ずっとそばに 

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 23日

四季味亭ふじや ②


f0208112_11102072.jpg

             ふじやさんのお風呂は、2か所。 男女別の内湯と露天です。 チェックイン時から夕食の時間までは各部屋で貸し切りで入れます。
             夕食まで3時間あるので、満室(6組)でも大丈夫そうです。 夕食後は男女別のお風呂として朝の9時半まで
             いつでも入ることが出来ます。 貸し切りの時間はお宿から決められていて、〇〇さまは、何時から何時までの
             40分間でお願いします!と事前に言われます。


f0208112_11175067.jpg

部屋着の作務衣はとっても着やすくて
タオル掛けも大きくて良い♪


バスローブは使いませんでしたが
バスタオル同様に厚手で良い♪


浴場にバスタオルは沢山用意されてたので
手ぶらでダイジョウブ。

アメニティも色々揃ってました!



f0208112_1128255.jpg
内湯  どちらも左右対称で同じ造り。
露天風呂の大きさだけが、少し違っていました。
さほど大きな湯船じゃなく一度に大人3人くらい浸かれるかなぁ
他のお客さんと一緒だとちょっとキツイかも? まぁ満室でも6組なので
混み合うことは無いとは思いますが・・やっぱり貸し切りがいいね^^;

f0208112_11295273.jpg


露天風呂  似たような造りだけど左の方が大きい。 最近気づいたのですけど・・・岩がゴツゴツと配された露天風呂は
ちょっと足元がおぼつかなくて苦手になってきました(苦笑) これって完全に加齢の影響でしょうかねぇ~  

f0208112_11342638.jpgf0208112_11343844.jpg


f0208112_11421366.jpg
夕食
宿泊した部屋とは反対側に食事処

個室な感じにはなっていますが
隣のお客さんの声は筒抜け・・・
というか、とにかく声の通りがよくて(笑)
何かBGMでも流してくれるといいなと思いました。

運もありますが、お隣のお客さんが賑やかだと
かなり・・・ストレス感じるかも。

私も会話しながら食事するほうだけど
隣の奥さんには負けました(笑)

聞きたくない会話まで聞こえちゃうのよねぇ^^;



                  料理の評判が良かったので楽しみにしていた夕食  最初に配されていた前菜  
                  ひとつひとつ丁寧に作ってるなぁという印象。 味付けはお酒が進むちょっと濃いめな?感じかな、私は問題なし♪
f0208112_11562071.jpg

                  別注できる料理がいくつかありました。 奥日光と同じく^^;湯葉刺しを頼みました!生わさびを擦って頂きます♪ 美味~
                  チューブのワサビじゃなくて生山葵だとなんだか嬉しい^^ 石川県直送の鮮魚を出してくれるので板長さん拘りなのかも!

f0208112_1225833.jpg

                 料理、出来上がった順に運ばれてきましたのでそのまま並べます!栃木和牛A5ランク蒸籠蒸し
f0208112_1632215.jpg

                 肉の下には温野菜がたっぷり♪ 文句ない美味しさ~ 量もちょうどいい^^
f0208112_1671773.jpg

舞茸の土瓶蒸し  違う季節だったら松茸だったかもしれないですね^^; それでも充分にいい出汁が出て美味しかったです♪

f0208112_1691164.jpgf0208112_1692521.jpg


               宿の売りでもあるようです・・お造り  板長さんが修行されてた石川県から直送だそうで。
               白身魚が多くて写真的にはなんだかよく解りませんが(笑) 全部で7種類、 こういう提供の仕方って個人的にはとっても好き。 
               ドカーンと舟盛りはあまり好みじゃないので、ちょっとずついろんな種類食べれて大満足♪ しかもホントに新鮮で美味! 
               生山葵でももちろんいいけど、粒の荒い塩をほんの少しつけて・・・ん~美味しかったです^^

f0208112_16173286.jpg
f0208112_16233131.jpg

              治部煮  私は初めて食べました。 なので本来の?というかどういう味なのか解っていませんけど^^; 
              ふじやさんの治部煮は、煮込まれた野菜や鴨肉は柔らかく、添えられた山葵を混ぜて食べるとまた違った味になるのですが
              なんとなくクリームシチューのような?味でした(笑) 治部煮ってそんな味付けなのかな? いや!美味しかったんですけどね^^
f0208112_16252015.jpg

             料理が美味しいお宿って、お酒(特に日本酒の品揃えが良いように思います)も色々揃っていますね。 
             kazuさん大吟醸の飲み比べを注文。 沢山の種類から3つ選択出来ました。 量もなみなみと注がれて美味しかったようです。

f0208112_163038100.jpg

             テーブル脇では釜飯に火が入りました。 一人にひと釜^^
f0208112_16352072.jpg

             蟹身とカニ味噌のグラタン、パイ包み  洋風のお皿も味付けはどこか和風仕立てなんですよね。 熱々で美味しかった~
f0208112_16375459.jpg

             果物の梨とクラゲの辛子酢味噌合え。 これっ!すごく美味しかった^^ 梨のシャキシャキ感クラゲのコリコリ感 
             絶妙な組み合わせだと思う。 もっと食べたかったなぁ(笑)

f0208112_16411514.jpg

              炊き上がったご飯はサツマイモの炊き込み。 湯葉入りの赤出汁と宿特製の山椒の佃煮 ご飯がススム~
f0208112_1646160.jpg

f0208112_21144372.jpg
最後にデザート  
フルーツと豆乳で作った杏仁豆腐のようなものだったと思う。
なかなか派手な登場だったので(お皿に盛られた生花が^^;)
そっちに気を取られてしまった(笑)

夕食の内容は、最近、少食気味になった私達でも完食したので
(プラス追加で湯葉刺しも頼んでいた) 量的には少な目?かも。
いっぱい食べれる人にはすこーし物足りないかな(個人の感想)


f0208112_21222460.jpg


f0208112_21251972.jpg
翌朝はご覧のような雪景色
天気予報ドンピシャでしたねぇ
朝風呂に浸かりながら初雪見風呂・・・

さぁー朝ごはん! ちなみに・・朝ごはんフェスティバル?
3位、優勝?あらっなんだか楽しみじゃあーりませんか(笑)


f0208112_21282879.jpg


                  いやぁ評判通りの朝ごはんでした^^ 品数も豊富 イカ刺しの美味しいこと♪ 鮎の甘露煮も地味だけど美味
                  卵かけ用の生卵も激ウマでした。炊き立ての白米は、お櫃じゃなくて土鍋炊き、お味噌汁もコンロで温めずっと熱々~ 
                  ふかひれ茶わん蒸しは宿の名物!うまーい♪ ごちそうさまでした! 朝ごはんフェスティバル優勝は伊達じゃありませんね(^^)v

f0208112_21534421.jpg
f0208112_21535986.jpg
f0208112_2273266.jpg
チェックアウト時に、宿の玄関前は、雪国になっていた。
東北道・・・走れるかな?

さて、塩原温泉 四季味亭ふじやさんの感想

今回はふるさと割でお得に泊まれましたが
この価格帯だと、チェックアウトは11時が嬉しいかな。
部屋のお風呂ものんびりできるので、10時アウトは
慌ただしくてちょっぴり残念でした。

食事は、朝ごはんに軍配!だけど、夕食も美味しくて
総じて大満足です。
サラダのドレッシングが2種類とも手作りだったり
そういう細かい気配りとかサービスが嬉しかったな。



f0208112_2215371.jpg
雪だるまになった車の雪下ろし^^;

kazuさんお疲れ~

帰路の東北道は加須から先と外環すべてが
通行止めに(焦った~)
ナビの選択は、常磐道経由
ひゃぁー遠回りだぁ(笑)

でもあの大雪じゃ無理ないね。
無事に帰ってこれただけでひと安心♪

ってことで・・・2週連続で出掛けます(笑)
今週もまたお天気は大荒れみたいです。

ふじやさん、宿泊記おしまい♪




by satomi-kazu | 2016-01-23 22:23 | 塩原温泉 四季味亭ふじや | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : https://satomikazu.exblog.jp/tb/24890370
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ろと at 2016-01-24 15:08 x
satomiさん、私もお風呂に入るときには手すりを持ちますよ~(爆)そんなでも、先日行ったお宿ではすべりそうになりました。(ぬるスベ系だったので)ふじやさん、お料理おいしくてよかったね。ふるさと割りじゃないと、ウチもムリな価格帯です。(笑)

今日は、六本木に行ってました、と言っても、目的はフェルメールだったのでお昼も食べずに帰宅。
ジョエルロブションのパンは買ったけどね。「水差しを持つ女」は、MET美術館の中でも傑作中の傑作だそうです。
4Kで撮影した画像が流れてるんだけど、見事でしたよ。フェルメールなのにすいてました(笑)
今週末、テレビでやるそうなのでそれ以降はわからないけどね。ポストカードの中には、上野の「聖プラクセディス」もありました。世界的には、あの作品がフェルメールと認識されてるのですね。上野の西洋美術館は2末までお休みです、気をつけてね。フェルメールラバーのKazuさんには見てもらいたいな~(撮影禁止だけどね)
帰りは、地下鉄上野口に下りて、私の好きな上島珈琲で疲れをいやして昼すぎに帰宅しました。(笑)
Commented by satomi-kazu at 2016-01-24 17:02
ろとさん、今、美ヶ原温泉の金宇館にきてます〜
確かろとさんも泊った事あったよね〜
宿の雰囲気が凄く良くて気にいっちゃった(*^o^*)

ご飯も楽しみ♪ またまたふるさと割りで(笑)もうね、教えてくれたろとさんに
感謝〜感謝〜です。

隣でカズさんが、何やらコメントしたいそうなのでバトンタッチ(*^o^*)
Commented by satomi-kazu at 2016-01-24 17:12
横から失礼します。

ろとさん、メトロポリタン美術館と書いていただかないと、satomiさんには理解出来ないかも(笑。
メットと言えば「ギャラリーフェイク」が懐かしいです。
DVDを全巻買った思い出が。

フェルメール、「デルフトの眺望」を見るのが僕の夢です、
Commented by 雨曇子 at 2016-01-24 22:03 x
今年の初湯よかったですね。
常磐道経由、kazuさんお疲れ様。
獺祭というお酒はいかがでしたか?
正岡子規は自宅を「獺祭書屋」と名づけたそうです。

さすが「フェスティバル優勝」の朝食は見事ですね。
釜飯はあらかじめ炊けていたものを暖めただけでしょうか?
写真の並べ方とても新鮮でした。
旅行ブログは「ずっとそばに」最高!

Commented by satomi-kazu at 2016-01-25 14:31
雨曇子さん、獺祭はkazuさんが昔から飲み慣れている日本酒のようで
変わらぬ旨さと言っていました。← 実は日本酒オタク(笑)
正岡子規は、獺祭が好きだったのでしょうかね?

夕食のサツマイモの釜飯は、写真のようにテーブルで火を入れて
炊き上げてくれました。
朝食の白米は、大きな土鍋炊きで、炊き立てを頂けました。
宿のご主人が作っている自慢のお米だそうで、とても美味しかったです。

来月は、大歩危トラベルも、伊豆、群馬と続きますね~
行かれた感想がすごく楽しみです!!
Commented by 雨曇子 at 2016-01-25 17:21 x
カワウソが捕獲した魚を並べて置くのを、
詩文を作るとき多くの参考書を広げ散らかすのにたとえて「獺祭書屋」としたらしいですよ。

さて大歩危の旅行も迫ってきました。体調など整えておかねばと、
今からやや緊張しています。
Commented by satomi-kazu at 2016-01-25 22:22
獺祭という名前は単純にお酒の名前としか思っていませんでした^^;
いつも雨曇子さんには、色々勉強させて貰っています。
私の、脳みそにも知らなかった知識がいっぱい入ってきます!
ありがとうございます^^

この寒さも、峠を越しそうですね。
大歩危トラベル御一行様の旅が、良き天候に恵まれますよう。
Commented by みゆみゆ at 2016-01-26 21:14 x
私も獺祭のコメントをしようと思ったら雨曇子さんがもうお話しされていますね。

獺祭を飲みなれているとはさすが旦那さま。
なかなか飲めないお酒と聞きます。

お料理は手がこんでいてとても美味しいそう。
品数もあって中でも釜飯がいいですね〜〜(^^)

話しは変わりますが・・・
西日本や九州が大雪なのに土日に行った北海道は晴天でした。
初湯でした。

Commented by satomi-kazu at 2016-01-26 23:34
みゆみゆさん、お帰りなさい~^^
ホントにねぇ 九州、沖縄まで雪、西日本も相当な雪が降ったのに
北海道が晴天とは!! 日本列島も広いですねぇ
初湯だったのですね! 北海道は定山渓の温泉に入ったことが
ありますがもうかれこれ20年以上も前(笑)
ウチも、みゆみゆさんちみたいにサクサクと北へ南へと
行けるようになりたいなぁ^^

>獺祭を飲みなれているとは
これって、好きな物には貪欲とい事でしょうね(笑)
私なんて、スーパーとかで売っているお酒で充分ですが
好きなものに拘る人って、入手し難くてもなんとか手に入れますね(笑)
名前
URL
削除用パスワード


<< 一会(いちえ) みゆきさんコンサート      四季味亭ふじや ① >>