ずっとそばに 

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 18日

旅亭懐石 曽我 その2

子供の頃(海の近くで育ったので、とにかく母の作る晩ご飯には魚が多かった)
そんな影響もあったのか、小さい頃からお洒落なお肉料理に憧れていた。
それもフランス料理のように、スープ・・前菜・・サラダ・・魚料理・・メインディッシュの肉!最後には別腹のデザートまで食べれる・・
凄い料理なんだろうなぁ~高いんだろうなぁ~大人になって働くようになったら食べれるのかな~・・・などとよく妄想を膨らましていた
ものでした。高校を卒業して都会にやってきて^^;最初はちょっと、こ洒落てるお店で出されるスパゲッティー・・違っ!パスタにさえ、
感動をしたくらい、田舎育ちの私にとって一品一品、タイミングを見計らって運ばれてくるフレンチや懐石料理は未だに「憧れ」の料理。

「旅亭懐石 曽我」 初回訪問時のお料理。

違った季節にもまた食してみたいと思って秋にも再訪した宿。

右手 食前酒の梅緑茶酒 右手奥 先付の胡麻豆腐 左手奥 酢の物 鰻 平目の昆布〆 蛇腹胡瓜(よくわからん食べ物だったんですが^^;) 茗荷酢付け 土佐酢ジュレ掛け・・・メニューの名称を書いてるだけで舌噛みそうです。ハハハっ~ まだまだ続く 
中央の大皿には(キンキンによく冷えたお皿でした~)前菜5種。 ヤングコーンの磯辺揚げ 鮎南蛮漬け 才巻塩焼き サザエの磯煮 合鴨ロース煮。食材の準備だけでも大変そうな品揃えです・・鰻に海老に鮎・・合鴨にサザエに平目・・・最初に出されたこの料理、どの一品も素人にも解るくらい手抜きが無く、丁寧に 美味しく食べて貰おうという料理人の気持ちが入った品々でした。
f0208112_17395268.jpg


f0208112_17462687.jpg

お造り 伊勢海老 尾長鯛 
もたい 金目鯛の4種盛り


このお造りの量加減が絶妙
でした。
ド~ンと盛られた船盛りも魅力的ですが、夫婦二人にはどうしても量が多すぎて他の料理が食べれなくなってしまうこともあるので、このように一人づつ少な目に盛られると嬉しい。

左手奥に すまし仕立ての椀物

f0208112_17464821.jpg

焼き物 加茂茄子のしぎ焼き

熱々トロトロの加茂茄子に味噌だれが香ばしくお酒が進みました。
この一品も本当に美味しくてもう一口食べたいなぁ・・と(^^;
その名の通り「懐石料理」ちょこちょこと、品よく出てくるのですね043.gif

f0208112_1883429.jpg

中皿 牛冷しゃぶ

夏らしいさっぱりとした一品です。このお皿もキンキンに冷えてました。些細なことかもしれませんが、そういうちょっとした事に感動します。

f0208112_189040.jpg

煮物 南瓜豆腐 車海老 
茄子揚げ煮 冬瓜 いんげん


日本料理の基本は出汁と言われますが、この煮物の出汁も本当に上品で飲み干してしまいたいくらい美味しかったです。

f0208112_18252156.jpg

揚物 太刀魚竜眼揚げ
 
今回この揚げ物だけは自分でも作れそうな味かなぁと(^^;太刀魚って魚がどんな味なのかはよく知りませんが揚げ物にしてしまうと、普通の白身の魚になってしまい尚且つ他の食材と一緒になっているので魚本来の味は解りませんでした。

f0208112_1826013.jpg

食事 五穀米 赤出汁
香の物三点盛り


健康志向なんでしょうか、こういうご飯を旅館で食べたのは初めてでした。もっちりとした食感がクセになりそうな味でした。赤出汁のお味噌汁は、旦那さんは好きですが私は白味噌派なのでイマイチ^^;

写すのを忘れてしまいましたが、この後デザートとコーヒーが出ましたよ。確かアイスクリームとフルーツだったかと・・・満腹感 満足感いっぱいで忘れてしまいました^^;


朝食です。 イカの刺身 茶碗蒸し 里芋の煮物 熱々出汁巻き卵 竹かごの中には小鉢が3つ なめこ 明太子 香の物 そして後から焼きたての かますが出てきます。 この かますの塩焼きがとても美味しかった。写真に写すのをまた忘れてます。トホホ042.gif
f0208112_18424590.jpg

以上が初回訪宿時の食事の内容です。一泊@26400(税込み)決して安くない宿泊料金なので求めるものもそれなりになってきます。でも私達夫婦はこの最初の訪宿で 食事内容と宿全体が醸し出すゆったりとした雰囲気が大変気に入り、「季節ごとにお料理内容は全く違って参りますので是非またお越しくださいませ~」の言葉に惹かれて秋に再訪となったわけです。 食事内容が変わる?そりゃそうでしょーとも、なんてったって旅亭懐石と銘打ってるんですからね!!そりゃぁ期待しまくりですよ! だけど・・・・秋に料理長が変わってたというのは・・・聞いてないよぉ~007.gif 一度目と二度目の感想がこうも違うとは・・料理人が変わると、こうも印象が違うとは・・


いつか、二度目の夕餉に続く・・・(^^;

by satomi-kazu | 2009-05-18 19:05 | 旅亭懐石 曽我 | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : https://satomikazu.exblog.jp/tb/11095122
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2009-05-18 19:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by satomi-kazu at 2009-05-18 21:26
鍵コメさん、こんばんはーーー!!(かなり驚いてます^^;;
何故私のこんな日記をご存知だったのか??告知した覚えは無いし・・・
ホント驚きましたです、ハイ。茜庵さんで検索して鍵コメさんを知ってから何度クリックして
宿の情報を見させてもらったことか!今でも毎日のように拝見しています。
はぁーーーそうですか、曽我さんをご検討ですか・・・
正直言って二回目の帰りは夫婦二人でガッカリモード全開で帰って参りましたよ。
「料理長が変わったんです・・」の仲居さんの一言でイヤァ~な予感はしてたんですが
一回目に食した感動は二回目には得られませんでした。
焼き物が冷めていたり、出汁の味が全然しなかったり、お造りは野菜で包んでいて
ナマぬるかったり・・朝の焼き魚が最初から出されていてこちらも冷めていたり・・
書き出すとキリが無い感じです(泣)

長いので次のコメに続きます。
Commented by satomi-kazu at 2009-05-18 21:38
続き

おまけに楽天から予約していたので再訪時の残念だった想いをお客様の声に書いたら
「苦情欄」に出されてしまい、しかも何日もしない内にその書き込みは消されて今では
賞賛する人達の声しか載せていないんですよ。まぁ宿側からすればマイナスイメージを
載せておくと予約に影響ありますからね・・
鍵コメさんはいろんな素敵な旅館に行かれているので、曽我さんは物足りなさを
感じるかもです。。富戸辺りだと鍵コメさんが以前行かれた花生の郷の方が良さ気です・・
ちょっと辛口になってしまいましたが、別の意味で鍵コメさんが曽我さんに泊まった感想を
聞いてみたくもあります(^^)お忙しそうですが、また覗いてくださいね~



Commented by golmeg at 2009-05-18 22:41
お料理は見た目も大切、といった感じがします
またお味も想像つきそうな・・・お献立もバランスがいいですね
ますます、お酒がすすみそうな感じもあります
温泉プラスお料理がよければ、少しくらい高くても納得しますね
秋の再訪時は・・・どんな感じだったのか、それも気になります
Commented by satomi-kazu at 2009-05-18 23:43
こんばんは、Megさん。私の写真では美味しさが伝わりきれないかもです^^;
お造りの一切れでさえ「おいしいね~」と夫婦で見合ってしまったくらいです。
それだけに秋の再訪が残念だった・・・
温泉も良し!料理も旨い!宿の雰囲気も抜群!そんな三拍子揃った宿はお値段もそれなりだし・・・
夫婦で温泉に行けることだけでも幸せだと思っています。
Commented by ジャンキー at 2009-05-19 08:32 x
ああ、そういうオチなのですか二回目は。では初回の感動はひたすら美しい(美味しい)想い出となって彼方へ去ってしまったワケですね。
Commented by satomi-kazu at 2009-05-19 12:25
↑しょーもないオチでご期待に添えずすみません(爆)

♪想い出は~美し過ぎて~それは~悲しいほどに~もう今は手の届かない
あなたぁ~遠い人~~♪ by八神純子
Commented by chako at 2009-05-19 14:32 x
携帯からもメッセージを書き込みできるのね!一息ついて見ています。便利な世の中になったよねー大きな写真で見たいからまた後でゆっくり!!
Commented at 2009-05-19 16:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by satomi-kazu at 2009-05-19 16:52
cyakoちゃん、携帯からありがとう~♪写真がバカでかくて見るのが大変なのでは(^^;
5月か6月に韓国に行こうね・・なんて話してたけど・・新型インフルの影響で
それどころじゃなかったね。また落ち着いたら行きましょう~
Commented by satomi-kazu at 2009-05-19 17:02
鍵コメさん、こんにちは!そういう経緯でしたか(^^;鍵コメさんは旅に関しては
ある意味有名人なので(^^;いつでもどうぞ鍵コメで♪^^
とは言えホントにいつも忙しそうにされてるので、御身大切にして下さい。
曽我さんは、まだ年月が浅い宿なので、これから色んな意味で進化してくれたら
また行きたいなって思っています。鍵コメさんも、機会があったら行ってみてくださいね♪ 見てくださってありがとうございました~
名前
URL
削除用パスワード


<< 餃子      旅先での昼食 >>