人気ブログランキング |

ずっとそばに 

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ
2019年 01月 24日

kazuさんの入院



kazuさん入院の病棟から、富士山が見えます。
眺望が見事な病院&病棟で、ワタシ的には何となく清々しい(苦笑)
患者さんたちは、それどころじゃない?かもですけど^^;
f0208112_16131875.jpg

f0208112_16132694.jpg

そして、今日の一枚

入院当日、病室に入る前に
血圧測定をするkazuさん。

緊張してるようで、血圧高め(苦笑)
今から、緊張してどーする(笑)
まぁ、人生で初の大きな手術&入院で
不安になるな!っていうのが無理ですね。

今までに、乳がん手術を2回
他にも20代の頃に開腹手術を
経験済みのワタシ!肝が据わってます^^
それでもkazuさんの不安は・・・
実に解り易く、ワタシに伝わってきます。




詳細にkazuさんの闘病記録を書く予定は無いのですが、ワタシ自身の記憶保持&記録の為に思いついた日にブログに残そうと思います。
今回の入院、実はまだ先延ばしにされそうな状況でした。(既に、ひと月も間が空き、ふたりとも精神的にかなりキツイ日々でした)
受診科は血液内科と今回手術をしてくれる外科の2科。 外科の先生から「2月中には入院してもらえると思うのですが・・・」と言われた瞬間
何も言わず黙り込むkazuさんの横で、ワタシは先生に懇願しましたよ^^; なんとか、早く手術をしてほしいと。
そうしないと次の治療に進めないし、待たされている期間の気持ちをどうやって保てるか・・kazuさんはどういう気持ちだったかは
よく解らないけど、正直ワタシはこれ以上の待ち時間は精神的に無理・・と思っていましたから。

病院の入院、手術のオーダー等々詳しいことは解るはずもありませんが、先生の説明によると「予備」のような体制も
取っているとか。簡単に言えば、入院手術のキャンセル待ちのようなものでしょうか・・・(詳しい事は解りません)
なんとか、そのシステムに充ててもらえないかとお願いしたら、運よく今月中の入院手術ということになりました。

電話を頂いた外科の主治医と話しながら、電話口で泣きそうになりました。
「ご家族のお気持ちは重々承知しております、今までお待たせしてしまい申し訳なかったです」と。
高飛車(威圧的)な態度で、「無理なものは無理です」と、言われていたら心底落ち込んでいたと思う。

去年12月から、自分の身体には何かの病気が隠れていると知ったkazuさんは、表立って態度に表すことは無いけれど
ワタシから見たら、やっぱり口数も減って、いろいろと考え込む事も多かったと思う。
でも、一歩ずつ一歩ずつ・・二人で前に進んでいこう!と、暗黙の了解って感じなのかな。
私と言えば、以前にも増してうるさくお喋りし、重たい沈黙の時間をかき消すようにkazuさんに接しています。
うるさがられてたりして(苦笑) 「頑張ろうね!頑張るんだ!!頑張ってね~」ばっかり言うもんだから
「解ってるってばっ!」と多少切れ気味に返されてます(笑)

kazuさんの入院、治療に関しての記録日記は、コメント欄閉じさせてください、よろしくお願いします。






by satomi-kazu | 2019-01-24 17:28 | kazuさん入院 | Trackback
トラックバックURL : https://satomikazu.exblog.jp/tb/30379444
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 待合の風景      世間知らず? >>