ずっとそばに 

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:湯河原温泉 ひばり荘( 2 )


2017年 09月 29日

湯河原温泉 ひばり荘 宿泊記②

                           
                        泊まった部屋は「うぐいす」鳥の名前が部屋毎に付けられているようです。
f0208112_18491478.jpg

                     10畳和室と広縁 奥には4畳ほどの次の間、襖の先に洗面所とトイレ バスルームもありました。
f0208112_18494742.jpg

                           L字の縁側も広くて、いい感じです。
f0208112_19926.jpg

                           お隣の部屋の縁側や、一階の部屋の縁側と庭も見えるんですが
                           丸見えというよりも、木々が生い茂っていて雰囲気がステキ♪

f0208112_18524431.jpg

f0208112_2128473.jpg

広縁の椅子はとっても座り心地が良くて
窓の外は、宿の入口付近を見下ろす景色

ここでも、木々が目に入ってきて
いい雰囲気でした。

灰皿完備(苦笑)

でも、匂いに敏感なワタシですが
部屋に入った時に煙草臭はしませんでしたし
古い宿にありがちな、カビ臭いような和室の
匂いも全く感じず、部屋に関しては◎

お世辞じゃなく、ホントに寛げる部屋でした^^



                       古い建物ですが、館内はどこも綺麗に掃除されています。階段も床もピカピカ
                       一枚板が埋め込まれたパズルのような床

f0208112_19152492.jpg

                       そして、この宿の特徴?というか、館内の至る所にたくさんの骨董品が並べてあります。 
                       これは完全に宿主の趣味のようですが、こういうの好きな方は楽しいかも。
                       写真はごく一部で、ホントに沢山ありました。

f0208112_19201180.jpg

f0208112_1925913.jpg

お風呂のご紹介

写真は貸し切りの岩風呂入口
すごく風情があっていい~雰囲気♪

男女別の内風呂が各1つ(入れ替えなし)
チェックイン(3時)から朝の9時半まで入浴可

貸し切りで利用できる露天風呂が2か所
チェックインから夜の11時までは貸し切り
朝は6時半から9時半まで、男女別になります。

貸し切りは、入りたい時にフロントに電話してからなのですが
メンドクサイなって最初は思ったけど部屋からちょっと
歩く場所にあるので、空いているかどうかを
確認できるので、良かったかも。



                         男湯内湯  宿が持っている源泉の説明書きがありました。
                         源泉温度は84℃ 湯量で調整してくれてあります。
                         体感は42℃くらいかなぁ ワタシにはベスト!!な温度です。

f0208112_19384980.jpg

                         女湯  こっちの方が広い湯船でした。 
                         昔ながらの?大浴場って雰囲気ですが、誰にも会わずに独占状態

f0208112_19385786.jpg

                  貸し切り2か所  桧風呂と岩風呂 母屋からスリッパを履きかえて「貸し切り中」の札を下げます。 
                  通路の真ん中に大きな池があって鯉が元気よく泳いでました^^;

f0208112_19484849.jpg
f0208112_19531837.jpg
岩風呂  けっこう広くて貸し切りには贅沢^^

無色透明 キレイなお湯がなみなみと・・・
ホントに気持ちいいお風呂でした。
洗い場もあります。


f0208112_19575394.jpg


f0208112_19593965.jpg

なんかぁ・・いい雰囲気なんですよねぇ
とっても気に入りました、ここの貸し切り&シアワセの足



f0208112_2003672.jpg


f0208112_2033022.jpg

こっちは桧風呂

岩風呂よりは少し、こぶりですけど
ここも貸し切りだったら贅沢な広さです。


f0208112_20183857.jpg


f0208112_20204043.jpg

お風呂の紹介がダラダラと長くなりましたが
個人的に、この宿は「風呂!」って感じたので。

温度といい(ワタシ的適温42℃)
あがった後のツルスベ感といい
決して主張しない微かな温泉臭といい
満喫させてもらいました。

濁り湯や強烈な酸性湯も好きですが
こういうくせの無い、おだやか系のお湯
いいですね&シアワセの足(笑)


f0208112_20205439.jpg


                         最後は食事のようす  食事処で、6時か6時半で。 
                         衝立がありますが、お客さんの声はよく聞こえました。

f0208112_23141290.jpg
f0208112_23172114.jpg

ちなみに、衝立の向う側・・
二人連れのおばさまの会話が聞こえてきました。
「割烹旅館って書いてあったから、楽しみにしてたけどねぇ・・・」
ふむふむ・・・(苦笑)


そうなんです^^; 

宿の入口看板には
「割烹旅館 ひばり荘」の文字が!!! 

何気にワタシも、駐車場に入る前に
その看板を目にして、淡い期待を^^;

以下 夕食朝食一気に載せます。



                 夕食は、アップグレードプランも有りました。(もう一品増えて、肉料理がもう少しボリュームアップのような・・)
f0208112_23245549.jpg

                      社長さんが、各テーブルを名刺を配りながら廻ってご挨拶。
                      「料理長が渾身込めた料理ですので・・」との説明。えーーー?そうなの?(苦笑)
                      平日@14040 なのでね、正直、まぁこんなもんかなぁとは思います。
                      だけど、宿の冠に「割烹」って付けちゃうのどうよ??っていうのが素直な感想でしたね。
                      隣のおばさまふたり連れのボソボソ声・・ワタシも同じ感想です~^^;

f0208112_2325221.jpg

                    朝ごはん シジミのお味噌汁が絶品でした! しかも、冷めないようにコンロで温めておけます。
                    なんだかものすごくシビアな感想を書いちゃうと・・・・
                    食事内容に関しては、朝のシジミのお味噌汁の印象しか残ってないという(苦笑)

f0208112_23383651.jpg
f0208112_23443684.jpg
朝食後は、セルフで珈琲が飲めます。

なんでしょうかねぇ・・・
これくらいの宿泊料金なら、妥当な料理内容なのか?
いやいや、1万とちょっとのお宿でも、創意工夫して
美味しいもの出してくれる宿は有る!

例えば、食材自体がそんなに高級じゃなくても
作り手のあったかさ?みたいなものを感じれる料理って
あるじゃないですか・・心がこもってるのが伝わるような・・・

贅沢言ってる!(← 友近@水谷千重子風~)


まぁそんな感じでした。
何か一品でもねぇ・・・
これ!美味しいね!ってのがあったらねぇ



f0208112_23545610.jpg

湯河原温泉 ひばり荘 泊まった感想

新しい経営者の社長さん、ニコヤカにテーブルを廻っての挨拶
「是非 ご贔屓に、よろしくお願いいたします」
自家源泉の素晴らしさに誇りをもっているようすが伺えました。
古い建物の良さを残しつつ、館内もお風呂も清潔で
昔づくりの和室も居心地が良く、大ベテランであろう仲居さん達も
付かず離れずの笑顔で接客。(骨董展示はあいにく興味が無かったけど^^;)
騒がしくなく、ゆったりと静かな時間が流れる滞在。
何と言っても、源泉掛け流しの優しいお湯。

兎にも角にも・・・食事内容かなぁ
あ~でもやっぱり、そこまで期待するなら
@20000以上は払いなさい!ってことなんだろか(苦笑)

う~ん、ホント宿選び、宿探しって・・・難しい


by satomi-kazu | 2017-09-29 00:12 | 湯河原温泉 ひばり荘 | Trackback | Comments(14)
2017年 09月 27日

湯河原温泉 ひばり荘 宿泊記①


f0208112_23264722.jpg

自宅から近場の温泉に行こう!ということで
湯河原温泉に行ってきました。

走行距離は、100キロちょっと
時間にしたら1時間半くらい。

宿探し、今回はワタシ^^;

値段とか・・値段とか・・・値段とか(笑)
で、選んだお宿です。

湯河原温泉 ひばり荘 @14040(税込)平日

部屋の大きさや、休前日で料金アップします。



f0208112_23322836.jpg

しっかし・・・湯河原って
いろいろ見てたら、結構高級旅館多いんですねぇ(苦笑)
「石葉」  平日@33000~53000 清水
「結唯」  平日@30000~62000 清水
「ふきや」 平日@32000~45000 清水
「海石榴」 平日@35000~86000 目ん玉

ふたりで一泊17万越えって・・・どんな物食べさせて
くれるんでしょうかねぇ(苦笑)

生きてる内に泊まる事・・あるんだろうか?^^;

上記の宿に比べたら、ふたりで税込28080のひばり荘
半額以下です。



f0208112_23512919.jpg

さて、自分で選んどいてなんですが(笑)

「おしいっ!おしいなぁ~」

お湯は、とにかく良かった!
久し振りに、「温泉力」みたいなものを
肌で感じられ、もう~何回も入りました。

部屋も、昔ながらの純和風で、妙に落ち着く空間と
L字の縁側は、風情を感じる造りで、下を流れる川音も耳に心地よく。

なんか!いいじゃん♪ いいよね?ねっ?
なーんて、ドヤ顔でkazuさんに言ってたんですけど・・・

ご飯がねぇ(笑)ホントおしいなぁ

いや~ よくテレビかなんかで
宿再生のプロフェッショナルみたいな人が
凄腕で、傾きかけたお宿を、みるみるウチに
人気旅館に変えちゃう・・みたいなの(笑)

まさしく・・・ご飯が画期的に変わったら
予約の取り難いような大人気宿になるんじゃない?
って、本気で思いました。(個人的感想)



f0208112_0142342.jpg

ピッカピカの玄関板の間

築80年?とかだったかな
夕食時に社長さんが名刺を配りながら一組ずつの
テーブルを廻って、挨拶していた時に話してくれました。

東日本大震災後 以前の経営者が宿を閉館
2年前から、今の社長さんが買い取って再開したとか。
元々は、ひばり荘のお客さんだったようです。

ふむふむ・・いろいろ歴史がありそうなお宿ですな。

駐車場に車を置くと、中からベテランな風格を漂わせた
作務衣姿の仲居さんが出迎えてくれました。



中途半端ですが、ちょっとここまで。  また続き書きます^^;

by satomi-kazu | 2017-09-27 00:31 | 湯河原温泉 ひばり荘 | Trackback | Comments(10)