人気ブログランキング |

ずっとそばに 

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ

2019年 08月 03日 ( 1 )


2019年 08月 03日

源泉かけ流しの宿 オーベルジュ湯楽 宿泊記①



f0208112_13373211.jpg


正直、行けるかどうか・・
ハッキリとしない時に
予約だけしておいたお宿です。

早期割60というプランで
かなりお得な料金で
泊まることが出来ました。
(平日@20000)

kazuさんの治療終了、退院後でしたので
移動時間はなるだけ短く、部屋に風呂付き
出来ればお安く(苦笑)
料理は少なくてもいいけど美味
貸し切り湯あれば尚可・・等々
色々な個人的希望要素に
ピッタリなお宿でした。

確か、ルーシーさんも行かれていたような。
アップされていなかったようなので、お先に^^;








宿のチェックインは午後3時  
自宅を1時過ぎに出ても充分に間に合います。
下りの厚木SAで軽くお昼食べました。なんでトイレの写真(笑)
いや、ワタシは何気にトイレが遠くて
SAに寄ってもトイレに入らずじまいって事が多いんです。
この日、改めて厚木のトイレに入って余りの綺麗さにビックリ!
思わず写真撮ってしまった。フィッティングボードまで設置とは・・・
ステキなタイル張りの壁もあちこちピカピカ
SAのトイレ・・・こんなに進化してたんですねぇ
f0208112_13522370.jpg

f0208112_13524186.jpg


そして、嬉しい復活のB級グルメ♪

一年くらい前に、この「横手焼きソバ」が
無くなっていて、代わりに「浪江焼きソバ」」に
変わっていたんで、相当ガッカリしたんです。

SAで食べる軽食の中で、一番のお気に入りだったので。

注文受けてから、ジュージュー鉄板で焼いてくれます。
半熟の目玉焼きがまたまた良いアクセント^^

ずっと提供して欲しい一品です。





午後3時少し前、宿に到着  
かなり細い坂道を登っていくのですが
対向車が来ないか、冷や冷やものでした^^;
駐車場に入れていると中から女性スタッフがお出迎え
左上のソファに腰かけてチェックインの手続き。
貸し切り風呂の予約や、夕朝食の時間などをここで。
結構細かく色々説明されるので、わりと時間掛かったかな^^;
f0208112_14114829.jpg

f0208112_14191715.jpg

館内を案内されながら、今夜の部屋へ。

「当館は、山の傾斜に沿って造られた建物でして
階段が多く、エレベーターの設置がございませんので
お客様にはご不便をおかけいたします」と
丁寧な説明が有りました。

確かに・・・(苦笑)

泊まった部屋は別館3階という名目でしたが
大浴場や貸し切りのお風呂は、半地下?のような場所にあり
風呂上がりに自分たちの部屋に戻ってくるまで
なかなか難儀でした^^;

kazuさんは結局、大浴場には一度も行かず(苦笑)
中二階?構造の貸し切り風呂に一回入ったきり
あとはずっと部屋風呂でした。

HPにも予約サイトにも、階段が多い旨の説明が
ありますし、事前に了解した上での宿泊でしたので
特に不満はありません。

元気に歩ける内じゃないと来れない宿だな(笑)
というのが素直な感想^^




かなり古い建物だと思いますが、館内は素敵にリノベーションされていて廊下もピカピカ♪

f0208112_14214340.jpg

f0208112_14355555.jpg


客室は307「鈴蘭」

引き戸を入って右手にトイレ
左手が部屋入り口で、広い踏み込み

トイレが部屋の外側?という変則的造りながら
これといった不便も無く、快適でした。









f0208112_14362221.jpg


部屋は8畳和室に
3畳ほどの広い広縁

角部屋だったので
とても開放感があって
居心地が良かったです。

冷蔵庫も充分な大きさ。

このお宿は、全ての部屋が
違った造りのようで、洋室?も
あったのかなぁ、解ってません^^;

HPなど充実しているので
興味があればそちらで。




お着き菓子は、湖仙堂さんのきび餅 
クルミが入っていてすごく美味しい♪
温泉の何かの特集で見ましたけど
入浴前には甘いものを少し食べた方がいいとか。
それで、旅館などのお着き菓子も甘いものが
多いそうですよ。
f0208112_15001517.jpg

部屋に付いている源泉かけ流しのお風呂、ひとり用サイズですけど、横向いて並んで入れば
ふたりでも大丈夫そう?^^ 源泉温度は60度少し超えた位なので、熱め
蛇口が2つで源泉とお水が出るようになっています。熱めなので、最初は水を足しましたが
後は自分たちで調節しながら好きな湯温で入れるので、とても快適です。
夜中にむっくりと起きて、チャッポーンと^^ カラスの行水のようでも、何度も何度も入って
至福の時間・・・何にも代え難い幸せな時間でした。

f0208112_14413188.jpg

f0208112_14364061.jpg


部屋の大きな窓からは
湯河原の山並みが見えます。

広縁の椅子に腰かけて、ボーっと・・・

とにかく、いろんな思いが
グルグルと交錯します。

また来れるなんてね、温泉に・・・
病名を聞かされた時は・・
もう来れないかもね、温泉に・・・なんて

こんな感情の繰り返しだったから
今が本当に夢のようです。




湯河原温泉 オーベルジュ湯楽さんの宿泊記
相変わらず大雑把なブログになってますが、あと一回 
大浴場と貸し切り、そして美味しかった食事、書きます。






by satomi-kazu | 2019-08-03 15:33 | 源泉かけ流しの宿 オーベルジュ湯楽 | Trackback | Comments(10)