人気ブログランキング |

ずっとそばに 

satomikazu.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2013年 08月 31日

To be continued じゃなくて・・・


f0208112_1239293.jpg
The end のもよう。

テレビ前に鎮座して観戦した試合。

読売との3連戦・・・・

まさかね、3連敗するとは。

近年の阪神の試合の中でも一番悔しい気持ちで
3時間強の試合を見続けた。

この3連戦に全勝していたら・・・優勝も夢じゃなかったけれど

たられば・・は、ダメですね。無意味なこと。



f0208112_1244466.jpg


遠くを見つめる虎のエースの瞳には何が・・・


f0208112_1247516.jpg
なぁーんつって(笑)

感傷にひたってる場合じゃありませんって!

試合はまだまだ続くんだもの。

(いや、確かに終わってますがね^^; ゴニョゴニョ・・・笑)

今夜は未来の虎のエースが投げますよ~

お気楽ファンはビール片手に参戦といきますかね!


野球は楽しい♪面白い~♪ でも・・・・ホントは

ぐやじぃ~~(笑)




by satomi-kazu | 2013-08-31 12:58 | スポーツ&野球 阪神 | Comments(8)
2013年 08月 29日

2位じゃだめなんですか?(笑)


f0208112_12565774.jpg

東京ドーム球場を引き揚げる阪神首脳陣そして選手

以下デイリーの記事から抜粋

「構想とは真逆を描いた現実。タテジマが敵地の海に沈んだ。

阪神が連夜の敗北。遠ざかる宿敵の背中。7ゲーム差。

またしても自力優勝の可能性が消滅した。

視界はぼやけ、夏の終わりを告げる秋風が吹き抜けた。猛虎がキバをもがれた。」




ひぇ~~ やっぱり新聞記者さんや物書きさんは上手い事書きますねぇ
ただの一虎ファンの私なんて 「悔しいーーー!!」 ってそれくらいしか
頭に浮かびません。


あっでも、何年か前に美しい議員さんがこう言ってたのを思い出しました。 「2位じゃだめなんですか?」(笑)

世紀の大勝負、虎にとってはまさしく正念場の3連戦。 実を言うとテレビで見るのが怖くて結果だけをニュースで確認する始末(大笑)

3連戦の最終戦・・・今夜はテレビ前にしっかり鎮座して観戦しますかね^^; おー怖っ(笑)


by satomi-kazu | 2013-08-29 13:13 | スポーツ&野球 阪神 | Comments(2)
2013年 08月 24日

実家の風景 2013夏

f0208112_1733676.jpg

中央道 首都高速 京葉道路 東金道路

4つの有料道路を経由して約130キロの距離

通常だったら、3時間弱で到着する距離なんだけど

最初の中央道で渋滞に捕まり、やれやれ・・の出発。

助手席に誰も座っていない、ひとりのドライブでの渋滞は・・・

結構しんどい。

なかなか前に進んでくれないので、写真を撮る余裕も^^;



f0208112_179466.jpg

いつもは、隣車線をビュンビュン飛ばされて

ビビりながらの首都高速も、ゆるりゆるり。


話し相手もいない、ひとりの車内。

今日の気分 CDは 「来生たかお」 

声が好き。


あー でも、やっぱりドライブは
助手席で、どっぷり鼻歌交じりが一番いいわね。



                 国立を8時前に出て、それでもなんとか午前中には父親のお墓参りが出来た。 「今年の夏はあっつかったねぇ、お父ちゃん!」 
                  と、話し掛けながらお墓や周りを掃除。 子供の頃や20代や30代には、苦手だったお線香の匂いも、今は何故か心が落ち着く。

f0208112_17184679.jpg

f0208112_17262314.jpg


お墓参りの後は、更に30分ほど車を走らせ

18歳まで暮らした、「東のとっぱずれ」 銚子へ。

懐かしい駅舎。


母とふたり、思い出話に花が咲く。

駅舎の垂れ幕・・・私の母校だぁ(笑)



f0208112_17312854.jpg

すっかり閑散としてしまった駅前通り。

30数年前は、それでもまだまだ賑やかだった記憶が。


幼い頃に見てきた街並みを大人になってから改めて見ると

不思議なほど、小さく感じる。

まるで町全体がミニチュア化してしまったような・・・

建物の大きさや、道路の幅・・・変わってる訳ないのにね。

あっ!当時、マックは無かった(笑)



f0208112_17392023.jpg

高校生の頃 毎日のように学校帰りに通った

大好きな甘味屋さんで休憩。


相変わらず・・・美味しい♪

もう35年以上営んでいるお店。

まだまだ頑張って欲しいな。



父方の伯母さん宅にお邪魔しました。 
私の父は10人兄弟の長男。訪ねた伯母さんは一番末っ子なので、私と年齢もさほど離れていなく、小さい頃から仲が良かった。 

「あっ誰か来たわ・・・誰かしら」 聞き耳立てて様子を伺ってるお猫さま(笑) 私は初対面です^^

f0208112_1826747.jpg

お猫さま、言葉が喋れてたら 「ちょっと、あんた誰よ。 何見てんのよ。」 そう言ってるかのような表情で、ジッーーと見つめられております^^;
f0208112_18353932.jpg

いやーそれにしても立派な体格で(笑) お猫の名前は 「ピース」 全くもって平和な猫です。 でも長生きするためには痩せないとね~
f0208112_18395836.jpg

「ふんっ ほっといてちょうだい。 あたしはこれで充分幸せなんだから」 ハイハイ^^
f0208112_18432317.jpg

ピースを抱き上げる伯母さん。 どんだけデッカイんだよ、お前さん(笑)
f0208112_18442678.jpg

f0208112_1846233.jpg
2013 夏の帰省は、こんな感じ。

帰り道は、千葉市内で降りて、昔からの友人とお茶。


友人手前にタバコが(笑) 止めなさい!っていっつも言ってるのに。

と、会う度に説教してる私ですが、友人曰く

「satomiちゃんには言われたくないわよ、あんなに吸ってたくせに~」

ハイハイ^^;

でもねぇ、完全分煙だったこの喫茶店
喫煙室の空気は、吸わない人間には拷問だよね(笑)



高井戸付近で接触事故・・・帰路の首都高速も渋滞。 新宿の高層ビル群を眺めながらのドライブ。 往路合わせて8時間・・・ 疲れました。
f0208112_18574352.jpg

年に、数回は実家に帰省しているけれど、最近はいろいろあって実家に泊ってくることは無くなりました。
 
私とゆっくり話がしたい母親は「泊ってげば、いいのによー きたがと思ったら帰ったがらよ」 (銚子弁丸出しでこう言います)

「まだくるよ!(またくるよ)」 と、私も銚子弁でこう言います。


by satomi-kazu | 2013-08-24 19:13 | 日常 | Comments(14)
2013年 08月 17日

球児たちの夏 ダメ虎の夏


f0208112_10324999.jpg



怒ってます、怒ってます(笑)

虎の瞬間湯沸かし器



歯むき出し^^; 吸血鬼みたいだよ。



f0208112_10383377.jpg


こんな姿より・・・


f0208112_10482217.jpg
こっちのが断然お似合い(^^)v

まだ終わっちゃいない。球児の夏も!虎の夏も!



f0208112_1051102.jpgf0208112_10571423.jpg



by satomi-kazu | 2013-08-17 11:01 | スポーツ&野球 阪神 | Comments(16)
2013年 08月 16日

たいたにっく(笑)

f0208112_2351402.jpg

「馬には乗ってみよ、人には添うてみよ」
(雨曇子さんからの受け売り037.gif

で、乗ってきました! 遊覧船

箱根には何度も訪れているのに

芦ノ湖遊覧船に乗ったのは初めて^^

で・・・調子にも乗った(笑)satomiさん。

「飛んでるわ!ジャ~ック」 と、言ったとか言わなかったとか011.gif



                   夏の風を受けながら、一時間とちょっとの遊覧。 乗ってみないと解らないものですねぇ・・・とっても爽快でした。
f0208112_03145.jpg

                    宿泊は、仙石原の定宿。 女将さん超~スリムになってた(笑) ダンスをねぇ・・・少し・・うふふふ、だそうで^^
f0208112_082746.jpg

                    帰りには、御殿場のアウトレットにも寄ってみました。 こっちも初めて!買い物欲を刺激しますね、危ない危ない(笑)
f0208112_0122385.jpg


                 ちょっぴり早い夏休みで出掛けてきた箱根。 
                 いつもと変わり映えのしない写真ばかりですが、夏の思い出として、またアップしたいと思っています。
                 まだまだ暑さが続く2013年の夏。 熱中症でダウンすることもなく元気に過ごせています。
                 あと一ヶ月くらいですかね?暑さとの戦いも(笑) 皆さん!頑張りましょう(^^)v


by satomi-kazu | 2013-08-16 00:24 | 旅全般  立寄り湯など | Comments(4)
2013年 08月 10日

横浜 ホテルニューグランド

f0208112_1185578.jpg
残暑お見舞い申し上げます。
って・・・残暑にしては暑過ぎですね。

首と、額に保冷剤を巻きながらパソコンの前です(笑)
(人には見せれないスゴイ恰好^^;)

7月、横浜まで出かけてきました。

初めて乗る、みなとみらい線 元町・中華街行き。
中華街は、ほぼ15年振りくらい。

またまた懐かしい感覚に浸れました。

行ったなぁ~・・・元町・・外人墓地、中華街、アウトレット・・・

ひゃー懐かしい^^



f0208112_11165171.jpg

友人とランチに向かったのは、ホテル・ニューグランド

元町・中華街駅を降りてすぐの場所にありました。

20代の頃からずっーーと行ってみたかったホテルです。

当時は、バブル経済真っ只中で、都内や横浜のお洒落なホテルも
予約さえ困難なほど、大人気でしたねぇ

もちろん今でも、高級感とバブル景気をほんの少し残して

存在感のある佇まいで山下公園の真向かいに建っています。



f0208112_1126575.jpg

                    完全なお登りさん感覚で、「いいわねぇ~ ステキぃ~^^」 と呟きながらカメラを向けました。 
f0208112_1127297.jpg

                    左奥の方にご婦人がふたり、優雅に談笑していました。
                    ホテル宿泊者でなくてもこのラウンジ?は利用できるそうで、見ているだけで、ゆったりとした気分になれました。

f0208112_11304899.jpg
f0208112_1135134.jpg

                    中庭もいい感じです。 意味も無く 「さすが、横浜だわぁー^^」と、ひとり呟く(笑) 
                    東京都内のホテルも勿論素敵な場所がいっぱいあるけど、なんとなくね・・雰囲気が別世界的な。

f0208112_11361850.jpg
f0208112_11413714.jpg

f0208112_11444171.jpg

私も行ってみたかったホテルニューグランドのランチ。

今回は夏休み企画で、メインダイニングでのビュッフェ。

ビュッフェとバイキングの違いってなんですかね?(笑)



完全予約制で、あの広い空間がみるみる内に

お客さんでいっぱいになりました。



f0208112_1149392.jpg
f0208112_11494761.jpg

f0208112_1151112.jpg

私たちが案内された席は、特等席~

大きな窓の向こうには、山下公園。


氷川丸も見えます♪

氷川きよしじゃないよ(笑)


あ~でも・・・なんで?この椅子、安普請だわ・・・
奥の席の椅子は重厚感あるのにな?



f0208112_11541843.jpg

さて、お楽しみのビュッフェは・・・思ったより、メニューの数が少ないかな?っていうのが最初の感想。
3回くらい、新しいお皿に盛りにいきましたが、殆どのメニューは食べれました。


f0208112_1283683.jpgf0208112_128316.jpg


ホテル発祥のドリア・・・普通な感じ(笑) 白身魚のソティは美味しかった!副菜のサラダやマリネも色々ありました。

f0208112_1216124.jpgf0208112_12152614.jpg


デザート類も小さいサイズながら、何種類もあって無くなると新しい別なデザートが並びました。

f0208112_12203937.jpgf0208112_1220319.jpg

                                          
                                        プリンは美味しかった~^^
f0208112_1222395.jpg

ホテルは単純にビュッフェ料金にサービス料も掛かりますし、アルコール類が割高ですね。 
もちろんビュッフェの中にソフトドリンクも沢山用意されていますのでアルコールを嗜まない人は別途料金は発生しないけど・・・
友人と私は、昼間っからビールで乾杯&フルボトルのワインもオーダーしたので、ランチにしては、かなりの大枚でした^^;


f0208112_12245318.jpgf0208112_1225335.jpg


f0208112_1232406.jpg

f0208112_12323126.jpg

カレーなんかも有ったりしました・・・夏休みで子供さん仕様だったのかな? 友人曰く 「なんか面白い味(笑)」 う~む・・・微妙ってことね^^;

f0208112_12334586.jpgf0208112_12353999.jpg


f0208112_12385823.jpgf0208112_12383471.jpg


f0208112_12392891.jpg
ホテル・ニューグランドのサマーランチビュッフェ

全体的には・・・料金に(サービス料も含めて)見合っていなかったかな?
というのが素直な感想。

私たちのようにアルコールを飲んだりすると
ちょっとしたディナーコースが食べれる値段になってしまいます。

それと、何気にパンが・・・安いパン(クロワッサンとバターロール)でがっかり。
その辺のスーパーで売っているような大袋入りのパンみたいで、すごく残念。

友人と、「あれはないよねぇ~」と後から苦笑い。

まぁ、窓際の席から見渡せる景色と、ホテルならではのゆったりした雰囲気。
ビーフシチュウと魚のグリル&プリンが美味♪ ってことで良し^^


                              食後は、すぐ近くの中華街をブラブラしました。
f0208112_12523192.jpg

f0208112_12544610.jpg

中華街も、立派な?観光地なんですね。 外国の旅行客がワンサカいました。 そして路上での甘栗の勧誘には参った(笑) 
オバサン!では無くてかろうじて 「お姉さん!甘栗どうですか?」 でしたので、取り敢えず許す(笑)

f0208112_1255678.jpg

f0208112_1259303.jpg

こちらは、休日には行列も出来るという、お茶やさん。


悟空

いろんな種類のお茶を楽しめます。


一階には小物や雑貨が並んでいます。
お茶と軽い食事は二階に案内してくれます。



                  店内はレトロな雰囲気でなかなか素敵です。
f0208112_1324188.jpg

                  親切な店員さんが、それぞれのお茶の飲み方を丁寧に説明してくれて、最初の一杯目はお湯を注ぎながら煎れてくれます。
f0208112_1395630.jpg

f0208112_13134099.jpg

15年振りの横浜中華街
そして一度は行ってみたかったホテル・ニューグランド


仕事が休みの時は、自宅に篭って
韓流ドラマ三昧が多いのですが(笑)


ちょっと足を伸ばして、懐かしい場所や
まだ行ったことのない場所でゆったりとした
ランチの時間を過ごすのも良いものですね^^




by satomi-kazu | 2013-08-10 13:23 | 日常 | Comments(19)
2013年 08月 03日

みさおとふくまる


f0208112_12551072.jpg

写真集を買いました。

ブロ友さんが紹介してくれた、この写真集の
ほんの1、2ページを見ただけで胸がキューンと・・・

写真家であり、みさおおばあちゃんのお孫さんでもある
女性が、撮りためてきた、猫とおばあちゃんの日々。

動物好き、猫好き・・・じゃなくてもページをめくるたびに
心の中で、じんじんと何かが膨らんでゆくような・・・

表現下手ですみません。

ブログで書いてくれたwakyさん、ありがとう。
やっぱり、ネットってすごいね。



f0208112_1372786.jpg

自分のブログでは、猫ちゃんやワンちゃんの事に
あまり触れてこなかったけど・・・

私には、独り暮らしをしていた約20年間いつも傍らには
猫ちゃんがいた。

猫は犬に比べてクールで、人になつかないってよく言われるけど
そんなことは決してないと思うんだわね。

人間と同じで猫にだって性格ってもんがあるわけで。

独りでベットの中でワンワン泣いてると、知らぬ間に
私の首回り辺りで、ゴロゴロ言いながら寄り添ってくれてたなぁ・・・



f0208112_13172086.jpg



1ページ・・また1ページ・・・

いや~ ホントに良かった。

この写真集の中では、作者の言葉も必要最低限。

ただただ、みさおおばあちゃんとふくまるが、其処にいるだけ。



f0208112_13271975.jpg

ふくまるの目は、オッドアイ。
生まれつき耳が不自由なんだそうです。






すっかり耳の遠くなってしまったおばあちゃんと
生まれつき耳の不自由なふくまるは

いつも見つめ合い、お互いを感じ合っています。
      (作者 文より抜粋)




by satomi-kazu | 2013-08-03 13:36 | 日常 | Comments(8)
2013年 08月 01日

8月になりました。

f0208112_1149759.jpg

私は、文学に興味があるわけじゃない。
まして精通なんて問題外だけど(笑) 

数年前にテレビの番組で目にした、詩人で彫刻家でもあった
故 高村光太郎氏の詩集の一遍に共感を抱いた。
知ったかぶりして書いたけど^^; 彫刻家だったことは
雨曇子さんのブログを見て初めて知った。

今の時代って・・・本当に何でも知り得たい事が全て
キーボードを叩けば一瞬で・・・便利なのか、はたまた怖いのか・・

話し戻り、この詩の一遍は・・
大袈裟だけど・・自分の中では今まで人生の中で受けた数多くの
カルチャーショックや、共感を得たものの中でも上位に入る。

もしも、私が旦那よりも先に死んだら、詩の中の行を墓石に
掘って欲しいと、今から頼んである。 忘れないでよ(笑)




                          「亡き人に」


                         亡き人に

                         雀はあなたのやうに夜明けにおきて窓を叩く
                         枕頭(ちんとう)のグロキシニヤはあなたのやうに黙つて咲く

                         朝風は人のやうに私の五体をめざまし
                         あなたの香りは午前五時の寝部屋に涼しい

                         私は白いシイツをはねて腕をのばし
                         夏の朝日にあなたのほほゑみを迎へる

                         今日が何であるかをあなたはささやく
                         権威あるもののやうにあなたは立つ

                         私はあなたの子供となり
                         あなたは私のうら若い母となる

                         あなたはまだゐる其処(そこ)にゐる
                         あなたは万物となつて私に満ちる
 
                         
                         

                         私はあなたの愛に値しないと思ふけれど
                         あなたの愛は一切を無視して私をつつむ



f0208112_12242227.jpg




あなたはまだゐる其処(そこ)にゐる

あなたは万物となつて私に満ちる






実家に眠る父親のお墓に、逢いにいく時節になりました。



by satomi-kazu | 2013-08-01 12:35 | ひとりごと | Comments(0)