人気ブログランキング |

ずっとそばに 

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ
2019年 07月 14日

ここからまたスタート


2019年 初夏
kazuさんは、無事に退院する事が出来ました。
昨年末からの、この7ヶ月間、正直・・とっても辛かった。
ワタシの生活の一部になっているブログも、途切れ途切れ
治療の経過やkazuさんのようすも、詳細に書くことが出来ませんでした。

ずっと前から見に来てくれている皆さんから、いっぱい応援のエールを貰って
どんなに励みになってきたことか。この場を借りて、改めて感謝申し上げます。
コメントへの返信が遅くなったり、なかなかパソコンを開く気力がなかったりで
コメント欄を閉じさせてもらったブログでも、多くの方が足跡を残してくださり
本当にありがとうございました。

ワタシ自身、そしてkazuさん本人の闘病記録の意味合いも含めて
この7ヶ月間の記録を簡易に残したいと思います。


f0208112_13333927.jpg

2018年 12月初旬

近医からの紹介で、総合医療センターを受診
本人の体調は至って普通
年齢的なこともあり、確かに疲労感はあっただろうけれど
これといった自覚症状もなく、ワタシも含め、正直この時点では
さほど緊迫感も無く、「ちょっと念入りに健康診断を受けてみよう」
的な・・軽い気持ちだったのが素直なところでした。

ところが、血液検査で腫瘍マーカーの速報値を見せられた時
正常値(500)に対して、kazuさんの数値は(27000超え)
主治医の説明も重苦しいものでした。
(腫瘍マーカーとは癌化の有無を判定する、血液検査のひとつです)


f0208112_13431450.jpg

血液内科の医師の言葉を聞きながら、ただごとじゃない様相を
ふたりして実感していました。

12月中には、エコー、CT検査、骨髄穿刺などなど・・・
毎週のように病院に通って検査の連続

脾臓という臓器が大きく膨れ上がっているという状況を
聞かされ、最初の入院(外科手術)が決まるまでの
1ヶ月半ほどの月日が、ワタシは一番辛かったです。

「悪性のリンパ腫」か「白血病」それに加え
「脾臓の肥大化」「手術が必要」
抱えきれなかったです。 気持ちが持たなかった。
毎晩泣いてました・・・今だから書けるけど
「kazuさん、死んじゃうのかも」って・・・
悪い事しか考えられなかった。



f0208112_13341426.jpg

2019年 1月末

最初の入院

手術室に向かうkazuさん
これから始まるんだな・・後ろ姿を見送りながら
いろんなことが頭の中をグルグルしました。







f0208112_13371442.jpg

6時間後
手術室から戻って酸素マスクを付けたkazuさんを
傍で見ているだけで、涙が止まりません。

頑張ったよね! 頑張った! 良かった!
これで傷口治って、治療はお終い!・・・
になってくれたらどんなにいいか。

ワタシの他に誰も付き添いのいなかった
kazuさん生まれて初めての大きな手術

kazuさん正直な胸の内は・・・どんなだったかな。


f0208112_13373108.jpg

2月初旬 退院

ブログで、kazuさんから
皆さんにご挨拶も出来ました。

外科手術の傷は、それこそ「日にち薬」で
日を追うごとに体調も戻り
3月は一時、職場にも復帰出来ました。
摘出された脾臓は、細胞組織診断の為
九州にある専門の施設に送られ
そこからの診断結果が出るまでが
また長かった・・・


f0208112_13433725.jpg

2019年 4月初旬

再入院  病室の窓から桜

最終的な診断結果は
「B型細胞性の白血病」
「急性」ではなく「慢性」だったので診断結果や
入院治療までの期間に時間を要したんだと思います。
もちろん、素人な考えです・・・

同時期に、メディアで発表されていた水泳選手の女性は
急性・・だったのではないかと、私個人の勝手な想像ですが。



f0208112_13443527.jpg

抗がん剤による点滴治療

無菌状態での日々
やっぱり、この期間がkazuさんにとっては
一番キツク、しんどい日々だったろうと
想像に難くないです。

行動範囲を制限されて、珈琲など買いに行けない
kazuさんの為に、毎日のように病院に通ったワタシも
身体的には、この時期が辛かったです。

まぁでも気持ち的に、この治療をすれば
良くなるんだ!って前向きに考えられたので
最初、診断結果がハッキリ出ずに蛇の生殺し状態時よりは
遥かに落ち着いていました。



f0208112_15013631.jpg

医学の進歩に感謝   薬に感謝

再入院の期間は、約3ヶ月半 
点滴をしない週に体調が良ければ外泊許可や外出許可も出ました。
病院の食事をスマホで送って来る位、元気な時もあり、病室に行くと
大勢いる看護師さんのそれぞれの特徴やらを楽しそうに話すkazuさんの姿も。

f0208112_13451906.jpg















2019年 7月 再びの退院
遠くにスカイツリーや新宿の高層ビル群が見える
この病棟のディルームも見納め
f0208112_15170926.jpg

f0208112_15274636.jpg


前の記事でも書きましたが、kazuさんの病気では
「完治」という言葉は使わないそう。
医学的な事・・どんなに勉強したって
私達には、たかが知れています。
「再発」の恐怖と向き合いながら過ごすのは
病気になった人たち、皆に言えることではないかな。

10年前に乳がんに罹ったワタシでも、未だに再発転移の
恐怖とは背中合わせです。

うまく書けませんが・・・ずっと先の事、少し先の事・・・
今から考え、心配しても時間と労力の無駄なような気がします。

大好きな花 二輪草  
この花のように、一枝にくっついて咲き
離れないようにしがみついて(笑)ふたりで毎日、頑張っていきたいです。



キツカッタ期間でしたけど、ようやく笑って過ごせる日がやってきました。
温泉にも行く気満々で(笑)群馬、湯河原、箱根・・と、一気に3つも予約してしまいました。
(気が早過ぎ^^;)
キャンセルせずに全部に行ける事を目標に、今日も頑張ります!

皆さま、今まで温かいお気持ちを注いでくださって本当にありがとうございました!
そしてこれからも、どうぞよろしくお願いいたします。
楽しいブログがいっぱい書けるように、また頑張ります^^





by satomi-kazu | 2019-07-14 15:50 | 日常 | Comments(37)
Commented by yuisin1 at 2019-07-14 16:15
以前お話させていただきました義父のことを少し・・・
70歳で白血病に罹り点滴をしながら無菌室を出たり入ったり。
7ヶ月後退院して抗がん剤の薬を5年ほど処方してもらって
3年前95歳で天寿を全うしました。
病後、認知症・寝たきりとは全く無縁で
亡くなる朝まで自分の足で歩いた元気な義父でした。
Commented by ひよこ at 2019-07-14 18:00 x
kazuさん、ご退院おめでとうございます。
satomiさん、本当によく頑張りましたね。

本日のsatomiさんのブログを拝見して、
胸が締め付けられる思いでいっぱいです。
でも、なにはともあれ、良かった、良かった!

温泉旅行も沢山待っていますね^^
またsatomiさんの温泉旅行記を拝見するのを楽しみにしています。
Commented by Ai at 2019-07-14 21:54 x
Satomiさん、七ヶ月、長かったですね。
よく頑張りましたね。
御主人、無菌室での時間、長かったでしょうね。
お二人で頑張られたんですね。
お疲れ様でした。
一人で作り、一人で食べる味気ない夕食から
これからはいつもの二人での食事
良かった。良かった。

でも御主人は時限爆弾を抱えたような身・・・。
うちのAi妻も同じ様な現状です。
今日のブログ、5年近く前の私と重なってなんとも、ンーン。
度重なるAi妻の入院、
手術後1年で最終宣告、
病院を変えても入院と治療の繰り返し、
死の恐怖から鬱になり、
なんとか薬のお陰で、持ち直しました。
でも一番の薬は、思いやりとずっと一緒にいたいという互いの気持ち
緩和ケアの先生が
「奥さんが今生きていられるのは御主人の奥さんへの思いですよ。」ってね。
今は普段通りのAi妻に戻っています。夫婦力って本当にすごいですね。
うちもね、Ai妻の病で夫婦の絆がいっそう深まりましたよ。

群馬、湯河原、箱根ですか。
宿泊記、楽しみにしてますよ。
うちは4,5,6月は思う宿がとれたんですがね、
7月、11月は残念無念!
Ai妻のリクエストでなんとか9月に群馬の宿はとれました。
以前お二人が行かれた宿です。
さて、
どこでしょーかツ。
(晩飯はどこがいいかな。車椅子でも行ける所)
Commented by はじめまして! at 2019-07-15 07:37 x
退院、おめでとうございます。
益々、お二人の温泉旅行が楽しくなることと思います!
kazu様、satomi様、疲れを癒して下さいね^^
Commented by えみ at 2019-07-15 08:25 x
satomiさん
おはようございます

kazuさん退院おめでとうございます

また元気いっぱいのsatomiさんちの
温泉やグルメのお話が読めるのが
とってもとってもうれしいです^^

いつもながら三連休は絶賛お仕事中の
我が家ですが…

来週は新潟県の激安温泉宿で栄養補給して来ます〜

Commented by ルーシー at 2019-07-15 10:54 x
見た瞬間、「あー良かった!!」と口から出ました。
ここの所、コメント出来ない状況が続いていたので、しんどい中での
やっとの更新だろうと思っていました。
で、今日の記事!!本当にやれやれですね。
こんなに詳細に客観的に振り返られるなんて偉い!!
外科手術と血液の病気とどういうつながり?とずっと思っていましたので
納得。
長くなってしまいますが、前々回の前の奥様の記事、確か、ずっと前に
温泉に行く途中に墓前に参ってワインを備えた記事がありましたね。
その時には奥様とは書いていませんでしたが、サトミさんは複雑な気持ちの
ようなことを書いてました。で、勝手にそうかな?と思っていました。
今回は冷静に(失礼かな?)書いてあって、病状のことと相まって、「大人に
なったな!」(もっと失礼ですね)と思いました。
というか、それだけ、夫婦としての強固な絆と自信があればこそですね。
本当に本当によく頑張りましたね!! 困難を乗り越えたお二人、サトミさんを
カズさんが支え、今度はカズさんをサトミさんが支え、本当に深い絆で
結ばれたお二人はどんなことも怖くない!!でしょね。
誰しも爆弾は抱えていますから、楽天的に!緩解がずっと続けば完治ですものね!!
 温泉楽しんで下さい! 旅日記楽しみにしています。
Commented by ジャン at 2019-07-15 16:19 x
あれ?何だか涙が。
にじんで白い画面がよく見えないぞ。
よかったですね。
Commented by satomi-kazu at 2019-07-15 21:50
> yuisin1さん
こんばんは! 義父さんのお話し覚えています。
長い入院生活の中で、同じように血液系の疾患になった方の
快復したお話などは、心の支えでもありました。
病院の雰囲気や、同じ病室の患者同士の交わり方?でも違ってくるのでしょうが
kazuさんが入院した、病棟&病室では、患者同士の情報交換などは皆無で
同じような抗がん剤を投与されている、同室の患者さんのお話を聞きたかったりも
したのですが、そういうのは全くなかったので、心細い感じもしました。
Commented by satomi-kazu at 2019-07-15 22:06
> ひよこさん
こんばんは! メールでも励ましのエールを送ってくださり
本当にありがとうございました。
入院生活で、毎日の検温や血圧、熱、などなどノートに記載し体調の
変化や、看護師や医者に言われたことなど、細かく記入しているので
kazuさんの詳細な闘病記を書こうと思えば書けるのですけど
それは辞めました。 
参考にしてくれる人も、世の中には沢山いると思うのですが・・・
自分たちは、他の人の闘病記などをすごく参考にしたのに
ちょっと勝手な気もしたのですけど、このブログでは、書かないにしようと。

こんなおばちゃんの自己満ブログなんて、たいした需要もないけど^^;
そう!ブログなんて結局、自己満ですからね(苦笑)
毎度のことながら、日々モヤモヤしたことや、ムカついたこと・・
そんなどーでもいい事も、吐き出せる場所・・続けてこれたこその場所です。

ひよこさん始め、皆さんのブログを見させて貰うのも、ワタシの日々の
楽しみなんです。


Commented by satomi-kazu at 2019-07-15 22:13
> Aiさん
こんばんは!
いろいろ思う事・・ありますが、なんだか上手く書けません。
お互いの相方の健康は勿論、ワタシ、Aiさん自身も健康で
末永く夫婦で一日も長く一緒に生きていけるよう・・・
祈念いたします。

群馬・・・夕食を外で食べるとなると・・・
三関屋さんしか思い浮かばないけれど?

Commented by satomi-kazu at 2019-07-15 22:21
> はじめまして!さん
こんばんは! ありがとうございます。
皆さん、様々な趣味や生き甲斐をお持ちだと思います。
我が家にとって、夫婦ふたり共に、「温泉旅行」が一番の癒し。
美味しいものが食べれなくなって、温泉にも行けなくなったら
何のために働いているのか・・・
Commented by satomi-kazu at 2019-07-15 22:25
> えみさん
こんばんは! そしていつもありがとう。
今は、少し疲れが溜まっているところですが^^;
もう少し元気になったら、また以前のように
美味しかった~♪ 楽しかった~♪ 最高~♪って
ブログに書けるように頑張ります^^

えみさんちは、この連休はやっぱりお仕事ですよね(苦笑)
ニンジン、栄養補給の旅・・・これがあるから頑張れますね!
Commented by satomi-kazu at 2019-07-15 22:37
> ルーシーさん
こんばんは! 大人になったワタシです(笑)なぁーんてね^^;
命日のお墓参りのお話は、病室のkazuさんにお伺いを立てました。
意外な程に、「え?もう前に書いてなかったっけ?」って。
案外、感心ないんじゃん(笑)ちゃんと読んでないな?^^ってね。

出掛けてきた温泉や美味しかった外食のことを書き始めたのが
きっかけだったけど、今ではなんだか、ごった煮ブログになってしまってーー;
まぁでも、続けてこれたからこそ、ルーシーさん始め皆さんと
こうして知り合えて、云い尽くせない程の心を貰って・・
本当に感謝しています。ありがとうございます。

ルーシーさんが書いてくれているような、支えて、支えられて・・深い絆で・・
なんて恰好いいものじゃないけれど、今回、身に染みて感じたのが
ふたりで乗り越えていくしかないんだよね!ってことでした。

人生100年時代ですよ!! この先だって、まだまだいっぱい神様は試練を
用意しているような気がします(嫌だけど~^^;)
だけど、その都度その都度、踏ん張って歯食いしばってやるっきゃない!ですね^^

英国紀行・・・ずっとずっと読ませてもらいました。
我が家も目標にします^^ するぞ~! 

Commented by satomi-kazu at 2019-07-15 22:43
> ジャンさん
こんばんは! ありがとうございます。
ジャンさんブログ、今でも毎日更新されているのでしょうか?^^;
もう生活の一部どころか、無くてはならない位置にあるのでは。

ジャンさんご夫婦も、どうぞ健康に過信せず(お仕事柄大丈夫でしょうけれど)
いつまでもおふたりで、美味しいお酒、温泉に出掛けられますよう
祈念しています。
kazuさんの事では、暖かいお気持ち向けてくださり本当にありがとうございました。
Commented by みみん at 2019-07-16 17:49 x
退院おめでとうございます。
先の見えない7ヶ月間、3ヶ月半の入院、想像できないくらい長い時間です。
本当にお疲れさまでした。本当に良かったです。
これからも大変だと思いますが、とりあえず温泉でのんびりされて、美味しいもの沢山食べて、
癒されてきてください。パワーアップした笑顔のお二人の日記を楽しみにしています!

Commented by satomi-kazu at 2019-07-16 23:32
> みみんさん
こんばんは! ありがとうございます。
しんどい時も、いつか思い出になるって、そう思いながらの日々でしたけど
やっぱりキツカッタです~^^;
泣いたりすると、想像以上に体力も使うし、精神的なダメージが凄いです(苦笑)
嬉し泣きと違って、こういう涙は駄目だなって冷静に考えたりして^^;

今は、とにかく上げ膳据え膳してもらって、温泉浸かって
「はぁ~極楽極楽~^^」って叫びたいです。

みみんさんちのブログも拝見してます、ソロキャンプ?って初めて聞く言葉です。
今、ブームなのかな? ひとりでテントで寝泊まりって・・怖くない?
周りもみんなそういう状況なんでしょうかね?
この歳になっても、知らないことってまだまだ沢山ありますね^^
Commented by 痛い出費が続くAi at 2019-07-16 23:43 x
互いに支え支えられながら、二人三脚で。
些細なことでも楽しみ、価値観を共有しながら、
共に健康に、愛する人と笑顔で長生きしたいですね。

群馬の宿。
ピンポン ◯◯ポーン。ウチはビンボーン。
思わぬ出費が続くんで、宿代も控えめで。
デッ!
お安くて納得出来る宿へ。
10月は長野◯◯の◯◯◯◯か白濁湯の◯◯◯◯かな。
お二人の宿泊記、参考にしましたよ。
有難う御座います。
Commented by satomi-kazu at 2019-07-17 21:14
> 痛い出費が続くAiさん
三関屋さん、女将さんが明るくてとっても感じ良い方です。
朝ごはんも地味だけど美味しかったです。
我が家は、草津に定宿が出来てしまったので、なかなか湯畑周辺には
寄り付かなくなってしまいました。

長野白馬のまるいし、か、乗鞍の白樺の庄、辺りですかね?
どちらに行かれるにせよ、10月は温泉に浸かるにはベストシーズンですね。

ウチは、まずは海ほたるを走って、アジフライを食べに行こうかと。
吉と出るか凶と出るか(笑)
Commented by ひよこ at 2019-07-18 00:12 x
横から失礼します・・・

satomiさん・・・海ほたるを走ってアジフライですか~
もしかして、サスケ食堂かな^^
黄金アジで有名だそうですが、県内住みでもなかなか行けないです^^;

私もsatomiさんの過去宿泊記を参考にしまして
8月は、長野○○へ一人で行ってきます!
7月末にも夫と長野へ行きますけど^^;(これはおまけみたいなものです)
Commented by Ai at 2019-07-18 00:20 x
久々の草津
Ai妻が電話予約したんですが、その時対応頂いた男性が
「とても腰が低くアタリが柔らかい方ですごく印象が良かったですよ。」って。
人と接する時は互いに鏡みたいな物ですからね。
いい人との出会い、それだけで“この旅はよかったね”と笑顔になりますからね。
(アー、山本小屋ふるさと館、またすぐにでも行きたい。)
三関屋さん、楽しみにしてます。

10月の宿、どちらの宿か迷ってます。(また台風にみまわれたりして)
ンガー、どちらか早く決めなければ!。

さすけ食堂、並ばずに入れればいいですね。
肉厚のアジフライ、ソースより絶対タルタルで食べたい!
あの店、タルタルってありましたっけ?。
昔食べたけど、どっちだったか・・・。
オモイダセナイ。


Commented by Ai at 2019-07-18 00:24 x
わ!
ひよこさんに一足越された!
Commented by ひよこ at 2019-07-18 01:25 x
Aiさん、はじめまして(*^^*)

先を越してしまってすみません^^;

因みに私はタルタルより中濃ソースが好きです♪
(夫は何でもタルタル掛けたがりますけど^^;)

satomiさん、ちょこっと掲示板お借りしましたm(__)m
Commented by みみん at 2019-07-18 16:38 x
satomiさん、こんにちは〜。
私のブログも見てくださってありがとうございます(^-^)

ソロキャンプ、まんまとブームに乗りました、笑。
でもブログにはあまり書かないようにしているんです。皆さん興味ないかな〜と思って(^^;)
ちゃんとした?キャンプ場に行ってるので、怖いという感じはないです。
いざという時には、薪割りのゴツイ刃物で戦います。

ブッシュクラフトを目指して、ナイフの講習にも夫婦で行ったりして、
サバイバル能力だけはアップしています^^
うちは車がないので、電車とバスで行くのですが、
とにかくリュックがでかくて、南極の遠征隊か?っていう感じです(^^;)

でも夏は虫が多いから、キャンプより温泉宿に行きたいな〜と。
キャンプは冬が一番楽しいです。虫もいないし、人もいないし、薪もよく燃えるので(^-^)
この歳になってアウトドアにハマるとは思いませんでした。
人生、興味があったら思い切って何でもやってみる!ですね^^
Commented by ひよこさん、はじめまして。Ai at 2019-07-18 22:22 x
ひよこさん、はじめまして。(^_^Y

ソースの好み、
エビ、カキ、アジ、魚貝系のフライはタルタル。
カツは中濃、コロッケはウスター。
ってな具合に分けて食ってます。
ちなみに目玉焼き、私はウスターソースではなく醤油です。ナアハハハハハ。
別にこだわりはありませんけどね。

satomiさん場をお借りしました。
有難うございます。
Commented by satomi-kazu at 2019-07-18 23:21
> ひよこさん
そうなんです、さすけ食堂です。
ずっと前から行きたいって思ってたので、ドライブを兼ねて
出掛けてこようと思ってます^^
千葉県も何気に?広いですからね^^; 外房、内房・・
一周したら相当な距離ですよね。

長野は、あそこかな?^^
ひとり宿泊も大丈夫って行かれた方に聞いたことがありました。
お湯も比較的温めで、優しい肌触りだし、とにかくご飯が
素朴で美味しいです~
って、違う宿だったりして。
Commented by satomi-kazu at 2019-07-18 23:32
> Aiさん
そうそう三関屋さん、ご主人もすごく感じ良かったですよ!
我が家は2度ほど宿泊しましたけど、やっぱり夕食を外で食べるのは
面倒で(苦笑) 草津は、夕食無しのお宿が増えているみたいですけど
若い方達にはそういうシステムも便利なのでしょうね。

肉厚のアジフライ、ワタシも断然タルタル派だけど
確か・・さすけ食堂はソースだけだったような?
孤独のグルメで放送された方のお店は、タルタルでしたね。
さすけ食堂のすぐ傍にあるお店ですけど、やはり取りあえず、最初は
さすけに行ってみようと思ってます。
Commented by satomi-kazu at 2019-07-18 23:46
> みみんさん
昔から拝見してた方々のブログは、今でも見ていま~す^^
元気にいろいろな処に行かれてるのを見るのは、ホッとするような
気持ちと、良いなぁ~っていう羨ましい気持ちと^^

ソロキャンプ! そーなんですね、ブームだったんだあ
なんだか世間の流行りとかに、ものすごく疎くなってます(苦笑)
ワタシの通勤電車の中央線は、高尾山に行く人たちが大勢乗っている時があって
みなさん、とてつもなく大きなリュックを背負ってますね^^;
山登りを趣味にしている職場の先輩がいるんだけど、あのリュックって
電車の中では、背中じゃなくて前で抱えるようにするのがマナーなのよって
話してたことを思い出しました。
容量?も20キロとか30キロ?って話してたかなぁ・・・
そんなに大きな荷物を背負って山登りなんて・・なんで出来るんだろう?って
素人は素朴に疑問ですけどね(苦笑)

冬が薪がよく燃えるっていうのは解ります~
やっぱり空気が乾燥してるからでしょうね。

それにしても、ご夫婦で同じように興味を持って、しかも一緒にハマれるなんて
凄い事ですよ~! なかなか趣向まで、同じ方向を向かないものですよ、夫婦でもね。
今年の冬場が待ち遠しいのでは^^

ずぼらで面倒くさがりなワタシは、やっぱり宿で上げ膳据え膳ですかね(笑)

Commented at 2019-07-18 23:46 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 絶対タルタルの方がうまい!Ai at 2019-07-19 00:06 x
タルタルソース、持ち込んだら?。
店の流儀に反するかな。
Commented by 雨曇子 at 2019-07-19 17:14 x
入院から退院まで経過を冷静に記録するのは、なかなかできませんが、すばらしいです。
立派な闘病生活、お二人で勝ち取った無事退院です。おめでとうございます!!

温泉の予約を 3 つも取られたとか!

じっくりと喜びをかみしめてくださいませ。
Commented by satomi-kazu at 2019-07-19 22:58
> Juneさん
こんばんは!コメントありがとうございます。

>心労続く毎日、それでも世の中は普通に回っていて
>それが残酷でもあり、孤独でもあり・・・
本当に・・書いてくださった言葉の感性と感覚が、とっても胸に響きました。
ワタシも、ものすごく辛くてしんどくて、もういなくなっちゃいたいって
思ったりする日があって・・、だけどそんな日でも、例えば職場は
いつもと変わらぬ時間が過ぎているし、通勤電車の中も変わらぬ混雑ぶり
テレビを付ければ、大好きな野球の試合も普通に行われているし
朝になれば目が覚めて、お昼も過ぎれば当然お腹も減る(苦笑)
今までと確実に違っていたのは、kazuさんが病院でキツイ治療を受けていたこと。
そしてマンションには、テレビの音とワタシだけ・・・

でも!今は、それも過去の出来事にすることが出来ました。
皆さんからの暖かいお気持ちにも支えられて、なんとか、いなくならずに(苦笑)
済みました。
心から感謝申し上げます。

直近のツアーでのユーミン語録で
「夢は、続けること! だから辞めない!」
そんな風に力強く話してくれていました。

ワタシも、書けなくなる日が来るまで、このブログ続けます。
タイトルのように、皆さんにも「ずっとそばに」見守っていただけたら
すごく嬉しいです。
Commented by satomi-kazu at 2019-07-19 23:01
> 絶対タルタルの方がうまい!Aiさん
ワタシもタルタルで食べたいけど、持ち込みなんて!!
入店禁止って言われちゃいますよ(苦笑)
Commented by satomi-kazu at 2019-07-19 23:07
> 雨曇子さん
こんばんは! ご無沙汰しております。
コメント頂きありがとうございます。
なかなか心と気持ちの余裕が出ずに、雨曇子さんのブログへも
お邪魔できずにいました。すみません。

病室などでちょこちょこと写真は撮っていたのですが
流石に、しんどそうにしてるkazuさんは撮れませんでした。
冷静に記録は出来ないかもなぁ・・って最初の頃は思ってたのですが
治療を終えて、無事に退院出来たkazuさんのお陰で、ワタシもこうして
書くことが出来ました。

また野球談議しましょう!
雨曇子さん、いつまでもお元気でいらしてくださいね。
Commented by ろと at 2019-07-20 23:50 x
一気に3カ所、予約入れた。これにつきます。本当に良かったです。
暑い夏は、まだまだ来ずですが、、あ、涼しい方がいいですね。
季節の移り変わりもあっという間。あっという間に温泉に行く日も近づきますね。
楽しんで行ってきてくださいね。そんな私も、再来週にはねぶたです。
1年たつのって本当に早いなぁ…
Commented by 焼き鮎 at 2019-07-21 00:12 x
泣きました。でも、よかった・・・
自宅に戻れるほどに回復されたんですね。
本当に良かったです。

前回のコメントでは自分が読み返すと意味不明な、
多分予測変換に気づかず(酔っていたとは認めない;)
意味不明なコメントで失礼いたしました。

脾臓の肥大ということは結構な状態だったと思うのですが
慢性期からの移行期だったのでしょうか・・・。
辛い治療を耐え抜かれ、これからも続くこととは思いますが
どうかお大事になさってください。kazuさん、satomiさん共に。
Commented by satomi-kazu at 2019-07-22 19:57
> ろとさん
こんばんは! コメント返し遅くなってごめんなさい。
もうすぐ梅雨も明けるとか・・
涼しい日々で助かってたけど、やっぱり夏はやってくるね^^;
一気に3か所の温泉宿予約・・・出来たことに自分でも感動してます。
昨年末には考えられなかったことだから。

ろとさんの、ねぶたも恒例行事になってますね^^
ずっと元気でいけるように、お互い健康でいたいね。
Commented by satomi-kazu at 2019-07-22 21:26
> 焼き鮎さん
こんばんは! コメントのお返事遅くなってすみません。
焼き鮎さんには、私個人的に複雑な思いがあったので
ここで書かせてください。
数年前から、ワタシのブログにコメント書いてもらって
焼き鮎さんのブログもそれで知って、遊びに行ったときに
ご主人が白血病という事実を知りました。
まさか、その数年後にウチのkazuさんも同じように、白血病に罹るなんて
夢にも思わず、今から思えば無責任な「がんばれ!」コメントを書いていた
自分がいました。 どんなことでもそうですが、自分の身に起こってからでないと
気持ちを理解できなかったり、共有出来なかったりするんだなぁと
最近になって特に強く感じています。
焼き鮎さんのご主人とウチのkazuさんの状況は、色々違うかもしれないけど
どちらも大病と向き合って、治療が継続しているのは同じです。

焼き鮎さんのご主人の目標は「断薬」と書かれていましたね。
kazuさんの目標は・・再発しないこと・・今は目標と言うか希望です。

>脾臓の肥大
焼き鮎さんは、やはり病気のことに関しては詳しいですね。
脾臓は、血小板の数値に影響のある臓器なので、ウチは最初に貧血と
エコー検査での脾臓の影の異常が見つかって・・そこから始まりました。
脾臓の全摘出で、腫瘍マーカー数値が半分まで下がったので
このまま抗がん剤治療せずに済めばいいのになぁって・・ずっと話してました。

今後も、情報交換などさせてください、よろしくお願いします。

名前
URL
削除用パスワード


<< 2年振りの職場転勤とウナギ      寛解と完治 >>