ずっとそばに 

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 30日

山荘 錫杖  夕朝食編

チェックインしてから2回ほど温泉に浸かって、6時過ぎから夕食です。
「6時15分位に出来ると思いますんで~」 にこやかな女将さんがアバウトな案内です^^

f0208112_14264143.jpg

1階玄関を上がった奥に大広間があって、食事は朝、夕ともここでいただきます。
写真は朝食後の食い散らした後ですが^^;

ひとつの部屋を真ん中で仕切ってあって左側は例の6人組の熟年グループ。
私達ともう1組の年配のご夫婦が右側に仕切られた部屋で食べました。
こちらにも小さな衝立で目隠ししてあって他のお客さんを気にすることなく食べれました。


f0208112_14354941.jpg
お腹空きました^^
夕食のはじまりです。

最初に並んでたもの。

扇型の皿に葉わさび こごみ
もう一品のピクルス?のような物は
何だか解りませんでした009.gif

小鉢の中は、もずくとカニの酢の物もうひとつが姫竹のからしマヨネーズ和えこれが旨かったぁ~

錫杖の夕食・・私の中のメインは何といってもこの飛騨牛の朴葉焼きでした。
見てください!この厚み&さしの入り具合の抜群なこと・・・
f0208112_14531678.jpg
お品書きが無いので詳しい料理名は解りませんが、満腹のラインナップをひとつづつ・・

姫竹のからしマヨネーズ和えと酢の物                    きのこの土瓶蒸し
f0208112_151246.jpgf0208112_1511922.jpg

岩魚?のお造り(船山の岩魚造りに軍配^^)                山菜のてんぷら(姫竹ここでも旨かったぁ)
f0208112_1591399.jpgf0208112_1594031.jpg

錫杖には日本酒の持ち込みをしなかったので梅酒のロックを。     飛騨牛の刺身 しょうが醤油で食べます。これもgood♪
f0208112_15155972.jpgf0208112_15163925.jpg

岩魚?の朴葉味噌和え包み焼き(ちょっと味が濃かったかな)      茶碗蒸しこれは上品な薄味ですごく美味だった♪
f0208112_15212149.jpgf0208112_15213527.jpg

よもぎ蕎麦・・・味は・・・ということで。                     ご飯お味噌汁 そしてシソゼリーのデザート メロン
f0208112_15254686.jpgf0208112_1527237.jpg


f0208112_15342851.jpg夕食の感想

出迎えてくれた女将さんらしき人では無くもうひとりの中年の女性が一品一品出来立てを運んできてくれます。にこやかに時々は食材の説明もしてくれたり・・中でも「姫竹」は、マヨネーズ和えもてんぷらもとっても美味しかったです。@12600の宿泊料金に対しては、すごく満足出来る内容です。飛騨牛の朴葉焼きも肉が柔らかくて定番の味噌焼きで食すのでは無くバーべキューのたれだったのが良かったです。味噌は岩魚焼きで味わえましたしね。
よもぎの蕎麦だけは、蕎麦好きには今いち?に?さん?^^;と言ったところですが、少しずつ色々な物が品数多く出てくるので、目でも楽しめた美味しい夕食でした。


f0208112_15554616.jpg

朝食です

この地方特産の朴葉味噌や湯豆腐、漬物、温泉卵、海苔、サラダ・・など定番が並びます。贅沢言えば焼き魚が欲しかったかなぁ^^; 

お味噌汁が美味しくて、おかわりしたかった・・・言えばくれたかな?聞いてみれば良かったな♪

f0208112_1633064.jpg

奥飛騨の宿では必ずと言っていいほど出てくる朴葉味噌ですが、翌日に泊まった「中尾平」では白味噌でした。錫杖の赤味噌と食べ比べる事が出来てちょっと嬉しい体験も出来ました。

錫杖のこの朴葉味噌・・・
ご飯が進むこと・・・037.gif

山荘 錫杖・・・素朴であたたかくて、どこか懐かしささえ感じる素敵なお宿でした。帰り際 皆さんで玄関先まで出てくれて
「またいらっしゃってくださいね」と・・・社交辞令じゃなく心にしっかりと残るような、そんな想いを抱かしてくれる宿の方達でした。
f0208112_16155998.jpg


息子さんが玄関先で写真を撮ってくれました。また来たいね。来ようね・・・
f0208112_16313629.jpg


by satomi-kazu | 2009-05-30 16:32 | 山荘 錫杖 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : https://satomikazu.exblog.jp/tb/11189309
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ジャンキー at 2009-05-30 19:06 x
「錫杖」は値段的にもいいし、食の嗜好は完全に私好みなのですが(そうか、やはり川魚のお造りは某F温泉が勝りますか)。部屋にトイレがあればねぇ。ジャン妻が、「部屋にトイレの無い宿は絶対ブー」なんですよ。
硫黄の香はキツかったですか?
過去、混浴の経験は1回しかありません。20代の頃に1回だけ。
Commented by satomi-kazu at 2009-05-30 21:38
ジャンキーさん、こんばんは!そういえばいつだったかジャンキーさんが硫黄泉が
苦手っていうコメをどこかで読んだような記憶が・・・硫黄臭はキツくは無いですが
微かながらどのお風呂も漂っていましたね。あとトイレですが、奥様がブーですか・・・
確かに夜とか早朝のトイレは絶対に部屋にあった方がいいと思いましたが滞在中は
部屋にトイレが無いって事実がそんなに気にならなかったのが本音です。

ジャンキーさんの「しおりのテーマ」も熟読しましたよ~。ホントに困ったもので
ドンドン、バンバン、ジャンジャン行きたい宿が増えてます。しおり絵もプラスされました。
混浴風呂 夜に二人で入りましたが結局誰ひとりとして入ってこなかったので
貸切りと同じでした^^ ただ、いつガラガラ~っと扉が開くかな?って背中で警戒してたので^^;
くつろげなかったかな~旦那以外の男性と同じ湯船に入る・・・っていうのは、やっぱり
ちょっと勇気がいるし、慣れないと無理ですね。タオル巻きオッケーだったらまた
違っていたかもしれません。
Commented by satomi-kazu at 2009-05-30 21:47
森の住人さん、こんばんは!「ふき味噌とクリームチーズ和え」は次の宿で~す^^
チェックアウトの時に、宿の奥さんに作り方を聞いちゃったくらい、日本酒にピッタリの
一品でしたよ。  

錫杖ですが、森の住人さんが宿に対して重要視している「清潔感」は本当に太鼓判を
押せるくらい、綺麗な宿でした。そういう所が部屋にトイレが無くても納得できた
一面だったのかもしれません。奥飛騨温泉郷には他にも名だたる宿が多くて
ほんとに行ってみたい宿が増えるばかりで困っています^^;
Commented by chako at 2009-05-30 22:51 x
どうやってこういう宿探すの?あー ネットか!それにしても1万ちょっとで、こんな景色のいいお風呂に入れて夕飯だってどれもおいしそうだし韓国や台湾も3万円切った料金で行けるけど温泉には入れないものねー千葉の近くにもこんな宿ないかしら(笑)
Commented by satomi-kazu at 2009-05-31 09:59
そうです^^ネットです。もう色々見まくりで行きたい宿が増えるばっかりで困ってるよ。
アジアは国内旅行に行くより安い料金でいけるけど、そうだよね~温泉には
入れないもんね。まぁ国内旅行もピンキリだから、高嶺の花の旅館もたっくさんあるし
良心的な値段でも充分満足できる宿もいっぱいだよ。今度行こうね♪
Commented by golmeg at 2009-05-31 22:55
こんばんは
出遅れてしまいましたが、ちゃんとお風呂のほうも拝見してきました
露天風呂が最高ですね
なんだか自分まで温泉に浸かっているような気さえしました
お食事も素晴らしい!私にはちょっと量が多すぎるかも・・・
まぁ、残してもちゃんと食べてくれる人がいるので心配しないでも大丈夫ですが・・・(苦笑)
それで12600円とは・・・大満足ですね♪
それからsatomiさんの写真の撮り方も素晴らしいですね
どんどん素敵なアルバムができてきますね
Commented by satomi-kazu at 2009-06-01 00:07
Megさん、こんばんは。この宿、冬季期間は@10500なんです。お風呂の充実ぶりや
食事内容を考えたら激安だと思います!ホントに。

>それからsatomiさんの写真の撮り方も素晴らしいですね
え~Megさんにそう言ってもらえるとすごく嬉しいです。Megさんの写真は
私のお手本だし・・今回もお風呂を撮る時などMegさんじゃないけど
すごい格好で(爆)写してました^^;
名前
URL
削除用パスワード


<< 奥飛騨の旅 二日目は上高地へ      山荘 錫杖  館内お風呂編 >>