ずっとそばに 

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 28日

二泊三日 奥飛騨への旅

今回の旅 ルート
一日目 中央道~奥飛騨温泉郷~新穂高ロープウェイ~新穂高温泉(山荘 錫杖に宿泊)
二日目 新穂高~平湯経由~上高地~新穂高温泉(山の旅舎 中尾平に宿泊)
三日目 立ち寄り湯(水明館 佳留萱山荘)~帰路へ

松本ICで降りてから、ジャンキーさんが訪れた長野県の沢渡温泉も含め岐阜県に入り奥飛騨温泉郷には通り沿いに本当にたくさんの有名処の宿がひしめき合っていて、行きの車中では「二晩とも新穂高にしないで途中の平湯や福地、栃尾にすれば良かったかなぁ・・」などと夫婦で話しながらの往路でした。・・・・がっ!結果的に、この新穂高の二軒の宿にして良かった~~♪ となりましたよ。うふふ

f0208112_17395010.jpg


お天気は晴れ男効果で快晴・・・ホントに恐るべしなんです、我が夫。出掛ける一時間前はちょっと雲っていたのに、運転し始めたら1時間程で真っ青な空に・・・で、旅行中は言うまでもなく快晴続きでした。

中央道 諏訪湖SAにて休憩

軽めの昼食

f0208112_17432488.jpg


奥飛騨温泉郷へ向かう往路も、青空と新緑が眩しくて何度か車を止めて写真を撮ったりしました。

f0208112_17453660.jpg

北アルプス?の山々が見えてきました(間違っていたらダメ出しください^^; 

もうすぐ新穂高ロープウェイに着きます。

f0208112_14331332.jpg


到着です。

運行は30分に1回なので、行ったばかりだと次までちょっと待ちます。でも周辺の景色も素晴らしいので待たされたって感覚はありませんでした。

平日だというのに、駐車場にはかなりの数の車が・・週末や夏休みは凄いことになるんでしょうね

f0208112_1444943.jpg


f0208112_1440480.jpg

f0208112_14482918.jpg
ゴンドラに乗込みます。旦那さんは何気に高所恐怖症気味私は平気ですが、このゴンドラ結構早い速度なので鉄柱を通過する時は、かなり揺れました025.gif風が強い日は怖いかも。ゴンドラの中はご年配の女性陣が多く揺れる度にお決まりのように「ワァ~~キャァ~~」・・・みんなで一斉に声出すのでその声の振動で揺れが増してるような気もしないでもなく・・・

f0208112_17333125.jpg

復路のゴンドラとすれ違います。
アルバイトらしき若い女性のアナウンスで「はい!今すれ違いましたーーゴンドラの速さがお解りになりますかーー」

ハイ♪ 解りました。

ってこの時にもおばさま方「キャァァァ~」・・・だから声で揺れるってば021.gif

f0208112_1554759.jpg

しらかば平駅で別のゴンドラに乗り換えて西穂高口駅に到着です。

風もなく素晴らしい眺望でした。

f0208112_1512596.jpg
やっぱり観光地ですね、飛騨のマスコットを持たされて記念撮影037.gif自分のカメラでも撮ってくれるのでカメラマンさんが写した写真
(@1000)は買う買わないは自由です。帰りにお決まりのように綺麗に撮れていますよ~~記念にどうぞ~ は、言われます。

10人位で来ていた関西方面のおばさま方「そんなんいらんわっ、ウチらのカメラで撮ってくれたらええんよ!」って・・・都合7~8人分のデジカメやら写るんですカメラやらで何回もシャッター押してたカメラマンさん・・・・お疲れ様でした。そしておばさま方は誰ひとりとして
@1000の写真は買わなかった・・(私も買ってませんけどね~037.gif

      新穂高ロープウェイをあとにして本日の宿に向かいます。
f0208112_17304866.jpg


      「山荘 錫杖」 チェックインはPM3:00  3:30頃宿に到着です。
f0208112_17261391.jpg


f0208112_15501026.jpg


宿の前の道を挟んで向こう側には、多分源泉?の湯気だと思うんだけど、すごい勢いで噴出してました。ちゃんと聞いておけばよかったなぁ・・微かな硫黄の匂いもして宿に入る前からまたまたワクワク感でいっぱいです。

全7室 内湯男女各1 混浴露天1 貸切露天1 女性専用露天1 計5つのお風呂。7室だけなので、待たずに好きな時に好きなだけ湯浴みが楽しめます。これって最高~043.gifなんだか大型旅館にはもう泊まれなくなってる私達です^^;

f0208112_15595070.jpgf0208112_160884.jpg


館内 部屋 お風呂 食事は また後日。
あ~~帰ってきたばかりなのに・・・また行きたい♪

by satomi-kazu | 2009-05-28 16:10 | 旅全般  立寄り湯など | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://satomikazu.exblog.jp/tb/11173514
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by aosima0714 at 2009-05-28 16:13
訪問です。

良かったら私のブログに来てくださいね!

仲良くしてください。

これから、ちょこちょこ遊びにきます!よろしくです<m(__)m>
Commented by satomi-kazu at 2009-05-28 18:20
どうも・・はじめまして。ブログにお邪魔してみました。ご自分の日記のようでは
無さそうですね?私のブログは温泉や日々の出来事を綴っています。
またよかったら覗いてください。
Commented by chako at 2009-05-28 22:48 x
おかえりなさーい!お天気も良かったし楽しんできた?また今回の温泉旅行も大作になりそうね(笑)続編続々編続々々編楽しみにしてます。
Commented by golmeg at 2009-05-28 23:42
おかりなさーい!諏訪湖懐かしく拝見しました
その他はまだ一度も行ったことがなく・・・
一度は行ってみたいところばかりで、うらやましいです
新穂高の山々が素晴らしいですね・・・
思わず深呼吸がしたくなりました
お食事や温泉のご紹介も楽しみにしています
Commented by satomi-kazu at 2009-05-29 00:26
chakoちゃん、今頃は韓流ドラマかな(^^) お天気ね・・・なんだかね、マジで
ウチの旦那さん晴れ男全開モードだよ。昨日こっちに帰ってきた途端に雨で
今日なんて一日中降っていたもん。パワーに驚きです。奥飛騨はホント楽しかった^^
上高地で久し振りに歩いて疲れたけどね。
Commented by satomi-kazu at 2009-05-29 00:37
Megさん、こんばんは。奥飛騨温泉郷・・・東京からもう少し近かったら是非
リピートしたい温泉地です(^^; 今度行けるのは何年後かなぁ・・・
でもまた絶対に行きたいですね。そうそう、今回の旅で印象に残っていることのひとつに
新穂高のロープウェイでも、上高地でも、年配の(60代以上)方が本当に
多くてびっくりしました。 上高地の散策コース(1時間~2時間)を見渡しても
若い人が居なくてお年寄り^^;ばっかりだったんですよ!40代の私達なんて
まだまだヒヨっ子のようでした。元気でいられたらまたこうして来れるね・・
なんて
旦那さんと話しながら、颯爽と前を歩くご年配方を見ながらの散歩でした。
名前
URL
削除用パスワード


<< 山荘 錫杖  館内お風呂編      奥飛騨温泉紀行プロローグ >>