ずっとそばに 

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 05日

山の旅舎 中尾平 食事編

中尾平・・・今回は夕食の紹介です。 奥さま手作りの料理は一言で表現すると
THE家庭料理!ですかね。 自分でも作ってみたい真似したいなって思える品々が
タイミングよく熱いものは熱い内に運ばれて来ました。
豪華でお洒落な肉料理や魚料理は出ませんが最後のデザートまで、どこかホッとする
心と体に優しい美味しい料理でした♪
f0208112_0491059.jpg

朝夕食とも、この食事処?というよりダイニングルームでいただきます。あ~この雰囲気もまさしくペンションなんだよなぁ・・・

写真手前のテーブルに子供用のお茶碗やスプーンがありますよね・・小さな子供連れの若いご夫婦と一緒の宿泊でした・・夕食時にちょっとした事があったので後記で書きたいと思います。


f0208112_0543513.jpg
最初に並んでいた前菜 

長皿 ふきのとう味噌クリームチーズ和え 葉わさび醤油漬け ほたるイカのマリネ 中央上 こごみのエゴマ和え 
右上 砂肝ピリ辛この砂肝は初めて食べる味でした、そんなに辛くもなく砂肝好きな私達は美味しくいただきました。

一番お気に入りだったのが、ちょこっと乗ってるふきのとう味噌クリームチーズ和えです♪ 帰りに奥さんに作り方を聞いちゃったくらい気に入ってしまいました。
隠し味にハチミツを入れて練るそうですが、これをチビチビやりながら日本酒が・・・すすむぅ~たまりません♪


f0208112_143846.jpg
お酒は、穂高 焼岳という2種類の地ビールに写真は無いですが私が梅酒のロック、そして旦那さんは晩酌酒の磯自慢純米吟醸

某HPをお持ちの方がお酒の持ち込み料がとても良心的と書かれていたので、磯自慢は持ち込みをしました。
私はそれ程お酒に拘りは無いのですが如何せん我が夫は、外食や旅館に行って旨い酒が無いと料理まで不味くなると言うくらい、好きなお酒には妥協しない少々やっかいな人でして^^;
宿のご主人も心良く持込を承諾いただき、夕飯時まで冷やしておいてくれました。
ありがとうございました。


f0208112_1250100.jpg

煮物 茄子 かぼちゃ がんも

薄味なんだけどしっかり出汁がしみていて・・・私が作る煮物はどうも田舎風の濃い味になりがちなので、こういう上品な味付けは見習いたいものです、ハイ。


f0208112_1285648.jpg

錦糸芋

シャキシャキの歯ごたえで美味しかったなぁ・・・この出汁もまた繊細な味でした。


f0208112_1315036.jpg

筍団子の蒸し物

筍の香りは・・正直あまりしなかったけど^^; 
とろっとした舌触りの食感で美味しくいただきました。


f0208112_136111.jpg

メインの? 飛騨牛ローストビーフ

写真では、小さめに写っていますが、しっかりとした厚みで大きさもあって食べ応えありました。お箸でも切れるくらい柔らかくて美味しかったです♪ 昨晩が錫杖で飛騨牛の朴葉焼きだったので、違った調理方法で飛騨牛を食べれて幸せでした~


f0208112_1424423.jpg

揚げ物 蓮根団子 姫竹など 

姫竹・・中尾平でも食べれて嬉しかったです♪
前日の錫杖で姫竹の美味しさにノックアウトだったので^^


f0208112_1455730.jpg

岩魚笹焼き

朴葉味噌はこの地方の名産品ですが、岩魚のお腹に詰めて焼いて出てくるのは定番のような気がします。個人的には普通にそのまま焼いてくれた方が好きなんですけどね・・・


f0208112_1501131.jpg

お漬物と牛しぐれ煮

料理を運んでくれていた九州出身、アルバイトの女の子が日本酒をくいくい呑んでる私達に気を効かせて「お酒のつまみに先にお漬物をお持ちしましょうか?」と言ってくれてお願いした。
なんて気配りを心得たアルバイトちゃんなんだろう♪ お漬物もよかったけど、丸い器の中の牛しぐれ煮が旨かった~ホント日本酒にぴったりなんですよ003.gif


f0208112_1571652.jpg

ご飯 お吸い物

お米がすごく上手に炊かれてました。
かなりお酒入っていたので、そんなに食べれませんでしたけど・・


f0208112_20536.jpg

グレープフルーツゼリー

これも奥さま手作り・・さっぱりとして美味しかった・・ってなんだか読み返してて「美味しい」くらいしか感想書けてないんですよね。

表現力無さ過ぎ・・・^^;


夕飯おまけ話し
時間は6時半と7時で選べます。私達は7時にお願いしました。7時ちょっと前に1階のロビーに下りて行くと小さな子供が二人ロビーでチャンバラごっこをしていました。ひとりは中尾平のお子さんだと思われ、もうひとりは若いご夫婦のお子さんのようです。私達を除いたお客さんは2組 その2組共6時半からの夕食だったようで先に食べていました。若いご夫婦じゃないもう1組のご夫婦は50代後半くらいかな・・・運んでくるアルバイトの女の子に「若者は元気がいいこと」(遊んでいる子供のこと)・・・と、ちょっぴり嫌味のチクリ・・若いお母さんも「ダメよ~」なんて遠くから子供に注意してましたが、ロビーだったからまだよかった・・・これがダイニングの方でチャンバラごっこされたら・・・せっかくの宿の好印象がその場で崩れ落ちてしまっていたと思う・・・結局のところ旅をするのって非日常を求めているんだと思う。家庭的なサービスや雰囲気そういうものも、もちろん心地良いと感じるし洗練されたスマートなサービスにも心が癒される。異なったタイプの宿やサービスも非日常を感じたいが為に訪れるんだと思う。出来れば・・・やっぱり子供の遊ぶ姿を、真近で見たくはなかったかな・・正直なところ。子供を産んだことも無ければ育てたことも無い女が生意気書きました・・・

by satomi-kazu | 2009-06-05 02:46 | 山の旅舎 中尾平 | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : https://satomikazu.exblog.jp/tb/11233650
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by golmeg at 2009-06-05 08:14
おはようございます
お食事処は、清潔感があっていい感じですね
お料理もそれぞれにこだわりがありそうです
公共の場でのしつけは、やはり親の責任だと思います
しかし、お宿のお子さんも一緒に遊んでいると・・・客としては我慢するしかないのかなぁ~
子供が騒いでもOKという宿、ということですよね
誰もが非日常を楽しむために行くのですから、お子さんが泊まれない宿があるのも納得ですよね
satomiさんはたまたまタイミングが悪かった、と思います
>「ダメよ~」なんて遠くから子供に注意してましたが
これはいただけません
子供がやること 何でも許してもらえる、と思っている親も多くいますね
Commented by satomi-kazu at 2009-06-05 10:04
Megさん、こんにちは~
>satomiさんはたまたまタイミングが悪かった、と思います
はい、そう思っています。中尾平では唯一この点が心に引っ掛かっていたのですが
こうして写真をアップした時に子供用の食器を目にし改めて思い出した感がありました。
ここのお子さんは週末や繁忙期にはお給仕などのお手伝いをしてお客さんには
好感のようです。アットホーム的なサービスが大好き♪っていう人にはすごく合っているんだと思います。
翌朝のテーブルでご主人が若いご夫婦に「昨夜は、うちの〇〇〇が遊んでもらって
ありがとうございました、いつも大人に囲まれているので小さい子がくると嬉しいみたいです」
と、言っていたので子供は歓迎の宿だということのようですね。
Commented by まいまい at 2009-06-08 00:50 x
夕食時の子供の件は残念だったね。私は子供がまだ小さい頃には家族旅行なんて考えた事も
無かったな。公共の場所で小さい子に我慢させるって事を教えるのは親の責任に違いないんだけど
親自身も成長してないと難しいわよね。自分達も楽しみに行ってるわけだから子供にまで
手が回らないって言うのが本音なんだと思う。だから私は子供が小さい頃は旅行しなかったよ。
さとみちゃんとこのように子供がいない夫婦もたくさんいるし、小さな子供連れを微笑ましく見れる
人も居ればそうじゃない人も居る。でも言えるのは子供がふざけて騒いでいるのを笑ってやり過ごせる
人は少ないってことかな。なんだか長々と書いてしまったけど、さとみちゃんが受けた感情は至って普通だから、
子供がいない女が・・なんて淋しいこと言わないでね!
Commented by satomi-kazu at 2009-06-08 13:08
まいまい、どうも~。昔のあのデパート勤務時代を懐かしく思い出したよ。
電車の中なんかで、他人の子供に向かって「可愛いわね~幾つ?」なんてお愛想を
言ってる人を見かけるけど私はそういうことが絶対に言えないし、やっぱり小さい子供の
行動には神経質になっちゃうかも。まぁ実際のところ我慢出来ない程に騒がれていたら
きっと宿のご主人に苦言したと思うけど、そこまでじゃなかったから・・
たまたまタイミング悪かったなぁと今では笑って思い出せるよ。
Commented by ぼお at 2011-09-30 18:45 x
やっぱり子供を育ててない人は大人としてどうかな
産んでないのは関係ないけど、自分はどういう子だったのかな?
Commented by satomi-kazu at 2011-09-30 21:28
ぽおさん、ずいぶん前の記事にコメントいただきありがとうございます。
子供を育てていないと大人として失格なのでしょうか?

この宿の夕食時に、小さな子供がチャンバラ遊びを始めたことに対して
非日常を楽しむ為に、遠くからきたのに残念だったと感想を書きました。
それは素直な偽りない感情です。 子供を育てた、育てていないという次元の
話ではないかと思っています。

私がどういう子供だったか? どうでしょうね、実家の母親にでも聞いてみないと解りませんね。
ただ、言えるのは私も同じく公共の場でワーワー騒いだり、泣いたり
わめいたり・・普通の子供だったと思いますよ。
そういう事を否定しているのではありません。もう一度書きますが
非日常を求めて出掛けていった温泉宿で、夕食時に子供がチャンバラで
遊びだした様子を見たくなかった、それだけです。
Commented by 波菜 at 2011-10-01 16:45 x
satomiさん今日は!いつも覗かせてもらっていますがコメント残せなくてごめんなさい(-人-)ふと目に付いたコメントのやり取りが気になって、、、
お節介でしたらごめんなさい。子供を育てていない人は大人としてどうかな?のご意見。とても悲しいです。私の姉も子供がいませんが、夫婦で人に言えない事情や悲しい事情で子供を授けてもらえない女性だっているのです。
ここではsatomiさんが行かれた宿での出来事を書かれているのであって誰もが感じる躾の出来ていない子供親に対する意見だと思うのですが(ノ_-。)違いますでしょうか?
こういう記事を見て親として私も公共の場で子供の躾をシッカリしないと、、、って思いました。


Commented by satomi-kazu at 2011-10-01 21:08
波菜さん~こんばんは^^
いいのいいの、コメント書くのも時間使うしまだお子さんが小さい波菜さんなんだもの。
気にしないで~(^^)v

あっそれで、今回のコメントも^^ありがとう、嬉しかったです。
いろんな環境のいろんな人がいっぱいいて、いろんな考え方があって・・・
だから面白いんだよね、人間って。

私は自分の考えや気持ちをこうしてブログで書くことが出来るので幸せだと思ってる。

私以外の人達の異なった意見も聞けるので、すごいよね!ネットって。
リアルな現実の中ではなかなか本音を隠して言えないこともさ、言えるもの^^;

私・・否定的な意見を読むのもキライじゃないの(笑)好きでもないけど~(爆)

これからもヨロシクね!ありがと♪
Commented by まゆ at 2015-09-21 16:43 x
いつも読ませていただいて参考にさせていただいております。
行ったことのあるお宿も多く、感じることも似ていてうれしく読ませていただいております。
私は、satomiさんよりも年上で孫もおります。
それは孫はかわいいです。
でもおのずと連れて行ける場所は考えますよ。

現実逃避するお宿、こじゃれた食事をする場所、そんなところはやはり大人限定にしていただきたいです。
小さなお子様は大きくなってから連れていけばよいと思います。

デイズニーホテル等は子供連れで堂々といけますもの。
けして安いとは言えない金額を出して、ゆったりと静かな雰囲気を味わいたいですもの。
satomiさんのお気持ち、全く同感です。
Commented by まゆ at 2015-09-21 16:52 x
申し訳ありません。
三度も載ってしまいました。削除の仕方がわかりません。
わからなければ書いてはいけませんね。
申し訳ありません。
Commented by satomi-kazu at 2015-09-21 21:26
まゆさん、こんばんは!コメント頂きありがとうございます^^
中尾平の宿泊記事、もう6年も前だったんですねぇ~
こうして古い記事にもコメント頂くと自分でも懐かしく思い返せて
うれしいです!ありがとうございます^^
重複投稿だったものは削除しておきました^^どうぞお気になさらず♪

私の同級生も続々と「おばあちゃん!」になっている友達がいて
子供すらいない私にとっては、「孫」というイメージが全く湧かずに
なんだか妙な気分なのも正直なところです(苦笑)

日常の生活の中で、赤ちゃんや小さなお子さんが泣き叫んだりしているのを
若いお母さん達が必死であやしていたる姿を見るたびに
大変だなぁ・・・私には絶対に無理だなって本当に素直に思います。
こんなこと書くとまた批判?(苦笑)されるかもしれませんが、私は正直・・・
子供は本当に苦手です。 宿でのこの出来事も、もしも私は子供好きだったなら
もう少し寛大な?気持ちで見過ごせていたのかも・・・

最近は、小さなお子さんはお断り!っていうお宿やお店が増えたように思います。
個人的には大歓迎ですが、小さな子供がいてもそういう場所に行きたい!と
考えている人達には、いい迷惑なんでしょうねぇ・・・

でもやっぱり、私の本音は、非日常は大人な空間で時間を過ごしたいです^^

コメントありがとうございました。 またいつでも遊びにきてくださいね♪
名前
URL
削除用パスワード


<< 中尾平 朝食そして旅の終わり      山の旅舎 中尾平 お風呂編 >>