知ったこと、多くの曲を聴けたこと、心の底からありがとう。
と、今日は言いたい気分なのだ(笑) 

昔々のカセットやCD、いつもそこに、身近に・・ユーミンは存在してくれているけど、今年はまたロングランのツアーを開催してくれる。
年をまたいで全80公演・・・すごすぎる!としか言いようがない。モチベーションや体力・・どうやって維持し続けるのだろう?
「宇宙図書館」というアルバムのタイトルからして、凡人の私にはユーミンはまるで宇宙人のよう^^;
無事に全公演を完走してゴールを切って欲しい・・・ファン何千万分の1でしかない私だけど、そう願ってる! 

♪ありがとう いつでも 心の奥にいてくれて だから明日 私、また歩き出す♪

                    ユーミン 「夜空でつながっている」より


# by satomi-kazu | 2016-09-17 13:03 | 好きなアーティスト | Trackback | Comments(0)
2016年 09月 10日

南清里 夢ペンションファニーポケット宿泊記②


f0208112_11395319.jpg
チェックイン後 清里の駅周辺と
清泉寮まで行ってみました。

宿からは車で15分ほど。
空模様は相変わらず小雨、どんより~

清里ペンション最盛期時代には
他でソフトクリームって売って無いんじゃないの?(笑)
ぐらい、大行列だった名物ソフトクリーム

@400なんて超強気価格にも拘わらず
売ってましたよ!で、並んでました~^^;

最初、私、「要らないから、並んでまで食べたくない~」って
言ったんですけどね(苦笑)



f0208112_11452691.jpg

並んで買ってきてくれました、kazuさん(笑)
「せっかく来たんだから」って・・・

観光地のこういう名物って、購買意欲を駆り立てる源は
これで成り立ってるんだ!と痛感しましたよ(苦笑)

「せっかく来たんだから」 これに尽きますね。

でも、私が清泉寮のソフトクリームを食べることは
この先無いな!と、思ってまーす^^;

ずっと前にも書いた気がするけど
ミニストップのソフトクリームの方が断然・・・美味しい(苦笑)



                        お天気が良ければ、八ヶ岳や富士山が綺麗に見れたはずですが、仕方ないですね。 
                        それでも大型バスの団体さんも結構いましたし、この辺り周辺は賑わっていました。

f0208112_11533243.jpg
f0208112_11535494.jpg
f0208112_11542378.jpg

小海線の清里駅にも行ってみました・・・この駅をみると、ほーんと若かりし20代が走馬灯のように蘇ります。
今でもユーミンファン仲間で仲のいい友人と、30年前幾度となく訪れた清里駅・・・駅前の小さな商店などは軒並みシャッター通り・・・
寂しい限りですがこれが現実なんでしょうねぇ


f0208112_1211552.jpgf0208112_1212990.jpg
f0208112_1233052.jpg

                                    またこの駅に来ることあるかなぁ・・・懐かしい時代に想いを馳せて。。
f0208112_1245917.jpg

                               色褪せてきたアルバムをゴソゴソ探したら・・30年前の写真@清里が出てきた~ 
                                いやーん懐かしくて泣きそう^^;
f0208112_144139.jpg

f0208112_1294499.jpg
さて! 宿に戻ってお楽しみな夕食です♪
仕切りのないダイニングで5組のお客さんが一斉に^^
会話も当然聞こえますけれど、ペンションはこういうものって
私の中では思っていますので、全く問題なし♪
すべての配膳担当のご主人と、ワイン選択中のkazuさん


f0208112_1210282.jpg


                              選んだ白ワイン♪ とっても飲みやすく抜群に料理にも合って、ホント美味しかった~
f0208112_12172148.jpg

                      ではでは^^ ディナータイム♪ 最初の前菜のお皿 少しずついろんな野菜 マリネされたものも有ります。
                      最後にも書きますけど、とにかく配膳担当のご主人が、ひとつひとつ丁寧に説明してくれるのですよ。 
                      真心込めた手作りの料理を決して押し付けがましくなく、「こんな風に調理してみました~ ドレッシングも
                      変えて有ります~ 何度も裏ごししたソース、スープです~」 みたいな感じで^^

f0208112_12192138.jpg

                     次がマグロとアボガドのカルパッチョ風  私の大好きな韓国海苔が添えてあります^^ 
                      これに包んで食べるとなんとも美味♪ あっと言う間に完食しちゃいました~

f0208112_12263925.jpg

                       かぼちゃだったかなぁ・・人参?だったかな(苦笑) 完全に記憶が飛んでます。 
                        でも美味しかったのは覚えてます、何度も裏ごしした手作りスープ♪

f0208112_1230392.jpg

                    魚料理・・・白身魚の名前また忘れてますけど(苦笑) これも絶品!  オレンジ色のソースは
                    海老の出し汁で作ってみました!とご主人・・・決して食材自体は高価な物じゃないけど、
                    作り手の心がこもっていてホントにマメだよねぇってkazuさんと感心しながらの夕食タイム^^  
                    添えられてる夏野菜も美味しい♪
 
f0208112_12333657.jpg

                 お口直しのグラニテ♪ さっぱりとシャーベット  しつこいようですが(笑)これも手作りっておっしゃってました^^
f0208112_12394542.jpg

                 肉料理はポークソテーの粒マスタードソース添え・・で、合ってるかな?(笑) 豚肉が驚くほど柔らかく、
                 これもあっという間に完食しちゃいました(苦笑) 「キレイに食べて頂きありがとうございます^^」ってご主人に言われるほど
                 今回は残さず全ての料理を食べきりました! 量もちょうどよかったし、何より味付けが私達の好みにピッタリでしたので♪

f0208112_12532514.jpg

                 お肉と一緒に出された白米は、新潟出身のご主人の実家から送られてくるものらしいです、当然美味しい^^
                 それと、何気にご飯のお供に・・と出されたイカとキュウリの塩麹和えがホントに美味しくて~
                 思わずご飯おかわりしちゃいました(アハハ・食べ過ぎ)

f0208112_12475488.jpg

               最後にデザート3種類♪ 左上のパイナップルのアイスが激ウマでした。 どうやって作るのかもご主人が
               一生懸命説明してくれました~・・・が(笑) 美味しい!美味しい!だけで、せっかくの説明もすっ飛んでます(苦笑)
               食後には珈琲や紅茶、それとミルクココア?なんてのも有ったような・・・各テーブルでご主人が注文を受けてくれて配されます。
f0208112_12543564.jpg

              朝ごはんは、こんな感じ♪ おおざっぱでスミマセン(汗) 高原の朝!ペンションの朝食~そのものですね^^
              ふわふわのロールパンはお替りできましたよ。 丁寧に切られたフルーツも手間を惜しまずな提供!野菜も新鮮~
              夕食も朝食も宿主さんの真心がズンズンと伝わってきて、心からごちそうさま~って言えちゃう感覚・・・
              あれ?なんか褒め過ぎかなぁ~(苦笑)

f0208112_1303370.jpg
f0208112_13105668.jpg
南清里のペンション ファニーポケットさん
最初、kazuさんが予約したよ~って言った時
同じペンションなら、前に泊まった草津のペンションは
@8600で、温泉も勿論あって、ご飯もなかなか美味しかったし
そっちのがいいんじゃないの?って心の中で呟いたんです(笑)

でも! 泊まってみて大満足でした♪
kazuさんスマヌ(笑)

@11000~13000の宿泊料も
全ての料理を手間暇かけて作ってくれてるので
とってもお得だと思いました。
そしてこれは、個人の好みだけど
我が家的には、味付けも好みでしたし
量もぴったり(多からず少なからず)



                      帰路は抜けるような青空^^  中央道経由でウチからも近いので、また泊まりたいね♪
f0208112_13222069.jpg

                                                         おしまい^^

# by satomi-kazu | 2016-09-10 13:27 | 夢ペンションファニーポケット | Trackback | Comments(28)
2016年 09月 08日

南清里 夢ペンションファニーポケット宿泊記①


f0208112_11571925.jpg

どんより小雨の中・・・今年の結婚記念日は外食ではなく
何処かに泊まろう!と言う事になって、夏真っ盛りの8月は
温泉旅はしなくなっていたけど、ペンション好きの私の為に
kazuさんが、選んでくれたお宿へ♪
宿からの、案内地図も手書きでほのぼの^^
クチコミもとっても好評で、裏切られることなく(笑)
素敵な記念日滞在になりました。


f0208112_11574141.jpg


f0208112_1265774.jpg
案内通りに国道を左に入ると
舗装されていない砂利道を進みます。

清里!と言えば、清泉寮や萌木の村が点在するエリアが
有名だけど、今回のペンションは、清里から少し
南下して離れた場所に有りました。

あっ!見えてきました^^ 黄色いのは手前のペンションのようで・・・


f0208112_12115040.jpg


f0208112_12135734.jpg

私達が泊まるのは、こちら!

緑色のペンション♪

「夢ペンション ファニーポケット」

1980年代に創業され、これまでにリフォームも
されてきたようですが、外観はまさしく黄金の(笑)
ペンション最盛期の様相です。

私の心も一気に20代に戻ります~
(ずうずうしくてスミマセン・苦笑)



エントランスから、もう好みです~^^ この歳になってもどこかメルヘンチックなのが好きみたい、わたし(苦笑)

f0208112_12211419.jpgf0208112_1221259.jpg


f0208112_12254634.jpg
最初に宿の詳細を少し

全室5部屋 内、4部屋には内風呂付き(温泉では無い)
ちなみに、人口温泉と記載されています。

宿泊料は、部屋毎に違ってきますが(広さや風呂有無)
@11000~13000前後といったところでしょうか。

ウチが泊まった部屋は、平日@11300 (内湯無し部屋)

共同の内湯がひとつ(鍵を閉めて貸し切り制) ご夫婦で営んで
いらっしゃるので、お風呂は夜の10時位までかなぁ?なんて
思ったのですが、朝までずっと解放してくれてありました。

後でも書きますが、この人口温泉というお湯が!!
思いの外良かったのです~^^ かなりのスベスベ感♪



f0208112_12392948.jpg
玄関
ピンポーンとチャイムを鳴らすと
私と同年代位の奥さんが出迎えてくれました。

小さくて可愛らしいお宿ですが、花や草木が
あちこちに飾られていて、和みますね~


f0208112_12443715.jpg


f0208112_12455665.jpg

f0208112_12482184.jpg
天井が高い吹き抜けのダイニング
この日は平日にも拘わらず、5部屋満室・・・正直驚きました^^; 
温泉がある訳でもなく、メインの清里からは車で15分ほどかかる。
それに、ペンションの料金は@10000を切る所も少なく無いので
料金的にも(ペンションとして考えたら)決してバカ安!でもなく・・・

でも~ 人気の秘密をあとになって知る事になります^^

清潔!親切!ご飯美味しい!
ご主人と奥さんの人柄が滲み出ていて
おもてなしされてるなぁ~と実感できる宿です^^


f0208112_1248406.jpg


f0208112_1381782.jpg
貸し出し可能なDVDや、本、ゲームなどが
置いてある中二階のファブリックスペース

そうそう、こんな感じ~~^^
と、30年前にペンションで働いたことがあった私は
懐かしさでいっぱいになりました。


f0208112_13132731.jpg
f0208112_1315377.jpg

f0208112_13185022.jpg
部屋の名前は アネモネ
トイレ、洗面付き セミダブルのベットが2つ
余計なスペースは正直ありません(苦笑)狭いとも言う^^;
和風旅館の広い和室が好みの方には、不向きですね。


f0208112_13273252.jpg


                      お風呂の真向かいには、洗濯機も完備のトイレ って・・洗濯機なんて使う人いるのかなぁ?^^;
f0208112_13342021.jpg

f0208112_13374788.jpg
此処が共同の内風呂です。
小さく見えますが、大人2人でも充分な広さ。
湯船の深さがあるので、ゆったりと体を延ばして
浸かることができました。

5室の内4部屋には、内風呂が付いているので
混雑することなく入れると思います。

今回、ウチはちょっとタイミング悪く(苦笑)
入りたいなぁ~と思ってお風呂まで行くと
「使用中」の札が掛かってることが有りました^^;

まぁこういうのは運ですね。
満室だったし、それは仕方ないと思います。
次回は、内風呂付きの部屋にします^^



f0208112_13431990.jpg

お風呂の壁に掲げてあった、人口温泉表示

ふむふむ・・・^^
詳しい事は解っちゃいませんが、とにかく!
気持ち良く入浴出来ました。

無味無臭 透明でキレイなお湯です。
温泉じゃないけど、塩素臭など全くしないし
何と言っても風呂上りの肌のスベスベ感が
半端じゃありませんでした。

浸かった時のヌルスベ感は無いけれど
湯上り肌の感触が、強アルカリの温泉に
入った後みたいで・・・良かったです^^



f0208112_13502417.jpg

                     一気に書きあげちゃおうと思いましたが、長くなってしまったので
                     チェックイン後に清里駅周辺と清泉寮を散策した様子、美味しかった夕ご飯と朝ごはんもまとめて次回に♪


# by satomi-kazu | 2016-09-08 13:55 | 夢ペンションファニーポケット | Trackback | Comments(4)
2016年 09月 05日

清里と伊豆高原


f0208112_2343331.jpg
こんばんは!
盛り上がったリオオリンピックも終わって
いつのまにか^^; 9月

私のパソコン・・・とうとう逝っちゃったかと思いましたが
修理に出して、無事に2度目の帰還(笑)
パソコンの無い生活は、決して不便じゃないけど
でもやっぱり、少しつまんないかな^^;
韓流ドラマ見たり、ブログ書いたりするのは
私の日常の一部になっているからね^^

おかえり~ osmioちゃん♪

8月末 結婚記念日当日に泊まった
清里のペンションや・・・



f0208112_2313235.jpg

男の後ろ姿に哀愁を漂わせる^^
マロンのいる伊豆高原の宿

またブログに思い出残そうと思います。

生きているといろんなことが有るけど。
ツラかったり、泣きたくなっちゃったりね・・・

それでも、嬉しかったり楽しい事の方が
余りあるから、今日もまた頑張れますね!

「satomiさんは、ブログのタイトル通り
”ずっとそばに” でね^^」 って!
ありがたいですね・・気持ちが上向きになりました。
元気貰って帰ってこれました~


ありがとう~^^


# by satomi-kazu | 2016-09-05 23:34 | 日常 | Trackback | Comments(15)
2016年 08月 21日

嵯峨塩館 宿泊記③


f0208112_17434679.jpg

嵯峨塩館の夕食は、食事処で6時から。

じゃらんのクチコミで、夕食や朝食の評判が
とっても良かったので楽しみにしてました^^

この日は、全部で4組のお客さん。

ひとりで来ていた男性のお客さんもいました。



f0208112_17475917.jpg

最初に用意されてたテーブルの上は
こんな感じ♪

見るからに野菜が多くて、野菜フェチの私は
ニヤニヤしちゃいました~^^

お品書きは、あったような? 
各テーブルには置いて無かったかな。
配膳してくれた女将さんや、若い女性スタッフさん達が
一品づつ説明してくれました。



                ほおずきにのっていた蕗味噌が美味しくて~ お酒の友にピッタリでした^^ それと霜降りの馬刺しも絶品でしたね~ 
                少しずつの量だけど、どれもホントにおいしい♪ 野菜のディップも手作りソースに付けて! 
                ちょこっと写っている山芋のすり流しもウマっ! まさに山の恵みのような前菜旨かった~

f0208112_1754584.jpg

                 甲州豚のしゃぶしゃぶ  自家製の野菜もタップリ! 散策してた時にスタッフさんが摘んでいた葉っぱも出ました~ 
                 こういう物を食べてたら体にもすごく良いですよね^^  温泉宿で野菜がいっぱい出ると嬉しくなります♪

f0208112_1813266.jpg

                 うずらの焼き物は、歯ごたえがあって美味♪ お酒が進む~ 地ビールや、豊富な種類のワインをグビッと♪
f0208112_187232.jpg

                  まだまだ出ます^^ 岩魚の塩焼きはホクホク 冷たいスープは桃!山梨らしいですねぇ 
                  冬瓜の煮物はやさしい味付けで美味しかった~ 胃に染みわたる感じでした^^

f0208112_1810443.jpg

                  豚しゃぶも出たのに、甲州牛の朴葉焼きも♪ ちょっとの量なので問題なく(笑) 
                  味噌を使った料理が印象的でしたね、すこーし濃いめの味付けにはなるけどお酒にはホントに合うと思いました。
                  下の膳はご飯やお蕎麦、茶わん蒸しまで(苦笑) そろそろ苦しくなってきましたよ~

f0208112_18145125.jpg

                  でも、豆ご飯が美味しくて^^ 完食! お蕎麦はくっついて延びてましたね^^; ご愛嬌♪ 
                  茄子の茶わん蒸しも初めて食べました。 最後のデザートはキンキンに冷えたお皿にのって登場! 

f0208112_18203093.jpg
f0208112_21581640.jpg
夕食後は、談話室で珈琲が飲めます。
それと、囲炉裏のテーブルにはお餅が^^
ご自由にどうぞ♪ ということで、一個だけ焼いて部屋で頂きました~

f0208112_21583172.jpg


                      朝ごはん ほうとう風のお味噌汁がとっても美味しかった♪ 最初見た時、「味濃そっ^^;」って
                       思ったのですがそんなことはなく根菜たっぷりで美味でございますぅ~ 
                       それと、朝もコンロでつみれ鍋が出て、胃とお腹が暖まる美味しい朝ごはんでした。

f0208112_2225580.jpg
f0208112_2284863.jpg

朝のデザートは、珈琲ゼリーと冷凍されたブドウ♪
夕食も朝食も、創意工夫があって、すごく良かった。
旅館料理的な物じゃなくて、また食べたいなって
思えるような食事でした。

ごちそうさまでした~



f0208112_2216611.jpg
このお宿は休前日も平日と変わらない料金です。

部屋の広さで少し値段が変わってくるようで
私達が泊まった部屋は、今回@17280(税込)

山の中の一軒家で部屋にお風呂が
付いてるわけでもない(それに鉱泉だし・・)
なんか・・・「高いじゃん^^;」って
行く前は思っていたんですけど
食事の内容が良かった事と、下界の猛暑では
考えられないような涼しい環境で滞在出来たこと。

あと、私達の自宅からは近いし、交通費が安く済んだので
再訪は有りですねぇ



                                       リスちゃん達も可愛かったし♪ また来たいです。
f0208112_22264522.jpg

                                       嵯峨塩鉱泉 嵯峨塩館 宿泊記 おしまい

# by satomi-kazu | 2016-08-21 22:29 | 嵯峨塩鉱泉嵯峨塩館 | Trackback | Comments(10)
2016年 08月 20日

嵯峨塩鉱泉嵯峨塩館 宿泊記②


f0208112_15451549.jpg
2016年夏季オリンピック 盛り上がってますねぇ^^
我が家でも、ずいぶんと楽しませてもらってます。
選手は大変でしょうけれど^^;
あと2日間! 頑張れニッポン♪

♪君だけの~ための~ヒーロー~♪
耳にこびり付いてるし(笑)

f0208112_15453221.jpg


f0208112_15484182.jpg

さて、嵯峨塩鉱泉の宿泊記
ダラダラと間が空いてしまって
思い出そうとしても記憶が曖昧になってしまう・・・
そんなお年頃(笑)
なので、サッサとブログに残しておかねば

嵯峨塩館のお風呂は、男女別の内湯&露天
それと、空いていれば自由に貸し切れるお風呂ひとつ

時間で男女の浴場が入れ替えで
お掃除時間以外は、いつでも入れます。



f0208112_1555383.jpg
チェックイン時の女湯 内湯
なかなかいい雰囲気の浴場でした。
湯船はさほど大きくはないです。


f0208112_15551765.jpg


f0208112_15585073.jpg
内湯から続く露天風呂
緑がまぶしく、下を流れる渓流の音に癒されます。

宿の名称にもあるように、ここは温泉ではなく鉱泉
25℃以下の湧水のことをそう呼ぶそうです。
当然加温ですが、温度もちょうど良くて快適。

季節柄、虫さん達もチラホラ見かけましたが
許容範囲でした^^;


f0208112_15591775.jpg


f0208112_1663325.jpg
こちらが男湯 内湯
同じような造りですが、こっちのが少し大きい。
男女入れ替えで入れますので問題なし♪


f0208112_168341.jpg


f0208112_16124418.jpg
露天 私的には露天風呂が気に入って
内湯よりも長く浸かっていました。
この日の宿泊客で女性は、私ともうひと方しか
いなかったので、いつも貸し切り状態^^
のんびりまったり、満喫しました。

お天気も良くて、翌朝も日射しの中、入浴
少し油断したのか、帰宅後は軽く湯あたり状態に(苦笑)


f0208112_16125488.jpg


f0208112_16214275.jpg
嵯峨塩鉱泉
泉質は強アルカリということだけど
今回、私はさほどヌルスベ感を感じませんでした。
七沢温泉の方がヌルヌルしてたかな。

kazuさんは、「ツルツルしてたよ~」って
言ってましたけどね^^;
私の皮膚が変なのか?(笑)

まぁ、温泉もそうですが気候や気温によって
温度も色も、さまざまに変化しますからねぇ
気持ち良く入浴できれば、なんでもいいです(^^)v


f0208112_16313678.jpg


f0208112_16271263.jpg
あっ、忘れてました貸し切り風呂、小さく写真載せます。
というのも、ここには入浴してません。
脱衣所の臭いが・・・鼻の利く私にはキツかった。
なんだろう? お掃除の時、気付かないのかな?
窓はあるけど風通しが悪いのかな。
たまたまだったのかしら~??

それと、浴場のシャンプーはリンスインでした(残念)
事前に調べておくべきですねぇ やっぱり(苦笑)



パソコンの調子が悪く、一度フリーズしてしまって消えちゃった(号泣)
気を取り直して書き始めたんだけど、なんかイヤーな感覚なので一旦アップボタン押しちゃいます。
夕食と朝食も一気にいきたかったんですが、怖いので時間置いてからまたあとで!


# by satomi-kazu | 2016-08-20 17:04 | 嵯峨塩鉱泉嵯峨塩館 | Trackback | Comments(6)
2016年 08月 11日

嵯峨塩鉱泉嵯峨塩館 宿泊記①


f0208112_10481356.jpg

連日の猛暑が続いてますね^^;
夏ってホント好きじゃない。
こんな暑さの中、4年後の東京で
オリンピックかぁ・・・
10月位の開催にすればいいのにね。

そんな猛暑続きの8月初旬
夜は、羽毛布団を被って寝るほど
気温が下がった場所に行ってきました!

夏空の多摩川を越えて、向かった先は
山梨県甲州市



高速を降りてからしばらく走ると、車窓から見える景色は、深い緑。  ここから標高約1300mの場所にある宿まで30分弱

f0208112_10534372.jpgf0208112_10535244.jpg


                 体感温度がまるで違いました。 39℃とか報道される山梨県の勝沼まで、ほんの20分程なのに・・ 
                 それにも拘わらず標高1300mのこの地は、まるで別世界のようでした。
f0208112_10581039.jpg

                  自宅から約90キロ・・こんな近くに快適な避暑地を発見!^^  嵯峨塩鉱泉嵯峨塩館に到着です。
f0208112_10584370.jpg
f0208112_1142717.jpg
f0208112_1155964.jpg

f0208112_1164535.jpg

宿入口から、建物に向かう途中に
月見台?のような場所が・・・
渓谷にせり出すように立っているのですが
そこの一角に、リス小屋がありました。

宿に泊まった思い出で一番印象深かったのが
「リス!」っていうのも、アレですけど(笑)

ほんとうに、可愛かったんです~^^



f0208112_1112672.jpg

                   あまりの可愛さにチェックインするのも忘れて、写真を撮っていたら、kazuさんが「行くよ~」って^^; 
                   小動物は好きじゃないらしいな・・ヤツは(笑)

f0208112_11124446.jpg
f0208112_11131156.jpg

f0208112_11182566.jpg

宿の下には、日川が流れる渓谷

緑がとっても深いです。

流れる渓流の音も、割と豪快で
夜は、窓を閉めて休みました。

それでも、暑くて寝苦しいなんて事は無く
逆に朝晩は冷えて、寒いくらい・・・

スゴイナぁ~此処!!
夏の期間ずっと居たいわ(笑)



f0208112_11242510.jpg
前置きが長くなりました、ではチェックイン^^ 玄関ロビーやお休み処
部屋数は全部で11室だったかな。 大広間や談話室、パブリックスペースも
広くて、宿全体は大きいなと思いました。
建物は旧館と新館が繋がった造りで、年季はかなり入ってますが
(歴史がある!とも言う^^;)キレイにされてます。 床なんて、黒光り~^^


f0208112_11274123.jpg


f0208112_11333377.jpg
雑誌や漫画本などが置かれた、囲炉裏のある談話室
ちょっとしたお土産が置いてあるスペースも。
そうそう、ちなみに至る所に灰皿があったので(苦笑)
喫煙者には、居心地の良いお宿かも


f0208112_11383472.jpg


f0208112_1144545.jpg
女将さんかな?若女将かなぁ多分
さっぱり、サバサバした感じの(良い意味で^^;)
女性が部屋まで案内してくれました。
結構長い廊下や、男女別のお風呂場前を
通り過ぎ、新館の方へ。 私達の部屋、今回は1階


f0208112_1148272.jpg


f0208112_11504963.jpg
部屋入口踏込  すぐ左にお手洗い、キレイに掃除されてます。
で、入ってすぐ感じたのが匂い。私、ものすごく鼻が利くもので(苦笑)
嫌な匂いじゃないんだけど・・・なんだろう? あの独特の部屋臭
kazuさんは気にならなかったみたい。
私が少し、神経質過ぎたかも? 鈍感な鼻がほしい^^;
煙草臭い匂いとは違うんですよねぇ・・・なんていうんだろう・・
ちょっと表現しにくいんだけど、甘ったるいような?
酒粕のような?? (個人の感想なのであしからず)


f0208112_1151281.jpg


f0208112_1254726.jpg
部屋は8畳和室  広縁が無い代わりに奥にソファと
テーブルの部屋があるので、とても広く感じました。


f0208112_1262045.jpg


                     冷蔵庫(有料飲み物有り、空のスペースも有り) 空気清浄器も有り、ヒーターも完備 
                     冬場は多分コタツじゃないかな?寒そうだから。 ズルズル滑る座椅子はご愛嬌ですかねぇ・・・
                     でも旅館のこの座椅子!もっと改良すれば部屋の居心地が断然違ってくると思うのだけど。

f0208112_1210213.jpg

f0208112_12281977.jpg

部屋の窓を開けると
渓谷を見下ろす感じ。

1階の部屋とはいえ
高台に建っている造りなので
実際は、2階の感覚ですね。

それにしても、渓谷・・川の流れ、音・・深い緑

都会の喧騒や猛暑から、ほんのひと時ですが
離れる事が出来て快適な滞在でした。



f0208112_12404642.jpg
チェックイン後 すぐにお風呂に入ってから
遊歩道を散歩しました。
いや~~ ホント涼しくて快適だ~^^


f0208112_12422778.jpg


                         清々しくて、気持ち良かったです。 
                         散歩の途中、宿のスタッフさんが食用草を採っていてそれが夕食に出ましたよ~

f0208112_12472187.jpg
f0208112_12531391.jpg
f0208112_12555749.jpg
f0208112_131564.jpg
またまたリスちゃん♪
散歩の帰りにまた寄ってみました~
最初は、2、3匹しかいない?って思ったのですが
なんと、10匹以上はいたかも^^
籠の中で運動会してました~ 可愛すぎ^^
赤色がリスのおうち♪


f0208112_13759100.jpg


f0208112_13241357.jpg
食事のようすと、お風呂はまた次回に。

オリンピック~ 盛り上がってます^^

個人的には柔道の試合が熱い!!
女子70キロ級の田知本選手
金メダルをお姉さんに掛けてあげて涙涙・・・
こちらまでもらい泣きです。

不思議ですねぇ
普段馴染みのないスポーツでも(私は野球ばっかり^^;)
日本人が頑張ってるって思うと、燃えます。

これが!!オリンピックなんですね^^
ガンバレ日本(^^)v




# by satomi-kazu | 2016-08-11 13:35 | 嵯峨塩鉱泉嵯峨塩館 | Trackback | Comments(8)
2016年 08月 06日

2016オリンピックイヤーと夏の花

f0208112_1136453.jpg

夏の花・・ムクゲを街のあちこちで見かけます。

1日でしぼんでしまう儚さから 「デリケートな美」という
花言葉もあるようです。

向日葵と同じように、夏の強い日差しに向ってスックと
上品に咲き、優しげに立つ姿は儚げだけど、美しい。


他には、「尊敬」「信念」・・・漢方薬の原料になることから
薬効からイメージされたと推察される、花言葉も。

夏の花の中では好きなお花。
韓国の「国花」でもあります。



f0208112_11462650.jpg

2016年 盛夏 8月

暑い時期の温泉旅は、控えていましたけど
今月は近場の宿に、2泊予約しました。

先月予定していた宿は、当日キャンセル・・・
行ける時には、やっぱりいきたいよねって
考えが、夫婦で同じで本当に良かった。

どっちかが、しらけムードじゃ楽しくありません。

どちらも山梨県の宿  自宅から近いのが良いです^^



f0208112_1211121.jpg
あっ!今年の夏はオリンピックイヤーでした。

さっきまで開会式の映像をテレビ観戦

なかなか盛り上がりますね^^
気分が揚げ揚げな感じになってます♪
スポーツを観戦するのは楽しい。

季節の中で一番嫌いな夏だけど
ぶら下げた楽しみを励みに
乗り切っていきたいです!

職場でも、常々耳にする言葉
「水分とって、熱中症注意ね!」

あっつい夏・・・皆さまもどうぞご自愛ください。



                                     すこーしばかり標高の高い場所に・・行ってきます^^
f0208112_12204650.jpg

                                   帰ったら宿泊記書こうと思います。 それでは・・・Adeus! アデウス^^

# by satomi-kazu | 2016-08-06 12:28 | 日常 | Trackback | Comments(8)
2016年 07月 27日

ご近所ランチと叔母バカ


f0208112_22344098.jpg

明日あたり・・梅雨明けですかね。
もう、7月も終わります。
何かと・・精神的にも肉体的にも
個人的にキツイ7月でした。

kazuさんとお休みが一緒になる日は
ご近所のお店に、お昼ご飯を食べに行くことが多く
自宅から徒歩数分の、釜飯のお店も美味しいので
よく来ます。



f0208112_2242386.jpg

kazuさん、今年最初の 「うなぎ♪」
今年って・・・いや、去年は確か食べてないな(笑)

土用の丑の日は、ものすごい混むだろうから
少し間を空けてから、「うな重」食べに行きたいな^^

小鉢や、野菜スープが付いて@1500
お得だと思います^^
ふっくらと美味しいうなぎだったようです。
kazuさん、キレイに完食



f0208112_22482738.jpg

釜飯やさんだけど、メニューは色々あって
この日の、ランチには 「トビウオの塩焼き定食」
@1000ってのがあって、私はそれを注文。
何処か遠くの県産で、今朝届いたものだとか。
お店の親方がお勧めの一品というだけあって
とにかく美味しかった~

トビウオ一匹・・もしかしたら初めて食べたかも?
白身がふっくら肉厚で、ホント感動もんの旨さだった^^
@1000は安い~



f0208112_22575895.jpg
若い頃は、お刺身や焼き魚は好んで食べなかったけど
今は肉よりも美味しいなぁって思う事が増えた。
年齢を重ねるごとに、食の好みも変わってくるものかな・・



ところで・・・
私には子供はいませんが、成人してる姪っ子が2人。
一度も一緒に暮らしたことが無いし
私が実家に帰省しても会話することは殆どなく
顔すら見ずに帰ってきてしまうこともあって・・・
そう、ハッキリ言って「〇〇ちゃーん!」「オバちゃ~ん!」
って呼び合うような叔母と姪の関係じゃないと思う。
希薄ですね・・・寂しいなって思う事もあるけど
正直そんな関係・・まぁ仕方ない



f0208112_2335845.jpg
そんな姪っ子が結婚するという話を実家の母親から聞いた。

たまたま実家に帰省している時に顔を合わせる機会があって・・・
姪っ子のお相手に会う事が出来た。

ここからが叔母バカの本領発揮(笑)
あたしの姪っ子が・・・なんでこんなイケメンをゲット???
20代中頃の若者を前に、年甲斐もなくドキドキしている
50代の叔母がひとり(笑)

いやー姪っ子よ! 叔母さんは本当に驚いたわ
容姿だけじゃなく、挨拶や会話の内容・・物腰・・
素敵な男性じゃない! 末永くお幸せにね^^

親バカの気持ちがほんの少し解った、叔母バカの私でした。


# by satomi-kazu | 2016-07-27 23:55 | 日常 | Trackback | Comments(12)