人気ブログランキング |

ずっとそばに 

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 05日

奥飛騨新平湯温泉 郷夢の宿 山ぼうしⅠ

f0208112_15544240.jpg
奥飛騨方面 2泊目は新平湯にある宿

郷夢の宿 山ぼうし

奥飛騨は3軒ほどの候補宿があったんだけど

あーでもない、こーでもないって悩んで

結果 この宿に決定。

じゃらん評価は5点満点で4、9。

評価が良いに越したことは無いですが・・・

さて、いかに。



f0208112_15592534.jpgf0208112_15593644.jpg
奥飛騨らしい古民家風の建物

全部で10室ですが

宿の敷地は驚くほど広かった。



f0208112_1635514.jpg




f0208112_164932.jpg



ロビー、天井も高く立派な梁

まだ新しい宿らしく館内はとても綺麗です。



f0208112_169264.jpgf0208112_169199.jpg
パブリックスペースは充分過ぎるほど^^;

左、暖炉が置かれたスペースで
チェックインの記帳。

右、民芸調の家具や小物が置かれた部屋。

雰囲気は抜群!!なんだけどねぇ・・・

利用頻度が無い分・・・どーなんだろ?
こういうスペースが有り過ぎるってのも。



f0208112_16172211.jpgf0208112_16173760.jpg
カウンター隣の談話室?

此処は新聞などが置かれていたので

朝食後にコーヒーを頼んで(有料)
しばし寛ぐ。



f0208112_1621229.jpgf0208112_16214051.jpg
敷地が広大なので、パブリックスペースが

多いのも頷けるが、たった1泊では

そういうスペースで寛ぐにも無理がある。

あっちも!こっちも!な~んて動き回る
元気もないし^^;

こういう宿は連泊してのんびり感を満喫したい。



f0208112_16274676.jpg
ロビーから宿泊棟に向かう途中にも、こんなスペースが。

此処は自由に使えるパソコンが置かれていたり

ちょっと興味深い本などがあったりと・・・

私達の部屋からも近かったので、パソコンを使わせてもらった。



しかし・・・広い。さぞかし掃除が大変だろうなぁ

見かけただけでも7、8人のスタッフがいたから
この宿の稼働率は相当高いと思われる。

平日のこの日も10室中、7組のお客さんだったようだ。



f0208112_16423128.jpgf0208112_16425119.jpg
若くて、元気ハツラツなスタッフに案内され部屋へ

8畳間プラス囲炉裏の間付の「薊」(あざみ)

あざみって・・こういう字だったのね^^;



f0208112_16473557.jpg

山ぼうしの部屋は全てに囲炉裏の間が付いています。

私達の部屋は一番狭い8畳間だったけど二人には充分。

広縁スペースも広くて、快適だった。

窓からの眺望も良かった。


空気清浄器も最新のものが置かれていて◎♪



f0208112_16522233.jpgf0208112_16524725.jpg
8畳間から見た囲炉裏の間

実際に火をおこすことも出来るので寒い冬場は
使用頻度も上がるだろうけど・・・

春先や夏場には?

結局私達には単なる荷物置き場的なスペースに
なってしまったんだけど、風情は確かにあった。

8畳だけのシンプルな和室に色を添えていた。



f0208112_1704546.jpg
部屋の天井もこの梁・・・圧巻な造りです。

この後 お風呂や食事の内容を思い出しながらアップしたいと思ってますが
この宿に泊まった感想を先に書いちゃうと・・・

なんかね、不完全燃焼?っていうか・・・
うわぁ~~♪っと感動したり、すごぉ~い♪って感激したり

そういうのが無かったのが正直なところ。
夕飯の飛騨牛も然り・・・

いや、いい宿だと思いますよ。スタッフの対応も親切丁寧だし
平日宿泊費@16800を考えたら充分納得のお値段。

あの施設や貸し切り風呂等を鑑みたら、むしろ安いくらい。

なんですかね? 私達夫婦の求めるものが増幅し過ぎてるんでしょうかね?


贅沢病ですかね? (ハハハ~)


by satomi-kazu | 2011-06-05 17:18 | 新平湯温泉 郷夢の宿 山ぼうし | Comments(9)
Commented by 船山史家(ジャンキー) at 2011-06-05 17:33 x
すっ、すっ凄ぇなここ。
概観は代官屋敷か奉行所か。
天井の梁に軒猿がいそうだし。
パブリックスペースはハリウッドの洋画で日本人の悪役がダークスーツで取引してそうですね。
囲炉裏の間は座敷牢みたいだけど。
何だか映画のセットみたいです。重厚過ぎて果たして寛げるかどうか。
Commented by ろと at 2011-06-05 21:19 x
satomiさん、贅沢病です。(爆)
でも、頭の中ではどうしてもこの価格帯、この料理、とか比較しちゃうんだよね~。

私も、コッテコテの秘湯系が好きになってしまったのでそのようなお宿でははなっから期待してなかったりします。でも、結果的に良かった~と満足のことも多いです。難しいよね~、鶴の湯のお湯でお料理は、、ってなかなか最強のとこはなかなかないですよね。九州あたりなら巡りあえそうな気もするけど。
Commented by satomi-kazu at 2011-06-05 22:26
史家さん、>何だか映画のセットみたいです
そうそう、まさにそんな感じですね。全部がパーフェクと・・・っていうか
ソツなくて、完璧。スタッフもマニュアル通り抜かりなく接客。
そういうのが悪いってわけじゃないんですけどね・・・なんて言うんだろ?
寛げなかったっていうのも違うし・・・なんかこうもっと田舎臭くてもいいんじゃない?
って感じのした宿でした。

>囲炉裏の間は座敷牢
ギャハハ~ 全く旨い事言うし(爆)私が書いた記事より面白いコメントは
やめてくださいよ!(爆笑)
Commented by satomi-kazu at 2011-06-05 22:35
ろとさん、贅沢病ですかね、やっぱり^^;でもさぁひとり2万も3万もする
高級旅館に泊まりたいってわけじゃないんだよ~

なんかね、今回は二人しておんなじような感想持っちゃって・・
「さらの木でいいか・・私達は」ってね。

まぁいろんな処に行ってみたいって気持ちもこれから先無くならないと思うけどね。

秘湯系の宿やお風呂にもすごく興味あるんだけどさ・・私の場合は
お風呂の選択肢がね・・・大浴場ひとつだけっていうのは、まだちょっと無理。
部屋にお風呂が付いてなくてもいいけど、最低限貸し切り風呂がないと
人目を気にしないで入れるお風呂がね。 そういうのを基準に
宿選びもしているんだけどね・・やっぱり行ってみないと解らない!
これに尽きるね、どこも。
Commented by カズ at 2011-06-05 22:50 x
奥飛騨も3軒目の宿
ここが最初の宿だったら感動したかも。
奥飛騨の料理、飛騨牛。岩魚、山菜。
普通の調理法で予想通りの料理
前の訪問での、ふき味噌にクリームチーズのような驚きを期待していたのかも。
3軒では最高の設備と雰囲気。
白骨で感動して、乗鞍で白濁の湯に入った後で、新平湯では見晴らしの良い風呂も期待出来ず、感動無かったのも事実。
食事処も囲炉裏の温度管理が無かったので、飛騨牛の焼きがイマイチ
折角の釜炊きのご飯が冷めていては感動も無し。
さらの木、やまざくらの夕食を当たり前に感じるのは贅沢かな?
Commented by ポルポ at 2011-06-06 21:42 x
satomiさん、こんばんは~
山ぼうしレポ、待ってました~♪
・・・と、satomiさん的にはしっくりこなかった宿だったのですね(^^ゞうーん、贅沢病かぁ~。
私達っておそらく周りの友達や職場の同僚とかと比べると明らかに宿に泊まる頻度も高いし、確かに目が肥えてしまっている部分はありますよね。
この価格帯だったら、、みたいに今まで宿泊した他の宿と比較してしまっている自分がいるのも確か。
それがいいんだか悪いんだかよくわからないですね…

自分のスタイルに合った宿って人によってそれぞれで面白いですよね、ここって自分にぴったり♪っていう宿を探していくのも旅をする楽しみの一つなのかなぁと思います^^
satomiさん達のベストはやっぱりさらの木でしょうか^^♪

ところで、カズさん仰ってますが、飛騨牛の焼きがイマイチだったんですか???
個人的にとっても気になります(^艸^)えへへ
Commented by satomi-kazu at 2011-06-06 23:41
ポルポさん、こんばんは!
山ぼうしねぇ・・・奥飛騨らしさ満載の良い宿だと思ったよ^^
自分達にはしっくりこなかっただけで、クチコミ評価4、9は間違いでは無いと思いました。

ただ、今回は料理やお風呂の写真を撮りながら・・・うまく表現できないんだけど
虚しくなってきたっていうか・・・何やってんだろ?って。
いや、実際には自分たちの思い出としてカメラに収めておけば後後になって
思い出して楽しめたりするから、撮影するっていう行為は必要ではあるんだけど・・・

なんだろうね・・ホントうまく説明できないや^^;

そう・・帰路で旦那と「部屋にお風呂があって、料理も美味しくて
パブリックスペースは無いけど、行けば心から安らげる空間のある
さらの木が私達には一番の宿だね」って確認し合えたっていうのが別の意味での収穫だった。

飛騨牛はね、囲炉裏で焼くんだけど炭が燃えていなくて新しくしてもらっても
なかなか熱くならずに、いつまで経っても焼けないから肉を前に指くわえ状態だったの。

あれはイマイチだったよ~~^^;せっかくの飛騨牛が・・・
Commented by 波菜 at 2011-06-09 12:16 x
satomiさん今日は。少し出遅れてしまいましたがじっくりと見させて頂きました(^^)/とっても素敵なお宿ですね、、、ロビーや暖炉のお部屋なんかの雰囲気がとても素敵!!、、、でもsatomiさんご夫婦はシックリこなかったようなのですね?
実際に泊まってみないと気づかないことも沢山あるのでしょうね。私奥飛騨って飛騨高山と同じだと思ってまして、あの白川郷で有名な場所です。だけど違うのですね(^^;;奥飛騨周辺はsatomiさん達も行かれた上高地が行き易い観光地なのですかね?
Commented by satomi-kazu at 2011-06-10 21:57
波菜さん、こんばんは!いつも見てくれてありがとう~♪嬉しいです^^
この宿・・ホント良い宿でしたよ!素敵でした!素敵過ぎて?なぁ~んて
やっぱり贅沢病なんでしょうね^^;

飛騨高山と奥飛騨が同じ!! なんとっ(爆)私もそう思ってました~数年前まで^^
私とおんなじような人がいたんですね~(ニヤリ)

奥飛騨や乗鞍からは上高地は外せない観光地ではないかな?距離的にも
そう遠くないし私の写真なんかよりも現地の景観は素晴らしいですよ!
波菜さんも機会があったら是非♪
名前
URL
削除用パスワード


<< 奥飛騨新平湯温泉 郷夢の宿 山...      2年振りの上高地 >>