人気ブログランキング |

ずっとそばに 

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 23日

乗鞍高原 カントリーハウス渓山荘Ⅱ

f0208112_21204487.jpgf0208112_21212490.jpg
渓山荘のお風呂は全部で5つ。

男女別の内湯に露天風呂

貸し切り仕様で使える露天風呂がもうひとつ

宿の外に出てログハウスの中に

サウナと一緒になった露天風呂。



f0208112_21272122.jpgf0208112_2128220.jpg
内湯に続く湯上り処もペンション色の濃い

雰囲気で、寛ぐことが出来ます。

冷たいそば茶も自由に飲めるようになっていて

ホントあっちこっちにサービス満載です。

ロビー横のコーヒー飲めるコーナーとかね♪



f0208112_21331052.jpgf0208112_21333475.jpg
男女別の内湯と露天風呂

この日は私達含めて3組だったので

館内全てのお風呂が貸し切りで入れました。
(平日の恩恵~^^)


通常内湯は男女で時間制交代。



f0208112_21371873.jpgf0208112_21374259.jpg
こっちの内湯&露天も貸し切り~♪

大好きな白濁湯 うっれしぃ~♪

しかし・・露天の方はお湯がぬるかった。

長湯が出来るんだろうけど

どーもぬる湯は苦手な私。



f0208112_214418100.jpgf0208112_21445789.jpg
ログハウス内にある露天風呂

ここは常に貸し切り利用です。

中にはサウナも完備。

夫婦で我慢大会しました。

しかし・・・維持費大変そう^^;

宿設備はペンションと思えない充実ぶり!



f0208112_21511353.jpg
この露天風呂が一番気に入りました。 屋根が無く開放的なお風呂です。

青空の下 二人でゆったりと浸かれました。




で、どーでもいいw夜逃げ話を少し。

かれこれ25年も昔、都内で勤務していた仕事を突然辞めて
長野県白馬村にあるペンションでアルバイトをしました。(通年)
みそら野にある某ペンションのアルバイト料は一週間で1万円!
つまりひと月で4万円 食事はもちろん食べさせてくれるし
スキー場で乗るリフト券もお客さんが残していったものを使えるので
少ないバイト料でも、困ることはありませんでした・・・がっ!!

2年目に入った白馬村を後にして一度実家のある千葉県に帰り
さて!これから先どーしようか?何がしたいのか?なんていっちょまえに
悩んだりしていた時、ふと目にした斑尾高原のペンションのアルバイト
募集の記事・・・なんと一日3000円。一週間で21000円!!
白馬の倍のバイト料。 すけべ根性が出てしまい、思わず電話してました。

しかし・・この斑尾のペンションが酷すぎた。
(あっ写真の渓山荘とは全く違う宿の話しですからね^^;)



f0208112_228241.jpg
検索したら今でも営業していた!!驚きです!
経営者が変わったようだけど建物や施設内は同じだった・・・
あのペンションだ・・私が夜逃げした宿。

当時はおじいちゃんとおばあちゃんの二人で切り盛りしていて
バイトは私が行った時には2人いた・・が、数日すると彼らはいなくなった。
気づくとバイトは私ひとりっきりになっていた。

10日間位いただろうか・・・
      
何が酷いかって、まずご飯は2、3日電気釜に入れっぱなしで
茶色く色づいたご飯を朝食や夕食に平気でだしていた。 
当然のように添え物のパセリや、お客さんが口を付けてないであろう
形の残ってる食材は洗ってそのまま翌日のお客さんに・・・

信じられない光景を目にしていたわけだけど、平然としている老夫婦は
なぜだかもの凄く怖くて、20歳そこそこのねぇちゃんが口答え出来る
雰囲気じゃなかった。 
      
何日かして宿のオーナーじいちゃんに「あのぉ・・ご飯が黄色い・・ってお客さんが・・」
って訴えたんですよ。そしたら血圧MAXがごときもの凄い剣幕で私を怒鳴りちらし
「アルバイトが口出しすんじゃねぇ!!」と一喝。 

お風呂だって、うる覚えだけど確か3日か4日しないと掃除してなかったような
記憶があります。 



f0208112_233027.jpg
こんなとこに居られないよ~ ヤダヤダ~って^^;

斑尾に来る前までバイトしていた白馬のペンションに戻ろう!って
夜中にこっそり抜け出し、道を挟んだ向かいの宿の電話を貸してもらい
泣き泣き電話^^(そっ当時は携帯電話なんて無かったですからね)

年間通してバイトしようと考えていたので荷物も段ボールで送って
いたのでそれを電話を貸りた宿のオーナーに頼んで送ってもらい
私は身ひとつで深夜バスに乗って斑尾の地を後にしたんです。

一日3000円!に目が眩んだのがいけなかったのか! 
結局は1円のバイト料も手にすることなく尻尾を巻いて
逃げてきてしまいました。


人生初夜逃げは、そんな思い出です^^



25年前の写真が出てきました、懐かしすぎてしばらく見入ってしまった^^ 白馬のペンションでバイト仲間達と。
懐かしい日々です。20代・・・こんな時代もあったんですなぁ~(しみじみ遠い目)
それにしてもスキーウエアに時代を感じます(爆)


f0208112_12403687.jpgf0208112_1241185.jpgf0208112_12411671.jpgf0208112_12412626.jpg


とっても美味しかった渓山荘の夕食は、また今度~ 

昔のアルバムひっくり返そっと♪


by satomi-kazu | 2011-05-23 23:41 | 乗鞍 カントリーハウス 渓山荘 | Comments(12)
Commented by ろと at 2011-05-23 23:50 x
夜逃げ話し、すごすぎます。(笑)
ただ、そこのペンションって、satomiさんが入るとバイトは一人に、、って、、みんなやめてくのね。ってことは、バイト料、高い広告でつっておいてピンはね??みたいな。
ペンション経営者ははじめっから払うつもりないのかもね。
おそろしーーです。

そして、今回行ったペンションはサウナつきね、あたしには
ポイント高いわ。お料理アップ待ってま~す。
Commented by ポルポ at 2011-05-24 01:59 x
satomiさん、宿のレポよりも夜逃げの話が気になっちゃって(^艸^)いや~、スゴイ経験をされたんですね(^_^;)
っていうかそのペンション…今でも経営してるっていうのが驚きです。宿泊のクチコミとかってあるのかしら、読んでみたい気がします。
よく、パセリを使い回すとかいう噂を耳にしますが、ホントにあるんですねぇ~
私はとにかく黄色いごはんが絶対にダメですっ!!!
しかも、「アルバイトが口出しすんじゃねぇ!!」って、そ、、そんなぁ。。。ある意味、夜逃げして正解でしたね。。
今だから笑って話せるのかも知れないけど、ホントヒドイ経験ですよね…おつかれさまでした(笑)

と、どうも夜逃げの話ばっかり食いついてしまいましたが…
渓山荘、ペンションらしからぬお風呂の充実度ですね、しかもいい具合な白濁湯♪あと、お部屋にある手作りパウンドケーキもポイント高い!!
私もお料理がどんな感じか、楽しみにしてます。

20代の頃のsatomiさん、思わずクリックして拡大しちゃった(笑)カワイイ❤(◕‿◕✿)
Commented by satomi-kazu at 2011-05-24 12:56
>そして、今回行ったペンションはサウナつきね、あたしには
ポイント高いわ

あっそうそう、私も滞在中此処はろとさん好きだろうなって思ったよ!
露天風呂にサウナが付いてる宿なんて珍しいし、しかも貸し切りで
まったり出来るよ。 次回紹介する食事もろとさん好み~的なメニューかも♪
一泊@10500(一番狭い屋根裏風の部屋)からで部屋の広さで宿泊料が変わってくるけど
充実していると思います。

夜逃げの思い出は、そうだね~ ろとさんが書いてるように3000円で
吊られていたのかもね、バイト諸君!だって会話も何もなくて知らない内に
いなくなってたんだよ!彼らも夜逃げしたと思われます(爆)
Commented by satomi-kazu at 2011-05-24 13:13
ポルちゃん、宿のクチコミですよね・・・あたしだけこっそり読んでみまっす(爆)
恐ろしくて宿名は明かせないわ、ここでは(ギャハハ~)でも斑尾って
近くに温泉あったかな?私は二度と足を踏み入れない場所だろうなぁ・・

渓山荘は、CPがとっても充実している宿だと思います。ていうか乗鞍って
比較的、宿泊料金がどこも安めの設定だと思うんだよね。あの料金で
お風呂もすごく良かったし、ご飯も心がこもってる感じで美味しかったよ。

20代のあたしっ・・・性格も今ほどひねくれてなかったような^^;
戻りたいねぇ~
Commented by 波菜 at 2011-05-24 14:19 x
satomiさん今日は~(^^)/興味津々な夜逃げのお話し、、、正直言ってとても驚きました!satomiさんのご経験もさることながらペンションオーナーさんの経営の仕方、、、あるんですね、、本当にこんなことって。
先にいらしたバイトの方々がいなくなっていた、、というのも頷けてしまいますね。satomiさんがいなくなってからオーナーさんはどうしたのでしょうかね?けれど貴重な体験と言おうか普通では経験し得ないような事を体験なさったsatomiさん!読んでいて楽しかったです(^^)☆
お若い頃のお写真も拝見しました!これで国立でもしもすれ違ってもなんとなく気づくような気がしました。ウフフ~
Commented by satomi-kazu at 2011-05-24 23:44
こんばんは!波菜さん。こんな事・・・あるんですね~^^
当時のじいちゃん、ばぁちゃんはよく考えてみると、もしかしたら
雇われたご夫婦だったのかもしれないですね・・・よくあるじゃないですか?
夫婦で住み込み勤務とかって・・・今思い出してみてもあの老夫婦は
オーナーじゃなかったような気がします。

そのペンションでの苦い思い出を胸に、戻った白馬では楽しいバイト生活を送れました♪
笑顔いっぱいの写真も全部白馬のペンションでのものなんですよ!

国立でもしも見かけたら声かけてくださいね~^^
Commented by 船山史家(ジャンキー) at 2011-05-25 07:43 x
satomiさん若っ!!
しかもキュート!!
アイドルかと思った。

私は相撲部屋の新弟子が部屋を脱走したようなネタを想像していたんでしたが、そういうことでしたか。
大脱走を幇助してくれた向かいのペンションさんは現在どうしておられるんでしょうかねぇ。
何だか渓山荘さんと全然関係ないネタでスミマセン。性分なモンで。
Commented by satomi-kazu at 2011-05-25 21:51
すっすっ相撲部屋!!(大爆笑)
ですよね~ 今の私をご存知の史家さんだったら相撲部屋の連想は間違ってないですなぁ(ギャハハ)

>satomiさん若っ!!
そりゃね♪ なんてたって四半世紀前ですから(爆)

今度は是非史家さんの四半世紀前頃のお写真を載せて下さいよ(^^)v

Commented by まっぴい at 2011-05-26 16:32 x
「たてしな薫風」で検索し、拝見させて頂いてます。素敵な写真が載っているblogですね☆
来月一泊してきます。予算重視のため、じゃらんの一番お安いプランなので、風呂なし部屋ですが、blogよんでて、ラウンジの居心地のよさとか楽しみになってきました♪ぼーっとしたいですね。
そこで、もしよければ、幾つか質問したいので、分かれば教えて頂ければ嬉しいです!
初蓼科、いや、正確には初長野なのですが、当日は東京より高速バスで行きます。現地の足も公共機関を利用。路線バスやタクシーメンイになると思うのですが、利便性的にどうでしょうか?(車はペーパーなので恐ろしく、やめときました。)
また、行きたい所は、バラクラガーデン・ピラタス・陶芸体験・おいしい蕎麦屋なのですが、アドバイスや、おいしい蕎麦屋等なんでも結構です、教えてください!
Commented by satomi-kazu at 2011-05-26 22:03
まっぴいさん、こんばんは!初めましてです♪
たてしな薫風に行かれるのですね!あの宿のメイン?はラウンジ!!
だと私は思っています。大型のマッサージチェもあるのでぼっーーと寛ぐには
最高の場所だと思いますよ。私はあの空間が好きで何度もひとりでソファに腰かけてたりしてました!

さてご質問ですが、薫風に行ったのは2度共真冬だったのと、ウチは
車での訪問だったので、路線バスなどの情報は詳しくないのです。
ゴメンナサイ。宿に電話して聞かれるのがBesTかなぁ^^
利便性的に?となるとやっぱり自家用車の方が断然便利とは思うんだけど・・
ピラタスも薫風からかなり距離がありますよ。

それとお蕎麦やさんですが、諏訪ICから9キロの場所にある「長寿更科」が美味しいんだけど、ここもバスだと行くだけで大変そうなんですよね。

なんだかあまり参考になってないなぁ・・・ゴメンなさいね。

ただ薫風のスタッフさん達はとっても親切なので、初長野!ってことで
色々事前に聞いたらちゃんと答えてくれると思いますよ♪ 良い旅を^^
Commented by きくぞう at 2011-05-29 21:30 x
こんばんは。

ブログでは、はじめまして。

興味深く読ませていただきました、夜逃げの話(笑)
老夫婦が妖怪のように思えてきましたね。
こういった、裏玄関から入らないと聞けない話は貴重
ですね。
自分も、宿で遭遇したオヤヂネタを書いてみよーっと。
Commented by satomi-kazu at 2011-05-29 22:29
きくぞうさん、こんばんは!ご訪問ありがとうございます♪

あの老夫婦、当時既に70代間近って感じでしたので・・・25年経った今は?
どうされているでしょうかね?(ハハハ~)

きくぞうさんが遭遇したオヤジネタも是非是非拝見したいものですね~^^;

あっ!!話し変わりますが、日本酒は何か買われましたか?
旦那がすこーしばかり気になっていたようです^^;
名前
URL
削除用パスワード


<< 乗鞍高原 カントリーハウス渓山荘Ⅲ      乗鞍高原 カントリーハウス渓山荘Ⅰ >>