ずっとそばに 

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:箱根 強羅 月の泉( 2 )


2015年 04月 21日

箱根 強羅 月の泉 宿泊記③

f0208112_1225871.jpg
さて! 
強羅のお宿、宿泊記も食事編で最後です。

夕食も、朝ごはんも一階の食事処で。
思ってたよりも狭いです。

この部屋の引き戸を載せたのは、ひとつ理由が・・・

人生の大先輩であろう着物姿の仲居さん
何度となくこの扉を開けて、料理を運んでくれるのですが
いきなり「ガラッ!!」と開けて入ってくるのですよ。
最初は、「おっ!?ビックリ~」って感じでしたけど
その後も、「失礼します」の一言も無く、ガラッと開けて
入ってくるので、もうーそりゃ耳障りで(笑)

いや!笑えない、どうかと思いましたね・・・高級宿なのに←(そこ?・笑)



f0208112_1213837.jpg
最初に注文したお酒など・・・

カメラに残っている写真を見返しても
印象に残ったお料理は残念ながら無し。

ガラッガラッと何度となく引き戸を開けられ(笑)
落ち着いた気分で夕食を楽しむ?雰囲気でもなく
・・・何と言っても、夕食の一品一品の量が少ない。
殆どがひとくちサイズ。

最後に出されるお肉の時に、鼻の穴ふくらまして言いました。

「ご飯も一緒にお願いしまーす!」と。

なにひとつおかずが残っていない状態で
白飯と味噌汁だけすするっていうのは、何としても避けたかった(笑)



f0208112_12214013.jpg
自称 酒屋になりたかったkazuさんの薀蓄では
ワインの品揃えは、それなり?ハイクラス宿なら普通か!のレベル

でも、私的観測では、何か追加料理でも頼まない限り
あの量とラインナップの料理で、ワインをフルボトルで
空にするのは至難の技かと・・・

色々書きますが、あくまで大食漢の私個人的感想ですので^^;
世の中、小食の方も沢山いるわけで。


f0208112_12215871.jpg


f0208112_12321459.jpg

と言う感じで、宿泊料金に対する、料理の満足度は
残念ながら感じなかったというのが素直なところ。

「さーー諭吉3枚の宿!! どんな料理が出るの~?」
と、ワクワクソワソワしながら臨んだ私のハート♪は
しょぼーんな結果に(笑)

kazuさんが仕事関係のお知り合いの方にこんな風に
言われたそうです。

「高いお金出しても、旅館料理は所詮そんなもの
美味しい日本料理を食べたいなら、料亭に行くべき!」

いやー これこれ^^; ホントにそう思っちゃった。
なので、料理の感想は最後にちょこっとだけ(笑)



f0208112_1252447.jpg
f0208112_1256021.jpg
f0208112_12565147.jpg

f0208112_12591243.jpg

デザートもねぇ・・・

お品書きには、「小豆ソースかけ」とありましたが
普通のあんこがちょろっと乗ってるだけという^^;
ソースでも何でもない。

切っただけのキュウイに苺・・・

デザートひとつ取っても、毎回手作りの心のこもった
ケーキ等を出してくれる伊豆の某宿と比べたら・・・(笑)

文句言うなら、そっちに行きなさい!ですよねぇ
ハイ♪ そうしまーす^^



f0208112_1365591.jpg

続けて朝ごはん

これはっ!! おっ~という一品が^^

やっとお目見え♪

とろろに、蒸しアワビが添えられています。

夕食時に、朝の選べる魚の種類を聞いてくれるのですが
その時に、とろろに添える物も、蟹かアワビお好きな方を
と、選ばせてくれます。

柔らかく蒸されたアワビも美味しくて満足の一品♪



                   とろろかけご飯♪ 私の大好物^^  美味しかったです! これはずっと朝食のメニューに残すべき!と思いました。
f0208112_13154024.jpg

                   その他、朝食はこんな感じでした。
f0208112_13181666.jpg
f0208112_1318269.jpg

                   朝のお味噌汁はパフォーマンス的な出し方をされてましたねぇ・・・熱く焼けた石を、鉄鍋の中に投入。 
                   「いつまでも熱く頂けます」と説明していました。

f0208112_13232854.jpg

f0208112_13255356.jpg

朝のデザートも・・・

取り敢えず何か出しとかないとって
感じだったかなぁ

キレイなグリーンのお茶はすごく美味しかった。

どこのお茶ですか?って仲居さんに聞いたら
聞き間違いで無かったら、確か、ぐり茶って言ってたような。



f0208112_13304873.jpg
宿泊後感想など

我が家には、超贅沢価格@30000越えのお宿
総じての感想は、やっぱり期待外れな部分が多かったかな・・

部屋そして部屋に付いている露天風呂、これに関しては◎♪

広さも清潔感も申し分なかったし、備え付けのネスプッレッソマシーンも
貧乏性な私達には、嬉しいサービス!
@25000までだったら、再訪有かな?という印象。

夕食に出されたアワビの踊り焼きや和牛も、ただ食材を網に乗せて焼くだけ・・・
ハイクラスな宿だったら、何か調理方法にも工夫が欲しかったところです。

「ご飯おかわり出来ますので、どうぞ」と夕食時に言われたけど
何をおかずに食べたらいいの?と(笑)



f0208112_13435868.jpg
比較的低料金の宿にありがちな、一気出しでも無いので
一品一品、食べ終わったら下げるの繰り返し。
なので、テーブルの上は何もない状態。

おかずが何も無い状態で、最後に運んでくるご飯を
おかわりどうぞって・・・
不自然な気がするんだけど、私だけ?

それだったら、「夜食用に、おにぎりをご用意します」の方が
よっぽどサービス精神に溢れていると思う。

最初にも書いたけど、私には量が少なくて白飯が
待ち遠しかったくらい(笑) 

お腹パンパンで苦しい~~っていう状態では全く無かったと
付け加えて、このお宿の宿泊記をおしまいにします。



f0208112_1354282.jpg

気を取り直して(笑)


4月はこれまで雨が多かったですよね。

私達が箱根に行った日も、ずっと雨でした・・・

が、翌日は暑い位な夏日に。


久し振りの箱根湿生花園に寄ってみました。



                                     ちょうど水芭蕉の見頃でした。
f0208112_13591097.jpg

                                       かたくり
f0208112_13592882.jpg
f0208112_1425337.jpg
f0208112_143940.jpg

                                    気持ちよく晴れて、花園内を散策するには絶好の日和でした。
f0208112_1444559.jpg
f0208112_1462728.jpg
f0208112_1481376.jpg

                        日傘~ 有って良かった~^^ って車に積んで置いてくれたのはkazuさん(笑) さすがです(^^)v
f0208112_1413666.jpg
f0208112_14172765.jpg

f0208112_14195276.jpg
f0208112_14215889.jpg
f0208112_14281748.jpg

                             箱根強羅一泊の旅 おしまい^^ 二日目は晴れて、気持ちいい散策が出来てよかった♪

                             次回・・・伊豆高原のあの宿を初めて通り過ぎて~(笑)泊まった、東伊豆の宿へ続く(^^)v


by satomi-kazu | 2015-04-21 14:39 | 箱根 強羅 月の泉 | Trackback | Comments(22)
2015年 04月 15日

箱根 強羅 月の泉 宿泊記②


f0208112_2031191.jpg

強羅 月の泉 宿泊記続きです。

部屋入口

ドアはマンションドアのような感じ

重厚感はありました。



f0208112_20335528.jpg

入ると、奥に長い廊下


右手が和室  左手にはトイレ


突き当たりに、洗面、シャワーブース

露天風呂があります。



f0208112_2037191.jpg
前回、和室はアップしたので省略。 洗面台、いたって普通^^;

アメニティ・・・など、滅多に写真に収めない私ですが
値段が値段なもので(笑) 取り敢えず。

女性用に、化粧水と乳液のセットがありましたが、男性用は見当たらず・・・
と思ったら、宿のロゴが入った袋に(カミソリなどと一緒に)
アフターシェーブローションが入ってました。


f0208112_2042057.jpg


f0208112_20445618.jpg

女性用のアメニティ

ん~・・・こんなものでしょうかね?
このくらいの価格帯の宿は超久しぶりなので
アメニティの充実度がどれくらいなのか・・さっぱりなんだけど。

でも、率直に感じたのは・・・「もうちょっとなんかねぇー(笑)」

タオル掛けは大きなもので、使い勝手が良かったデス!


f0208112_20485915.jpg


f0208112_2053336.jpg
バスタオルはひとりに2枚
地下の内湯には、タオルの設置が無いので
部屋から持って行くのだそうです。

布団のシーツやバスマット、タオル類にも
宿のロゴ刺繍あり。

こういうとこは、経費かけてますねぇ^^;


f0208112_20555210.jpg


f0208112_20585454.jpg

浴衣と作務衣ふうのパジャマ有り。

夕食処も、この作務衣ふう~で良いとのことでしたが

なんか、すごーく大きくて(笑) ちょっとだらしない感じに^^;

寝る時だけかな。



f0208112_2124338.jpg
洗面台の隣に、シャワーブース

水圧申し分なし!

扉を開けるとすぐ露天風呂♪

動線もバッチリでした!

露天風呂側からはこんな感じ。


f0208112_2182073.jpg


f0208112_21111592.jpg

テラス付きの露天風呂です。

全9室
配置や風呂の形などが、部屋ごとに違うようです。

大人が3人はゆったりと浸かれる大きさで
とにかく快適♪

温度調節も出来るようですが、我が家には適温で
滞在時に調整したことは、ありませんでした。


f0208112_2113289.jpg


                      和室から、テラス、露天風呂方向  デッキチェアが置いてあるテラスが広くて気持ちいいです。 
                       お風呂上りに、椅子に腰かけて飲むビール♪ 至福の時間でした。

f0208112_21205586.jpg

                      お湯は、さほど特徴のない?おとなしめの温泉でした。 
                       何度入っても湯疲れすることなくて、いつまでも浸かっていたくなるお風呂でした! 
                       循環有りですが、常に源泉が掛け流されています。

f0208112_2128167.jpg
f0208112_21335771.jpg
宿のパブリックスペースが、はっきり言って貧弱なので
お宿の施設を楽しむ(ロビーやラウンジ、庭とか)
という感じでは無く、完全なお籠り宿ですね。

ロビーにあったソファに座って、何かサービスの
提供ってあったのかなぁ・・・

でも、部屋にネスプレッソがあるから、わざわざあそこで
珈琲を飲むって感じじゃないし・・・

それと、内湯に水の用意とか無かったように記憶しています。
(不確かなので、もし設置してあったらゴメンナサイ^^;)
あれくらいの値段だったら、湯上り処に水は置いて欲しい。

と・・・やや?辛口モードになりつつありますが(笑)
今回はここまでで、食事のアップで最後にします!




by satomi-kazu | 2015-04-15 21:44 | 箱根 強羅 月の泉 | Trackback | Comments(10)