人気ブログランキング |

ずっとそばに 

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ
2019年 12月 07日

あれから一年


f0208112_23565941.jpg

写真は去年のkazuさん誕生日、還暦祝いも兼ねて
いつもの宿にて・・・

美味しい料理と暖かいおもてなしで祝った数日後に
kazuさんの病が発覚。 あれから、一年
61歳の誕生日を無事に迎えられたことに改めて
想いを馳せた今日という日。

2019年、年末振り返りでも書き残す出来事だけど
今日は、少しこの一年間を振り返って
主治医の顔や言葉、kazuさんの表情や、ソファで佇む
不安げで悲しそうな後ろ姿
そして、何と言ってもブログ主のワタシが(苦笑)
どんな気持ちで過ごしてきた一年だったか・・・
備忘録です。 コメント欄は閉じさせてください。

PC画面の向こう側で、読んでくださる皆さんを思い浮かべながら。




f0208112_11592640.jpg


少し前に、NHKの「クローズアップ現代」という番組を見た。
「現代世代のがん治療 魔の不安定期間をどう乗り越える?」
というタイトルだった。

がんと告げられた後、適応障害やうつ病を発症し
治療に影響が出るケースが多発している事例が増えている。
医師たちは、心が不安定になる告知後の「魔の不安定期間」の
過ごし方で、その後が大きく変わると指摘。

そんな内容の番組でした。
ワタシは、録画をしてじっくり見たけれど
kazuさんは、さほど興味も示さず他の事してたかな。

何組かの実際にがん告知された人をドキュメンタリータッチで
取材し、その都度インタビューに応えたり、医者との診察風景も
映し出していて本当にリアルな世界だった。

沢山編集されているだろうから、実際の患者さんが
自宅に帰ってひとりで思い悩んでいる姿は、見て取ることが出来ない。
これはもう・・本当に同じ思いを経験した者でないと解らない現実。

告知されてから、ある程度の治療方針やもっと詳しい検査結果などが
解るまでの期間(我が家の例だと、約1ヶ月間)が、本当にしんどかった。
魔の不安定期間・・なんて上手い事表現するなぁって(苦笑)
今だからこうして書けるけど・・・ そう、あの期間・・・キツカッタよね。



f0208112_12182286.jpg


一年経った今、思い返せば入院治療が始まった時期よりも
この「魔の不安定期間」が一番辛かったなぁと、ワタシ。

kazuさんはどうだったろう?
しんどい治療中は当然身体がキツカッタだろうし
どんな事を考えながら、毎晩病室の天井を眺めていたのかな。

「誕生日おめでとう!あれから一年、無事に誕生日を
迎えられて本当に良かった!これからも長生きしてね」とライン送信

「レモンからステージ4って言われた時はビビった・・・
(余談・担当医師がLemonの米津玄師に似てて^^;勝手にあだ名)
無事に乗り越えられたのはsatomiさんのお陰」と返信がきた。

職場の昼休憩だったけど、少し泣いた。



f0208112_12320190.jpg


61th 62th 63th・・・とこの先もkazuさんの
誕生日が来るたびに、2019年の闘病時期を
ふたりで懐かしく思い返すだろう。

病名がハッキリとしない時に、レモンが放った言葉
「多分・・悪性リンパ腫じゃないかと、まだ決定ではないですが」
確定したわけじゃないのに、そんな恐ろしい病名・・・
言ってくれるなよぉ~~って、今だから言える(苦笑)

最終判定の病名は、B型細胞系の白血病と診断されたんだけど
なんだろ・・今でも、あの悪性リンパ腫って言葉は頭を何かで
割られたような・・・とてつもない衝撃で、ワタシでさえ
普通な感情で生活出来てたかな?って今でも思うのに
当事者のkazuさんの心情は、どれほどだったのかと。

本当に・・よく頑張りました! ありがとう!生きててくれて。



12月は、予定が取れずお祝いを兼ねた温泉旅もナッシング
その代わりに、憧れの和食やさんまでロマンスカーに乗って^^

年の瀬・・寒さも本格的にやってきました。
皆さまも体調管理万全で、風邪などひかれませんように。





旅・おでかけ部門に応募いたします。




# by satomi-kazu | 2019-12-07 12:53 | 日常
2019年 12月 01日

四万温泉 ひなたみ館 宿泊記③


f0208112_16082294.jpg

ちょっと間が空きました。
自分でも思い出せなくなってしまうので
終わらせとかないと(苦笑)

ひなたみ館の夕食は、部屋食も選択出来ました。
満室の場合は、食事処に廻されるのかも?
因みに、朝食は全室食事処で・・と
案内時に言われたような記憶です。

食事処・・・ちょっと狭い^^;
仕切りは、薄い暖簾のみ、透けてるから
お隣がよく見える。こっちの姿も然り。

ウチが案内された1階に5テーブル
2階にも食事処があるようなので、そっちも5テーブルかな?
全10室の宿なので、そうなるでしょう。




お品書き有り、最初に用意されたテーブルの上
女子受け、今どきのインスタ映えしそうな色合い^^;
f0208112_16190728.jpg

f0208112_16193650.jpg

お品書きに「お迎えの品々」とあった一皿
ウチのテーブルを担当?してくれた男性スタッフは
なかなか丁寧に、にこやかにひとつずつ説明してくれたけど・・・
お隣のカップルと、奥に座ってた4人組(男女2人のカップル)の席に
給仕してた、かなりご年配のおばあちゃん(スタッフなのかなぁ・・)

ワタシの勝手な想像ですが、ひなたみ館さんは創業がかなり古く
きっと昔から働いている従業員の人達も多そう・・・
数年前に宿をリニューアルしてからも、引き続き働いている人も
いるんじゃぁないかと・・あのおばあちゃん、そういう感じかなぁ
(あくまでワタシの想像です)

で、おばあちゃんに戻るのですが、料理の説明もさることながら
次の料理を出すタイミングを、厨房に伝える時、割と大きな声で
言うもんだから丸聞こえ(苦笑)
それが
「4人のとこー、次、肉ねーー、次、ご飯ねーー」ってな具合^^;


4人組の彼氏の方がボソッと「4人かよっ!!」って
ボヤイた声も聞き逃しませんでした、ワタクシ(笑)
もう少し、詳しい感想は最後に^^;


お迎えの一皿も、ひとつひとつ手作り感あり美味しく白ワインが進みました。
地産地消のお宿が増える中、ひなたみ館さんも例外ではなく
野菜も肉も、群馬県産と書かれてありました。
左下の「里芋饅頭 蕎麦の実餡かけ」が好み
f0208112_16360256.jpg
上州牛の石焼ステーキは、インパクト有りな感じで配されました。
アルミホイルに包まれた状態で運ばれ、剥がすとジュジュジュ~っと^^
視覚(見た感じ)聴覚(ジュジュジュ~)で魅せますねぇ
4人組の女の子達「わぁ~すっごぉ~いぃ♪」って、萌え女子声攻撃
宿泊費・・男子が支払うんだろうなぁと、オバサンは余計な詮索(笑)

メニューに「お造り」がありませんでした。
まぁ群馬県だしそれも有かな・・と思ったら
最後のご飯が「岩魚の炊き込み」
ここで魚かぁ~ やるじゃん♪
おまけにストウブ鍋でお洒落に登場
2杯目からはお茶漬けで食べれるように
出し汁も用意されました。
お漬物がこれまた旨い!
大ぶりの茄子に胡瓜、キャベツ
絶対に宿のぬか床で作ってるヤツじゃんね^^
美味しかった~ ごちそうさまでした。
f0208112_16361336.jpg

f0208112_17014592.jpg

最後のデザートは、少し寂しい印象。
貸し切り風呂仕様とは言え、@18000
ワタシの中の宿泊料金基準?だと、上位の金額です。
お風呂が付いている部屋のお客さんも、料理同じかな?
だとしたら、ちょっと・・・

そして、給仕してくれる従業員さんの応対に
ムラがあるなぁと感じたのも正直なところ。
宿の方達の声が聞こえてこないなら、まだ知らずに済んだけど
厨房に叫ぶように、次の料理の合図を出す様は
耳にしたく無かったですね。

リニューアルして、洗練された雰囲気になった館内と
少し、好対照な?雰囲気のあるスタッフさんの対応。
田舎の家族経営的な匂いを醸し出している宿なら
全く感じなかったちょっとした違和感を・・・
感じてしまいました。

(何度も書きますが、実際にその時に泊まったワタシの個人的な感想に過ぎません)

余談ですが・・館内の写真を撮りたくて、フロントやラウンジ周辺をウロウロ
フロントには、多分?若女将っぽい女性が鎮座していたので、まずは断って
「写真撮ってもいいですか?」と、ニコッとされて「どうぞ」と。
まぁここまでは良かったけど、なんとなくカメラを向けてるのをガン見されてるのも
気が引けていると、すぐ近くにいた男性スタッフに珍しくkazuさんが話し掛けてる(苦笑)
「四万温泉は、何軒か泊まってるんですが、こちらは広いですねぇ」と
とんちんかんな事を言い出した(笑)
全10室のひなたみ館さんが広く大きな宿のはずがないのに^^;
その時の男性スタッフの対応が・・・「はぁ??広い??ですか?」と
なんともねぇ・・ものすごーく、シラッーーーっと、されちゃったんですよ。
あれじゃ話し掛けたkazuさんの返しようが無いというか、気まずい空気が辺り一面に。

ワタシが心の中で「なに、とんちんかんな質問してんのよ!」と感じたのと
同じように受け取ったんだろうなぁ・・あの男性スタッフ、と思いました。

変に話しかけちゃったkazuさんには、広いですか??の返しに
反撃をかわす技量は到底なく(笑)
スゴスゴと、部屋に戻っていっちゃった^^;
なんか後ろ姿寂しそうだったな(苦笑)
お宿の人に話しかけるなんて、まずしない人なのに
全く(笑)珍しいことするから撃沈するんだよ^^;

あの場面を思い返すと、初めてのお宿っていうのは難しいなと。
お客サイドが変に気を遣ってしまう場面も多々あるなと。
そうなってくると、中途半端な小宿って反って難しいですね。
お客さんと経営者の相性とか、距離感とかね。

大型の施設の方が、そういう面では気疲れしないのかな?
そんな風に感じたひとこまでした。

いろいろ書いちゃいましたけど(苦笑)


f0208112_17190804.jpg



さて、夕食が終わると男性スタッフが
「お夜食に、おにぎりをお持ちいたします」
「2つでよろしいですか?」と。

程よい満腹感で部屋に戻ると、寝心地抜群の布団
(点で支える、無圧布団でした~)
テーブルにおにぎり♪

お米が美味しくて、無理なく完食^^









朝食は、こんな感じでね(苦笑)
ちょこちょことオカズもいっぱい
何といっても炊き立てご飯が美味しい^^
サラダの野菜もシャキシャキで美味
卵焼きより、温泉卵が良かったかな。

それと・・朝ごはんはお櫃の方が・・・いいのかも(苦笑)
若い食べ盛りの男子、「ご飯お替りください」と何度か要請。
その度に、またあのお声が・・・
「4人のとこ、ご飯お替りねーー」(爆)
f0208112_18020329.jpg


f0208112_18082752.jpg


食後は、珈琲を部屋まで持ってきてくれました。
川沿いのテーブルで、頂きました。
10時チェックアウトのプランでしたが
お布団はそのままにしてくれてありました。

12時アウトを選択すれば、もっとのんびりと出来て
お風呂に入っても、バタバタせずに済みそうですね。
因みに12時アウトプランは、ひとりプラス2000円です。

9時少し前に、最後にもう一度お気に入りの
露天風呂にザブッと入ってきました。

四万温泉のお湯が大好きなkazuさん
またまた検索の虫になって、穴場を見つけたよう^^;



さぁ~ 帰路は、クマリンさんに教えて貰ったJAの直売所と
ルーシーさん壱押しの伊香保のお饅頭屋さんに寄りました~^^
皆さんからのいろんな情報は、旅する上で本当に
参考になって助かっています! ありがとうございます。
f0208112_18184523.jpg
宿紹介よりも、細かい自分の感想が多くなりましたけど
自分たちの旅の記憶として
「あぁ~っこんなこと言われたね~」とか
「あの時、kazuさん超~スベッたね~」とか
何年後かに、懐かしく思い出せるようにと記録しています。
なので、色々と・・・ご了承くださいませ^^
おしまい
f0208112_18240498.jpg


旅行・おでかけ部門に応募いたします。





# by satomi-kazu | 2019-12-01 18:30 | 四万温泉 ひなたみ館 | Comments(14)
2019年 11月 23日

四万温泉 ひなたみ館 宿泊記②


f0208112_23421378.jpg


四万温泉 ひなたみ館

泊まったのは、1階の「三相」というお部屋

10畳の和室に、ダイニングテーブルが置かれた広縁

あっ!そういえば、また最近書き忘れてましたけど
宿泊料金は、この部屋タイプで@18000(税込み・平日)
因みに、チェックアウトの時間をゆっくりな12時にすると
@20000(税込み・平日)でした。

他にも、川側じゃない部屋があったり(もう少しお安いです)
半露天風呂付の部屋などもありました。
料理は、どの部屋も同じなのかなぁ・・・




間接照明がすごく明るく、少し落とすとオレンジ色っぽくなって
とっても雰囲気の良いお部屋です。
部屋の内装も、ホントにスッキリしていて無駄が無い感じ。
サッシが二重になっていて、すぐ下を流れる川音も全く気にならず。
f0208112_23430482.jpg
とにかく・・キレイです。宿の経営者さん、相当な綺麗好きかも。
館内、部屋は当然禁煙でした。
(部屋での喫煙が確認された場合、ペナルティーで消臭代や
7日分の宿泊代金を請求させて頂きます)と
かなり手厳しい文言がありましたよ(苦笑)
因みに喫煙所は玄関前にあったと思います。
洗面所には、使い切りのアメニティーや大きなドライヤーも有り。
特に良かったのがバスタオル!
ものすごく厚手で高級ホテルで使用されるような物だと思います。
f0208112_00213797.jpg

f0208112_00231431.jpg

このダイニングテーブルは
部屋食を希望した時に
使用できるみたい。

ゴロッと横になれるソファだったら
良かったのになぁ~って思ったけど
この木製の椅子が意外や意外^^
座り心地良かったんです♪

ウチは、食事処を選択したので
このテーブルでは、朝の珈琲を
頂きました。

窓を開けると、豪快に川が流れています。





館内に3つ有る貸し切り風呂へ
地下1階まで降りていくと、白壁と黒壁の
いちいちお洒落な通路を抜けて(笑)
お風呂は3つ並んでいます。
各階にある、使用中が解るランプは便利ですね。
f0208112_12151227.jpg

f0208112_12215451.jpg


露天風呂1
内湯2

一番気に入って、何度も浸かった露天♪
湯舟側からの写真ですが、入り口までは
ちょっとした距離があって、洗い場は
入り口方向にあります。

もちろん、シャンプーコンディショナーなど完備
シャワーの圧力も半端なく^^; 快適でしたよ。

最初にも書いたのですが、湯舟付近に蛇口は無く
水で薄めることが出来なくなってるけど
とにかく適温♪ 3つの湯舟が微妙に温度が違ってました。

露天は一番熱めで、体感温度は41℃~42℃弱
くらいだったかな。
外気温が冷たいので、この位の湯温がサイコーに
気持ち良い♪







この露天がホントに気に入ってしまって
あと2つの内風呂には見向きもせず(苦笑)
2人でも余裕な広さ、湯口からコンコンと流れ出る源泉
無色透明なお湯だけど、何とも言えない微かな温泉匂
「四万の温泉だぁ~やっと来れた~」と
kazuさんはワタシ以上に感激してました。
f0208112_12321270.jpg
川の音しか聞こえない、極上の露天風呂
写真を見返してるだけで、また直ぐにでも浸かりたい気分^^
f0208112_12324225.jpg
f0208112_12440058.jpg
残り2つは簡単に^^; 小さい方の内湯
3、4人は浸かれそうな広さ。ちょっと閉塞感があったかなぁ
f0208112_12501297.jpg
3つの中で一番大きな内湯です。
窓はあったけど開け閉め出来なかったような?
7、8人は大丈夫そうな感じで、湯温は一番温めでした。
どのお風呂も、湯口から源泉が流れているのみ
水で薄めたり出来ないので、本当に温度管理(湯量)大変だろうなと感じました。
f0208112_12533624.jpg
一気に食事も・・と思ったのですがここまで先にアップしちゃいます。
夕食の炊き込みご飯・・・ストウブで配されましたとさ^^
もぅ~ここでもいちいちお洒落です♪
美味しかった、これ^^
f0208112_13011286.jpg



旅行・おでかけ部門に応募いたします。




# by satomi-kazu | 2019-11-23 13:06 | 四万温泉 ひなたみ館 | Comments(11)
2019年 11月 20日

四万温泉 ひなたみ館 宿泊記①


2年ぶりの群馬 四万温泉
紅葉は、ところどころ枯れ木になってたけど
まだまだ見頃な場所もあって、キレイだった。
f0208112_23231200.jpg
f0208112_23233720.jpg
f0208112_23234505.jpg
チェックイン時間まで、少し散策
四万湖 ダム
結構迫力ありました。
f0208112_20572809.jpg
四万温泉入り口直ぐの川
橋を渡って下まで降りてみました。
水がキレイだった。
f0208112_20555563.jpg
真冬に訪れた数年前は、橋の上から
一面真っ白な雪景色
四季のある日本・・素敵ですねぇ
f0208112_21025891.jpg
トンネルを抜けて、四万温泉の一番奥の方まで
f0208112_21090426.jpg
f0208112_23250563.jpg
今回のお宿 「四万温泉 ひなたみ館」
f0208112_20580395.jpg

f0208112_20581562.jpg


今年の1月に予約を入れていた宿ですが
kazuさんの病気療養で、キャンセル。

今回は、リベンジ旅です。

全10室
半露天風呂付の部屋も何室かありました。

四万温泉の源泉は何本かあるようですね。
今まで泊まってきた四万の源泉とは
また違っていましたが、アッちっちの熱めの
お湯が好みなので四万は冬に来たい場所です。

7年位前に、リニューアルされたようで
外観も、館内もとっても綺麗でした。



f0208112_21295660.jpg
玄関を入ってから、1階のフロント、ラウンジ
廊下、階段などなど・・・
とにかくどこもかしこもとっても綺麗で清潔
北欧系の白木の床や壁が、明るい照明に照らされて
眩しいくらいでした。
f0208112_21322334.jpg
f0208112_21332143.jpg
f0208112_21335361.jpg
f0208112_21324966.jpg
ホントに~ピカピカ♪ お掃除大変そう(苦笑)
二階にもラウンジ有り。
f0208112_21394987.jpg

f0208112_21413712.jpg
f0208112_21420490.jpg
オーディオのセットがあったけど、自由に聴けるのかな?
あまりにオシャレな空間で、逆に触っちゃいけないような感覚に(苦笑)
なので、椅子に座って寛いだり、音楽を聴いたり・・・はしてません^^;
f0208112_21422567.jpg
部屋に戻って、一番風呂へ^^
3つあるお風呂は、全て貸し切り仕様
風呂上がりにルームサービスで生ビール♪
はぁ~美味しかったなぁ~ 極楽極楽♪
f0208112_21451297.jpg
素敵なお風呂と、お部屋、食事のようすを
あと1回アップ予定です。
f0208112_21481985.jpg



旅行・お出かけ部門に応募いたします。




# by satomi-kazu | 2019-11-20 22:02 | 四万温泉 ひなたみ館 | Comments(18)
2019年 11月 16日

あれから10年後の行ってみたい宿kazuさん編


箇条書きにしてありました(笑)kazuさん編
いやぁ~・・・しかし、今回載せる宿5軒以外にも
何軒かぞくぞくと名前が挙がったのですが
ワタシは、初めて聞く宿名ばっかりで(苦笑)
検索の虫ですな、kazuさん。
「暇かっ?」by相棒 角田課長風~~^^;

というわけで、2019年現在行ってみたい宿 kazuさん編

1軒目「寛ぎの諏訪の湯宿 翠sui」
展望露天から見渡せる諏訪湖の眺望が絶景だとか。
因みに湯浴み着、着用で混浴らしいです。
料金は2万円代後半から4万円・・ですか・・(苦笑)
この料金なので、当然部屋に温泉風呂付き
f0208112_12473954.jpg

2軒目 「南房総 鴨川 海の庭」
千葉!!ですか?と思わず突っ込んじゃいました^^;
想像もしてなかったです、千葉県の宿ねぇ
こちらも、部屋からの眺望が抜群らしく
海の幸満載の食事は言わずもがな。
まぁでも個人的には、船盛りはキツイ
お刺身は、少しでいいのですよ、少しで(苦笑)

f0208112_12475063.jpg

3軒目「信州 山田温泉 藤井荘」
全く知りませんでした(笑)見たことも聞いた事もない宿です。
「いつかは訪れたい本格信州の伝統旅館」と謳われてます。
こちらも、絶景の景観らしく・・・
何やら眺め重視にシフト変更してるのかしら?^^;
まぁでも、おもてなし感が凄そう。
束の間、優雅な気分を味わえそうかな。

f0208112_12472663.jpg

4軒目「嬬恋の宿 あいさい」
一番リーズナブルな宿でした(苦笑)
部屋風呂は無いけれど、食事のクチコミが抜群らしいです。
ルーシーさんが行かれた「花いち」も食事の評判がとっても良くて
kazuさん曰く、嬬恋食事の良い宿御三家?の中のひとつだそう。
(あくまで、kazuさん主観です^^;)
まぁ・・ワタシとしては、温泉力がイマイチっぽいのかなぁ
という印象がぬぐえないんですけどね(苦笑)

f0208112_12481034.jpg

5軒目は「鬼怒川温泉 大人の隠れ宿 ひやま」
「ここはね、来年中には行くからね!」と豪語してたので
振り返った時に、行ってなかったねぇと、ならなそうな、宿かな。
ワタシ的には、美ヶ原の石川さんみたいな印象を持ちました。
名物料理の「じょうよ蒸し」は絶対に食べてみたいです^^

f0208112_13480891.jpg
というわけで、行ってみたい宿kazuさん編を載せてみました。

2009年に書き出したお宿に、この先行く事あるのかなぁと考えると
まず、無いな!(笑)なので、今回の10宿もどうなるか?^^;
5年後、10年後に検証するのが楽しみになってきました。

そして今回も、夫婦で全く異なるお宿名が挙がって
なんか面白いなって思いました、おしまい。




旅行・おでかけ部門に応募いたします。



# by satomi-kazu | 2019-11-16 14:06 | 旅全般  立寄り湯など | Comments(10)
2019年 11月 13日

あれから10年後の行ってみたい宿


2009年の9月頃、行ってみたいお宿!というのを夫婦別で
5軒ほどリストアップしブログに書いたことがありました。
これまでの10年間で、その行ってみたいお宿に実際に泊まったのは
ワタシが5軒中、たったの1宿(苦笑)「高湯温泉 ひげの家」
kazuさんの5軒中に至っては、なんとお泊り0軒(笑)
立ち寄り入浴でかろうじて「白骨温泉 小笹の湯 笹屋」に。
いやぁ~なんだか面白くてクスクスっとひとり笑い。

行ってみたい!泊まってみたい!宿のはずなのに
なんで行ってないんでしょうかね?(笑)
いやいやいや・・ホント不思議です。
10軒のお宿共に、清水の舞台から・・って
料金でもないのになぁ、なんでだろ


というわけで、10年後の2019年、今現在
またもや泊まってみたいお宿をリストアップしてみました。
果たして、更に5年後10年後に、行ってますかね?(苦笑)

まずは、ワタシの行ってみたい!から。
1軒目 東伊豆「海のごちそう watanabe」
ルーシーさんの宿泊記を見て、知ったお宿です。
東伊豆は、ウチにとってハードル高いのですが(苦笑)
(定宿過ぎる定宿があるもので^^;)
近年、肉料理より美味しい魚料理に食指が湧いてきているので
行ってみたい度!!かなり高いです。
ペンション好きなワタシの♡を鷲掴み♪
f0208112_14195784.jpg
2軒目 湯田川温泉「九兵衛旅館」
このお宿もルーシーさんブログで拝見^^;
ワタシが如何に宿検索などしていないか!の証明のような・・(苦笑)
殆どが皆さんのブログで見て、いいな!から始まって検索するという^^;
いえ、でも思うに、予約サイトや宿HPでは知り得ない情報や
本音が見聞き出来ますからね!ブログありがたや~です。

f0208112_14203466.jpg

3軒目 安曇野穂高温泉郷「にし屋別荘」
こちらの宿もとある方のブログで見たのですが・・・
その方6月以降ぱったりと更新が止まっているのでちょっと心配。
あの怒涛の勢いの温泉ライフ(月に、4、5軒は行かれてたはず)
毎日のようにブログにアップされてたので、どうされちゃったんだろうと・・

f0208112_14201141.jpg
4軒目 遠刈田温泉「オーベルジュ 別邸 山風木」
東北方面は我が家には、今のところ行けるチャンスが無いのですが
kazuさん定年後の温泉旅は、今よりも足を延ばして
東北、北海道などにも行ってみたいですねぇ

f0208112_14203841.jpg
5軒目・・箱根で気になってる宿が何軒もあって^^;
取り敢えず、3宿をリストアップ♪
上段から「和心亭 豊月」料理が秀逸だそう。
中段「匠の宿 佳松」部屋風呂付、食事も良さそう。
下段「華の宿 ふくや」おもてなしが素晴らしいらしい。
f0208112_22331335.jpg
自他ともに認める^^; ペンション好きですが
ここ数年は純和風のお宿が気になっています。
日本ならではの「おもてなし」の気持ちが伝わってくるお宿で
美味しい料理と温泉で、心身ともに癒される温泉旅を体感したいです。

先にも書きましたが「行ってみたい宿」に、この先10年以内に
何軒行けているか?(苦笑)その結果も楽しみだったりして^^;
長くなったので、kazuさんバージョンは後ほど(笑)
どんなとこに行きたいって考えてるのか?なんか楽しみ





旅行・お出かけ部門に応募いたします。



# by satomi-kazu | 2019-11-13 22:52 | 旅全般  立寄り湯など | Comments(12)
2019年 11月 07日

川場温泉 清流の里 錦綉山荘 宿泊記③


f0208112_10085029.jpg


夕食と朝食は食事処で、写真は翌朝。
大きな窓から庭先の眺望
「日本武尊」の石蔵がありました。

日本武尊と書いて「やまとたけるのみこと」
読めませんでした、ワタシ(笑)

食事処は、けっこう広くて静かに食事できますが
余りにもシーンとし過ぎちゃって、対面のお客さんが
お味噌汁をズズズッーーっとすする音が・・・
一度気になっちゃうと、耳にこびりついてしまって
困りました(苦笑)
BGMとかあるといいですね・・
とアンケートに書いてきました^^





夕、朝共に、とっても良かったです。
上州和牛の会席プラン
料理長の名前が入ったお品書き有り
f0208112_10250939.jpg
先付け  胡桃豆腐  きっと手作りだと思いますが
最初の一品からとっても美味しく、あとの料理も期待持てそう^^
f0208112_10403142.jpg
前菜 色々
食用の菊花浸しが美味
他にも、秋刀魚の山椒煮や
鰻笹巻き寿司など、どれも好みの味付け
f0208112_10404044.jpg
今年お初の松茸土瓶蒸し~^^
「あぁ~秋なんだなぁ」と思わせる一品
美味しい出汁・・飲み干してしまった(苦笑)
f0208112_11555196.jpg
お造里  鮪 平目 登呂湯葉
群馬県ですけど・・ビックリ新鮮!!
鮪の赤身・・美味しかった~湯葉も濃厚でたっぷりの量
f0208112_11562056.jpg
上州牛 石板焼き
紅葉のあしらいが素敵です。
右の野菜は調理済みなので軽く焼くだけ。
舞茸が美味しかった~
f0208112_11563257.jpg
上州牛は、4枚 ボリュームありました。
柔らかくてとっても美味しかった^^
美味しい・・しか書いてないな(苦笑)
いや、でもここまで食べながら
「なんか、いいね^^良い意味で期待を裏切られたよ!」
と、この宿推しのkazuさんにヨイショしてました^^
f0208112_11564408.jpg
焼き物 鯛の朴葉焼き
これだけは、唯一・・・イマイチだったかも。
味噌の味付けがちょっと甘過ぎて、持て余しちゃいました。
f0208112_11565688.jpg
温物
器がすごく素敵だった~
熱々で配されます。
f0208112_11572028.jpg
メニューの中で、ワタシ的に一番な一品でした。
湯葉饅頭 もち豚ロースト添え
いい出汁のトロッとした餡が馬鹿ウマっ
これも飲み干してしまった・・・
お腹いっぱい(苦笑)
f0208112_11573030.jpg
食事は、舞茸ご飯
舞茸は、上州牛と一緒に出されてたけど
焼きも、炊き込みご飯もどちらも美味♪
f0208112_11574312.jpg
水菓子
かなりお腹いっぱいでしたので、軽めのフルーツが
丁度良かったんですが、手作り感があるともっと良かったかも。
f0208112_11580466.jpg
続けて、朝食
f0208112_12093385.jpg
サラダのレタスがシャキシャキでおいしい~
右下の野菜の煮物がホントに旨い!!
朝ごはんの煮物って、まず完食できないんだけど
驚きの旨さで、きれいにぺろり^^
f0208112_12094522.jpg
朝も、舞茸^^ 出てきますねぇ~
でも美味しいから全然OK!!
白米は釜炊きです。
品数も豊富で、大満足の朝食でした。
f0208112_12095532.jpg

f0208112_12153459.jpg

川場温泉 錦綉山荘
長々と宿泊記にお付き合い頂き
ありがとうございました。

全体的な感想は、新規のお宿では
水上山荘に続いて、ヒット♪
雪景色の頃にまた泊まってみたいなと
思いました。

ハード面なことなので、無理なのかもしれませんが
宿泊料金的には、パブリックスペースが有るといいなと。
そこで珈琲などの無料サービスなどあれば尚可ですね。

完全なお篭り宿で、部屋で寛ぐのが前提なので
部屋にドリップ式の珈琲メーカーなど設置してくれると
嬉しいかも^^;

ともあれ、部屋風呂満喫&食事も美味♪で、大満足な宿泊でした。


10月の群馬旅 おしまい。 
今月みたびの群馬へ(苦笑)どんだけ群馬好き?^^;


旅行・おでかけ部門に応募いたします。




# by satomi-kazu | 2019-11-07 22:01 | 川場温泉 錦綉山荘 | Comments(14)
2019年 11月 03日

川場温泉 清流の里 錦綉山荘 宿泊記②


f0208112_13592584.jpg


錦綉山荘さんの部屋付き半露天風呂

十和田石?っぽい(違うかも^^;)
石造りの湯舟と床
外枠は、桧

石の湯舟に外枠が木で造られた
お風呂は、何気にワタシ大好きでして
テンションアップ~

開閉がスムーズな開き扉なので
めいっぱい開け放せば、露天風呂気分♪






f0208112_22500245.jpg

手前に腰掛ける段差有り
広さは大人2人でも充分
段差に腰かけなくても
足を延ばして入浴出来ます。

泉質は、単純硫黄冷鉱泉 
温度は25℃前後なので加温していますが
豊富な湯量で、じゃばじゃばと
一晩中掛け流されています。

加温しているから、温度調節も宿の方に
頼めば温度を上げてくれます^^
最初体感温度が39℃~40℃くらいだったので
お願いして2℃上げてもらいました!

超~~好みの温度になって、幸せ~~^^




扉・・開け放つと、こんな感じ
f0208112_13585339.jpg
右方向に目線移すと、色づいた紅葉
手前のはまだでした^^; きっと今頃は見頃かなぁ
f0208112_14190922.jpg

この写真は、翌朝・・・朝もやと日差しが差し込んで
何とも言えない雰囲気に・・・はぁ~幸せ^^
f0208112_14194573.jpg
とにかく快適で、何度も何度も入浴しました。 
浴槽に首まで浸かっても武尊の山並みが見える景観
ゆったり広めの湯舟 適温のお湯 かすかな硫黄の香り
湯上りは、つるつるサラサラで、スマホのタップが
反応しなかったほど(笑)
f0208112_14291586.jpg
シャワーの勢いも強くて快適
シャンプー類は、こちらもDHCシリーズ
香りが好きです^^
f0208112_14371892.jpg

f0208112_14412802.jpg


庭先側から写した一枚

ちょこっと顔出しkazuさん^^;


宿のお風呂写真をこんなに載せたのは
久しぶりかも・・・

一個人の感想ですが、本当に素敵な
半露天風呂でした。

加温しているけど、源泉かけ流し
泉質は別として、今まで泊まった宿の
部屋付き風呂としては、一番でした。



f0208112_14505275.jpg
2回で終わらせようと思ってたのですが^^;
食事編は、また次回に。




旅行・お出かけ部門に応募いたします。





# by satomi-kazu | 2019-11-03 14:56 | 川場温泉 錦綉山荘 | Comments(4)
2019年 11月 01日

川場温泉 清流の里 錦綉山荘 宿泊記①


f0208112_23580622.jpg

台風災害で、多くの被害が出て、、沢山の人達が
被災してしまった10月が終わりました。

先週25日の台風21号の大雨で、友人宅の少し先の家屋が
土砂崩れを起こして、人が亡くなったそうです。
ニュースで、友人宅付近の地名が番地まで詳しく出たものだから
心配で心配で何度も電話をしました。

テレビ画面の向こう側・・悲惨な状況は、現実なのか?
映画のワンシーンなのか? そんな気持ちにさせられるほど
見ているだけで胸が苦しくなるような現状。
復興、復旧への長い道のり、現地に出掛けて行くことは出来ないけど
普段通りの自分たちの生活を送りながら出来る事・・考えます。
なんて、カッコイイこと書いちゃって、何様?
寄付金口座に、わずかな金額を送金することぐらいしか・・・
そして大きな被害を受けた地元千葉県の友人に、気持ちを寄り添い続ける。
それがワタシに出来る事。


10月最終週、群馬県の温泉に行ってきました。 お昼はチェックしてたお蕎麦屋さんに行くつもりだったけど、11時半開店で12時に着いたのに
「もうお蕎麦ありません!」と、冷たい対応。 しょぱなから出鼻をくじかれました。結構な有名店、開店30分でお蕎麦売り切れって・・・
わざわざ出掛けて行って、かなりショックでした。 急いで別のお店を検索し来店。 悪くは無いけど・・・好みのお蕎麦ではありませんでした。

f0208112_00140687.jpg
f0208112_00141626.jpg



















f0208112_00234761.jpg


チェックインまでの時間がだいぶあるので
「吉祥寺」と「川場田園プラザ」に行きました。

まずは、吉祥寺

東京都にも同じ名前の市がありますが
全く無関係のようです。

入館料@500支払って、本殿からぐるっと
コースに沿って拝観しながら散策しました。








なんでしょうねぇ・・・若い頃は、こういう場所は退屈しちゃって
避けてたけど、今は逆に気持ちが落ち着くというか・・
歳ですね(苦笑)
f0208112_00240760.jpg

f0208112_00382772.jpg



おみくじは、こういう場所に来ると必ず
買うようになりました。
kazuさん末吉^^; まぁ可もなく不可もなく

ワタシは「なで大黒天」

頭巾が良縁
小槌が金運
袋が幸福


願い事を心で思いながら
なでます^^

真っ先に・・小槌(笑)







本堂内、素敵な雰囲気でした。
f0208112_00373344.jpg
庭もキレイに手入れされていて、京都のなんだっけ?
有名なお寺の庭みたいでした。
f0208112_00375372.jpg
抹茶を販売していて、庭を眺めながら一休みも出来ます。
f0208112_00380879.jpg

なんか・・来て良かったです。吉祥寺
f0208112_00532862.jpg
吉祥寺を出る頃から雨が降り出したので、川場田園プラザは
チラッと覗いて、翌日に来ることにしました。
広大な道の駅!という感じ。
観光バスが数えきれないほど沢山入ってきてました。
f0208112_10352431.jpg

f0208112_10401781.jpg


今夜の宿 「川場温泉 錦綉山荘」に到着

イン3時 アウト10時 全10室の平屋建て。
全ての部屋に、掛流しの半露天風呂付き
大浴場や、ロビー、パブリックスペースなどは
無いので完全なお篭り宿ですね。

リビングスペースも備えた貴賓室という
名のついた部屋が1室、2間のある部屋が数室
あとはちょっと狭い6畳間の部屋

一番狭い6畳間が当然一番リーズナブル^^;
半露天風呂が同じなら、狭くていいな!と思いこっちで予約
でも、チェックインした時に、2間に空きがあるので
そちらをご利用ください!と、嬉しいお言葉^^



駐車場に車を止めていると、若い男性スタッフが
小走りにお出迎えしてくれました。
玄関入り口、館内キレイ♪ まだ新しいのかな?
スタッフに聞いたところ、建物自体は20年以上前のものだとか。
それを5年前にリニューアルしたそうです。
f0208112_10550639.jpg


f0208112_11001345.jpg


玄関を入ってすぐ左が食事処
右手には、小さなフロント

館内の写真はこれくらいしか
撮っていません(苦笑)
撮れる場所が無い・・という^^;

フロントの後方に個室の食事処が
あるようですが、こちらは多分・・・
貴賓室のお客さんが利用するのかな?
案内されていないので、見ていません。







長~い廊下を進んでお部屋まで。
10室が全て同じ方向にあるので(左側)
右側には、リネン室やトイレもあったかな。
とにかく長い長い廊下です。
平屋建てをそのまま利用したんですね。
ピカピカに磨かれた廊下でした^^
f0208112_11053087.jpg

f0208112_11110319.jpg


「原」というお部屋

各部屋の名前の横に
明りが灯っているのが
お客さんが泊まってる印かな?

この日は、ウチも含めて
3つの明りが灯ってました。








琉球畳のリビング、広い広縁、その先にテラスもありました。
置かれてたソファが、とっても低くてちょっと座りづらかったかも^^;
f0208112_11120218.jpg
9畳ほどの部屋にセミダブルベッドが2台
シモンズ製との説明ありで、確かに寝心地抜群で快適でした。
f0208112_11121350.jpg
全室がベッド設置のようですが、多人数の時は
布団を敷くのかなぁ? 押入れあったのかな?
数人で利用する時は、要確認ですね^^;
f0208112_11124003.jpg
部屋入り口踏み込み、広縁、テラス、どこも広々。
洗面台はシンプル、アメニティーはDHCのシリーズでした。
バスタオルはひとり2枚ずつ、何度もお風呂に入るので
2枚用意してくれると嬉しいですね。
扉の先には、半露天風呂 ワクワクします^^
f0208112_11414667.jpg
テラスから庭先に出てみました。
ガラスの開き扉が有るのが半露天風呂
何度入浴したかなぁ・・・
部屋風呂に関しては、今まで宿泊してきたお宿の中でも
トータルで一番かも・・・(泉質は別として)
f0208112_11544294.jpg
長くなってしまったので、お風呂のようすと食事はまた次回に。





# by satomi-kazu | 2019-11-01 12:02 | 川場温泉 錦綉山荘 | Comments(12)
2019年 10月 28日

関越道の3連チャン


群馬の宿が続いています。
8月に行った水上山荘、11月も群馬県の宿を予約済。
そして今回は、初めて行く群馬県川場温泉

「川場温泉 清流の里 錦綉山荘」
f0208112_19050998.jpg
何気にkazuさんが数年前からチェックして
「行ってみたいんだけど・・・」と控えめアピール(笑)
言われるたびに毎回「えーー!!そそられない」って
拒否っていたお宿です。

それが・・それが!! 良かったんですよ^^
食わず嫌いとおんなじで、行ってみないと解んないものだねぇと。

近日アップします。




# by satomi-kazu | 2019-10-28 21:28 | 川場温泉 錦綉山荘 | Comments(9)
2019年 10月 22日

やっぱり美味しい♪ ブラッスリーグー


f0208112_16004332.jpg

職場異動前の支店で一緒だった同僚とランチ
場所はワタシにお任せ!だったので
さほど悩まず、ここに決定!

神楽坂にあるビストロフレンチ
「ブラッスリーグー」

kazuさんと何度も食べにきている
お気に入りのお店です♪

神楽坂のメイン通りからは少し離れたところ。
店構え・・なかなか年季入ってて(苦笑)
見過ごしそうな場所にひっそり建っています。

しばらく振りでしたけど、やっぱり美味しい~^^
同僚も大満足してくれたようで一安心です。


f0208112_16005856.jpg

店内は、入り口を入り、右手と左手に分かれています。

2人掛テーブルが殆どで大人数の時はテーブルの配置が
変わるようです。
今回は、3人で出掛けました。

そんなに大きなお店じゃないので、予約はした方が万全。
折角出掛けていっても入れないとガッカリですから^^;


f0208112_16220558.jpg
















                               
f0208112_16250571.jpg

消費税値上げに際して、料金もほんの少しアップしてましたけど
それでも、ランチはA、1200円(税込)とB、2300円(税込)
1200円の方は、選べる前菜とメインを1皿づつ
(フランスパンお替り可)
2300円の方は、前菜盛り合わせと、魚料理と選べるメイン
デザート(フランスパンお替り可)

1200円のランチでも充分満足感ありますが
デザートが付いていないので、別に頼みました^^

友人Kさんとワタシは、1200円のランチにデザート別注
友人Eさんは2300円ランチ

少し久しぶりなので、料理詳しく載せます。
Eさんの前菜盛り合わせ
ニンジンのムース、鴨肉、サーモン
サラダのドレッシングがこれまた美味♪


f0208112_16252591.jpg

Eさん、魚料理

真鯛のポアレ
ランチの魚料理は、これが定番なのかな?
何度か行ってるけど、他の魚料理はみてないかも。

いや~でも、身がふっくらしてて美味しい真鯛です^^
ホワイトソースが、これまた絶品
フランスパンが進みますね。










f0208112_16245962.jpg

Kさん、選べる前菜

パルマ産生ハムと小海老のサラダ

これもまたたっぷりのサラダと
ドレッシングが美味♪
前回、kazuさんと来たときに
ワタシも食べましたけど
美味しかった~










f0208112_16245155.jpg


ワタシの選べる前菜

鴨のリエット

これは初めて食べました。
ねっとりした食感でパテのような感じ

付け合わせの人参のマリネも
絶妙な味加減で、ホント美味しい。

白ワインが断然飲みたくなる一皿でした^^
(飲まなかったけど・笑)






f0208112_16253143.jpg


Eさん、メインの肉料理

牛頬肉の赤ワイン煮込み

少し貰って食べましたけど・・・
こんなに柔らかかったっけ??
ってくらい、ナイフとフォークなんて
要らないくらい、口の中でとろけました^^

ん~旨いっ








f0208112_16253917.jpg


Kさん、メインは若鶏香草ロースト焼き

ボイルされた肉の下の野菜も、もちろん若鶏も
ボリュームたっぷり^^

皆で少しずつ分け合って食べました~

数人で行くと、いろんな味を試せるから
嬉しいですね^^









f0208112_16255053.jpg


ワタシの選べるメインは
久しぶりに頼んだ
豚バラ肉の赤ワインビネガー煮込み♪

もうこれが・・・
やっぱりバラ肉の塊が柔らかくて^^
赤ワインのビネガー煮も、牛肉のソースとは
また違っていて、優しい味で絶妙。

大好きなマッシュポテトも下に隠れてます。
フランスパンに付けて、キレイに完食しました~







f0208112_16260071.jpg


デザートもそれぞれ別の物を。
珈琲も注文して

AランチのワタシとKさんは2100円の支払い
BランチのEさんは、飲み物別だったので
3400円くらいだったのかな。

ランチは2部制になっていて、席は満席
同年代の女性連れや、若いOL風な子が
ひとりでランチしていたり、外人さんも数人

敷居が高くなくて、気軽に本格的なビストロフレンチが
食べれるので大好きなお店です。
隣のテーブルとすごく近いので、会話などが丸聞こえなので
難点と言えばそれくらい。



f0208112_16260599.jpg

Eさんとワタシは同期入社で、今年の11月で丸10年!!
お互い、「なんか、よく続いたよねぇ~」と^^
Kさんは、入社7年かな、いつまでもパート社員の
私たちとは違って、正社員登用試験を受けて
今やバリバリの社員さん。

3人とも年齢がほぼ一緒、同じ支店で仕事した時期もあり
気の置けない仲間で、お喋りも楽しいですね。
仕事の愚痴話でほぼ占めていますけど^^; 
まぁそれで、ストレス解消できるんだから。

子育てもひと段落したふたりは、お子さん達が
働いたお給料の中から家に毎月お金を入れてくれるとか。
そういう話題になると、ワタシは常に
「いいなぁ~いいなぁ~」ばっかり^^


皆、これまでに何度も辞めちゃおうかなって考えた事が
それぞれあって、でもこうして続けてこれて
やっぱり良かったんじゃない・・って。




ワタシが国立にきてから出会った、職場関係の友人達
若い頃のように、しょっちゅうくっついて遊んでるような仲ではないけど
同年代で同じ仕事をしながら、偶にこうして会ってお喋りする時間。
それこそ、お互いの価値観や趣味などが違ってても楽しい。
へぇ~そんな風に思うんだね、とか、全く知らなかった事に
気付かせてもらったり、とか。

今回は、何よりお店気に入ってもらえて安心したわよ^^;




# by satomi-kazu | 2019-10-22 17:44 | そとご飯 | Comments(10)
2019年 10月 20日

いろいろな考え


kazuさんが退院してから、数件のお宿を予約していました。
湯河原、群馬と無事にキャンセルすることなく行けたのですが
今月予定していた某宿は、台風19号の影響で
温泉供給が止まってしまった地域・・・
正直・・・悩みました。数日いろいろ考えて
出した結論はキャンセル。
宿自体の営業はされているみたいなのですが、その地域一帯が
温泉供給が止まった影響でお風呂は沸かし湯で対応しているようです。

ヤフコメ?って言うんでしょうか?沢山の人達が
様々なニュースや出来事に対して、自分の意見をコメントするSNS
そこでも、今回温泉供給が止まった地域に対するいろんな意見を目にしました。
「こんな時だからこそ、応援する意味も込めてキャンセルせずに出かけてきます」
「温泉に入れなくたって、景色や食事、充分楽しめます」
「温泉と景観が売りで、温泉が出ないとなると死活問題だけど
こういう時こそ行って応援すべきだと思う」
などなど・・・
当然、否定的な意見もたくさんありました。

いろいろ読みながら、なんかキャンセルした自分が
悪者のような感覚になってきたりして^^;
ネット上の言葉の影響力は、こういうことでも
感じるものなのだなぁと実感しました。

けれど私は、正直に素直に・・やっぱり沸かし湯に入る為に
遥々出掛けて行く!という選択は出来ませんでした。
こんな時だからこそ!という感情が決して綺麗ごとだとは
思っていないけど・・・ワタシには
「こんな時だからこそ、応援!」という心の広さがありませんでした。

つい最近、私が体調を崩して仕事を休んだ時に
同じ職場の同僚や管理者に対して、すみません、ご迷惑かけて・・
という気持ちになり謝りました。
「お互い様よ、無理しないで!皆でシフト変更したりすれば
大丈夫なんだから、身体第一でね、無理しないで」と言ってもらえ
本当に有難いなと思いました。
困った時はお互い様・・・その気持、感覚・・・

うまく書けないのですが、今回のように被災地を応援する為に
「こんなときだからこそ!お互い様」というような感覚とは
ちょっと違うのかな・・という思いが正直あるのです。

こんなこと書いてると、また批判されちゃうかな^^;

なんだか話が大きくなっちゃうけれど
国民は、一生懸命働いた代価の中から、税金を支払うという形で
義務を果たしていると思います。国を管理する、税金を管理する
政治家やお偉い方達が、国民の血と汗の税金を無駄にすることなく
災害等を想定して、もっと強固な堤防やダムを造って欲しい。
なんてね・・末端の庶民はそう思うのです。


9月の台風15号 そして今回の台風19号
少なからず、実家や地元友人宅でも被害がでました。
ちっぽけな存在の私たちに出来る事は
身近な人たちに心を寄せ続けることなんじゃないかと。

実家の母親は、もう温泉に出掛けたり遠出するのは叶わないのですが
地元の友人が、被害を受けた家の修繕など・・落ち着いたら
一緒に温泉にでも行って少しでも癒されて欲しいなと思っています。







# by satomi-kazu | 2019-10-20 14:23 | ひとりごと | Comments(12)
2019年 10月 12日

台風19号



f0208112_21531113.jpg

自分が生きてる間に、こんなに大型の台風を
また経験する事あるんでしょうかね?

それほど大型で危険な台風が、今この時間
東京の上空を通過しています。

先月の台風15号で大きな被害があった
ワタシの故郷千葉県でも再びの停電。
どうしたって、自然の猛威には勝てないのだなと。

週末の東京渋谷の交差点、誰一人歩いていない様子を
目にすると、本当にもの凄い台風が直撃しているんだなと
実感します。

新幹線や在来線各社が、早々に運休計画をしてくれたこと
多くの企業(特にデパートやスーパー、コンビニ等々)が
営業しないと決めてくれたこと、いろんな考えや意見もあるだろうけど
災害大国、日本のこれから先の指針になってくれると思いました。


実家の千葉も気がかりです、友人宅また停電しているかも・・・
暴風でまた眠れないと、高齢の母も心配です。

2019年 10月12日 数十年に一度あるか無いかの
大型で危険な台風19号が関東直撃の夜






# by satomi-kazu | 2019-10-12 22:22 | 日常
2019年 10月 06日

180/110


9月中でCS放送を解約しようと思っていたけど
なんだか、あれよあれよと・・・6連勝なんかしちゃって^^;
クライマックスシーズンに突入したタイガース
引退表明したメッセや高橋聡文投手、そして横田選手への
想いを胸に力を振り絞って頑張ってるなぁ・・と
感動しながら昨日のファーストステージ大逆転勝利を
この目に焼き付けました。

7-1 このスコアになって、あきらめムードでテレビを消し
家の中のことゴソゴソやって、それでも気になって再度ポチッと。
7-5!!!になってるじゃあーりませんか^^
そこからは、一瞬たりともテレビから離れずに最後まで観戦
結果・・7-8 阪神タイガース奇跡の大逆転勝利ですよ~
最後まであきらめちゃダメなんだよ、ちゃんと応援しないと!ワタシ(笑)
f0208112_12581951.png

f0208112_12591961.jpg

そして、180/110
ワタシの血圧です、上が180で下が110

今どきの若い子風に・・・
ちょっとヤバいです(苦笑)

って笑えない状況

血圧が高過ぎで、ついに薬を処方されて
毎朝、毎晩、測定し管理するよう指示されて
しまいました。

血圧の薬って、飲み始めたら一生涯?飲み続けないと
ダメ?とか、いろんな事を耳にしてて、なんとなく
飲まずにきて、この先も飲みたくないって思ってました。

それが先週、朝ベッドから起き、立ち上がろとしたら
ものすごいフラツキで、天井がグルグル廻って・・・
同時に頭痛もひどく、一瞬・・・ヤダ・・死んじゃうかも?
って本気で思いました。 割と冷静な自分がいて
タクシー呼んで総合病院の救急に行きました。



更年期の症状とか、三半規管とか、脳の病気とか・・・
様々な原因が考えられるみたいで、週明けMRI検査です(トホホ)
一番苦手な検査です・・狭いのダメなんです。
まぁでも苦手とか言ってる場合じゃなく、こんなに血圧高いと
いろんな病気になるリスクがグーンと上がってしまうそうで。

自分で予防出来ることはしながら、薬に頼れるところは頼って
身体のメンテナンスをしていかなくちゃダメだなぁって。
50年以上経てば身体のあちこちにガタがきて、シグナルを送ってくれてます。
朝の立ち眩みと、高血圧、自分の身体が発したサインを見逃さず。

kazuさんがようやく落ち着いてきたと思ったら
今度はアタシ?(苦笑) 次から次へと
まぁ・・・いろいろ用意してくれますね、神様は^^;

同年代の皆さま、そうでない若い皆さまも^^;
同じような症状など過去にあったよ~とか
何か、参考にさせて頂けそうなことあれば
コメント頂けると嬉しいです。

よろしくお願いいたします。 180/110より(苦笑)



# by satomi-kazu | 2019-10-06 13:44 | 日常 | Comments(23)
2019年 09月 28日

私の中で2019年プロ野球は彼の引退で終了


f0208112_17410171.jpg

2軍戦での引退試合後に
こんな素敵な笑顔を見せてくれました。

ネットの動画で、引退試合を見ながら
オバサンは、泣いた、泣いた。
こんなに泣かせないでよ・・って
思いながらずっと泣いていた。

本人も含め、親御さんもどんなに
辛かったか・・・

2016年シーズン 開幕一軍スタメン
輝かしい未来が待っていた選手
本当に、本当に未来を期待された
有望な選手だったんですよ・・ホントに。





f0208112_17425959.jpg

脳腫瘍の病に侵され、2年以上の闘病とリハビリ
育成契約になってからも、再びグランドに立つことを
目標に努力を続けてきた選手

野球選手では致命的な引退理由を、会見で
見聞きした時は、もう・・可哀そうで可哀そうで

病気の後遺症で、ボールが二重に見えたり
自分の打った打球が見えなかったり・・
どんなに辛かっただろうねって、考えただけで
神様は残酷なことするなぁと・・・

阪神ファン歴うん十年のワタシだけど
2019年シーズン野球の思い出は
横田慎太郎選手の引退に尽きました。

自分の子供のような年齢の彼に
これから先の人生、幸多かれと
心から願う。

阪神タイガース  横田慎太郎選手
2013年 ドラフト2位
2016年 開幕一軍スタメン
2019年 若干24歳で引退

これからの人生の方がずっとずっと長い。
頑張れ!! 


f0208112_18572376.jpg
ずっと覚えてるからね、忘れないよ。
f0208112_18195630.jpg






# by satomi-kazu | 2019-09-28 18:30 | スポーツ&野球 阪神