人気ブログランキング |

ずっとそばに 

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2012年 06月 29日

群馬中之条で美味しいお蕎麦&草津大滝の湯

f0208112_23163998.jpg

台風が去った後に、ウチは草津行き。

普通に・・・青空です^^

もう何か、私達が温泉行の日程を組む時は

お天気の心配はしなくてもいいらしい。

絶好のお出掛け日和でした。



f0208112_23215678.jpg

西の河原・・・

いつの間にパワースポット???(笑)

なんでもかんでも、マスコミ仕様ですね。



f0208112_23251622.jpg

ネットで調べたお蕎麦屋さんに。

中之条駅からすぐの場所にある、そば処 吾妻路さん。



f0208112_23272686.jpg

食べログのクチコミも、一時期「やらせ」で話題になりましたが

このお蕎麦屋さんの評判クチコミもすこぶる良かった。

最近は、クチコミ評価は半分くらいね~の気持ちで行ってます。

あんまり期待してガッカリ~も寂しいのでね。



お蕎麦の値段は良心的。 それより何より日本酒オタクの旦那を驚かせた、日本酒メニューのラインナップ・・・
石田屋と仁左衛門・・・1合3000円って^^; 私は全くそそられませんけどね。 


f0208112_2331457.jpgf0208112_23305527.jpg


f0208112_23362941.jpg

多分・・・ここの名物おつまみ・・
と思われる出汁巻卵を注文。

2人前で1000円。

高いとは感じなかった。

食べごたえがあって、上品な卵焼きでした。

添えられている大根おろしには梅肉も混ざっていて

なかなか美味。



f0208112_23411414.jpg

このお店、さほど広くなく大きな一枚板のテーブルに

お客さんが向かい合う感じで座る。 

その距離は結構近くてまだ注文の品が来ないお客さんは、

手持無沙汰で、先に食べてる私達に自然と視線が向いちゃう感じ。


あっなんか見られてるなぁって思いながらの食事は

ほんの少し窮屈だった。



f0208112_2351460.jpg
さて、メインのお蕎麦です。

私は、手挽き田舎そばと、もりそばのセット。


まずは手挽き田舎

極細でツヤツヤ、好みのルックス。

旦那いわく夏蕎麦は蕎麦の香りが一番しないとか・・・

ん~言われてみれば、喉越しはとってもいいんだけど

お蕎麦独特の香りがしない・・・

決して蕎麦通なわけじゃない私でも、それは解りました。



f0208112_23581518.jpg

こちらが、もりそば。

こっちの方が断然美味しく感じました。

ちょっぴり辛めのそばつゆにも、合っていたと思う。

量は、田舎も、もりも少な目なので、もうすこーし食べたいかなぁ

ってお腹が要求する感じでした、私は。



旦那は、鴨汁ともり蕎麦 当然のように追加でもう一枚^^ それでも足りなそうでした(笑)

f0208112_022353.jpgf0208112_023575.jpg


f0208112_07410.jpg

ごちそうさまでした。

私達が店を出る頃には、外に何人もお客さんが

待っていました。 やっぱり人気店のようです。




お腹も満たされたので、草津に向かいます!



f0208112_0112293.jpg

時速40キロで走行すると、草津節が流れます。

毎回通るんだけど、これ結構楽しい♪


ほんの数十秒なんだけど、旅情を掻き立ててくれます。



f0208112_0154917.jpg

宿にチェックインする前に立ち寄り湯に。

極楽館さんに電話したところ、お風呂のメンテナンスで
お受けしておりません・・・と悲しいお返事。

さて、どーしようか・・・

草津で、立ち寄り湯で、貸し切りが出来るお風呂・・・

なかなか無いんですよね。

で、今回はsatomiさん、一大決心(笑)

大勢の人で賑わう大浴場へ・・・・

「大滝の湯」



f0208112_0213671.jpg

一大決心なんて、大袈裟~~^^; ・・・だよねぇ

いや、でもここ数年 大浴場に入ったこと無かったし

旦那以外の人と同じ湯船に浸かるってことが無かったので

持参したタオルで、どっちを隠せばいいんだ?

上だっけ?下の方だっけ??(笑)って、一瞬真面目に

考えちゃうくらい、緊張しました。



旦那は、なんの問題も無く(笑)男湯へ~~ 湯上り処も人で溢れてたしなぁ・・女湯もきっといっぱいだろうなぁ・・・^^;

f0208112_0275469.jpgf0208112_028923.jpg


というわけで、お風呂は予想通り、人で溢れておりました。 ので、カメラの出番無し。 旅行会社のPR写真を抜粋してみます。 
写真は2枚とも男湯の大浴場と露天風呂です。 いい塩梅の色合いでしょ♪  匂いは、大好きなあの香り^^ 
 
f0208112_0323281.jpg
f0208112_0323593.jpg

大人@800 この他に、温度の違う湯船が並ぶ合わせ湯や、打たせ湯もあります。 お風呂自体はとっても良かったのですが
やっぱり・・・まだ貸し切り風呂の方がいいかな・・ジロジロ見る人はいないんだけどね、解ってるんだけど・・・微かな視線は感じちゃう。
帰り際 フロントを見たら別料金で小さな貸し切り風呂もあったよーー^^; ちゃんと見とくんだった。 
 

by satomi-kazu | 2012-06-29 00:51 | 旅全般  立寄り湯など | Trackback | Comments(22)
2012年 06月 27日

命日

f0208112_12302399.jpg

命日って言葉 調べてみたら単純に 「ある人が死んだ日」 って説明文だった。

命の日・・命の日って何度もつぶやいてみたら、なんだかとっても素敵な言葉に思えた。



今日は、ある人の命日。

去年初めて自分のブログにその人の事を書いた。



星の王子さまとスヌーピーをこよなく愛した素敵な女性。

生きていたら、私と同じ年齢。



f0208112_12361522.jpg

彼女がこの世に存在していたら、今、国立の地に私はいない。

こうして、たくさんの温泉に行った思い出をブログに残していたのは

私ではなく、彼女だったに違いない。

私の中で、表現しようのない、複雑な心境になる今日という一日。

貴女が逝ってからもう9年の歳月が流れました。


合掌


by satomi-kazu | 2012-06-27 12:44 | 日常 | Trackback
2012年 06月 25日

湯あたりちゅう~ 私だけ(笑)


f0208112_21301720.jpg

草津から帰ってきました。

一ヶ月ぶりの温泉で、ガツガツと調子に乗って

お風呂に入り過ぎた私は、軽い湯あたりちゅう~(笑)


まだ後頭部フサフサの(笑)旦那は、ゆったり大人しく湯浴み中^^


またまた激安のペンションでしたが、3つあるお風呂が全部貸し切り。

夕食も、心がこもっていて美味しかったです。


立ち寄り湯、今回は「大滝の湯」へ。

大好きな極楽館の立ち寄りはお風呂のメンテナンスで
お休みでした。

一泊の短い旅でしたが、今回も草津の湯を満喫出来ました。

湯あたり回復後にまたレポートしま~す(^^)v




by satomi-kazu | 2012-06-25 21:39 | 草津 ペンション ヴァンベール | Trackback | Comments(21)
2012年 06月 19日

梅雨バテ

                    毎年この時期は、真夏よりもバテます。 陽気は、じめじめ。私の身体は、だるだるダルメシアン(笑) 
                     食べる物も麺類が多くなります。 ひとりのお昼はいつもこんな感じ。 冷やしジャージャー麺。 わりとイケる。

f0208112_0144885.jpg

f0208112_0214555.jpg

あっ 最近のマイヒット♪

スンドゥブ~~

日本語に訳すと、ただの 「豆腐」 なんですけど(笑)

スンドゥブ・チゲで 「豆腐鍋」 韓国料理です。


私的には・・・激ウマです!

ちょっとヤミツキ。


程よい辛さで、汗かきながら食べれるから

梅雨バテ、夏バテ防止にも良いかも♪



f0208112_0295040.jpg

← これです!

うたい文句通り、お豆腐一丁あれば、すぐ出来て美味しいです。

写真のように、青ネギなんか散らすと味わい深くなってもっといいかも。

梅雨時期を乗り切って、真夏も元気で過ごしたいですね。




by satomi-kazu | 2012-06-19 00:40 | ウチご飯 | Trackback | Comments(22)
2012年 06月 11日

海を見ていた午後 29years ago

                       
                 某所で南伊豆の 「石廊崎」がちょっと話題に。 あっ去年の夏休み、行ったなぁ~ なんて思い出した。
f0208112_215542.jpg

                 南国情緒あふれるお花が道のあちこちに咲いていた。 1年前か・・・早いですね。月日がすぎてゆくのは。
f0208112_216940.jpg

                 思い出したのは去年の夏だけじゃなかった・・そういえば高校時代の友人とふたりで卒業旅行と銘うって下田から石廊崎・・・・
                    行った!行った!行ったよ~^^ ゴソゴソっと押入れの中のアルバムを引っ張り出す。

f0208112_21155744.jpg

                 去年の南伊豆 石廊崎 お天気はとっても良かったのに、海風が強く波しぶきも豪快だった。
f0208112_21185699.jpg

                 それなりの高低差がある遊歩道を昇って行くと、かなり豪快な景観が目に飛び込んでくる。
f0208112_2124995.jpg

                 私、高所恐怖症じゃないんだけれど、かなり足がすくんで、結局石廊崎の突端までは辿り着けず・・・
f0208112_21222677.jpg

                 遠目から写した突端  わぁ・・・やっぱり行けないなーあそこまでは^^;
f0208112_21284379.jpg

                 ズームアップ! かなり恐怖感を覚える突端部分です。 絶景なんだろうけど・・・遠目からでも充分に満喫(笑)
f0208112_21304640.jpg

f0208112_21333187.jpg

   見つけました。 29年前の石廊崎  アルバムのメモには、♪ ソーダ水の中を~貨物船が通る~・・・♪ ってメッセージが。 
   当時からユーミンの曲をよく聴いていた懐かしい時代が甦ります。 聖子ちゃんカット真っ盛りの80年代・・・おんなじ髪型して写真に収まる10代の私・・・

f0208112_21351361.jpg

   あれから29年後・・去年の私は怖くて突端近くまで行けずに、途中で記念写真  ほぼ同じ場所でカメラに収まる自分自身を見て
   訳もなく微笑ましくて笑っちゃった。 これから先・・また29年後なんてずうずうしいことは言わない。 10年後・・・また同じ場所でカメラの前に立っていたい。
f0208112_21433280.jpg
f0208112_220145.jpg
f0208112_22021100.jpg

最高のお天気に恵まれた去年の伊豆の夏休み・・・あ~ こうして写真を見ているとやっぱり伊豆って好きかも。 温泉もあって山もあって海もあって・・・

www.youtube.com/watch?v=K05kwmqOXmY 海を見ていた午後 ユーミン 1974

by satomi-kazu | 2012-06-11 22:10 | ひとりごと | Trackback | Comments(23)
2012年 06月 09日

本日梅雨入りなり


f0208112_11402844.jpg
我らが選手会長の新井ちゃん♪

なんとも華麗な守備のようす・・・カメラマンさん、ナイス激写(笑)

まるで、「シェー―ッ!!」ってやってるような態勢です。アハハハ



しかし、今シーズンの虎の試合は、正直言って面白くない。
負け方が・・その・・・・あれで・・意地見せろーーー(笑)

開幕当時あーーんなに調子悪かった兎さんチームが、今や・・・・

野球の試合を見る事も、私の日々の生活に潤いを与えてくれています。

好き嫌いあると思うけど、ご贔屓のチームが颯爽と勇姿を披露してくれる様は
観ていて実に爽快です。



f0208112_11474185.jpg
いろんなスポーツ観戦があるけれど、好き嫌いも人それぞれ。

今年はオリンピックイヤーだし、楽しみが増える夏になりそうです。

阪神最強の助っ人バースの再来か?で、切望するブラちゃん♪
日本球界に来て初のサヨナラヒット~~

いつだってこういうシーンを見たいんです、ファンは。

さて今日はデイゲーム テレビの前に鎮座して観戦します!




梅雨入りしましたね・・・どんよりな空模様ですが気持ちは発奮させます。
私のブログを見に来てくださった皆さま・・・ありがとうございます。
ブログを始めなかったら経験し得なかった、出会わなかった方々との
沢山の出会いに、感謝です。  ではでは(^^)v


by satomi-kazu | 2012-06-09 12:14 | スポーツ&野球 阪神 | Trackback | Comments(10)
2012年 06月 07日

ケセラセラ~なるようになるわ♪

明日のことなどぉ~わからない♪


3月の検査結果以来、のほほーんとどこかで安心しきって生活してきた私に今日主治医から、ゴツン!とお灸を添えられた気がした。

先週採血した血液検査の数値が、やっぱり上昇傾向・・・今のところ再発転移の所見無し!という有り難い結果をもらったのは、3ヶ月前。 

「人は生きてますからね、数か月で色々変化が起きても当然です。」 用心しなさいよ!と言われたんだな、きっと。 

嫌ですねーー病院って^^; あの待合いに座ってるだけで病気になりそう。

主治医がパソコン画面を見ながら、「微妙だなぁ・・・どうしたもんかな・・・もっと急激に上がってれば判断も出来るんだけど・・・」 無言の私。 

心の中の声は「再発かな?・・・でもこんなに元気だし、再発してもあと5年は生きられるか?どうだろう・・・」

帰りのバスの中、旦那にメール。 返ってきた返信を見て、少し落ち着く。

「明日のことなんて誰にもわからないよ、今を大事に生きて行こう」 病気になると、考える事はどーしても後ろ向きになりがち。 

良い方向にはなかなか考えられないけれど、ずどーーんと落ち込んでいたって何も始まらないしね。 明日なんて・・ホントにわからない。 

今日も元気だったーー!ありがとう~  で、今日の病院検査結果の事は私の頭のほんの片隅にストック(^^)v


                  

                        というわけで、6月の温泉です(笑) 五十肩で辛そうな旦那も「早く温泉で暖めたいなぁ~」と仰せです^^

f0208112_1665640.jpg
f0208112_168490.jpg
f0208112_1681719.jpg

場所はまたまた草津^^ 選んだのは旦那なので、きっと「当たり!」でしょう(笑) 私が選んだ宿は、どーも最近勝率がよろしくない(笑)

小さい宿ながら3つの貸し切り風呂。 私・・もしかしたら人目のある大浴場にはもう入れないかも? 我が家の宿探しの基本・・・

まずは貸し切り風呂が必須。 部屋に露天風呂付いてたら尚うれしっ♪ あれこれ見て探してくれる旦那にも感謝~(^^)v


by satomi-kazu | 2012-06-07 16:21 | 日常 | Trackback | Comments(21)
2012年 06月 02日

仙石原 湯屋 やまざくら 食事~

f0208112_1229112.jpg

仙石原 やまざくらの食事。



料理を作られている女将さん、息子さん。

そして若い男女のスタッフが、5つのテーブルに

それぞれ出来立てを運びながら料理の説明をしてくれます。

大きな窓からは、箱根の新緑。


今回もとっても満足した夕食をご紹介。



           前菜  根菜や林檎を素揚げして甘辛い黒酢をかけた一品。 前回もこの前菜から始まったわけですが
           女将さんの創意工夫が前面に出ていて、これから先どんな料理が出てくるんだろう?ってワクワクさせてくれる夕食の始まりです。
 
f0208112_12534318.jpg

           同じく最初にテーブルにセットされていた前菜色々・・・左の和紙には、後から揚げたての山菜の天ぷらが次々と運ばれてきます^^ 
           タケノコのクリームチーズ和え・・・手間かかってる・・・スゴイわ。

f0208112_12594348.jpg

         熱々の山菜天ぷら、ひとくちサイズで、とっても食べ易く何と言ってもいろんな山菜が食べれて嬉しい^^

f0208112_135557.jpgf0208112_136857.jpg


f0208112_13104132.jpgf0208112_13105850.jpg


          とにかく・・まだまだ続きます^^ 鰹のたたき。 人それぞれ好みは有りますが、私は正直言って大袈裟な舟盛りや
          刺身がドーーンと出てくるお皿は好みじゃありません。 こんな風に一品で(魚)少しづつ・・・が好きです。 前回はアジだったなぁ♪

f0208112_1313464.jpg

         クレソン蕎麦・・・これ美味しかったぁ~ 食べるラー油?のようなタレが乗っているので、さっくりと混ぜ合わせて頂きます・・・
         ん~~こういう創作料理って大好き^^ お客さんに美味しく食べて貰いたい!って心がヒシヒシと伝わってきた一品でした。

f0208112_13205661.jpg

         プチトマトをくり抜いた中に、リゾットが。 何気ない一品だけど・・・美味しい^^
f0208112_1910525.jpg

         サザエのつぼ焼き ガーリック風味
f0208112_13255175.jpg

         カニの茶碗蒸し・・・美味し過ぎなんですけど(笑)
f0208112_1327917.jpg

         優しい味付けのスープ 女将さんは山菜をふんだんに使った料理を出してくれるので、この時期は一押しですね~^^
f0208112_13292430.jpg

         ここまででも、かなりの品数!! 目で舌で楽しみながら夕食は続きます。 そして若いイケメンスタッフ君が運んで来たコンロと鉄板!? 
         「今夜は焼肉ですっ!!!」 えーーー?焼肉?ちょっと驚きました^^; 前回のローストビーフが・・・美味しかったなぁ・・と遠い目(笑)

f0208112_13314974.jpg

         なんて、遠い目も束の間・・・「米沢牛ですっ!!」と運ばれてきたお肉を見た瞬間・・・・テンション上がりまくり~~
f0208112_1339313.jpg

         お恥ずかしながら、私、米沢牛って初めて食べます。 
          温泉ブロガーさんの多くが絶賛する米沢牛の某宿が大人気な理由がやっと理解出来ましたとさ(笑)

f0208112_13401457.jpg

         箱根で米沢牛が食べれるなんて・・・驚きと美味しさに舌鼓^^ 肉料理も季節ごとや仕入れの関係でメニューが変わるようです。
         「女将の気まぐれメニューですので^^;」とはにかんだ表情で息子さんが話していました。

f0208112_1343010.jpg

         そして、そして・・・ワインと共に大満足の夕食で、既に満腹状態だったのですが・・・「タケノコご飯です!」 
         ひぇ~~ もう無理~・・・・と言いながら食べちゃったという(笑) だって、ホントにものすごく美味しいタケノコご飯だったんです!
         断言します、私。 食事の〆に普通の白米を出さないとこが、「やまざくら」 なんです。 女将さん・・・脱帽です(^^)v

f0208112_1349441.jpg

f0208112_1354382.jpg
最後のデザートは、クラッシュゼリーのフルーツ添え

ヨネヨネ焼肉の後でしたので、口直しにさっぱりで
とっても美味しく頂きました。

伊豆高原の大好きな宿同様に、やまざくらの女将さんも

本当に料理を作るのが楽しくて仕方ないって感じなんです。
伝わってくるんですよ・・・ビンビンと(^^)

お品書きが無いせいもあるけれど、次は何が出るの?
って期待感で、終始ワクワクした夕食タイムでした。

大満足でした! ご馳走さま~

あの宿泊料金・・・ホントに信じられません(笑)



           朝食も・・・手抜き無です。 朝食の説明なんて殆どしないですよね、普通は。 けど、女将さん朝からニコヤカに説明してくれます^^
f0208112_1452313.jpg

          アボガド?だったかな、緑色のお豆腐みたいなの(笑) すっごく美味しかった。 ミョウガに添えられている蕗味噌も 
         「蕗味噌も私が作ったんですよ、お口に合いますでしょうか・・・^^」って、ニコヤカに上品に、うふふふふが似合う女将さんです。

f0208112_1484495.jpg

          焼き立て熱々のアジの開き。 身もふっくらしていてホントに美味しいアジでした。
f0208112_1413838.jpg

          こちらも女将さん手作りの煮物・・・息子さんやスタッフさん達が羨ましい・・・賄い食だってどんなに美味しいんだろうって想像つくもの。
f0208112_14151153.jpg

                大好きな温泉卵も、出汁はゼリー仕立て・・・手間ひま掛けて作ってくれています。スゴイわ、ホントに(^^)v
f0208112_14182894.jpg



f0208112_14215654.jpg
2泊3日の伊豆箱根旅・・・帰りには珍しく雨に降られた。

やまざくらの、暖簾も風に揺れていた。

女将さんが所用でいらっしゃらなかったので
息子さんが見送ってくれました。

「またお世話になります」 すぐにでも(笑)

1泊旅の多い私達・・・2泊して宿がそれぞれに違うと、どうしても比較してしまいますね。

それぞれの宿の特徴や居心地の良さ悪さ・・・感じ方も千差万別。

今回の河津・・そしてここ仙石原・・・相性ってやっぱり有るんだなと痛感しました。


昨日だったかな? テレビを見ていたら、もう50年以上もお煎餅を焼いているおじいちゃんが、こんな事を言ってました。 

「ウチは、先代からの教えで、今までセールスっていうのをしたことが無い。 セールスをしなくたって、真心を込めて煎餅を焼いていれば
お客さんの方からお金を出して、分けて下さいと言ってくる。 商売はそういうもんだよ、店が暇になったら、自分の真心が足りないんだってそう思う」 

なんだか、ズシーンときた言葉でしたね。

うわべだけで繕ったものは、この年齢になると敏感に感じ取れるようになりました。 

これから先も私達お客さんサイドが 「お金を出しますから、分けて下さい、泊らせてください・・・」 そう思える宿に出会いたいものです。


by satomi-kazu | 2012-06-02 14:52 | 仙石原 湯屋 やまざくら | Trackback | Comments(24)