ずっとそばに 

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 09日

船山温泉 その2

下の写真は 貸し切り風呂横にある休憩処兼待合い。
私が こちらの館主とメールでやり取りさせてもらったのは、この 「待つ」という事についてでした。
f0208112_11294929.jpg
以下は、長文になるかもなので興味の無い方はどうぞスルーで006.gif

自分なりに調べた事前情報だと、この貸し切り風呂はやっぱりかなりの人気らしい。週末は満室に重なって混みあう事もしばしば。かなりの時間待って入れたとか、タイミング悪く何度か時間をずらして来て見てもその都度空いていなかった・・とか。。前述にも書いたように、貸し切り風呂の選択しか無かった私なので、その風呂に入れなかったら宿が掲げる「ゆっくり、のんびり、慌ただしいご旅行は御止めください」というコンセプトどころか大いなストレスを抱えてしまうことになる。そこで、私は館主さんにメールをした。内容は・・
貸し切り風呂には何が何でも入りたいが、何度行っても他のお客さんが入っていて待つということになったらすごくストレスが溜まるような気がします。そんなに待つ事無く入れるでしょうか?それと、他の多くの旅館がしているように貸切を時間制にするとかの予定はありますか? なんだか、今書いていてもかなりの愚問だったなぁ(^^;

館主さん、すぐに返事くれましたよ。
若いのに何やらもの凄く 「やり手」の評判が高い館主さん。 メールの返信も理路整然 ごもっとも!と思える内容が多く 質問した方が少しばかり気恥ずかしささえ感じてしまうほどでした。中でもこの言葉には・・・
「○○さまのように、待つことなく確実にその時間になったら貸し切りに入れる・・ということがご希望でしたらそのような宿に予約された方がよろしいかと・・・」 ん~~~~~・・・凄い自信!!

「嫌だったら来なくていいよぉ~~だ!」と、言われれば (決してそんな言葉はいわれてませんよ、念のため^^;
「えーーなんか反ってすごく行きたいんですけどぉ~~」的な心理になるのは人の常じゃないでしょうか。
「ふんっ!なんか偉そう、行かないよ~だ!」となるのは少ないような気がします。
館主さんが そんな人間心理を考えて、上記のような返信をくれたのかどうかは定かではありませんが、兎に角ウチは夫婦で俄然行ってみたいモード全開になったのでした。いきなりですが結果としてお風呂は待つことも無く(両日とも1、2月の閑散期&平日ということもあり)朝夕と何度も貸し切りに浸かることが出来まして鼻息荒く意気込んでメールした私は何だったの?みたいな拍子抜け状態でした037.gif

夕食の膳です。この内容も多くの方がブログなどで掲載していたので、事前にほぼ認知済み(^^;右、岩魚の薄造りは川魚はそれほど好みでは無かったのですが、思ったより美味しかったです。
f0208112_12215488.jpgf0208112_1222867.jpg

猪鍋 スープがキムチ風だったので辛いもの好きには◎ 岩魚の塩焼きは焼きが甘かったように思いました。まぁ好みによりますね。ウチはもう少ししっかりと焼いた方が好き。
f0208112_1223541.jpgf0208112_12232015.jpg

ワインビーフは・・筋っぽくて固くてイマイチでした。右のワインビーフのタンは2回目訪宿時の別注品。スライスが薄かったのが残念・・・枚数を減らしてもいいからもっと厚みがある方がよかった。
f0208112_12242118.jpgf0208112_12245595.jpg

別注で頼んだお酒類です。ワイン・・日本酒・・好みの酒は自宅でゆっくり呑めばいいことなのですが、こうして旅に出た時に自分の口にあったお酒に出会えたら酒好きには感激なのですが・・・船山温泉には残念ながら私達の口に合うお酒はありませんでした。トホホ
f0208112_12292814.jpgf0208112_12295380.jpg

釜飯とお吸い物。そしてデザートです。釜飯は・・ちょっと柔らかくてグチャグチャしてたかなぁ・・
f0208112_12302764.jpgf0208112_12304079.jpg

夕飯のラインナップ・・色々書いたのを見たら 私ったらかなり「辛口」じゃないですか!011.gifそういえば・・・館主さん、「あら探しの旅ではなく楽しむ旅になさってくださいませ、私どもは評価される為に旅館を営んではおりません」・・・とも書いてたなぁ・・・決して あら探しをする気持ちは無いのですが、旅館の印象 食事内容 館内の様子や居心地そして接客内容・・・宿泊者はお金を払っているから何でも有り!なんて思ってもいませんが、でもやはりそれ相応の対価を支払って宿に来ているので、自分達に合っていたのか、大満足だったのか、また絶対来たいのか、それとももう二度と来るもんか!と感じるのか・・そういうのってやっぱり自分達の中での評価次第でリピートが決まると思うのです。現に船山温泉はリピーターがとても多いと聞いています。それはやっぱり何度も訪れる人々が船山温泉を大いに評価し、満足しているからこそと思うのです。 で・・・私達はどうだったの?となるのですが・・

早朝の朝もやの中 部屋の窓から望む宿のロビー  柔らかなオレンジの明かりが旅情をかき立ててくれました。
f0208112_13104382.jpg

再訪しました。一ヶ月も空けず。。それは私の中で館主さんと会ってみたかったから・・話が出来なくともお顔を拝見して見たかった・・そういう思いがあったのです。メールのやり取りの中「お会い出来るのを楽しみにお待ちしております」と書いてくださってあったのですが(社交辞令とは思いますけど^^;) それが・・なんだかタイミング悪過ぎでしょ!ってくらい・・そうなんです、一回目に訪れた時には館主さんが不在だったのでした。お会計の際 フロントでの女性とのやり取り・・・この数分間は、私の中での苦い思い出。スタッフだったのだろうか?それとも若女将さん?正直言ってあんまり感じがよろしくなかった・・たまたまその時だけだったのかもしれないし、ちょうどその時も何やらピンマイクで空き部屋の掃除の指示みたいなのを小声で話していたので、私達の清算と同時進行で愛想を振りまく余裕が無かったのかも・・・だけど、初めて訪れた宿での 一発目の第一印象と清算時の対応や見送りってかなり重要だと思うんですよね。奇しくも最初の出迎え時 ピンマイクで話すスタッフを見て「何か洗練されてるぅ~」の感想を抱いたのに、帰りにはそのピンマイクで話す姿に疑問を持ってしまったのです。今は、帰るお客さんの清算している時ですよ・・・最初と終わりが肝心なのに・・・

つづく。。

by satomi-kazu | 2009-05-09 13:38 | 山梨 船山温泉 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://satomikazu.exblog.jp/tb/11019664
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by cyako at 2009-05-09 16:39 x
ここはどこの県にある温泉?なんだか良さ気じゃない(笑)行ってみたいなーー。色々な温泉 旦那様と出掛けているのね。写真も見やすくていい感じ。まだ続きがあるのね(笑)楽しみにしています。さとみ節
Commented by ジャンキー at 2009-05-09 19:02 x
グフフフ(笑)。スルーなんてトンデモナイ。武井館長と心理戦の様相を呈していますね。続きのドラマ(リベンジ?)、オチが楽しみ。
確かに突然、インカムで誰かとボソボソ話し出すんですよ。最初の頃は「あん?俺を呼んだか?」って振り向いたこともありますが今は慣れました。一度でいいから周波数合わせて何を喋くってるのか盗聴してみたいですね。「やまぶきのジャンキーさんのぬる燗(笹一)がぬる過ぎるってブツクサ言ってるぞ」とか言ってたりしてね。
猪鍋のスープがチゲ風味だったのですか?それは今度館長に聞いてみようっと。コンロ3つの朝飯についても取り上げて下さい。
そういえば私もチェックアウト時に館長に会ったことはないなぁ。でも深夜12時に貸切閉めて明け方5時に開けるワケだし、その間は掃除もしているでしょうし(目撃者情報あり)、午前中その時間帯は寝てるんだろうなと勝手に思ってました。
チェックアウト時の女性って、厚めのメガネをかけて長髪を後ろで束ねてませんでしたか。それは若女将さんですよ。
Commented by satomi-kazu at 2009-05-09 22:00
cyakoちゃん、こんばんは。この温泉は山梨県にあります。かなり南部なので
静岡県に近いです。続けて行ったので色々ありましたよ(^^)娘さん達と一緒に
温泉って時は、ここいいかも~お勧め♪
Commented by satomi-kazu at 2009-05-09 22:07
ジャンキーさん、こんばんは。長い作文読んでくれてありがとうございます。
ウチの旦那さんもなかなか楽しんでいて「次は!次は!」と急かします。
でも~オチは大したことじゃなかったりします(^^;
あんまり期待されるとプレッシャーが(汗)だけど、私的には、最後はやっぱり
「えっ!?」ていう感覚で、帰路に着いた次第です。ハハハっ~
ジャンキーさんの船山への想いは、あまりに有名なので?なんだぁそんな事かよ!
ってガッカリするかもです(^^)
Commented by 横G at 2009-05-10 08:27 x
satomiさん初めましてm(_ _)m
旦那様のkazuさんとは某掲示板でお話させていただいております横Gです
書き込みのタイミングを逃しておりましたがジャンキーさんに続け!と初の書き込みさせていただきました
船山は昨年11月に結婚21年記念での宿泊でその際、武井さんとも話しが出来、また近いうちにと約束したのですが勤めが自動車業界それも外車という事で約束果たせず今に至っております
娘(大学3年)の卒業までは贅沢厳禁で皆さんの宿泊記を指を銜えて眺めている処です
ちなみに皇太子とは同い年同じ日生まれ、satomiさんと同じ2月生まれです
Commented by satomi-kazu at 2009-05-10 12:35
横Gさん、初めまして。ようこそ♪いらっしゃってくれてありがとうございます。
ジャンキーさんのレスでも書いたのですが、日中は私の方が暇なのでネットは
カズさんよりも私の方がたくさん見ているので(^^)横Gさん始め皆さんの事は
よく存じ上げております~ 
>satomiさんと同じ2月生まれです
そうでしたね!そして今回また新たな発見!横Gさんは私の実家の兄と同じ歳で、
カズさんの一つ年下ということが判明(だからどーしたって感じですが^^;
それと、某掲示板で見かけたのですが、ジャンキーさんと私はなんと同級生だったという・・
共通点が相まって色々な楽しい話が出来るといいですね♪
私的な日記のようなものですが、また遊びにいらしてください。
どうぞよろしくお願いいたします。
名前
URL
削除用パスワード


<< 船山温泉 その3      地図音痴 >>