ずっとそばに

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ

タグ:泊まった宿 ( 226 ) タグの人気記事


2017年 06月 17日

新穂高温泉 風屋(旧今田館) 宿泊記②

                       記憶も曖昧になってしまいそうなので、覚えてるウチに風屋さんの宿泊記、続きです。 
                     下の写真は宿HPから拝借しました。  2つある貸し切り風呂の内の1つです。

f0208112_12432283.jpg

f0208112_1253191.jpg
六角形の桧造り かなり大きな湯船で
貸し切りに出来るのはスゴク贅沢な気分です♪
大人7人位は余裕じゃないかな~
湯船中央の底から、源泉がボコボコと
湧き出ています。 
2つの貸し切りはどちらも洗い場が無いので
大浴場でお願いします。と説明されました。
チェックインからアウトまで空いていれば
いつでも入れたような記憶です。


f0208112_12465939.jpg


f0208112_12562910.jpg

もう1つの貸し切り こちらは内湯
ものすごく大きな湯船でした~

こっちも7、8人は余裕な感じ!

ただ、貸し切り風呂の場所まで
泊まった部屋から少し距離もあったので
チェックイン後に、露天風呂に一回入ったきり。

まぁ部屋にお風呂が付いていなければ
何回も利用したかも・・・

お風呂場に行く!
っていうのが面倒になってるお年頃です(苦笑)



f0208112_133388.jpg
個人的に、木枠の湯船が大好きなので
とても良い雰囲気のお風呂でした。


f0208112_1331523.jpg


f0208112_1371816.jpg

男女別の大浴場(内湯プラス露天付き)は
入れ替え無し。


貸し切り風呂から真逆の方向に位置していて
この大浴場へも、部屋からは少し遠い(苦笑)

宿の造りが全体的に横長で広い感じ。

暖簾をくぐって、左右に女湯と男湯に
別れていました。



                       kazuさん、男湯には一度も入りに行かなかったので、写真はこれも宿HPから。 
                      内湯の湯船は女湯と全く同じで左右対称、奥の露天はかなり広いとクチコミに書いてありました。

f0208112_13152383.jpg
f0208112_13193429.jpg
こっちが女湯内湯
夜に、一度入りに行きました。
かなり薄暗くて、ひとりだとちょっと怖い(苦笑)
外の露天は石造り


f0208112_13215822.jpg


f0208112_13243742.jpg

女湯の露天は、洞窟風呂になっていて
覗いて写真撮っただけ。

美ヶ原の金宇館にも、洞窟風呂有りましたけどねぇ
どうも、イマイチ苦手です^^;

写真はチェックイン後、まだ明るい内に
撮ったのですけど、夜は・・・
怖くて~~
こういう雰囲気のお風呂は
人がガヤガヤいた方が断然良いですね^^;

閉塞感が駄目なのかも・・・
(個人の好み)



f0208112_13321923.jpg
夕食と朝食 一気に。
食事処で、時間は・・選べたかな? 忘れてしまいました^^;
襖を隔てて、両隣のお客さんの声も聞こえます。
シンプルなお品書き。 スタッフが説明してくれました。


f0208112_13323357.jpg


                        全体的に味付けはシッカリめ。 鍋物は何だろうと思ったら
                       すき焼き風の牛鍋で、飛騨牛のステーキも出たので、鍋は別の食材がよかったかなと・・

f0208112_1341187.jpg

                        塩で食した飛騨牛のステーキが美味♪ ボリュームもけっこうありました。
f0208112_13412740.jpg
f0208112_13474671.jpg
デザートも出ましたが、スタッフの男性と
お喋りしてて写し忘れ^^;

海外からのお客さんが多いそうですよ!
実際に、隣の部屋からは英会話が(苦笑)

お風呂のマナーなど、理解して貰うのに
苦労することもあるようです。
「大変ですねぇ」と言いながら
お風呂場でそういうお客さんと出くわしたくない!って
素直に思いました~(笑)

スタッフは男性しか見ていません。
中には外国人のスタッフもいて、隣のお客さんに
英語で料理の説明をしてました。

グローバルだっ(笑)



                                   朝ごはん
f0208112_13584717.jpg
f0208112_1431181.jpg

いろいろ品数多かったですが
やっぱり少し味付けが濃いですかね。

卵焼きなどは、出来立てを
持ってきてくれましたが
作り置きの保存食的な物が
多かったように思います。



食後に珈琲飲みたかったけど
出なかった・・と思います。
ちょっとこのあたり
記憶があやふやで(苦笑)



                               新穂高温泉 風屋さん 宿泊感想
f0208112_14404985.jpg
f0208112_1442488.jpg

全8室の宿にしては、館内が広く
大浴場や貸し切りに行くのに
少し距離があるので、個人的には面倒臭い(苦笑)

8室の内、2部屋に露天風呂が付いていて
泊まるなら露天付きの部屋が是非お勧め♪
(@19650税込みは、かなりお値打ち)
気持ちのいいお風呂でまったり寛げました。

奥飛騨定番の料理(朴葉味噌や、飛騨牛)も提供された
食事内容は・・・料金を考えたら相応かなぁ・・

家庭的で手作り感のある料理が、個人的には
好きなのでその辺が・・少し残念かな。


上高地の風景が好きなので、奥飛騨方面は
数年の周期で行きたい場所。
奥飛騨温泉郷には、かなり沢山の宿が
点在しているので、これからの宿探しも
なかなか楽しそうです^^;
(って、宿探しは全部kazuさん任せなんですけどね)

という訳で、新規宿 新穂高温泉 風屋さん
宿泊記おしまい^^


by satomi-kazu | 2017-06-17 15:06 | 新穂高温泉 風屋(旧今田館) | Trackback | Comments(8)
2017年 06月 08日

新穂高温泉 風屋(旧今田館) 宿泊記①

                         先月、奥飛騨へ2泊3日で出掛けてきました。 
                       1泊目は再訪の宿「宝美館」そして2泊目に選んだのは、新穂高温泉の宿 「風屋」 
                         一気に・・・は無理っぽいですが、忘れない内に備忘録として残します。

f0208112_19143549.jpg
f0208112_1920886.jpg
部屋数は8つ
宿の造りは相当広かったんですが
部屋数少なめですね。

露天風呂付きの客室が2つあって
今回は、その部屋を予約しました。

平日泊@19650(税込)
部屋に露天風呂が付いて、この料金は
なかなかCP良いですねぇ~

宿は、古民家風の造りで、なかなか重厚な雰囲気

イン15:00 アウト10:00
部屋のお風呂でもっとゆっくりしたかったので
アウト10時はちょっとせわしなかったデス。



                      玄関 フロント周辺はこんな感じ。 男性スタッフが出迎えてくれました。
f0208112_1935121.jpg
f0208112_19482246.jpg

上の写真の黒いソファに座って
チェックインの記帳をします。

冷たいお汁粉と緑茶が出されました。


なんせ、2万歩超えの直後のチェックインでしたので
甘いものが美味しいーー♪



f0208112_19533592.jpg

スタッフさんの説明だと
「2階建てのようにみえますが
3階建てなんですよ」と。

横に長い造りなので廊下も長い^^;
ワタシは全く利用しませんでしたが
ライブラリーのスペースも有りました。
(写真無し)

ちなみに、大浴場や貸し切り風呂は
チェックインをした場所から両端にあるので
ウチが泊まった部屋からは
ちょっと距離がありましたねぇ・・・



f0208112_2045566.jpg

この渡り廊下は
貸し切りの露天に向う通路なんですが
なかなか雰囲気が良かったです。


ただ、部屋までの階段や廊下は
かなり暗め?な雰囲気だったので
夜はちょっとひとりじゃ怖い?かも。
(怖いって年齢じゃないじゃん!の突っ込みありがとう・笑)



f0208112_2014437.jpg

部屋の名前は「かもしか」だったかな。
10畳和室に広縁

シンプルですが、落ち着いた部屋でした。
広縁の椅子も座り易くてGOOD!

露天風呂付きです♪



f0208112_2018553.jpg
f0208112_20211150.jpg
f0208112_20415684.jpgf0208112_20434776.jpg

部屋には、バスルームも
あります。
外国からのお客さんが
多いそうなので
必要不可欠?
なのかもしれません。

部屋着用に作務衣
浴衣もあったかな?
ウチは、浴衣着ないので
チェック甘くてすみません。

バスタオルはひとり1枚
これは残念ですねぇ・・・
部屋のお風呂に何回も
入ったので2枚は用意して
欲しかったかも。



f0208112_20225084.jpg


部屋に付いている露天風呂です。
源泉掛け流しの説明がありました。

加水も加温も無い代わりに、湯量が少な目ですかね・・
源泉温度が比較的高めの新穂高温泉なので
湯量を絞らないと、小さな湯船だと熱過ぎて
水を足さないと入れないと思います。
(すぐ側の白雲荘のお風呂がそうでした)




f0208112_20231876.jpg


f0208112_20304632.jpg

この露天風呂には、洗い場やカランも無いので
単純にお風呂に浸かるだけ。

洗髪や身体を洗うのは部屋のバスルームか
大浴場の内湯で、ですね。

だけど、このお風呂とっても気に入って
何回入ったかな?ってくらいいっぱい♪

浴槽は、大人2人でも充分な広さ
ちょうどいい湯温で、ボーっと
星空を眺めながら、ほんとにゆったり出来ました。

癒された~^^


f0208112_20385770.jpg

                                 ってことで、今日はここまで^^;  野球~野球♪

by satomi-kazu | 2017-06-08 20:56 | 新穂高温泉 風屋(旧今田館) | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 26日

2017年5月 奥飛騨旅 ダイジェスト

                          
                          5月 2泊3日の奥飛騨旅 今回はダイジェストで残します。 
                          時間とやる気が起きた時に(苦笑)新規宿の詳細を載せる予定です。

f0208112_15232693.jpg

                          初日のお昼ご飯は蕎麦・・・もうこのお店は行かないなぁ(苦笑)
                          場所を移転されたので(前回美味しかった^^;)楽しみにしてたんですが
                          @880でこの量(写真じゃわかりにくいですが、超~少ないです)
                          週末のお昼時だというのに、お客さんは2組のみ。 
                          評判のお蕎麦屋さんは、常に「並んでる」っていうのがワタシの中のお蕎麦屋評価・・・
                          真逆でしたね、残念。

f0208112_15235517.jpg

                          立ち寄り湯は、安房峠手前の、中の湯温泉 (日本秘湯を守る会)の宿です。
                          @700 空いていれば貸し切りの家族風呂も別料金無しで入れます。良心的~

f0208112_1539133.jpg

                          湯の花がたくさん舞って、うす緑に濁った素晴らしいお湯でした。
                          個人的には、源泉力が強く長湯すると湯あたりしそうだなと感じました。

f0208112_1614096.jpg

                         一泊目は再訪の宿  新平湯温泉 「宝美館」2年前に初めて泊まってます。
                         当時よりほんのすこーし値上げしてましたね(苦笑)まぁそれでも@12960(税込)

f0208112_16104212.jpg

                         素朴で静かな宿です、一日4組限定 
                         詳しいレポは初回訪問時の様子をカテゴリの宝美館で書いています。

f0208112_16132255.jpg

                         4つあるお風呂(露天2つ 内湯2つ)はチェックインからアウトまで
                         空いていればいつでも貸し切りで入れます。

f0208112_16175161.jpg

                         温泉宿も、ひと昔前より貸し切りのお風呂が増えて、個人的には嬉しい限りです。
f0208112_16185543.jpg

                         宿の裏庭は、お散歩小道や、手作りブランコ
                         食事で出される野菜や山菜などの畑も広がっていて、なんとものどかな風景です。
f0208112_16232579.jpg
f0208112_16233926.jpg

                               宿のアイドル 合鴨ちゃんたちもご健在でした^^
f0208112_16243685.jpg

                         夕食、朝食ともに個別の食事処で、気兼ねなく食べれます。
f0208112_16271390.jpg

                         基本的に料理の内容は変化ありませんでした。 
                         夏場と冬場で小鉢で出される温物が少し変わる程度。
                         個人的に、この時期の山菜類が食べれるのが好きなので問題なく♪ 
f0208112_1630458.jpg
f0208112_16334574.jpg
f0208112_145921.jpg

                            最近少食気味なウチなのですが、追加で飛騨牛を注文しました。
                            それでちょうどいいくらい。 若い人は物足りないかなぁ・・・

f0208112_16312834.jpg

                           翌日、上高地散策へ・・・この日はあまりお天気良くなかったんです^^; 
                           途中雨にも降られたりして。

f0208112_16374740.jpg
f0208112_16382731.jpg
f0208112_16393673.jpg

                                林間コースを歩いていたら、野生の猿に出くわしたり
                                (ちょっと怖かったです^^;)

f0208112_16404643.jpg

                       2年前の上高地 お天気が良いとこんな素晴らしい風景に出会えます。
f0208112_16465744.jpg

                           有名な河童橋と穂高連峰
f0208112_16492738.jpg
f0208112_16511871.jpg

                          ちなみに・・・・この日ワタシが歩いた距離に、自分で驚愕しました(笑)
                          どうりで・・・もう泣きたくなるほど足が痛くてですね
                          ワタシの体重があと20キロ?軽かったらkazuさんにおんぶして欲しかった^^;
                              (アハハハ・・・無理無理っていわれました)

f0208112_16561693.jpg

                         さて2泊目は、初めて泊まる宿です。 新穂高温泉 「風屋」
f0208112_1652559.jpg

                         全部で10室ほどの宿でしたか・・そのうちの2部屋に露天風呂が付いています。
                         今回はその露天付きの部屋に。

f0208112_1714977.jpg

                              ものすごく快適でした♪ 
                              やっぱり部屋風呂最高~~^^って何度叫んだことか(笑)
f0208112_1742326.jpg

                        飛騨牛のステーキが出ました^^ 
                        塩で食べるこのお肉がジューシーで美味しかった♪ 今回の旅で一押し(笑)

f0208112_1774059.jpg
f0208112_17115790.jpg

あとでこの新規のお宿については
改めてブログに書くと思いますが
今回のこの宿から、徒歩2、3分の場所に
ウチも何度か泊まった宿、「白雲荘」が
あります。

白雲荘は宿を閉められて、今年の3月から
この「風屋」さんの経営者が買い取り
別館という形で営業をしているそうです。

白雲荘で腕を振るわれた安藤シェフのフレンチは
もう新穂高温泉では食べれない・・と言う事ですね。
今は、風屋の料理と同じ形態でお客様に
提供しています・・と、スタッフの男性が
親切に色々と教えてくれました。



                         奥飛騨旅最終日は快晴^^; この日に上高地でしたね、まぁーしゃーない。 
                         新穂高温泉地の青空と我が家のレヴォ♪ 絵になってるじゃあーりませんか(笑)

f0208112_1722942.jpg

                         そして、帰り道には前回のブログで書いた小淵沢へ・・・
f0208112_17275287.jpg

                         あっ!そうそう帰りの中央道で寄った、八ヶ岳PA 
                         何気に初めて降りたのですが、ここの清里カレーが美味しかった^^

f0208112_17302850.jpg

                         なんで素直に自分もカレーにしなかったのかと・・・(苦笑)
                         なんかいっつもこう(ぶぶぶ~っ)kazuさんのカレーをひとくちふたくち貰いながら・・・
f0208112_1733137.jpg

                         自分はラーメン頼んでるというね・・・
                         バカバカバカ(苦笑) 次回はワタシも清里カレーにする~♪

f0208112_1734816.jpg
f0208112_17401741.jpg
というわけで、ダイジェストと言いながら
ダラダラと長くなってしまいました^^;

風屋さんについては、また時間が出来た時に
レポしようかと思っています。

一泊目の宝美館さんは、興味ある方は
前回の宿泊記録を、見てみてください。
カテゴリから入れます。

上高地の二輪草・・・
もう咲いてるかな?って楽しみにしてましたが
今年は5月中旬でまだまだ2分咲きといった感じでした。

好きな花です。  

奥飛騨の旅おしまい^^




by satomi-kazu | 2017-05-26 17:52 | 旅全般  立寄り湯など | Trackback | Comments(20)
2017年 04月 22日

別所温泉 かしわや本店宿泊記③


f0208112_1039921.jpg
なんだか今週はバタバタで、仕事も忙しかった^^;
長々と引っぱっちゃいましたが、かしわや本店宿泊記最後です。

夕食前に、利き酒のサービスがありました。
ウチが泊まった部屋のすぐ隣に、こんなカウンターがあって
食事処に行く前に、ここでいろいろ試して
「是非~ご注文くださいませ」って感じですね。

自称日本酒オタクのkazuさん、銘柄見ただけで
完全スルー(笑)感じ悪~(苦笑)

日本酒だけじゃなかったような?
白ワインもあったような??定かじゃないです(苦笑)
ウチの前に4、5人の大学生のような男子グループ
内心・・「わーこんな高い宿に!!卒業旅行かな?」
利き酒たくさん飲んでました(笑)



f0208112_10514875.jpg

時間になると仲居さんが部屋まで出迎えてくれて
個室の食事処まで案内してくれます。
この仲居さんが、最後まで配膳担当
朝はまた別の人でしたが、配膳担当の
仲居さんは、どの方も一生懸命な感じ。

6畳?よりもう少し広いかな。
BGMなどが何もなくて、怖いくらい静かでした。
他の部屋の話し声なども全く聞こえなかったし
襖を開けてみたけど、何も見えず^^;
2人っきりの食事には慣れてるけど
なんとなくこの夜は、静かすぎて寂しい雰囲気だったかな



                         ひとりで何組かのお客さんを担当していたと予想しますが
                         そんなに待たされた感も無く、静々と夕食が進んでいきました。
 
f0208112_1112833.jpg
f0208112_1173113.jpg

                         お品書きや箸が置かれた紙にも、春らしい絵が・・
                         夜も朝も芭蕉の句が書かれていました。

f0208112_1193022.jpg

                      ぶれてる写真もありますが一気に載せます。また横着してまとめてます^^; 
                           最初に先付とお造りが運ばれてきました。

f0208112_11151565.jpg
f0208112_11184633.jpgf0208112_11185885.jpg


f0208112_11213356.jpg

料理の品数や(あと肉のグレード?)部屋の広さなどで
宿泊料金が違ってくるのですが、夕食の量はこれでも充分でした。
因みにウチが選択したのは、料理のランク3段階の真ん中

2択出来た料理がありました。煮物と肉料理

それらはチェックインの時に、詳しく説明してくれて
その時に選べます。


どの料理も「THE 和食!」
洋風な感じは一品も無かった。
でも味付けは濃くなく薄くなく丁度いい塩梅で
美味しく完食出来ました。

因みに・・料理人は5人もいるそうですよ^^
(宿HPに書いてありました)



f0208112_11332720.jpg
ワインのメニューはさほど多くありませんでしたけど、和食にも白ワインは良くあって
食が進みました。 最後のデザートは、チーズケーキだったのかなぁ?
信州らしい物だと良かったんだけど・・・


f0208112_11335222.jpg


f0208112_11431372.jpg

仲居さんが淹れてくれたお茶の美味しいこと^^
煎茶をほとんど飲まないkazuさんの分も♪


夕食の感想

季節感のある、目でも楽しめる和食の膳でした。
先付の中に、桜の花びらを模して作った長芋や百合根
手間暇かけた手の込んだ料理だなぁと思いました。
信州和牛の朴葉焼きも、味噌が美味しく進みました。
お肉もう少し食べたかったかな(苦笑)
筍ごはんが、柔らかすぎてそれがちょっと残念だったけど
全体的に料金相応の、満足いく夕食でした。



f0208112_1213755.jpg

続いて朝ごはん

洋食と和食の選択可でした。
当然?(笑)のように2択で。

ワタシが和食 kazuさんは洋食
kazuさんの方は大きなグラスでリンゴジュース^^
和食のワタシにも、小さなグラスで出してくれました!

そーだ! 夕食のデザートも信州特産のリンゴで
何か作ってくれたら良かったのにねぇって^^
朝、思いました!

美味しいジュースでした~♪



                    洋食  コーンスープのお味は・・市販っぽい(以下略^^;)感じだったみたいですけど
                    ふわふわのオムレツや焼き立てパン(3種)など、美味しく完食♪ 
                    パンはお替りどうぞ!とお勧めしてくれました。

f0208112_12202100.jpg

                    和食  ご飯と一緒に出された温かい信州蕎麦が美味しかった^^ 
                    手作りの湯豆腐もお腹に染みわたる感じ。 洋食も和食も食べきれない程の品数じゃないですが
                    キレイに完食出来てウチには丁度いい量でした。

f0208112_12254793.jpg

f0208112_1230666.jpg

洋食には珈琲も付きましたけど
ワタシはラウンジで、フリーの珈琲を。

チェックアウトは12時!
ものすごーくゆっくり出来るので
kazuさんは、本館の大浴場へ

早朝、体感36℃位の部屋風呂温度を
朝食後に温度を上げてもらい(苦笑)
ワタシは部屋風呂に・・・
ホントにねぇ、部屋風呂の温度が惜しいっ!!

朝食後に、2時間くらい爆睡しちゃいました^^
宿の朝って、何気に気忙しくてバタバタ帰り支度するのに
12時アウトっていうのは、本当にゆっくりできるなぁと(^^)v



f0208112_1244489.jpg

4月上旬 信州の桜は、まだまだ蕾 代わりに、梅や桃の花が満開でした。 
別所温泉のかしわやさん、ハイクラス設定のお宿だけあって、スタッフの多さや館内設備の充実度やサービスあれこれ・・等々良かったと思います。
和風旅館が好きな方や、ご両親を招待する・・なんて時には最適なお宿かも。 我が家は、kazuさんが「行ってみたい!」って、なんかずっーーーと言ってたので(笑)
今回泊まることが出来ましたーってことで(苦笑) あんまりしつこくワタシがぶつぶつ言うと、シュン・・・ってなっちゃうのでね^^;

長々とおつきあいいただき^^; ありがとうございます。
2泊目のお宿は、何度か行ってる再訪のお宿。 こちらもkazuさんご要望(笑) 宿泊記はサラッと簡単に!ですかね^^


 

by satomi-kazu | 2017-04-22 12:56 | 別所温泉 かしわや本店 | Trackback | Comments(10)
2017年 04月 16日

別所温泉 かしわや本店宿泊記②

                        
                    かしわやさんの続き  部屋は、8畳和室に6畳ほどのベッドルーム  
                    テレビはもちろんプロ野球中継(笑)関係ないって! 
                    充分な広さで問題ナシ。 新しい感じはしませんが清潔で掃除もキチンとされてました。

f0208112_12102637.jpg

                     洗面台の鏡が前面の壁一面で、大きくて良かったです。
                     洗面ボールも昔の?もので今時の小さな陶器造りで使いづらい洗面ボールより格段良い。

f0208112_12105194.jpg
f0208112_1211533.jpg

8畳和室のサッシの先に
露天風呂は有ります。

お風呂付きの部屋の造りは
どの部屋も違っているようで
お風呂の形状も同じではないみたい。
(宿のHPで見る限り)

ウチが泊まった部屋のお風呂は
数段の階段を昇る造りになっていて
斜面に面して造られた宿なのかな?
という印象。

バスタオルは、宿泊中に2度ほど
補充してくれました。

アメニティ類は、高級旅館に分類されている割には
イマイチ?というか普通でした。



f0208112_12274076.jpg
部屋に付いている露天風呂です。
ある方のクチコミで、宿で一番リーズナブルだったので
(風呂付き部屋の中で)
取って付けたような感じかな?と思ったら
意外に良い雰囲気で良かった。と、ありました。
ワタシも、その通りの感想を持ちました。

「おっ!いいじゃん♪」 

でも・・・この部屋の露天風呂の温度管理が
とにかく残念で(温度が低過ぎで、湯船から出れない)
最後の最後までとにかく残念でなりませんでした。
夕食時の仲居さんに、温度を上げて欲しい旨をもちろん告げましたが
40℃くらいの体感になったのは、夜だけで(それでもまだぬるめ)
翌朝には、再度37℃以下の体感温度に・・・
「外気温が下がってるので・・・」っていうのは
言い訳にならないと思うんですよねぇ

f0208112_122759100.jpg


f0208112_12381614.jpg

部屋風呂に関しては、も少ししつこく(笑)書いちゃいます。
だって・・ホントに残念だったから。

案内してくれた仲居さんが
「こちらの露天風呂は源泉掛け流しです」と誇らしげな感じで
説明してくれました。
確かに、循環されてる様子もなく、塩素臭など全くしなかったので
掛け流しは掛け流しなんでしょう・・・
問題は湯量だと思うんですよね・・少な過ぎる。
湯口からほんのチョロチョロと出てるだけ。
源泉温度が50℃とちょっとなので、あんな少量の湯量では
湯温がぬるくなってしまうのが当然かと・・・

次に紹介する、大浴場の内湯は表示板にも
「加温あり 循環あり」とあり、そちらは適温でした。



f0208112_12453816.jpg
こんな感じの湯量ですから・・・チョロチョロ
出てるのか出てないのか解んないですよね(苦笑)

当日の外気温との兼ね合いもあると思うけど
源泉温度が50℃くらいで、この湯量では・・・
一度浸かって、ザバーンとお湯が湯船から
こぼれたら、再度湯船がお湯で溢れるまで
相当な時間が掛かります。

部屋にお風呂が付いている宿は
お値段もそれなり、故に期待もそれなり。
せっかくの部屋風呂で、ストレスが溜まったことが
今回のお宿での一番の思い出。

何気にねぇ・・・別所温泉のお風呂には
トラウマがあるかも・・です(笑)ワタシ。


以前泊まった宿の内風呂も・・・お湯の配給が止まっちゃって、ぬるくて寒い内湯に籠ってたっけ^^;
他の方のクチコミ(部屋風呂)で、ワタシのような感想を持った人はいなかった?ようですが、実際に泊まったワタシの感想として書きました。
最初の仲居さんも「あれは確かに、ぬるかったです、すみません」と言っていました。 重ね重ね、宿のスタッフもぬるいと感じたのなら
翌朝も温度には気遣って欲しかったです。再三「また、温度低いんですけど・・」ってお客に言われるようでは・・・



f0208112_1311732.jpg


では、少し気を取り直して(苦笑)
宿の大浴場と貸し切り風呂のご紹介。

最初にも書いたけど、男女別の大浴場(内湯のみ)へは
離館(四季亭)へ移動しないと行けません。
反対に、離館に泊まってるお客さんが
貸し切り風呂や露天に入るには、本館まで移動・・・

ん~ やっぱりめんどくさい(笑)



内湯 「悠々自適の湯」 男女別、時間で入れ替わり  夜は12時まで、朝は6時からだったかな。 24時間は入れません。

f0208112_1363061.jpgf0208112_1364422.jpg


チェックイン時女性風呂 広い脱衣所には、バスタオル完備 手ぶらで行けますね。 レトロで大きなドレッサーは
目を引きますが、正直使いづらい(苦笑)混み合った時にはどうでしょ?


f0208112_13102256.jpgf0208112_13104683.jpg


f0208112_13153619.jpg

浴場は、渋い感じで落ち着きます。

表示板にもあるように
この内湯は加温有り、循環有りです。

10人はキツイかな?
7、8人が一度に浸かれる感じ。

加温有りですが、微かに別所温泉特有の
たまご臭(硫黄臭)がして
個人的に、宿のお風呂の中で
この内湯が一番気に入りました。



f0208112_13221732.jpg

天井も高く 湯気がこもらないので
ブロガー泣かせでは無いですね^^;

シャンプー類は、ポーラシリーズ




f0208112_13223472.jpg


f0208112_13435713.jpg
チェックイン時 男性用の内湯

夜の10時ころ入りに行きました。
誰もいなくて貸し切り状態
お風呂が付いてる部屋が多いので
大浴場もあまり混まないのかと。

浴場は長方形で、もうひとつの内湯よりは
少し狭いです。


f0208112_13442514.jpg


f0208112_13501869.jpg

こちらが本館のお風呂案内

ひとつの浴場に岩風呂と桧の露天がセットに
なっています。
男女で時間制で入れ替わります。

貸し切り風呂も内湯と岩風呂露天がセットに
なっていて、一組40分 一回無料でした。

2回目以降は解りませんが、15室満室でしたら
何度も・・・は無理ですね。



f0208112_13563091.jpg

宿で一番広い岩風呂。

10人以上は楽に疲れそうです。

ちょっと見た感じは古びていて
個人的にはソソラレナイ(苦笑)
湯船でした。

浸かっていません・・写真だけ。



f0208112_1401464.jpg

岩風呂の先に、桧の露天風呂

新設されたようで、新しくて綺麗な桧造りです。

丸い樽型で、3人が限度かな・・

雰囲気はステキだけど
他のお客さんと一緒だと
気まずい大きさ。



f0208112_1461288.jpg

お風呂 最後の紹介は貸し切り風呂です。

予約した時間に下に降りて行くと
仲居さんがバスタオルを持って待っています。

貸し切りにしては広い脱衣所
以前は、普通に大浴場として
使っていたのかも?



内湯と、岩露天 完全に分離されてる貸し切りです。 貸し切りとしては贅沢な広さだと思います。

f0208112_14122673.jpgf0208112_14125311.jpg


f0208112_14181182.jpg

ふ~ん・・・別所温泉ねぇ・・・
お湯のインパクト・・
もっとあったはずなんだけどなぁ



貸し切り岩風呂 ここも個人的にはぬるかったです。

f0208112_142121.jpgf0208112_14212338.jpg


f0208112_14275514.jpg

ふ~ん・・・別所温泉ねぇ・・・
お湯のインパクト・・
もっとあったはずなんだけどなぁ その②(笑)



f0208112_14312863.jpg
かしわやさん、お風呂の感想

正直言って、ワタシには合いませんでした。
kazuさんは、この宿を選んだ手前、多くを語らず^^;

温泉の温度が低かったというクチコミを見たことがないので
ぬる湯好きのお客さんが多いのか、それともウチが泊まった日に
限って、温度管理がイマイチだったのか??
その辺は定かじゃありませんが・・・

せっかく露天風呂付きの部屋を予約しても
シャワーの温度を熱くして、湯船に注ぎながら
浸かったなんて初めての事です。

再訪は・・・
あそこ、お湯が超~ぬるかったよねぇーーと
いつまでも語り草になりそうです。




by satomi-kazu | 2017-04-16 14:42 | 別所温泉 かしわや本店 | Trackback | Comments(19)
2017年 04月 13日

信州2泊3日の旅 一泊目 別所温泉 かしわや本店宿泊記①


f0208112_2123938.jpg
四月初旬 信州へ2泊3日 出掛けてきました。
初日、サービスエリアのこの光景
思わずカメラに収めた4つ子のレヴォーグ(笑)

しかも全部色違い!! ツーリングしたわけじゃないですよ^^;
こんな偶然 何万分の1ぐらいじゃないでしょうかね?

しかも後日談があって(笑)なんと、ウチが駐車する前に
既に4台のレヴォーグが停まっていて、その中の一台も別色。
で、その一台が立ち去った後に、ウチが駐車したという(笑)
最初から停めていたスティールブルーメタリックの
所有者さんが、SNSで発進していたのでした。

なので、4台プラス1台^^ いや~~ホント凄い偶然



f0208112_12333928.jpg

最初のお昼は、佐久平PAにあるお蕎麦屋さんで。

イートインスペースでは無くて、別棟の建物で
営業しているお店

コップの中身はノンアルです。
kazuさんはクルミ蕎麦 ワタシは天ざる
クチコミは割と良かったんですけどね・・
ワタシ個人的には、イマイチ(苦笑)
お蕎麦の水切りが甘くて、生ぬるい感じだったし
天ぷらもべチャッとしてた。
kazuさんがリサーチして決めたお店でしたが
ちょっと残念でした^^;

まぁでもこのPAに寄ったから、4つ子のレヴォーグに
遭遇することも出来たのでね^^



f0208112_12435942.jpg
さて、いきなりお宿の正面写真

別所温泉 かしわや本店

特筆するのは、何と言ってもチェックアウト時間
じゃないでしょうかね(苦笑)←そこ?^^;
(ちなみに、イン3時 アウトはお昼の12時です)
いきなりこんな書き出しなので、もしかして・・
がっかりモードのお宿??
って、決してそんなことはありませんでした^^
とはいえ・・・いつもひとり15000円前後の宿に
泊まっているウチからしたら、ひとり29000円の宿は
どーしたって求める期待度が急上昇するわけで(苦笑)

まぁ・・そんなこんなの気持ちも織り交ぜながらの
宿泊記です(いつもじゃん^^)



                  渋滞も無く予定通り2時過ぎに別所に到着。 宿の駐車場に車を停めさせてもらい、北向き観音へ。
                  上の写真でも写ってますが、宿の玄関入口から北向き観音は真後ろにあって
                  徒歩2分?いや1分かな(笑)とにかく近いです。

f0208112_12594767.jpg

                  観光案内には、無理やり?パワースポット(苦笑)状態の名所が数々載ってます。
                  夫婦杉もそのひとつ。完全な、ひねくれオバちゃんになってしまうのも哀しいので(笑)ありがたく拝礼。 
                  信じる者は救われる^^; 石にも心を洗う!って刻まれてるじゃないですかー

f0208112_12595640.jpg

f0208112_131022100.jpg

別所の温泉街は、沢山の宿が隣接しているので
割とごちゃごちゃした印象かな・・
日帰り入浴施設も、何軒かあるので
時間があれば入ってみるのもいいかも。


有名な安楽寺八角三重塔へも徒歩圏内
神社仏閣もちょこちょこと点在してるので
興味と時間があれば、散策するのもいいですね。

ウチは、3回目の別所温泉だったので
今回は、北向き観音周辺をブラブラして
宿のチェックインとなりました。



f0208112_13205487.jpg
改めて、一泊目のお宿

別所温泉 かしわや本店
全15部屋 (の割には、敷地面積ハンパない^^;)
建物は本館(旧館)と離館に別れていて
客室はどちらにもあるのですが、大浴場の内湯があるのが離館
貸し切りや露天風呂があるのが本館・・なので
別棟のお風呂に入る為には、どちらも一旦玄関を出て
それぞれの敷地に移動しなければなりません。

これは、正直言ってめんどくさかったです。
(個人的感想)

年齢と共に(笑)こういうのが面倒になるんですねぇ
痛感しましたよ^^



f0208112_1330326.jpg
右の建物が本館(旧館)かなり年季入ってます^^;
道を挟んで左側が離館

ウチは本館の露天風呂付き客室に泊まりました。
離館にも露天風呂付き客室ありますが、ちょっと割高(苦笑)
通常客室もあります。

今回の宿は、100%kazuさんの希望で
彼の行きたい宿10数軒の中のひとつ。

美ヶ原の金宇と言い、此処と言い・・・
純和風な感じが好きだったのね・・と、今回改めて
kazuさんの好みを認識した感じかなぁ

やっぱり夫婦でも、好み別れますねぇ
ワタシは、ペンション好きだし(笑)



f0208112_1633741.jpg
初めてのお宿なので写真は多めで、感想などもちょっとグダグダで
長めですがすみません(苦笑)

本館玄関入口 駐車場に停めようとした段階でホテルで言えばドアボーイのような
男性スタッフが、足早に駆け寄ってきて「車お預かりいたします」と言ってくれます。
駐車場が入組んでいるみたいで通常は宿のスタッフが車の移動をするようです。
ウチは丁重に?お断りしました。これは個人的意見ですけど
(ウチの車が新車だったという理由もあるのですが)車を預けて万が一、
擦って傷をつくってしまったとか言われたら、もうそれだけで旅行気分が台無しですし
自分達で運転して何かあれば諦めもつくけど、宿の人に預けて何かあった・・・
となればとにかく後味が悪い。そう思ったので、車の移動は自分達でしました。

実際 さほど広くない駐車場に、多くの車がひしめき合っていました。
ウチは最初に入庫したので一番奥でしたが、チェックアウトは皆さん時間帯が
さまざまでしょうから、車の移動・・けっこう大変そうです。



                           玄関  入ってすぐ畳敷きの広いロビーラウンジ  
                       本館の外観(見た目)はかなり年季入ってたけど、館内は白木の感じが清々しく綺麗です。

f0208112_16334811.jpg
f0208112_16505994.jpg

                          2階から見たラウンジ チェックインはここで記帳しました。
f0208112_16543712.jpg

f0208112_16573469.jpg

宿帳に記帳しながら頂いたのは、お抹茶と小さな和菓子
kazuさんの方のお椀には六文銭の柄(さすが信州^^;)
この時に、大浴場や貸し切り風呂の説明などをしてくれます。


f0208112_16574682.jpg


f0208112_1724383.jpg

                       皇室の方々も泊まられたお宿のようで・・・こういうのはまず外さないでしょうね(苦笑)
f0208112_1734732.jpg
f0208112_1782452.jpg
選べる浴衣や、観光案内パンフが置かれたスペース
横には、フリーで頂ける珈琲や紅茶などが設置されてありました。
ちょっとしたお菓子もありましたよ。


f0208112_1784362.jpg


f0208112_17125281.jpg
宿泊したのは、ラウンジ横の階段を上がって右、真ん前の部屋
「おぼろ月の間」311となっているけど、3階ではありません。
あっ!でももしかして、地形的に?3階に位置してるのかも・・


f0208112_17131667.jpg


f0208112_17183226.jpg

部屋入口の格子戸を開けると、最初の扉

その扉の先に、踏み込みへと続く2枚目の扉

畳敷きの踏込も広い(苦笑)

古くからの日本旅館って感じがぷんぷんします。

ちなみに全館畳敷きなので、スリッパの用意は
ありませんでした。




部屋は、和洋室 露天風呂付き
8畳の和室に、テーブルと椅子のセット
この椅子、座面が周るので何気に座り心地バツグン♪

奥に6畳ほどのスペースに、ベッドが2つ
セミサイズだったかなぁ?



f0208112_1723481.jpg

露天風呂が付いた部屋の中では
宿で一番リーズナブルだったと思います。

それとこの宿は料理のランク?(品数だと思われ)と
部屋の広さ、造りで宿泊料金が変わってきます。

もっと広い部屋で、一番品数の多い料理だと
ひとり35000円くらいだったと思います。

今年第一弾の我が家の清水宿!ですかね^^
kazuさんの還付金が入ったので特別♪

長くなってしまったので、かしわや本店さんの
宿泊記はあと2回位に分けようと思います。


by satomi-kazu | 2017-04-13 17:49 | 別所温泉 かしわや本店 | Trackback | Comments(16)
2017年 04月 01日

さらの木 2017年 3月

                           
                          冷たい雨も降って、寒い一日でした。 
                        伊豆高原の桜は、硬い蕾のまま・・・大島桜さえまだ咲いていませんでした。 
                          例年だったらもう桜満開♪の時期なんですけどね。

f0208112_12262140.jpg

                          彩りもきれいな春の前菜 可愛らしいお皿は、宿主の雰囲気そのもの^^
f0208112_12305352.jpg
f0208112_1231438.jpg
f0208112_12354052.jpg

                          安心の味付けで食べ慣れた料理の数々 やっぱり美味しい♪ ごちそうさま~
f0208112_12383751.jpg
f0208112_12461981.jpg

初めて、さらの木に泊まったのは2010年の3月
あれから7年・・・
結構飽きっぽいワタシが、こんなに足げく通う宿に
巡り会うとはね、相性ですかね、やっぱり。

7年間、写真を見返しても改めていろんなこと、あったなぁ
直前に体調を崩してキャンセルしたこともあった。
お宿の休業期間は、やっぱり寂しかったし
再開した時は、ホントに嬉しくて、快気祝いのワイン・・
美味しかったなぁ

元気でいられてこそ!の日常ですね。
ずっと先も、こうして思い出綴れますように。



                            7年前のマロン、宿主そしてワタシ♪ 
                           一緒に写真なんて撮ってたのねぇ~ 嬉しいスリーショット^^

f0208112_1304588.jpg

         2010年・・玄関先のアンジェラの苗木が、今ではこんなに立派なアーチの薔薇に・・・月日を感じますね♪

f0208112_1317516.jpgf0208112_13173649.jpg

by satomi-kazu | 2017-04-01 13:07 | 伊豆高原 さらの木 | Trackback | Comments(12)
2017年 03月 03日

草津 ペンション ヴァンベール再訪記


f0208112_12402724.jpg
部屋の大きな窓を開けると
真正面に浅間山が見えます。

草津の宿 ヴァンベールさんに
再訪しました。

チェックインの時
「何年前にいらしていただいたでしょうか?」
と、若い男性オーナー(だと思う)に聞かれ
「2、3年前だったかと・・・」と答えた。

帰ってブログや写真のストックを見たら
なんと5年も前だった。

いやー年月の経つのはホントに早いですねぇ



f0208112_12475823.jpg

往きは軽井沢経由で。

途中、横川SAでお昼ご飯。

ワタシは上州豚のソースかつ丼
お肉が超ーー薄かったけど(笑)
想像通りのお味で、完食♪
kazuさんは、炙りチャーシュー乗せ
醤油ラーメン
さっぱり味のスープで、なかなか美味^^

温泉に出掛ける時のお昼ご飯は
これくらいがちょうどいいですね。

3時のチェックインまで時間があるので
軽井沢アウトレットに。
休日だったので、家族連れなどで
すごく混んでいました。



f0208112_12544376.jpg

そうそう来週には我が家にも、いよいよ新車が
届くので、これまで11年ほどワタシタチの足になって
いろんな温泉宿まで走ってくれた、インプレッサとも
これがラストラン

11年で走行距離が6万キロ切る位なので
年間計算だと、1年で5千キロちょっとかぁ・・
ワタシが独身の頃は、1年で1万キロは走っていたので
それからしたら、少ないですね。

まぁでも、たくさんの思い出をつくってくれた車

ありがとう! お疲れさま。
ディーラーさんに渡すときは
ちょっと悲しくなっちゃうかもね。



f0208112_1324923.jpg
宿の看板には
「小さなホテル ヴァンベール」と
書かれています。

ペンションの雰囲気ですが、ホテルと言われれば
そんな感じもするかな^^;

最初に、書いときますが・・・

宿泊料金 @8500(税抜き)です!
もちろん2食付き
飲み物頼んでも、ふたりで2万円でした^^;

最初に泊まった5年前も、料金以上の
満足感があって、また来よう!って思ってて

今回は、とにかく気兼ねなくゆっくりと
お風呂に入りたい!という思いがあり2月は苗場に行ったりと
出費もかさんでましたので安いとこ!^^ が大前提~

で、決めたのが3か所あるお風呂が全部貸し切りで入れる
草津のヴァンベールさんでした。



f0208112_1320781.jpg

再訪なので、横着して(苦笑)
写真は、まとめてます。
初訪問の時の記録は今回よりも
詳しく書いてますので興味があれば
カテゴリから入っていただくと見れますので~


部屋は全部2階で、1階はダイニングとお風呂
ちょっとしたラウンジ的な場所もありました。

階段の脇には、マンガ本や雑誌がずらり
ゲームなどもあったかな。
こういうのは、ペンションっぽいですね^^;

階段下のスペースに喫煙所あり。
他は全館禁煙でした。



f0208112_18373728.jpg
部屋は洋室ツイン
決して広くはありませんが
椅子が2脚とテーブルもあって
2人だったら充分です。

トイレ洗面台付き 冷蔵庫は有りません。
「持ち込みの飲料や食べ物はお断りいたします」
の表示がフロントに掲げてありました。
ペナルティは1000円×宿泊人数でした。

アメニティーは、歯ブラシと
手洗い石鹸だけだったかな?
必要最低限と言う感じ。

バスタオルや浴衣も貸し出し制で
2枚で100円だったと思います。
バスタオルは借りましたが
浴衣は、自分達で部屋着を持参してるので
必要無かったです。



f0208112_18482590.jpg
持ち込み不可な宿なので、大きな自販機が2台有りました。
さまざまな決まりは、宿ごとに設けているので
それはそれで、納得しての宿泊ですね。

お風呂は、フロントの先
3つの貸し切り風呂が、同じ方向に並んでいます。

パウダールームが2か所
手前と、写真奥の青い暖簾がかかった場所
ドライヤーや、クシ、綿棒やコットンなどが
置いてありました。


f0208112_18484351.jpg


f0208112_1912969.jpg

3つのお風呂は、それぞれ形が違うので
簡単にご紹介。

一番手前の、桧造りのお風呂

どのお風呂も、おとな2~3人用

草津 万代鉱源泉の掛け流しです。

温度は適温なので、湯量で調整してくれていました。
チェックイン後から、翌朝10時まで
いつでも空いていれば何度でも利用出来ます。



f0208112_1963941.jpg

真ん中は、石造りの露天風呂

このお風呂は、大きな窓を全開できるので
景色を眺めながら湯浴みが出来ます。

夕日に染まっていく、浅間山を遠くに見ながら
気持ち良い入浴が出来ました。


草津のお風呂って、正直景色を楽しみながら・・
っていうのは、あまりないと思うのですが
ヴァンベールさんのお風呂は絶景です^^


しかも貸し切り♪ 嬉しいサービスですね。



f0208112_19134330.jpg

一番奥のお風呂

湯船の大きさ的には
ここが一番大きいかも。

3つのお風呂、全部利用しました^^

この日はウチを含めて2組のお客さん。
待つことも一切なく、ノンストレスで
草津のお湯を堪能出来ました~

とにかく今回は、ゆっくり気兼ねなく
お風呂に入りたい!と思っての草津
でしたので、大満足でした^^

気持ち良かった♪



f0208112_21531378.jpg

食事は、一階のダイニングで
6時半からだったと思います。

@8500 夕食時ワンドリンクサービス付き^^
kazuさんは、生ビール
ワタシはソフトドリンクを注文しました。

この料金でワンドリンクサービス♪
ウレシイですね!



白のフルボトルを頼みました。
@2000 これもリーズナブル!



f0208112_21584626.jpg

料理は
オードブル、スープ、魚料理、肉料理のコース
前回訪問時と、大きな違いはありませんが
宿泊料金を考慮すれば、充分すぎる内容。

上州豚のデミグラスソースが特に美味しかった♪

食後のコーヒーも付いて、@8500ですからね。
何度もしつこいですけど(笑)


ただ、量的には多くはないので
若い方や沢山食べる方には
少し物足りないかもしれないですね。


お昼ご飯、たらふく食べて行きましょう!



f0208112_22133434.jpg

朝ごはん

パン、コーヒー、紅茶は
お替り自由♪



野菜がたっぷりの朝食です。

ごちそうさまでした♪



f0208112_22215393.jpg

帰路は、上州村の駅へ

群馬方面に行ったら、必ず寄りたい^^;
お惣菜コーナーの品揃えが良くて
気に入ってます♪

味付けもとっても美味しいんですよ~
晩ご飯のおかずは、ここで買って帰ります。

今日はひな祭り♪ 2月は、あっという間でした。

春は、花粉の症状で目が痒いし、鼻水は
出っぱなしだし(笑)正直好きな季節じゃありません。
早く、春が過ぎてほしいなぁ・・・



草津ヴァンベール再訪記 おしまい♪

by satomi-kazu | 2017-03-03 22:33 | 草津 ペンション ヴァンベール | Trackback | Comments(14)
2017年 02月 09日

奥日光 森のホテル 宿泊記②

             
             一年の中で2月は、私の中でソワソワ、ドキドキ、ウキウキ♪の特別な月 
             苗場のチケットが届き、初日ライブの様子を見聞きし、もう・・心ここにあらず(笑)的な日々ですが
             先月出掛けた奥日光の後半を書き残しておかないと、どうも落ち着かない。 
             アバウトな感じになっちゃうかも?ですが、森のホテル続きです!

f0208112_14191373.jpg

             森のホテルの大浴場は、男女別に2か所  上が露天風呂、下が内湯です。 
             男女の交代は無く、男湯の方が若干狭いようです(kazuさん情報) 部屋数(25)に対して
             正直あまり大きな浴場ではありませんねぇ 泉質は抜群なんだけど、個人的には内湯露天ともに
             この倍くらいの広さがあっても然り・・という感想でした。

f0208112_14194619.jpg

f0208112_14313442.jpg
お風呂に関しての素直な感想!

午後3時から、夜の8時まで立ち寄り入浴を
受け入れています。
その日の、受け入れ客の人数やお客さんの
質(常識が有るか無しか)にも左右されますが
ウチが泊まった日の、立ち寄り客の中に
中国人のグループ、小さな子供連れの親子(数組)
と遭遇しました。

正直言って・・最悪でした。
チェックイン後に、女湯に行きましたけど
脱衣所の騒々しさで既にゲンナリ
でも、せっかく下まで降りてきたし
チャチャッと浸かろうと・・・



f0208112_14391648.jpg

お風呂の写真は全部、早朝のものです。
(運よく、早朝はのんびりと雪見を満喫)

kazuさんの話では、男湯も中国人の男性4人組が
騒がしく、じゃぶじゃぶ水を足していた・・とか。

女湯の方も・・ご想像にお任せしますね。

軽く、内湯に浸かって、3分ほどで私は
出てきてしまいました。

大きな宿では、もうこれは運が悪かったとしか
言えないのだけど、早朝にゆっくりと入浴出来たので
まぁヨシ♪ とします^^;



f0208112_14472097.jpg

ホテルには、2か所の家族風呂(貸し切り)も
ありました。

通常@2160 (45分)の有料

今回、私達が泊まったお得なプランでは
貸し切り風呂が一回、無料で利用出来ました。



f0208112_14514490.jpg
このお風呂もさほど大きくはありませんが
2人だったら充分です。(深さがあります)
湯船も小さい分、源泉の濃さが際立ってるように
感じました。 温度管理も完ぺきでしたねぇ
奥日光のお湯は、かなり熱いけど(私は好き♪)
窓を開けて風にあたりながら、入ったり出たり・・
硫黄泉の香りに包まれて~
シアワセなひと時でした^^ やっぱり貸し切りがいいっ!


f0208112_1452013.jpg


f0208112_1514786.jpg
夕食と、朝食は「杜のダイニング」という会場で。
部屋に電話が掛かってくるのではなく時間になったら
自分達で向かいます。ダイニング前に行くと、スタッフが
席まで案内してくれます。この時に初めて気づいたのですが
1人で泊まってるお客さんが割といました。
照明も明るく、テーブルや椅子、木材の雰囲気も優しい感じで
とても居心地の良いダイニングでしたよ♪


f0208112_1522080.jpg


f0208112_15164697.jpg
席に着くと、すぐにサービスの(タダ^^;)
ワインをセットしてくれます♪
いやー、この白! 美味しかった~
フルボトルでサービスなんて、嬉しい特典でした^^

周りを見渡すと、生ビールや、グラスワイン
カクテル、ジュース等々・・・テーブルいっぱいに
空きグラスが並ぶほど注文しているお客さんもいたので
「なんか、スゴイナ~」って思ったので、ちょっと色々
宿泊プランを調べて見たら、「夕食時120分、飲み放題プラン!」
っていうのもありました(笑)
あーーあのカップル(苦笑)そのプランだったのね、と納得^^;

f0208112_1517596.jpg


f0208112_18544569.jpg
さて、夕食です。

名前の書かれたお品書きもありました。

全体的に量は少な目に感じました。
写真の編集してて余計にそう思いました。
こんなもんだったの?って(苦笑)

追加料理なども、いろいろあったと思う。
メニューは見ていないので定かじゃないけど^^;

右下の小さなグラス 森のドリンク♪ 
激ウマでした^^野菜や果物のスムーシー
食前酒の変わりですね。
もっとちょうだいって感じ(笑)



                夕食の写真をまとめたら、朝食よりも簡単に済んじゃった(苦笑) 
                若い男性やたくさん食べれる人には物足りないかもしれません。 味付けは、良かったですよ^^ 
                濃い味でもなくきちんと出汁を取ってくれてある料理でした。

f0208112_192445.jpg

                日光牛のしゃぶしゃぶ、鍋がミゾレ鍋で美味♪ いいお肉でした~
f0208112_1921357.jpg

f0208112_1912250.jpg

最後に、朝食です。

森のホテルの朝ごはんはバイキング
いろいろクチコミを読む前は
「えーーバイキングやだなぁ」
と、思ってたんですが・・・

とんでもない!!
とっても充実した、至れりつくせりの内容。

美味しそうなおかずが沢山並んでいて
写真を撮るのも楽しかったんですけど
他のお客さんの邪魔になるので
全部は撮りきれませんでした。



                  和食、洋食いろとりどり♪ 取り易く小さな小鉢で配されるのも良いですねぇ 
                  お客さんがトングでおかずを取り、ぐちゃぐちゃになった後の光景が無くてすっごく良い!!

f0208112_1917281.jpg

                  ワタシは欲張って白米とお赤飯♪ パン好きのkazuさんは色んな種類のパン♪
                  トースターで美味しそうに焼いてきました~ ひとくちサンドウィッチもありました^^
                  写ってませんが、お味噌汁や納豆、海苔などもたーくさん有りました!
 
f0208112_19211229.jpg

                  自分達で好きな物を取ってくるのとは別に、なんと!作りたて熱々の出汁巻卵と
                  茶わん蒸しをテーブルまでスタッフが運んでくれるのです! 
                  この出汁巻卵はきっと朝食の名物なのかもしれませんね^^ 美味しかった! ごちそうさま~

f0208112_19284122.jpg

f0208112_19313423.jpg
食事会場でも、珈琲は飲めますが
私達は、ラウンジで食後の珈琲を頂きました!
さすが・・・珈琲カップ温めてくれてあります。
このひと手間にお客さんは感動するんだと思いますねぇ


f0208112_19314452.jpg


f0208112_19384724.jpg
珈琲と一緒に、自家製クッキーも♪
噂の朝ごはんバイキング ホント大満足でした!
前回のお宿の朝ごはんが・・がっかり~だったので(苦笑)
余計にね^^;


f0208112_19385643.jpg


f0208112_19443845.jpg

                   奥日光 森のホテル  夏も秋も良さそうです^^ 
               でも真冬の閑散期にあの賑わいだったから、ハイシーズンはもっと混雑しそうだなぁ・・・お風呂(笑)
                次回は少し奮発して、露天風呂付きの部屋に泊まりたいな♪  宿泊記おしまい! 
                 さぁーて、完全に苗場にスイッチオンです(笑)


by satomi-kazu | 2017-02-09 19:54 | 奥日光 森のホテル | Trackback | Comments(8)
2017年 02月 03日

奥日光 森のホテル 宿泊記①


f0208112_11585063.jpg
四万温泉だけの予定だった1月の温泉

思いがけず、お得なプランを見つけて
奥日光の気になっていたお宿にも
行くことが出来た。

お昼は、佐野SAで、佐野ラーメン
なんか、前に食べたとこと風景が違う・・・
変わった? こんな豪華な椅子だったっけ??

「前に食べたのはフードコート、こっちはレストラン」
シラッと言うkazuさんに、「あーーそうかぁ」
なんだか物忘れ? 若年性健忘症?なのか・・
ちょっと「ヤバいぞ!」って感じる事、最近しばしば・・・

縮れ麺の佐野ラーメン、スープあっさりで美味♪
メニューの写真につられて、卵かけご飯^^
シンプルだけど、これも美味



f0208112_1275015.jpg

いろは坂経由で、奥日光まで。

道路もスイスイ渋滞なし


チェックインまでかなり時間があったので
ちょこちょこ観光しました。




竜頭の滝
紅葉の時は、ものすごい人だかりの名所

だぁーれもいなかった(苦笑)



f0208112_12122826.jpg

雪の戦場ヶ原

雪の湯滝

お天気良かったので
青空と、雪の白が眩しい~





新緑の湯滝は
マイナスイオンたっぷりで
思いっきり空気を吸い込んだけど
真冬は、凍る(笑) 寒い~



f0208112_12184956.jpg

湯の湖付近で、何やら大きなかまくら発見

ものぐさ夫婦、珍しく色々観光(笑)




雪のかまくらの中に、氷の彫刻
意外に?見応えがありました~



夜はライトアップするみたいで
キレイだろうなぁ・・・
夜も見たいなぁ・・・
ホテルから結構歩くなぁ・・・
寒いだろうなぁ・・・

夕食後・・・出掛けるわけないね(笑)



                        湯の湖  ステキな風景でした。 夏や秋もいいけど、冬もいいね♪
f0208112_12272681.jpg
f0208112_1227377.jpg
f0208112_1230193.jpg

前置きが長くなったけど

本日のお宿

「奥日光 森のホテル」

一昨年の12月に泊まった、ゆの森さんの
一軒手前にあるお宿です。

3時チェックイン 翌11時アウト
全25室
外観をみた感じだと、25部屋もあるの?って印象



f0208112_12361114.jpg

でも、中に入ってみるとロビーもラウンジも
どこもかしこも、ゆったりとしたスペースが
あって、とっても寛げる素敵な空間でした。


初めてのお宿は
玄関先からワクワク感^^

自動の扉が開くと
にこやかな男性スタッフが
出迎えてくれました。



                        絨毯張りのスペース、フローリングは床暖房 スリッパの用意はありません。 
                             素足(靴下)で歩くと不思議に開放感が増しますね。
 
f0208112_124234100.jpg

                         好みの雰囲気で自然とテンションが上がってきました^^
f0208112_12431788.jpg
f0208112_12434474.jpg
f0208112_1244421.jpg

f0208112_12504741.jpg
ゆったりラウンジで、お汁粉とお茶を頂きます。
ピアノが自動演奏していて、何とも言えずいい~雰囲気♪
対応してくれたベテラン男性スタッフは、本当に物腰が柔らかく
これぞ!接客業!って感じ。 いいねぇいいねぇ


f0208112_12505933.jpg


f0208112_132276.jpg
建物は2階建て  今回の部屋は2階
エレベーターも有ります。 床もピカピカですねぇ
スタッフが荷物を持って部屋まで案内してくれます。


f0208112_1256465.jpg


f0208112_1342274.jpg
吹き抜けになっているので、天井も高い。
色んな場所が全部、絵になる感じ♪


f0208112_1363360.jpg


f0208112_1395313.jpg

202号  和洋室

今回は、ほぼ直前予約に近かったので
宿の情報は予約サイトなどで見ただけ。
ブロガーさんの宿泊記は少なくて
部屋の中がどんな感じなのかも
事前情報があんまりなく。

でも、反ってそれも新鮮で良いですね♪



f0208112_14104062.jpg
このお部屋・・・
とにかく気に入りました^^
ここ最近では一番かも。

琉球畳の和室に、ベッドスペース
座り心地満点のソファに、木製の椅子

大きな窓からは、奥日光のスキー場も
見えました。

露天風呂付きの客室も3部屋あるようですが
今回は、通常の和洋室。

いやー、快適快適♪
何日か連泊したくなるほど、良かったデス!



f0208112_14161649.jpg
和室で一段高くなった床にマットレスを置きました!ではありません。
(何気にあの仕様って好きじゃない。 だったら畳に布団のが断然良いです)
ベッドや枕、シーツなどのリネン・・やっぱりホテルだなぁと思わせる良質なもの。
寝心地も抜群でした。


f0208112_1439730.jpg


                     大きくて使いやすいクローゼット  木製の椅子の後方には浴室と(温泉じゃありません)洗面台。 
                  鏡が大きいのもとってもいい♪ 小さなことだけど、使う人の気持ちをよく考えて設計しているなぁと思いました。
f0208112_14264565.jpg

                                  あまりに綺麗だったのでトイレもパチリ^^; 
                             扉が引き戸なのもいいっ!! ホント使い勝手が良かったぁ

f0208112_14265598.jpg

f0208112_14423862.jpg

プラン特典のフルボトルの白ワイン
(赤も選択可)

夕食時に飲まなければ
お土産として、持ち帰る事も可です♪


長くなってしまったので
お風呂の様子や、夕食
そして大満足の朝食は
次回に♪




by satomi-kazu | 2017-02-03 14:48 | 奥日光 森のホテル | Trackback | Comments(6)