ずっとそばに 

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 10日

船山温泉 その3

最初に書いとこっと(汗)
「宿泊した感想は あくまで私ども夫婦(って言うより私の^^;)個人が感じたことなので、あしからず」
素直に感じた事を書いていますが、批判するつもりの記事では無いのでご了解を・・・029.gif

さて翌日の清算時のちょっとした出来事を書く前に 宿の朝食。
f0208112_16311357.jpg
「無い!無い!納豆と海苔・・そして玉子焼き」007.gifそうなんです、「脱旅館料理!」を掲げている宿なので、よく見る朝食のお膳じゃありません。。これも事前にアップされてた写真など見ていたのでどんな物が出てくるのかは解っていましたが・・・個人的には、普通のラインナップが恋しい朝食でした。「だったら普通の朝食が出る宿へどうぞ~・・・」by館主(爆)てな声が聞こえてきそうですが・・・(^^;

コンロ3つ 左は出来上がるまで待つ豆腐^^;                         右は抹茶粥
f0208112_16322510.jpgf0208112_16323982.jpg

小さな小鉢に漬物やチャーシュー?など。                 右の抹茶粥に梅肉のペーストを乗せて食べると美味でしたよ♪     
f0208112_16354218.jpgf0208112_1636545.jpg

地の物に拘っている宿なので、食材も「山や川の物」 

「あ~あ 炊きたてご飯には やっぱ納豆と海苔でしょ」
旦那さん「海苔は海の物だからね~ 出さないでしょ」 
「あっ!でもさ、朝の岩魚の塩焼き、夜も出てるんだからこれくらいは 鯵の開きにするとかね~」
旦那さん「鯵も海産物ですから・・・」(爆)(爆)(爆)  拘りが凄っ!!

朝食も済ませて、最後にまた貸し切り風呂に足を運び、最高で22時間滞在出来るという宿ライフを満喫させてもらって、フロントへ・・・ でも、待てよ。。メールのやり取りをしてくれた、あの館主さんの姿らしきものを目にしていない!居たんだろうか?そういえば男のスタッフって見かけてないな・・と思いながらフロントで旦那さんが清算している時に、あの女性スタッフと私のちょっとした会話があったのです。(ジャンキー様情報によるとその女性は若女将のようですが・・・)

「あのぉ~館主さんは、今日は居ないのですか?」
若女将らしき女性「えっ?はぁ・・・居ないです」 ん?なんか素っ気無いお言葉。。
「えっと、メールで何度か武井さんと(ここで初めて館主さんの名前を出した)やり取りさせて頂いてですね、今日会えるかなぁなんて思ってたもので・・」
若女将らしき女性「・・・・」(例のインカムで←これジャンキーさんが書いてくれて名称がわかりました! 部屋の掃除の指示なんたらを小声で話し出し、私の問いかけには応えてくれず)
「あの~よろしくお伝え下さい。貸し切りに待つことなく入れたのでとても良かったと・・東京○○の○○○です」
若女将らしき女性「あ、はい・・・」ん~いかにも伝えてはくれなさそうな空返事。。。なんだか寂しいぞ・・素っ気無く交わされたようで・・・

そりゃぁ初めてきたお客さんだけどさ・・メールで館主さんとやり取りしていたことで、私の中でどこか新参者じゃない!って想いがあったのか・・なんかちょっと親しげ~に話をしてみたかったという想いが無かったと言えば嘘になり・・・

とまぁ こんな清算時のちょっとした出来事もあり~の、館主さんが不在で会えなかったというのもあって再訪をすることになりました。 きっと、ウチの旦那さんは、これを読んで初めて私の想いに気ずいたかもしれません(^^; だから、一ヶ月も空けずに再訪した経緯は旦那さんの中ではよく解っていないと思われ・・・だって帰りの車の中で私が鼻息荒く「ねぇねぇちょっと感じ悪くなかった?なんかさーー話し掛けても上の空って感じでさーー」「えー?そうだった?普通じゃない?」ですから015.gif

f0208112_17475819.jpg

再訪した船山温泉。「貸し切りには待たないで入れますか?時間制にはしないんですか?」そんな質問を投げかけたにも拘わらず、結果 お風呂に関しては100%に近い満足度。。そんな感動した想いなんかを館主さんと会って話したかっただけだったのかも・・・あのメールを出したのは私ですって言いたかっただけなのかも・・なんだか、後記でこうして書くと自分の本当の気持ちも今となってはよく解らない感じです。。


f0208112_1755988.jpg

最後のオチ・・なんて前述で書いてしまいましたが、そんな大したことでは無くて、会ってみたかった館主さんのお姿が私の想像していた像とはまったく違ってまして(^^; スタッフが皆 サムイのような出で立ちでしたので当然 館主さんも・・・と勝手に思い描いていたのですが、夕食時に現れたその男性は、まるで黒の礼服を身にまとい、都会的な雰囲気をプンプンと醸し出し、例のインカムで話すお姿も洗練され、山梨の山奥(失礼^^;)にある一軒宿のご主人とは とても思えない方だったので、「えっーーー!この人だったのか!」という私個人的なオチでして・・・ハハっ


f0208112_1881715.jpg
夕食時の小さなサプライズ・・宿にご迷惑になるといけないので写真は載せません。ただ、館主さんからの小さな心遣いに、嬉しい夕食の宴でした。ありがとうございました。

船山温泉・・・リピートする方々の気持ちは少しですが解るような気がします。生意気なようですが今はまだ敢えて「解るような気がする」と書いてみます。ただ、ハッキリと言えるのは、また必ず行くだろうなと言う事・・・ウチの旦那さん・・こんな私の思い入れ解っているのやら037.gif

あ~でも 朝食はやっぱり 納豆 海苔 玉子焼き この黄金の御三家が食べたいっ!!

by satomi-kazu | 2009-05-10 18:21 | 山梨 船山温泉 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://satomikazu.exblog.jp/tb/11029519
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ジャンキー at 2009-05-10 19:51 x
最近はジャン妻も裏で同じ意見で「普通の朝食派」なようです。私は「どーっちでもいいや」って。そりゃ最初は朝っぱらからコンロ3つパフォーマンスに驚愕しましたよここまでやるか普通!!って。火加減を気にしなきゃなんないし。朝から家でジャン妻に「たまにはコンロ三つで何か出せよ」「ザケンナ!!」に決まってる。でも遠くから来られる方や滅多に行けない方は、他に類を見ないこの朝餉に肯定派が少なくないように思います。
鯵、納豆、海苔、卵焼きねぇ、そりゃ出ないでしょうね。私は連泊は未経験ですが、初回、二回め、三回めとそれぞれ一泊ずつで夕餉は違った内容(三連泊までは可能らしい)を出して貰ったが、朝餉はずーっと同じでしたよ。夕餉が変化できるんだから朝餉もやれば出来るような気がしますが面倒かな。もし船山の朝餉がバイキング形式になっても殆ど変わらないでしょうな。
館長が黒の礼服を見に纏って食事処に現れたのですか。カッコ良かったでしょう。私の推測ですが、館長はsatomiさんとの事前データを承知のうえで、敢えてピシッと決めて現れたんだと思う。私は青い作務衣に黒の肌着スタイルしか見たことがない。
次回が楽しみですね。私は6月です。
Commented by satomi-kazu at 2009-05-10 22:18
>朝っぱらからコンロ3つパフォーマンスに驚愕しましたよここまでやる>か普通!!
そうですよね、確かに初めて見たら「凄い朝食!」って感じますよね。
船山温泉は、色んな方の訪問記を見て行こうと決めた宿だったので事前の情報を
知り過ぎていたっていうのがありました。何の情報も無しに行った方が感動も
ひとしおだったかも・・・ そそ、話し変わりますがジャンキーさんと私って同級生のようです(^^;
兎年ですよね?私 辰年。某掲示板で誕生日のレスがあったのを思い出しました。
船山の記事・・・少々気合が入り過ぎました(^^;
またマイペースでいきます!これからもどうぞよろしくです♪

Commented by ジャンキー at 2009-05-11 00:05 x
はい。兎年です。46歳。ジャン妻は寅年。私は虎に食べられてます。
燃え尽きたかと思いますが、何だかsatomi様の船山への想い願いと、館側からの思いがまだ完全に通じ合ってないようなじれったさ、痒い背中に手が届かないようなもどかしさが感じられますが。まぁ焦らずに。必ず通じますよ船山は逃げたりしませんから。山奥で逃げ場無いし。私がいい例。また手強いHPが現れたと震撼するかも知れないが、館長以下、期待に応えようと蒼い炎が燃えてるでしょう。
大きくて鮮明な写真、紀行仕立ての文章、とても最近始めたとは思えないくらい惹かれます。
Commented by golmeg at 2009-05-11 07:51
satomiさん、おはようございます
いろいろご心配いただきありがとうございます
早くこちらに伺おうと思いながら・・・やっと通常に戻りましたので・・・
と思ったら、船山温泉が満載でした!(笑)
写真を見ながら懐かしく・・・でも少しずつ変化を感じています
シシ鍋は相変わらずの名物料理ですね
またゆっくり伺いたいと思います
Commented by satomi-kazu at 2009-05-11 15:34
ジャンキーさん。
>何だかsatomi様の船山への想い願いと、館側からの思いがまだ完全に通じ合ってないようなじれったさ、痒い背中に手が届かないようなもどかしさが感じられますが

自分で読み返して見てもかなり支離滅裂な文章だなって思っていたのに、ここまで
私の内面に潜む感情を探り当てるとは・・只者じゃぁありませんね、ジャンキーさん。(^^;
某掲示板でも、誰もが唸ってしまうような文章を書かれる貴殿ですから
私が書く文章なぞ、子供騙しのようでお恥ずかしい限りです。
ただ、自分の気持ちに素直にこれからも書いていきたいと思っています。
多くの方が見にこられるHPや掲示板では無くてただのブログですから(^^;
そうそう、ウチの旦那さんがジャンキーさんのレスを誤解して云々・・・というのがありましたよね。
私 ああいうのって大いに有り!と思うのです。顔の見えないネットの中だからこそ
本音が言えるのってなんだかいいなって思います。
「つまらないですか?」と勇気を出して書いた我が夫(^^)なかなかいいぞ!
ジャンキーさんも私のブログでは本音でどうぞ♪ あっどこの某掲示板でも本音です!ってか(^^)

Commented by satomi-kazu at 2009-05-11 15:41
Megさん、こんにちは。
お祭りは無事に終えましたか?週末は夏日で大変だったのでは。。
船山の記事・・なんだか気持ちが入り過ぎて本音だらけの愚痴スレになってしまいました(^^;
小さな頃から作文が好きな変な子供でした。長文を書き始めると止まらなくなったりします。
ペンを持って紙に書くのは疲れますからね(^^;
こうしてブログに残せておけて良かったと思います。
名前
URL
削除用パスワード


<< 酒の肴      船山温泉 その2 >>