人気ブログランキング |

ずっとそばに 

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2009年 06月 30日

制服と後日談

週4日のパートなので、いきなり今日は休み^^;
まぁ、どっと疲れが出ているので休みで良かったぁ

会社指定の制服を着て仕事をするのは・・・何度目だったかなぁ
1回・・2回・・・3回目だ!高校を卒業して今日まで、結構いろんな仕事に就いたけど
自由業のような仕事が多く?(自由業って何さっ^^;)制服を着て従事したって記憶が
あんまり無い。

で・・今回の制服

f0208112_14163461.jpg
事前に〇〇号サイズでお願いします!と言ってたのに・・・

昨日用意されてたのが、聞き違いがあったのか何なのか

2サイズも小さかった(泣)

クーラーのスイッチも解らず、蒸し暑さ全開の更衣室で

2サイズも小さな制服に腕を通す・・・

ベストの前ボタン・・・更にスカートのファスナー・・・

締まるわきゃぁ無いよ(大泣き)

どうしよう・・・どうしよう・・・一発目からもう落ち込みモード

仕方がないので、私服に着替えなおして上司に説明。

「あら~そうですか・・制服ってそれでなくても小さめに出来てますからね、ちょっと在庫を探してみます」今思うと、この上司の一言ってかなり大事だったと思う。



現実に私はその一言に救われた。

あの時、憮然としょうがないわね~的な態度を取られたら、もしかしたら・・・次の日になって

「あの、私に出来そうにない仕事なので辞めさせていただきます」って・・・なっていたかも

結局、1サイズ上の制服があってそれを着たのだがそれにしたって、私のサイズよりまだ1サイズ小さいのだ・・

窮屈なブラウスの二の腕周り、ピチピチになった前ボタン、大きく息を吐いたらはちきれて飛んで行きそうなファスナー なんか笑えない・・・可哀想・・わたし(爆)
決して小柄な痩せ体型じゃないので、標準サイズで作られた制服っていうのは、どうしても合わない。

初日の緊張感と、体を締め付ける小さな制服・・・ホントに泣き出したくなる気分だった。

結局、明日からは私の指定したサイズの制服が会社に届いているという事だったので、取り敢えずは一安心

なんだかね・・・結局は全てが周り周って 「人」 なんだなぁと感じた仕事初日だった。

超便利な世の中になっていても 基本はやっぱり人間対人間・・・ちょっとした一言でどんなに気持ちが

落ち着くか、安らぐか・・・慣れない職場で誰ひとり知らない人達の中・・40過ぎのおばさんが右往左往。

中にはいましたよ・・・あ~やっぱりこういう人はどこにでも居るんだなぁって人も・・・

挨拶したって、返しゃしない・・・まっどうでもいいけど、そんな奴

by satomi-kazu | 2009-06-30 15:04 | 日常 | Comments(9)
2009年 06月 29日

明日から

出稼ぎに出ます^^

いやぁ~実際に4つ面接して(この一ヶ月間で)採用して貰えたのが
明日から行く会社だけでした。ありがとう~♪

社会と関わってこなかった数年間のブランクもありますが
何とか頑張ってまた自分の視野が広がればいいかな・・・と。

f0208112_02155100.jpg

パート決定のお祝いに旦那さんが小さな花を
買ってきてくれました!

黄色は大好きな色です♪ ありがとう~

頑張らねば036.gif化粧バッチリしてね~

by satomi-kazu | 2009-06-29 00:27 | 日常 | Comments(9)
2009年 06月 25日

負傷中につき

美味しいものを食べれなくなったり、好きなお酒を呑めなくなったら
生きてる楽しみが無い!と言い切る、我が夫が負傷中・・・
で・・・しばしのおあずけ 晩酌酒

f0208112_1316280.jpg
痛々しい姿で帰宅 上唇と左手人差し指がパックリ・・・

傷口を押さえていたハンカチが鮮血で真っ赤・・・

応急処置しようにも鮮血が止まらないので病院に行くことに。

上唇4針 左手人差し指3針

処置室で若い男の先生から色々と説明を聞いて、そのまま処置室に居残ったが 
「はい、麻酔打ちますよ~痛いですよ~」の声に
我が夫では無く、私の上唇が痛さでブルブル(爆) 

ダメなのだ・・・人が痛がってる姿を目にすると

自分まで痛くなってくる・・・「外出てます」 
若い先生 「その方がいいですね~」

一週間後に抜糸。2、3日はアルコールを控える旨・・・

「ビールが呑めないのが一番辛い」 上唇を腫らしながら我が夫

2、3日の禁酒・・・私も付き合うか


駅の階段で転んで 計7針縫うケガ・・・
両手がふさがっていて、手をつけずに顔を強打 鼻が骨折しなくて本当に良かった。
ちょうど一ヶ月前の今日、奥飛騨の旅に出掛けた。
旅行前じゃなくて良かったね。

皆さんも予期せぬケガ、事故にはお気をつけくださいませ~

by satomi-kazu | 2009-06-25 13:38 | 日常 | Comments(12)
2009年 06月 22日

スーパーな人々

マジでクレーマーになっちゃうぞっ!って事が多い今日この頃^^;
毎日のスーパー通いには新しい発見あり・・・そして新しい苦情あり・・・(爆)
もしかしたら、私って 駅前スーパーの要注意人物!とかになってて売り場のバックヤードに
「社員の皆さんへ お知らせ事項・・・以下のようなお客さんを見かけたら要注意!彼女はクレーマーです!」
なぁ~んてね041.gif 

こちら、毎日のように通うスーパー
f0208112_2244312.jpg

こちらは、3日に一度くらいのペースかなぁ・・・単価が高いしぃ~
ちなみにこのビルは上層階が住居になってて、あのキングカズ!の奥さまが住んでいらっしゃいます
え?キングカズ本人は?って・・・見かけた事無いので解りません^^;奥さまの方は、駅周辺で何度か
拝見しています(同じ人間とは思えない・・・8頭身というより10頭身だな・・・) 余談でした・・
f0208112_2245676.jpg

さて・・・スーパーな人々 青果売り場編

枝付きの枝豆が店頭に並び出した。 ビールのおつまみにウチでは欠かせない。

時期じゃない時は ほとんど冷凍ものだけど、生の枝付きが出始めるとそれを買う。

旬のものだし、青果売り場でも「エンド」といって通常ディスプレイしている棚では無くてお客さんの

動線で、一番目立つ良い場所に積まれていた。 でもその積まれた場所には値札のプライスカードが

何も無かった。 「あれ~これいくらなんだろ? 旬だから結構するかもなぁ・・いくらだろ?」

と、思いながらプライスを探すもやっぱり無い。 そうしていると、大きな台車を押しながら

バックヤードに入って行こうとする従業員(いや多分 パートのおばちゃんだな)がいた。

呼び止めて聞く。

「この 枝豆いくらですか?値札が付いてないから 
わかんないんだけど・・・」


台車を押してバックヤードに行こうとしていたのを 呼び止められちょっと不機嫌そうな面持ちで

「あれ~値段出てないですか?私、この売り場じゃないから
解らないですね~」
と言いながら

枝豆の袋をひっくり返した。すると 袋の後ろに小さなバーコード入りのプライスが貼ってあったのだ。

「あーお客さん、ここに貼ってありますよ。498円ですって」

もうね・・・この売り場じゃないから、の一言で血管が1、2本切れてた私は

「こんな小さなプライス解るわけないじゃない!こんなにエンドに山積みしてるなら、でっかいショーカード作って、ひと目で値段が解るようにするべきでしょ!」
(イヤに専門用語とかに詳しい私がいますが・・実は前職でスーパーやコンビニ
などを周って営業もどきの仕事していたので^^;)

ここでも おばさん動じなかったですよ~

「あ~そうですね、売り場の人間に言っときます」 

もう完全にぶち切れました。 おばさんは売り場の人間じゃないわけ?

そのスーパー内で働いてるなら、みんな売り場の人間でしょ。 何度かこんな事あってもたいがいは

当の本人とやり取りして終了~ってなるのですが・・さすがに、先日の鮮魚のおじさんと今回の

「売り場違うんで~」のおばさんの一件は、責任者=(この人だって売り場の人)に伝えましたよ

青果売り場の責任者は平謝り・・すぐ解るようにプライスカードを作ります!と・・・

まぁそれもそうだけどさ・・・何なのさ この人と為り・・・こんな対応って有り?

「値札すぐ付けますね~すみません~」 の一言でいいじゃないですか。 

なんだかもの凄~く虚しくて悲しい気持ちになっちゃいましたよ・・・

パートでも何でもその会社入って、最初に基本的な教育って受けるものじゃないの?

スーパーでそういう接客を期待するなって? なんかね・・・違うっ!違うっ!違ーーーっう!って叫びたい。

はぁ~なんでスーパー行ってストレス溜めて帰ってこなくちゃならないんだろ007.gif007.gif

あっ!そういえば こないだの鮮魚売り場の「魚 調理致します」立て札の脇に 今日新たに・・・

「魚の調理は午後5時までとさせて頂きます」 だってさ・・・

午後5時過ぎたら鮮魚売り場で働く人は みぃ~んな帰っちゃうんでしょうかね・・・はぁ~ぁ

by satomi-kazu | 2009-06-22 23:17 | 日常 | Comments(10)
2009年 06月 21日

クレーマー?

毎日の夕飯買出し 近所のスーパーへ それこそ出勤簿作ってもいいくらい、ほぼ毎日通います。
時間帯は様々だけど、毎日のように行ってると色んな事が見えてきたり、実際に自身が体験したり・・
そんな中 最近いやに頻繁に出くわしてしまう店に対してのイライラ

         ちなみに下の写真のスーパーではありません、セレブご用達の、このスーパーには
         滅多に買出しなんて行けません^^;
f0208112_12441590.jpg



生カツオの切り身が柵になって陳列してあった。程よく脂も乗っていて赤身もきれいで

「今夜はカツオのお刺身にするか・・」手に取って、見上げると 「魚 調理致します」の文字が・・

刺身包丁も無いし、上手く切れなかったら嫌だから、店の人に切って貰おぅっと♪

「すみません、これお願いします」と、通路側から、店の人達が作業している方に声をかける。

60歳近いおじさんが、まな板の前で作業しながら、苦虫つぶしたような形相で こう応えた。

「悪ぃ~ 今、ここパニックでさ~出来ないわ~」

一瞬 耳を疑った・・・私ってお客さんだよね?あのおじさんの知り合いだった?顔見知りだった?

「でも、ここに調理しますって書いてあるじゃないですか」私も負けてない。

「夕方の忙しい時間はさぁ 出来ないんだよね」 まな板の上で作業の手を止めずに
おじさんも負けてない。

「だったら、この調理しますって表示は下げといてくださいよ」

「あ~そうだね~ それも出来ないくらいパニくってるのよ」

カツオの柵パックを購入しなかったのは、もちろんですが・・・アドネラリンが体中を駆け巡り血圧が上昇する

のが自分でも感じるくらい気持ちが収まらず・・・しばらくその売り場周辺を動けなかった。

と、ふと前に目をやると、胸のネームバッチにでっかく 「店長」の文字が!!

「これ言うしかないっしょ」 事の成り行きを一通り話した後 店長さんが鮮魚売り場に向かったのは

言うまでもありません。サービス業ですからね!こういう対応は(鮮魚売り場のおじさん)いけません。

たかだか@580のカツオの刺身だけど・・・確かにこの日@580の鮮魚の売り上げを、あのおじさんの対応で

逃したのです。 更にちょうど、近くにいた主婦やその他けっこうな人達が そのおじさんと私の会話聞いてて

同調してくれてる空気も充分感じられたので、たった@580の売り上げ以上に 店に対する印象・・損失は

大きなものだったと思います。そんなある日の出来事でした。

このスーパー・・・実はこんなもんじゃないんですよ・・色々あるのが・・・

なんせ、ほぼ毎日ですからね、買出しに行くのが・・・

by satomi-kazu | 2009-06-21 13:30 | 日常 | Comments(6)
2009年 06月 19日

国立のフレンチレストラン

      私たちが住む東京 国立には、小さくてお洒落なフレンチのお店が数多くある。
      もちろん、都内とは比べようもないが、人口に対しての飲食業の数はそれなりに多い・・・
      あっそうそう美容室の店舗数も人口比からしたらもの凄く多いらしい・・・
      きっとセレブな奥さま方は一ヶ月に一度美容院・・・いいや一週間に一回は行ってると思われ005.gif
      だって・・あんなに美容室があるのに潰れたって話し聞かないもん045.gif
      話が逸れました・・・久し振りに国立北口にあるフレンチレストラン「シェルドリヨン」で外食。
      オーナーの村上氏はミクニでスーシェフ(副料理長)を経て国立にお店を構えたそうです。
     
トウキョウエックス豚バラ肉のロースト レンズ豆添え@1800
見た目ものすごくボリュームありますが・・実際・・・かなりのボリュームです。
このお店、メインの一皿を二人で食べてちょうどいいくらい、ほんとにボリューム満点なのです。
もうひとつメインの肉料理を頼もうとすると、スマートな接客の女性が「量はかなり多いと思われますが・・大丈夫でございますか?」
と聞いてくれる。 そう・・このお店、お値段はリーズナブルなんだけど、ボリュームがあって美味しいフレンチが食べれるってことで
ランチ時もいつも満席・・・ディナーに至っては、予約が取りずらい超人気店なのです。

f0208112_21145889.jpg

オードブルの盛り合わせ これで@2000くらいだったかな?ワインを呑みながら美味しく頂きます。
ちょっと食べちゃってから写真撮ったので・・食い散らかしてます(汗)
f0208112_21245888.jpg

サラダです。 これはちょっとイマイチかなぁ・・・なんか大味って感じでした。野菜の量も多くて食べきれないくらいなのに
フランスパンも一緒に入ってこれだけでお腹いっぱいになってしまうのです。

f0208112_2131484.jpg

ワインの種類が常時20種類以上置いてあるので、ワインを呑みながら家庭的なフレンチを楽しめるお店です。店内はさほど広くなく
隣のお客さんと割りと近いので今回はオバサン根性もなりを潜め^^;写真を撮りまくり・・・というわけにもいきませんでした。 
まっワインを呑み始めると私も旦那さんもほろ酔い気分なのでついつい写真は忘れてしまうんですよね^^; 

ワインをボトルで、料理は二人で3~4品、最後にデザートを頼んでお会計はだいたい一万円ちょっと。
あの味とボリューム・・・ワインも入っているのでかなりリーズナブルだと思います。

人気店で予約が取りずらいのが玉にきず・・・自宅マンションからも徒歩5分程の場所なので
記念日やお給料日には利用したいお気に入りのお店です。

by satomi-kazu | 2009-06-19 21:57 | そとご飯 | Comments(2)
2009年 06月 18日

いろいろと・・・

               なんだか今日は、いろいろと朝から嬉しかったり・・・
              長いお付き合いの友人だったり、ここ数年の付き合いの友達だったり・・先輩だったり
             ネットの中でのお付き合いの方だったり・・・いろんな人と関わって生きてる自分     
f0208112_030819.jpg

              もちろん、いつもどんな時も私を応援してくれる旦那さん
             
            なんだか今日は、いろんな人に ありがとう!を伝えたい気分♪

              落ち込んだり・・悲しかったり・・泣きたくなったり・・自分の気持ちさえコントロール出来ずに      
             真っ暗の闇夜のような空間に、自分はひとりぼっちになってしまったような錯覚・・

           月並みな表現だけど・・今日感じたのは・・やっぱりひとりじゃないよ!って・・

            大切な大事な人達が、私の周りには居てくれるんだって

by satomi-kazu | 2009-06-18 00:46 | ひとりごと | Comments(15)
2009年 06月 15日

厳しい~・・・

何気に、今1年半以上のブランクを経て就職活動中。
せっせとハローワークに通い、週末の新聞折込チラシの
求人広告は隅から隅まで・・・

f0208112_18134754.jpg
何年振りかで履歴書を書いてます・・

もう何通書いたかなぁ・・

「これいいな!」と思う仕事は他の多くの人だって
いいなぁと思うわけで・・・

で、競争率も激しくなり・・・

「今回はご縁が無かったということで」の知らせを

何度か聞いた。

世の中甘く無い・・・実感


                なんとなく・・街の紫陽花も・・
f0208112_1821480.jpg

                淋しげ~・・・
f0208112_18234474.jpg

                な感じ?って写真撮ってる場合じゃないって?008.gif
f0208112_18224979.jpg


           前職を病気治療で辞める時、優しそうな顔して上司はこう言った。

           「元気になったら、またいつでも戻ってきていいから」

           今も従事している仲の良い仕事仲間から近況を聞く。

           「なんかね・・・もう多摩地区は人員増やさないって・・・」

           ちっ!・・・やっぱね、まさしく社交辞令ってこういう事を言うのよね。

by satomi-kazu | 2009-06-15 18:35 | 日常 | Comments(10)
2009年 06月 13日

記憶に残る旅

    ここ数年で、随分と色々な処へ連れて行ってもらった。
    カラスの行水だった私が温泉に宿泊する一晩で何度もお風呂に浸かるようになるなんて・・・
    そのカラスの行水の頃にも何度か旅行には行った。
    仕事の関係もあって殆どが一泊の近場だったけど、その頃の旅行写真って可笑しいくらい人物中心。
    ・・・いや、旅した時の写真ってそれが普通ですけどね。 
    今は、こうしてブログに載せるって目的もあって建物や風景、お風呂、食事内容・・・これでもかっ!      
    ってくらいカメラ構えて、もの凄い格好して・・こんな客・・宿からしたらエライ迷惑だろうなぁなどと思う・・    
    と、言いつつ心の中じゃ「記念!記念~!」
    まさしくオバサンパワー全開。ということで以前訪れた温泉の写真・・・淋しいもんです。
    人物が写っていないのはほんの数枚。
    ボカしてアップしようにも、ぼかしようの無いくらいバカでかくVサインポーズ、でハイ!チーズ状態。
    笑える・・・
    
    でも、やっぱり記念なので、忘れないように淋しい写真だけでもアップしとこうかと・・・

f0208112_1822432.jpg


2007の5月に行った河津 

中伊豆を抜けて 「浄蓮の滝」へ


たった2年前なのに・・・

もの凄く遠い昔のような気がする。

この2年間で大病したり・・・
いろいろあったから?

今日までの人生で一番一生懸命に生きた
2年間だったかもしれない・・・


f0208112_18241786.jpg

わさび畑がすぐ側に広がって
平日でも結構な人がいたっけ・・・


f0208112_18361792.jpg

で、Vサインとまではいかなかったが

熟年のご夫婦の写真を撮ってあげたら

「ご一緒に撮りましょうか?」と言われて

お願いした写真。

2年前だけど・・・
なんだか、あたしったら若いじゃん

と言ってみる・・・

誰も言ってくれないからね・・


f0208112_18424114.jpg

泊まった宿 河津にある

料理の宿 「さこ田」

2階の部屋から見た風景

新緑の頃でやっぱり緑が

綺麗だった


f0208112_18462622.jpg
貸切り露天風呂

最初にも書いたけど昔からお風呂はカラスの行水なわたし。
旅館に泊まってもお風呂に対しての期待感なんて無いに
等しかった。

入れればいい・・・それくらいの感じだった。

だから、貸切り風呂に入ったのは、たぶん記憶にある中では
此処の風呂が生まれて初めての経験だったように思う。

小さかった・・・二人でめいっぱいな広さ。ふ~ん・・貸切り風呂ってこんなもん?


f0208112_18555163.jpg

部屋のベランダの奥に付いてた露天風呂

どちらかと言えば木のお風呂が好きだったけど
写真の撮り方が雑ですよね~
(なんかどーでもいいって感じ^^;
しかもこれ一枚しか無いし・・

でもこのお風呂・・・なかなか良かった。
今でも凄く印象に残ってる露天風呂のひとつ。

星空が・・・ハンパじゃなかったのです。

まるで降ってくるような満天の星をこの湯船に
浸かりながら鑑賞出来た印象深いお風呂。

ふ~ん・・・温泉っていいじゃん、お風呂っていいじゃん
他の人の視線を気にせず入れる部屋付きのお風呂や
露天風呂っていいな・・・

40過ぎて遅ればせながら、温泉っていうものに
目覚めた思い出深いお風呂

良かった・・一枚だけだけど残ってて・・


f0208112_1914736.jpg

宿の食事

料理宿って名称なので?かどうかは
定かじゃないけどご主人が部屋まで来て 
生きてる伊勢海老をさばいて刺身にする様子をパホーマンス的に見せる事を売りにしているようです。

私達も例に洩れずその包丁裁きを見させて頂きましたが・・
写真は撮り忘れ・・まっそんなもんでしょう。

最初っから船盛りの中に入れてきてくれてもよかったと思われ・・


f0208112_19221772.jpg

金目鯛の刺身がドーーンと乗っかった船盛り
焼き魚 茹でカニ 伊勢海老の甲羅焼き・・・
牛肉ステーキ・・・天ぷら(やっぱり出す?)

色々盛りだくさんの・・・頑張ってる系のお料理の数々


f0208112_19315396.jpg

二人では食べきれないくらいの量でした。
あれもこれも・・・っていうのもどうかなぁと思う。

一品でも「これはっ!」と唸ってしまうような料理があると
その宿に対する印象もだいぶ違ってくるのに・・
何から何まで・・どこでも食べれる物・・
意地悪な書き方しちゃいましたが。


この宿は家族経営のようでした。HPの完成度を見ると、きっと業者に頼んで作ってもらったものでしょう。伊勢海老をさばきにきた御主人やチェックアウト時のおばあちゃん・・・料理を運んで来た仲居さんのような?親戚のおばさんのような?方々から想像するにあのHPは無理があるかなぁ・・と。決して居心地が悪いわけじゃないんですよ。部屋付きのあのお風呂も良かったし、部屋は意味なく広かったけど^^;でもあのお風呂から眺めた星空は今でもしっかりと旅の思い出として残っています。

by satomi-kazu | 2009-06-13 19:49 | 河津 料理宿 さこ田 | Comments(4)
2009年 06月 11日

まだ続く麺シリーズ^^

f0208112_22272530.jpg

日本蕎麦・・焼きそば・・うどん・・なので次は普通にラーメンなのでしょうが、そう言えば最近ラーメン食べていないなぁ・・005.gif

ということで、麺シリーズの中でも1、2を争うほど好物の「ビビン冷麺!」

今回はスーパーで実演販売してたのを購入。

韓国の民族衣装チマ・チョゴリを着たおばさんが売ってた。

化粧が濃かった・・・


     ビビン冷麺はスープ(つゆ)が無い。コチュジャンを使った甘辛のペースト状のソースを麺とよく混ぜ合わせて食べる。     
     友達と韓国に行くと必ず食べるこの冷麺。麺自体は盛岡冷麺のようにコシが凄くてまるでゴムのよう^^; 
     キュウリ、鳥のささ身、キムチをトッピング♪
f0208112_22345829.jpg

      混ぜ合わせた状態(美味しそう~)・・・え?そうでもないって?(汗)見た目じゃないんですよね~この食べ物♪
      盛岡冷麺のように出汁の効いたスープを味わうことは出来ないけど     
      この甘辛いタレがクセになる大好きな味。旦那さんは辛いのが苦手なので、ビビン冷麺を食べる時は私だけ^^;
f0208112_22572164.jpg

本場韓国で食べる物には敵わないが、なかなか美味しかった。製造元を見るとやっぱりメイドイン韓国、食品医薬品安全庁承認というお墨付きの輸入品だった。韓国ドラマで俳優さん達がよく食べてるジャージャー麺っていうのが、このビビン麺をもっと太くしたような麺で冷たくない物なんだけど、それも食べる前によく混ぜ合わせる。韓国の料理って何気に混ぜ混ぜ!って多い。
石焼ビビンバもそうだし・・・こうして書いてると・・あ~韓国行って思いっきり辛いもの食べたぁぁ~いぃ!!

アーマッシッソヨ038.gif

by satomi-kazu | 2009-06-11 23:20 | ウチご飯 | Comments(4)