ずっとそばに 

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ
2019年 03月 23日

ブログ10周年


f0208112_13175568.jpg


2009年の4月15日に、ブログを書き始めました。
今年、2019年の春、ブログ開設から丸10年。

写真は、2009年3月24日の桜
開花直後の国立の桜です。

この10年で3回、パソコンの買い替えをし
データの移動など面倒なこともあったけど
私が撮り溜めてきた写真は、全部保存出来ていて
こうして10年前の写真を色褪せることなく見れるのは
凄いことだなと・・・文明の利器に驚愕しますね。

一言で10年・・とはいえ、自分の中では
「ちょっとこれ、なかなか凄いじゃん!」って
ひとりヨイショしてます(笑)




10年前の国立駅前 4月7日には満開でした。
今年は、どうでしょうね、入学式とか・・間に合うのかな。
咲き残っていると良いですね。

f0208112_13182709.jpg

f0208112_13461429.jpg


今年3月初旬、青空に映える
伊豆高原の「オオカンザクラ」

私のブログ更新と併並するように
約10年間通っている伊豆の宿

これから先
暫くは温泉とも距離を置く生活が
待っているので、伊豆の春を2人で
満喫してきました。


さて、ブログですが
出掛けてきた温泉宿のようすや
どんな物を食べたとか、そういうことを
後になってすぐに思い返せるようにと
写真をせっせと撮って、パソコンに取り込み
文章を書いて・・・と。
まぁよくも10年間も続いたものだと思っています。

だって、ワタシってホントに大雑把で、飽きっぽく
部屋の整理整頓は苦手だし・・・
こんな風に、きちんと?写真を整理して
ほぼ定期的に更新し、文章も付け加えて・・なんて
最初の頃は、きっと3日坊主で終わるだろうなと思ってました。

なので、やっぱり自分ヨイショで(笑)
凄いね!よく続いたね!!





宿をチェックアウト後 海岸沿いを散策 
東伊豆の海の写真を載せながら、この10年を少し振り返ろうと思います。
f0208112_14072243.jpg

f0208112_14082935.jpg


もしかしたら、この10年間は、ワタシが今まで生きてきた中で
一番穏やかに過ぎていった年月だったかもしれません。

再発乳がんの治療を前年までに終了し
病後の療養の為にと、出不精のワタシをkazuさんが
温泉に連れ出してくれたのがちょうど10年前。

もちろん、定期的な乳腺外来の受診も続いていたし
再びの再発や、転移などの不安が付きまとっていた年月でも
あったけれど、総じて本当に充実した日々だったと思う。

だからブログも長々と続けてこれたのかな。

この10年間で、実家の母の入院が2回
国立の義母も入院治療をしましたけど
今現在、双方とも普通に老後生活を送れている。

心に残っている、一番の寂しさは
ブログがきっかけで、お知り合いになれた男性
同じくユーミンファンで、同時期に病と闘われていた。
お互いのブログでユーミン談議に花が咲き
病気療養に関しては、知り得る情報をやり取りしてきた。

そんな友人が亡くなられた現実は、当時本当にショックを受けた。
顔も、お名前も、詳しいことは殆ど知らないネットの向こう側の方でも
まるで自分の身内が亡くなったように、悲しくてショックで
暫くは泣いてばかりいました。





f0208112_14074080.jpg

「温泉」

私とkazuさんの10年を振り返ってみて
絶対に欠かせないワード

もっともっと沢山の温泉に行かれてる方は
それこそ数えきれない程いると思うけど
私たちの中では、10年間で170泊以上の
温泉旅が出来た事は、凄いこと!
いっぱい行けたねぇ~ 健康であればこそ!

連れ出してくれたkazuさんに感謝
2人とも、元気でいられたことに感謝


そして、何と言っても
「ブログ ずっとそばに」
思い返せば、幼いころから日記のようなものを
書くのが好きだった子供だったかな・・
それでも、どこか飽きっぽい性格だったので
長続きはしなかった。

嬉しかったこと、ムカついたこと(笑)可笑しかったこと
哀しかったこと、苦しかったこと・・・その時の感情を
素直に書き続けてこれたこと。
自分の中では、なにひとつ後悔していません。
(次元が違い過ぎて付け加えるのもなんですが(笑)
先日引退会見したイチロー選手も、何ひとつ後悔するはずもありません
って発言してましたね)




f0208112_15064015.jpg
来月には、ブログ生活11年目に突入。
奇しくも大きな試練に立ち向かう11年目・・・
ネガティブな考えを持たずに
とにかく前に進む!

ブログ20周年も、今日のように振り返れるように。
書き続けていられるように。

頑張るよ~






# by satomi-kazu | 2019-03-23 15:42 | 日常 | Trackback | Comments(13)
2019年 03月 16日

半分ずつ


世の中には、いろいろな病気があって
自分がこの世に生を受けてから
向こう岸の橋を渡ってゆくまでには
多くの怪我や病気や・・予期せぬ事故など
経験しながら年月を重ねていくんだろう。
病院や医者の世話にならずに、一生を終えられる人は
一体どれくらいいるんだろう・・・
そんな人の人生は、きっと幸せだ、と
病に罹った人は皆そう思うのかも。

なんで自分が・・なんでこんな病気に・・
と嘆き悲しんで苦しんでも
起こってしまった現実は決して代えられない。
誰も代わってくれないし、嘘だったことにも出来ない。
紛れもない現実が自分の身に降りかかる。
受け入れて・・ある意味共存しながら
生きていくしかないんだろうな、と思う。

kazuさんの病理検査の結果が出た。
手術してからだいぶ時間が過ぎた・・
判断がつけ難い稀な病名だった。

何度も何度も気持ちが折れそうになった日々
反面、術後の傷の痛みも消え
以前と変わらない姿を見ていると
このまま、もう何もしなくたって元気に
過ごせるはず!
先生はきっと「経過観察」と言ってくれるはず。
不安に押しつぶされそうな毎日でも
そんな風に考えることで、私自身は救われていた。
kazuさんはどうだったかな?
もっと現実的だったのかもしれない。

術後の治療は、再びの入院
今回は会社も長期休職扱い。

去年の秋ごろ・・2019年温泉旅の
予定を書き記したメモがカレンダーに
そのまま張り付けてある。

2019年・・こういう年になるなんてね
思ってもいなかったね。

だけど、少し先の未来・・2019年を振り返って
「いやぁ~ホントにきつかったねぇ」って
笑って話せるように、絶対そうなるように。

治療で痛かったり、苦しかったり
おんなじ思いを半分ワタシが引き受けるよ!

一緒にガンバロウ






# by satomi-kazu | 2019-03-16 01:44 | ひとりごと | Trackback
2019年 03月 08日

ユーミン タイムマシーンツアー東京初日@武道館


f0208112_11564717.jpg


武道館公演は、28年振りだそう。

♪九段下の駅を降りて坂道を
人の波を追い越してゆけば
黄昏時 雲は赤く焼け落ちて
屋根の上に光る玉ねぎ~♪

これからユーミンのLiveだというのに
頭ん中は、このフレーズが行ったり来たり(笑)

まぁ・・・とにかく
素晴らしいLiveだった。
これに尽きる。

ユーミンと同じ時代を過ごせてこれた事・・
産んでくれた親にも感謝したい気分。

上手い言葉、表現が見つからない。
浮かばない・・けど。

ありがとう!
最高だった!
幸せな夜だった!

そんなSpecialdayを時系列で。



f0208112_12084239.jpg


予約してあったお気に入りのお店
隣のテーブルには、おひとりさま用のセッティング・・・
もしかして?まさかね?でも・・・
少し、ドキドキしながらのランチ
もしかしての女性、今回は東京駅丸ビルの中で
ランチを済ませたよう。

そう! Live当日! ブログにもコメントくださる
rinorinoさんも参戦!と聞いて、開演時間前に
待ち合わせをすることになっていた。

お昼の予定までは、確認していなかったので
このお店が美味しかった♪とブログにも
書かれていたので・・・再来店してるかも?
と、勝手に想像してしまった^^;
f0208112_12085005.jpg

















神楽坂のビストロフレンチ「ブラッスリーグー」
味もコスパも、ワタシの中では最強なお店
ランチはAコース @1100(前菜&肉メイン バケット付き)と
Bコース@2400(前菜盛り合わせ&魚料理&肉メイン&デザート バケット付き)
前菜もメインも数種類から選べるので毎回迷います(笑)

食後の飲み物が別なのがちょっぴり残念ですけど
正直・・隣とのテーブル間隔がものすごく接近してるので(苦笑)
ゆっくりお茶をしながら・・という雰囲気ではないから
ランチ時間は皆さん、割と食べたらササッと席を立たれてます^^;
でも・・・ホント! どの料理も美味しい♪
前菜のサラダのドレッシング、ビネガー風味で激ウマ

f0208112_12325442.jpg


f0208112_12485938.jpg


待ち合わせの時間まで、2時間と少し。
ランチ後に向かった先は、東京ドーム

久しぶりの都内散策で
気分はお上りさん^^

天気予報は、夕方から本降りの雨予報
どんよりと曇っていたけど
なんとか傘の出番無し。

この日、なにやらジャニーズ系?のLiveが
東京ドームであったみたい。
ものすごい行列に出くわしました。
ほぼ99、9999%若い女の子達
平日、まだ学校が(授業)あるだろう時間帯・・
あ?もしかしてもう春休み???

それにしても、列の長さが半端ない・・
ざっと3000人は居たと思う。
しかも、よく見たら、グッズ販売の列に並んでいる・・・
ひとり幾らお金使うの? 千円?二千円??

@千円×3000人・・・として ・・・
はぁ~ジャニーズ恐るべし(苦笑)
ちなみに武道館、ユーミンのグッズ売り場は
可愛い行列でした^^




凄いでしょ?行列^^;
f0208112_16363263.jpg
観覧車・・出会ったころに
kazuさんとデートしました。
余談~(笑)
f0208112_16364159.jpg
東京ドームでのお目当ては此処
野球殿堂博物館!
入館料@600
f0208112_16412651.jpg
野球好きのワタシたちは楽しめた場所でした。
f0208112_16562949.jpg
さて!時間となって九段下に向かいます。
大分前から待ち合わせ場所に到着していたrinorinoさんと合流。
武道館近くでお茶でも・・と思ったのが大きな誤算(苦笑)
約1万人収容の武道館・・みんな考えることは同じです。
何軒も覗いては満席満席・・・
随分と歩いちゃいましたねぇ(苦笑)
当日は12000歩超えでした。
f0208112_17035432.jpg

f0208112_17040910.jpg
ようやく見つけた喫茶店で一息♪
周りもみぃ~んなユーミンファン世代(笑)
あちこちから聞こえてくる話題も然り。

昨年の春、調布でのLiveでお会いして以来の再会。
今回は、少しゆっくりとお話しすることが出来て
お互いのユーミン愛をしっかりと再確認(笑)
尽きないのですよ・・・ユーミン話は・・

帰りの新幹線の時間があって、rinorinoさんは
ダブルアンコールを聴けずに帰ってしまったけれど
次回は横浜!がありますもんね^^
ユーミン同様のアクティブ&パワフルさに脱帽です!
お土産まで頂いてしまって・・ありがとう~~
また、何処かの会場でね^^




「タイムマシーンツアー」その名の通り
過去のツアーを思い起こさせるような懐かしい演出
見たことあるぞ!の中にも新鮮がいっぱいで・・・
観客を独自の世界に引き込む、まさにエンタテイメント!
ステージセット、光と照明の演出・・・
どれもこれも本当に素晴らしかった。
f0208112_17243217.jpg
「46年歌ってきて、ようやく皆に知ってもらえたかなって・・
近年になってそう思えるようになりました。幸せです、ありがとう」って。
MCにも泣かされ、約3時間のLiveはまさしくユーミンの
真骨頂とも言えるLiveだったと、個人的には思う。
まだ・・・夢心地。
f0208112_17245195.jpg
「こんなLiveやってしまったから、もしかして引退?なんて思ってませんか?^^
言っときますね!ワタシは、まだまだこんなもんじゃ終わりませんよ~」
そんな言葉が無性に嬉しい、心の支えになる!

こんなにチャーミングでキュートな65歳・・・
絶対、他にいない!!(笑)
f0208112_17514347.jpg
f0208112_17513214.jpg
個人的には、パンツスタイルでボルサリーノ風のハットを
被ったユーミンがとにかく好き^^
帽子・・・似合い過ぎでしょ(苦笑)
昔、誰かが言ってたっけ
トレンチコートが似合うのは、萬田久子とユーミンだけだって^^;
頷けちゃうのよねぇ~~
f0208112_17462951.jpg
長々と(笑)すみません。
現実逃避?じゃないけど、今のワタシには確かに別の空間に
連れて行ってくれる、大切な大切な存在なのです。

ユーミン 心からありがとう。






# by satomi-kazu | 2019-03-08 18:06 | 好きなアーティスト | Trackback | Comments(14)
2019年 03月 03日

たらこスパゲッティと変な夢


f0208112_19123460.jpg


今日の一枚  うちごはん

無類の麺食い男、kazuさんが大好きな
タラコスパゲッティを作った。乾麺は300g
2人だったら普通の量だけど
作ってみたらなんだかテンコ盛りに(苦笑)

それでも、美味しい♪と言って完食してくれた。
ブロッコリー食べよう習慣も継続中の我が家の晩ご飯

ウチでのご飯は、ちょこちょことオカズが並ぶけど
見栄え的に(笑)イマイチなので、写真には残さず。

ブログ書いていると、いつの間にか恰好つけ~^^;
を覚えてしまって、キレイに撮れたのとか、自分でも
いいじゃん♪って思った写真しか載せなくなった(笑)

ブロガーの性(さが)ってやつですかね^^;


えっと、数日前にちょっとした夢をみまして
その夢の内容もそうなんですが、ここ何日かで
コメント欄でユーミンの楽曲の話題も出て
ワタシの見た夢が、その曲の詩に相通じるようで(笑)
自分勝手な解釈とユーミン愛!(笑)を込めて
少し記しておきたいと思いました。




「静かなまぼろし」

通りのドアが開き 雑踏が迷い込む
そのときまぼろしを見てる気がした
小走りのシルエット ガラスを押して
あなたが店に入ってきた

もしも微笑みこの席で向き合えば
時は戻ってしまうの遠い日に

全てを分かち合い歩いた二人が
今では柱越し 別のテーブル
誰かとメニューを選ぶささやき
振り向く勇気がなかった

会わない日々を云い尽くす言葉など
もういらないの気づかずいて欲しい

昔の恋をなつかしく思うのは
今の自分が幸せだからこそ
もう忘れて


ちょっといろいろ能書きしたいと思ったのですが、ワタシの文才じゃ無理っ!と悟りました(笑)
要は、最後の赤字の部分・・これだね! この歌の一番好きなとこ^^  
そーなんですよ、数日前の夢に遠い昔好きだった人が突然出現してきて、目が覚めた時には、なんだかなぁ~と
不思議な気分になりました(笑) 夢ってよく言われるのが、起きてる時の願望が眠った時に出てくるって
聞いたことあるけど、そうとは限らないよなぁ(苦笑) 歌の詩のように、昔の恋をなつかしく思うのは・・です^^
「静かなまぼろし」タイトル通り、静かなスローテンポの曲でアルバム「流線形80」の中でも好きな曲です。


「ためらい」

手をつなぐほど若くないから
あなたのシャツの肘のあたりをつまんで歩いていたの
道ゆく人とすれ違うとき
ふたりいつから付き合っている
仲に見られるかしら

もしも新しい このめぐり逢いが
心の傷跡もうひとつふやすことになろうとも

勇気を出してうちあけてみた
昔の恋をさりげなく聞く
あなたは冷たい人

舗道に寄せた車の中に
今夜ふたりで旅立つための小さな荷物がある

私はもうすぐ不幸になりそう
一緒の時間があまりに楽しく早く過ぎるから

明日のことはわからないけど
ずっと愛すと云ってくれない
あなたは冷たい人


この曲は、今年の苗場でユーミンから指名されたお客さんがリクエストした曲で、その時にユーミンが
「これは恋の逃避行の曲なのよ」って話をしたのですが、ワタシ的にはとっても意外でした。
「恋の逃避行」かぁ・・・どの部分の詩でそれを想像できるのかな?と思い
何度も詩を読み返してみたら、♪今夜ふたりで旅立つための小さな荷物がある♪ ここかな?ここだよねって
自分で勝手に解釈しました^^ 個人的には、赤字のサビのとこが曲調も詩も大好き。 
恋の逃避行・・・凡人には想像もつきませんでした。
自分の感性の乏しさが恨めしい(苦笑)と同時に、ユーミンの偉大さを改めて知るのでした^^

大袈裟な表現だけど、ユーミンとユーミンの曲の存在は、ワタシが日々生活していく中で元気や勇気を貰えると思っています。
一曲一曲に、青春時代の想いが溢れて蘇ってきて、切ない曲に涙したり、パワーを貰える曲は考え方を前向きにしてくれる。
そして、何と言ってもユーミンの全力なパフォーマンスを目にする度に「ワタシも頑張らねば!!」と思える。

毎年、2月の苗場公演中の数週間と終わってから暫くは、ユーミンの余韻に浸っているワタシ。
来週は全国ツアーも再開されて、嬉しいかぎり^^ 苗場お留守番だったkazuさんも、武道館には参戦!

スパゲッティーの写真から全く関係の無い独り言でした。
やっぱり・・・ユーミンって半端ない^^;

f0208112_11054975.jpg



# by satomi-kazu | 2019-03-03 00:47 | 日常 | Trackback | Comments(12)
2019年 02月 24日

2019年 春の足音


f0208112_23430236.jpg

今日の一枚 「天下一品」こってりラーメン
ネギトッピング・・・って、こんな山盛りとは!!

温泉にも行けてないと
なぁーんにも話題無いのね・・アタシ(苦笑)

ブログに書けるような変わった?ことも無く
日々・・淡々とです^^;

まぁそれでも、毎日のニュースを見聞きしていると
本当に沢山の出来事があって、毎回なんだか解んないけど
テレビに向かって感心したり、呆れかえったり、残念がったり
怒ったり(笑) 
2つ3つ、気になった話題で感じたことを少し・・・
最近食べたラーメン屋さん3連発の写真と共に。
2019年の1月、2月ってこんなニュースあったのね・・的な。



f0208112_23551723.jpg

術後の、歩け歩けリハビリ中のkazuさんは、普通のこってり
何気に?量は少な目なラーメン屋さんなんですねぇ
大食いの人には、絶対に物足りない麺の量だと思いましたけど・・

そうそう、ニュースですが
こういうラーメン屋さんに行ってるくせになんですけど
なんだか、ジャンクフード店や、若いチャラチャラした子が
アルバイトしている外食店には、行きたくない!と思っちゃう。

「不適切動画」のニュース
床に擦り付けた唐揚げを、油の中に・・とか
切り身の魚をゴミ箱に捨ててから、再びまな板の上に・・とか
しらたきを、口に入れて出して・・とか
信じられないような事が現実に起こって、面白がって
動画にアップしてるバカ者は当然論外だけど
企業側にも・・・少なからず責任があるような気もしています。

「動画配信された商品は、お客様に提供されていないことを確認し
厨房機材などは消毒済みでございます」なんてお詫びされても
信じられますか? 投稿されたその日のウチに判明して対処した!って
どう証明できるんでしょうか??

店内の防犯カメラだけじゃなくて、従業員やスタッフ、アルバイト
特に、お客さんの口に入る物を提供している飲食業界は、厨房に
何台もカメラ設置して欲しい。ホントにそうして欲しい。

このニュースって、動画でアップされたからわかったようなものの
実際は・・・こういうこと日常茶飯事にやってるんじゃないの?
って、疑いたくなってしまうレベル



f0208112_00162241.jpg

ご当地ラーメンというのでしょうかね?
「八王子ラーメン」 みじん切りした玉ねぎが
トッピングされているのが特徴です。
玉ねぎは、血液サラサラ効果があるそうですよ。
あっさりした醤油味で、なかなか好みでした。

追加100円で、更に玉ねぎを頼みました^^;
f0208112_00164132.jpg














ラーメン食べてると野菜を食べなくっちゃ!って
少し罪悪感的な気になっちゃうのですが
玉ねぎこれだけ盛ってると、まっいいっか!ってなります^^;
f0208112_00165328.jpg


f0208112_11463577.jpg

喜多方ラーメン「坂内」
あっさり薄味スープと、縮れ麺が特徴
ワタシは、ワンタンメンにしてみました。
美味しいんだけど・・個人的には、なんとなく物足りなさを
感じたラーメンだったかな。
サイドメニューのミニ叉焼丼や、焼き餃子が何気に美味。

f0208112_11470413.jpg

f0208112_11471651.jpg

気になったニュース、その2は「児童虐待」ですかね。
言い方あれですけど、日常茶飯事のようにニュースで見聞きするので
「また?」っていうのが正直なところ・・・
親になった事がないので、心情はなんとも言えないけれど
自分の分身(子供)に痛いこと、苦しいこと・・出来るものですかね?
こういう親(人間)には、子供が受けた同じ苦痛を与えたらいいのに。



f0208112_12083529.jpg

彼女が患った病気のニュースを聞いたのは、苗場・・
本当にびっくりしたのと同時に、再検査や告知などを
既に受けた後の自らの公表と知り、どんなに辛かっただろうと
胸が張り裂けそうでした。

ほんの数か月前・・同じ道を辿ってきた私達には
他人事には思えない悲痛なニュースでした。

公表するまでの、本人の気持ち、周りの家族や親族の気持ち
公表後の多くの知人、友人達の気持ち・・・
言葉で表現するのは、難しいです。

それでも、今の医学は本当に進歩しているし
「治る」時代になったのです。

「神様は乗り越えられる試練しか与えない」と
彼女は言ったそうです。
本当にその通りだと思って、我が家も頑張ってます。

日本国民の多くが知る有名な選手が、公表したことで
「骨髄バンク」への問い合わせが相当数増えたとか。
些か不謹慎ですが、一般の人ではこうはいかなかったと思います。
関心と理解が増えてくれた事に複雑な思いながら、感謝の気持ちも。




春の足音も聞こえてきました! 
河津桜はもう既に満開とか^^ 伊豆の桜みたいなぁ 
たくさんの想いが交錯するけど
こんなにも春が待ち遠しいと思えるのも久しいです。





# by satomi-kazu | 2019-02-24 12:52 | 日常 | Trackback | Comments(36)
2019年 02月 15日

苗場Vol.39@だってユーミンだもん♪


不完全燃焼で帰ってきました、今年の苗場^^;
39回目の苗場Live 今年は初参加の職場先輩と2人で、雪の新潟へ
すごく楽しみにしてくれてた先輩が満喫出来ればいいなぁと
思っていたけれど、よりによって過去イチ最悪の座席でした。
まあ・・・こういう事も長年通っていればありますねぇ
f0208112_21034438.jpg

f0208112_21430249.jpg

会場、座席の良し悪しで、ここまでテンション下がるんだ・・・
と、今回は痛感しました。仕方ないんですけどね・・
でもね、やっぱり遥々新潟までやってきて、あの席は無いわ。
これ率直な感想(赤い星印周辺)ついてないのは、重なるもので
私たちの前列に2組のご夫婦・・嘘でしょ?って位、4人とも大きい(苦笑)
因みに、先輩は150cm ワタシは156cm 
スローな曲が続く前半は、みんな静かに着席して鑑賞
それでも、2組4人の後頭部&大きな背中が目の前にドーーーン(笑)
後半、スタンディングになった時なんて、まるで壁です。

「雰囲気だけでも楽しめたよ」そう言ってくれた先輩に
なんだか本当に申し訳なくなっちゃって・・・
2組の夫婦に罪はない(笑)無いんだけどさぁ・・
いやぁでもあれは無いわ~ 無いよ~
天井を見上げ、煌びやかなライティングを見ながら
耳でユーミンを感じた、そんな今年の苗場でした。

f0208112_21040736.jpg
   f0208112_21101625.jpg                            
                                                                                    2019年苗場 振り返り

JR乗車券付きツアーで苗場入り
kazuさんが諸事情で行けなくなって
同じ職場のユーミン好き先輩が
お付き合いしてくれた。

重ね重ね・・・
楽しみにしてくれてたんだよね、ホント
もう少しマシな席で体感して欲しかったなぁ

それでも
「ユーミン・・素敵で益々好きになったよ~」って
言ってくれたので、ワタシもほんの少し救われた気分



先輩がスマホで撮った写真を加工してくれたので、それも載っけます。 東京駅で調達したお弁当!美味しかった^^


f0208112_21021356.jpg
f0208112_21045105.jpg
































f0208112_22350701.jpg

毎年、チェックインカウンターのある場所に
飾られてあったお花が、今年は、Live会場前に
移動になっていました。大勢の同世代たち~(苦笑)
なんとなくですが・・今年は、若い人たちは
あんまり見かけなかったような?気がしました。
どうでした?クマリンさん^^;

f0208112_22360355.jpg



















f0208112_21024638.jpgプリンスの中のレストランは、正直・・・
値段の割に・・・なので
先輩もあんまりお腹空いてないからと
軽く、ピザーラでテイクアウトして
部屋で食べました。

ワンピースで注文出来るのは知りませんでした^^;
大きなピザを一枚頼んでも、飽きちゃって食べきれないので
これはナイス♪でした。

今は別の支店勤務の先輩と、職場の話題やら
当然ユーミン談議に花が咲きました。

夜8時30分の開場 9時公演まで
「なんだかドキドキしてきたわ、もうすぐユーミンに
会えるんだねぇ」 って先輩の高揚感も伝わってきます。





今年の苗場Liveテーマは「夢」
最初のMC「さあ!今回は大人な雰囲気でお送りしますよ」
そんなユーミンの言葉で静かにLiveは始まった。

衣装はこの3パターン
双眼鏡を持参した先輩が「すごくキレイ・・ユーミン」
ワタシも覗かせてもらった・・本当に美しかった。
リクエストコーナーの女性に
「65歳?信じられないです~綺麗です~」
「だって、ユーミンだもん♪」
そんな返しをする65歳・・・大好きだぁ
f0208112_21030371.jpg
前半の選曲は、スローテンポでじっくり聴かせる雰囲気  
ユーミンがMCの時に、最近気に入って良く聴いているアルバム「FACES」の話をした。
今回Liveでも数曲歌ってくれている、中でも「いちご白書をもう一度」「星のクライマー」は、思わず目頭が熱くなった。

♪就職が決まって、髪を切ってきたとき・・もう若くないさと君に言い訳したね♪ 
60年代から70年代の学生運動が盛んだった頃のイメージが思い浮かぶ歌詞
せつないメロディーと共に、若干21歳でこんな曲を創れちゃうユーミンの才能にただただ凄いなぁ・・と。

全24曲の中で、今回個人的ナンバーワンは「人魚姫の夢」かな・・・
♪いつかあなたはやってくる・・深い涙の底へ、私を目覚めさせるために 
やがて薔薇色の朝になりあなたはささやくのよ 哀しい夢だったと♪ 
ホントに勝手な解釈ですが、今回の苗場テーマに一番合った曲だったかな・・と思いました。

そして、苗場名物リクエストコーナー 
毎回、お客さんとのやり取りで、大いに笑わせてくれたり、逆にしんみりさせてもらえたり、まぁどちらかと言えば
ユーミンが上手にお客さんをいじって笑いのコーナーみたいな雰囲気になっている時間。
毎年、控えめに(笑)挙手しているけど、未だにユーミンのお目に留まる事は無い(笑)

2人目の男性がリクエストした曲は「ルージュの伝言」すかさず会場からブーイング(笑)松も松!大松な曲ですからね^^; 
他の曲は?とユーミンに促され、「雪月花」と。 思わずワタシはガッツポーズ! 大好きな曲だから。 
何気に松に近い曲だけど、ユーミン承諾!その時に、「意外と幅広く曲知っているのね?」と、お得意の毒舌^^ 
ルージュの伝言という、世間に知れ渡っている曲の次にリクエストしたのが雪月花だったから、そんな風に男性をいじったのかなと

3人目の女性が姉妹3人で来ていると言ったら、最後にはステージに全員が上がってきた。
これも個人的な感想だけどユーミンなんだか丸く?なったよねぇ・・何年か前にはこういう光景はあまり無かったと思う。 
あっ!そうそう書いてて思い出したんだけど、3年くらい前のリクエストコーナーで
男性が指名されて、すかさず隣に座ってた奥さんの手を引いてふたりでステージに上がろうとしたら「ダメダメ!却下却下!!」
ってユーミンに言われて悔しそうに着席してたっけ^^; 楽しくてちょっぴり毒舌なユーミンが大好き♪ 

そして3人目の女性が記念写真を撮ってもらい、ステージから降りた瞬間、、別のお客さんが叫んだ「写真だけでも撮って欲しいんだけどー」 
ユーミン一瞬「え??何?」 女性の声がまた叫ぶ「写真だけ~」 
ユーミン「あ~なんだかよく解んないけれど、個人的な相談にはお応えしかねます」と。 
瞬間、会場内にスッーと微妙な空気が流れた・・ような気がした。 
ユーミンに対するものじゃなく、間違いなく「写真だけ~」と叫んだ女性に向けられた空気だった。 
そういう行動をする人がいると、あの楽しいコーナーもやってくれなくなる・・ワタシはそう思います。 

アンコールの「雪だより」も歌い終えて、ステージを離れるときに、「今夜は泣いてばっかりでごめんなさいね」と言ったユーミン 
ホントに何度となく涙ぐんでいたのが印象的だった。 

「苗場はホントに特別な場所です。
私の最後のステージは苗場で終えたいと思う、またこの場所で会いましょうね。」

イマイチを通り越して、最悪な座席だったけれど、やっぱり最後は結局来れて良かったと思えるのです。
そういう場所なんです、苗場って・・・
一緒に行ってくれた職場の先輩、ありがとう。 
そして同日参加のクマリンさん、お会いできずに残念でした。
また次の機会を楽しみに待ちます^^

感想が長くなりました、2019年苗場おしまい。

f0208112_00210708.jpg



# by satomi-kazu | 2019-02-15 00:21 | 冬の恒例 苗場@ユーミン | Trackback | Comments(32)
2019年 02月 11日

2年振り苗場



「ユーミンからは引退できない、活動休止は死ぬとき」
インタビューでそんな風に応えてくれたみたい。

39回目の苗場公演
昨年は失意の(苦笑)落選
今年はkazuさんお留守番^^;
「せっかくチケット取れたんだから、行ってきなよ」
心優しい言葉に(笑)甘えて
f0208112_12074147.jpg
今年は「大人」な雰囲気のステージのよう
大好きなアルバム「FACES」からも数曲
f0208112_12082143.jpg
苗場・・寒そう(苦笑)
行ってきます!




# by satomi-kazu | 2019-02-11 12:25 | 冬の恒例 苗場@ユーミン | Trackback
2019年 02月 05日

退院


f0208112_21360966.jpg


今日の一枚
  
kazuさんより

「satomiさんのブログをご覧になっているみなさま
この度は、自分の入院に際し沢山の励ましのお言葉を
頂戴し、尚且つご心配をおかけしましたこと、この場を
お借りして感謝申し上げます。
お陰様で、手術も無事に終了し、退院に至りました。
これから先は、病理検査の結果等を踏まえて、また別の科での
治療が始まるかもしれませんが、satomiさんと二人三脚で
挑んでいこうと思っております。
本当にありがとうございました。まずはお礼まで。」




コメントくださった皆様ありがとうございました。kazuさんに代わって返信を書かなくっちゃ!って思いながら
上の記事の下に、まさかの(笑)一括返信でごめんなさい^^;

鍵コメKさん(来週、同日参加です^^;kazuさんお留守番でワタシだけ。2019年も忘れられない苗場になりそうです。)

ルーシーさん(還暦のくせに黒々ふさふさ継続中です。凛々しくてなんて書かれて本人、本気で照れてました、内心ビビッてたから^^;)

モンスーンさん(いつも朝早くから覗いてくださり、ありがとうございます。)

ひよこさん(ひと山超えてホントにほっとしてます、気が抜けてワタシが病まないよう気をつけてます^^;)

鍵コメMさん(思わずうるッときてしまいました、公開したいくらい素敵なコメントでした。5月!国立から念を送ります!ファイト!!)

rinorinoさん(いつもその場所にいることが当たり前だった居間のソファ 戻ってきてくれてホントに嬉しいです。)

さとさん(いつもブログ拝見しています、足跡も残せず失礼ばかりでごめんなさい)

えみさん(前姿は、MAXぼかしです(笑)いつもいつも本当にありがとう。2馬力で頑張るね)

はじめまして!さん(みなさんに暖かいコメント貰っておいて、本人が出てこないのは駄目でしょ!ってことである意味強制です^^;)

みみんさん(心配かけてしまってごめんね。いつも自分のことのように思ってくれるんだよね・・ありがとう)

はまさん(ご無沙汰してます、ご主人の検査結果はどうだったのでしょう?ブログ拝見してます)

Aiさん(ガンバロー!ガンバロー!ですね^^ 置いてきぼりにされてなるものか!(笑)ですよね!ワタシもAiさんも!)

ぱたぱたさん(ありがとうございます。さらの木には行かれてますか?。 私たち病後の最初の宿はあそこしか考えていません^^)

鍵コメJuneさん(はじめまして!そして本当に嬉しい嬉しいコメントありがとうございました。”いつも楽しく、時々一緒に腹を立てたり、笑ったり
         共感したり”  ワタシにとって最大の嬉しいコメントでした)

ジャンさん(頭皮&頭髪の件に関しましては、なんとお返ししたら良いものか(苦笑)話変わって、ジャンさんもお体ご自愛くださいね)

雨曇子さん(ブログのタイトルは大好きなアーティストの楽曲ですが、本当にタイトル通りにずっとそばにへばりついてやろうと思っています^^;)


皆さま!
一年で一番寒い季節に、心がじわっと暖かくなって「ほんと!頑張んなきゃ!」
と気持ちを奮い立たせてくれるコメントを書いてくださり、心からありがとうございました。
半ば強制的に写真に収まり(笑)ブログに登場したkazuさんですが
心の中では、本当に皆さまに感謝していると思います。

頑張りまーす!!




# by satomi-kazu | 2019-02-05 21:56 | kazuさん入院 | Trackback | Comments(17)
2019年 02月 01日

病室の会話

                                
f0208112_22282696.jpg

今日の一枚

手術室にスタスタと自分の足で
歩いていくkazuさんを見送りながら

自分の時はどうだったかな?と
ふと思った。

そうだ!
確か、病室で既にストレッチャーに
寝かされ、看護師さんに「ちょっと痛いですよ~」
って言われながら腕に筋肉注射をされた。
麻酔の前の麻酔・・みたいな(苦笑)
で、手術室までそのまま運ばれたんだった。

待ってるよ~ 頑張れ!!



f0208112_22283768.jpg

で、帰ってきました^^

外科的な手術後は、とにかくすぐに
歩かされますね。ワタシもそうだった^^
kazuさんも手術の翌日から
看護師さんに促されて容赦なく(苦笑)

今日は、病室でのちょっとした出来事

4人部屋でした、kazuさんベットの隣の男性は
カーテンの隙間からチラッと見かけたけど
70代後半の男性 付き添いでやってくる奥さんも
70代後半らしいけど、看護師さんに奥さんの年齢を
自慢気に?言ってましたねぇ
「あらーお若いですね! 全然見えないですね」
   多分・・・待ってました~の返しなんだろな(笑)
kazuさんが看護師にワタシの年齢なんぞ喋ったら
パーンチ👊ですけどね。

きっと普段からお若く見られる奥様なんでしょう。

でも!この奥さん、とにかく話し声が大きい。
最初は、まぁこんなもんかなぁと我慢しつつでしたが
数日たつと、甲高い声が耳障りになってきました。
ワタシは、一日に数時間病室にいるだけですけど
毎日隣で寝ていたkazuさんはキツカッタでしょう。



ある日、お見舞いの中高年男性が来ました。患者さんと、奥さんと、お見舞いの男性
3人の会話は、一言も聞き逃すことなく(苦笑)全部、聞こえてきました。

いろんな病気も経験してきたようであっちも切った、こっちも切った、あの病院は駄目だ
あそこはいいな・・等々 しゃべり続けてましたねぇ

そんな会話の中で
患者のおじいちゃんが、こう言いました。
「いやね、この病院では、一番偉い先生に切って貰ったんだよ、あちこちね」
お見舞い男性
「そうですか、それはもう安心でしたね」
隣で聞いてたワタシ、kazuさんに小声で話し掛ける。
「一番偉い先生って、どういう基準でそんな風に言うのかね?」
kazuさん
「外科部長とか?病院長が外科医とか?」
次の日だったかな、病室に先生の回診があって、kazuさんの主治医〇〇先生が来ました。
kazuさんへの回診の後に隣のおじいちゃんのベットにも・・・「〇〇さん、どうですか?」と。

ワタシの頭ん中・・・kazuさんの主治医も、この病院で一番偉い人だったんだ~!(苦笑)

手術が無事に終わって、私の気持ちもだいぶ落ち着いてきました。
隣の患者さんの会話に反応して、笑い話に出来るくらいになったので。
まずは第一歩・・前に進むことが出来ました。
予想以上に大きな傷口で、経口の痛み止めを飲んでも痛みで眠れない夜
しんどそうな姿を見ていると、私までなんだか痛くなってきそう(苦笑)

普通に、当たり前のように温泉に出掛けていた去年までの日々
こういう現実が待ち受けているなんて思いもしなかった日々だけど
受け入れて、前に進むだけ。 立ち止まったら負けだもん。




# by satomi-kazu | 2019-02-01 00:00 | kazuさん入院 | Trackback
2019年 01月 27日

待合の風景


f0208112_23153625.jpg

今日の一枚

「長崎ちゃんぽんリンガーハット」の
醤油ちゃんぽん

こんなメニューあるのですねぇ
どんなだろう?と思って注文
ビックリするくらい美味しかったです^^
スープの生姜が効いていて、体がとっても
温まりました。定番メニューなのかしら?
また食べたいなと思いました。

ひとりのご飯が続いているので
材料を買ってきて作る気力が(苦笑)ありません。
夕方過ぎに病院から戻った時は、簡単に済ませるように
なりました。



f0208112_23215502.jpg

そして、もう一枚

今の病院って、ほんとに色々な事が最先端なのですねぇ
手術室番号と経過、終了時間の目安などなど
詳しいことがモニターに映し出され
この待合いコーナーで駆けつけた家族や親戚が
見守ることが出来るのです。
kazuさんの手術は、朝一番でした。
同じ時間帯に手術を受けていた患者さんの数は10名
この控えコーナーも、大勢の付き添いさんで溢れていました。

とはいえ、事が事ですから皆さん、会話をするにも本当に
静かな声で話すし、交代でお茶をされに行ったり。
手術時間はそれぞれ違っていましたが、kazuさんは長い方で
終了まで6時間と掲示されていました。 長いなぁ・・



手術時間3時間超え予定の患者の家族には、PHSが渡されました。 
何か手術室からの連絡等があった場合、すぐに家族に連絡が取れるようにとの事らしい。
ところで、この家族控えコーナー 患者さんの病気、その家族の事情や生活環境
みなそれぞれ違っているのが当然ですが、それでも思っていることはただひとつ
今、手術室にいる大切な家族の手術が成功し元気になって退院できること。
この気持ちだけは、この場にいる人全員の共通する思いなんだと強く感じました。

個人的なことですが、この待合でひとりでいたのは、多分その日に限っては
私だけだったようでした・・他の患者さんの家族は、少なくとも2人連れ
中には、4、5人の家族で手術が終わるのを待っていました。
話し相手がいなかったから・・寂しかった、というのではなくて
ふっと、孤独感のような感情が私の中を過ぎっていきました。
kazuさんも本当は、私以外の誰かにも見守って欲しかったのかなぁ・・
私自身、特に望んでいる光景ではないけれど・・もしもこの家族控えコーナーに
kazuさんのお母さんや姉弟、私の実家の母や兄、そして私たちの子供(いないけど)
私以外の「家族」がいてくれたらどんな感じだったのだろう・・って。

大切な友人に、そんなことをメールで話したら

「本当に大切な人がひとりでもいれば、どうでもいい親戚が20人いるよりも
有難いものよ」って。

なんかぁ・・人生の試練に出くわした時に、心強い言葉をもらえると
有難いし、ホント・・・泣けてきちゃいますね。

今日はそんな一日でした。
醤油ちゃんぽん美味しかった(笑)






# by satomi-kazu | 2019-01-27 00:18 | kazuさん入院 | Trackback | Comments(23)
2019年 01月 24日

kazuさんの入院



kazuさん入院の病棟から、富士山が見えます。
眺望が見事な病院&病棟で、ワタシ的には何となく清々しい(苦笑)
患者さんたちは、それどころじゃない?かもですけど^^;
f0208112_16131875.jpg

f0208112_16132694.jpg

そして、今日の一枚

入院当日、病室に入る前に
血圧測定をするkazuさん。

緊張してるようで、血圧高め(苦笑)
今から、緊張してどーする(笑)
まぁ、人生で初の大きな手術&入院で
不安になるな!っていうのが無理ですね。

今までに、乳がん手術を2回
他にも20代の頃に開腹手術を
経験済みのワタシ!肝が据わってます^^
それでもkazuさんの不安は・・・
実に解り易く、ワタシに伝わってきます。




詳細にkazuさんの闘病記録を書く予定は無いのですが、ワタシ自身の記憶保持&記録の為に思いついた日にブログに残そうと思います。
今回の入院、実はまだ先延ばしにされそうな状況でした。(既に、ひと月も間が空き、ふたりとも精神的にかなりキツイ日々でした)
受診科は血液内科と今回手術をしてくれる外科の2科。 外科の先生から「2月中には入院してもらえると思うのですが・・・」と言われた瞬間
何も言わず黙り込むkazuさんの横で、ワタシは先生に懇願しましたよ^^; なんとか、早く手術をしてほしいと。
そうしないと次の治療に進めないし、待たされている期間の気持ちをどうやって保てるか・・kazuさんはどういう気持ちだったかは
よく解らないけど、正直ワタシはこれ以上の待ち時間は精神的に無理・・と思っていましたから。

病院の入院、手術のオーダー等々詳しいことは解るはずもありませんが、先生の説明によると「予備」のような体制も
取っているとか。簡単に言えば、入院手術のキャンセル待ちのようなものでしょうか・・・(詳しい事は解りません)
なんとか、そのシステムに充ててもらえないかとお願いしたら、運よく今月中の入院手術ということになりました。

電話を頂いた外科の主治医と話しながら、電話口で泣きそうになりました。
「ご家族のお気持ちは重々承知しております、今までお待たせしてしまい申し訳なかったです」と。
高飛車(威圧的)な態度で、「無理なものは無理です」と、言われていたら心底落ち込んでいたと思う。

去年12月から、自分の身体には何かの病気が隠れていると知ったkazuさんは、表立って態度に表すことは無いけれど
ワタシから見たら、やっぱり口数も減って、いろいろと考え込む事も多かったと思う。
でも、一歩ずつ一歩ずつ・・二人で前に進んでいこう!と、暗黙の了解って感じなのかな。
私と言えば、以前にも増してうるさくお喋りし、重たい沈黙の時間をかき消すようにkazuさんに接しています。
うるさがられてたりして(苦笑) 「頑張ろうね!頑張るんだ!!頑張ってね~」ばっかり言うもんだから
「解ってるってばっ!」と多少切れ気味に返されてます(笑)

kazuさんの入院、治療に関しての記録日記は、コメント欄閉じさせてください、よろしくお願いします。






# by satomi-kazu | 2019-01-24 17:28 | kazuさん入院 | Trackback
2019年 01月 19日

世間知らず?


今月末に予約を入れていた四万温泉の新規宿は
当然ですがキャンセル
2月以降も、暫くの間は温泉の予定が無くなった我が家です。
約10年くらい?ほぼ毎月のように行けていた温泉だけど
「行かなかった年もあったね」と、振り返れる今であるように。

温泉宿の宿泊記を書くことが出来ないので
このブログもたらたらと、独り言日記が増えるかと思いますが
良かったらどうぞお付き合いくださいませ^^

「世間知らず」タイトルの今日の独り言ですが
今日から、大学入試のセンター試験が始まるようですね。
職場の同僚の息子さんが、受けるようで
昨日、そんな会話をしていたら、ワタシ的に???な
事を聞きました。

帰ってから、kazuさんに聞いたところ
「そうだよ、当たり前」と、シラーッと言われました(笑)

大学受験は何校も受けて、合格した大学に
入学することを見込んで、入学金を支払った後
別の大学にも合格しそっちに行く!と決めた場合
最初に入学金を支払った大学からは、そのお金が戻って来ない!!
という事実・・・マジですか??

今年に入って、MYビックリ!!の一番でした(笑)
えーーー??ホントに?大学まる儲けじゃん
しかも、数万円とかの金額じゃないそうで
(何十万もするそうです・・ホントかっ??)

最初に入学金を支払った大学に入学すれば
何も問題ないけれど、他に受かった大学に入ることになったら
お金戻ってこないって・・・こんなことあるんですねぇ

世間一般では、当然のことらしけど
千葉の田舎で育ち、大学受験などは無縁で
すぐにお勤めしたワタシにとって、この事実は
かなりのカルチャーショックでした(苦笑)

子育てって・・・本当にお金が掛かるのねぇ・・・
成人式の晴れ着姿のお嬢さんを持つ同僚や
大学受験のお子さんを持つ同僚
身近でこういう話題を最近耳にすることが多かったので
自分の世間知らず振りを実感しました。

ちなみに、kazuさんの姉上さまも
K大学に入学金支払い後に
W大学に合格で、そっち選択
ん十万円の入学金は
戻ってこなかったそうで・・・
いやぁ・・・親って大変ですね。

ってことで、世間知らず
子無しおばさんの今日の一枚(笑)
f0208112_12181289.jpg

同僚数人での新年会
参加するかどうしようか・・って
少し悩んでましたが、行って良かったです。
つかの間だけど楽しい時間過ごせました。
みんな!サンキュウ♪






# by satomi-kazu | 2019-01-19 12:34 | ひとりごと | Trackback | Comments(20)
2019年 01月 13日

48年前の


明日は成人の日ですね。
なんとなく成人式の日って大雪だったり・・・
お天気が良い印象がないのですが
明日の予報は、穏やかな日和のようで良かったですね。
職場の同僚の娘さんが、式に参列するそうで
前撮りの晴れ着写真などを見せてくれました。
華やかで若々しい姿が、本当に眩しく感じました。
と同時に、そういう時は自分の20歳当時の事も
思い浮かべてしまいます(苦笑)

そうは言っても、私は成人式の晴れ着は
着ていなくて、地元の式にも参加していません。
高校を卒業して都内に就職しましたが、式当日に
お休みを貰えたのは、遠くの県から就職した人が優先でした。
振袖を着れなかった・・という後悔?みたいな感情は
一切なくて(苦笑)高価な着物を買ってもらうよりは
お祝いに現金とか(笑)何か買ってもらうほうが
ずっーといいな!って当時も、今もその感覚です。

今は、着物もレンタルとかが当たり前でしょうけれど
当時は、そういうシステムも無く殆ど新品を
購入するっていう感じだったんじゃないでしょうか。
親は、可愛い子供の為にそれ相応の出費をします。

晴れ着姿の、煌びやかなお嬢さんたちを見ると
親御さんたちの深い愛情を感じます。

私の実家は裕福ではなく
父親が長年病気療養をしていた時期は
生活保護を受けていた事もありましたから
解り易く書いちゃえば「貧乏」(苦笑)

そんな中でも、親からの深い愛情を感じる
晴れ着の一枚が、私にもありました^^
f0208112_12510421.jpg

48年前・・時代を感じますねぇ^^;
面影も無いのでボカシもなしで(笑)
とにかく、老けてた子供でした。
高校生くらいまで、実年齢に見られたことは
一度もありません。

祝成人のみなさん、おめでとう
親御さんへの感謝忘れないで
ステキな大人になってくださいね。

ブログ見てくださってる皆さんの
成人の日の思い出など
是非お聞きしたいですね^^





# by satomi-kazu | 2019-01-13 13:02 | 日常 | Trackback | Comments(21)
2019年 01月 08日

生食パン

                                
f0208112_11010722.jpg

昨年末、職場の女性からのお勧めで
話題の?「高級生食パン」を
購入しました。

料金は、二斤相当の大きさで
@850くらいだったかな。
食パン自体の料金としては
そんなに?高くない?んでしょうかね??
もっと高価な生食パンもある!と
職場の仲間が話していたので。

普段、パスコの超熟@180程の
食パンを食べてる我が家的には
充分な高級値段ですけどね(笑)

配送料込みで
@1100ほど徴収されたのですが
購入本数が多くなるほど
一人分の配送料が安くなると
説明を受けたんですけど・・・

職場に一括配送で50本超の数
ひとり@200強の配送料徴収されて
50本ということは・・・
配送料だけで@10000超えです。

なんか・・・単純に意味なく(苦笑)
配送料金高くない??って思いました。

f0208112_11012309.jpg
値段の事が先行しちゃいましたけど(苦笑)
まぁ、日常的に食す機会もこの先無いだろうし
(実際に、近所のスーパーなどでは買えませんしね)
珍しがって(笑)ふたりで食べました。
普段食べているのが、山型食パンなので
こちらの正方形型は、少し小ぶりな印象を受けました。
食べきれなかったら冷凍しないと・・・って
思ってましたけど、3日間の賞味期限内には
ペロッと完食してしまいました。

f0208112_11013717.jpg


切りくちが・・
下手くそ過ぎでしょって感じですが(汗)

今までに何度か食べたことのある
職場の友人曰く、焼かずにそのまま食べてみて!
ふわふわで甘くて最高~あっという間に無くなるよ!
と絶賛^^

個人の好みですけど、私の感想は圧倒的にトースト!
でしたね。
不思議なもので、一斤@400超もする食パンだ!!
と、思いながら食べてますから(苦笑)
不味い・・なんて感想は抱かなくなるんですよねぇ

ハイ! 確かに美味しい食パンでした。
でも、やっぱり日常的には食べないと思います^^;




此処の会社の社長さんのインタビュー記事を貼っておきます。
なかなか興味深く読みました。





# by satomi-kazu | 2019-01-08 11:58 | 日常 | Trackback | Comments(14)
2019年 01月 05日

2019年 睦月



2019年 新しい年になりました。 
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
今年最初のブログにどんなことを書き残そうかと・・・
正直、色々と悩みました、自分なりに。

悩んだところで、何がどう変わるわけでもないのですが(苦笑)
まぁそれでも、こうしてブログを公開している以上
多くの方が目にするだろうし、どんな風に感じてくれるのか
とか、一応気にしたりするところもあって・・・
そういうのも含めて、どんな事を書こうかって
悩みました。

で、やっぱり私っぽく(苦笑)
そのままで・・・
いつも通りでいいんじゃないの?
って自分に言ってました。

私の病気療養がきっかけで書き始めたブログ
病後の私を気遣って
温泉にたくさん連れて行ってくれたkazuさん
そんなふたりの記録として、書き続けてきたブログ
温泉旅行記だけじゃなく、日々のこともあれこれと
感じたままに綴ってきたブログです。

変えずにやっていこう。
私が書けなくなるその時まで。
そんな風に、自分で決めました。

2018年の12月は、私にとって
訂正・・当然kazuさんにとっても
忘れたくても、絶対に忘れられない
そんなひと月間でした。
早く今が過ぎ去って欲しい
本気でそう思ってました。
いつもと変わらず居間でぼっーとテレビを
見ているkazuさんの横顔が
目に入ってくるだけで
自然と涙が流れました。

昨年の12月初旬から、多摩地区の大きな病院で
いろいろな検査を受けてきたkazuさん
まだハッキリとした病名、診断はされていないけれど
この宙ぶらりんな、へびの生殺しのような時間が
私にとっても、kazuさんにとっても
耐え難いとてつもなく長い時間だったように思います。


正直、担当医師から聞かされた疑いのある病名は
聞かなかったことにしたいくらい
今でも、文字にするのも嫌な言葉です。

それでも、まだ12月初旬の頃は
血液検査の感じでも
「要観察でもいいのかなぁ・・」と医師
まだふたりとも、どこかで楽観していたように
今では思います。
それが、再採血、CT、エコー、骨髄検査などが
進むにつれて不安が大きく大きくなっていきました。

不安で胸が絞めつけられる思いって
こういうことなんだと、実感したくもない現実が
私とkazuさんに襲い掛かった
そんな 2018年 12月でした。

12月中のブログのアップ内容や
コメントの返信などで
なんとなく違和感があったように
自分でも読み返すと感じます。
余計な心配などを掛けてしまった方々にも
この場でごめんなさい。

闘病ブログって、自分がもしも同じような病に
侵された時には、とても参考になって
同じ病気の人が元気になってる姿を見れば
もちろん勇気づけられたりもする。
だけど、kazuさんが自分の闘病ブログを
書くとは思えないし、私がこの場で
kazuさんの日々の一部始終を
書き綴っていくのは、正直・・ツライ
節目節目で、何か書き残せたらいいかなと
今は考えています。

必ず、絶対に治る!と信じて
というより、疑わずに
日々過ごします。


2019年 睦月
kazuさん、試練の年の始まり
入院、手術が待ち受けています。

「satomiさんの為に頑張るよ」
そう言ったkazuさん
あったり前じゃん(笑)

初詣のおみくじ 大吉だったものね!






# by satomi-kazu | 2019-01-05 14:31 | 日常 | Trackback | Comments(13)