人気ブログランキング |

ずっとそばに 

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ
2019年 01月 27日

待合の風景


f0208112_23153625.jpg

今日の一枚

「長崎ちゃんぽんリンガーハット」の
醤油ちゃんぽん

こんなメニューあるのですねぇ
どんなだろう?と思って注文
ビックリするくらい美味しかったです^^
スープの生姜が効いていて、体がとっても
温まりました。定番メニューなのかしら?
また食べたいなと思いました。

ひとりのご飯が続いているので
材料を買ってきて作る気力が(苦笑)ありません。
夕方過ぎに病院から戻った時は、簡単に済ませるように
なりました。



f0208112_23215502.jpg

そして、もう一枚

今の病院って、ほんとに色々な事が最先端なのですねぇ
手術室番号と経過、終了時間の目安などなど
詳しいことがモニターに映し出され
この待合いコーナーで駆けつけた家族や親戚が
見守ることが出来るのです。
kazuさんの手術は、朝一番でした。
同じ時間帯に手術を受けていた患者さんの数は10名
この控えコーナーも、大勢の付き添いさんで溢れていました。

とはいえ、事が事ですから皆さん、会話をするにも本当に
静かな声で話すし、交代でお茶をされに行ったり。
手術時間はそれぞれ違っていましたが、kazuさんは長い方で
終了まで6時間と掲示されていました。 長いなぁ・・



手術時間3時間超え予定の患者の家族には、PHSが渡されました。 
何か手術室からの連絡等があった場合、すぐに家族に連絡が取れるようにとの事らしい。
ところで、この家族控えコーナー 患者さんの病気、その家族の事情や生活環境
みなそれぞれ違っているのが当然ですが、それでも思っていることはただひとつ
今、手術室にいる大切な家族の手術が成功し元気になって退院できること。
この気持ちだけは、この場にいる人全員の共通する思いなんだと強く感じました。

個人的なことですが、この待合でひとりでいたのは、多分その日に限っては
私だけだったようでした・・他の患者さんの家族は、少なくとも2人連れ
中には、4、5人の家族で手術が終わるのを待っていました。
話し相手がいなかったから・・寂しかった、というのではなくて
ふっと、孤独感のような感情が私の中を過ぎっていきました。
kazuさんも本当は、私以外の誰かにも見守って欲しかったのかなぁ・・
私自身、特に望んでいる光景ではないけれど・・もしもこの家族控えコーナーに
kazuさんのお母さんや姉弟、私の実家の母や兄、そして私たちの子供(いないけど)
私以外の「家族」がいてくれたらどんな感じだったのだろう・・って。

大切な友人に、そんなことをメールで話したら

「本当に大切な人がひとりでもいれば、どうでもいい親戚が20人いるよりも
有難いものよ」って。

なんかぁ・・人生の試練に出くわした時に、心強い言葉をもらえると
有難いし、ホント・・・泣けてきちゃいますね。

今日はそんな一日でした。
醤油ちゃんぽん美味しかった(笑)






by satomi-kazu | 2019-01-27 00:18 | kazuさん入院 | Trackback | Comments(23)
トラックバックURL : https://satomikazu.exblog.jp/tb/30383379
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by rinorino at 2019-01-27 03:04 x
こんばんは
今夜は何故か眠くならなくて夜ふかししています。
satomiさんも眠れない夜ではないかしら?
快復へに向けて第一歩進みましたね。
お疲れ様でした。
ご友人の頼もしい言葉に救われて良かったですね。
satomiさん ファイト!
Commented by ひよこ at 2019-01-27 08:44 x
satomiさん、おはようございます。
ご主人様の手術、無事終了されたのですね。
6時間にも及ぶ手術と言えば、ご本人は勿論ですが、
その待合室で待たれたsatomiさんも大変でしたね。
本当にお疲れ様でした。
大切なお友達の仰る通りだと私も思います。

長崎ちゃんぽん、映画を観に行くときに二回食べましたが、
お野菜たっぷりで美味しかったです^^
今度は、そちらの醤油ちゃんぽんも頂いてみたいですね。
Commented by Ai at 2019-01-27 13:52 x
御主人、手術の山を越えられたようですね。
これからは完治という港までの治療の航海。
波あり風ありかもしれませんが、そこが夫婦力の踏ん張りどころ、頑張りどころ。

今日のblogで思い出したこと2つ
長崎中華街で食べた甘いチャンポン。
Ai妻の手術。
Commented at 2019-01-27 13:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by えみ at 2019-01-27 18:04 x
satomiさん
こんにちは

satomiさん kazuさん長い時間の
手術お疲れ様でした

ご友人のおっしゃる通りですね
何人いてくれるかじゃなくて
誰がいてくれるかが重要だと
私も思います

ついつい当たり前になってしまいがちではありますが支え合う相手がいてくれることにあらためて感謝します

Commented by yuisin1 at 2019-01-27 20:15
私もお友達と同じ気持ちです。
私たち夫婦にも子供がいないのですが
私が入院した時、毎日病院に寄ってくれた主人に感謝しています。
satomiさんはkazuさんにとって心強い100人力だと思います。
さと
Commented by ジャン at 2019-01-27 20:24 x
現代の医学を信じましょう。「お待たせして申し訳なかった」そう言ったドクター、その病院、信用していいと思います。何処とは言いませんが、私らが経験した都内の大きい某大学病院とは大違い。
大丈夫、きっと全快しますよ。
Commented by クマリン at 2019-01-27 23:45 x
こんばんは。
satomiさん、お疲れ様でした。
ふたりとも頑張りましたね。
明日の面会時間の為に、
風邪をひかないようにあったかくして、
食べたいもの、食べられるものをしっかりとって乗り越えましょう。
きっとkazuさんは、毎日毎日、面会時間に会いに行くたびに元気になりますよ。
信じて願いましょう。
きっと大丈夫。
Commented by 焼き鮎 at 2019-01-28 00:33 x
大事無いですか?kazuさんとはお話できましたか?
satomiさんも適度に息抜きをして下さいね。暫くは
kazuさんの事が心配でそれ所ではないでしょうけども・・・。

今回夫は大部屋入院でしたが(病院で一人で寝るのが怖いから)
ご家族や親戚の方が面会に来るのって少なかったです。
私、入院から退院まで毎日面会に行ってましたが、お向かいの病床と
お隣の病床の奥様が1日見えても「じゃあ」ってすぐ帰られてました。
私みたいに仕事後、面会時間ギリギリまで居座って、休日は
朝から晩までって、無いみたいで(汗)私が図々しいだけか、、、

インフルエンザも流行ってますし、お気をつけて。
kazuさんが快復しますように。satomiさんが元気で寄り添えますように。
Commented by ルーシー at 2019-01-28 15:51 x
こんな大変なことをちゃんぽんから始めるのってサトミさんらしいな!と
思っちゃいました。(ってよく知りもしないのにスミマセン!!)
身も心もへとへとな毎日でしょうね。でも、病人が一番つらいからこの
位と頑張っておられることでしょう。
 6時間の手術!!大手術でしたね。待つ身はどれほど心配で心細かったでしょう。
誰かと話しながらならきっと気も紛れたのかな?とも思いますが、病人自身は弱って
辛い所を親や兄弟や友達には見られたくないんじゃないかと思いますよ。
やはり、連れ合いだけが付いていてくれればいいんじゃないかな?と思います。
お二人とも、手術を受ける辛さも見守る辛さも同じように味わって、誰よりも強い絆に
深化していることでしょう。
美味しいものを食べて、美味しいお酒も飲んで、友達と喋って元気でいて下さい。
今はサトミさんにすべてがかかっていますから。
くれぐれもご自愛下さい!!!
Commented by はじめまして! at 2019-01-28 19:32 x
そのご様子だと、手術も無事(大成功)に終了したとお察しします!
大変お疲れ様でした(kazu氏&satomi嬢)

私は出身が長崎なもので、「ちゃんぽん」が醤油だと納得できません!(笑)
でも、これもニーズなんでしょうね?!
「ちゃんぽん」&「ラーメン」は、「ト・ン・コ・ツ」に限ります!(笑笑)
Commented by satomi-kazu at 2019-01-28 21:00
> rinorinoさん
狭いマンションだけど、やっぱりひとりだと
広く感じます。
数日はなかなか寝付けなかったのですが
身体は正直で、疲れているのか、毎晩バタンキューです^^;

苗場・・迫ってきましたね。
今回は、kazuさんは残念ながら不参加
私は友人を誘っていく予定です。

Commented by satomi-kazu at 2019-01-28 21:05
> ひよこさん
待合でのひとコマ
長丁場でしたので、周囲の会話など聞こえてきて
色々と考えたり思うこともありました。
入院生活・・病院あるある(苦笑)な出来事なども
あったりして、追々ブログにも書こうと思っています^^;

長崎チャンポン そうそうひよこさんのブログでも
お見かけしたことありました^^
醤油味!!美味しかったです♪ 是非~
Commented by satomi-kazu at 2019-01-28 21:12
> Aiさん
「完治という港までの治療の航海」
いやぁ~なんという!上手い表現ですね^^
もう既にkazuさんもワタシも海原に漕ぎ出して
しまったのですよねぇ・・・
後戻りできない!前に進むのみ!!

まぁ・・出来れば、足を踏み入れたくは無かったですけどね(苦笑)

Commented by satomi-kazu at 2019-01-28 21:18
> 鍵コメさん
熟々と読ませて頂きました。
お互い、自分の命と同じくらい大切な相方と
共に手を取り合っていきましょう。
たくさんのエールをありがとうございました。

Commented by satomi-kazu at 2019-01-28 21:26
> えみさん
遠くの親戚より近くの友人・・と言いますけど
kazuさん、今回の事は仲の良い友人にも話さなかったようです。
いろんな考え方や思いがあるから、なんともいえませんが
自分が病んでいる姿を、見せたくないっていう気持ちが強いのかも。
そういう弱い姿を見せれるのは、やっぱり相方ですよね。

2人っきりで支えあって生きてます^^
いてくれないと困ります~
Commented by satomi-kazu at 2019-01-28 21:32
> yuisin1さん
元気な時は、それが当たり前過ぎて気づこうともしなかったけれど
ひとりっきりのマンションでの時間は、kazuさんの存在がどれほど
大きなものだったのか・・改めて感じています。
人って、こういう試練に出くわしながら、忘れかけてた大事な事を
思い出すのですね。
Commented by satomi-kazu at 2019-01-28 21:41
> ジャンさん
大きな病院の主治医から電話が有ること自体が、私の中の一般常識には
無かったことなので、今は、わりと「患者主義」なのかなぁと・・思ったり。
医者対患者の縮図って、昔からお決まりの関係性があったじゃないですか。
医者から言われたことに患者が反論できるなんてことは、そうそう無かったように
思います。 今は、セカンドオピニオンを持つことさえ奨励されていますしね。

まぁそれにしても、病院の中でもジャンさんが大好物の(苦笑)
人間ドラマがうじゃうじゃしています^^;
病院あるある、看護師あるある、入院患者あるある(笑)
そのうち気持ちの余裕が出てきたら、少し書こうかなぁと。

Commented by satomi-kazu at 2019-01-28 21:46
> クマリンさん
何故か?(笑)私の食欲は衰えず^^;
しゅん・・として物が喉を通らないんじゃ・・・
なんてことは杞憂でした。
ちゃんと食べてます! 睡眠も、最初は寝付けなかったけど
今は、韓流ドラマを見る習慣さえ、すっ飛んでしまうほど熟睡です。
ワタシがこの状況で病んでしまったら最悪ですものね。

苗場・・友人と行くことになりそうです。
Commented by satomi-kazu at 2019-01-28 21:57
> 焼き鮎さん
術後2日くらいは、聞き取れないほど小さな声だったkazuさんも
今は、普通に会話出来ています。
傷がかなり大きかったので、痛みがなかなかひかず辛そうでした。
まずは第一歩・・・これから先も前だけ見て頑張っていきます。
ウチも4人部屋です。個室の日割り料金がバカ高く(笑)とてもとても
皆さん、当然病んで入院しているので患者さんは本当に静かなんですが
付き添いの人とかねぇ・・・(苦笑)
共同生活とは言え、具合が悪い患者に気を使わせたくは
無いのですが、まぁ仕方ないですね。
Commented by satomi-kazu at 2019-01-28 22:16
> ルーシーさん
アハハ~~^^ そう!チャンポンから(笑)
だって、美味しかったんですよ^^
身も心もへとへと・・・確かに(苦笑)
食べれているし、気が張っているので変にテンション高くて
元気なんですけど、kazuさんがひと山超えて退院したら気が抜けて・・
なんてことにならないように、頑張ります!

そうなんです、ルーシーさんがおっしゃるようにkazuさんは
親しい友人にも、自分の弱ってる姿を見せたくなかったのか
病気の事も何も話していません。
すぐそばに住んでいるお母さんにさえ知らせていませんでした。

きっとkazuさんはワタシがいないと駄目ダメだろうし(笑)
ワタシも、然りです。

ルーシーさん、今年に入って温泉行かれましたか?
「此処良かったよ~」って話も聞かせてくださいね^^
ウチ、暫く行けないから~

Commented by satomi-kazu at 2019-01-28 22:22
> はじめまして!さん
手術は無事に終了しました! 
気にかけていただいてありがとうございます。

はじめましてさんは、長崎のご出身だったんですね。
遠い昔、長崎で食べた「ちゃんぽん」は、リンガーハットのそれとは
大分違っていたような?? 本場の食べ物ってやっぱり違いますよね。
醤油味のチャンポン B級舌の私はスッカリお気に入りになってしまいました^^

でもやはり、九州の方々には邪道なんでしょうかね(苦笑)
Commented by 雨曇子 at 2019-02-07 20:29 x
まずはお元気なご退院おめでとうございます!!
このブログのタイトル「ずっとそばに」が改めて思い起こされます。

そうです。「ずっとそばに」です。
「愛は勝つ」というような歌があったように思います。
どんな局面に置かれてもぶれずこの愛を貫き通してください。
心に太陽を!くちびるに歌を!

ぼくらはみんな生きている 生きているから歌うんだ(^^♪
名前
URL
削除用パスワード


<< 病室の会話      kazuさんの入院 >>