人気ブログランキング |

ずっとそばに 

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ

2019年 10月 20日 ( 1 )


2019年 10月 20日

いろいろな考え


kazuさんが退院してから、数件のお宿を予約していました。
湯河原、群馬と無事にキャンセルすることなく行けたのですが
今月予定していた某宿は、台風19号の影響で
温泉供給が止まってしまった地域・・・
正直・・・悩みました。数日いろいろ考えて
出した結論はキャンセル。
宿自体の営業はされているみたいなのですが、その地域一帯が
温泉供給が止まった影響でお風呂は沸かし湯で対応しているようです。

ヤフコメ?って言うんでしょうか?沢山の人達が
様々なニュースや出来事に対して、自分の意見をコメントするSNS
そこでも、今回温泉供給が止まった地域に対するいろんな意見を目にしました。
「こんな時だからこそ、応援する意味も込めてキャンセルせずに出かけてきます」
「温泉に入れなくたって、景色や食事、充分楽しめます」
「温泉と景観が売りで、温泉が出ないとなると死活問題だけど
こういう時こそ行って応援すべきだと思う」
などなど・・・
当然、否定的な意見もたくさんありました。

いろいろ読みながら、なんかキャンセルした自分が
悪者のような感覚になってきたりして^^;
ネット上の言葉の影響力は、こういうことでも
感じるものなのだなぁと実感しました。

けれど私は、正直に素直に・・やっぱり沸かし湯に入る為に
遥々出掛けて行く!という選択は出来ませんでした。
こんな時だからこそ!という感情が決して綺麗ごとだとは
思っていないけど・・・ワタシには
「こんな時だからこそ、応援!」という心の広さがありませんでした。

つい最近、私が体調を崩して仕事を休んだ時に
同じ職場の同僚や管理者に対して、すみません、ご迷惑かけて・・
という気持ちになり謝りました。
「お互い様よ、無理しないで!皆でシフト変更したりすれば
大丈夫なんだから、身体第一でね、無理しないで」と言ってもらえ
本当に有難いなと思いました。
困った時はお互い様・・・その気持、感覚・・・

うまく書けないのですが、今回のように被災地を応援する為に
「こんなときだからこそ!お互い様」というような感覚とは
ちょっと違うのかな・・という思いが正直あるのです。

こんなこと書いてると、また批判されちゃうかな^^;

なんだか話が大きくなっちゃうけれど
国民は、一生懸命働いた代価の中から、税金を支払うという形で
義務を果たしていると思います。国を管理する、税金を管理する
政治家やお偉い方達が、国民の血と汗の税金を無駄にすることなく
災害等を想定して、もっと強固な堤防やダムを造って欲しい。
なんてね・・末端の庶民はそう思うのです。


9月の台風15号 そして今回の台風19号
少なからず、実家や地元友人宅でも被害がでました。
ちっぽけな存在の私たちに出来る事は
身近な人たちに心を寄せ続けることなんじゃないかと。

実家の母親は、もう温泉に出掛けたり遠出するのは叶わないのですが
地元の友人が、被害を受けた家の修繕など・・落ち着いたら
一緒に温泉にでも行って少しでも癒されて欲しいなと思っています。







by satomi-kazu | 2019-10-20 14:23 | ひとりごと | Comments(12)