人気ブログランキング |

ずっとそばに 

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ
2021年 02月 28日

春まだ遠く 2021 2月 さらの木 続き


春まだ遠く 2021 2月 さらの木 続き_f0208112_10574901.jpg

さらの木の館内には、あちらこちらに
粘土細工で作られたこんなお人形が置かれている。

ダイニングで、ラビットと並んでいるこの女の子を見て
思わず「〇〇さんに、そっくりねぇ~」って声が出た。
宿主も「母が作っているんですけど、私の子供の頃に
似ているって言ってました^^;」

いやぁホント、似てる似てる ほっそい体型も^^;

この10年余り、何度もブログに登場したお宿
思い出を辿っていけば尽きない・・・

コロナ禍の影響か、当日は我が家のみ
何回かに分けて食事を運んでくれた後
彼女が、もうひとつのテーブルに腰をおろし
一緒にワインを飲み交わしながら、3人で話した。

何気に、もう一組のお客さんがいる時って
宿主と会話らしい会話ってしたことが無いかも。
他のお客さんと宿主がにこやかに談笑しながら食事してる様子を
隣のテーブルから見聞きしているのが返って楽しい。

常連ぶった書き方をしているつもりは無いけど
もしもそう受け取られてしまってもそれはしょうがないなと
思うようになった。 人の気持ちの捉え方、感じ方だから。
みんな違って当たり前。




春まだ遠く 2021 2月 さらの木 続き_f0208112_11351166.jpg


ここ数年、ウチ飲みでも殆ど白ワインになったワタシ。
悪酔いしないし、スッキリした飲み口で頭も痛くならない。
ビールとか、赤ワインだと大量に飲んでいないのに
二日酔いみたいに頭がガンガンする。なんでかなぁ

ダイニングでは白ワインのぶどうの話になっていた。
正直、ワタシはかなり無知です。
美味しく飲めればなんでもいいくち。

だけど、輪を掛けて宿主もあんまり詳しくなかったのね106.png
って、会話の端々で気づく(笑)
まぁそういうところにも、あの宿主の天然さが出てて
なんとも微笑ましくなっちゃうんだけど。

というか、酒オタクkazuさんの蘊蓄に付いていける訳が無い。
「うんうん、そうなんだぁー」って家飲みでも
頷くだけのワタシ123.png

楽しそうに話してるから
遮ったら可哀そうジャン129.png







昨年末、kazuさんの誕生日をお祝いしてもらったお返しに
ウチの常備白ワインをお試しで飲んでみて~って
宿主のご主人へプレゼントするはずが
飲み足りなくて開けちゃったという^^;
でも半分くらい残った?かしら
飲んでもらえたかな^^
春まだ遠く 2021 2月 さらの木 続き_f0208112_11374587.jpg


春まだ遠く 2021 2月 さらの木 続き_f0208112_11465354.jpg

まだまだ寒い2月上旬
それでも、冷たい前菜のお皿は春の彩り

串刺しのグリル野菜 手前のは、てっぺんにトマト無し
(ワタシがトマト苦手なので)

小さな宿、初めてのお客さんから知り得る情報は
(苦手食材や、その他も諸々)
きっとメモして次回に生かしているに違いない。
初回に苦手で食べれなかった食材が、2回目の時に
除かれていたら「わぁ~覚えていてくれたんだわ」って
なる、そういう気遣いに人って感激するんじゃないかな。

この宿主は、きっとそんな風にお客さんを
出迎えてきたんだろう・・ワタシは、そう思ってる。

10年以上通ってる身としては、今は既に「わぁ~苦手な物
知っててくれたのね」な、特別感は全く感じない106.png 


東伊豆という場所柄、料理は魚介類がメイン 最後に肉料理も提供されるけれど、いろんな調理法で配される魚たちが美味しい。

春まだ遠く 2021 2月 さらの木 続き_f0208112_20042583.jpg
春まだ遠く 2021 2月 さらの木 続き_f0208112_20044683.jpg
春まだ遠く 2021 2月 さらの木 続き_f0208112_20043605.jpg春まだ遠く 2021 2月 さらの木 続き_f0208112_20045840.jpg
春まだ遠く 2021 2月 さらの木 続き_f0208112_20124682.jpg
いつもはステーキが最後に出されるんだけど
久しぶりに、肉は煮込みをリクエスト
ビーフシチュー風で美味しかったなぁ
春まだ遠く 2021 2月 さらの木 続き_f0208112_20125541.jpg

春まだ遠く 2021 2月 さらの木 続き_f0208112_20184692.jpg

今迄、何度となくkazuさんやワタシの誕生日に
宿泊することが出来ていて、ケーキ作りの好きな宿主は
美味しい生クリームのホールケーキを用意してくれた。

今回は、有難くホールケーキは辞退しました^^;
もう、食べきれない105.png

大好きなプリンとフルーツロールケーキ
林檎のタルトだったかな。
ごちそうさまでした。

いつもいつも感心するしかないんだけど
最初から最後のデザートまで、全部手作り
(お刺身は違うけど)

「大好きなお仕事です」って公言されてたから。
ひとつひとつの料理すべてから「愛」が伝わってきます。


春まだ遠く 2021 2月 さらの木 続き_f0208112_00042605.jpg
春まだ遠く 2021 2月 さらの木 続き_f0208112_00062897.jpg
春まだ遠く 2021 2月 さらの木 続き_f0208112_00080639.jpg
玄関前の
「アンジェラ(薔薇)が満開になる頃に
またいらしてね・・satomiさんはきっと大丈夫」

優しいあの人は、そう言って見送ってくれた。

2021年 2月誕生日のさらの木

タグ:

# by satomi-kazu | 2021-02-28 00:23 | 伊豆高原 さらの木 | Comments(0)
2021年 02月 25日

再発転移④ 注射 地味に痛い

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

タグ:

# by satomi-kazu | 2021-02-25 00:00 | 私の病気のこと
2021年 02月 22日

春まだ遠く 2021 2月 さらの木


午後2時前、湯河原の手前いつもの道路から見た空は
夕陽が沈んでいくような・・少し寂し気な空模様だった。
寒かったせいもあるのか、いつもの
カラスの群れ(ユーミンが例えるサーファー達)は
少なかった。写真右の方に黒い点々^^
春まだ遠く 2021 2月 さらの木_f0208112_09213934.jpg
何回となく走ってきた、伊豆高原へ向かう道
この魚ペイントされたトンネルの前にくると
「彼女の宿に行く~~」っていう気持ちが
高揚してくる。
春まだ遠く 2021 2月 さらの木_f0208112_09214818.jpg


春まだ遠く 2021 2月 さらの木_f0208112_09343849.jpg

冬枯れの2月初旬
宿の庭には、存在感を増した大島桜
つぼみ・・まだ硬そうだった。

GOTO停止と、緊急事態宣言が重なって
キャンセル続きだったと宿主
2部屋のみの小さな宿にも、コロナ禍の影響

宿主も公言してる「お宿というよりペンション」
外観も少し大き目な普通の「家」という感じ

3部屋から始めたお宿、数回のリフォームなどを経て
今現在は2部屋での営業

幾度となく見てきたエントランスからの外観
「いつきても新鮮!」と書けば嘘になるけど^^;
「いつきても・・何度きても・・・ね」
と思える宿なのです。



さぁ今回はチェックイン3時の少し前に到着してしまい
休憩中の宿主に気づかれないように、忍び足?(苦笑)で庭先に。
あれ??庭の木々と同化してる物体が^^
そう!もうすっかり「さらの木」の猫ちゃん化した「ミカちゃん」
じーっとこちらを見つめています。
「いらっしゃーい」ってお出迎えしてくれてるのかなぁ
春まだ遠く 2021 2月 さらの木_f0208112_09483724.jpg

春まだ遠く 2021 2月 さらの木_f0208112_09543302.jpg

ミカちゃん、以前はテラスの椅子に置かれた猫ベットで
こんな感じでいました。

今は、宿主の愛情をたっぷり受けて「お家」まで新築^^
栄養満点のご飯も貰って、見違えるような毛艶になって
「野良ちゃん」だったのが嘘のようです。

キチンと避妊手術もしてもらって
素敵な飼い主に出会えて、幸せね。


春まだ遠く 2021 2月 さらの木_f0208112_09544152.jpg



















テラスの椅子に座って暫くいたら、宿主が登場
持参したパルスオキシメーターを宿主の指に^^
97!!合格(笑)

当日はウチだけの貸し切り
「コロナが落ち着くまでは仕方ないですね。
それでも常連のお客様には変わらず来ていただけて
ありがたいことです」と宿主

階段を上がって直ぐの部屋
こっちの方がテレビが見やすくて好みかな
座椅子は重量感のあるしっかりした物
ズルズルしませんよ^^
春まだ遠く 2021 2月 さらの木_f0208112_10025817.jpg

春まだ遠く 2021 2月 さらの木_f0208112_10160120.jpg

改めて認識した訳じゃないけど、今は・・
緊急事態宣言が出されている真っ最中。
「不要不急な外出は控えてください」と政府からお達し中
感染対策は充分した上で・・なんて今では当たり前の事は
書きません。 直行直帰、PAでトイレに入ったのみ。
自己防衛あるのみ・・ですね。

季節柄もあるけれど、伊豆高原は閑散としていました。
海岸沿いの道路、いつもは反対車線が物凄い渋滞になって
「やっぱり伊豆はこの渋滞がねぇ~」なんて言いながら
走るのだけど、今回はスイスイ

営業時間短縮で一律一日6万円の補助が貰える飲食業とは
違って、お宿の方達は大変でしょうね・・・
確かにGOTOの時は、目の回るような忙しさだっただろうけど
今は、その反動で経営は厳しさを増しているんじゃないかな。

ウチは、次回いつ来れるか先の見通しが立てれない状態なので
治療前の元気な時に行ってきました。



写真は朝のテーブル
午後6時 夕食の時間になり部屋の扉を開けると・・・
館内にはユーミンのBGM
「satomiさんからお借りしたCDを取り込み保存していました」

宿主の優しさが身に染みて
もう、泣けて泣けて

自宅の居間で流れているユーミンや車の中で聴くユーミンとは
全く雰囲気が違って、とっても新鮮で素敵だった。
普段はクラシックとか流れていたんだっけ?(苦笑)
あんまり気にしたことが無かったけど
ダイニングって無音よりもある程度BGMがあった方が
雰囲気がグーンとアップするなぁって思いました。
(ユーミンだったから余計にね^^;)
春まだ遠く 2021 2月 さらの木_f0208112_10353814.jpg


2021年 2月22日

今日は
にゃんにゃんにゃんの日ですね^^
続きます。


タグ:

# by satomi-kazu | 2021-02-22 11:11 | 伊豆高原 さらの木 | Comments(10)
2021年 02月 19日

無職A


無職A_f0208112_15134817.jpg

ほぼモザイクという(笑)
社員証とネームバッチを本日返却してきました。

高校を卒業してから、色々な仕事に従事してきて
長続きしたのもあれば、数ヶ月でパッと辞めちゃった仕事も。

独り暮らしが長かったワタシは、20代から30代中盤までは
もうそれは家賃、光熱費を支払う為だけに働いてたっていう感じで。
余暇に使えるお金なんてとてもとても・・・それどころか足りずに
親に泣きついた事もあったりしました。
親元から通える職場にいる同年代の友人達がホント羨ましかったなぁ

今の自分の年齢とこれからの治療生活を考えると、この先何かまた
仕事をするっていうことは無いだろうなぁって思う。

正式な退社日は今月末だけど、職場への挨拶も済ませ今日を限り
出社する事はないので、本日がワタシの労働者人生の「退職記念日」


おばさんAならぬ、無職Aになりました^^;

長続きと言えばこのお仕事が一番長く、12年間在籍。
やっぱりねぇ正直寂しい気持ちでいっぱいです。
定年制度が延長されたので、60歳はもちろん、65歳までも
元気だったら続けようかなぁって考えていたし。

まぁでも仕方ないですね。
どんなことにも「終わり」は必ずやってくるものだから。

ところで
「ナイルパーチの女子会」以降、ずっとコメント欄を
閉じっ放しでいたものですから、皆さんには
わざわざ記事をズズズーっと下げてから・・・書かなきゃいけないじゃん!
という面倒な作業をさせてしまっていてすみません^^;

再発転移の治療経過的な記事は、この先も多分
コメント欄は閉じると思うのですが
それ以外の日常的なこと、美味しい物食べれたとか
いやぁ嬉しかった~や、幸せに感じれたこと
それと、体調が良くて主治医からのGoサインが出て
もしかして治療中に温泉に行くことが出来たら・・・
それも絶対にブログに書きたいし^^

2月初旬から絶賛落ち込みちゅうなワタシだったけど
毎日泣いて暮らすわけにもいきませんっ!!
やるっきゃない。
やるっきゃないんです!!

次回は、治療前に行ってこれた伊豆のお宿
書きます。


2021年 2月19日

タグ:

# by satomi-kazu | 2021-02-19 16:03 | 日常 | Comments(19)
2021年 02月 18日

再発転移③ 今日のグダグダ 治療開始日

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


# by satomi-kazu | 2021-02-18 00:34 | 私の病気のこと
2021年 02月 14日

再発転移② パートと猫

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


# by satomi-kazu | 2021-02-14 12:57 | 私の病気のこと
2021年 02月 11日

再発転移① 今日の気持ち

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

タグ:

# by satomi-kazu | 2021-02-11 06:10 | 私の病気のこと
2021年 02月 08日

なんか・・ついてない

この記事はブログのファンのみ閲覧できます


# by satomi-kazu | 2021-02-08 22:58 | ひとりごと