ずっとそばに

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ

タグ:泊まった宿 ( 243 ) タグの人気記事


2017年 12月 06日

さらの木 2017年 12月

                                      
                              こんばんは! 
                          師走に入って、なんだかバタバタ忙しない(せわしない)日々でした。
                          もしかしたら1年で一番キライな月かもしれないです(苦笑)
                          仕事も通常の月の数倍忙しいし、寒いし(笑)街中はキラキラ若者モードだし(笑)

f0208112_2123447.jpg

                          そんな中、いつものお宿に泊まってきました。 
                          いや~・・・今回は行く前からですねぇ・・いろいろありました。
                          ブログで詳しく書けないのだけど、個人的に悶々とモヤモヤと・・・
                          巻沿いにさせてしまったRさん、ホントごめんなさい!

f0208112_2192735.jpg

                          ワタシのブログを見て下さってる方には
                         「いまさら感」のあるお宿だとは思いますが
                          愛情たっぷりの宿主の料理を載せながら
                          今回宿泊の個人的なワタシの想い、少し文字にして残そうと思いました。

f0208112_21183614.jpg

                          刺身のお皿にのっかってる・・「サザエ」これが全ての始まりだった(笑)
                          硬くてねぇ・・・刺身よりもバターの壺焼きが好き♪ 
                          それに気付いた2017年の冬(笑)なんか訳わかんなくてゴメンナサイ(汗)

f0208112_21211389.jpg

                         サザエの肝をバター焼きで出してくれた宿主 美味しいよね、こっちの方が^^
f0208112_2129298.jpg

                        前菜 改めて感じたことは、ここにくると色んな魚をいろんな調理法で食べれるってこと。
                        普段、魚を頻繁に食べることの無いワタシたちも、ここではまさしく魚三昧♪
                        やっぱりねぇ なんてったって伊豆ですから!!

f0208112_23241214.jpg
f0208112_2329669.jpg

                            牡蠣のグラタン ちょこっとした量がちょうどいい♪
f0208112_23281014.jpg

                            イサキのロースト 焼き魚も美味^^
f0208112_23321573.jpg

                           和のお膳 八丁味噌の茄子焼きが美味しい~ 
                           もう一組のお客さんご夫婦のご主人が
                          「今夜はスーパームーンの日なんですけど、お料理もスーパーですね!」って^^ 
                           ホントに~スーパーな料理の数々

f0208112_2335265.jpg

                           まだまだ出ます^^; 新メニューの魚の中華蒸し 
                           香港で食べた料理と同じ~~って言ったら、宿主も以前香港で食べたそう! 
                           ホントにいろいろ工夫した魚料理を出してくれて感激

f0208112_2344755.jpg

                           相当お腹いっぱいになってきたけど
                          「残してくださいね」その言葉に甘えて、少しずつ調節しながら食べた。

f0208112_23481726.jpg

                           最後の肉は、イベリコ豚のロースト 
                           ここ数年、牛肉のステーキが多かったから、豚肉は新鮮^^
                           肉の量は少な目にしてくれたのかな、ちょうど良かった!全部食べれました♪

f0208112_23531213.jpg

                          イベリコ豚って、脂身が甘くて美味しいんですよね。 久しぶりに食べた~
f0208112_2356897.jpg
f0208112_00396.jpg
f0208112_011249.jpg
6時からの夕食
デザートを食べ終え、部屋に戻ったのは
8時半過ぎだった。

来年はお宿の開業から10周年だそう・・・
「早かったです」・・そう宿主は話していた。
途中、休業されたり、ホントにいろいろ大変だったものね。

ウチがこの宿と出会って、丸8年
「satomiさん、もうお料理とか飽きちゃったでしょ?」
照れくさそうな表情で、宿主はそんなことも言っていた。

出される料理に飽きるとか、もうそういう次元じゃないような(苦笑)
もしもそんな風に思ったら8年も通わないよね。

上手く伝えられないけど、料理じゃないんだよ!
そんなことに、今頃気づくなんて!! ワタシのバカバカ



                          朝食も全部手作り・・
                          人参とリンゴのスムージー(ほんと美味しかった)
                          リンゴのジャム 熱々のスープ 

f0208112_0195875.jpg

                         ほかほかのパンも焼き立て 昔から変わらないぷるんぷるんのオムレツ 
                         少しぐらい手を抜いたら?って言いたくなる・・憎らしいくらい全てが手作り 
                         絶対に真似できないその姿に嫉妬さえ覚える・・おんなじ女として(苦笑)
                         しかも、同じ歳だし(笑)

f0208112_0224293.jpg
f0208112_0303593.jpg

朝の庭先で、可愛らしいお花発見!

「うさぎ」っていう名前のスミレなんだそう。
花びらの2枚がピンと長く立っていて
うさぎの耳のようだからそんな名前なんだとか。

料理上手で、物腰が柔らかくて
小鳥がさえずるような可愛い声で話す
ワタシと同じ歳の彼女・・
いろんな意味で・・憧れです。
到底追い付けないけど、これはきっと憧れ。

自己感情の文章で、意味不明なことも
多々あったと思いますが、すみません。
23回目のさらの木は、いろんな想いが
交錯した滞在でした。



       ずっとお元気で、いつまでも伊豆高原のあの場所で出迎えてほしい。 ただそれだけ。 2017年 12月さらの木 おしまい。

by satomi-kazu | 2017-12-06 00:54 | 伊豆高原 さらの木 | Trackback | Comments(15)
2017年 11月 26日

奥日光 森のホテル再訪記

                             
                           紅葉も終わって、すっかり冬枯れの奥日光  
                        金精峠を越えて、いつもの場所から奥日光湯元温泉地をパチリ

f0208112_12135245.jpg

                             この時期は、やっぱり閑散としてますねぇ・・・
                            でもホテルはお客さんでいっぱいだった(苦笑)

f0208112_1214522.jpg

                          遊歩道のすぐ下、温泉宿からの源泉が湯気を上げながら放出・・・
                                硫黄の香りがたまらない^^

f0208112_12152650.jpg
f0208112_12215319.jpg
11月下旬に泊まったお宿は、奥日光 森のホテル

パソコンの中に保存してある写真を見返していたら
今年1月にも、このホテルに泊まってた^^;
再訪というのはもちろん解ってて予約したんだけど
同じ年(2017年)だったとは!

最初に泊まったのが、もう数年前のような気がします。

前回は、厳選いい宿という番組ですごくお得なプランが
出ていたので、思わずポチ♪
お風呂付きの部屋じゃなかったけど、フルボトルワインプレゼントや
貸し切り風呂1回無料(通常2160円)等々が付いたプラン
@16000(税込)でした。 とってもお得だったと思う。

今回は、3室だけある露天付きの部屋 通常@27000(税込)が
期間限定のプランで@24000(税込)



f0208112_12351219.jpg
オンシーズンなどは、きっと@27000のままなんでしょうが
紅葉シーズンが終わって、スキーシーズンに入る間の期間は
集客アップの為にも、安くしてるんだと思う。

とにかく奥日光の濁り湯が好きで(ウチの感想)
何度も何度も好きな時に入れる部屋風呂には
もう大満足なんだけど・・・

夕飯が、しょぼいです(苦笑)
通常料金@27000だったら割高に感じる夕飯内容です。
(あくまでワタシの感想)

前回と(@16000色々プラン付き)夕食の内容は
ほぼ同じ・・あの時は、すごくお得に感じた夕食も
@24000となるとやっぱり話は別。
庶民感覚の感想と言ってしまえばそれで終わりだけど
ちょっと夕飯に関しては辛口です。



f0208112_12471227.jpg
全25室 そのうち露天風呂付き客室は3つ
ウチが泊まったのは「111号室」
ロビーフロント、そして大浴場からも一番離れた部屋でした。
まぁ大浴場には一回きりしか行かなかったので
部屋が遠くてもさほど気になりませんが、正直なところは・・・
もう少し近いのがいいね(苦笑)


f0208112_12472555.jpg


f0208112_12524824.jpg


わりと・・・

長かったです^^; この廊下

あっ!でも長い廊下の側面には
暖房機器が設置されてまして
こういったハード面は
きちんとしてるな!と



                             前回も色々と載せましたが、館内はすごく素敵です。 
                             絨毯の場所も板張りも床暖房完備。

f0208112_12574296.jpg
f0208112_12581478.jpg
f0208112_1365235.jpg
f0208112_12591587.jpg

                                夕暮れ、明かりの灯ったダイニングも雰囲気よく
f0208112_12592871.jpg

                               なんだかご機嫌だったなぁkazuさん^^; 
                            スマホに替えて、お友達に写真送る!とかで妙にはしゃいでた(苦笑)

f0208112_13827.jpg

                               まぁ、相方が幸せそうに嬉しそうにしている姿を見るのは
                                   こちらも嬉しいものですね^^

f0208112_1381897.jpg

                           部屋の踏込 広いです。確かこの床も暖房だったような・・ 
                         セミダブルのベット2台と、琉球畳のスペース その先には、冷蔵庫、お茶道具

f0208112_13261854.jpg

                            オットマン付きの革張り椅子が、とっても快適♪ 
                          緑色の布張りソファも座り心地良くて◎(^^)v
                       床下から温風が出ていてあったかい♪ タオル掛けをここに置いて乾かすとすぐに乾きました^^

f0208112_13263042.jpg

                         こちらが、部屋付きの露天風呂です。部屋の反対側から撮ってみました^^
f0208112_1341541.jpg

                         寒い時期は、デッキの籐椅子で寛ぐのは到底無理ですが(苦笑) 
                         春・・夏、新緑の季節は気持ち良いでしょうねぇ

f0208112_13411847.jpg

f0208112_13481346.jpg



最初は、エメラルドグリーンだったお湯の色が・・・

湯の花もたっぷりです^^ たまらん♪






f0208112_13482960.jpg


                          かき混ぜて空気に触れると白濁するのですよぉ・・・自然ってスゴイ^^
f0208112_13523338.jpg
f0208112_1355338.jpg

70℃以上の源泉が流れ続けているので
そのままでは、やっぱり熱くて入浴出来ませんけど
すこーしずつ水を足しながら(蛇口有り)自分達の
適温にして入ります。

ホントに・・もう、何度入ったんだろう?
ってくらい、浸かりました。
大人ふたりでも平気だけど
手足を伸ばすには、ひとりが最適ですね。

泊まった晩は、星空も堪能・・
降ってくるような星空に思わず声出ちゃった~ 
すごーい!!



                                 シアワセだなぁ~^^
f0208112_1404296.jpg

                           男女別の大浴場は、内湯と露天 入れ替えは無しですが、夜通し入れます。
f0208112_2324674.jpg

                           夕方4時過ぎに行ったら誰もいなかった^^; 内湯も露天も貸し切り状態
f0208112_23242234.jpg

                          露天風呂の方が熱くて気持ち良かった!
                       多分、内湯はお客さんが水をジャバジャバ足したと思われ(苦笑)超ぬるくて^^;

f0208112_2328991.jpg

                           独泉状態だったから、またもやこんな写真撮ってました♪ 
                          30分くらいしたら、4、5人の女性グループが入ってきたので、退散退散^^;

f0208112_23324744.jpg
f0208112_23383486.jpg

最後は、夕食と朝食のバイキングをご紹介。

しょっぱな、夕食はしょぼかった・・と
書いたので、感想は敢えて書きません。

ちなみに、夕食のプランは色々あります。
グレードアップなるものも・・・
当然料金アップですけどね。
ウチは、スタンダード1泊2食プラン


今年は、何気に・・
「温泉は良いんだけどねぇ、ご飯がねぇ・・・」
って宿がけっこう有りました。



                          夕食 写真には載せてませんが他に、ご飯お味噌汁、デザートも出ます。
f0208112_23442635.jpg

                         朝食は、ホテル自慢のバイキング 
                     自分達で好きなものを取ってくるのとは別に、出来立ての出汁巻卵や、茶わん蒸しを出してくれます。

f0208112_2347344.jpg
f0208112_2351118.jpg
奥日光 森のホテル
なんといっても、白濁の硫黄臭たっぷりの源泉を
自分達の部屋風呂で楽しめたことが、一番!
チラホラと粉雪が舞った夜、外の冷えた空気を
顔に感じながら、身体は温泉でポッカポカ・・・
もう最高でした♪

全体的な感想を言えば、お風呂が良かった分・・
食事の(特に夕食)内容に、?マークが付きました。
どう見ても作り置きの冷たい前菜5点盛り、最初から
テンション下がった要因でした。
当日は、ほぼ満室に近い感じだったかなぁ
あれくらいのお客さんの数だと、料理に関して
きめ細かい心配りや、調理方などなど・・・
無理なんですかね・・残念

@24000×2=48000
ん~ん・・・部屋のお風呂の快適さで・・ヨシ!としますか^^;



f0208112_081491.jpgf0208112_082353.jpg


帰路は、宇都宮に寄って
ギョウザです(笑)
宇都宮餃子2大有名店 
「みんみん」と「正嗣」
どっちに並ぶか、迷ったけど
ウチはやっぱり「正嗣」だね^^;



                            水餃子と、焼き餃子 ふたりでペロッと5人前(お会計1050円なり~~)
                                安くて美味しくてサイコー♪

f0208112_0124844.jpg
f0208112_0125797.jpg

                     奥日光湯元温泉 森のホテル宿泊記おしまい。 3度目、あるかなぁ・・どうかなぁ^^; 

by satomi-kazu | 2017-11-26 00:20 | 奥日光 森のホテル | Trackback | Comments(13)
2017年 11月 12日

芦安温泉 ALPENガストホフらんたん 宿泊記②

                             
                            ガストホフらんたん お風呂と食事のご紹介 
                            写真は、館内を出た場所にある露天風呂(貸し切り利用です)

f0208112_20394499.jpg


f0208112_20424527.jpg
玄関にある貸し切り札を持って、庭先のお風呂まで。
この札が玄関に無い時は、他のお客さんが利用中の合図



f0208112_2043256.jpg


f0208112_20461445.jpg
まずは、手前の内風呂
大人3人くらいが浸かれそうな大きさです。
貸し切りに出来るのは嬉しいですね。
源泉温度が36、5℃位なので加温しています。
体感は41℃位だったかな。


f0208112_20462622.jpg


                             内湯の窓を開けると、その先に露天風呂が見えます。 
                           屋根は無いので、雨降りの時はちょっと・・かな^^;

f0208112_20503719.jpg

                         丸い陶器製の湯船は、2人でもゆったりサイズ 
                       当日は十六夜?だったのかな、お月様が光って夜空が明るく、降るような星空では無かったけれど
                         それでも湯船に浸かりながらの星空観賞、充分に堪能出来ました☆ 夜は9時までの利用

f0208112_20561745.jpg

f0208112_2113937.jpg

館内の内湯は2か所
一階のフロント脇に有りました。

真ん中の扉はお手洗い。

当日は、ウチも含めて2組のお客さん
内風呂は、左の一か所のみの解放となっていました。
外の内湯&露天もあるので、問題なく^^

実際に右の内風呂は見ていないので
大きさは解りません。

でも利用したもう一つの内風呂も
充分な広さでしたので、そちらも同じような
感じなのかなぁと勝手に想像してます。



f0208112_2181915.jpg
大人2人でも充分な広さ 湯温はやっぱり41℃弱って感じかな。
ワタシはもう少し熱いのが好きだけど、気持ち良く浸かれました。
ペンションだから、リンスインかな?と思って
持参しましたが大丈夫!ちゃんとシャンプー&コンディショナー有り^^
こちらは夜の11時まで利用できます。


f0208112_2183068.jpg


f0208112_21165748.jpg

お風呂の感想

内湯が館内に2か所
庭先には、内湯と露天風呂
全7室のお宿で、3か所のお風呂があって
しかも貸し切りで利用出来るのは、嬉しい♪
なんといっても、温泉ですしね^^

夜中に入れないのが唯一残念でしたけど
加温されてるので、管理とか大変なんだと思う。

1万円を切る宿泊料金を考えたら
すご~く贅沢だと思いました。

「いやー良いよねぇ~^^これで9720円なんて
スゴイよねぇ~~」ってワタシは湯船に浸かりながら
そればっかり(笑)

ワタシより長湯のkazuさん、至福のちゃっぽーん♪



f0208112_21341441.jpg

最後は夕食と朝食のご紹介

写真は、3人で泊まられてたもう一組の
お客さんのテーブル

80歳代のご夫婦と、もうひとりの女性は
多分?おばあちゃんの姉妹だったような。

すごくほのぼのと、あったかい空気が
流れていた、お客さん達でした。



                            さて~♪ 晩ご飯~ 
                        正直・・・1万円を切る料金なのでさほど期待もしていなかったのが本音(苦笑)
                     オーナーご夫婦ゴメンナサイ^^; 素朴な家庭料理的な雰囲気・・写真でも伝わってるかなぁ
                        品数も多く(後からまだ出るのです)とっても充実していて、味付けも美味しい^^

f0208112_21382823.jpg

                     最初のセッティング、鰹のタタキや、ふろふき大根、人参のタラコ和え、筍煮
                     れんこん胡麻和え・・どれも田舎の母親が作ってくれたような懐かしい味で、美味^^ 
                     ニジマスのホイル焼きは、アツアツ出来立て♪特製の甘辛味噌が旨い! 
                     野菜の煮物や、豚バラの角煮・・・ん~^^ 美味しいっ!

f0208112_23224171.jpg

                     揚げたての天ぷらと、信州蕎麦が運ばれて来たときは、もうビックリ^^(白米&お吸い物も出ます)
                     こんなに出るの??9720円なのに(そればっか^^;) いやーこの冷たいお蕎麦が・・・
                     ものすごく美味しかった♪ 茹で方が最高~ お腹一杯だったけどペロッと食べちゃいました。 
                     デザートはコーヒーゼリー ミルクをかけるとハートの模様が^^

f0208112_2332620.jpg
f0208112_23422895.jpg

料理は主にご主人が担当だそう
(もちろん、奥さんも一緒に仕込みはするのでしょうけど)
関西出身の明るくて楽しい奥さんが、配膳や料理の説明を
してくれます。

冗談や笑い話を交えながら応対してくれるので
食事の時間が、とっても楽しかった^^

ウチと同年代で、奥さんが若い頃に乗鞍高原の
ペンションでアルバイトされてた事が有るとかで
そういう話題でも、すごく盛り上がりました。

ご主人は長年お勤めされてた、食品関係の某企業を
脱サラされて、ペンション経営
海外赴任が長かったことなど、興味深いお話も聞けたり

関西弁の方とのお喋りって、ああいう感じになるのね^^;

ホント、楽しい奥さんだったなぁ~



f0208112_23552914.jpg
朝ごはんは、パンです。
もう一組のおじいちゃん達の方に目をやると
窓の外の朝陽が柔らかくおじいちゃんたちのテーブルを
照らしていて、なんだかほんわかしてしまい、思わずパチリ^^
会話も聞こえてきて、山登りもされてきたようでした。
何にもしない(歩かない)ワタシよりも断然パワフル♪
いつまでも、お元気で旅が出来るといいですねぇ


f0208112_23554384.jpg


                        フルーツたっぷりのプレートや、奥さん手作りのアップルパイが美味しかったぁ^^ 
                        オニオンとキノコのスープも美味♪ いや~ホント^^

f0208112_0618.jpg
f0208112_0104289.jpg

ペンションなどでは定番の朝の牛乳や
オレンジジュースも、お好きなだけどうぞ♪

珈琲が美味しくて、思わずお替りしちゃいました。
ごちそうさまでした^^


ワタシの中では
1万円を切った宿の中で最強!の、満足感
8000円台だと草津のペンションが2軒
11000円~12000円の宿は、奥飛騨だったり
清里のペンションだったり・・・

あっちこっち出掛けてると、どーしても比較しちゃうことも。
@9720円で、こんなに充実してるのに、あの@15000円の宿って
どうよ??(苦笑)とかね。



                             夏は庭先でバーベキューも出来るようです。
f0208112_046502.jpg

                           ステキなペンションでした^^ ペンション好きに益々拍車が・・・(笑)
f0208112_049049.jpg

f0208112_0212862.jpg

                               自宅から近くて、安くて、美味しくて、温泉^^ 
                               また必ず行くと思います♪ 南アルプスの麓 
                               芦安温泉 ガストホフらんたん宿泊記おしまい。  
                               kazuさん、見つけてくれてありがとね♪


by satomi-kazu | 2017-11-12 00:25 | 芦安温泉 ガストホフらんたん | Trackback | Comments(10)
2017年 11月 07日

芦安温泉 ALPENガストホフらんたん 宿泊記①


                                またまた山です^^; 先々週は北アルプス 
                             今回は南アルプスの入口 芦安温泉に行ってきました。 
                                「ALPENガストホフ らんたん」

          
f0208112_19181386.jpg
f0208112_19271014.jpg

ワタシ好みの宿(ペンション)を
せっせと検索するkazuさん

いやー良かったねぇヨカッタよかったぁ、此処^^

平日泊は@9180
土日泊 @9720 (共に税込)

こーんなに激安宿なのに
満足感ハンパなかった(^^)v



                              山肌のモミジも色づき初めという感じ 
f0208112_1936140.jpg

                              中央道 甲府昭和ICから車で35分くらいの所に
                                「芦安温泉郷」が有りました。
                              我が家から、ドアツードアで1時間45分  近い!近いぞ!山梨^^

f0208112_1938574.jpg

                             譲り合い走行の細い山道を走って行きます。 なかなかスリリング(苦笑)
f0208112_19462511.jpg
f0208112_19483739.jpg
ウチと同年代のご夫婦が営んでいるペンション
この地のこの宿が大好きで、先代から譲り受けたそうです。

2015年の4月がリニューアルオープンだったそうなので
新しい宿主になってからは、ホヤホヤのお宿ですね。

全7室 洋室 和洋室も有り
内湯が館内に2か所
庭先に、内湯と露天風呂が各1か所

全てのお風呂が貸し切りで利用できます。
芦安温泉 アルカリ単純泉 源泉温度は36度くらいなので
加温はされていますが、微かな温泉臭が心地いい。

外のお風呂は夜9時まで、館内は夜11時までと
夜中にムクッと起きてお風呂に浸かれないのは残念だけど
もうね・・宿泊料金からしたら、贅沢言っちゃぁいけません!(笑)



f0208112_2041016.jpg

お部屋には、野花の名前が付いていて
写真も添えられていました。

ウチが泊まった部屋は「かたくり」


野花の写真がどれも素敵でした。



f0208112_2075676.jpg
シングルベッド2つの、シンプルな部屋だけど
ベッドの足元のスペースが広く取られていたので
狭さは感じず、快適でした。

トイレ、洗面、シャワーブースも付いてました。
アメニティは、必要最低限、ペンションですからね(苦笑)
持参してくださいませ♪ なんてたって1泊2食@9720~^^


f0208112_20135865.jpg


                         2階の部屋の突き当たりに「トトロの部屋」という名前が付いたラウンジ 
                            ご夫婦でジブリ好きだそうですよ^^; 
                         清里のペンションでも、「赤毛のアン」好きのご夫婦のペンションに泊まったけど
                            何気に小さなお宿は宿主さんの趣向があちらこちらに垣間見れますね。

f0208112_20164750.jpg

                                山の本が沢山ありました。
f0208112_20275845.jpg

                              1階にはダイニング 
                         すごく開放感があって、温かみのある素敵な空間でした。

f0208112_2033426.jpg

                              ダイニングの手前には、暖炉・・・
                         ペンションですねぇ~こういう感じ♪ 堪らなく好きです(笑)
                             ゲームやパズル・・色々置いてありました。

f0208112_20383756.jpg
f0208112_20493861.jpg

                         貸し切りのお風呂と、食事のようすも一気に!と思ったのですけど、小休止(苦笑) 
                         毎回、詳細な温泉宿ブログじゃなくてゴメンナサイ。 
                         最近は写真も超~アバウトで、撮ったり撮らなかったりで
                         でも全体の雰囲気が伝わってくれたらいいかなぁって思ってます。
                                                 では、また♪


by satomi-kazu | 2017-11-07 20:56 | 芦安温泉 ガストホフらんたん | Trackback | Comments(9)
2017年 11月 04日

白馬みずばしょう温泉 シェラリゾート白馬 宿泊記


                              白馬の宿は、前日に急遽予約した「シェラリゾート白馬」 
                               全74室 ウチは滅多に泊まることの無い大型ホテルです。

f0208112_12293595.jpg

                                    ホテル正面
f0208112_1230843.jpg

                               元々泊まる予定だったお宿は、こちら「白馬ひふみ」
                           露天風呂付きの部屋で、楽しみにしていたのですが
                          例の台風の影響で宿側から電話が有り、遠回しに(苦笑)キャンセルのお伺いが・・・
                           結果、当日もさほど台風の影響も無く、翌日にはピッカピカの台風一過^^; 
                          まぁそれでもお客さんの安全第一を考慮しての宿側の配慮だったと思います。
                           またご縁があれば泊まりたいですね、「ひふみ」

f0208112_1237616.jpg

                       シェラリゾート白馬 3万坪の広大な敷地に、西棟東棟に分かれて宿泊棟が建っています。 
                      大きな施設なので、写真もたくさん撮ったのですが、見るのも載せるのも飽きそうなので(笑)
                        ザッーーと載せます。 エントランス

f0208112_1244688.jpg

                                逆光だけど^^; ロビーラウンジ  
f0208112_12442151.jpg
f0208112_19564620.jpg
f0208112_1957169.jpg

                                 ラウンジからの眺め 中庭
f0208112_2081490.jpg

f0208112_12524583.jpg

                          ホテル玄関前に、無料の軽食処があって、カレーやチマキ
                         温かいお味噌汁が設置されていて宿泊者は自由に飲食出来るようになっていました。
                           グリーンカレーをすこーし頂きましたよ^^;
 
f0208112_12561414.jpg

                          こちらは館内のラウンジ内で無料の飲み物を提供してくれています。 
                         なんとワインまで無料でどうぞ!のサービス^^
                       リンゴジュースなど水筒に入れて持っていっちゃうお客さんがいるみたいで
                         「本当に持っていかないで、お願いします!」って書いてありました。 
                        う~ん・・・だったら提供しなきゃいいんじゃない?って個人的には感じました。 
                          持ってっちゃう人は持ってっちゃうよ、注意書きなんて無視してね(笑)
 
f0208112_1303153.jpg

                           珈琲を一杯いただきました! 
                      大きなガラス窓から木々を眺めながらゆったりソファで寛げる場所です。
                   イン3時のアウト10時で、滞在時間が比較的短いホテルなので、一泊だとそんなに寛げたりは出来ないのかなぁ・・
                              連泊だったらね、良いかもね。

f0208112_1371754.jpg

                               とは言え、寛ぐkazuさん(笑)
f0208112_1315475.jpg

                            泊まった部屋は西棟 
                        東棟には、ベランダにお風呂が付いてる部屋もあるようです(温泉じゃない)

f0208112_13293790.jpg

                            部屋の窓から中庭を見渡せます。
f0208112_13301123.jpg

                            ラウンジに有った座り心地の良い椅子が、部屋にも有りました。
f0208112_13335156.jpg

                            ベッドやリネンは、良質の物でした。
                        こういうところは、さすがにリゾートホテルと言う感じ。寝心地も抜群でしたよ^^

f0208112_13382097.jpg

                           大きな中庭にはプールまで有って
                       館内にも卓球台や色々遊べるゲームなど、子供連れでも充分楽しめるような充実した設備でした。

f0208112_13413158.jpg
f0208112_1346493.jpg

大浴場(写真撮影不可)や、貸し切り風呂(予約制)
フレンチの夕食(がっかり^^;)
バイキングスタイルの朝食(それなり^^;)
などなど・・・

写真は色々撮っていますが、今回の宿泊記は
ここまでにしときます(苦笑)
ちょっと面倒臭くなっちゃいました(あはは)
改めて感じたのは、ウチはやっぱり大きなホテルや宿は
イマイチ好みでは無いかも~!ということかな。
連泊でもっと長い時間過ごせるなら、また違った印象を
持ったかもしれないんですけどね。

総じて、お客さんへの様々なサービスは
すごく充実しているホテルだなという印象です。
西棟 ツインルーム 平日泊@17000(税込)

フリーで提供されている飲食など、効率よく利用出来れば
コスパ的に良いんじゃないかなぁって思いました。

2泊3日の信州旅
ダイジェストでも書きましたが
最終日は、真っ青な台風一過の空に恵まれ
北アルプスの絶景を眺めることが出来ました。

いろいろあった旅でしたが、終わりよければ全て良し!



f0208112_1464324.jpg

                           長々と信州旅にお付き合いいただき、ありがとうございました^^ 
                           残り2か月、新規のお宿にも泊まる予定です。 
                           行楽の秋!! 皆さまもどうぞ有意義な秋となりますように♪


by satomi-kazu | 2017-11-04 14:12 | シェラリゾート白馬 | Trackback | Comments(8)
2017年 10月 28日

美ヶ原温泉 御宿 石川 2017秋


f0208112_10531020.jpg
kazuさんから
「泊まった宿は、残しといて~忘れないように」
と、要請があったので(苦笑)

ダイジェストで終わりにしようかと目論んでたんだけど
一応 サラッと泊まった宿のアップです。

信州1泊目
「美ヶ原温泉 御宿 石川」

今年の春に予約していたのですが
女将さんが怪我をされて、しばらくお休みされてました。
ということで再び、松茸の時期に泊まることが出来ました。

前述の通り、台風直撃の日程だったので
料理以外の写真は、過去に撮影したものです。



f0208112_1259753.jpg
内湯

石川さんには、2つの内湯があって
どちらも部屋毎に貸し切りで入れます。
この日は、ウチだけの宿泊だったので
どっちのお風呂も入りたい放題だったけど
庭が見えるこちらの内湯だけ利用しました。

サラサラとくせの無い、優しいお湯です。
冬季は加温するそうですけど基本、源泉掛け流しシャワーも温泉^^

で、何度か行ってるけど、脱衣所にあったマッサージ器を
今回初めて利用したら・・・あらびっくり^^;
すごい強力でビンビンくるマッサージ器でした!


f0208112_1112239.jpg


                   今まで泊まってきたお宿の食事・・その中でも個人的にBest3に入る大好きな夕飯です^^
                     (あくまで好みの問題なので、あしからず)
 
f0208112_22483040.jpg

                   小皿の右 乗っかってるのは見た目、大根おろし!って思いますよね^^; でも~違うんです。
                   蕪(カブ)を裏ごし味付けしたもの。旨かった~ kazuさん、旨いってあっという間に食べちゃった(笑)

f0208112_12341489.jpg

                    馬刺しは別注。 今年は真っ赤な赤身ももの部位 まるでレバ刺しのような見た目と食感! 旨かった~
f0208112_11294149.jpg

                     石川さんでは、お気に入りの五一の白で! さっぱり飲みやすく、料理に合うと思います。
f0208112_11341343.jpg

                                松茸の奉書焼き
f0208112_11376100.jpg

                    「今年の松茸は不作みたいで・・・」と、女将さんが話してましたねぇ 
                    そんな中でも大きな松茸!! ご馳走様でした^^ 旨かった~

f0208112_11372161.jpg

                    松茸の茶わん蒸し・・・これが食べたくて石川さんへ・・と言ってもワタシ的には過言じゃない。
                    旨かった~~~ とにかく出汁の塩梅が絶妙で、もちろん松茸の香りもスゴイんだけど
                    ホント高級日本料理店で出されても、不思議じゃない位の茶わん蒸しだと思います(^^)v

f0208112_1142212.jpg
f0208112_1151798.jpg

                   石川さん定番の茄子の味噌田楽 チェックインの時に「茄子、違った調理法にしてみますか?」
                   と女将さんが聞いてくれたのですが、心は田楽!(笑)でしたので「そのままで~」と!
                   自分でも真似して作ってみたんだけど、こんなに美味しく出来ませんでした^^;旨かった~~

f0208112_11523589.jpg

                   鰆(さわら)のホイル蒸し焼き 春の魚って書くから春の物だと思ってましたけど^^; 
                   ここにも松茸乗っかってます♪ 旨かった~~(←こればっかり^^;すみません)

f0208112_11572129.jpg

                   松茸土瓶蒸し・・・この出汁もまさしく高級料亭の味!でしょ^^ 旨い~シアワセ~
f0208112_1214689.jpg
f0208112_122364.jpg

                   信州牛のステーキ 梨のソース添え 季節が変わるとソースも違う物なんですが
                   この梨ソースが好き♪ 肉もとっても柔らかくて、食べやすいように小さくカットされてます。旨い~^^

f0208112_1261339.jpg

                   そして最後は圧巻の松茸ご飯^^ 松茸づくし・・・大満足でした。
                   松茸、仕入れ値が高そうだけど、女将さん頑張って提供してくれたみたいで、ありがとうございました。

f0208112_1295047.jpg

                   ご飯と一緒に出された、お漬物。茄子だったのかなぁ いや~これがまたちょっぴり甘い味付けで美味しったらありゃしない^^
                   kazuさんの分まで横取りしました^^ きっと大女将が漬けた物だと思うんだけど
                   石川さんの料理って、こういうちょっとした物までみんな美味しいからホント大好きなんです。

f0208112_1214311.jpg

                  デザートは、シャインマスカットや巨峰 
                  もうかなり満腹状態だったので、こてこてのデザート出されるより、こういうのが良いですね♪

f0208112_12204140.jpg

                  最後は朝ごはん これも定番の大女将の卵焼きなど、変わらぬ味付けが(甘いの^^)個人的に大好き。
                  お豆腐も温かくして出してくれました。滑らかですごく美味しいお豆腐です^^

f0208112_12244254.jpg

                 最後に二人ともカフェオレをお願いして、終了(珈琲とかヨーグルトとか、何にしますか?と聞いてくれます)
f0208112_1230345.jpg
f0208112_12404958.jpg

当日は入らなかった、もうひとつの内湯

タイルがとっても綺麗で、美しい。
壁の細か~いグラデーションもタイルですょ^^
お掃除大変そう(苦笑)


料理は女将さんや大女将の手作り
家庭料理のようでも有り・・・でもあの味は
自分では無理だなぁっていつも思います。

素朴で滋味あふれ、派手さは無いけど
しっかりと美味しい^^

伊豆高原の宿や、草津シーダーそして石川さんなど
個人経営家族経営のお気に入りのお宿さんには
いつまでも末永く宿を継承していって欲しいなって・・・
毎回そう思います。

信州1泊目 御宿 石川 宿泊記 
おしまい^^


by satomi-kazu | 2017-10-28 12:54 | 美ヶ原温泉 御宿 石川 | Trackback | Comments(17)
2017年 10月 25日

台風と共に信州2泊3日 ダイジェスト


                        10月の台風21号は、なんだか色々なことに影響が大きかったですよねぇ 
                        選挙投票日に直撃だったり、野球のCSもね(そこ?・笑) 
                        ウチもだいぶ前から予約、予定していた日程に、台風がドンピシャと(苦笑)
                        まずはダイジェストで残します。

f0208112_12125642.jpg

                        旅行当日、国立周辺はどしゃ降り・・・先が思いやられるけど、明日には台風も通過しそう。
                        宿泊先のある信州方面も、明日、明後日には大丈夫そう!ってことで強行出発。

f0208112_12131473.jpg

                        最初のお昼は、双葉SA内のお店 「辛夷」 
                        ここ、従業員の方達の接客が良いです。サービスエリアとは全く別会社なんだと思う。 
                        kazuさんは、ハロウィンだし(笑)かぼちゃのほうとう。ワタシは松花堂弁当

f0208112_12243185.jpg

                        一泊目は、美ヶ原温泉の「御宿 石川」4回目かな?再訪です。 
                        食事が美味しくてワタシは大のお気に入り。

f0208112_12285054.jpg

                        この時期は、松茸をたくさん使った料理を出してくれます。
                        他の料理も素朴なんだけど、しっかりと出汁が効いて、どれもこれもホントに美味しい♪

f0208112_12344639.jpg

                       翌朝、松本市内は、雨も上がって青空も! 車を走らせ、白馬方面に。 
                       途中安曇野の大王わさび農園へ。昨日は大雨だったけど今日は観光も出来ました^^

f0208112_12362291.jpg
f0208112_12395182.jpg

                                      わさびのオブジェ
f0208112_1240582.jpg

                        2日目のお昼は、スマホで探した安曇野のお蕎麦屋さん 紅葉真っ盛り
f0208112_1242187.jpg
f0208112_12434236.jpg

                         大当たり♪ 美味しい美味しい十割り蕎麦でした~
f0208112_12435543.jpg

                         白馬に着いたのは、2時少し前 立ち寄り湯に行きました! 
                         rinorinoさんお勧めの「倉下の湯」

f0208112_12483025.jpg

                         白馬では珍しい、茶褐色の源泉です! 舐めると少ししょっぱい  
                         この時間、白馬はまだ雨が降っていたのでお客さんもいなくて^^; 独泉~~

f0208112_12493572.jpg

                                 なので・・ふたたびの・・シアワセの足(苦笑)
f0208112_1249452.jpg

                         さて2泊目の宿は当初予約していた宿では無く・・・
                         急遽前日予約した「シェラリゾート白馬」に宿泊。
                         かなりの大型ホテル(我が家的には、あまり泊まらない規模のホテルです)

f0208112_1256741.jpg

                        チェックイン時は、まだ雨が・・・ガラス張りの大きな窓からホテルの中庭が見渡せました。
                        3万坪だって~~ スゴイ敷地面積だ(苦笑)

f0208112_12594472.jpg
f0208112_1331090.jpg

                        ムーディーな(笑)ダイニングレストラン
f0208112_1334470.jpg

                       フレンチのコースは・・・見た目、彩りは素敵♪ でもねぇ肝心の味付け・・ソースとかね(苦笑)
                       草津シーダーのシェフの偉大さを夫婦で再確認したのであります(苦笑)
                       フレンチは見た目、盛り付けも大事だけど、やっぱりソースは大事だよね^^;

f0208112_1361236.jpg
f0208112_1362617.jpg

                       3日目の朝!! 写真はウチが泊まった西棟の建物と中庭
                       眩しいほどの晴天 白馬はまさしく台風一過となりました^^

f0208112_1312722.jpg

                       八方ゴンドラアダム&リフト2基を乗り継いで、第一ケルンまで向かいます。紅葉が美しい~
f0208112_131637100.jpg
f0208112_13185547.jpg
f0208112_13193493.jpg
f0208112_13411634.jpg

                       白馬三山を背に・・第一ケルン 32年ぶりに来れました。 天気回復して本当に良かった。
f0208112_1323231.jpg

                       32年前の思い出が走馬灯のようにグルグルして、なんだかウルッときました・・・
f0208112_13281755.jpg

                           秋晴れの白馬を後に、帰路に着きました。 
                           もっとドタバタするかな?なんて思ってたけど、杞憂でした。 
                           終わりよければ全て良し♪ 楽しい懐かしい信州2泊3日でした^^

f0208112_13323245.jpg

                     ダイジェストでだだだーっとアップしました^^; 写真はいっぱい撮ったので、石川さんの食事や
                     白馬シェラリゾートの館内や食事・・・北アルプスなど、また時間作って載せる予定ですが、もしかして
                     これで終わりかも?だったらゴメンナサイ^^;
 

by satomi-kazu | 2017-10-25 13:50 | 旅全般  立寄り湯など | Trackback | Comments(13)
2017年 09月 29日

湯河原温泉 ひばり荘 宿泊記②

                           
                        泊まった部屋は「うぐいす」鳥の名前が部屋毎に付けられているようです。
f0208112_18491478.jpg

                     10畳和室と広縁 奥には4畳ほどの次の間、襖の先に洗面所とトイレ バスルームもありました。
f0208112_18494742.jpg

                           L字の縁側も広くて、いい感じです。
f0208112_19926.jpg

                           お隣の部屋の縁側や、一階の部屋の縁側と庭も見えるんですが
                           丸見えというよりも、木々が生い茂っていて雰囲気がステキ♪

f0208112_18524431.jpg

f0208112_2128473.jpg

広縁の椅子はとっても座り心地が良くて
窓の外は、宿の入口付近を見下ろす景色

ここでも、木々が目に入ってきて
いい雰囲気でした。

灰皿完備(苦笑)

でも、匂いに敏感なワタシですが
部屋に入った時に煙草臭はしませんでしたし
古い宿にありがちな、カビ臭いような和室の
匂いも全く感じず、部屋に関しては◎

お世辞じゃなく、ホントに寛げる部屋でした^^



                       古い建物ですが、館内はどこも綺麗に掃除されています。階段も床もピカピカ
                       一枚板が埋め込まれたパズルのような床

f0208112_19152492.jpg

                       そして、この宿の特徴?というか、館内の至る所にたくさんの骨董品が並べてあります。 
                       これは完全に宿主の趣味のようですが、こういうの好きな方は楽しいかも。
                       写真はごく一部で、ホントに沢山ありました。

f0208112_19201180.jpg

f0208112_1925913.jpg

お風呂のご紹介

写真は貸し切りの岩風呂入口
すごく風情があっていい~雰囲気♪

男女別の内風呂が各1つ(入れ替えなし)
チェックイン(3時)から朝の9時半まで入浴可

貸し切りで利用できる露天風呂が2か所
チェックインから夜の11時までは貸し切り
朝は6時半から9時半まで、男女別になります。

貸し切りは、入りたい時にフロントに電話してからなのですが
メンドクサイなって最初は思ったけど部屋からちょっと
歩く場所にあるので、空いているかどうかを
確認できるので、良かったかも。



                         男湯内湯  宿が持っている源泉の説明書きがありました。
                         源泉温度は84℃ 湯量で調整してくれてあります。
                         体感は42℃くらいかなぁ ワタシにはベスト!!な温度です。

f0208112_19384980.jpg

                         女湯  こっちの方が広い湯船でした。 
                         昔ながらの?大浴場って雰囲気ですが、誰にも会わずに独占状態

f0208112_19385786.jpg

                  貸し切り2か所  桧風呂と岩風呂 母屋からスリッパを履きかえて「貸し切り中」の札を下げます。 
                  通路の真ん中に大きな池があって鯉が元気よく泳いでました^^;

f0208112_19484849.jpg
f0208112_19531837.jpg
岩風呂  けっこう広くて貸し切りには贅沢^^

無色透明 キレイなお湯がなみなみと・・・
ホントに気持ちいいお風呂でした。
洗い場もあります。


f0208112_19575394.jpg


f0208112_19593965.jpg

なんかぁ・・いい雰囲気なんですよねぇ
とっても気に入りました、ここの貸し切り&シアワセの足



f0208112_2003672.jpg


f0208112_2033022.jpg

こっちは桧風呂

岩風呂よりは少し、こぶりですけど
ここも貸し切りだったら贅沢な広さです。


f0208112_20183857.jpg


f0208112_20204043.jpg

お風呂の紹介がダラダラと長くなりましたが
個人的に、この宿は「風呂!」って感じたので。

温度といい(ワタシ的適温42℃)
あがった後のツルスベ感といい
決して主張しない微かな温泉臭といい
満喫させてもらいました。

濁り湯や強烈な酸性湯も好きですが
こういうくせの無い、おだやか系のお湯
いいですね&シアワセの足(笑)


f0208112_20205439.jpg


                         最後は食事のようす  食事処で、6時か6時半で。 
                         衝立がありますが、お客さんの声はよく聞こえました。

f0208112_23141290.jpg
f0208112_23172114.jpg

ちなみに、衝立の向う側・・
二人連れのおばさまの会話が聞こえてきました。
「割烹旅館って書いてあったから、楽しみにしてたけどねぇ・・・」
ふむふむ・・・(苦笑)


そうなんです^^; 

宿の入口看板には
「割烹旅館 ひばり荘」の文字が!!! 

何気にワタシも、駐車場に入る前に
その看板を目にして、淡い期待を^^;

以下 夕食朝食一気に載せます。



                 夕食は、アップグレードプランも有りました。(もう一品増えて、肉料理がもう少しボリュームアップのような・・)
f0208112_23245549.jpg

                      社長さんが、各テーブルを名刺を配りながら廻ってご挨拶。
                      「料理長が渾身込めた料理ですので・・」との説明。えーーー?そうなの?(苦笑)
                      平日@14040 なのでね、正直、まぁこんなもんかなぁとは思います。
                      だけど、宿の冠に「割烹」って付けちゃうのどうよ??っていうのが素直な感想でしたね。
                      隣のおばさまふたり連れのボソボソ声・・ワタシも同じ感想です~^^;

f0208112_2325221.jpg

                    朝ごはん シジミのお味噌汁が絶品でした! しかも、冷めないようにコンロで温めておけます。
                    なんだかものすごくシビアな感想を書いちゃうと・・・・
                    食事内容に関しては、朝のシジミのお味噌汁の印象しか残ってないという(苦笑)

f0208112_23383651.jpg
f0208112_23443684.jpg
朝食後は、セルフで珈琲が飲めます。

なんでしょうかねぇ・・・
これくらいの宿泊料金なら、妥当な料理内容なのか?
いやいや、1万とちょっとのお宿でも、創意工夫して
美味しいもの出してくれる宿は有る!

例えば、食材自体がそんなに高級じゃなくても
作り手のあったかさ?みたいなものを感じれる料理って
あるじゃないですか・・心がこもってるのが伝わるような・・・

贅沢言ってる!(← 友近@水谷千重子風~)


まぁそんな感じでした。
何か一品でもねぇ・・・
これ!美味しいね!ってのがあったらねぇ



f0208112_23545610.jpg

湯河原温泉 ひばり荘 泊まった感想

新しい経営者の社長さん、ニコヤカにテーブルを廻っての挨拶
「是非 ご贔屓に、よろしくお願いいたします」
自家源泉の素晴らしさに誇りをもっているようすが伺えました。
古い建物の良さを残しつつ、館内もお風呂も清潔で
昔づくりの和室も居心地が良く、大ベテランであろう仲居さん達も
付かず離れずの笑顔で接客。(骨董展示はあいにく興味が無かったけど^^;)
騒がしくなく、ゆったりと静かな時間が流れる滞在。
何と言っても、源泉掛け流しの優しいお湯。

兎にも角にも・・・食事内容かなぁ
あ~でもやっぱり、そこまで期待するなら
@20000以上は払いなさい!ってことなんだろか(苦笑)

う~ん、ホント宿選び、宿探しって・・・難しい


by satomi-kazu | 2017-09-29 00:12 | 湯河原温泉 ひばり荘 | Trackback | Comments(14)
2017年 09月 27日

湯河原温泉 ひばり荘 宿泊記①


f0208112_23264722.jpg

自宅から近場の温泉に行こう!ということで
湯河原温泉に行ってきました。

走行距離は、100キロちょっと
時間にしたら1時間半くらい。

宿探し、今回はワタシ^^;

値段とか・・値段とか・・・値段とか(笑)
で、選んだお宿です。

湯河原温泉 ひばり荘 @14040(税込)平日

部屋の大きさや、休前日で料金アップします。



f0208112_23322836.jpg

しっかし・・・湯河原って
いろいろ見てたら、結構高級旅館多いんですねぇ(苦笑)
「石葉」  平日@33000~53000 清水
「結唯」  平日@30000~62000 清水
「ふきや」 平日@32000~45000 清水
「海石榴」 平日@35000~86000 目ん玉

ふたりで一泊17万越えって・・・どんな物食べさせて
くれるんでしょうかねぇ(苦笑)

生きてる内に泊まる事・・あるんだろうか?^^;

上記の宿に比べたら、ふたりで税込28080のひばり荘
半額以下です。



f0208112_23512919.jpg

さて、自分で選んどいてなんですが(笑)

「おしいっ!おしいなぁ~」

お湯は、とにかく良かった!
久し振りに、「温泉力」みたいなものを
肌で感じられ、もう~何回も入りました。

部屋も、昔ながらの純和風で、妙に落ち着く空間と
L字の縁側は、風情を感じる造りで、下を流れる川音も耳に心地よく。

なんか!いいじゃん♪ いいよね?ねっ?
なーんて、ドヤ顔でkazuさんに言ってたんですけど・・・

ご飯がねぇ(笑)ホントおしいなぁ

いや~ よくテレビかなんかで
宿再生のプロフェッショナルみたいな人が
凄腕で、傾きかけたお宿を、みるみるウチに
人気旅館に変えちゃう・・みたいなの(笑)

まさしく・・・ご飯が画期的に変わったら
予約の取り難いような大人気宿になるんじゃない?
って、本気で思いました。(個人的感想)



f0208112_0142342.jpg

ピッカピカの玄関板の間

築80年?とかだったかな
夕食時に社長さんが名刺を配りながら一組ずつの
テーブルを廻って、挨拶していた時に話してくれました。

東日本大震災後 以前の経営者が宿を閉館
2年前から、今の社長さんが買い取って再開したとか。
元々は、ひばり荘のお客さんだったようです。

ふむふむ・・いろいろ歴史がありそうなお宿ですな。

駐車場に車を置くと、中からベテランな風格を漂わせた
作務衣姿の仲居さんが出迎えてくれました。



中途半端ですが、ちょっとここまで。  また続き書きます^^;

by satomi-kazu | 2017-09-27 00:31 | 湯河原温泉 ひばり荘 | Trackback | Comments(10)
2017年 09月 16日

囲炉裏の御宿 花敷の湯 宿泊記②


f0208112_1311611.jpg

花敷の湯

男女別の内湯が2か所
(チェックインから翌朝10時まで)
2か所の貸し切り湯 
(チェックインから夜11時30、翌朝6時から10時まで)

全5室のお宿で、1部屋には温泉の半露天が付いているので
お風呂、混むことはありませんでした。

貸し切り風呂は、手前に石の湯 奥に岩の湯

奥の岩の湯は、今回の改装で一番変化したお風呂だそう・・・



f0208112_13163766.jpg
手前の石の湯

どこかのクチコミで、「小さいから見ただけ」との
感想が書いてあったような・・
ウチ的には、ふたりで丁度いい大きさで
湯船に浸かって見上げると緑
気持ち良いお風呂でした。

源泉の温度はさほど高くなく46℃~47℃位なのかな?
体感は41℃ってとこでしょうかね。
草津と四万の真ん中辺りに位置してる温泉地なので
お湯の温度もアッチッチを想像してましたけど
ちょっと拍子抜け(苦笑)


f0208112_13172946.jpg


f0208112_1326151.jpg
100%源泉掛け流し
床底からお湯が噴出してくる浴槽です。
常に、お湯が流れ出て行く・・・
はぁ勿体ない(苦笑)我が家のお風呂に持って帰れたら・・・
掛け流しの温泉に入ると、無理なことを毎回考えます^^;


f0208112_1333917.jpg


f0208112_1335171.jpg

こちらが改装後の変化が一番大きいという
貸し切り風呂 岩の湯

う~ん・・・・
個人的には、全くそそられなかった湯船です。
石の湯の2倍の大きさで、4、5人は浸かれそうな
感じなんだけど、なんせ暗くて(北向きなのかな?)
天窓のような小窓から光は差し込んではいるものの
閉塞感は否めずで・・・

写真は、まだ夕食前の明るい時のものだけど
夜、入りに来たときは、ちょっと離れた場所に有るので
真っ暗でかなり怖かった^^;



f0208112_13423097.jpg

ちなみに、貸し切り湯2か所には
カランが無く、シャンプー類も置いていません。
湯船に浸かるのみのお風呂です。

デッキチェアー・・置いてあったけど
う~ん・・・寛ぐって雰囲気では無かったです。
(個人的感想)



f0208112_13462328.jpg

男女別の内湯

時間で交代はありません。
左右対称のお風呂場で
湯船の枠が木材か、石の違いでした。



f0208112_1351381.jpg
女湯

滞在中 2回利用しましたが
誰とも会わず、独占湯^^
中庭風の場所にデッキチェアー
(このお宿、デッキチェアーが至る所に^^;)
内湯に浸かって、この椅子に横たわっていると
秋の風が通り抜けて、気持ち良いったらありません。
「ふ~~シアワセだぁ♪ 極楽極楽♪」
自然とそんな言葉が出てきます。


f0208112_13511996.jpg


f0208112_1358949.jpg
                              

                                男湯

                                ほぼ同じ造り
                                貸し切り風呂と同じく
                                源泉は床下から噴出するタイプ




f0208112_13582535.jpg


f0208112_14124996.jpg
内湯を出た所に、湯上り処 冷水があったり
冷蔵庫には、アイスキャンディーもサービスで。


f0208112_1413136.jpgf0208112_14131440.jpg


f0208112_14213450.jpg


なんにもない山里

上げ膳据え膳の贅沢

源泉掛け流しの温泉に浸かる至福



f0208112_142392.jpg

最後は食事のようす

夕食は、6時と6時半どちらか選択できました。
宿からワンボックスカーで食事処がある別棟へ

車で2、3分離れた場所に大きな民家?のような
別棟があって夕食はそこで
(朝食は、宿1階にある食事処)



f0208112_14361039.jpg

とても広い会場(っていうのかな?座敷?)で
周囲何メートルあるんだろう?って位の巨木が
何本も使われていて、普通の食事処とは全く違ってます。

なんとなくワクワクするような、そんな雰囲気
(ワタシだけかな?^^;)

BGMが流れていました。
お洒落な洋楽?だったような記憶です。
ものすごく広い空間なのでBGMは
合って良かったなと感じました。



f0208112_1444543.jpg

                           メニューと、下の写真は、料理に使われている食材の説明
f0208112_14441880.jpg

                           たくさんの野菜が使われてるのが解ります。
f0208112_14443117.jpg

                              一気に載せます。 
                         最初の前菜盛り合わせ キレイな盛り付けで味付けもすごく良かった。 
                         ワタシが特に気に入ったのが、「茗荷のべっこう飴山椒風味」「枝豆の甘辛炒め」
                         なかなか他では食べれない料理だなと思いました。

f0208112_14483087.jpg

                         前後しましたが、最初に冷たい梨のスープ 前菜盛り合わせの後に右上のお造り
                         (いろんな野菜とジュレを混ぜて食べるお造り・変わってますねぇ)
                          囲炉裏で焼かれた鮎 椀物は枝豆のすり流し 
                          へぇ~なんかスゴイ!食べたことない!ってものばかり^^

f0208112_1454896.jpg
f0208112_14595577.jpg

                       豆乳と味噌のグラタン 囲炉裏で焼く上州牛と豚、地場野菜 
                       上州牛の分厚さと柔らかさがハンパなく^^豚いらないじゃん(苦笑)って思った。
                          硬くてこっちはイマイチ

f0208112_1512370.jpg

                       箸休めの甘味は冷たいシャーベット 変りご飯はお茶漬け 
                       温泉宿で食べる最後のご飯は白米よりも釜飯やお茶漬けが好き♪ 
                       前菜からちょこちょこと色んな物を食べてかなりお腹膨れていましたが、
                       サラサラっと入っちゃうお茶漬けはいいですね^^ 地味だけどデザートのババロアが
                       何気にとっても美味しかった!手作りかな?もっと食べたかったくらい^^
                       あと、珈琲が濃くて美味しかったぁ~ 
                       「花敷沢川の源流水を使っています」と有りました。水がいいのですね^^

f0208112_1555212.jpg

f0208112_15142925.jpg

満腹で宿に戻ると、部屋の冷蔵庫に
ヨーグルトが入っていました。
猿ヶ京の宿でも、朝、飲むヨーグルトが部屋の前に
置かれていましたが、こういうサービスは嬉しいものです。
ちょっとしたことだけど、旅人の心をくすぐりますね^^

夕食の感想は、食べたことの無いような食材と
調理法 味付けも濃くなく、かと言って薄くも無く
絶妙の塩梅で、美味しく食べれました。

「里山の田舎料理」と、括ってしまうのではなく
逆にお洒落で、料理人さんのセンスが光る料理だったなぁと

ごちそうさまでした♪



                          朝ごはんは、8時から9時の間に1階の食事処に自由に行けるシステムです。 
                          ウチは8時15分頃向かいましたが、まだ他のお客さんは来てませんでした。 
                          充分な広さの食事処 「夕食も此処でいいじゃんね^^;」と私が言うと
                          「あそこで食べるのがこの宿の売りなの!」とkazuさん(笑)
                          ずっーーと泊まりたかった宿だもんねぇ~^^;

f0208112_15224317.jpg

                         ちょこちょこと白米のお供 オカラとか、舞茸を煮た物とか・・・美味しい
f0208112_15281043.jpg

                         夜は、鮎の塩焼きでしたが、なんと朝は岩魚の唐揚げが出ました!
                         これ、アツアツで美味しかったなぁ~ 塩焼きも悪く無いけど、唐揚げ!!旨いっ! 
                         たっぷりの量の珈琲、朝はポットで出してくれます^^嬉しいですねぇこういうの。

f0208112_1528289.jpg
f0208112_2063840.jpg
花敷の湯

kazuさんがずっと前から気にして
泊まりたいと言っていたお宿

ワタシの中での率直な感想は
夕食が特に良かったなぁと。
THE旅館料理でも無く、かといって
山奥の田舎料理一辺倒でも無く
いろんな食材に工夫を凝らしてあって
地味?なんだけど滋味あふれるみたいな^^

群馬の山里で、赤身のマグロ刺身なんか
出ないとこが、これまた良かった!

もうすこーし、宿泊料金がね(苦笑)



f0208112_2014687.jpg

広いテラス然り・・
使い道の無い余分な洋室など
こんなに広くなくてもいいんじゃない?(苦笑)
って、そんな素直な感想も持ちました。

次回・・があるとすれば、間違いなく一番狭い部屋を
選択しますね(それでも、8畳和室+6畳ベッドルーム)


帰路の車中、それとなくkazuさんに
感想を聞きました(笑)
あんなに行きたがってたから~
どうだったのよ?感想は!と^^
なんかハッキリ言わない。 
微妙だったのかな(アハハハ)



f0208112_20295223.jpg

                  源泉掛け流しの温泉に浸かり、食事の準備も後片付けも何もしなくていい、この贅沢 
                  日々の喧騒や自分の中で蓄積されたストレスから解放された時間 のんびりゆっくり出来ました。 おしまい。


by satomi-kazu | 2017-09-16 20:38 | 来里の時 囲炉裏の御宿 花敷の湯 | Trackback | Comments(16)