人気ブログランキング |

ずっとそばに 

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ
2013年 12月 17日

湯田中渋温泉 外湯巡り

湯田中渋温泉 外湯巡り_f0208112_227133.jpg

夜の、金具屋さん・・・

優美な姿で、温泉街に佇んでいました。

建物だけ見れば・・(笑) 他の旅館とは
一線を置いて特筆していました。
(あくまで個人的感想)

ちなみに、今回私達が宿泊したのは
金具屋さんではありません。


渋にある9つの外湯には、チェックイン直後から
夕食までの間と、夕食後の夜に巡りました。


夜は、さすがに寒かったです。

9つの外湯 入浴したのは5つ
残りは写真に残しただけです。



番号順に載せます。 1番湯  木枠の渋い湯船です、雰囲気たっぷり。 9つの温泉は一番大きな「大湯」以外は、さほど大きな湯船ではありません。 
ちなみに、カランもありません、もちろんシャワーも無いので、ただただ湯船に浸かるだけです。 手をつけてみたけど激熱で(笑)入浴は断念しました。


湯田中渋温泉 外湯巡り_f0208112_22173166.jpg湯田中渋温泉 外湯巡り_f0208112_22191368.jpg


2番湯 タイル仕様で小さい湯船でした。 2人入ったらいっぱい位の大きさなので、他の人と一緒になるとちょっとツラいかな・・・ここも熱っつい!!

湯田中渋温泉 外湯巡り_f0208112_22281333.jpg湯田中渋温泉 外湯巡り_f0208112_22282732.jpg


3番湯 綿の湯 ネーミングが良いですねぇ  外歩きしてるので寒くなって、湯船に浸かりました。 誰も入ってこなかったので、お水を出しながら(笑)

湯田中渋温泉 外湯巡り_f0208112_2231771.jpg湯田中渋温泉 外湯巡り_f0208112_2234487.jpg


4番湯 ここも入浴しました。 kazuさんが出てきたら年配の紳士がふたり・・「熱かったですか?」「ハイ、熱いですよ」「じゃ、スタンプだけ押して行こう」 
湯巡りスタンプを@300で購入する手ぬぐいに皆さん押しています・・・こういうのには全く興味ない私達。 皆さん、入口の前でVサインで写真を撮られてました。


湯田中渋温泉 外湯巡り_f0208112_22373013.jpg湯田中渋温泉 外湯巡り_f0208112_22374556.jpg


5番湯 ここもタイル仕様 木枠とタイルは半々の割合だったでしょうか。 お湯の感想は、まず「熱っつい!!」が先に立ちますが(笑)
お湯の感触や色、匂い・・みんな違う!驚きました。9つ全部源泉が違うかどうかは定かじゃないけど、確かに数種類の源泉から引いていると思いました。


湯田中渋温泉 外湯巡り_f0208112_22443874.jpg湯田中渋温泉 外湯巡り_f0208112_22492395.jpg


6番湯 「姉さん!事件です」(笑) あははは・・・そう、この6番湯で思い出に残る^^;忘れられない出来事に遭遇しました。のちほど詳しく(笑)
大湯の次に大きな湯船で、風情もあってすごく気に入ったお風呂でした。 湯の花もたっぷりでねぇ・・・なのにねぇ・・・(笑)


湯田中渋温泉 外湯巡り_f0208112_2253229.jpg湯田中渋温泉 外湯巡り_f0208112_22535015.jpg


7番湯 上の6番湯と比べてみてもハッキリしてますが、お湯が無色で透明感がありました。 やっぱり激熱・・・渋の湯巡りは激熱との戦いですかね(笑) 
どの湯船も小さ目なので、湯温がなかなか下がらないのでしょうね。


湯田中渋温泉 外湯巡り_f0208112_233171.jpg湯田中渋温泉 外湯巡り_f0208112_2332994.jpg


8番湯 おっ!若者~(笑) 楽しそうにスタンプ押してました~ 他にも女子大生風な女の子のグループなど、たくさん見かけました。
若い人達にも温泉文化って浸透してるんですねぇ  この湯船も雰囲気あったなぁ


湯田中渋温泉 外湯巡り_f0208112_2315485.jpg湯田中渋温泉 外湯巡り_f0208112_23104788.jpg


さて、一番最後は、一番人気?の 9番湯 大湯です。 私は2回入りにいきましたが、その度に適温。そう、人が入れ替わり立ち代わり入ってくるので、
激熱ではなくて適温なのです。湯船も2つに分かれていて7、8人は一度に浸かれますかね。この淡い茶褐色のお湯に惚れ惚れ~です^^ 一番人気なのも頷けます。


湯田中渋温泉 外湯巡り_f0208112_23194715.jpg湯田中渋温泉 外湯巡り_f0208112_23201892.jpg


湯田中渋温泉 外湯巡り_f0208112_23254539.jpg
外湯巡り・・・ 噂に違わず激熱の渋温泉に、ビックリするやら楽しいやら
でも、こんなに湯温が高いと、入浴するにも気をつけないといけないなと感じました。
特に冬場は外気温がとっても冷たいので、高温のお湯に浸かるには注意が必要かと・・

そして、私の忘れられない体験ですが
誰も入っていなかった6番湯 とにかく熱くて熱くて足をふくらはぎまでいれるのがやっと。
蛇口をひねってお水を足していたら、地元のご老人が入ってきました。
(多分、私の母親よりも年齢は上かと思われます)
目を疑いたくなる光景をまず目にしました。
いきなり、掛け湯もせずに湯船に入ってきたではありませんか・・・
しかも、ちょっと年季の入った小さなタオルを湯船に入れて、身体を擦り始めました。

私は、それを見た瞬間、もう気持ち悪くなってしまって、湯船から出ようとした瞬間・・・
信じられない光景をまたもや目にしたのです。
なんと、おばあちゃん、ガッーーぺッぺッと、唾を吐きだしたのです。
湯船の中に吐き出したらさすがに怒鳴ってやろうかと思いましたが、湯船に浸かりながら
外に唾を吐いたのです。 しかも、次の瞬間私の方を見て
「そんなに水で薄めたら、温泉じゃなくなる」と、チクリ・・・・

いやー・・・公共のお湯、しかも無料で入れるお風呂の管理体制や
その他諸々・・・考えさせられる出来事でした。
私は、たまたまそのおばあちゃんに出くわしてしまったけれど
多分・・・あのおばあちゃんは日常的に外湯を利用しているのは間違いなく・・・
毎晩おんなじようにお風呂に入りにきてるんだろうなぁ・・・(遠い目)
風情があって、いいお湯だったから余計にがっかりしました。



湯田中渋温泉 外湯巡り_f0208112_2341359.jpg

お猿さんも、「掛け湯をしてから入りましょうネ!」

って言ってるじゃないですか。

観光客向けのこのポスターも、なんだか虚しく映りましたね。

入浴マナーの問題は、観光客だけに呈するのではなく

地元の人にも是非促してもらいたいと思いました。

自分の母親よりも年上の、迫力満点のおばあちゃんに
対向する言葉も出てこずに、私は6番湯を出てきました。



    「次は、何番のお風呂にする~?」 キャッキャッと若い女の子たちが楽しそうに湯巡りしていました。 浴衣に丹前・・・
    下駄の響く音が、とっても風情を掻き立てる、素敵な温泉地でした。 外湯巡りでの思い出や、泊った宿でのちょっとした衝撃など(笑) 
    個人的には本当に忘れられない思い出がたくさん出来た温泉旅行一日目でした。 長々とすみませーん^^

湯田中渋温泉 外湯巡り_f0208112_2350363.jpg

                                     9番湯には絶対にまた入りたいわ♪
湯田中渋温泉 外湯巡り_f0208112_23572940.jpg

                                 

by satomi-kazu | 2013-12-17 00:11 | 信州 湯田中渋温泉 | Comments(20)
Commented by 雨曇子 at 2013-12-17 12:56 x
渋温泉外湯完全ガイドありがとうございました。
これ以上ないほどの完全ガイド、堪能しました。
ちょっと熱過ぎるようですが、とろみ感、ぬめり感があって、まさに天然温泉の醍醐味という感じとれます。
行くことがあれば、6、7、8、9と、入ってみます。
いずれにせよ、「すばらしーい」の一言に尽きる力作です。
Commented by satomi-kazu at 2013-12-17 19:36
雨曇子さん、こんばんは!
9つ全部入浴したわけじゃないので、お湯の感触などの感想は書けません。
ただ、どのお風呂も湯治場の雰囲気が有り、激熱だったこと(笑)観光客だけでなく
地元の人達も常に利用する公共のお風呂であること・・・
次回、渋温泉に行く事があれば、私は、8番9番のお風呂だけでいいかも。
6番はトラウマになりました(笑)
Commented by みみん at 2013-12-17 23:27 x
渋温泉外湯巡り、私も行った気分になれました♪
satomiさんが9つ全て写真に収めてきて下さったおかげです♡
ありがとうございます♡

それぞれにお湯が違うのには驚きました。9つ巡る価値はありますね^^
タイルも良いけど木枠の方がより風情がありますね。
でも私は熱いの苦手だから厳しいかもです〜^^;
それとやはり読んでいて外湯巡りは…。
写真見られただけでもう満足OKです(笑)

先日も新聞の投書欄に「某有名温泉の外湯で散々だった。楽しみに行ったのに」との苦情が載っていました。
やはり地元の方と軋轢があったそうです。

今後、五輪もあることですし、海外からのお客さんも多くいらして益々色んな意味で話し合いが必要になるかも知れないですね。
、、、と真面目にコメントしつつ、
「やっぱり金具屋さんは絵になりますな〜」と1人呟いてしまいました^^
Commented by satomi-kazu at 2013-12-18 01:05
みみんさん、どうも♪
>9つ全て写真に収めてきて下さったおかげです
多分ね、激熱で皆入るのを躊躇しちゃったんじゃないかな
どのお風呂も、誰もいなくて(9番湯以外)余裕で写真撮れたのよ。
まぁあの温度は、我慢大会じゃないんだから水で薄めないと入れないしね。草津の外湯の方が適温かもね、あと別所も。

>でも私は熱いの苦手だから厳しいかもです〜
うん、薄めてもまだ結構熱いからね、みみんさんには厳しいわね^^;
そういえば別所の部屋風呂・・・なんかね、ぬるかったんだよねぇ
渋の翌日ってのもあったのかもしれないけど、湯口からの湯量が少なかったような気がする。
誰かのブログでは、花屋の内風呂は熱くて入れないって書いてあったから 
えーー!この温度のどこが熱いの~?って感じだった^^;

>それとやはり読んでいて外湯巡りは…。
(笑) 私も今回の件で外湯はかなりトラウマになっちゃいました。
これで、これから先の宿選び、部屋付風呂の宿に加速かな。

難しいね、やっぱり公共浴場って・・・管理も大変だろうなって思うよ。

金具屋さん、さすがに素晴らしい外観でしたよ。中身は別として(笑)私泊ってないから解らないし~
Commented by 雨曇子 at 2013-12-19 10:51 x
渋温泉外湯「6番 目洗いの湯」は、「トラウマばあさんの湯」としても一躍名を馳せましたが、温泉自体は、木製でかなり広く、なかなか風情がありますね。
「とろみ感があって、無色透明、肌触りがよい」と、「熊谷温泉ーTOK2,com」というblogではかなり褒めています。
satomiさんが、「ゴメンネー、ゴメンネー。あんまりアッチッチーだもんで」と言って、同じように唾をペッペと吐いたらよかったのに。
Commented by satomi-kazu at 2013-12-19 19:09
雨曇子さん、「トラウマばあさんの湯」あははは~ ホントに面白いこと言いますねぇ(笑)
でも、まさしくその通りの忘れられない6番湯になってしまいました^^;
他の方のブログで書かれている通りの、とろみ感!肌触りがよい!本当にそうなんですよ。
湯力は抜群だと思っています。 

「そんなに水で薄めたら温泉じゃなくなる」と、トラウマばぁちゃんに云われた時に、取り敢えず小声で答えたんですよ(笑)

「だって・・・熱いんですってば・・・」 聞こえてなかったでしょうね(笑)
Commented by みのり at 2013-12-21 15:34 x
わーい♪ぜーんぶ載せてくださってありがとうございます。
不思議ですねえ。温泉の画像って見ているだけでほこほこぬくぬく気分が味わえます(^-^)
でも、ここはほこほこぬくぬくどころか、激アツなのですね(^^;)
私はどちらかと言うと、温い方が好きかなあ・・・・。
のぼせやすい体質みたいで、仲良しの温泉トリオででかけると必ず一番先にギブアップ(笑)です。
なのでいつもバスタオルを持って行って、露天の浴槽の縁に腰掛けて肩にバスタオルをかけておしゃべりしています。
後ろから見たら、リングサイドのレスラーに見えると思う・・・・・(≧∇≦)何せガタイがいいものですから。

話が逸れました(^_^;)
地元の方と交流できるのもこういう施設の醍醐味でしょうけど、強烈な方と遭遇されたものですねー。
かけ湯ナシは100歩譲って、どこかで洗ってからこの湯船に来たのかなーって無理やり(笑)思うとしても、お湯の中でタオルゴシゴシは許し難いですよね。
無料っていうのが・・・・善し悪しなんですかね。
Commented by satomi-kazu at 2013-12-21 22:08
みのりさん、ふた山目は無事に越えたのでしょうか?気になってましたよ~^^

湯田中渋温泉はまだ行かれてなかったですか?
ウチは昨年、上林温泉に泊った帰りに通っただけで、今回が初めて。
外湯での強烈な経験は(笑)きっと生涯忘れないだろうけど(いや、いや、実はホントにかなりトラウマ^^;)
好みで言えば、キライではない温泉地でした。 みのりさんと反対で私はどっちかというと熱いお湯が好きで
ほどよい濁り湯加減がすごく良かったんですよ。なので、再訪は有ると思います

タレントの、マルシアさんが言ってた言葉があるんです。
「他人と同じ浴槽&お湯に浸かるっていう日本の習慣だけは理解出来ない」って
なんとなくね・・ああいう光景に出くわしてしまうと(湯船で身体ゴシゴシ&ガーッペッぺッ)
マルシアさんの言った言葉も充分理解出来ちゃうんですよね・・
しばらくは、共同湯はちょっと無理かもしれません。部屋付き風呂か貸し切りがある宿じゃないと・・・
こう見えて(笑)かなり神経質なところがあって、ここ数年特にそう感じるようになってしまいました。

みのりさんはそういう感覚ないですか? もうね、電車のつり革も直に触れなくなってしまって・・
Commented by みゆみゆ at 2013-12-22 07:28 x
satomiさん
おはようございます。

体調すぐれないようで大変ですね(--)
またご連絡します。

Commented by 雨曇子 at 2013-12-22 10:45 x
これだけ自分と向き合えるのは(不調な自分と)
すごいなあ。

作家魂というか・・・、
satomiさんは、深く自分を見つめ、
真摯に生きているのだと思いました。

私などはまだまだ甘い。
自分を見つめていない。
いいかげんに生きている。
そんな反省に駆られます。

やはり、魔というものは追い払わねばなりますまい。

satomiさんは決して情けなくない。
ご自分を信じて、ご自分の治癒力を信じて、
前進あるのみです。
Commented by 雨曇子 at 2013-12-22 11:32 x
追伸
冬至の日に、息災を祈るため柚子風呂をたてる風習があります。

さめかかる肌に柚子湯の匂ひけり  長谷川かな女

“冬至粥”は、小豆(あずき)の粥で、「病魔を払う」とされています。
Commented by waky at 2013-12-22 12:53 x
>satomiさん

最新記事の投稿タイトルに、心情が表れていますね。お察しします。

苦しむ人(病気であれ、精神であれ)の周囲の人は、当事者の事をわかってあげられない。助けにならない・・という言葉はその通りだと思います。
そして、一方では、当事者の苦しみを理解して助けてくれなくとも、誰かがいて、自分の声を聞いてくれるだけで、何かの足しになっている・・というのも本当だと思います。

精神論なんてくそくらえ!という気分の時に、それがどれだけプラスになるかは、わかりませんが・・・。

辛くて仕方がない時に、自分に寄り添って「我が事のように」悲しんでくれる人が、誰かいれば違いますね。たぶん「1人で辛い」よりは良い気がする。

辛い事に変わりはないですけどね。

このブログもsatomiさんにとって「吐き出す場」としての役割を果たしているのかな、と。コメント欄にはsatomiさんに寄り添う気持ちがある人がたくさん集まっている。うらやましいですよ、正直^^;

好調な時ばっかりじゃないですね。人間ですからね。
Commented by みさ at 2013-12-22 20:19 x
こんばんは。
以前、ここにコメントして、
励ましていただいた、みさです。

そんな人間だもの、笑ってばかり
なんていられません
つぶやいたって、ネガティブだって
いいと思います
そうさたいときは、そうすれば
いいんです。。ここには、それを
わかってくれる方々がいますね。

わたしは明後日、手術です
まだまだ不安のるつぼにいますが
術後に主人と温泉にいくことを
約束しました
Commented at 2013-12-22 21:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2013-12-23 13:14 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by satomi-kazu at 2013-12-24 21:35
みゆみゆさん、雨曇子さん、wakyさん、みささん、鍵コメさん、皆さまにご心配かけて本当に申し訳ありませんでした。
まとめてのコメント返しも大変失礼なのですが、ごめんなさい。

日々の体調の変化やこれから先も続く治療など・・いろいろ考えていたらいつになく落ちこんでしまいました。
自分のブログで書くことで、皆さんから同情されたいとか、何か言ってもらいたいとか
そういうつもりでは無かったのですが、結果、このように皆さんから暖かい言葉を毎回掛けてもらって
私は幸せ者だなと感じています。

私のブログは、こんな風にその日その時感じたこと考えたことを、ストレートに書いているフリーダイアリーみたいなもので
自由気ままなこのブログに、皆さんから頂戴する暖かい言葉は、嬉しいやら申し訳ないやら・・・

今は、正直まだ性懲りも無く落ち込んでいますが(笑)またしばらくすれば
気持ちだけでも立ち上がっていると思います。

ありがとうございました。
Commented at 2013-12-25 16:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by satomi-kazu at 2013-12-25 23:10
鍵コメさん、帝劇行かれたのですね。

”ずっとそばにいるわ・・・今日も明日もずっと・・・”

何度目かの苗場で、この曲を聴けました。
わけもなく、涙が溢れて止まりませんでした。

ありがとうございました。
Commented by みのり at 2013-12-25 23:20 x
あら・・・↑のコメントを見たら、satomiさんリアルタイムですね(^-^)
同じ時間に同じページ上でキーボードに向かっているんだなあ、って思っただけで嬉しくなりました。

ご自身が辛い思いをされていたのに、私などのヤマのことまで気にかけてくださって本当にありがとうございます!
ここに集っておしゃべりをさせていただくことが、とっても嬉しいのです。
satomiさん、何度も申します(^-^)
ありがとうございます。

こうしてまたキーボードに向かっていてくださって、ありがとうございます。

Commented by satomi-kazu at 2013-12-26 11:12
みのりさん、こんにちは。
いつも気にかけて頂いてありがたいことです。感謝しています。

まるでジェットコースターです(笑)自分でも疲れ果ててます^^;
ケセラセラ~と、どんより落ち込みモードの繰り返しで体力より精神的にやられちゃいそうです。

でも、こうしてお喋りできることは、気づかないだけで私にとっては精神安定剤になっていると
心底感じている今日この頃です。

寒さも増して年末寒波ですね、関東よりも寒いのでしょうか・・どうぞご自愛されて
ご家族と穏やかなお正月を迎えられますよう。
名前
URL
削除用パスワード


<< 投稿タイトルなんて無い      2013プチ忘年会♪ >>