ずっとそばに 

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 16日

東伊豆 旅亭懐石 曽我

「旅亭懐石 曽我」・・・なんだか仰々しくて凄い宿名です026.gif夫婦で温泉旅館に求める一番大きなものが美味しい料理なので
旦那さんがネットで探してくれる宿もまず料理^^;
去年の夏に初めて訪れて美味しい夕食にかなり満足して、秋に再訪となったこの宿・・・
一度目と二度目の感想がこんなに違った宿って・・(なぁーんて、そんなに数多の宿に行ってるわけじゃないけど^^;)


f0208112_143329.jpgいきなり焼きソバですが、初回は富士宮経由~清水から駿河湾フェリーで土肥で一泊~東伊豆のコース。B級グルメの決定版の焼きソバ。この店は市内でも人気店、週末は行列必至だそうです。美味しかった~おすすめ♪f0208112_1464418.jpg


f0208112_1492245.jpg


相変わらずの「晴れ男!」威力発揮しております。前日まで台風で大荒れの天候だったのに・・・
信じられません039.gif


f0208112_14121756.jpg

「旅亭懐石 曽我」 全7室の小さな宿。
離れ5室 母屋の2階に特別室が2つ。

お茶畑だった場所に建てられたそうです。母屋に向かう階段右手が離れの部屋5室。東伊豆らしく竹林になっていて空気もどこか清々しく感じられ、玄関に入る前からワクワク感で胸が弾みます。こういう玄関までのアプローチって初めて訪れる宿の時は、かなり重要だったりします。
(私ら夫婦の主観ですが^^;)
階段を昇りながらワクワク感で胸が躍ります。この気持ち・・何かに似ているなぁ・・・
なんだろう。。


上手いこと表現出来ない・・
とにかく 「ワクワク♪」


f0208112_14315835.jpgf0208112_14322041.jpg
















玄関を入って母屋にある食事処でお迎え菓子とお茶を頂きながら記帳します。
まだ出来て3年位の宿なので館内もとても清潔感いっぱいでした。


f0208112_14454876.jpg

私達は離れに泊まりました。
母屋の特別室は食事が部屋食で料金も離れより割高でした。2度宿泊してみての感想・・・離れで十二分です。

10畳の和室に・・・


f0208112_14462823.jpg


8畳ほど?のベットルーム。この羽毛布団とマクラが最高の寝心地でした。


部屋付きの半露天風呂です。大人二人でめいっぱいな感じ。湯口からお湯は出ていましたが、溢れていなかったので多分循環
でしょうね。開閉式の窓を大きく開ければ遠く「大島」も見えますが、思いっきり立ち上がらないと無理(^^;)入浴目線では何も
見えません。。部屋付きのお風呂に関してはイマイチ・・イマニかな・・
f0208112_1457022.jpg


母屋2階にある貸切露天です。宿がちょっと高台にあるので、母屋2階のこのお風呂からは「大島」がよく見えました。朝露に覆われた竹林の香りが気持ちいい湯浴みです。30分単位の貸切ということですが、ちょっと時間が短いかな・・40分くらいだと、もっとのんびり出来たかも。何度でも貸切出来ますが宿泊客が多いときには制限があるようです。
f0208112_1554029.jpg

こちらの貸切風呂も残念ながら、循環っぽい・・湯船からジャバジャバとお湯が溢れていなかった。
料理が美味しい宿っていうのを一番に考慮して宿選びをしているけど、最近では多少、温泉成分やらに興味を持ってきた。宿では温泉成分表を掲げているのが普通になってきているが、曽我さんはあったっけ?見落としてたかな。。でもどうなんだろ・・
よく「湯治」って言うけど、あれって一度や二度お湯に浸かったって効き目は無いでしょ。それこそ何日・・何週間って浸かり続けて初めて効果有り!なんだろうと・・・だとしたら、たった一泊や二泊の温泉旅行に、温泉成分の多大な効果はそうそう期待出来ないんじゃないかと、私は勝手に思っているのでやっぱり・・なんてったってぇ~アイドル・・・違った^^; なんてったって「食事♪」重視になってしまう。
私達夫婦なのでした。
前記事で、温泉浸かったら肩こりも腰痛も治っちゃう気がする~なんて書いてるくせに(^^;いい気なもんです♪



食事重視編につづく・・・(^^;)

by satomi-kazu | 2009-05-16 15:37 | 旅亭懐石 曽我 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://satomikazu.exblog.jp/tb/11077486
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by golmeg at 2009-05-16 18:39
焼きそばを最初に食べた気になって、
宿のアプローチから「こんにちは~」と言ってお宿に入った気分です
おっしゃる通り、溢れ出ていないので、循環かもしれませんが
これだけの雰囲気があるのですから、ワタシ的にはもう何も言うことはありません
素敵なお宿のご紹介ありがとうございます
食事重視編・・・楽しみにしています
Commented by satomi-kazu at 2009-05-16 21:49
こんばんは、改めて訪問した宿の写真をアップしていると懐かしさでいっぱいになります。
二万円台超の宿になると、色々うるさくなりました(^^;
「これだけ払っているのだから・・」って気持ちが出てしまうんですかね。。
この宿は、まだ出来てそれほど年月が経っていないので、まだこれから色々な
進化をしてくれることを期待しています。三回目は・・・あるかなぁ(^^;
Commented by cyako at 2009-05-17 12:45 x
このお宿は結構な値段取られそうな雰囲気だねー伊豆はどこ行ってもそれ相当な料金取るからなかなか行きたくても躊躇しちゃう。今日着でくず餅を送りましたー食べてねー!!
Commented by ジャンキー at 2009-05-17 13:22 x
伊豆ブランドというのでしょうか。いいトコロは高いですね伊豆は。宿も食事処も。山川海あり歴史あり、ちょっとミーハーな明るさもあり、会津の次に大好きなんですが。
Commented by satomi-kazu at 2009-05-17 14:45
cyakoちゃん、いつもありがとう~届きましたよ♪くず餅。
伊豆は庶民的な値段の宿を探すのが大変だよね(^^;最近は色んな人が旅ブログを
書いているので、お得な値段で泊まれる宿も見つけやすくなりましたよ。
行きたいとこがいっぱいで困っちゃうけどね・・ハハハッ
Commented by satomi-kazu at 2009-05-17 14:51
>山川海あり歴史あり
ホントにそうですね~ 山でも川でも海でも・・何処も旅情を掻き立ててくれる要素が
たっぷりです!何度もリピートしたい気持ちと、いろんなとこに泊まってみたい気持ち・・
夫婦間でも揺れ動くところですが(^^; 料金的にはやっぱり二万円を切ってくれないと
何度も足を運ぶには難しいですね。
名前
URL
削除用パスワード


<< 旅先での昼食      湯切れ >>