人気ブログランキング |

ずっとそばに 

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ
2019年 07月 14日

ここからまたスタート


2019年 初夏
kazuさんは、無事に退院する事が出来ました。
昨年末からの、この7ヶ月間、正直・・とっても辛かった。
ワタシの生活の一部になっているブログも、途切れ途切れ
治療の経過やkazuさんのようすも、詳細に書くことが出来ませんでした。

ずっと前から見に来てくれている皆さんから、いっぱい応援のエールを貰って
どんなに励みになってきたことか。この場を借りて、改めて感謝申し上げます。
コメントへの返信が遅くなったり、なかなかパソコンを開く気力がなかったりで
コメント欄を閉じさせてもらったブログでも、多くの方が足跡を残してくださり
本当にありがとうございました。

ワタシ自身、そしてkazuさん本人の闘病記録の意味合いも含めて
この7ヶ月間の記録を簡易に残したいと思います。


f0208112_13333927.jpg

2018年 12月初旬

近医からの紹介で、総合医療センターを受診
本人の体調は至って普通
年齢的なこともあり、確かに疲労感はあっただろうけれど
これといった自覚症状もなく、ワタシも含め、正直この時点では
さほど緊迫感も無く、「ちょっと念入りに健康診断を受けてみよう」
的な・・軽い気持ちだったのが素直なところでした。

ところが、血液検査で腫瘍マーカーの速報値を見せられた時
正常値(500)に対して、kazuさんの数値は(27000超え)
主治医の説明も重苦しいものでした。
(腫瘍マーカーとは癌化の有無を判定する、血液検査のひとつです)


f0208112_13431450.jpg

血液内科の医師の言葉を聞きながら、ただごとじゃない様相を
ふたりして実感していました。

12月中には、エコー、CT検査、骨髄穿刺などなど・・・
毎週のように病院に通って検査の連続

脾臓という臓器が大きく膨れ上がっているという状況を
聞かされ、最初の入院(外科手術)が決まるまでの
1ヶ月半ほどの月日が、ワタシは一番辛かったです。

「悪性のリンパ腫」か「白血病」それに加え
「脾臓の肥大化」「手術が必要」
抱えきれなかったです。 気持ちが持たなかった。
毎晩泣いてました・・・今だから書けるけど
「kazuさん、死んじゃうのかも」って・・・
悪い事しか考えられなかった。



f0208112_13341426.jpg

2019年 1月末

最初の入院

手術室に向かうkazuさん
これから始まるんだな・・後ろ姿を見送りながら
いろんなことが頭の中をグルグルしました。







f0208112_13371442.jpg

6時間後
手術室から戻って酸素マスクを付けたkazuさんを
傍で見ているだけで、涙が止まりません。

頑張ったよね! 頑張った! 良かった!
これで傷口治って、治療はお終い!・・・
になってくれたらどんなにいいか。

ワタシの他に誰も付き添いのいなかった
kazuさん生まれて初めての大きな手術

kazuさん正直な胸の内は・・・どんなだったかな。


f0208112_13373108.jpg

2月初旬 退院

ブログで、kazuさんから
皆さんにご挨拶も出来ました。

外科手術の傷は、それこそ「日にち薬」で
日を追うごとに体調も戻り
3月は一時、職場にも復帰出来ました。
摘出された脾臓は、細胞組織診断の為
九州にある専門の施設に送られ
そこからの診断結果が出るまでが
また長かった・・・


f0208112_13433725.jpg

2019年 4月初旬

再入院  病室の窓から桜

最終的な診断結果は
「B型細胞性の白血病」
「急性」ではなく「慢性」だったので診断結果や
入院治療までの期間に時間を要したんだと思います。
もちろん、素人な考えです・・・

同時期に、メディアで発表されていた水泳選手の女性は
急性・・だったのではないかと、私個人の勝手な想像ですが。



f0208112_13443527.jpg

抗がん剤による点滴治療

無菌状態での日々
やっぱり、この期間がkazuさんにとっては
一番キツク、しんどい日々だったろうと
想像に難くないです。

行動範囲を制限されて、珈琲など買いに行けない
kazuさんの為に、毎日のように病院に通ったワタシも
身体的には、この時期が辛かったです。

まぁでも気持ち的に、この治療をすれば
良くなるんだ!って前向きに考えられたので
最初、診断結果がハッキリ出ずに蛇の生殺し状態時よりは
遥かに落ち着いていました。



f0208112_15013631.jpg

医学の進歩に感謝   薬に感謝

再入院の期間は、約3ヶ月半 
点滴をしない週に体調が良ければ外泊許可や外出許可も出ました。
病院の食事をスマホで送って来る位、元気な時もあり、病室に行くと
大勢いる看護師さんのそれぞれの特徴やらを楽しそうに話すkazuさんの姿も。

f0208112_13451906.jpg















2019年 7月 再びの退院
遠くにスカイツリーや新宿の高層ビル群が見える
この病棟のディルームも見納め
f0208112_15170926.jpg

f0208112_15274636.jpg


前の記事でも書きましたが、kazuさんの病気では
「完治」という言葉は使わないそう。
医学的な事・・どんなに勉強したって
私達には、たかが知れています。
「再発」の恐怖と向き合いながら過ごすのは
病気になった人たち、皆に言えることではないかな。

10年前に乳がんに罹ったワタシでも、未だに再発転移の
恐怖とは背中合わせです。

うまく書けませんが・・・ずっと先の事、少し先の事・・・
今から考え、心配しても時間と労力の無駄なような気がします。

大好きな花 二輪草  
この花のように、一枝にくっついて咲き
離れないようにしがみついて(笑)ふたりで毎日、頑張っていきたいです。



キツカッタ期間でしたけど、ようやく笑って過ごせる日がやってきました。
温泉にも行く気満々で(笑)群馬、湯河原、箱根・・と、一気に3つも予約してしまいました。
(気が早過ぎ^^;)
キャンセルせずに全部に行ける事を目標に、今日も頑張ります!

皆さま、今まで温かいお気持ちを注いでくださって本当にありがとうございました!
そしてこれからも、どうぞよろしくお願いいたします。
楽しいブログがいっぱい書けるように、また頑張ります^^





# by satomi-kazu | 2019-07-14 15:50 | 日常 | Trackback | Comments(17)
2019年 07月 11日

寛解と完治


「寛解」
これは永続的であるか一時的であるかを問わず
病気による症状が好転または、ほぼ消失し
臨床的にコントロールされた状態を指す。
すなわち、一般的な意味で完治せずとも
臨床的に「問題ない程度」にまで状態がよくなる
あるいはその状態が続けば寛解したと見なす。

「完治・治癒
治癒とは、体に負った傷あるいは病気などが
完全に治ることを指す。
狭義では「よくなった」ことを指し「完全に治った」
ことを完治と呼んだりもする。
                     (ネット検索から引用)


f0208112_11205875.jpg

「寛解」という状態で退院するkazuさん。

ひとりの食事も慣れたけど
やっぱりふたりで一緒に
食べた方が美味しいに決まってる。
大好物の餃子を、一緒に食べれること。
そんな普通な日常が戻ってくること。

こんな些細なことが、一番の幸せだと
改めて思えることが嬉しい。

初診の頃、主治医はサラッとこう言った。
「この病気は治らないんですよね」
治療する前から言う??(苦笑)
いや、なんか笑うしかない・・みたいな。





まぁでもこの7ヶ月間で、kazuさんが罹った病気のことを
たくさん検索して、勉強して、「治らない」って表現は
患者の立場から言えば、正直哀しいけれど
主治医が放った「治らない」は「寛解」はします、と
捉えられるし、悪い事ばかり考えちゃいけないし。
「病は気から」って本当にあるような気がするし。

結構ネガティブな性格だったんだけど
今は、とにかくポジティブ思考へシフト中^^

今現在の状況で、出来うる全ての治療を終えたkazuさん。

「頑張りました!」で賞を進呈します。

2019年 梅雨明け間近の佳き日







# by satomi-kazu | 2019-07-11 00:01 | ひとりごと | Trackback
2019年 07月 02日

きっと晴女


f0208112_11162716.jpg


17回忌
なんだか・・早いね。
月日の流れがものすごく速く感じる。

ワタシよりもずっと前に
kazuさんと人生を共にしていた奥さんは
完全に晴女だっただろうと、予想するワタシ。

毎年、6月のこの時期は梅雨真っ盛り
でも、こうしてお墓参りに行く日は
毎年毎年、真夏のような暑さ。
大好きだったワインを供えて手を合わせる時間。
病院で外出許可を貰って、今年もkazuさんとふたりで来れました。

手を合わせて目を閉じた時間は、ワタシの方が長かったかな^^;
お願い?したいことがいっぱいあったから。


f0208112_21140271.jpg
39歳で向こうの世界に逝ってしまった彼女
今でも元気に暮らしていたのなら
kazuさんの看病をしていたのはワタシじゃない。
そしてワタシが今・・国立の地で暮らしていることも無い。

眩しいくらいの青空を見上げて、ふと考えたりする。
どんな気持ちで、ワタシのこと見てるんだろう?
「あんた誰?」(笑)なんて思ってたりして^^
「kazuさんのこと、よろしくね」って
そんな風にワタシの背中を押してくれてるといいな。

来年またね^^ きっと晴れるね。






# by satomi-kazu | 2019-07-02 21:26 | 日常 | Trackback
2019年 06月 15日

梅雨入り


紫陽花の季節に突入ですね。
あじさいの花言葉「移り気」「浮気」「無常」
あれ?なんか微妙な感じ(苦笑)
の色が時期によって変化することから付けられたそう。
色ごとの花言葉「青=辛抱強い愛情」「ピンク=元気な女性」
「白=寛容」薄い青と白が混ざった色が好きかな。

f0208112_22182713.jpg
ミツバチが夏椿(さらの木)の周辺を飛んでいました。
清々しい初夏の花 「夏椿」 花言葉は
「愛らしい人」「愛らしさ」「はかない美しさ」
愛らしい人かぁ・・・花言葉通りの人だなぁと
あの人の笑顔が思い浮かんだ。
f0208112_22184230.jpg

f0208112_22195802.jpg

半年を振り返って、備忘録

ご近所の罹り付け医の先生からの
紹介状を持ってこの病院を訪れたのは
昨年12月の初旬
診察受付の列に並ぶkazuさん。
この日から、6ヶ月半

ブログを見に来てくださってる皆さまから
たくさんの心配や、応援や、励まし・・
本当に感謝の気持ちしかありません。

ようやく先が見えてきました。
入院治療の成果は血液検査での数値次第
梅雨が明ける頃には、晴れて「退院」の
嬉しいご報告が出来そうです。


f0208112_22370770.jpg


まるで通勤するかのように通った病院

長い人生の中の、ほんの数ヶ月・・・
こんな風に、水泳の池江さんも表現していたっけ。

病院からの帰り道
最寄り駅まで歩いてみたり
バスの車窓から見慣れた風景を見たり

全ての出来事が
懐かしく振り返れる日がくる。
思い出になる日がくる。

そう信じて、「今」を過ごしています。





f0208112_22371859.jpg
♪病気の名前はMyelogenous Leukemia(ミエロジエナースロイケミア)
図書館の椅子はひどく冷たく♪

ユーミンの歌に「雨に消えたジョガー」という曲があります。
骨髄性白血病に侵され最後はひとりでボートに乗って・・・
愛する人を失ってしまうという哀しい歌です。

kazuさんが頑張って治療を乗り越えてくれた今なので
こんなブログも書けます。

医学の進歩は、私たちの想像以上に
進んでいるのではないでしょうか。
一昔前だったら、助からなかった多くの命を
医療の力が救ってくれます。



# by satomi-kazu | 2019-06-15 11:33 | kazuさん入院 | Trackback | Comments(31)
2019年 06月 02日

外泊許可


f0208112_23593071.jpg


つる性植物の女王、初夏を代表する凛とした花
クレマチス

花言葉は「美しい精神」「旅人の喜び」

伊豆高原から初夏の便り
いつも気にかけてくれてありがとう。


備忘録  最近のkazuさん
抗がん剤治療の合間に外泊許可が出て
今夜は、自宅マンションで休んでいます。
病室から殆ど出れなくて、行動範囲も制限されて
いたけど・・・頑張りました^^

何ヶ月か振りに、寝室から聞こえてくる
kazuさんの寝息・・・

目の前が、真っ暗になったあの頃から半年・・
ようやく長いトンネルの先に、小さな灯りが
見えてきました。
傍にいる喜びと、少しの安堵と・・・

治療はまだ続くけど
秋色の風が吹くころには
以前と同じ日常になっていることを願って。




f0208112_23594265.jpg

ブログに書けるような話題も無いので、ちょっと医療費の事を(苦笑)
今回の、kazuさん療養、月ごとの清算額を計算してみました。
なんと・・・驚愕の数字です。
昨年末から、5月末までの半年間で総額300万超え
3割負担で90万円・・・って
もちろん、高額限度額申請をしてますので
実際に支払った金額はもっと低いのですが・・・
それにしても、日本の保険制度は素晴らしい!と
改めて感心してしまいました。
USAなんて、300万円そのまんまの支払い。
病気になっても、支払えなかったら
どうするんでしょうか・・・
支払い能力が無い人に対しての援助や何か、制度があるのかな?
他の国のことなので、解りませんけど。

血液系の疾患は、医療費がとても高額になるって
ネットなどで調べていたので、漠然と構えてはいたのですが
これほどまで高額になるとは正直驚きました。

生まれて初めて、こんな高額の医療費を体感しているkazuさん^^;
個人的に加入している保険も含めて、健康保険料、介護保険料など
生涯払いっぱなし(苦笑)でお世話にならないことが
一番いい事なのかもしれないけれど、万が一の時には
本当に助かる制度、日本人で良かったと思える制度です。


奇しくも、同時期に疾患された水泳選手の池江さんも
運動を再開出来るほど、回復にむかっているというニュースを
今日、目にしました。
嬉しいものですね・・家族でも親族でもないけれど
頑張って~!頑張ろうね~!って思える。





# by satomi-kazu | 2019-06-02 01:08 | kazuさん入院 | Trackback | Comments(34)
2019年 05月 20日

ひとりの食事


f0208112_01521930.jpg

点滴が終わった後の食後に
kazuさんが珈琲を飲みたがるので
ワタシが遅番勤務以外の日は
ほぼ毎日、病院内のドトールへ。

感染症予防の為
kazuさんは行動範囲が制限されている。
大勢の人がいる病院内、ウロウロ禁止(苦笑)
なのでね、せっせとワタシが足を運ぶわけです。

こうも毎日、ドトールに行くものだから
お店の人とも顔見知りに^^;
余計なことは聞かない、言わない。
「いつもありがとうございます、お熱いので
お気をつけて・・・」
「どうも、ありがとう」

ポイントもいっぱい貯まってきた^^

kazuさんが再入院してからもうすぐ2ヶ月

長いね・・・ひとりの食事(そこかい・笑)



f0208112_01511292.jpg

相変わらず、仕事→病院→マンションの
ローテーション日は、自炊する気力は無く
ついつい外食
なんて言いながら、病院→マンションだけの日も
結局は外食だけど(苦笑)
「ひとりご飯」の写真もいっぱい増えました。

少し載せながら、ブログアップします。

地元のとんかつ屋さん

女性ひとりでも入り易くて美味しい。
アルバイトの男の子がすごく感じ良いんだよねぇ
変わらずにいて欲しいけど、すぐにいなくなっちゃうよね・・きっと。
「ご飯お替りどうぞ~」って! おばさん、ホントはもうふた口くらい
食べたかったけど、柄にもなくほんの少し気恥ずかしくなって
やめといた(苦笑)


f0208112_01503151.jpg

これは、何度か行ってる立ち食い寿司屋さん

職場の近くにあるんだけど、チェーン店で
kazuさんの病院最寄り駅にもあった!

ランチのお寿司
この握りと、お味噌汁が付いて
確か650円くらいだったかと。

すっごくお得で、美味しくて大満足♪
自慢気にラインで写真を送ったら
「いいなぁ・・・」って。

あっ・・・
生のお刺身とかも禁止だったんだkazuさん。
ゴメン



f0208112_01520634.jpg


kazuさんの病院食も
なかなか美味しそうだよ^^;

熱が出て食欲がない時は
好きな麺類も食べれていないみたい。



元気になったら
なんでも食べれるさっ!!







f0208112_01504416.jpg

国立の大学通りにある
高倉町・・なんだっけ?
そんな名前の喫茶店

甘いものが食べたくて
パンケーキを注文
ふわふわで美味しかった。

何処で何を食べていても
病院のベッドの上のkazuさんの事が
気になる・・・

隣のテーブルで、子供の塾話題で盛り上がっている
3人組のお母さん達の会話を耳にしながら
本当に人って、いろんな悩みや問題抱えながら
生きてるんだよねぇ・・・
同じ立場にならないと見えないものが沢山・・・


f0208112_22191390.jpg



マンションから直ぐの場所にある
行きつけのお蕎麦屋さん

「あれ?ひとり?」
なんて聞かれたりしたら
応えるだけで、胸がグッときちゃうかも。

いつも二人でしかいかないお店だものねぇ









f0208112_21582962.jpg


国立駅のシンボル
赤い三角屋根の駅舎工事が進んでる。
2020年には完成するみたい。

ワタシはこの地に住んで17年目
生まれてからずっとここに住むkazuさん
新しい令和の年になってからも
病院にいるけれど・・・

今年はそんな年だね、受け入れて
乗り越えるしかない。

なんだかねぇ・・・やっぱりひとりは
寂しいものですね。
ものすごーく小さなことでも、ポジティブに
考えられなくなるような・・そんな感覚。



一枚の写真が届きました。
「庭の薔薇が咲きました・・・早くお会いできますよう」
あぁ、もうバラが満開の季節になったんだよね。
f0208112_22190261.jpg
些細なことにポジティブになれないのも確かだけど・・
些細なことでポジティブになれることもある。
なんか変だけど(苦笑)そんな感じ

ワタシの周りでワタシに関わってくれている
多くの皆さまに感謝。





# by satomi-kazu | 2019-05-20 22:38 | 日常 | Trackback | Comments(31)
2019年 05月 13日

セミファイナル



f0208112_23100000.jpg


昨年9月からのユーミンツアーも
いよいよ、2公演を残すのみ。

セミファイナルの武道館チケット

「夢は・・続けること。だからやめない」

そんな力強いメッセージを
ファンにくれたユーミン

会いに行きたいな・・・







「ずっとそばに」ユーミン

ゆれる海に潜るような
何も聞こえないひとりぼっちのとき

変わってあげられぬ痛みが哀しいわ
どんなに思っていても

たなびく夕映えの雲 私に
涙あふれさせてくれたかわりに
そっと呼んで つらいならば
ずっとそばにいるわ

今日も明日もずっと






# by satomi-kazu | 2019-05-13 23:41 | 日常 | Trackback
2019年 04月 30日

平成最後のブログ


f0208112_22450470.jpg


「平成最後の・・・」という名目で
テレビ番組もいろんな特集してますね。
街のあちこちでも、平成から令和への
文字をたくさん見かけます。

そして世間様は、10連休の真っただ中^^;
kazuさん入院中の我が家には、週末も連休も
関係なし、ましてや10連休なんてね。

そういえば、今日は「昭和の日」だそうで
kazuさんが送信してきた病院食も
心なしか?お祝いムード
オレンジにメロンまで付いたデザート
ご飯はグリンピースご飯




f0208112_22461137.jpg


栄養バランスに欠けますけど
ある日のワタシの晩ご飯

とにかくひとりだと
野菜を食べなくなっているので
意識して摂る様にしています。
しかし・・・どう見ても
ワタシの晩ご飯の方が
カロリー高そうです(苦笑)

「さとみさん、ちゃんと食べてね」って
いつもkazuさんがうるさいので(苦笑)
大丈夫!こんなに食べてます!ってことでね^^





f0208112_22494689.jpg

平成から令和にかけて
病室で年またぎをするkazuさん。

最近の状況は、専門的な事を書くと
抗がん剤の副作用で、白血球の数値が激減
感染症のリスクが高まっているので
ベッド周りを無菌状態にすべく
大型な機材を設置されました。

キレイな空気の中、どんな感じ?と聞いたら
「なかなか快適」と返事がかえってきました。

こんなに長い入院も治療も
何もかもが初めての体験

去年までの日常とは
全く違う毎日を送っているけど
今年の後半に、宿の予約をしました^^
まだ先のことは、解りませんが
予約の取れた宿に行くことを目標に
kazuさんもワタシも頑張れます。




いつも病院への足はバスなのですが、時折健康の為に最寄りの駅まで
歩いて帰ることもあります。
今の季節・・モッコウバラがすごくキレイに咲いています。
淡い黄色がとっても可愛らしくて
トゲが無いのに「薔薇」という名の付くお花
f0208112_22444080.jpg

花言葉もなんか・・いいんですよ^^
「あなたには私が必要です」
f0208112_22442783.jpg
皆さん、大型連休中お出掛けしてますか~
新しい元号になったら、また旅の思い出話し
聞かせてくださいね^^





# by satomi-kazu | 2019-04-30 00:00 | 日常 | Trackback | Comments(16)
2019年 04月 25日

11年前にもおんなじ写真


病院の屋上に、患者さんが散歩出来る芝の広場が解放されています。
小一時間もいたら日焼けしそうなくらい良いお天気の日でした。
f0208112_23354806.jpg

f0208112_23360511.jpg


治療の合間
体調がいい時に
kazuさんを誘ってみました。

イマイチ・・・
乗り気じゃなさそうだったけど^^;

15分も居なかったかな・・
病室だと小声で話したりするし
なんとなくプライベートな会話も
同室の方に聞こえているようで嫌だから。




f0208112_23410256.jpg
ワタシが乳がんの手術に向かう直前にも
同じように、携帯で写真を撮ってたっけ・・・右下がその時の写真、11年前
左はつい最近のふたり。 右下、若っ~~(笑)
2人とも、ひと回りデカくなってるな(笑)
そりゃねぇ、11年も育てばね^^;
f0208112_00042064.jpg















f0208112_00121359.jpg


頼んだよ!!
劇薬

kazuさんの病気を
根こそぎやっつけてよ!!









# by satomi-kazu | 2019-04-25 00:29 | kazuさん入院 | Trackback
2019年 04月 14日

病室



f0208112_23040856.jpg

kazuさん、病院での夕食の写真を
ラインで送ってきました。

「おっ!なんだか豪華じゃん^^五目ちらしかな?」
「完食だよ! いつもフルーツ付き」

消灯時間までの時間
今は、プロ野球も始まっているので
阪神の試合内容に、お互いブツブツ文句を
書きながら送信し合っている。

治療が始まっているけれど、kazuさんの食欲は
有るようで一安心。 食べれるのっていいね^^

副作用も、今の時点ではまだ出ていない。



f0208112_23044955.jpg


暫くの間・・kazuさん部屋です。
点滴治療以外の時間、持て余すくらい
長い時間をひとりで過ごすには
やっぱり退屈そう。

何冊もの本を持参
「本を読むなんて何十年振りかなぁ・・」
意外にもテレビはそんなに見ないんだって。
ワタシだったらきっと一日中付けっぱなし(笑)

普段から会話はある方だと思ってたけど
ワタシが病室に行くと、今まで以上に
いっぱい話をしてくれる。
その日の治療のこと、看護師さんとの会話・・
いろいろ話してくれる。


f0208112_23042768.jpg

予想もしていなかった疾患
入院、手術、再入院、点滴治療
昨年末からの怒涛の5か月・・長かったぁ
正直、ホントに長かった。
気持ちの休まる時がなかった不安な日々

それでも、一日、一日・・・
前に進んで頑張ってきた。
これから先も同じ。

kazuさん、頑張ってまーす^^
ワタシもね(笑)




追記
kazuさんの治療にあたって、ネット検索で同病の方達の詳細なブログをいくつも拝見し、本当に参考にさせてもらっていることがいっぱいあります。
皆さん、自分自身の闘病記録が前提で書かれてるけど、同病の方のお役に立てれば・・というお気持ちで書かれていました。
こういう治療の後にはこんな副作用が起きた・・とか、薬剤等の詳しい掲示、血液検査の詳細な数値、医師との会話、ご本人の体調の変化など
様々な状況を想定出来るので、初めて受ける治療も、ある程度の知識があれば動揺せずに受けられるので、本当に有難いと思いました。

それこそ、読み逃げで何の足跡も残さず、勝手に見てるだけ・・なのですが、この場で感謝の気持ち書いておきたくて。
ワタシもkazuさんが元気になった時に、何か参考になるような事を書けたらいいなと思っています。

でも・・やっぱり温泉行ってきました~~が一番書きたい^^




# by satomi-kazu | 2019-04-14 00:45 | kazuさん入院 | Trackback | Comments(24)
2019年 04月 05日

再入院の春 国立の桜


f0208112_09431915.jpg



気温の低い日が続いていたので
国立の桜も、まだまだキレイ

袴姿の女の子達を見かけたなぁと
思っていたら、今度は
初々しい制服姿の子供ら・・

春は、そんな季節なんだなぁと
改めて思いました。

いまさら(笑)




















ライトアップのお陰で夜桜も素敵

f0208112_09433543.jpg


f0208112_09441531.jpg


再入院したkazuさんの病室の窓からも
大きな桜の木を眺めることが出来ます。

今回の部屋は、窓側
すごく大きな窓で、病院から
帰っていく人たちが見えます。

窓際で、手を振って見送ってくれる
kazuさんの姿も通りの歩道から見えました。

血液内科での入院は、少し長い。
しんどい治療を続けながら
寛解・・そして全治を目指す。






f0208112_09440537.jpg
再入院までの期間、あんまり病気の話をしなくなっていた。
今は入院したから、そんなわけにもいかないけど(苦笑)
主治医の話は、なんとなくワタシ的には、いつも嫌い(苦笑)
普通なこと話してても・・・なんだろう?顔が(笑)
訂正!表情がしかめっ面気味で、怖いんだよね。

先生、もう少し、柔和な表情でお願い!!

担当の看護師さんは、とってもイイ感じ^^
頼りがいもあるし、たくさん笑顔があるし
話し易いし、何と言っても
「他の患者さんと比べるのも変だけど
〇〇さんの治療は、そんなに強い副作用出ないと
思うし、大丈夫よ!」って励ましてくれること。




f0208112_10221501.jpg


病気になると、人の温かさが身に染みる。
ちょっとした言葉の思いやりで、気持ちの
モチベーションが全然違ってくる。

いろんな仕事があるけど
病んでいる人、高齢者、身障者・・・
そういう人たちに寄り添う仕事をしている人達には
本当に頭が下がる思いです。
中には・・・えっえーーー??みたいな人も
いるけどね(笑)



病院内にあるドトール
こんなメニューで簡単に済ませて
ひとりのマンションに帰ることもある。

ワタシが元気でいないと駄目よねぇ
こんな食事ばっかりしてたら・・・
って、ワタシがワタシに説教してます。







# by satomi-kazu | 2019-04-05 10:36 | kazuさん入院 | Trackback | Comments(29)
2019年 03月 30日

2019プロ野球開幕


f0208112_19071308.jpg


プロ野球が開幕しました。

矢野監督新体制の我が阪神タイガース
開幕2試合・・・・
なんと!連勝ですよ、連勝~^^

いやぁ~嬉しいですね♪
昨シーズンは最下位ですからね。
これ以上の下は無いわけで(笑)
もう、今年は順位なんて気にしません。
はつらつとしたプレーで楽しませてくれたら
それでいいです!

ベテラン選手も、中堅も、新鮮なルーキーも
怪我無くシーズンを戦えることを願って!

ホントハユウショウシテホシイ・・・ナ(願)


                                チームスローガン追記写真
2016年 金本監督就任初年度 「超変革」
2017年 「挑む」
f0208112_14271889.jpg
2018年 「執念」(笑)
2019年 「ぶち破れ! オレがヤル」
f0208112_14274326.jpg

負けゲームは悔しくて歯ぎしりする思いだけど
やっぱり野球は楽しい!
好きなチーム、好きな選手が活躍する姿を
少しでも多く見れる2019年シーズンでありますように!






# by satomi-kazu | 2019-03-30 19:19 | スポーツ&野球 阪神 | Trackback | Comments(6)
2019年 03月 23日

ブログ10周年


f0208112_13175568.jpg


2009年の4月15日に、ブログを書き始めました。
今年、2019年の春、ブログ開設から丸10年。

写真は、2009年3月24日の桜
開花直後の国立の桜です。

この10年で3回、パソコンの買い替えをし
データの移動など面倒なこともあったけど
私が撮り溜めてきた写真は、全部保存出来ていて
こうして10年前の写真を色褪せることなく見れるのは
凄いことだなと・・・文明の利器に驚愕しますね。

一言で10年・・とはいえ、自分の中では
「ちょっとこれ、なかなか凄いじゃん!」って
ひとりヨイショしてます(笑)




10年前の国立駅前 4月7日には満開でした。
今年は、どうでしょうね、入学式とか・・間に合うのかな。
咲き残っていると良いですね。

f0208112_13182709.jpg

f0208112_13461429.jpg


今年3月初旬、青空に映える
伊豆高原の「オオカンザクラ」

私のブログ更新と併並するように
約10年間通っている伊豆の宿

これから先
暫くは温泉とも距離を置く生活が
待っているので、伊豆の春を2人で
満喫してきました。


さて、ブログですが
出掛けてきた温泉宿のようすや
どんな物を食べたとか、そういうことを
後になってすぐに思い返せるようにと
写真をせっせと撮って、パソコンに取り込み
文章を書いて・・・と。
まぁよくも10年間も続いたものだと思っています。

だって、ワタシってホントに大雑把で、飽きっぽく
部屋の整理整頓は苦手だし・・・
こんな風に、きちんと?写真を整理して
ほぼ定期的に更新し、文章も付け加えて・・なんて
最初の頃は、きっと3日坊主で終わるだろうなと思ってました。

なので、やっぱり自分ヨイショで(笑)
凄いね!よく続いたね!!





宿をチェックアウト後 海岸沿いを散策 
東伊豆の海の写真を載せながら、この10年を少し振り返ろうと思います。
f0208112_14072243.jpg

f0208112_14082935.jpg


もしかしたら、この10年間は、ワタシが今まで生きてきた中で
一番穏やかに過ぎていった年月だったかもしれません。

再発乳がんの治療を前年までに終了し
病後の療養の為にと、出不精のワタシをkazuさんが
温泉に連れ出してくれたのがちょうど10年前。

もちろん、定期的な乳腺外来の受診も続いていたし
再びの再発や、転移などの不安が付きまとっていた年月でも
あったけれど、総じて本当に充実した日々だったと思う。

だからブログも長々と続けてこれたのかな。

この10年間で、実家の母の入院が2回
国立の義母も入院治療をしましたけど
今現在、双方とも普通に老後生活を送れている。

心に残っている、一番の寂しさは
ブログがきっかけで、お知り合いになれた男性
同じくユーミンファンで、同時期に病と闘われていた。
お互いのブログでユーミン談議に花が咲き
病気療養に関しては、知り得る情報をやり取りしてきた。

そんな友人が亡くなられた現実は、当時本当にショックを受けた。
顔も、お名前も、詳しいことは殆ど知らないネットの向こう側の方でも
まるで自分の身内が亡くなったように、悲しくてショックで
暫くは泣いてばかりいました。





f0208112_14074080.jpg

「温泉」

私とkazuさんの10年を振り返ってみて
絶対に欠かせないワード

もっともっと沢山の温泉に行かれてる方は
それこそ数えきれない程いると思うけど
私たちの中では、10年間で170泊以上の
温泉旅が出来た事は、凄いこと!
いっぱい行けたねぇ~ 健康であればこそ!

連れ出してくれたkazuさんに感謝
2人とも、元気でいられたことに感謝


そして、何と言っても
「ブログ ずっとそばに」
思い返せば、幼いころから日記のようなものを
書くのが好きだった子供だったかな・・
それでも、どこか飽きっぽい性格だったので
長続きはしなかった。

嬉しかったこと、ムカついたこと(笑)可笑しかったこと
哀しかったこと、苦しかったこと・・・その時の感情を
素直に書き続けてこれたこと。
自分の中では、なにひとつ後悔していません。
(次元が違い過ぎて付け加えるのもなんですが(笑)
先日引退会見したイチロー選手も、何ひとつ後悔するはずもありません
って発言してましたね)




f0208112_15064015.jpg
来月には、ブログ生活11年目に突入。
奇しくも大きな試練に立ち向かう11年目・・・
ネガティブな考えを持たずに
とにかく前に進む!

ブログ20周年も、今日のように振り返れるように。
書き続けていられるように。

頑張るよ~






# by satomi-kazu | 2019-03-23 15:42 | 日常 | Trackback | Comments(24)
2019年 03月 16日

半分ずつ


世の中には、いろいろな病気があって
自分がこの世に生を受けてから
向こう岸の橋を渡ってゆくまでには
多くの怪我や病気や・・予期せぬ事故など
経験しながら年月を重ねていくんだろう。
病院や医者の世話にならずに、一生を終えられる人は
一体どれくらいいるんだろう・・・
そんな人の人生は、きっと幸せだ、と
病に罹った人は皆そう思うのかも。

なんで自分が・・なんでこんな病気に・・
と嘆き悲しんで苦しんでも
起こってしまった現実は決して代えられない。
誰も代わってくれないし、嘘だったことにも出来ない。
紛れもない現実が自分の身に降りかかる。
受け入れて・・ある意味共存しながら
生きていくしかないんだろうな、と思う。

kazuさんの病理検査の結果が出た。
手術してからだいぶ時間が過ぎた・・
判断がつけ難い稀な病名だった。

何度も何度も気持ちが折れそうになった日々
反面、術後の傷の痛みも消え
以前と変わらない姿を見ていると
このまま、もう何もしなくたって元気に
過ごせるはず!
先生はきっと「経過観察」と言ってくれるはず。
不安に押しつぶされそうな毎日でも
そんな風に考えることで、私自身は救われていた。
kazuさんはどうだったかな?
もっと現実的だったのかもしれない。

術後の治療は、再びの入院
今回は会社も長期休職扱い。

去年の秋ごろ・・2019年温泉旅の
予定を書き記したメモがカレンダーに
そのまま張り付けてある。

2019年・・こういう年になるなんてね
思ってもいなかったね。

だけど、少し先の未来・・2019年を振り返って
「いやぁ~ホントにきつかったねぇ」って
笑って話せるように、絶対そうなるように。

治療で痛かったり、苦しかったり
おんなじ思いを半分ワタシが引き受けるよ!

一緒にガンバロウ






# by satomi-kazu | 2019-03-16 01:44 | ひとりごと | Trackback
2019年 03月 08日

ユーミン タイムマシーンツアー東京初日@武道館


f0208112_11564717.jpg


武道館公演は、28年振りだそう。

♪九段下の駅を降りて坂道を
人の波を追い越してゆけば
黄昏時 雲は赤く焼け落ちて
屋根の上に光る玉ねぎ~♪

これからユーミンのLiveだというのに
頭ん中は、このフレーズが行ったり来たり(笑)

まぁ・・・とにかく
素晴らしいLiveだった。
これに尽きる。

ユーミンと同じ時代を過ごせてこれた事・・
産んでくれた親にも感謝したい気分。

上手い言葉、表現が見つからない。
浮かばない・・けど。

ありがとう!
最高だった!
幸せな夜だった!

そんなSpecialdayを時系列で。



f0208112_12084239.jpg


予約してあったお気に入りのお店
隣のテーブルには、おひとりさま用のセッティング・・・
もしかして?まさかね?でも・・・
少し、ドキドキしながらのランチ
もしかしての女性、今回は東京駅丸ビルの中で
ランチを済ませたよう。

そう! Live当日! ブログにもコメントくださる
rinorinoさんも参戦!と聞いて、開演時間前に
待ち合わせをすることになっていた。

お昼の予定までは、確認していなかったので
このお店が美味しかった♪とブログにも
書かれていたので・・・再来店してるかも?
と、勝手に想像してしまった^^;
f0208112_12085005.jpg

















神楽坂のビストロフレンチ「ブラッスリーグー」
味もコスパも、ワタシの中では最強なお店
ランチはAコース @1100(前菜&肉メイン バケット付き)と
Bコース@2400(前菜盛り合わせ&魚料理&肉メイン&デザート バケット付き)
前菜もメインも数種類から選べるので毎回迷います(笑)

食後の飲み物が別なのがちょっぴり残念ですけど
正直・・隣とのテーブル間隔がものすごく接近してるので(苦笑)
ゆっくりお茶をしながら・・という雰囲気ではないから
ランチ時間は皆さん、割と食べたらササッと席を立たれてます^^;
でも・・・ホント! どの料理も美味しい♪
前菜のサラダのドレッシング、ビネガー風味で激ウマ

f0208112_12325442.jpg


f0208112_12485938.jpg


待ち合わせの時間まで、2時間と少し。
ランチ後に向かった先は、東京ドーム

久しぶりの都内散策で
気分はお上りさん^^

天気予報は、夕方から本降りの雨予報
どんよりと曇っていたけど
なんとか傘の出番無し。

この日、なにやらジャニーズ系?のLiveが
東京ドームであったみたい。
ものすごい行列に出くわしました。
ほぼ99、9999%若い女の子達
平日、まだ学校が(授業)あるだろう時間帯・・
あ?もしかしてもう春休み???

それにしても、列の長さが半端ない・・
ざっと3000人は居たと思う。
しかも、よく見たら、グッズ販売の列に並んでいる・・・
ひとり幾らお金使うの? 千円?二千円??

@千円×3000人・・・として ・・・
はぁ~ジャニーズ恐るべし(苦笑)
ちなみに武道館、ユーミンのグッズ売り場は
可愛い行列でした^^




凄いでしょ?行列^^;
f0208112_16363263.jpg
観覧車・・出会ったころに
kazuさんとデートしました。
余談~(笑)
f0208112_16364159.jpg
東京ドームでのお目当ては此処
野球殿堂博物館!
入館料@600
f0208112_16412651.jpg
野球好きのワタシたちは楽しめた場所でした。
f0208112_16562949.jpg
さて!時間となって九段下に向かいます。
大分前から待ち合わせ場所に到着していたrinorinoさんと合流。
武道館近くでお茶でも・・と思ったのが大きな誤算(苦笑)
約1万人収容の武道館・・みんな考えることは同じです。
何軒も覗いては満席満席・・・
随分と歩いちゃいましたねぇ(苦笑)
当日は12000歩超えでした。
f0208112_17035432.jpg

f0208112_17040910.jpg
ようやく見つけた喫茶店で一息♪
周りもみぃ~んなユーミンファン世代(笑)
あちこちから聞こえてくる話題も然り。

昨年の春、調布でのLiveでお会いして以来の再会。
今回は、少しゆっくりとお話しすることが出来て
お互いのユーミン愛をしっかりと再確認(笑)
尽きないのですよ・・・ユーミン話は・・

帰りの新幹線の時間があって、rinorinoさんは
ダブルアンコールを聴けずに帰ってしまったけれど
次回は横浜!がありますもんね^^
ユーミン同様のアクティブ&パワフルさに脱帽です!
お土産まで頂いてしまって・・ありがとう~~
また、何処かの会場でね^^




「タイムマシーンツアー」その名の通り
過去のツアーを思い起こさせるような懐かしい演出
見たことあるぞ!の中にも新鮮がいっぱいで・・・
観客を独自の世界に引き込む、まさにエンタテイメント!
ステージセット、光と照明の演出・・・
どれもこれも本当に素晴らしかった。
f0208112_17243217.jpg
「46年歌ってきて、ようやく皆に知ってもらえたかなって・・
近年になってそう思えるようになりました。幸せです、ありがとう」って。
MCにも泣かされ、約3時間のLiveはまさしくユーミンの
真骨頂とも言えるLiveだったと、個人的には思う。
まだ・・・夢心地。
f0208112_17245195.jpg
「こんなLiveやってしまったから、もしかして引退?なんて思ってませんか?^^
言っときますね!ワタシは、まだまだこんなもんじゃ終わりませんよ~」
そんな言葉が無性に嬉しい、心の支えになる!

こんなにチャーミングでキュートな65歳・・・
絶対、他にいない!!(笑)
f0208112_17514347.jpg
f0208112_17513214.jpg
個人的には、パンツスタイルでボルサリーノ風のハットを
被ったユーミンがとにかく好き^^
帽子・・・似合い過ぎでしょ(苦笑)
昔、誰かが言ってたっけ
トレンチコートが似合うのは、萬田久子とユーミンだけだって^^;
頷けちゃうのよねぇ~~
f0208112_17462951.jpg
長々と(笑)すみません。
現実逃避?じゃないけど、今のワタシには確かに別の空間に
連れて行ってくれる、大切な大切な存在なのです。

ユーミン 心からありがとう。






# by satomi-kazu | 2019-03-08 18:06 | 好きなアーティスト | Trackback | Comments(21)