ずっとそばに

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ

タグ:旅先ごはん ( 49 ) タグの人気記事


2010年 12月 15日

乗鞍LOVE&清里

今年の温泉大賞なるものを決めるならば、私の中では乗鞍高原が一番インパクトが大きいかな・・旦那はどうか解らないけどね^^
f0208112_23263257.jpg

帰ってきたばっかりなのに、もうあの真っ白いお湯に浸かりたくてウズウズ・・・
f0208112_23293431.jpg

乗鞍の帰りに寄った清里高原・・・私は26年振りか・・・旦那もそれに近かったらしい。 お互いに全く別の思い出が詰まっているここ清里。
私達夫婦の間じゃある意味 「禁句」に近い場所なんだけども・・・「清泉寮のソフトクリームでも食べて行く?」 禁断の扉を旦那が開けた! 
なーんてまぁそんな大ごとでもないけど^^  この位置から見る八ヶ岳・・・ホント綺麗だなぁ 清泉寮も絵になってるし
f0208112_23312345.jpg

f0208112_23393534.jpg

f0208112_23402115.jpgf0208112_23403651.jpg
練乳臭いソフトクリーム 

当時はマジで並ばないと買えない代物だった、清里名物ソフトクリーム・・・自分の舌が肥えたのか? 味が落ちたのか?・・・あの頃のカンドーは遠い彼方へ。

今ではミニストップのソフトクリームのが美味しいし(爆)
f0208112_2344794.jpg

禁断ついでに、清里萌木の村も散策、そしてお昼ご飯はロック!!ビーフカレーが名物のお店。すっかり寂れてしまった清里で唯一当時のまま元気いっぱい商い中。
f0208112_2353296.jpg

1997年にリニューアルしたようで、店内の雰囲気は私がせっせと通った1985年当時とは様変わりしていた。

f0208112_23581899.jpgf0208112_23584461.jpg

高原野菜のサラダ! ものすっごく野菜が新鮮!パリッパリ!!うまぁい♪
f0208112_014425.jpg

f0208112_03456.jpg

変わらぬ味のビーフカレー・・・と、書きたいとこだが・・なんかね、やっぱりイマイチ?昔のが美味しく感じた。26年も経って私の味覚が変わっちゃったんだろか?
f0208112_032518.jpg

f0208112_073717.jpg

遠くに真新しいペンションらしき建物もあった・・・まだ沢山の宿泊施設がある萌木の村周辺。一世を風靡したあの当時、ホントに女子がうじゃうじゃ歩いてた。
まるで原宿の竹下通りみたいに・・・今は・・・・
f0208112_095910.jpg

懐かしい宿の名前を見つけ、思わず胸がジーンときた。若かった、ねぇちゃんはあの頃本気で清里のペンションで働きたい!ってそう思ってたんだよなぁ
f0208112_0133897.jpg

多分・・・これから先、夫婦二人で来ることは無いだろうって旦那と話しながらの清里だった。 お互い全く別の思い出が詰まったこの場所に・・・
2010年の冬に再び訪れることが出来た、それだけで充分。

by satomi-kazu | 2010-12-15 00:28 | 旅全般  立寄り湯など | Trackback
2010年 12月 07日

今年最後の温泉宿

晴れ男の威力発揮といきたいところだったが、生憎の空模様。 時折、雨脚が強くなってワイパーが効かないくらいの大雨に。
初の乗鞍高原 (旦那は子供の頃に家族で来ていたらしい) ネットで調べておいたお蕎麦屋さんでお昼。
松本IC降りて1分!ホントに1分だった!(驚)近っ

f0208112_10585934.jpgf0208112_10591812.jpg

店内は結構広くて、奥には団体用の大広間もあった。松本市内に何件か支店のあるお蕎麦屋さん。  黄金軍鶏せいろ!!を私は注文♪

f0208112_113353.jpgf0208112_118545.jpg

車なのでお酒はNG・・でもお蕎麦屋さんに行くと、こういう摘まみが絶対に食べたくなるあたし達。 信州名物 馬刺しと、珍しい蕎麦刺しを注文。 
馬刺しは肉厚で程よく脂も美味♪ 蕎麦刺しは・・・ん~ 素直にそばがきの方が美味しいと思うんだけど・・・

f0208112_1192985.jpgf0208112_1194029.jpg



by satomi-kazu | 2010-12-07 11:19 | そとご飯 | Trackback
2010年 11月 19日

河口湖の紅葉と芦ノ湖ランチ

笑顔はPRICELESS・・・どこかで見たコマーシャルの文句を思い出しちゃった箱根 仙石原の宿だった。 
11月紅葉真っ盛りの河口湖周辺をドライブ、元箱根で「良いねぇ~このお店!」と夫婦で大満足したお店でランチ・・そして今夜の宿、箱根 仙石原へ

晴れ男の威力は健在・・・中央道からの富士山もクッキリ
f0208112_2318417.jpg

河口湖周辺にある もみじ回廊へ・・・見頃も見頃
f0208112_23205487.jpg

わぁ~わぁ~と歓声上げながら、小散歩
f0208112_2321195.jpg

f0208112_23324772.jpgf0208112_23364085.jpg


f0208112_23415837.jpg
f0208112_23421352.jpg

回廊の中は、色鮮やかな紅葉におおわれていた ライトアップもされるようだ。
f0208112_2350382.jpg

f0208112_152062.jpg

f0208112_2350499.jpg

f0208112_23535875.jpgf0208112_23542738.jpg

まだ黄緑色の葉っぱも・・・今年は素晴らしい紅葉を二度も見ることが出来たので大満足!
f0208112_23573133.jpg

f0208112_045922.jpg
元箱根 芦ノ湖

イタリアンレストラン

「ラ・テラッツァ」


ガラス張りテラス席もある、おちゃれなレストラン


f0208112_095017.jpg
眼下に芦ノ湖が望めます

ネットのクチコミも上々の人気のお店。


名前を書いてから30分ほど待ちました。


f0208112_0121976.jpg
観光地の繁盛店にありがちな、たかぴしゃな接客ではなく

スタッフ一人一人がとても親切丁寧でした。

ひっきりなしにお客さんが来て、見るからに

大忙しなんだけど、スムーズでスマートな接客応対。

既に好~印象~~♪

い~んじゃないの?^^

料理も期待満々です!


f0208112_0155744.jpg
通されたのは2階席

芦ノ湖を見ながら食事が出来ました。

ミネラルウォーターの瓶も・・・おされ~

温泉に行く時のお昼ご飯はお蕎麦が多いんだけど
今回は、イタリアン♪

美味しかったので、写真で残しておきます。

ノンアルコールビールにグラスの白ワイン・・・運転手は旦那なのだった^^;ゴメン
f0208112_0212735.jpg

バーニャカウダ アンチョビにニンニク風味のオリーブオイルで食べる!
f0208112_0221246.jpg

普通の野菜なんだけど・・・なんでこんなに美味しいんだろ?益々野菜フェチになりそう♪
f0208112_0222961.jpg

f0208112_0275237.jpg

前菜7種盛り この量で驚きの1450円! 他にも5種盛りや10種盛りなど色々・・・ワインがすすむ君。
f0208112_02883.jpg

続いてはピザの定番 マルゲリータ 極薄のピザ生地が激ウマ。
f0208112_0323632.jpg

結構なサイズだったけど二人でペロリ^^
f0208112_0325246.jpg

もち豚のトマトソースパスタ  これは普通(爆) うん、この店はピザだな!・・と野菜^^
f0208112_0331593.jpg

大大満足のランチの後は、仙石原まで車を走らせ今宵の宿へ・・・お迎え菓子のお饅頭はなかなか美味だったんだけどねぇ・・・・
f0208112_046102.jpg

                                              また後で



by satomi-kazu | 2010-11-19 00:53 | 旅全般  立寄り湯など | Trackback
2010年 10月 09日

さらの前に 城ヶ崎

伊豆ターンパイクを走り亀石峠を越えた場所に、今日のランチに決めていた茶屋の看板が見えてきます、初めてのお店なのでネットのクチコミ頼り・・・
さてお味はいかに

f0208112_132187.jpgf0208112_13214474.jpg

古民家を再生した造りで建物はとても重厚、藁ぶき屋根もいい感じでした、ビルに囲まれた都内での生活に慣れると、わぁ~わぁ~言っちゃいます^^;

f0208112_13242921.jpgf0208112_13265810.jpg

お店の中も何畳あるんだろ?ってくらい広い座敷で、大きく取られた引き戸の窓からは田舎の景観を臨めます。

f0208112_14143539.jpgf0208112_14145487.jpg


f0208112_13295491.jpg
峠の茶屋名物の味噌おでん、2本で350円くらいだったか?

ぷるんぷるんのコンニャクに甘辛たれの味噌が
絶妙の一品でした、これ絶対にお勧め~♪

f0208112_13282687.jpg

さて、メインのお昼ご飯は 自然薯のとろろ飯  私は「とろろ丼」を注文  思ったよりサラサラ系で出汁が多かったような・・・もっとネットリ、箸ですくっても落ちてこないような
濃厚なとろろを想像していたので意外でした。 まぁでも味は良かったです、1050円なら納得の値段かな。

f0208112_13391738.jpgf0208112_13393427.jpg

旦那注文の「そば飯セット」冷たいお蕎麦と麦飯 そしてメインの自然薯とろろ  なんと麦飯はお櫃で出されました。   
伊豆に向かう時のお昼ご飯としては、満足納得のお店でした。 また来るかな・・

f0208112_1341257.jpgf0208112_13413626.jpg


宿のチェックインは午後3時 まだ少し早かったし、お昼が遅かったので満腹のお腹を少しでも熟す為に城ヶ崎海岸に向かった。
f0208112_13433630.jpg

♪私を~泣かすぅ~~じょぉ~~がぁさぁきぃ~~♪ 鼻歌交じりで演歌チックな私に、「誰の歌?」と旦那・・・演歌知らないよね・・ムムム
f0208112_13452310.jpg

吊り橋けっこー揺れた・・高いところ嫌いな旦那は、手すり放さず。私は全く問題なし~ いい景色だな~♪
f0208112_1345489.jpg

ピクニカルコースだと2キロ程の距離を海岸沿いに景色を眺めながら散歩出来る。 なかなか素敵な景観だと思います。
お天気も良かったし、秋の風と潮の匂いがとても心地よかった。
f0208112_13462957.jpg
f0208112_13474751.jpg

f0208112_13483646.jpg
平日でしたが、お天気も良く沢山の観光客で溢れていた、カップル夫婦で写真を取り合い 
一緒の写真を撮って欲しいと頼まれたり・・ウチも久しぶりにツーショットで写真に納まりました

さて・・・まだお腹いっぱいだけど、向かいますか!今夜の宿へ
ここ城ヶ崎海岸から宿までは、車でほんの数分

f0208112_13485025.jpg



by satomi-kazu | 2010-10-09 14:47 | 旅全般  立寄り湯など | Trackback
2010年 06月 23日

鬼門の・・・

伊豆スカイライン・・・そして伊豆ターンパイク(← これって私道だって知ってました?) 無知な私は知りませんでした!

3月末 季節外れの豪雪です、伊豆高原からの帰り道 スカイラインはご覧の通りの吹雪状態 次々と通行止め
助手席から 「怖いぃーーー!!」 連発の帰り道・・・・
f0208112_11463469.jpg

6月某日 今度は濃霧攻撃です  一枚目・・・まだこれくらいだったら、怖いけど20㌔くらいで走ってくれれば・・・・なんとか視界確保
f0208112_1150977.jpg

でも、数キロ走ると、視界はこの状態・・・・もーーダメです!「怖いーー降りてよーー!!」 素直に下道走ってくれません?(← 旦那)
f0208112_11524277.jpg



熱海で降り、海岸線を走る頃には太陽がキラキラと・・・晴れ男の威力を存分に発揮してくれました  伊東市内でお昼ご飯 五味屋!!
f0208112_120876.jpg

珍しくネットで検索しなかったお店だけど・・・駐車場近くの地元の方に聞いたら 「いつも並んでるよ!」と・・・うわぁ~期待満々003.gif

f0208112_122060.jpgf0208112_1221599.jpg


私が注文した 「ねごめし丼」 1300円  あっ濃霧で怖い思いしたので生ビールは私(ギャハハ~)旨かった!昼間の生ビール~
f0208112_1254375.jpg

ねごめしアップ! 赤身と白身魚をたたいてご飯の上にたっぷりと乗っかってます! 味噌と生姜すりおろしがいい味だします・・・この後に(ふふふ)
f0208112_1214052.jpg

これっ! そうなんです、ポットに入った出し汁をたっぷりかけて食べる丼だったんです! サラサラッ~~と一気食い037.gif 旨かったぁ
f0208112_12164155.jpg

こちらは、旦那注文の 「五味屋おまかせ丼」 2100円 何種類の魚切り身が乗っかってるんだ?10種類以上はある!超~豪華!!
f0208112_1220521.jpg

おまかせ丼アッーーープ!! 新鮮そのもの!! 見えなかったけどアワビの切り身も入ってました(^^)v 二人して満面の笑みでごちそうさま~
f0208112_12241142.jpg

f0208112_12253876.jpg
カウンターで食べたけれど、テーブル席は満席 

店頭の椅子に座って待ってるお客さんや
次々と「駐車場どこですか?」と・・・暖簾くぐるお客さんが後を絶ちませんでした 

ここ凄い人気店のようです
店内には有名人の写真や色紙がズラーリ005.gif

だけど有名店にありがちな高ぴしゃな態度じゃ
ないんですよ!

調理していたご主人もアルバイトらしき数人の女性スタッフも・・・みぃ~んな本当にニコヤカでさわやかな接客態度! 
美味しいご飯がもっともっと美味しく感じられました006.gif


伊豆高原に着く頃には 既に夏日!暑い日ざしがギラギラと・・・リベンジの大室山037.gif
f0208112_12385752.jpg

緑・・・目に眩しく  雑踏のビル群 慌ただしく行き交う人混みの中で生活していると、こういう景色は感動・・・
f0208112_12391586.jpg

山頂から見下ろす伊豆高原  遠くに大島  国の天然記念物に認可されるそうです、此処 大室山
f0208112_12393345.jpg

f0208112_12461071.jpg
  

    伊豆高原の別荘地内に その宿は佇んでいます 


    プチレストランや、普通の民家 別荘と思われる
    小洒落た造りの建物に隠れて・・・


    

    宿の案内板が無ければ見過ごしてしまうような、そんな場所に


f0208112_12532397.jpg

大好きな趣の宿エントランス  マダムの愛犬マロン君が 歓迎の?ワンワン♪ 遠くから聞こえてきました
f0208112_12534591.jpg

午前中には雨も降ったのでしょうか・・・雫に濡れた緑が清々しい一階テラス・・・
f0208112_12542290.jpg


by satomi-kazu | 2010-06-23 13:03 | 伊豆高原 さらの木 | Trackback | Comments(20)
2010年 05月 22日

新潟県 大湯温泉 友家ホテル①


緑・・・黄緑 深緑・・・とにかく新緑が目に眩しかった、5月中旬お天気もピーカン♪ 
行きの運転をしてくれた旦那をよそ目に 「わぁーーすごい緑!みどりっ!みどりぃ~~ キレイ~~」
と思わず声上げちゃう程の車窓からの景色でした
f0208112_135577.jpg

関越道 水上IC付近  さて今回の新潟大湯温泉 途中 水上で降りて向かったのは、5月の山菜時期になったらまた必ず来よう!
と心に誓ったあの場所037.gif

今年2月の雪景色・・・そして今回の新緑 どちらも旅情掻き立てる素晴らしい景観でした、この川を越えてすぐの場所にお目当てのお店が・・・

f0208112_13162290.jpgf0208112_13165839.jpg

水上にあるペンション山路です、もちろん泊まりもオッケー! ランチ時には、ほうとうや釜飯を食べることが出来ます

f0208112_132047.jpgf0208112_1320185.jpg


f0208112_1324304.jpg
山菜ほうとう 1050円

これでもかっ!ってくらい山菜が
てんこ盛りです^^ 

某旅番組で女優さんが 
「年々 山菜とか・・漬物とかそういうものが大好きになっていくのよね~これって歳取った証拠かしら^^」って 

あー言えてる!言えてる!そう思った、だって20代の頃なんて山菜とか興味無かった気がするもん023.gif あたし



f0208112_13252235.jpg
山菜釜飯 1050円

ご飯見えない状態の山菜^^

動物性たんぱく質が何も入っていない
のに、それはそれは良い味出てます

ホント・・・近所にあったら毎日でも食べたいくらい001.gif


f0208112_13271618.jpgf0208112_13273458.jpg

水上を後にして再び関越道へ・・・目指すは小出IC  さすがに米処新潟県 田んぼがいっぱい^^

f0208112_13383363.jpgf0208112_13385229.jpg


f0208112_13415040.jpg
今回の宿は 大湯温泉地にある 友家ホテル 小出ICを降りてから20分ほど
走ると温泉地が見えてきます、宿は写真のような急な坂道を降りて到着するのですが道幅が狭いのでちょっと緊張しながら徐行運転です

ちなみにお客さんの車は写真のように坂道駐車でした005.gif 
これって真冬は大丈夫なのかなぁ?と不安になりました
だってかなりの急勾配・・・
滑ったりしないんだろうか・・・
ていうか、駐車場ないのかな?^^;

f0208112_1342343.jpg


f0208112_13511861.jpg
宿 玄関です

ご主人が出迎えてくれました

配膳してくれた女性と色々と話せたので後で知りましたが、このご主人はお兄さんで弟さんも一緒に宿を切り盛りしているそうです

そしてお話し出来た女性は、お兄さん
(ご主人)の奥様 

ニコヤカで飾り気の無いステキな女性でしたよ 

つまりは、ここ友家ホテルは
家族経営の宿!という訳です


f0208112_13591414.jpg
     フロント

全部で16室ほどの部屋数だったかな? 大旅館というほどでもないけれど、小規模な宿・・・という印象も無いですね

ひとつひとつの間取りというか造りが大きいので無駄な?(失礼っ)空間が多いなぁっていうのが第一印象でした


f0208112_13594956.jpg
     ロビー

このロビーに限らず湯上り処や、ちょっと休憩しながら休める場所があっちこっちにあるので、館内探検するのは楽しめました^^ 

お風呂に行く度にここのロビーを通りましたが、一度も他のお客さんと会わなかった・・・

ガランとした空間が少し淋しげでした・・・
今回の部屋 407号室に案内されます、フロントが2階で大浴場が1階に・・・私達が泊まった別館4階からは・・・・歩きます!とにかくっ008.gif
運動不足な私はヒーハーヒーハー037.gif エレベーターがありません!ご年配にはこの4階はかなりキツイかと・・・

f0208112_14104868.jpgf0208112_1411854.jpg


f0208112_14192022.jpg
リニューアルされた別館

この宿は外観の古さとリニューアル
された別館客室等のアンバランスさが
クチコミで話題になっていました

正直言って私は外観に関して全く興味無し 

寝泊りする部屋がキレイに越したことはないけど・・・

清潔に掃除されていれば問題無し!
ということは・・・

やっぱり食事ですよねぇ~~ 
期待満々(^^)v


f0208112_142077.jpg
8畳弱の畳部屋と6畳フローリング

座椅子は・・・旅館特有の・・・

座ると座布団ズルズル状態だったけど(爆)

落ち着ける居心地の良いお部屋でした


f0208112_14212460.jpg
クィーンサイズのベット

固めのベットマットで寝心地抜群でした

間接照明や、ちょっとしたインテリアが
効いています

淡い色調で落ち着けました


f0208112_14235285.jpg
多分、どのお部屋も佐梨川に面していると思うんだけど・・

全部で4つあるお風呂も川に面していて、どのお風呂からも川が眺められて清々しい気持ちで湯浴みが出来ました








ベットルームの窓からは・・・


f0208112_14252693.jpg
    この景観

川音も4階なのでさほど
気にならず 

反って耳に心地よい音でした

早朝は 川の脇道を散歩している人も何人か見かけました

フローリングコーナーもお洒落な感じでまとまってます、洗面台もキレイで清潔でした、タイルにも何だか拘り感じるし(^^)v 女子ウケしそう!

f0208112_15121241.jpgf0208112_15122753.jpg

ポット、お茶コーヒー類 冷たいお水も有って嬉しいっ     バスタオルも2枚づつ!浴衣も特大、大、中と揃ってます

f0208112_15125738.jpgf0208112_15131545.jpg


f0208112_15154862.jpg
一休みした後は早速お風呂へ

泊まった日は平日 

「本日 お客様が少ないので全部のお風呂を貸切でお入り下さい、男湯の暖簾が下がっていても気になさらずに鍵を閉めてどうぞ!」 


ラッキー~~♪


f0208112_15164193.jpg
本館側にあるお風呂に向かいます

赤い通路・・・別館の部屋とは違った雰囲気を醸し出しています


この雰囲気もなかなか良かった・・・

昔懐かしい温泉宿に来た・・・
みたいなね


本館部分の湯上り処や、ちょっとしたコーナーには、お洒落チックなインテリアや照明が配されています・・・なんか凄くガンバッてるなぁ・・・
素直にそう感じてしまいました006.gif

f0208112_15181684.jpgf0208112_15183366.jpg


f0208112_15305825.jpgf0208112_1531168.jpg
左 龍神の湯の
ドレッサー 

右は温泉成分表 

源泉温度46℃と表示されてたけど・・・・

いやぁそんな高くないでしょ・・・

38℃くらいにしか思えない・・・

とにかくぬるいぬるい温泉でした


f0208112_15364270.jpg
龍神の湯 

普段は男女入れ替え制ですが

貸し切りで入れたので、滞在中

一番多く浸かりにきたお風呂


f0208112_15382864.jpg
入浴目線

間近に佐梨川が流れて

ゴッーという川音を聞きながら長湯できちゃいます・・・

だって、ホントにぬるいんだもん

これ真冬はどうなんだろ?

雪国だから超寒いだろうし・・・

こんなにぬるかったら寒くて
出れないよなぁ・・・


f0208112_15424291.jpgf0208112_1543226.jpg

龍神の湯のすぐ隣にある通常も貸し切り出来る扇の湯  脱衣所に本が置いてあったり?ちょっと変わってる^^; 
だってお風呂上がってから此処で本読むかなぁ・・・読む人も居るんだろうから置いてあるんだろうけど015.gif

f0208112_15452444.jpgf0208112_15454076.jpg


f0208112_15492651.jpg
お風呂の名称通りの扇型の湯船

無色透明のお湯もすごくキレイです

だけど・・・何度も書きますがお湯はぬるいです015.gif 

熱湯好きの私は最後の最後まで
ここ大湯温泉のぬる湯には馴染めませんでした・・・残念っ


じゃらんのクチコミでも 
「お湯がぬるくて寒かった」
「冬場は覚悟がいります」
「お湯がもっと温度高ければ・・」

そんな内容の書き込みを沢山見かけました・・・


加温調整とかってしないのかなぁ・・・そういう設備は無さそうな感じだったけど・・・いやぁ~ホントお湯がもっと熱かったらなぁ・・・039.gif 

その他のお風呂と食事へ続きます



by satomi-kazu | 2010-05-22 16:00 | 新潟 友家ホテル | Trackback | Comments(36)
2010年 02月 11日

水上 谷川・・・そして苗場2010

知らず知らずの内にクチずさんだり、鼻歌まじりで洗い物したり・・・まだユーミンライブの余韻に浸っている内に今年の苗場ア~~~ップ♪
今回は、美味しいお昼ご飯に、雪見の露天風呂、そして苗場プリンスで食べた夕食のフレンチが思いもかけず美味しくて大大大満足の
一泊二日でした。 もちろん、ユーミンライブは最高~024.gif 来年もよろしくね→旦那さま♪

f0208112_7251569.jpg
ニュースでは、新潟市内の大雪の模様や道路で

身動き取れなくなった車が10時間以上も脱出出来ずに

インタビューに答えてた人が「死ぬかと思った・・・」って。 

え~どうする?車やめて電車で行こうか? 

そんな会話を数日してたけど・・結局、晴れ男の威力を

信じ車を選択。 

結果・・・水上は、こんな感じ。


f0208112_7254628.jpg
2、3日前に降った雪で、確かに道路や山肌、家の屋根

には残雪が・・・・でも、一番心配していた関越道の

通行止めも無かったし三国峠も何事もなく通過! 

いよっ晴れ男037.gif

マジで晴天率・・・99.999%くらいなんだよなぁ005.gif


f0208112_72615100.jpg
今回のお昼ご飯は、温泉ブログで以前から覗かせて

貰っていた蕨屋さんお勧めの

「山路」に行ってみることに・・・

水上インターを降りてから20分程走って

小さなスキー場のすぐ前にそのお店はあった。
ペンション経営が主のようだが、昼間はスキー客も見込んでか美味しい釜飯やほうとうが食べれる。
f0208112_727183.jpg

外観も店内も、木のぬくもりが暖かな造り。まさしくペンション!って感じの趣きでいくつもの暖炉が店内に・・・いい雰囲気です。

f0208112_728978.jpgf0208112_7282879.jpg

f0208112_7285686.jpgf0208112_7291884.jpg


f0208112_7295174.jpg
そして、朝ご飯を抜いて・・・待ちに待ったお昼♪
先の蕨屋さんが絶賛していた「ほうとう」を注文

実は私、ほうとうってあんまり得意じゃない・・・
で、頼んだのは旦那の方だったんだけど

ちょっと味見・・・・

うっうっうっまぁ~い005.gif何これ?
ほうとうって味噌味じゃないの?え?
何この醤油ベースの濃厚な出汁・・・

これでもかっ!ってくらいのタップリの
キノコや山菜。

ほうとうの、味噌~味噌~した味がイマイチ
好きじゃない私だけど、このほうとうは・・・・

本当に美味しかった・・・絶対にまた食べたいっ


f0208112_7302573.jpg
  で、こっちが私の頼んだ五目釜飯

  これも・・・・ちょっと思い出しただけで

  またすぐにでも食べたくなっちゃう045.gif

  左下の舞茸のお吸い物も最高~~

  釜飯なので20分強待たされますが・・・

  いやぁ待ったなんてどっかに吹っ飛んで

  しまうくらい、美味しいです!マジ043.gif


f0208112_7305561.jpg
かき混ぜると・・・・

釜飯の方にも山菜たっぷり・・・・

はぁ~~ ホントに美味しかった♪

この場をお借りして

蕨屋さま・・・素敵なお店を

アップしてくださり感謝です。

水上方面に行ったら、ウチは

必ずこの「山路」さんに寄るでしょう。

美味しいお昼ご飯でお腹も心も満たされたので、次の目的、日帰り温泉へ向かいます。  町営の温泉施設  湯テルメ谷川 
f0208112_7312645.jpg


f0208112_732297.jpg
駐車場に何台か車が止まっていたので、先客さんも

何組かいたけれど、比較的空いているお風呂でした。

男女別に内湯と川沿いの露天があります。

内湯の湯船は全部で3つ。 

なかなか充実しています。


f0208112_7323395.jpg
  源泉はかなり熱そうですが、掛け流し。

  サラッとしていて、湯切れの良い、いいお湯でした。

  大人入浴料金 @550

  いやぁこの料金だったら大満足♪

楽しみにしていた雪見の露天へ向かいます。屋根付きの階段を下りていくのですが、割と長い距離で^^;  寒かったぁ~009.gif

f0208112_7332260.jpgf0208112_7335119.jpg

f0208112_7343162.jpgf0208112_7345214.jpg

露天風呂が見えてきました~~ わぁ~い念願の雪見風呂だぁ043.gif
f0208112_7353220.jpg

f0208112_7369100.jpg
最初に入った時は、金髪の外人さんが

先客で一人いたので

写真を撮るのをジッと我慢・・・

のぼせた~


f0208112_7364756.jpg
  雪だるまを作ったりしながら

  外人さんがお風呂から上がるのを

  辛抱強く待つ(爆)

  だって、雪を見ながら

  触りながらのお風呂って

  初めてで、雪をかぶった岩肌の

  風景もすごく綺麗だったから

  絶対に写真に残しておきたくて・・・


f0208112_7371698.jpg
カラスの行水だった私が、旦那さんが

心配するほど長湯をするようになった・・・

休憩所に行くと「20分以上ここで待ったよ、

のぼせて倒れてるんじゃないかと思った」 

って。 


f0208112_7374791.jpg
だぁ~れもいなくなった露天風呂で、人の目を気にする事無く

お風呂に入れる幸せ。 

さっきの外人さん・・・・

片一方しか無い私の胸を物珍しそうに覗いていた・・

わかっちゃうんだもんね・・・視線が突き刺さるから。

でも、なんだか今回は両手で胸を隠そうとはしなかった・・・

無いものは無い015.gifしょうがないもんね~


f0208112_234364.jpg
さて、お腹も満たし暖かい温泉で身体も癒された後は

今回のメインイベント ユーミンのコンサートライブ会場

苗場プリンスへと向かいます。


f0208112_245721.jpg
     バンクーバーオリンピック参加の

     上村愛子さんからもお花が


f0208112_1243212.jpg
ホテル内にある小さなホール(1000人くらい収容)での、ライブ。
写真左後方に、ホールへの入り口があります。
毎年、この場所でみんなが記念撮影037.gif

どうしてだか、解らないんだけどこの前で写真撮るのに
既に行列だったりします003.gif
協賛のダイハツ車が展示してあるからかなぁ?
で、一応私もパチリ♪f0208112_2213078.jpg


f0208112_2152996.jpg
一昨年に引き続きゲレンデビューの今回の部屋。 

ライブが目的なんだから、駐車場側の狭い部屋でいい!

と私は力説してきたが(爆) 

予約を入れてくれたのは、この部屋・・・

サンキュウ→旦那♪


f0208112_2283543.jpgf0208112_2285065.jpg


f0208112_2303416.jpgf0208112_2304849.jpg

いやぁ~今回の苗場 夕食に選んだフレンチも美味しくてビックリ005.gif一泊二日の料金内で夕食のレストランを選べるんだけど、今回初めて
フレンチを選択。 追加料金だったけれど美味しかったので大満足のディナー(おっしゃれ~037.gif)でした。

f0208112_234372.jpgf0208112_2345227.jpg

まずは、食前酒とビールで乾杯♪ ライブは9時半からなので、夕飯もゆっくり食べれます。
f0208112_2423595.jpg

f0208112_2435194.jpg
オードブル


f0208112_2443479.jpg
コーンスープ カプチーノ仕立て


f0208112_2445487.jpg
鱈と白子 白ワインソース


f0208112_2471260.jpg
ハーブサラダ


f0208112_2474488.jpg
牛フィレ肉のグリル マデラソース      


f0208112_2481495.jpg
デザート コーヒー

レストランのスタッフがとても感じが良く 料理の写真を撮っていた私に、「お二人でも是非・・・お撮りいたします」
と言ってくれたので、久々のツーショット  なんだか照れますね016.gif
f0208112_122229.jpg


f0208112_342837.jpg
夕飯を食べて 部屋に戻り 窓からゲレンデに

目をやると、ナイタースキーを楽しむ若者が・・・

あ~昔は私もペンションのお客さんが置いてって

くれたリフト券でバイト仲間とナイター滑りに行ってたなぁ・・・

懐かしい



さあ・・・いよいよライブ開演です


f0208112_39613.jpg
2時間40分のライブが終って部屋に戻った頃

ナイターの灯りはもう消えていた・・・

隠れた名曲&懐かしさに思わず涙ぐんでしまった曲・・・

その昔 OLのバイブルと謳われた松任谷由実さん。

30年以上も不動の人気と歌唱力を維持してきた

その姿にただただ脱帽・・・


f0208112_11591864.jpg
今回は、私の25年来の友人夫婦も一緒の苗場だった・・

高校を卒業して、初めてお勤めした会社の同僚だった彼女。

うわっ数えてみたら・・出会ってから27年だよ!まいまい005.gif
歳取るはずだよね~~ でもお互い気持ちだけは若いよね

初めての苗場ライブを本当に楽しんでくれて、チケットを手配した

私達もホッとしたョ045.gif ライブの余韻に浸りながらワインで酒盛り・・・

Vサイン・・・・今時しないか023.gif


f0208112_3274016.jpg
      翌朝も快晴

      修学旅行で来ていた中学生が朝早くから

      滑っていた。


f0208112_3294625.jpg


来年もまた同じ風景を見に、ここに来れますように・・・


2010年の誕生日も幸せな一日となりました。

また頑張ろ・・・いろいろね


f0208112_3341651.jpg


by satomi-kazu | 2010-02-11 01:49 | 冬の恒例 苗場@ユーミン | Trackback | Comments(29)
2009年 06月 09日

蕎麦好き

温泉に出掛けて行く時には、当日の昼をどこで食べるかということもウチの旦那さんは
結構真剣にPCに向かって口コミの良い店を探すのが恒例。メニューは・・と言えば大体が
「蕎麦屋」 二人とも蕎麦好きだから。

f0208112_2331916.jpg

今年の3月に群馬は老神温泉に向かう途中に寄った蕎麦屋

沼田インターから5分程の場所にある 

「十割そば いけだ」


f0208112_23352013.jpg

お店の奥さんお勧めの 

「厚揚げステーキ」 これ旨かった045.gif

運んできてテーブルに置くと醤油を 
ジュッ!とかけてくれます。
で、食べます。
厚揚げの肉厚感がいい。薬味はネギだけなんだけど、シンプルでグー♪

旦那さんは運転だったのでアルコールはおあずけ・・・ゴメンね~
で、私はクイッとビールを一杯。厚揚げの香ばしさがビールにぴったりぃ~011.gif


f0208112_23502412.jpg
で、肝心の 蕎麦ですが・・・

私はイマイチ・・・残念っ

十割ってやっぱりつなぎが無いからボソボソ感があって、それと蕎麦の太さが平麺っぽくて好みじゃなかった。

付けつゆも、ちょっと濃かったかな~なんか、文句ばっかりだぞ^^;

旦那さん 「こんなもんかな・・・」って普通ってこと?まぁ不味いとは思わなかったから普通か・・・


f0208112_0101756.jpg

大好きな 「吾平」の蕎麦

ん~やっぱり・・つやといい麺の細さといい好みだ♪

by satomi-kazu | 2009-06-09 00:11 | そとご飯 | Trackback | Comments(2)
2009年 05月 17日

旅先での昼食

温泉に出掛けて行くとお昼ご飯を何処で食べようか・・というのも楽しみのひとつ。
今はネットでいくらでも情報が得られるので、口コミの良いお店を探すのが容易になりました。

f0208112_13413346.jpg

熱海にある麦とろのお店 
「麦とろ 童子」
東伊豆へ向かう途中で
立ち寄ったお店です。

名物ご主人が一客づつ
丁寧な?説明をして
くれます。。

「ほっといてちょうだい!」
系の人には、キツイかも
037.gif
接客は全てご主人ひとりでやっているにも拘わらず全部のお客さんのテーブルでオヤジギャグ満載で説明してくれるのです(ある意味凄っ・・・)
f0208112_13484530.jpg

メニューが大きな和紙に墨字で書かれていてなかなか趣がありました。
でも値段は・・・観光客相手の価格ですね~ちょっと高いっ046.gif

f0208112_13491850.jpg


店内の座席です。極端にテーブルが低いです。(驚)
足の悪い方や外国の方には・・・かなりキツそうです。
実際に座って食べた感想もやっぱり前屈みにならないと食べずらいので、テーブルはもっと高い方がいいと思いました。

f0208112_141325.jpg


私が頼んだ 「しらすとろろ丼」 
1890円

釜揚げしらすがたっぷりの丼に自然薯のとろろを掛けてガガッ~とかき込みます

カニ汁が付くのですが これがまた絶妙なお味。カニのだし汁が薄味なんだけど、なんとも言えない美味しさでした。
おかわりしたかった・・・

f0208112_1413182.jpg


旦那さんが頼んだ 「びーとろ丼」
2100円

麦飯の上にローストビーフがのっていてその周りに最初からとろろが流されて出てきます。味見してみましたが しらすとろろに軍配♪ あまり凝り過ぎない方が麦とろご飯は美味しいのかも・・

  私たちが座った窓側の席からは、相模湾のこの景色・・・素晴らしかった。
f0208112_1420194.jpg

外にカメラを向けようとすると店のご主人・・・「待って待って・・あっ今がいいよ!今シャッター押して!」などとこれまた親切丁寧に教えてくれます029.gif何度もしつこいようですが、本当に「ほっといてください!」の人には不向きな名物ご主人のいるお店です・・・045.gif

by satomi-kazu | 2009-05-17 14:36 | そとご飯 | Trackback | Comments(2)