ずっとそばに 

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 15日

箱根の森のオーベルジュ 漣  宿泊記②

                                                                              
f0208112_23362252.jpg


漣の大浴場は、男女別の内湯と露天の
2か所で、男女の入れ替えは有りません。
入浴時間は、インから夜の11時まで。
(夜中にも入りたかったぁ・・^^;)
朝は6時から入れたと思います。

内湯と露天の泉質が違うので
2種類のお湯に浸かれる贅沢感♪

写真は、「森の露天風呂」
女性の方です。

良い~雰囲気でしたよぉ~



                         
                                                                                           
                       女性風呂の内湯  大涌谷温泉の掛け流しです。 
               ワタシ的には少しぬる湯の、40度よりちょっぴり低めの湯温。 男性の内湯よりも広めでした。
f0208112_23400493.jpg
乳白色・・・クゥ~ たまりませんね^^ かき混ぜるとまさしくカルピス風呂♪
f0208112_11524029.jpg


f0208112_23402283.jpg


内湯から出て小さな橋を渡ったところに
露天があるのですが、「森の露天風呂」と言うように
木々が生い茂って、とても雰囲気がいいです^^

紅葉の時期もホント良さそう♪

そして、ここでも小鳥のさえずり・・
聞こえてきました。



f0208112_23403411.jpg


















f0208112_23413929.jpg


露天のお湯は、無色透明の仙石原温泉
こちらは、加温、循環有りと明記されてます。

体感温度41度くらいかな。
ワタシにはちょうど良かったです。
濁り湯と、透明なお湯と・・・
ひとつの宿泊施設で、2種類のお湯に
浸かれるって、なかなか無いなぁ~良いなぁ~

滞在中、朝風呂だけ、数人のお客さんと
一緒になりましたけど、他は独泉♪

kazuさんの男湯にいたっては、毎回ひとりっきり^^
だったそうです!皆さん・・お風呂いつ入ってるんだろう?


男湯はこんな感じ 左内湯、右が露天です。 どちらも女性用に比べると一回り小ぶりな感じですね。 
シャンプーコンディショナーなどはもちろん完璧装備 アメニティなど抜かり無しっ!!^^

f0208112_23391692.jpgf0208112_23385427.jpg

















                  夜の女性内湯・・・外の木々も淡い光りで照らされて、なんとも言えず堪らん♪雰囲気。
                       ぬる湯なので、ずっと浸かっていれそうです^^ 湯あたり注意です!
f0208112_23395442.jpg

大浴場に向かう手前の廊下には、ちょっと休憩できるスペースや、右手には喫煙出来るデッキスペースも有りました。
こういう場所の雰囲気も「さすがっ!」な感じ♪ 廊下に配された、いちいちオシャレな(笑)絵画なども然り・・・
宿HPで、オーナー夫人が設計事務所に勤務されてた旨の記載が有りまして、ふ~む・・なるほどねぇと
そんなこんなを、納得してしまう館内アレコレなのであります^^

f0208112_23371088.jpg
f0208112_23372759.jpg

















                         存分に・・非日常な空間に、どっぷりと漬かれるシアワセ
                   満員電車ですし詰めになって通勤する日々を、つかの間忘れさせてくれる極上の時間です。 
                         はぁ~・・・良いね^^ やっぱりこういう時間持たないとね。
f0208112_11402481.jpg
  
  最後は夕食と朝食  ラウンジの右手階段を上がった2階にレストランがあります。
 インの時に6時か6時半どちらかで、と説明を受けました。 ウチは6時で。 
部屋の案内にも書いてありますが、室内着などはNGのようです。
   「洋服でお越しください」と明記されてます。チェックイン時の服装で問題ないですね。
                           皆さん結構ラフなスタイルでした。

f0208112_12435046.jpg
                   階段の壁には、今日の料理で使われる食材の写真が飾ってあります。ワクワクします~^^

f0208112_12440372.jpg


f0208112_12441954.jpg


宿泊日当日は、全部で8組のお客さん
ほとんどが2人連れでしたけど
4人のご家族と、3人のグループもいました。

ほぼ満席。中庭を臨む素敵なレストランです。

ホールのスタッフは、マダム(オーナー夫人)を
含めて4名 皆さん、スマートで物腰柔らかな対応

椅子を引かれて着席するなんて、超~久しぶりの
サービスを受けて、おばちゃん内心ウヒヒヒ~です(笑)

料理の内容など最後まで・・と思ったのですが
ちょっと長くなってしまったので、あともう一回。
引っ張ってしまい、ごめんなさい。






by satomi-kazu | 2018-09-15 13:33 | 箱根の森のオーベルジュ 漣 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://satomikazu.exblog.jp/tb/30049491
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ルーシー at 2018-09-15 18:34 x
待ってました!! そうそう!と頷きながら読みました。
温湯好きには丁度良い白い湯がかけ流し!「あのお料理で、こんなにいい湯が
ついてくるなんて信じられないね!」とお風呂で知り合った「みゆの部屋」と
いうブログをやっている方と話しました。
食事編が楽しみです!!
Commented by えみ at 2018-09-15 18:52 x
satomiさん
こんばんは^^

箱根の森の温泉〜超素敵です♪

以前は勝手なイメージをしていて
本当にごめんなさいって感じです

8組のゲストに4人のホールスタッフとは
なかなかないですね 凄い!

素晴らしいハードとソフトの両方がないと清水宿では満たされないですよね

満員電車でのすし詰めの通勤なんて
田舎者の私には経験がありませんが…
本当にお疲れ様です

日々の生活から抜け出して
非日常の時間は大切ですね

どんな ご馳走が待っているのか
ワクワクしてお待ちしてます^^

Commented by satomi-kazu at 2018-09-16 10:37
> ルーシーさん
こんにちは~^^
あの料理にあのお湯!! いやぁホントにその通りですね^^
気になってたのが5、6年前・・・なんでもっと早く来なかったんだろうって(苦笑)
kazuさんが言うのには、昔はお風呂のお湯は温泉じゃなかったみたいです?
(不確かですけど^^;)
まぁでもオーベルジュ自体が、宿泊施設を備えたレストラン!ですからね~
まずは食事重視が基本でしょうから。
久しぶりに味もサービスも文句なし!のお宿に出会えました^^
Commented by satomi-kazu at 2018-09-16 10:48
> えみさん
こんにちは~^^
勝手なイメージ(苦笑)いやいやワタシもそうです~
自分が泊まったことない宿は、口コミなどを見て、イメージだけ膨らみますよ。
逆に、口コミがすこぶる良くても、いざ行ってみると・・・みたいな宿もあるしね^^;
評判の良い宿全部に泊まる事は不可能だけど(笑)

満員電車・・この夏に実家に帰っていて兄と色々話した中で
毎日、自家用車通勤の兄にしたら、他人と体をくっつけ合いながらの通勤・・
考えられないって言ってた(笑)東京の奴らはスゲェなぁって^^;

でも、こういう毎日があるから余計に温泉宿での時間を
心から満喫できるような気がします。
なので、イマイチな宿に出くわしたらホントにガッカリです。

Commented by 雨曇子 at 2018-09-17 12:32 x
食も湯もすべてゆったりリッチに楽しめる宿ですね。
でも、オーベルジュですから“食”が主なのですかね。

この空間を充分楽しめるには、ユーザーの方にもそれなりの余裕が必要で、
私などはどちらかといえば日常との乖離の大きさに戸惑いたじろいでしまいますね。
(すばらしいレポートだからこそ、感じるところが多いのです)
読み物として楽しませていただきました。
Commented by satomi-kazu at 2018-09-17 20:38
> 雨曇子さん
こんばんは!
ワタシの旅記録ブログなどは、大した事はありませんけど
被写体自体が素晴らしかったお陰で、、写真を撮るのも楽しかったです。
日常との乖離・・・これもたまに経験するから良いのでしょうねぇ(笑)
いつもの日常とは違った時間を過ごせるから、非日常を感じれるのかと。

当たり前のこと言ってる(笑)ですね。
非日常・・・なんて言ってること自体、田舎者なワタシなのかもしれませんね^^;
Commented by Ai at 2018-09-19 20:35 x
13回目のご結婚記念日、おめでとう御座います。
あと干支一回りで銀婚式。それも幸せなご夫婦にはあっという間ではないでしょうか。

 宿の施設、食事、サービス、風呂、雰囲気、大満足なアニバーサリーには打って付けの所のように拝しました。
マッサージチェアでピアノのBGMを枕に昼寝、非日常的な、たまにはの贅沢なご褒美ですね。

 Ai家は久々に来週末、山奥のちょうちん宿です。
たぶん湯あたりで畳の上にビールビン枕に浴衣はだけて大の字でひっくり返ってることでしょう。
Commented by Ai at 2018-09-19 21:47 x
K&Fと葡萄ジュース発酵酒の食事、早くUPしてほしいんですけど。
Commented by satomi-kazu at 2018-09-19 21:56
> Aiさん
こんばんは! お祝いのメッセージありがとうございます^^
銀婚式に向かって・・長続きできるように頑張ります♪
仙石原の宿はAI家の苦手分野のナイフ&フォークであります^^;
でも、しっかり箸の用意もされてましたし、洗練された雰囲気にも拘わらず
緊張するわけでもなく、気取らない雰囲気で最初から最後まで過ごせました。
オーベルジュという質感を大事に保ちながらも、どこかフレンドリーな要素も
加えた絶妙な応対だったからこそ、ワタシタチのような一般小市民でも
有意義な時間を過ごせたんだと思います。いい宿でした、ホント。

AI家は、ちょうちん宿ですね。
ウチも7年くらい前は、スタンプ押してもらいたくて、何件か泊まりましたねぇ
結局、3個ほどで挫折(笑)それ以来、ちょうちん宿には縁がないです。
(削除してください!って書かれたのも実は、ちょうちん宿^^;)
なんていうのかなぁ・・・まぁワタシのおへそがひん曲がっているせいかもしれないけど
宿の方々の「泊めてやってる」みたいな空気感を感じちゃったんですよねぇ
まぁ、ワタシだけなのかもです(苦笑)

AI家は、是非ともビール瓶を枕に、気兼ねすることなく浴衣はだけて^^
大の字で寛いできてくださいね♪ 定宿かな?
Commented by Ai at 2018-09-19 22:50 x
Ai家は放浪主義です。過去の定宿はNとHのみ。今はいろいろと行ってみたいんです。
お気に入りの宿は2、3軒ありますけどね。

で、Ai家苦手なK&Fの食事編のUPは?
Commented by satomi-kazu at 2018-09-19 23:05
> Aiさん
専業主婦のような良い身分じゃないので(苦笑)
仕事の日は、何気に疲れ果ててますので
アップする気力を奮い立たせないでいます。
気長に待っていただけるとありがたいです。
Commented by ずっとそばに のいちファンAi at 2018-09-19 23:09 x
了解しました。
私も主夫ですので。
名前
URL
削除用パスワード


<< 箱根の森のオーベルジュ 漣  ...      箱根の森のオーベルジュ 漣  ... >>